ビジネスシャツやフォーマルな衣装のお手入れに欠かせない「アイロン」。最近はコードレスタイプが増えたほか、服をハンガーにかけたままでもアイロン掛けができる「衣類スチーマー」も人気です。

そこで今回は、アイロンのおすすめ人気モデルをご紹介。毎日きっちりアイロン掛けを行いたい方はもちろん、手軽に対応できるアイテムを探している方もぜひチェックしてみてください。

アイロンの選び方

コード有無で選ぶ

item-stand02%e6%97%a5%e7%ab%8b%e5%85%ac%e5%bc%8f

By: hitachi-ls.co.jp

アイロンには、大きく分けてコードレスタイプとコードのあるタイプの2種類があります。コードレスタイプは、専用の台に置いて熱を溜め、その熱でアイロン掛けを行います。コードがないので、ハンガーに吊るしてあるスーツやジャケットなど、高い位置にある衣類をアイロン掛けするのにもおすすめです。ただし、長く使っていると温度が下がってくるため、その都度台に置いて熱を溜める必要があり、長時間使用する際は少し手間に感じるかもしれません。

一方、コードの付いたアイロンは使用中に温度が下がることはないので、長時間の使用におすすめです。なお、使用中にコードが邪魔になる可能性や限られた場所でしか使えない点は留意しておきましょう。

スチームの有無で選ぶ

スチームアイロン

By: amazon.co.jp

スチームアイロンは、大量の蒸気でシワを伸ばす方式。ふんわりとした仕上がりになるため、Tシャツなどの衣類やズボンの折り目を控えめにつけるときなどに役立ちます。ウール素材や薄手の綿製品などを使用した衣類にもおすすめのアイロンです。

また、スチームには防臭や除菌効果が期待できるのもポイント。スーツのように毎日洗濯できない衣類は、どうしてもタバコ臭や汗臭が気になります。そこで、気になる時や場所にスチームを当てることで、ケアすることができます。

ドライアイロン

By: amazon.co.jp

ドライアイロンは、高温の熱と圧力で強くプレスしてシワを伸ばす方式。スチームアイロンと比べて比較的パリッとした仕上がりになるため、ワイシャツなどの衣類のシワをなくしたい方におすすめです。合成繊維、絹、麻素材などを使用した衣類は、ドライアイロンが適しています。

なお、せっかくドライアイロンでしなやかな仕上がりにするのなら、「アイロン用仕上げ剤」を使用するのがベスト。霧吹きのように吹きかけるタイプのモノが一般的で、使用前に衣類に軽く浸透させるだけで、シワを伸ばす手助けをしてくれます。

アイロンの重量で選ぶ

By: rakuten.co.jp

アイロンにある程度の重さがあると、その重さによりしわが伸ばしやすくなり力強くアイロン掛けをすることが可能。また、重いアイロンの方が熱の保持能力が高いとも言われています。しかし、重すぎると持ち運びが大変になってしまうため、1kg前後のモノを選ぶのがベストです。服をハンガーに掛けたままアイロン掛けをすることが多い方は、より軽いタイプのモノを選ぶようにしましょう。

主な機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

アイロンのなかには、衣類をハンガーに掛けたままアイロン掛けができるタイプもあります。蒸気で素早くシワを伸ばすことができるため、一人暮らしの方にもおすすめです。

また、自動で電源をオフにできる「オートオフ機能」が付いている便利。アイロン使用中は大変高温なので台から落ちて床に転がったり、服の上に落ちたりすると、火災の原因にもなりえます。十分に注意しましょう。

なお、スチームアイロンはスチーム機能を切れば、ドライアイロンとしても使える場合がほとんどなので、機能重視であればスチームアイロンを選ぶのが無難です。

アイロンの底面の素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

アイロンの底面は採用する素材によって滑りが異なります。主にハイエンドモデルに採用されているセラミック製は、すべりがよく軽い力でアイロン掛けをすることができて便利です。

一方、チタン製はコスパに優れているのが魅力。また、フッ素製のアイロンはリーズナブルな価格で購入できますが、他と素材と比べてやや滑りやすさが劣るのがデメリットです。

アイロンのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

アイロン製品の中で高いシェアを有しているのが、パナソニックです。使いやすいサイズを考え、消費者目線に立ってつくられた製品に特徴があります。電源を入れてから使えるようになるまでの時間が短い製品が多いのもポイント。サッとアイロン掛けをしたい方におすすめです。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

東芝の製品は、至るところに細かな配慮が行き届いており、使いやすさが魅力。戻りジワができないように、底面を加工するなど、実用的なアイデアを取り入れている点にも注目です。

ティファール(T-fal)

By: amazon.co.jp

豊富なラインナップを揃えているティファール。スチームアイロンのコードの有無はもちろん、洋服ブラシに似た形状の衣類スチーマーもリリースするなど、使い勝手に配慮したモデルをリリースしています。製品はいずれもパワフルさがウリ。アイロンの購入を検討する際には外せないメーカーのひとつです。

ツインバード工業(TWINBIRD)

By: amazon.co.jp

ツインバードは、価格がリーズナブルなのがポイント。コストパフォーマンスに優れたモノが欲しい方や「とりあえずシンプルな機能のアイロンがほしい」という方におすすめです。

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

アイロンはもちろん、衣類スチーマーも好評の日立。立てた場合でもしっかりとスチームが出ているのが特徴で、持続性のある強めの蒸気がたっぷりと衣類に広がっていくのもポイントです。

アイロンのおすすめ人気モデル

パナソニック(Panasonic) 衣類スチーマー NI-FS540

ハンガーにかけたままでもシワ取りや脱臭ができるアイロン。プレスによるシワ取りにも対応していて、通常のアイロンとしても使用できます。

本製品には、3倍パワフルスチーム機能を搭載。普通では落ちないレベルの汗臭やたばこ臭なども、しっかり脱臭したい方におすすめです。ほかにも、「連続・パワフルスチーム」や「ワイドスチーム」、「360°スチーム」など、多くのスチーム機能を備えています。重量は705g。立ち上がりも約24秒と高速なので、忙しいビジネスマンにも最適な1台です。

ツインバード工業(TWINBIRD) ハンディーアイロン&スチーマー SA-4084BL

リーズナブルな価格で衣類をハンガーにかけたまま使えるハンディーアイロン。フリーアングル設計なので、縦、横、斜めなど、体勢に関係なく使用できるのが特徴です。

低価格ながら、高、中、低の3パターンから温度調整が可能。衣類に応じて、最適な温度でスチーム掛けができます。ブラシと衣類ブラシの2種類のアタッチメントが付属しているところもポイントです。

さらに、ブラシを外せば小型スチームアイロンに早変わり。一人暮らしで、あまり本格的なアイロンが必要ない方でも、気軽に使えるのが魅力の製品です。

ティファール(T-fal) アルティメット FV9751J0

パワフルさがウリのジェットスチームを搭載した高性能アイロン。1分間に最大140gの大量パワフルスチームを噴射できるため、頑固なシワでもラクラク伸ばせます。

独自のオートクリーン加工が施されているところも特徴。かけ面に付着した繊維くずを自動で取り除いてくれるので、ストレスなく使い続けることができます。かけ面のエナメルコーティングを2層にしているため、アイロンの滑り具合も良好です。

自動停止安全装置を備えていて、安全性にも配慮。かけ面が接触しているときで30秒、縦向きに設置しているときでも8分で自動停止します。使い勝手良好のアイロンを求めている方におすすめです。

ティファール(T-fal) アクセススチーム プラス DT8100J0

トリガーを引いてスチームを噴射するタイプの衣類スチーマー。トリガーを引いた状態でロックをかけることで、指が疲れることなく使用できます。

ターボモードとデリケートモードの2種類でスチーム量の調整が可能。大切な衣類を傷めずに、シワだけを取り除けるのが特徴です。

広範囲で使えるように、電源コードが3mのロングケーブル仕様。アタッチメントブラシとヘッドカバーのほか、ドアなどにぶら下げておける専用のドアフックまで付属しているので、あると便利な1台です。

東芝(TOSHIBA) 衣類スチーマー TAS-X3

ニオイだけでなく、スギ花粉やダニなどのアレル物質の除去や除菌にも対応できると謳うアイロン。普段使いのスチームモードのほかに、シャワーモードを搭載。約1.5倍のスチームを噴射して、しぶといシワを伸ばせます。

アイロンとしても使いやすいように、先端にかけ面が付いているところもおすすめ。ワイシャツのボタン周りまで、アイロン掛けができます。「オートパワーオフ」機能を備えていて、電源を切り忘れた時でも安心です。

日立(HITACHI) 衣類スチーマー CSI-RX1

十字レイアウトの噴出口を採用した衣類スチーマー。上下左右どちらに動かしても効率よくスチームが当たる構造なので本体を傾ける必要がなく、手首の負荷を軽減できます。重量も690gと軽量で、非力な女性や年配の方にもおすすめです。

本製品はアイロンとしても高性能。かけ面がダイヤ型になっていて、全方向にスムーズに動かせます。かけ面にチタンを含んでいて、すべりが良いところも特徴です。

低、中、高の3段階で温度調整が可能で、オートオフ機能に関しては10分で作動。なによりスイッチを入れたら約30秒で準備が完了し、1回の注水で約6分も連続してスチームが噴射するので、使い勝手は良好です。

パナソニック(Panasonic) 自動ドライアイロン NI-A66

ドライアイロンを使用したい方におすすめのロングセラーモデル。取り回しのよさとレトロ感覚なデザインが特徴で、昔ながらのアイロンを探している方にも最適です。

かけ面には、のりのつきにくいフッ素コート加工済。なめらかなアイロン掛けができます。

中央部のダイヤルを回して、温度などを調節するシンプルな操作性。価格は3〜4000円程度なので、「とりあえず長く使えるアイロンがほしい」という方は検討の余地ありです。

アイロンのおすすめ人気モデル|コードレスタイプ

パナソニック(Panasonic) カルル コードレススチームアイロン[コンパクト] NI-CL310

従来モデルと比べて、スチーム穴が2倍に増えて噴射面積も2倍になったコードレスアイロン。きめ細かなスチームが生地にあたるようになり、広範囲にスチーム掛けができます。

本製品には、スチームの量を増やせる「ハイパワーショット」機能を搭載。通常の10倍の圧倒的なスチーム量で、厚手の衣類でもしっかり仕上げます。

かけ面は、シルバーチタンコートベース。これは、ほどほどのすべり具合なので、オーソドックスな使用感を求める方におすすめします。スチーム使用中の水もれを防ぐストッパーも備えていて、使用後の通電乾燥が必要ないところもポイントです。

山善(YAMAZEN) コードレススチームアイロン ZBB-100

オーソドックスな形状のコードレスアイロン。リーズナブルな価格ながら、ドライアイロンとスチームアイロンをボタン1つで切り替えられたり、霧吹きスプレーボタンを搭載していたりと、便利に使えるモデルです。

かけ面の温度は80~220℃の間で調整可能。温度調整つまみには、麻、綿、化学繊維など、衣類の素材ごとの適正温度が表記されていて、温度設定の目安になります。

日立(HITACHI) コードレススチームアイロン CSI-207

設定温度とかけ面の温度目安がわかる液晶ディスプレイを搭載したコードレスアイロン。スタンドに本体をセットすることで、かけ面の温度に合わせて、6段階のバーで温度が表示されます。

通常より強いスチームを出す「パワフルスチーム」、ハンガーに衣類をつるしたまま使える「ハンガースチーム」、タンク内の水を霧状のスプレーにして噴射できる機能などを用意。付属のスタンドは20、25、30°の3段階調整が可能です。

さらに、電源コードは巻き取れる設計で、スタンドのコードまですっきり収納可能。付属のケースは、タテ置き、ヨコ置きの双方に対応しています。

ティファール(T-fal) フリームーブ ミニ 5060 FV5060J0

先端がえぐれるように先細りしたコードレスアイロン。襟元やボタン周りまで、細かい部分の仕上げにこだわりたい方におすすめします。

1分間に8gのスチームを噴射する通常モードに加えて、10倍の量を噴射できる「ジェットスチーム」を搭載。ミニサイズながら、パワフルなスチーム掛けができます。

さらに、本体のハンドルや水タンク部分には、抗菌素材である「イオンピュア」を使用。AG+(銀イオン)の抗菌力で、プラスチックを清潔に保ちます。

石崎電機(ISHIZAKI ELECTRIC) 男前アイロン コードレス SI-310LM

直線噴射距離が90㎝の強力なスチームを噴射するコードレスアイロン。威力の強いスチームが生地の奥まで素早く浸透して、繊維の絡まりを一気にほぐすため、シワを伸ばしやすいのが特徴です。

かけ面は極厚仕様になっていて、1度のアイロン掛けで十分シワが伸びるほどの適度な重み。上から手で押さえつけなくても自然とシワがなくなるので、長時間使用しても腕に負担がかかりません。

ハンガーにかけた衣類のシワを伸ばす「衣類スチーマー」や、蓄熱性能や滑らかなかけ面を武器にした「ドライアイロン」など、1台で3役こなせるのもポイント。多機能ながら、リーズナブルな価格なのもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) カルル コードレススチームアイロン NI-WL704

かけ面に「ミラーマジ軽」を採用したコードレスアイロン。その名の通り、アイロンの掛け心地が滑りやすいのが特徴です。

本製品は、大容量の160mlタンクを搭載しているところもポイント。1400Wのハイパワーながら、スチームの持続時間は180秒で、長時間スチーム掛けができます。重心が、手で握る部分と同じ中央部にあり、体に負荷がかかりにくいところも魅力です。

安全性を考慮して、コードの引出口はスタンド後部に配置。さらに、アイロン前方の熱いかけ面に体が触れないように、スタンドの構造を意識して設計されています。

東芝(TOSHIBA) コードレスアイロン 美ラクルLa・Coo TA-FLW900

ハンドル上面とかけ面までの距離が近い低フォルム設計を採用したコードレスアイロン。軽い掛け心地と安定感のあるプレスが特徴です。

後部に傾斜をつくることで、前後左右に自由自在に動かせるところもポイント。本製品のスチーム機能は、「全面ショット」と「集中ショット」の2種類があり、広範囲に広げたいときやニットなどの柔らかい素材は前者、厚手の衣類などは後者でシワを伸ばすのがおすすめです。

さらに、注水カバーは指の腹でも開けられるラクラク設計。タンク内の水を抗菌ガラスやプラチナボールで除菌していて、長年使用してもスチーム孔が目詰まりしないように配慮されているのもポイントです。

番外編:簡単にシワを伸ばすならこんな方法も

ハンガーにかけたままシワを伸ばせる「衣類スチーマー」

ズボンに特化するなら「ズボンプレッサー」

アイロンのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

アイロンのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。