ビジネスシャツやフォーマルな衣装のお手入れに欠かせない「アイロン」。最近はコードレスタイプが増えたほか、服をハンガーにかけたままでもアイロン掛けができる「衣類スチーマー」も人気です。

そこで今回は、アイロンのおすすめ人気モデルをご紹介。毎日きっちりアイロン掛けを行いたい方はもちろん、手軽に対応できるアイテムを探している方もぜひチェックしてみてください。

アイロンの選び方

コード有無で選ぶ

item-stand02%e6%97%a5%e7%ab%8b%e5%85%ac%e5%bc%8f

By: hitachi-ls.co.jp

アイロンには、主にコードレスタイプとコードのあるタイプの2種類。コードレスタイプは、専用の台に置いて熱を溜め、その熱でアイロン掛けを行います。コードがないので、ハンガーに吊るしてあるスーツやジャケットなど、高い位置にある衣類をアイロン掛けするのにもおすすめです。

ただし、長く使っていると温度が下がってくるため、その都度台に置いて熱を溜める必要があり、長時間使用する際は少し手間に感じるかもしれません。

一方、コードの付いたアイロンは使用中に温度が下がることはないので、長時間の使用におすすめです。なお、使用中にコードが邪魔になる可能性や限られた場所でしか使えない点は留意しておきましょう。

ちなみに最近では、コードが付いている状態とコードレス状態の両方で使える2Wayコードタイプのアイロンもリリースされています。

スチームの有無で選ぶ

シワが取れやすい「スチームアイロン」

By: hitachi-ls.co.jp

スチームアイロンは、大量の蒸気でシワを伸ばす方式。ふんわりとした仕上がりになるため、Tシャツなどの衣類やズボンの折り目を控えめにつけるときなどに役立ちます。ウール素材や薄手の綿製品などを使用した衣類にもおすすめのアイロンです。

また、スチームには防臭や除菌効果が期待できるのもポイント。スーツのように毎日洗濯できない衣類は、どうしてもタバコ臭や汗臭が気になります。そこで、気になる時や場所にスチームを当てることで、ケアすることができます。

価格を比較的に抑えるなら「ドライアイロン」

By: amazon.co.jp

ドライアイロンは、高温の熱と圧力で強くプレスしてシワを伸ばす方式。スチームアイロンと比べて比較的パリッとした仕上がりになるため、ワイシャツなどの衣類のシワをなくしたい方におすすめです。合成繊維、絹、麻素材などを使用した衣類は、ドライアイロンが適しています。

なお、せっかくドライアイロンでしなやかな仕上がりにするのなら、「アイロン用仕上げ剤」を使用するのがベスト。霧吹きのように吹きかけるタイプのモノが一般的で、使用前に衣類に軽く浸透させるだけで、シワを伸ばす手助けをしてくれます。

アイロンの重量で選ぶ

By: rakuten.co.jp

アイロンにある程度の重さがあると、その重さによりしわが伸ばしやすくなり力強くアイロン掛けをすることが可能。また、重いアイロンの方が熱の保持能力が高いとも言われています。しかし、重すぎると持ち運びが大変になってしまうため、1kg前後のモノを選ぶのがベストです。服をハンガーに掛けたままアイロン掛けをすることが多い方は、より軽いタイプのモノを選ぶようにしましょう。

主な機能で選ぶ

日常的にアイロン掛けする方に便利な「2Wayコード」

By: amazon.co.jp

「コードあり」と「コードレス」両方の状態で使えるのが、コードを取り外せる「2Wayコード」タイプのアイロンです。

コードをつなげて使えば、連続して複数のワイシャツなどをしっかりアイロン掛けできます。また、ハンカチなどの小物をアイロンする時はコードレスとして使えば、コードが邪魔になることもなく便利です。

うっかり消し忘れてしまった時でも安心な「オートオフ」

By: hitachi-ls.co.jp

アイロンには、一定時間経過すると自動的に電源がオフになる「オートオフ」機能が付いたモデルも数多くラインナップしています。高熱になるアイロンは電源を入れたまま放置しておくと、大きな事故になりかねません。事故を防ぐためにもオートオフ機能付きのアイロンをおすすめします。

忙しい時に便利な「ハンガーショット」

By: amazon.co.jp

「ハンガーショット」は、衣類をハンガーに吊るしたままアイロンやスチーム掛けできる機能です。アイロン台を必要とせずに作業できるので、出勤前の忙しい時にワイシャツのシワをとりたい時などに便利です。また、複数枚の衣類のアイロン掛けもスピーディーに行えます。さらに、スチーム掛けをすれば消臭効果が期待できるのもメリットです。

アイロンの底面の素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

アイロンの底面は採用する素材によって滑りが異なります。主にハイエンドモデルに採用されているセラミック製は、すべりがよく軽い力でアイロン掛けをすることができて便利です。

一方、チタン製はコスパに優れているのが魅力。また、フッ素製のアイロンはリーズナブルな価格で購入できますが、他と素材と比べてやや滑りやすさが劣るのがデメリットです。

アイロンの底面の形状で選ぶ

前後対称のカタチなら戻りジワができにくい

By: amazon.co.jp

前後ともに先端部にいくほど細くなっている形状のアイロンは、前後どちらに動かしてもスムーズにアイロン掛けできます。後ろ向きに動かしても衣類が引っかかりにくく、「戻りジワ」と呼ばれるシワができにくいのがメリットです。

さらに、前後往復でアイロン掛けすれば、スピーディーに作業できるのも特徴。パナソニックでは前後対称の形状の底面を「Wヘッドベース」と呼んでおり、ラインナップも豊富です。

ラウンドベース型アイロンなら衣類が引っかかりにくい

By: amazon.co.jp

アイロンの底面が水平ではなく、ゆるやかに湾曲しているのがラウンドベース型アイロン。中央部がわずかに盛り上がり、周辺部にいくほど傾斜ができているのが特徴です。そのため、アイロンのフチで衣類を引っかけてしまうことが少ないのがメリット。アイロンジワができにくいことに加えて、軽い力でアイロン掛けできるのもポイントです。

アイロンのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

アイロン製品のなかで高いシェアを有しているのが、パナソニックです。使いやすいサイズを考え、消費者目線に立ってつくられた製品に特徴があります。電源を入れてから使えるようになるまでの時間が短い製品が多いのもポイント。サッとアイロン掛けをしたい方におすすめです。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

東芝の製品は、至るところに細かな配慮が行き届いており、使いやすさが魅力。戻りジワができないように、底面を加工するなど、実用的なアイデアを取り入れている点にも注目です。

ティファール(T-fal)

By: amazon.co.jp

豊富なラインナップを揃えているティファール。スチームアイロンのコードの有無はもちろん、洋服ブラシに似た形状の衣類スチーマーもリリースするなど、使い勝手に配慮したモデルをリリースしています。製品はいずれもパワフルさがウリ。アイロンの購入を検討する際には外せないメーカーのひとつです。

ツインバード工業(TWINBIRD)

By: amazon.co.jp

ツインバードは、価格がリーズナブルなのがポイント。コストパフォーマンスに優れたモノが欲しい方や「とりあえずシンプルな機能のアイロンがほしい」という方におすすめです。

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

アイロンはもちろん、衣類スチーマーも好評の日立。立てた場合でもしっかりとスチームが出ているのが特徴で、持続性のある強めの蒸気がたっぷりと衣類に広がっていくのもポイントです。

アイロンのおすすめ人気モデル|コード有り

パナソニック(Panasonic) コード付きスチームアイロン NI-S55-A

リーズナブルな価格が魅力の、スチームアイロン。底のかけ面はシルバーチタンコートを採用。スプレーのりが付きにくく滑りがよいため、アイロンがけもラクラクです。かけ面の形状は後方がU字型をしている「U型ラウンドベース」仕様。アイロンをかけても戻りシワができにくいのがポイントです。

29個のスチーム穴から噴射されるスチームの範囲は196mm。従来品に比べて1.3倍に広がっています。また、水タンク容量が200mlと大きめなのもメリット。機能はシンプルですが、リーズナブルで基本性能が十分にあるおすすめのアイロンです。

ティファール(T-fal) コンフォートグライド2690 FV2690J0

かけ面に滑りがよい特殊セラミックを採用したアイロン。温度が上がるほど滑りがよくなるのが特徴です。「ジェットスチーム」は毎分50gのスチームを噴射。頑固なシワも伸ばせます。水タンク容量は大容量の270mlなので、多くの衣類をスチーム掛けする時に便利です。

また、アイロンを立てた状態できる「バーチカルスチーム」機能を搭載しているのもメリット。ワイシャツなどをハンガーにかけた状態で簡単にスチーム掛けできます。水あか防止バルブとセルフクリーニング機能も付いているので、メンテナンスもラクなアイロンです。

東芝(TOSHIBA) La・Coo TA-EV5

持ち替えやすい「オープンハンドル」を採用したコード式スチームアイロン。扱いやすいサイズ感で、重量は約1.1kgです。底面は、軽い力でアイロン掛けできるシルバーセラミックコーティングを施しています。丸みを帯びた形状のため、衣類が引っかかりにくいのもメリットです。また、先端が細くなった「楽がけライン」を採用しているため、ボタン周りのアイロンがけがしやすいのもポイント。

スチーム機能は3つのモードを搭載。通常モードの他、ハンガーに吊るしたままの衣類をスチームがけできる「吊るしてショット」と「倍増ショット」があります。倍増ショットは通常モードの3倍以上のパワフルなスチームが魅力です。頑固なシワをとりやすい上に、ウール素材の衣類をふっくら仕上げられるのがメリット。

スチームは高温と中温の2段階で切替できます。ワンタッチでコードが収納できるコードリール式なので、片付けもラクなアイロンです。

東芝(TOSHIBA) TA-C35

強力なスチームでがんこなシワを伸ばす「倍増ショット」を搭載。シワだけでなく、ウール製品もふっくらと仕上げられるのが魅力です。かけ面は、滑りがよくメンテナンスが容易なシルバーチタンコートを採用。温度制御は約120・160・200℃の3段階式です。レバー式なので切り替えもラクラク。

スチームは高温・中温の2段階が設定可能です。綿や麻なら200℃の高温で、ウールやポリエステルは160℃の中温でスチームするのがおすすめ。ほとんどの素材の衣類をスチーム掛けできるのがポイントです。リーズナブルなコード式アイロンを探している方におすすめします。

ティファール(T-fal) アクアスピード FV5336J3

1分間に最大90gのジェットスチームができるパワフルさが魅力のコードレススチームアイロンです。スチームが繊維の奥まで浸透してシワをしっかり伸ばせるのがメリット。

また、生乾き状態で繁殖した雑菌の99.9%を除菌することが期待できます。「バーチカルスチーム」仕様なので、ハンガーに掛けたままの衣類をスチーム掛けできるのも魅力。

かけ面は軽い力でアイロン掛けできる特殊セラミックを採用しています。水あかを吸着する水あか防止バルブやカルキ防止機能を備えたタンクは280mlと大容量なのも特徴です。さらに、自動停止安全機能も搭載しているので電源を切り忘れた時でも安心できます。日常的に多くの衣類をアイロン掛けする方におすすめのパワフルなアイロンです。

ディービーケー(D.B.K) スチーム&ドライアイロン J80T

インテリアにこだわりがある方にもおすすめな、おしゃれなデザインが魅力のスチーム&ドライアイロン。約1.5kgと重めですが、その分しっかりとプレスできるのが特徴。

底面の素材は、熱伝導率が高いアルミ製熱板を採用。また、フッ素樹脂加工を施しているため、スムーズに温度設定できるのがポイントです。

厚手の布地にも対応可能で、25個の孔からパワフルなスチームを噴射してしっかりとシワを伸ばします。インテリアとしても映えるおしゃれなアイロンを探している方におすすめです。

アイロンのおすすめ人気モデル|コードレス

パナソニック(Panasonic) カルル コードレススチームアイロン NI-WL404

底面の形状が「Wヘッドベース」仕様のコードレススチームアイロン。前後が細くなった前後対称の形状で、後ろ向きにアイロン掛けしても、動きが滑らかでアイロンジワができにくいアイロンです。底面がゆるやかに湾曲しているので、衣類が引っかかりにくいのもポイント。さらに、センター重心設計で力が入れやすく腕が疲れにくいのも特徴です。

また、ハンガーショットも可能なスチーム機能は、持続時間が約180秒と長く使いやすいのも魅力。エントリーモデルでも、必要な機能がひと通り揃ったおすすめのアイロンです。

ティファール(T-fal) フリームーブパワー9985 FV9985J0

コードレスなのにも関わらず、1分間に最大110gの強力なジェットスチーム機能を備えたスチームアイロンです。タンクは約250mlと大容量なので、給水の手間がかからずスチーム掛けが効率よく行えます。

強力なスチーム性能を支えるために、ティファール独自の「高温長持ちシステム」を採用。熱保持力が高いので、かけ面やスチームの温度を維持しやすいのがメリットです。

また、重量が約1.4kgと程よい重さがあるため、プレスする際にあまり力を加えなくてよいのも魅力。ハンガーにかけたままアイロン掛けできる「バーチカルスチーム」機能も備えています。大量の衣類を効率的にアイロン掛けしたい方におすすめです。

東芝(TOSHIBA) コードレスアイロン 美ラクルLa・Coo TA-FLW800

オープン型ハンドルを採用した、持ち替えやすいコードレスアイロンです。ニッケルコーティングしたかけ面は、後側がやや傾斜しているのでアイロンジワができにくいのが特徴。低重心で力が伝わりやすく、しっかりプレスできるフォルムです。56個のスチーム孔を備えて、スチーム持続時間約180秒と長めなのもポイント。スチーム温度を3段階で切り替えできる他、スチームショット範囲も「全体」「集中」から選べます。

ハンガーに掛けたままアイロン掛けも可能。シュッと吹きかけてシワを伸ばせる抗菌ミスト機能を搭載しています。水溶性ガラスに銀を配合しているので布地の除菌効果も期待できます。スタンドに置けばスピード給電するので適温を保てるのもメリットです。

日立(HITACHI) コードレススチームアイロン CSI-205

パワースチーム機能を搭載しているので、通常より強力なスチーム掛けが可能。厚手生地の衣類や頑固なシワ取りに便利な機能です。また、衣類をハンガーに吊るしたままアイロンがけできるハンガースチーム機能も備えています。タンク容量は約140mlで、約70秒間連続してスチームが可能です。

さらに、タンク内に入っている水を霧状のスプレーにして衣類にあてる機能も搭載。綿や麻の布地をアイロン掛けする際に便利です。そのほかにも、スタンドの角度を3段階に調節できるのもポイント。自分の使いやすい角度にしてアイロン作業が捗るのがメリットです。さらにタテ・ヨコどちらでも置けるので収納性にも優れています。

日立(HITACHI) コードレススチームアイロン CSI-201

本製品は、本体の重量が約775gと軽量なのが魅力のスチームアイロン。シワを取りやすい高温スチーム対応しており、スチーム持続時間は約50秒です。スタンドは360°回転できるため、自分が扱いやすい位置にアイロンを置けます。機能はシンプルでよく、軽くて扱いやすいアイロンを探している方におすすめです。

ツインバード工業(TWINBIRD) ハンディーアイロン&スチーマー SA-4093BL

ハンディースチーマーとしても使えるモデル。使わない時はハンドルを折りたためるので、コンパクトに収納できるのが魅力。重量が約720gと軽くて扱いやすいのもポイントです。

ワイドスチームアタッチメントを取り付ければ幅広のスチームを噴射、ボタンを押している間だけスチームが出ます。スチーム噴射面積は従来品の約3倍にアップしているのがメリット。アタッチメントには布地に付いた糸くずやゴミを取るブラシも付いています。

アタッチメントを外せばコンパクトで扱いやすいアイロンとして使用可能。ワイシャツやズボンの折り目も付けられます。操作しやすいダイヤル式の温度調節機能も装備しているので、素材に合わせた温度でアイロン掛けでき、さまざまな衣類に対応可能です。

番外編:簡単にシワを伸ばすならこんな方法も

ハンガーにかけたままシワを伸ばせる「衣類スチーマー」

ズボンに特化するなら「ズボンプレッサー」

アイロンのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

アイロンのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。