ビジネスシャツやフォーマルな衣装のお手入れに欠かせない「アイロン」。最近はコードレスタイプが増えたほか、服をハンガーにかけたままでもアイロン掛けができる「衣類スチーマー」も人気です。

そこで今回は、アイロンのおすすめ人気モデルをご紹介。毎日きっちりアイロン掛けを行いたい方はもちろん、手軽に対応できるアイテムを探している方もぜひチェックしてみてください。

アイロンの選び方

コードの有無で選ぶ

長時間使用に適したコード付きアイロン

By: amazon.co.jp

コード付きのアイロンは常時通電状態なので、長時間アイロンを使用したい方におすすめです。ただし、アイロン掛けをしている間はコードのわずらわしさが気になるほか、ある程度使用シーンが制限されるので、その点は留意しておきましょう。

コードの煩わしさがないコードレスアイロン

item-stand02%e6%97%a5%e7%ab%8b%e5%85%ac%e5%bc%8f

By: hitachi-ls.co.jp

コードレスタイプは専用の台に置いて熱を溜め、その熱でアイロン掛けを行います。コードがないので、衣類をハンガーに吊るした状態でも使用可能。スーツやジャケットをアイロン掛けする際に便利なタイプです。

日常的にアイロン掛けする方に便利な「2Wayコード」

By: amazon.co.jp

「コードあり」と「コードレス」両方の状態で使えるのが、コードを取り外せる「2Wayコード」タイプのアイロンです。

コードをつなげて使えば、連続して複数のワイシャツなどをしっかりアイロン掛けできます。また、ハンカチなどの小物をアイロンするときはコードレスとして使えば、コードが邪魔になることもなく便利です。

スチームの有無で選ぶ

シワが取れやすい「スチームアイロン」

By: hitachi-ls.co.jp

スチームアイロンは大量の蒸気でシワを伸ばす方式。ふんわりとした仕上がりになるため、Tシャツなどの衣類やズボンの折り目を控えめにつけるときなどに役立ちます。ウール素材や薄手の綿製品などを使用した衣類にもおすすめのアイロンです。

なお、スチームには防臭や除菌効果が期待できるのもポイント。スーツのように毎日洗濯できない衣類をケアする際に便利です。

価格を比較的に抑えるなら「ドライアイロン」

By: amazon.co.jp

ドライアイロンは高温の熱と圧力で強くプレスしてシワを伸ばす方式。スチームアイロンと比べて比較的パリッとした仕上がりになるため、ワイシャツなどのシワを取りたい方におすすめです。合成繊維、絹、麻素材などを使用した衣類はドライアイロンが適しています。

なお、ドライアイロンを使用する際は「アイロン用仕上げ剤」を使用するのがベスト。霧吹きのように吹きかけるタイプのモノが一般的で、使用前に衣類に軽く浸透させるだけで、シワを伸ばす手助けをしてくれます。ぜひチェックしておきましょう。

アイロンの重量で選ぶ

軽量だと腕が疲れにくい

By: rakuten.co.jp

重すぎると持ち運びが大変になってしまうため、頻繁にアイロンを使用する場合は1kg前後のモノを選ぶのがベストです。服をハンガーに掛けたままアイロン掛けをすることが多い方は軽量タイプの製品を選ぶようにしましょう。

重い方がシワを伸ばしたり折り目をつけたりしやすい

アイロンにある程度の重量があると、重さを利用して力強くアイロン掛けができるので、効率的にシワを伸ばすことができます。また、重いアイロンは金属量が多く蓄熱能力に優れるため、比較的高温状態を長く保つことができるのもポイント。ワイシャツのタックやスラックスの折り目などをキレイに仕上げたいという方はぜひチェックしておきましょう。

便利な機能で選ぶ

うっかり消し忘れてしまったときでも安心な「オートオフ」

By: hitachi-ls.co.jp

アイロンには、一定時間経過すると自動的に電源がオフになる「オートオフ」機能が付いたモデルが数多くラインナップしています。高熱になるアイロンは電源を入れたまま放置しておくと危険なので、オートオフ機能が付いているかどうかは確認しておきましょう。

忙しいときに便利な「ハンガーショット」

By: amazon.co.jp

「ハンガーショット」とは、衣類をハンガーに吊るしたままの状態でアイロンやスチーム掛けができる機能。アイロン台を必要とせずに作業できるので、ちょっとした合間でも衣類のシワを取ることが可能です。また、スチーム掛けをすれば消臭効果が期待できるのもメリット。アイロン掛けに時短を求める方はぜひチェックしておきましょう。

アイロンのかけ面の素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

アイロンの底面は採用する素材によって滑りが異なります。主なタイプは3種類で、滑りのクオリティが高い順に並べると「セラミック系>チタン系>フッ素系」となります。また、この序列は価格帯とも比例関係にあるので、購入する際の目安としましょう。

アイロンのかけ面の形状で選ぶ

ラウンドベース型アイロンなら衣類が引っかかりにくい

By: amazon.co.jp

ラウンドベース型は従来からあるスタイル。先端部が尖った形状になっており、ワイシャツのボタン回りのアイロン掛けなど細部にまでアイロンを差し込めるのが特徴です。

前後対称のカタチなら戻りジワができにくい

By: amazon.co.jp

先細り形状がアイロンの前後にあるタイプは後ろ向きに動かしても衣類が引っかかりにくく、シワができにくいのもメリット。なお、パナソニックでは前後対称の形状の底面を「Wヘッドベース」と呼んでおり、ラインナップも豊富です。

アイロンのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

ラインナップが豊富な「パナソニック」。使い勝手に配慮した製品を取り揃えているのが特徴です。特に立ち上がりが早いモデルは便利。アイロン掛けに時短を求める方も要チェックです。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

「東芝」のアイロンは、細部にまでこだわりを感じるのが特徴。戻りジワができないように底面を加工するなど、アイロン掛けのストレスや手間に配慮した製品をリリースしています。

ティファール(T-fal)

By: amazon.co.jp

スチームアイロンのコードの有無はもちろん、洋服ブラシに似た形状の衣類スチーマーもリリースしている「ティファール」。製品はいずれもスタイリッシュで、パワフルさがウリです。

ツインバード工業(TWINBIRD)

By: amazon.co.jp

ツインバード工業は、ハンディースチーマーのラインナップが豊富なメーカーです。価格がリーズナブルなので、コスパ重視の方はぜひチェックしておきましょう。

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

日立はアイロンと衣類スチーマーの双方を製品ラインナップに取り揃えているのが特徴。しっかりとスチームが出るほか、コンパクトな形状にまとまっているので小回りが利く製品を求めている方におすすめです。

アイロンのおすすめモデル|スチームアイロン

第1位 パナソニック(Panasonic) カルル コードレススチームアイロン NI-WL704

パナソニック(Panasonic) カルル コードレススチームアイロン NI-WL704

かけ面に前後対称の「Wヘッドベース」を採用したスチームアイロン。後ろに引いても戻りジワができにくく、持ち替えずに全方向に動かせるのが魅力です。かけ面の面積が広くスピーディーなアイロンがけが可能。また、前後の先端が細くなっているので、ボタン周りなど細かな部分もキレイにかけられます。

折り目をしっかり付けられる「ハイパワースチーム」、ニットをふっくらさせる「ハイパワーショット」、脱臭効果が期待できる「ハンガーショット」など、多彩なスチーム機能を搭載。さらに、細かい水粒子を噴射する「マイクロスプレー」機能により、シワになりやすい綿や麻素材もキレイに仕上がります。

最長180秒とスチームの持続時間が長いのもポイント。使いやすく汎用性が高いおすすめのアイロンです。

第2位 ティファール(T-fal) アルティメット FV9751J0

ティファール(T-fal) アルティメット FV9751J0

約1分間に最大約140gのスチームを噴射するパワフルなアイロンです。アイロンを立てた状態でもスチーム噴射が可能な「バーチカルスチーム」機能付きで、ハンガーに掛けたまま衣類のシワが伸ばせます。約320mlの大容量タンクで給水の手間が少ないのもポイントです。

特殊セラミック製のかけ面に2層のエナメルコーティングを施しているため、滑りは抜群。また、独自の「オートクリーン」加工により、繊維くずが残りにくくかけ面がキレイに保てます。水漏れ防止機能や自動停止安全装置を搭載しているため安全性も良好。アイロンがけをすることが多い方におすすめの高機能モデルです。

第3位 パナソニック(Panasonic) 衣類スチーマー NI-FS540

パナソニック(Panasonic) 衣類スチーマー NI-FS540

約24秒のスピーディーな立ち上がりで手軽に使える2way仕様のスチームアイロンです。パワフルかつワイドなスチームにより、衣類をハンガーに掛けたままシワ取りが可能。加齢臭やタバコなど気になるニオイの脱臭に加え、衣類に密着させて使えば除菌効果も期待できます。

強力に脱臭すると謳う「3倍パワフルスチーム」を搭載しているのもポイント。スーツのジャケットなど洗濯しにくい衣類の脱臭に役立ちます。また、かけ面がフラットなため、プレスしてワイシャツの襟やプリーツスカートの折り目などをシャキッと仕上げることが可能です。

第4位 ディービーケー(D.B.K) スチーム&ドライアイロン J80T

ディービーケー(D.B.K) スチーム&ドライアイロン J80T

パワフルなスチームと約1.5kgの重みでムラなくキレイに仕上げられるアイロンです。アルミ製のかけ面はフッ素樹脂加工を施しているため、滑りがよく快適なかけ心地。25個の孔から噴射する強力なスチームにより、厚手の生地にも対応します。

本体の重みでプレス効果が得られるのもポイント。シワ取りはもちろん、折り目もしっかり付けられます。クロームメッキ仕上げのスチールボディは、無骨ながら高級感がありインテリア性も抜群。おしゃれなアイロンを求めている方におすすめです。

第5位 日立(HITACHI) コードレススチームアイロン CSI-307

日立(HITACHI) コードレススチームアイロン CSI-307

マイコン搭載のハイスペックなスチームアイロンです。設定温度とかけ面の温度変化が確認しやすい「温度表示液晶ディスプレイ」を採用。温度は6段階のバーで表示され、設定温度に達すると音で知らせてくれます。電源プラグを抜き忘れても約10分後に電源が切れる「オートオフ」機能が付いているので安全性も良好です。

かけ面はセラミックコート採用で軽いかけ心地。頑固なシワや厚手の生地に効果的な「パワースチーム」と、ハンガーに衣類を掛けたままシワが伸ばせる「ハンガースチーム」を搭載しているほか、「スプレー」機能付きで綿や麻などシワになりやすい素材もキレイに仕上げられます。

約20・25・30°の3段階で角度が調節できるスタンドを備えているのもポイント。高性能ながらリーズナブルな価格で購入しやすいおすすめのアイロンです。

第6位 東芝(TOSHIBA) コードレスアイロン 美ラクル La・Coo TA-FLW910

東芝(TOSHIBA) コードレスアイロン 美ラクル La・Coo TA-FLW910

安定感のあるプレス力とスムーズなかけ心地を両立したスチームアイロン。かけ面に摩耗や傷に強いボロンコートを施しており、熱くなると無通電時に比べ、滑り性能が約2倍アップします。約11.5cmのワイドなかけ面で一気にシワが伸ばせるだけでなく、細長い先端で細かい部分もラクに仕上げられるのがポイントです。

広範囲のシワを取りたいときは「全面ショット」、厚手の衣類なら「集中ショット」と、衣類の状態に合わせて使い分けできる2つのショットを搭載。脱臭や除菌効果も期待できます。スチームの持続時間が最長約180秒と長いのも魅力。使いやすさにこだわって開発されたおすすめのアイロンです。

第7位 ツインバード工業(TWINBIRD) ハンディーアイロン&スチーマー SA-4086

ツインバード工業(TWINBIRD) ハンディーアイロン&スチーマー SA-4086

使いたいときにサッと使えるハンディータイプ。ツインバード人気のロングセラーモデルです。縦・横・斜めに向けても安定してスチームが噴射するフリーアングル設計でプレスはもちろん、ハンガーに衣類を掛けたままでもシワが伸ばせます。かけ面にセラミック加工を施しているので、すべりがよく、かけ心地は抜群です。

かけ面が約6×13cmとコンパクトで、襟周りや袖口など細かい部分のアイロンがけに便利。スチームを当てればタバコや汗など気になるニオイの脱臭効果も期待できます。毛ブラシと衣類ブラシが付属しているのは嬉しいポイント。朝や外出前など忙しいときにも活躍するおすすめのアイロンです。

アイロンのおすすめモデル|ドライアイロン

第1位 パナソニック(Panasonic) 自動アイロン NI-A66

パナソニック(Panasonic) 自動アイロン NI-A66

昔ながらのレトロなデザインが魅力のドライアイロンです。ダイヤルを回して温度調節するだけのシンプル機能で使い勝手は抜群。かけ面の先が尖っているので、ボタン周りなど細かい部分もキレイにかけられます。

動きに合わせて上下するフレキシブルなコードのため、邪魔になりにくくスムーズなアイロンがけが可能です。約800gと軽く腕にかかる負担が少ないのもポイント。手軽に使えるので初めてのアイロン選びや一人暮らしの方におすすめです。

第2位 ディービーケー(D.B.K) ドライ専用アイロン The DRY J77D

ディービーケー(D.B.K) ドライ専用アイロン The DRY J77D

使いやすさにこだわって設計開発されたドライアイロンです。かけ面に熱伝導率の高いアルミを採用しており、最高温度までわずか約60秒とスピーディーに立ち上がるのが特徴。約620gと軽いのに加え、先端がスリムで小回りが利くため手芸用のアイロンとしてもおすすめです。

無駄のないシンプルな機能とフレキシブルなコードにより、スムーズでストレスフリーなアイロンがけが可能。コットンやシルクなど布地の種類に合わせて温度調節が行えるのもポイントです。

第3位 ドウシシャ(DOSHISHA) ピエリア ミニアイロン DMA-04

ドウシシャ(DOSHISHA) ピエリア ミニアイロン DMA-04

約10×6.3×5.1cmのコンパクトサイズで持ち運びに便利なドライアイロン。たためるハンドルと取り外し可能なコードによりコンパクトに収納できます。約200gと軽く専用ポーチ付きで携行しやすいので、旅行や出張用のアイロンとしておすすめです。

温度調節などの機能は一切ありませんが、電源プラグを接続するだけのシンプル設計で使い勝手は良好。細かい作業にも適しているので手芸用としても活躍します。レッド・イエロー・ブルーの3色展開で好みに合わせて選べるのもポインです。

第4位 東芝(TOSHIBA) ハンディーアイロン TA-H3

東芝(TOSHIBA) ハンディーアイロン TA-H3

挟むだけで折り目が付けられるクリップ式のハンディーアイロンです。プリーツスカートやネクタイ、ワイシャツの襟など、細かい部分や小物のアイロンがけに便利。ハンガーに吊るしたまま使えるので、出勤前など時間をかけたくないときに重宝します。

本体サイズ約3.1×12×13cm、重量約265gの軽量コンパクトタイプで携行性は抜群。雨の日や大切な会議の前などヨレが気になるときもすぐに直せます。自宅用としてはもちろん、携帯用としてもおすすめのアイロンです。

アイロンのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

アイロンのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

番外編:簡単にシワを伸ばすならこんな方法も

ハンガーにかけたままシワを伸ばせる「衣類スチーマー」

ズボンに特化するなら「ズボンプレッサー」