ビジネスシャツやフォーマルな衣装のお手入れに欠かせない「アイロン」。最近はコードレスタイプが増えたほか、服をハンガーにかけたままでもアイロン掛けができる「衣類スチーマー」も人気です。

そこで今回は、アイロンのおすすめ人気モデルをご紹介。毎日きっちりアイロン掛けを行いたい方はもちろん、手軽に対応できるアイテムを探している方もぜひチェックしてみてください。

アイロンの選び方

コード有無で選ぶ

item-stand02%e6%97%a5%e7%ab%8b%e5%85%ac%e5%bc%8f

By: hitachi-ls.co.jp

アイロンには、大きく分けてコードレスタイプとコードのあるタイプの2つが存在します。コードレスタイプは、専用の台に置いて熱を溜め、その熱でアイロン掛けを行います。コードがないので、ハンガーに吊るしてあるスーツやジャケットなど、高い位置にある衣類をアイロン掛けするのにおすすめです。

ただし、長く使っていると温度が下がってくるため、その都度台に置いて熱を溜める必要があり、長時間使用する際は少し手間に感じるかもしれません。

一方、コードの付いたアイロンは使用中に温度が下がることはないので、長時間の使用におすすめです。なお、使用中にコードが邪魔になる可能性や限られた場所でしか使えない点は考慮しておきましょう。

アイロンの重量で選ぶ

By: amazon.co.jp

アイロンにある程度の重さがあると、その重さによりしわが伸ばしやすくなり力強くアイロン掛けをすることが可能。また、重いアイロンの方が熱の保持能力が高いともいわれています。しかし、重すぎると持ち運びが大変になってしまうため1キロ前後のモノを選ぶのがベストです。

服をハンガーに掛けたままアイロン掛けをすることが多い方は、軽いタイプのモノを選ぶようにしましょう。

主な機能で選ぶ

fs470_img11%e3%83%91%e3%83%8a%e3%82%bd%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af%e5%85%ac%e5%bc%8f

By: panasonic.jp

アイロンのなかには、衣類をハンガーに掛けたままアイロン掛けができる機能が付いたモノもあります。蒸気で素早くシワを伸ばすことができるため、時短したい一人暮らしの方にもおすすめです。

また、自動で電源をオフにできる「オートオフ機能」が付いていると安心できます。アイロンは大変高温なので台から落ちて床に転がったり、服の上に落ちたりすると、火災の原因に。そのため、一定時間が経過した場合や異常高温を検知した場合に搭載されています。

その他にも、スチームタイプかドライタイプかで選ぶのもアリ。ちなみに、スチームアイロンはスチーム機能を切れば、ドライアイロンとしても使える場合がほとんどなので、スチームとドライのどちらにするか迷ったらスチームアイロンを選ぶのがおすすめです。

アイロンの底面の素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

アイロンの底面は、素材によって使いやすさの重要な要素であるすべりやすさが異なります。主にハイエンドモデルに採用されている「セラミック製」は、すべりがよく軽い力でアイロン掛けをすることができて便利です。

「チタン製」は、すべりやすくコスパに優れているのが魅力。「フッ素製」のアイロンはリーズナブル価格で購入できますが、すべりにくい点がデメリットとして挙げられます。

アイロンのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

アイロン製品の中で高いシェアを有しているのが、パナソニックです。使いやすいサイズを考え、消費者目線に立ってつくられた製品に特長があります。電源を入れてから使えるようになるまでの時間が短い製品が多いのも特長。サッとアイロン掛けをしたい方におすすめです。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

東芝の製品は、至るところに細かな配慮が行き届いており、使いやすさが魅力。戻りジワができないように、底面を加工するなど、実用的なアイディアを取り入れている点にも注目です。

ティファール(T-fal)

By: amazon.co.jp

ティファールは、専門家に人気の高い、本格派の製品を多く出しているメーカーです。スチーム機能が優れている製品が多いのも、このメーカーのポイントのひとつ。しっかりとアイロン掛けをしたい方は、ティファールがおすすめです。

ツインバード工業(TWINBIRD)

By: twinbird.jp

ツインバードは、ハンディタイプの製品の取り扱いが多いメーカー。価格がリーズナブルな上に、使用者の評価は高いので、コストパフォーマンスに優れたモノが欲しい方におすすめのメーカーです。

日立(HITACHI)

日立は家電だけでなく鉄道やインフラも扱う国内最大の電気機器メーカー。アイロンとしてはもちろん衣類スチーマーとしての機能を有するモデルをリリースしており、1台で幅広く使えると人気があります。

2018年版アイロンのおすすめモデル

パナソニック(Panasonic) コードレススチームWヘッドアイロン NI-WL704

クリエイティブな家電で人気のパナソニックのハイエンドモデルのアイロンです。底面の前と後ろの両方が同じ形状の「Wヘッドベース」になっているので、アイロンを持ち変えることなく左右前後にスムーズに動かしながらアイロン掛けできます。先端が尖ったスリムヘッド仕様で、ボタン周りのしわも綺麗に取れるためワイシャツのアイロン掛けにも最適です。

約160mlの大容量タンクを採用し、底面全体からスチームを最長約2間噴射できるので衣類スチーマーとしても活躍してくれます。また、細かい水粒子を噴射できる「マイクロスプレー」機能も搭載しており、デリケートな綿や麻のしわ取りに効果的です。

底面には「ミラーマジ軽」という軽いすべり心地を実現した素材を採用しているのもポイント。スタイリッシュで高級感のあるデザインとなっているので、見た目にもこだわりがある方にもおすすめの1台です。

パナソニック(Panasonic) 衣類スチーマー NI-FS530

ハンガーにかけたままシワ取りができる「衣類スチーマー」です。スチームを広がりやすくした「ワイドスチーム」で、ワイシャツのシワも難なく取れるのが魅力。さらに、約24秒のハイスピードで立ち上がるので、朝の忙しい時間でも気になる衣類のシワをサッと伸ばせます。

また、スチームを当てることで気になる汗の臭いやタバコの臭いも脱臭できるので、ニット系衣類のケアにもぴったり。アイロン面にはセラミットコートが採用され、ハンカチなどをしっかりプレスしてアイロンとして使うことも可能。

コンパクトなサイズ感かつ重さも約700gと軽量なので、出張先に持って行くのにもおすすめです。

東芝(TOSHIBA) 美ラクル ラクー(La・Coo) TA-FLW900

東芝のハイエンドモデル「ラクー」は、衣類にしっかりと力が加わるようハンドルの位置を下げた低フォルム設計にしているのが特長です。底面の面積が広いので、ワイシャツの背中部分やスラックスの大きな面のシワを一気に伸ばせるのもうれしいポイント。面倒なアイロン掛けを時短できます。

また、底面には熱が加わると滑りやすさが増す「ボロンコーティング」を施しており、アイロンをスムーズに動かせるので長時間使う際にも快適に使えます。

スチーム機能は最長で約4分間持続可能。底面全体からスチームを噴射できるので、アイロン台無しでしわ取りができる衣類スチーマーとしても活用できます。コードレスなので、コードが邪魔になることもありません。使いやすいだけでなく、ちょっとした付加機能のあるコードレスアイロンを求めている方におすすめです。

ティファール(T-fal) アルティメットスチームパワー FV9604J0

ティファール独自の「パラジウムコーティング」を施した底面は世界特許を取得。底面に付着した繊維やゴミを蒸気と二酸化炭素にして除去するので、焦げることなくいつもキレイな状態を保てます。

ダイヤモンド型をしたすべりやすい底面で、前後左右スムーズに動かすことが可能です。すべらせる感じでも、しっかりとプレスできるのも魅力。

スチーム機能に関しては、76個のスチーム孔からは1分間に最大105gものジェットスチームを噴射。衣類をハンガーに掛けたまま、サッとしわ取りができます。

また、布地に最適な温度とスチーム量を自動調節する機能を使えば、繊維を傷めにくくすることも可能です。衣類を短時間でしっかりとしわ取りしたい方におすすめです。

ティファール(T-fal) スチームアイロン フリームーブミニ FV5020J0

軽量コンパクトタイプのコードレススチームアイロン。質量約880gの軽さでも、強力なスチームで頑固なしわにも対応できます。コンパクトボディで小回りが効くため、広い面でも細い面でもサッと動かすことが可能。

アイロンを立てたままでも大量のスチームを噴射できるので、衣類をハンガーにかけたままでもしわ取りする衣類スチーマーとしても活用できます。

底面は先が細い仕様となっているためシャツのボタン周りや脇の下、襟元などのアイロン掛けもスムーズです。

ツインバード工業(TWINBIRD) ハンディーアイロン&スチーマー SA-4086BL

リーズナブル価格で、従来機種に比べて2倍ものスチームを噴射するのが特長。ワイシャツのしわ取りを短時間でできるだけでなく、気になるニオイもスチームのパワーで軽減します。

底面は縦、横、斜めに角度を変えられるフリーアングル仕様により、左右上下と自在に動くので大きな衣類でも負担なくしわ取りできます。その他、毛ブラシと衣類ブラシの2種類のアタッチメントが付いているのもポイント。

見た目はハンディタイプの衣類スチーマーですが、小型アイロンとしても使えるので一人暮らしの方や出張が多い方にもおすすめです。

日立(HITACHI) コードレススチームアイロン CSI-207

マイコン搭載により、設定温度と底面の目安温度を液晶ディスプレイに表示できるが特長です。コードレスアイロンは温度が下がりやすいのが難点ですが、液晶ディスプレイが6段階のバーで温度変化を表示してくれるのでタイミングが分かりやすく使い勝手良好。設定温度になると音で知らせる機能も便利です。

「パワースチーム」機能を使えば、衣類をハンガーに掛けたまましわ取りができる衣類スチーマーとしても使えます。また、厚手の衣類などのシワ取り、ワイシャツの頑固なシワもすっきり伸ばすことが可能。また、スチームは高温と中温があり、素材に合わせて切り替えできます。

日立(HITACHI) 衣類スチーマー CSI-S1

スタイリッシュなデザインが魅力の衣類スチーマー。底面にスチーム噴出口を12個備え、スチームを広範囲に連続して当てられることができます。スチームが効率よく当たってくれるので、手首のへの負担も軽減できるのが魅力です。

また、通常のアイロンとしても使用可能。全方向、スムーズ対応できる「ダイヤフォルムベース」形状なので衣類の上を自由自在に動かして楽にアイロン掛けできます。衣類の上スッと滑るのでしつこいシワを伸ばすのも簡単です。

さらぶ、底面の先端が尖がりのある形になっているため、ボタン周りも楽にしわ取りすることができます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) コードレスアイロン SIR-03CL-A

シンプル操作で使いやすく、コストパフォーマンスに優れた製品を扱うアイリスオーヤマのコードレスアイロン。立ち上がりが最短30秒ととても早くパワフルスチーム機能があるので、時間がないときにスーツやズボンのしわ取りをするのに最適。霧吹き機能をドライアイロンと併用すれば、ワイシャツの頑固なシワもあっと言う間に伸ばせます。

スチームの量はハーフと通常の2つがあり、衣類の厚みに応じて切り替えて使えます。スチームショット機能を使えば、ハンガーに掛けたままでシワ伸ばしができる衣類スチーマーとしても使用可能。

これだけの機能が揃って実勢価格3000円以下というコスパの高い製品なので、これから一人暮らしを始める方にもおすすめです。

アイロンのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

アイロンのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。