アイメイクの仕上がりを大きく左右する「アイシャドウブラシ」。最近ではデパコスに限らず、プチプラで使いやすいアイテムが発売されています。どんなメイクをしたいかによって使い分けると、同じアイシャドウを使ってもニュアンスチェンジが叶います。

そこで今回は、おすすめのアイシャドウをご紹介。併せて、選び方やおすすめのメーカーもピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。

アイシャドウブラシとは

By: amazon.co.jp

アイシャドウブラシはアイホール全体に色をのせたり、締め色としてアイシャドウを目のキワに塗ったりと、アイメイクをするうえで欠かせないアイテムです。さまざまな形状のアイシャドウブラシが発売されているので、アイメイクの仕上がりや使用シーンに合わせてブラシを選ぶと、ワンランク上のアイメイクが完成します。

特にアイシャドウパレットできれいなグラデーションをつくりたいときに、ブラシを使い分ければアイメイクの仕上がりがぐっとアップ。アイシャドウパレットにあらかじめ付属しているチップがまぶたにフィットしない場合は、ブラシに変えてみるのがおすすめです。

アイシャドウブラシの選び方

ブラシの大きさで選ぶ

By: amazon.co.jp

アイシャドウは、ブラシが小さいものから大きいものまで発売されています。使いたい場所によって適したブラシの大きさが異なるため、目的に応じて選びましょう。

アイホール全体にベースカラーをのせたい方は、大きめのブラシがおすすめです。やわらかめの毛であれば、カラーをしっかり全体に伸ばすことが可能。ミドルカラーには、中間サイズのブラシが適しています。

目のキワにアイシャドウをのせたいときは、小さめのブラシを要チェック。先端が少しとがっているものは、目のキワにのせやすくおすすめです。毛が短めのものを選ぶと、目元のアクセントカラーがしっかりと引き立ちます。

ブラシの種類で選ぶ

天然毛

By: chantilly.co.jp

天然毛でつくられたブラシは肌触りがよいのが特徴。アイシャドウの粉ふくみにも優れているため、ひと塗りでまぶたにカラーをしっかりのせたい方におすすめです。

一般的には馬の毛からつくられているアイシャドウブラシが多く、比較的手頃な価格で購入できるのもポイント。ほかにはリスやヤギ、イタチの毛からつくられているアイテムも発売されていますが、馬の毛よりも少し値段は高めです。

天然毛はやわらかいので、お手入れには注意が必要。洗うときは専用のクリーナーを使って優しく洗浄するのがおすすめです。

合成毛

By: amazon.co.jp

合成毛は一般的にナイロンやポリエステルからつくられている場合が多く、耐久性に優れています。そのため、ゴシゴシ洗っても傷みにくく、洗って繰り返し使えるところが魅力です。

天然毛と比べると肌触りは劣りますが、プチプラで購入できるのが最大のポイント。また、付けるアイシャドウの量を調節しながら使いたい方にもおすすめです。

アイシャドウブラシのおすすめメーカー

資生堂(SHISEIDO)

By: shiseido.co.jp

日本を代表するコスメブランド資生堂。同ブランドのアイシャドウブラシは肌触りがよく、カラーを上手にぼかせます。デパコスとプチプラの中間くらいの価格なので、初めてアイシャドウブラシを使う方にもおすすめ。ブラシの持ち手が長すぎず短すぎず、ちょうどよいサイズ感なのもポイントです。

白鳳堂

By: hakuho-do.co.jp

メイクブラシの老舗である白鳳堂のアイシャドウブラシは、天然毛の種類が豊富。馬やリス、ヤギなどはもちろん、イタチやコリンスキーの天然毛を使ったアイテムもラインナップされています。肌触りや粉ふくみがよいので思い通りのアイメイクに仕上げることが可能です。

ロージーローザ(ROSY ROSA)

By: chantilly.co.jp

プチプラのアイシャドウブラシのなかでも、使いやすいと定評があるロージーローザ。馬の毛や合成毛でつくられたブラシはやわらかく、まぶたにあてても痛くないのが嬉しいポイントです。ベースカラー・ミドルカラー・締め色に適した形状のブラシが発売されています。

シャネル(CHANEL)

By: chanel.com

デパコスのなかでも人気の高いシャネル。自宅でも簡単にプロのような仕上がりのメイクができるように、素材にこだわってつくられています。2種類のブラシが付いたダブルエンドのものも発売されており、実用性に優れているのが魅力です。

マック(MAC)

By: rakuten.co.jp

マックは、カナダで誕生し、現在も世界中の女性から愛されているデパコスブランド。マックのブラシは種類が豊富で、自分に合ったものを見つけやすいのが魅力です。ブレンドやシェーディング向きのものや目の際にラインを入れるためのものなど、用途に合わせてチョイスできます。

ルナソル(LUNASOL)

By: kanebo-cosmetics.jp

ルナソルはカネボウが展開する高級コスメブランド。カナダリス、馬毛、イタチなどの天然毛を使用したアイシャドウブラシが発売されています。ベースカラーから締め色まで用途に合わせてチョイス可能。洗練されたデザインも魅力のひとつです。

アイシャドウブラシのおすすめアイテム

資生堂(SHISEIDO) NANAME FUDE マルチ アイブラシ

目元を立体的に仕上げられるアイシャドウブラシです。目元にフィットしやすいように、斜めカットのブラシを採用しているのが特徴。アイホール全体に広げるのはもちろん、先端を使ってぼかせば自然な陰影を作れます。

パウダー、ジェル、クリームシャドウなど、タイプを選ばず幅広く使えるのもうれしいポイントです。また、ノーズシャドウやハイライトを入れるのにもおすすめ。肌あたりにこだわった人工毛を使用し、熊野筆の技術を使ってつくられています。

白鳳堂 アイシャドウブラシ 丸

灰リスの毛を使用したアイシャドウブラシです。毛質がやわらかく、肌あたりがやさしいのが特徴。18mmと長めの毛で、アイシャドウの際をふんわりと自然にぼかせます。カラー同士をブレンドする用としてもおすすめです。

発色の強いアイシャドウをナチュラルに乗せたいときにも便利。また、細かい部分のハイライトにも適しています。手になじみやすい木軸を採用しているため、使いやすくておすすめです。

ロージーローザ(ROSY ROSA) アイシャドウブラシセット

天然毛100%の、スモールブラシとラージブラシが入ったセット。やわらかくて肌にやさしい馬毛を使用しています。持ち手には木軸を採用しており、軽くて手になじみやすいのが特徴です。

大きいブラシはアイホール全体に、小さいブラシはまぶたの際や目頭などの細かい部分に適しており、シーンに応じて使い分けられて便利です。リーズナブルに購入できるのもうれしいところ。コストパフォーマンスの高いアイシャドウブラシです。

シャネル(CHANEL) パンソー オンブラー プラ

まぶた全体に乗せやすい、シャネルの人気アイシャドウブラシ。毛先がまるくカットされた大きめのブラシで、アイシャドウを大きく広げたいときにぴったり。ムラなくキレイに乗せやすいのが魅力です。シェードを重ねるのにも活躍します。

細かい部分にハイライトを入れるのにもおすすめ。毛がやわらかくてチクチクせず、使いやすいのもうれしいポイント。持ち手部分はブラックで統一されており、スタイリッシュなデザインに仕上がっています。

マック(MAC) ペンシルブラシ

コンパクトなペンシルブラシです。まぶたにクリームを乗せたり、アイシャドウで目の際にラインを入れたりするのにおすすめ。先端が鉛筆のようにとがっているので細かい部分に使いやすく、締め色をキレイに乗せられます。

程よいやわらかさで、アイシャドウをなじませるのにも便利。アイラインとアイシャドウの境目を自然にぼかせます。また、アイシャドウだけでなくピンポイントでコンシーラーを付けたいときにもおすすめです。

マック(MAC) テーパード ブレンディング ブラシ

ブレンドやシェーディングにおすすめのアイシャドウブラシです。天然毛を使用しておりやわらかく、毛先はまるくて細いのが特徴。毛足は長めにつくられています。アイシャドウをふんわりナチュラルに乗せたり、色付き具合を調節したりするのにぴったりです。

自然な風合いに仕上げやすいので、初心者でも陰影が付けやすくておすすめ。また、ハイライトやノーズシャドウを入れるときにも活躍します。

ルナソル(LUNASOL) アイシャドウブラシM N

カナダリスと馬毛を合わせたアイシャドウブラシ。馬毛が入っているため粉ふくみがよく、全体をムラなく均一に仕上げられるのが魅力。アイホール全体にキレイに色が乗せられます。

立てて使えば締め色も乗せやすく、1本あると便利です。持ち手部分はブラウンカラーで統一されており、洗練された雰囲気なのも魅力。ブランドロゴが控えめにあしらわれています。

エチュードハウス(ETUDE HOUSE) マイビューティーツール316 アングルアイシャドウブラシ

2パターンの使い方ができるアイシャドウブラシです。毛先が斜めにカットされた形状が特徴。小さめのブラシで、目の際や目頭などの細かい部分にもピンポイントにアイシャドウを乗せられます。また、アイホール全体になじませてグラデーションを作りたいときにも重宝します。

毛の長い部分は約15mmと長めで、ふんわりぼかせるのがポイント。ナチュラルに仕上げたい方にもおすすめです。持ち手部分には淡いカラーが使われており、かわいらしいデザイン。プチプラで購入できるのもうれしいところです。

エチュードハウス(ETUDE HOUSE) ハーシー アイシャドウブラシ

チョコレートメーカーであるハーシーズとコラボした、アイシャドウブラシです。チョコレートのようなかわいらしいデザインが魅力。持ち運びやすいサイズ感なので、外出する際にもおすすめです。

オリジナルとクッキーアンドクリームの2種類が発売されており、用途に合わせてチョイスできます。オリジナルは大きめのブラシで、ベースカラーやミドルカラーを乗せるときにぴったり。クッキーアンドクリームは先端が細く、目元などの使用に適しています。

スック(SUQQU) アイシャドウブラシL

やわらかくて大きめのアイシャドウブラシです。質のよい灰リス毛を100%使用しており、肌あたりがよく目元になじみやすいのが特徴。アイホール全体に広げやすい大きさで、ムラなくキレイに仕上げやすいのが魅力です。

均一に乗せやすいため、ベースカラーを乗せるのはもちろん、グラデーションを作るのにも適しています。初心者でも自然なグラデーションを作りやすいのがうれしいところ。軸はブラックで統一されており、シンプルなデザインです。

アディクション(ADDICTION) アイシャドウブラシ P

ポインティッドな先端が特徴のアイシャドウブラシです。先端がとがった平型のブラシを採用しており、アイホール全体に広げるのにも、まぶたのくぼみなどの細かい部分にピンポイントで乗せるのにも使いやすいのが魅力。1本あると幅広い用途で使えます。

フィット感があり、付ける場所や色付きなどを調節しやすいのがポイント。程よくハリがあるため、発色にこだわる方にもおすすめです。素材にはイタチ毛を使用しています。

エトヴォス(ETVOS) アイシャドウブラシ

平らな形状で毛先がまるくカットされたアイシャドウブラシです。程よくコシがあり、アイシャドウがしっかり目元に乗るのが魅力。平型なので目の際などの細かい部分にも使いやすく、幅広いシーンで重宝します。

ナイロンのなかでも質の高いタクロン素材を使用しており、人工毛ながら肌あたりがよいのが特徴。洗えるためお手入れしやすく、常に衛生的に使用できるのもうれしいポイントです。

ヴィセ アヴァン(Visee AVANT) アイシャドウブラシ01

馬毛を使用した、毛足の長いアイシャドウブラシです。なめらかで目元にフィットしやすく、しっかり色を乗せつつナチュラルに仕上げられるのが魅力。大きめのブラシで、ひと塗りでキレイに仕上げられておすすめです。

まぶた全体に広げたりアクセントカラーを入れたりするのに使えるのはもちろん、ハイライトにも適しています。Tゾーンやあご先にも使えるので、汎用性が高く便利です。

オルビス(ORBIS) アイカラーブラシ

天然毛をブレンドしたアイシャドウブラシ。肌あたりのよさと適度なコシにこだわり、馬毛とイタチ毛をブレンドしています。アイホールに合わせた形と大きさで目元にフィットしやすく、しっかりアイシャドウを乗せられます。広めの範囲に乗せたいときにおすすめです。

テクニックがなくてもプロのように仕上げられるようにつくられており、初心者にもおすすめ。アイシャドウブラシに慣れていなくても、自然なグラデーションを作れます。お手ごろな価格で購入しやすいのもうれしいポイントです。

志々田清心堂 シャドウライナー アイカラーブラシ

持ち運びにも便利なアイシャドウブラシ。キャップが付いているため毛を傷付ける心配がなく、ポーチに入れて気軽に携帯できます。外出先でさっとメイク直しをしたい方にもおすすめです。

1本で2役使えるのもうれしいポイント。シャドウライナーとアイカラーブラシが付いており、アイホール全体から目の際まで幅広い用途に使えて便利です。上質なナイロン素材を使用しており、洗えるのもポイント。お手入れしやすく、清潔に使用できます。

竹宝堂 アイシャドウブラシ G-4

丸平タイプのアイシャドウブラシです。灰リス毛を100%使用しており、肌あたりがよいのが特徴。やわらかく、ふんわりとしたナチュラルなグラデーションを作りたいときにおすすめです。

小さく平らなブラシなので、細かい部分にも乗せやすいのが魅力。全長は11cmとコンパクトなサイズ感で、携帯性に優れています。熊野筆の技術を使ってつくられた、おすすめのアイテムです。