衣類のシワを伸ばすのに便利な「アイロン」。昔から使われているドライアイロンのほか、水蒸気を利用した衣類スチーマーやスチームアイロンなど、さまざまなモデルが販売されています。

そこで今回は、おすすめのアイロンをご紹介。スチームアイロン・ドライアイロン・衣類スチーマーの3種類に分けてピックアップしています。選び方も解説しているので、迷ったときの参考にしてみてください。

アイロンの種類

蒸気でシワもしっかり伸ばせる「スチームアイロン」

By: amazon.co.jp

スチームアイロンは、アイロンを押し当てながら水蒸気を吹き付けることで、衣類のシワを伸ばすアイロンです。比較的かけ面が広いため、一度にたくさんの衣類をアイロンがけするときや、カーテンなどの大きいモノをアイロンがけしたいときも便利に使えます。

また、スチームアイロンはアイロン台に衣類を置いて上からプレスするので、比較的軽い力でシワを伸ばせるのも魅力。頑固なシワや細かいシワを伸ばすのに向いており、ワイシャツやスラックスなどの折り目を付けるのにもおすすめです。

低価格でお手入れも簡単な「ドライアイロン」

By: amazon.co.jp

ドライアイロンは、霧吹きなどを使って衣類に水を吹きかけ、高温に熱したかけ面を当てることで衣類のシワを伸ばすアイロンです。昔ながらのアイテムで、スプレーのりや液体のアイロン剤を使うときに便利です。

シンプルな機能を搭載しているため、スチームアイロンや衣類スチーマーよりも低価格なのが魅力。また、スチーム用の水タンクがないぶん軽量で、楽に持ち上げることが可能です。

ただし、スプレーのりなどを使うと、アイロンのかけ面にのりが付く場合があります。スラックスなどにのり付けをする場合は、のりがかけ面に付きにくいよう、フッ素コートなどを施したモノがおすすめです。

ハンガーにかけたまま使える「衣類スチーマー」

By: t-fal.co.jp

衣類スチーマーは、アイロン台がない場所でも使えるのがメリットです。水蒸気を当てることで衣類のシワを伸ばすため、ハンガーにかけたままでもアイロンがけができます。

軽量で使いやすいコンパクトなモデルが多く、旅行や出張先への持ち運びにもぴったり。立ち上がりが早いので、出勤前などの忙しい合間に素早く使えます。

また、高温のかけ面を強く押し当てることによる衣類へのダメージを軽減可能です。ブラウスやニットなど、デリケートなおしゃれ着のアイロンがけにも便利。プレスしない分立体的に仕上げられるため、シフォンワンピースなどの丸みのある服にもおすすめです。

アイロンの選び方

コードの有無をチェック

By: amazon.co.jp

コードレスタイプのアイロンは、電源コードがないので上下左右に動かしやすいのが魅力。シーツやカーテンなど大きめのモノをアイロンがけするときに便利です。また、玄関やクローゼットなど、コンセントが近くにない場合も手軽に使えます。

ただし、コードレスタイプの場合、長時間使うとかけ面の温度が低下。数分おきに専用スタンドへ本体を収納して充電する手間がかかります。気になるシワを素早く伸ばしたい方や、アイロンを使う機会が少ない方などにおすすめです。

一方、週末などにまとめて洗濯やアイロンがけをする方なら、長時間使えるコード式のアイロンがおすすめ。コンセントが近くにあれば、かけ面の温度を長時間高温でキープしながら使えます。

かけ面の形状をチェック

アイロン台に直接置ける「平底型」

By: amazon.co.jp

底がフラット形状になった「平底型」のアイロンは、本体をアイロン台に直接置けるのが魅力。アイロンがけの途中で衣類の向きを変えたいときに、専用の収納スペースに戻す必要がないのもポイントです。よりスムーズにアイロンをかけられます。

先端部分が尖っているので、襟や袖口など、細かい部分のアイロンがけにも便利。ただし、後方へ戻すと戻りジワが発生しやすいため、使用するときは前へ進ませながらシワを伸ばします。

前後スムーズに動かせる「左右対称型」

By: panasonic.jp

レモンのような形をした左右対称型のアイロンは、先端と後端の両方を尖らせているのが特徴です。後ろ向きにアイロンを滑らせても衣類を引っかけにくいたいため、戻りジワの発生を軽減できます。

また、左右対称型のアイロンは全方向へ動かせるので、アイロンの向きを変えるときに持ち上げる手間が省けるのもメリット。シーツやカーテンなど、大きめのモノをアイロンがけする機会が多い方にもおすすめです。

プレートの素材をチェック

衣類との摩擦が少ない「セラミック」

By: t-fal.co.jp

かけ面にセラミック素材を使ったアイロンは、スプレーのりが付きにくく、衣類の上をスムーズに滑らせやすいのが特徴。週末などにまとめてアイロンがけをする方や、家族の衣類をまとめてアイロンがけする方など、アイロンを長時間使う方に向いています。

ただし、セラミックを使ったアイロンは比較的高価なモデルが多いので、予算と相談しながら購入を検討してみてください。初期費用はかかりますが、耐久性が高く、購入後は長く使いやすい素材です。

コスパに優れた「チタン」

By: amazon.co.jp

かけ面にチタン素材を使ったアイロンは、耐久性がよく、長持ちしやすいのが特徴です。たくさんの衣類を高頻度でアイロンがけする方におすすめ。滑りもよいので、シーツやカーテンなど大きなモノの上をスムーズに滑らせられます。

また、チタン素材を使ったアイロンは、使い勝手のよさに比べて価格が抑えられているのもメリット。コストパフォーマンスを重視する方にぴったりな素材です。

価格が安い「フッ素」

By: cb-j.com

かけ面にフッ素加工を施したアイロンは比較的安いモデルが多く、手に入れやすいのが特徴。初期費用を安く抑えたい方におすすめです。

ただし、フッ素加工を施したかけ面は傷付きやすいのが難点。衣類の上を滑らせるときに引っかかる場合もあります。ハンカチや靴下などの小物をアイロンがけする機会が多い方や、単身赴任などで短期的にアイロンがけしたい方に向いている素材です。

メーカー独自素材も

By: t-fal.co.jp

アイロンのなかには、かけ面にメーカーの独自素材を使っているモデルもあります。独自の素材を採用することで、滑りのよさや耐久性を高めているのが特徴。長期間の使用を考えている方や、大きいモノをアイロンがけする方はチェックしてみてください。

たとえば、パナソニックは、一部のアイロンにニッケル処理を施した「ミラーマジ軽ベース」を採用。従来のフッ素コートを施したモノより、2倍ほど軽い力で滑ると謳われています。

また、ティファールは一部のモデルにエナメルコーティングを施した「エアーグライドかけ面」を採用。滑りやすさを向上させています。

サイズと重さをチェック

By: amazon.co.jp

アイロンが重いほど、アイロン台へ置いた衣類を軽い力でプレスできます。ワイシャツやスラックスなどの折り目を付けたい場合は、1kg以上を目安に選ぶのがおすすめです。

一方、旅行や出張などでアイロンを持ち歩く機会が多い方は、軽量でコンパクトなモノが便利。衣類をハンガーにかけたままアイロンがけする場合も、軽量性に注目してみてください。

ただし、軽量なモノほど水タンクの容量が限られます。長時間スチーム噴射をしたい場合は、タンク容量とのバランスを考慮して選ぶようにしましょう。

電源切り忘れ防止など安全機能があるかチェック

By: amazon.co.jp

アイロンのかけ面は、高温モードのとき約200℃に達します。取り扱い方を間違えると火事や火傷などを負うリスクがあるため、安全機能が付いていると便利です。

たとえば、スタンドに置いたまま一定時間経つと、自動で電源が切れる「電源切り忘れ防止機能」を搭載したアイロンならより安全。炊事や掃除の合間にアイロンがけをする方など、切り忘れの恐れがある方におすすめです。

また、コードレスタイプの場合、充電中の安全性も確認ポイント。高温に熱されたアイロンのかけ面に手が触れにくいスタンド設計だとより安全に使えます。

アイロンのおすすめメーカー

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

日立は1910年に設立した日本の大手電機メーカーです。一般家庭向け家電製品を取り扱っているほか、さまざまな技術開発に力を入れています。

アイロンはコンパクトサイズのモノが多く、小回りのききやすさや、持ち運びやすさを重視する方におすすめ。スチームアイロンと衣類スチーマーを兼用できる2WAYモデルも多数ラインナップしており、シーンに合わせて使い分けられます。

なかには、設定温度をひと目で確認できる温度表示ディスプレイを搭載したスチームアイロンもラインナップ。使いやすさを求める方にもおすすめのメーカーです。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは、大阪に本社を置く日本の大手電機メーカーです。生活家電や美容家電など、幅広い家電製品を展開。アイロンのラインナップが豊富で、衣類スチーマーやドライアイロンなどを幅広く取り扱っています。

パナソニックの衣類スチーマーは、「360°スチーム」機能を搭載しているのが魅力。360°全方向へ本体を傾けても、安定したスチーム量で噴射できます。衣類をハンガーにかけたままアイロンがけする機会が多い方はチェックしてみてください。

また、スチームアイロンのなかには、先端の向きを変えずに上下左右へスムーズに動かせる「Wヘッドベース」を搭載したモデルもあります。シーツやカーテンなど大きなモノにアイロンをかけたい方にもおすすめのメーカーです。

ティファール(T-fal)

By: amazon.co.jp

ティファールは1956年に設立したフランスのメーカーです。調理家電や圧力鍋など、キッチン周りのアイテムを中心に展開しており、世界で初めてコードレスタイプの電気ケトルを発売したことでも知られています。

ティファールの衣類スチーマーは、パワフルなスチーム力が特徴です。なかには、平均18g/分のスチームを連続して噴射できるモデルもあります。衣類をハンガーにかけたまま、広範囲のシワや細かいシワを伸ばしたい方におすすめです。

また、ピンポイントでパワフルなスチームを噴射できる「ジェットスチーム」機能を搭載したスチームアイロンもラインナップ。高品質なアイテムを探している方はチェックしてみてください。

スチームアイロンのおすすめモデル

第1位 日立(HITACHI) コードレススチームアイロン CSI-307

設定温度をひと目で確認できる温度表示液晶ディスプレイを配したスチームアイロンです。設定温度に到達するとアラームで知らせるため、家事の合間にアイロンがけをするときにも役立ちます。

また、「パワースチーム」機能を搭載しているので、頑固なシワを伸ばすのに便利。「ハンガースチーム」機能も付いており、ハンガーにかけたままの衣類をアイロンがけできます。かけ面にはセラミックコートを施しているため、滑りやすさも良好です。

スタンドには角度を3段階調節できる「おきらくスタンド」を採用。立ち姿勢や座り姿勢などに合わせて調節できます。さらに、約10分後に自動で電源が切れる「電源切り忘れ防止機能」も搭載しており、安全性を重視する方にもおすすめです。

第2位 パナソニック(Panasonic) コードレススチームアイロン NI-WL706

360°全方向へスムーズに動かせる「Wヘッドベース」を採用したスチームアイロンです。両端を尖らせた左右対称型で、シーツなどの大きいモノをアイロンがけするときに向いています。

かけ面には、パナソニック独自の「ミラーマジ軽ベース」を採用。ステンレス地にニッケルメッキ処理を施しており、かけ面が高温になると従来のフッ素コート製品より2倍軽い力で滑らせられます。

さらに、のりの付着を軽減できるため、のり付けの際にも便利。本体質量が約1.1kgと適度な重さがあるので、ワイシャツやスラックスに折り目を付けたいときにも役立ちます。

また、「電源切り忘れ防止機能」や水漏れストッパーなどの安全機能を搭載。スタンドも、高温に熱されたアイロンのかけ面へ手が触れにくいよう設計されているので、忙しいときにもより安全に使えます。

第3位 ティファール(T-fal) ヴァーチュオ 80 FV1880

頑固なシワを素早くほぐす、パワフルな「ジェットスチーム」機能を搭載したスチームアイロンです。1分間に最大40gのスチームを噴射できるのが特徴。霧吹き機能も付いており、頑固なシワをピンポイントでアイロンがけできます。

本体重量が約1.15kgあるので軽い力でアイロンがけでき、スラックスやワイシャツの折り目を付けたいときにも便利。かけ面にはセラミック素材を使っており、スムーズに衣類の上を滑らせられます。

さらに、スチームアイロンを90°垂直に立てた状態でもスチームが噴射できる「バーチカルスチーム」に対応。コートなどの衣類をハンガーにかけたまま、シワを伸ばしたいときにもおすすめです。

第4位 ティファール(T-fal) コンフォートグライド2692 FV2692J0

ティファール独自の「エアーグライドかけ面」を採用したスチームアイロンです。特殊セラミックのかけ面にエナメルコーティングを2層施しているのが特徴。滑りのよさに優れており、スムーズにアイロンをかけられます。

また、1分間に最大60gのスチーム噴射が可能。頑固なシワにも繊維の奥までスチームが届きます。アイロンを垂直に立ててもスチームを噴射できる「バーチカルスチーム」対応モデルのため、ハンガーにかけた衣類のシワを伸ばしたいときにも便利です。

スチームトリガーは、指をかけるグリップ部分に搭載。操作しやすく、楽にスチームを噴射できます。低温でも水漏れしにくい安全機能が付いているので、おしゃれ着などデリケートな衣類のアイロンがけにもおすすめです。

第5位 シービージャパン(CB JAPAN) Mlte スチームアイロン MR-03SI

丸みを帯びたフォルムとシックなカラーリングを組み合わせた、レトロなデザインのスチームアイロン。インテリアとしても楽しめるので、ランドリールームなどへアイロンを出しっぱなしにしておきたい方にもぴったりです。

アイロンを一時置きしやすい平底型を採用しており、アイロンがけの途中で衣類の向きを変えたいときにも便利。重さが約1.15kgあるため、ズボンやワイシャツに折り目を付けたいときにも役立ちます。

広いかけ面にはフッ素コートを採用。比較的安いので初期費用を抑えられます。単身赴任などで短期的に使いたい方や、アイロンのデザイン性を重視する方などにおすすめです。

第6位 シロカ(siroca) スチームアイロン SSIR-251

シンプルな機能を搭載した手軽に使えるアイロンです。約0.78kgと軽量で持ち上げやすく、小型なので取り回しやすさも良好。アイロン台へ置きやすい平底型のため、アイロンがけの途中でも手軽に一時置きできます。

3段階のスチーム機能を搭載しており、シワの強さや衣類に合わせて調節可能。スプレーも付いているので、頑固なシワを伸ばしたいときにも便利です。

また、スチームを切ればドライアイロンとしても使用できます。コード式で高温をキープできるほか、コットンやウールなど衣類の素材に合わせて約70~230℃までの温度設定が可能。かけ面にはフッ素樹脂加工を施しているので、滑りやすさも良好です。

ドライアイロンのおすすめモデル

第1位 パナソニック(Panasonic) 自動アイロン ドライアイロン NI-A66

約0.8kgと軽量で取り回しやすいアイロンです。腕への負担を軽減できるので、シーツやカーテンなどの大きいモノをアイロンがけする機会が多い方や、頻繁にアイロンがけする機会が多い方に向いています。

ハンドル部分が大きく前に張り出しているのもポイント。4本の指でハンドルをしっかり握れるほか、張り出した部分に親指を添えて操作できるので安定感があります。パッチワークなどの細かい作業にもおすすめです。

かけ面にフッ素コートを施しているため、のりの付着を軽減可能。スプレーのりや液体のアイロン剤を使うときに便利です。平底型なので、アイロンがけの途中でもアイロン台の上へ一時置きできます。立ち上がりも最短約30秒と早く、必要なときに素早く使用可能です。

第2位 日本ゼネラル・アプラィアンス(DBK) ドライ専用アイロン ザ・ドライ J78D

シンプルで使いやすいドライアイロンです。熱伝導率が高いアルミ製熱板をベースにしているため、最高温度まで約60秒と立ち上がりが早いのが特徴。アイロンがけまでの時間を短縮できます。

コード式なので、高温を長時間キープ可能。大きめの衣類をアイロンがけするときや、週末に家族の洗濯物をまとめてアイロンがけするときにも便利です。かけ面にはフッ素樹脂コーティングを施しており、衣類の上をスムーズに滑ります。

本体重量が約0.6kgと軽量なので、方向転換のときも楽に持ち上げ可能。コードの付け根部分がユーザーの動きに合わせて上下するため、アイロン台などへの引っかかりを抑えてスムーズに動かせます。

第3位 ドウシシャ(DOSHISHA) ミニアイロン DMA-04

小回りがききやすいコンパクトサイズのドライアイロンです。約幅10×奥行6.3×高さ5.1cmなので、パッチワークなどの手芸などにおすすめ。重さも約0.246kgと軽量で、楽に持ち上げられます。

約1.5mのコード式で、約180℃の高温を長時間キープ可能。かけ面にはフッ素樹脂加工を施しているため滑りがよく、ハンカチなどの小物類をアイロンがけする機会が多い方にもおすすめです。

また、ハンドル部分が折りたたみできるのもポイント。収納に便利な専用のポーチも付属するので、出張や習い事などでアイロンを持ち運びたい方にも向いています。

第4位 無印良品 トラベル用アイロン TPA‐MJ211

海外旅行や海外出張に便利な電圧切替に対応したドライアイロンです。スイッチを切り替えるだけで、100〜240Vまで幅広く対応。プラグアダプターも付属しており、購入後すぐに使い始められます。

かけ面にはフッ素加工を施しているため、滑りのよさも良好。長く使うと傷が付くため、海外旅行中などの短期的な使用におすすめです。立ち上がりまで約5分かかりますが、コード式のため高温をキープできます。本体にあるダイヤルにより、温度を約80〜180℃で簡単に調節可能です。

また、コンパクトに折りたためるのも特徴。ハンドル部分を本体に収納すれば、厚さ約3.9cmとスリムに持ち歩けます。本体重量も約0.4kgと軽量で、荷物を軽くしたい方にぴったりです。

第5位 クロバー(Clover) パッチワーク アイロン 57-904

手芸用にデザインされたドライアイロンです。先端をハンドルよりも長く細く尖らせているのが特徴。先端が見えやすいので、生地端の織り上げや縫い代割など、狭いスペースをスムーズにアイロンがけできます。

ハンドル部分が大きいためコンパクトながらも握りやすく、小回りのききやすさを重視する方にもおすすめ。ハンドル部分にソフト樹脂を採用しているのでしっかりグリップ力でき、安定感があります。

ボディには大きめのダイヤルを搭載しており、約80~200℃で生地に合わせて調節可能です。かけ面にはのりの付着を軽減できるフッ素樹脂加工を施しているので、スプレーのりなどを使って折り目を付けたいときにも適しています。

衣類スチーマーのおすすめモデル

第1位 ティファール(T-fal) アクセススチーム DT8110J0

平均18g/分のパワフルなスチームを吹き付けられる衣類スチーマーです。繊維の奥まで高温スチームが届きやすく、頑固なシワをスムーズに伸ばせるのが特徴。立ち上がりも約40秒と早く、忙しい出勤前などに使いたい方におすすめです。

また、トリガーを引いたままの状態でロック可能。楽に連続スチームできるのもポイント。広い範囲をアイロンがけしたいときにも便利です。185mlの大容量タンクを搭載しており、ターボモードで約10分の連続運転ができます。

付属のアタッチメントブラシを使えば、ニットなどブラッシングしながらアイロンがけ可能。約3mの電源コードが付いているので、玄関やクローゼットなど、コンセントから離れた場所で使いたいシーンにも向いています。

第2位 日立(HITACHI) 衣類スチーマー CSI-RX3

衣類スチーマーとスチームアイロンの2WAYで使えるアイロンです。コンパクトながら多機能で、シーンに合わせて使い分けられるのが特徴。スタイリッシュなデザインは、玄関などへ出しっぱなしにしておきたい方にもおすすめです。

立ち上がりまで約30秒と早く、必要なときすぐに使えます。約13g/分のパワフルなスチーム噴射が可能。約10分で自動オフになる安全機能も付いているので、忙しいシーンでも切り忘れを予防できます。

かけ面にはセラミックコーティングを施しているため、滑り心地がよく耐久性も良好。左右対称型に設計されており、前後左右へスムーズに動かせます。

第3位 パナソニック(Panasonic) 衣類スチーマー NI-FS580

360°全方向へ安定したスチームを噴射できる「360°スチーム」を搭載した衣類スチーマーです。上向き・下向き・横向きの全てに対応。スラックスの裾や襟周り、ブラウスの背中などへ、立ち姿勢のままスムーズにスチームを当てられます。

最大約13g/分のパワフルなスチームを噴射可能。立ち上がりまで約19秒と早く、外出前など素早くシワを伸ばしたいときに便利です。「電源切り忘れ防止機能」を搭載しているため、忙しい時間帯に使用しても切り忘れのリスクを軽減できます。

また、スチームアイロンとしても使用可能。かけ面にセラミックコートを施しているので、滑りやすく耐久性も良好です。戻りジワを軽減できる左右対称型を採用しているのもポイント。先端には丸みを付けているため、生地の引っかかりも軽減されています。

第4位 パナソニック(Panasonic) 衣類スチーマー NI-GS400

平均約16g/分のパワフルなスチームを噴射できる衣類スチーマーです。出かける前に素早く衣類のシワを伸ばしたい方におすすめ。立ち上がりまで約30秒と、必要なときに素早く使えます。

持ち手部分にスチームボタンがあるため、持ち手を握るだけでスチームを噴射できる使い勝手のよさも魅力。スチームボタンを押し続けると、約9分間の連続スチームが可能です。

第5位 スチームワン(SteamOne) S-Nomad NS1750T

2006年にフランスで設立したブランド「スチームワン」のアイロンです。インテリアとしてもおしゃれに飾れるスタイリッシュなデザインを採用。玄関などへ出しっぱなしにしておきたい方にもおすすめです。

最大約18g/分のパワフルなスチームを噴射でき、頑固なシワをほぐせます。さらに、トリガーを押し続けなくてもスチームを連続噴射できる「トリガーロック」機能を搭載。広い範囲にスチームを吹きかけ可能です。

また、立ち上がりが約30秒と早いので、出かける前にコートなどのシワが気になったときにも便利。かけ面には、滑りがよく耐久性も高いチタンを採用しています。

衣類スチーマーのおすすめをもっと見たい方はこちら

アイロンのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

アイロンのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

番外編|アイロン台のおすすめ

アイロン台について詳しく知りたい方はこちら