スーツやマスクなど、さまざまな衣類のシワを伸ばすのに便利な「アイロン」。スチーム対応のモデルやコードレスタイプなど、さまざまな機能を搭載したモデルが各メーカーから発売されています。

この記事では、おすすめのアイロンを種類別にピックアップ。大量の衣類をしっかりアイロンがけできるモデルや、安価で手軽に使えるモデルなどさまざまなので、ぜひチェックしてみてください。

アイロンの種類

スチームアイロン

By: tpanasonic.jp

最も一般的なタイプは、スチームアイロンです。高温のスチームを噴射して衣類のシワを伸ばしやすくします。幅広い価格のモデルが販売されており、多数の選択肢から選べるのが魅力です。

アイロン台を使う必要がありますが、脱臭効果や除菌効果も期待できます。ワイシャツなどのほか、ウールやニット生地などさまざまな生地にも使用可能です。

また、スチームアイロンはモデルによってスペックが異なります。選ぶ際は、スチーム量や連続使用時間を左右するタンク容量にも注目して選んでみてください。

ドライアイロン

By: amazon.co.jp

ドライアイロンは、高温でしっかりとプレスするタイプのアイロン。頑固なシワも伸ばしやすく、折り目もきれいにつきます。ワイシャツやシーツ、ハンカチなどにおすすめです。

また、衣類の水分を飛ばせるため、生乾きの衣類との相性も良好。霧吹きやアイロン剤、スプレーのりなどを併用することで、スチームアイロンに近い効果も得られます。

機能がシンプルなので、手入れも簡単。安い製品も多数ラインナップされています。基本的にコードを挿して使用する製品が多く、大量の衣類も時間を気にせずアイロンがけできるためファミリー向けとしてもおすすめです。

衣類スチーマー

By: amazon.co.jp

衣類スチーマーはハンディスチーマーとも呼ばれ、ハンガーにかけたまま衣類のシワ取りができます。立ち上がりが早く、気がついたときにサッと取り出して使えるのが特徴です。

また、デリケートな生地や装飾がついたおしゃれ着などにも使用可能。脱臭効果も期待でき、出勤前に素早くケアしたいときなどにも便利です。

アイロン台は不要ですが、なかにはアイロン台でも使用できる2wayタイプのモデルもあります。コンパクトなので大量の衣類を扱うにはやや労力がかかりますが、汎用性に優れたモデルです。

衣類スチーマーについて詳しく知りたい方はこちら

アイロンの選び方

コード有りとコードレスは使用時間を考えて選ぼう

By: amazon.co.jp

アイロンにはコード式とコードレスのモデルがあるので、使用シーンに合わせて選びましょう。ハンガーに吊るしたままサッとアイロンがけしたい場合は、コードレスタイプのアイロンがおすすめ。コンセントの長さを気にせず使用できます。

また、コードレスのアイロンは自由に取り回せるため、アイロンがけが苦手な方にもおすすめ。ただ、コードレスの場合はかけ面の温度やスチームの連続噴出時間が短いので、短時間だけ使う場合に向いています。

一方、コード式のアイロンの場合、可動域は限られますが、かけ面の温度を常に高くキープでき時間を気にせず使用できるのが特徴。大量の衣類をアイロンがけする方におすすめです。

アイロン面の素材にも注目

セラミック

By: rakuten.co.jp

かけ面がセラミック素材でできているアイロンは、すべりのよさが魅力です。摩擦が少ないためなめらかなかけ心地。力を入れずに使えるので、衣類への摩擦ダメージを軽減できます。

また、高温になるほどすべりがよくなるため、大量の衣類をアイロンがけする方にもおすすめ。ワイシャツなどの折り目をつけたいときにも適しています。ただ、セラミック素材のアイロンは比較的高価なので、かけ心地重視の方におすすめです。

フッ素

By: amazon.co.jp

アイロンを使う頻度の少ない方や、安く手軽に使いたい方には、かけ面にフッ素樹脂加工を施したアイロンがおすすめ。フッ素は多くのアイロンで採用されている素材で、比較的リーズナブルなのがポイントです。

かけ面素材のなかでも比較的摩擦の起きやすい素材ですが、日常生活で使うには十分。カジュアルな服が多い方など、アイロンをときどき使用する方におすすめです。

重量をチェック

By: amazon.co.jp

アイロンは、重いモデルと軽いモデルそれぞれに利点があるので、使用目的に合わせて選びましょう。1kg以下の軽量モデルは持ち上げやすいのが特徴です。出張先や旅行先へ持ち歩く場合にも便利。とくに常に持ち上げて使う衣類スチーマーの場合は、腕の負担を軽減できる軽量のモデルがおすすめです。

一方、1kg以上あるアイロンは、アイロン台を使ってしっかりプレスできるのが特徴。軽い力でも、きれいな折り目がつけられます。重くても扱いやすいよう、1.5kg以下のモデルを選ぶのがおすすめです。

ただ、スチームアイロンや衣類スチーマーなど、給水タンクがついているモデルは水の有無によって重量が異なります。選ぶ際は、本体重量と合わせて給水タンクの容量も確認し検討してみてください。

収納時のサイズや付属品もチェック

By: hitachi.co.jp

サイズの大きなアイロンほど、ワンピースなど面積の広い部分を素早くアイロンがけできます。また、比例して給水タンクの容量も大きい傾向にあるので、大量の衣類をアイロンがけする場合などにも給水の手間が省けて便利です。

しかし、大きいほど広い収納スペースが必要になるため注意が必要。一人暮らしの方などには、コンパクトサイズのアイロンがおすすめです。アイロン台不要の衣類スチーマーなら、よりコンパクトに収納できるので手軽に使えます。

そのほか、アイロンには給水用カップやアタッチメントブラシ、充電器など、さまざまな付属品がある点にも留意しておきましょう。とくに収納スペースが限られている場合は、アイロンの付属品も確認しておくのがおすすめです。

あると嬉しい便利機能

もしものときにも安心の「オートOFF機能」

By: hitachi.co.jp

アイロンを選ぶ際は、安全性に配慮されたモデルがおすすめです。とくに便利なのは、一定の時間が経過すると自動で電源が切れる「オートOFF機能」。アイロンの消し忘れを予防し、火事などのリスクを軽減できます。

とくに子育てなどで忙しい方や、家事を並行しながら進める方、大量の衣類を数回に分けてアイロンがけする方などにおすすめ。「オートOFF機能」がついていれば、アイロンの消し忘れによる子供やペットの火傷も防げます。

忙しいときに便利な「ハンガーショット」

By: panasonic.jp

忙しいときに素早く取り出して使いたい場合は、「ハンガーショット」機能のついたアイロンが便利です。衣類をハンガーにかけたまま、スチームを当てられます。

アイロン台を使わないため、コートなどプレスしにくい厚みのある衣類も手軽にアイロンがけ可能。外出前に玄関先で手早く身支度を整えたい場合などにも便利です。

また、「ハンガーショット」では強力なスチームを吹きつけるので、シワ伸ばしや消臭などの効果が期待できます。さらに、衣類へのダメージを抑えながら使用できるため、ニットなどやわらかい生地にも使用可能です。

アイロンのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: rakuten.co.jp

パナソニックは、日本で初めてアイロンのかけ面を両サイドとも突起させた「Wヘッドベース」を採用したメーカーです。前後左右に動かしやすく、細かい部分も手軽にシワが伸ばせます。

また、スチームアイロンだけでなく、ドライアイロンの種類も豊富に揃えているため、しっかり折り目をつけたい方にもおすすめ。かけ面に使われている素材の種類も豊富で、使用シーンに合わせて適したアイロンを選べます。

パナソニックでとくに人気なのは、「カルルシリーズ」のアイロン。広い面積も手早く仕上げられる「全面スチーム」などを搭載し、しっかりとスチームをかけられます。ラインナップが充実しており、使い心地のよさからも人気のあるメーカーです。

ティファール(T-fal)

By: rakuten.co.jp

ティファールのアイロンは、パワフルなスチームを噴射できるのが特徴です。かけ面が広く、重量感も良好。短時間で素早くシワを伸ばせます。温度やスチームの設定もわかりやすいため、初めてアイロンを使う方やアイロンがけが苦手な方にもおすすめです。

とくに人気があるのは、「アルティメット」シリーズのアイロン。1分間に最大100gを超えるスチームを噴射し、効率よくアイロンがけできます。

また、ティファールはコードレスアイロンや衣類スチーマーの取り揃えが豊富。衣類などを素早くアイロンがけしたい方におすすめのメーカーです。

日立(HITACHI)

By: rakuten.co.jp

日立のアイロンは、コンパクトなのが特徴です。省スペースに収納できるモデルが多いので、アイロンをときどき使う一人暮らしの方などにおすすめ。小回りが効くため、子供やペット用衣類などのアイロンがけにも便利です。

また、日立のアイロンは設定が簡単にできるのも魅力。なかには液晶画面で温度を確認できるモデルもあります。デリケートな衣類をアイロンがけする機会の多い方にもおすすめです。

スチームアイロンのおすすめランキング

第1位 パナソニック(Panasonic) コードレススチームアイロン NI-WL705 カルルシリーズ

前後左右へなめらかに移動できる「Wヘッドベース」を採用したアイロンです。後ろへ引いてもシワになりにくく、かけ面が広いので、シーツなど大きめのアイテムも楽にアイロンがけできます。先端が細いため、ボタン周りなど細かい部分にかけやすいのもポイントです。

また、「全面スチーム」を採用。アイロン面全体にスチーム穴を空けることで、全体をまんべんなくスチームできます。タンク容量は約160mlで、最長約180秒間のスチームが可能です。

スチームの機能も多彩。スカートのプリーツなどに便利な「全面ハイパワースチーム」のほか、ニットなどにも使える「パワーショット」、さらに「ハンガーショット」やスプレー機能などを搭載し、衣類やシワに合わせて幅広く使えます。

切り忘れを予防できるオートオフ機能を搭載しているのもポイント。スタンドもアイロンの前方部分に手が触れにくい設計で、不慣れな方でも扱いやすいおすすめのモデルです。

第2位 ティファール(T-fal) ターボプロ FV5604J0

1分間に最大110gのスチームを噴射できる「ジェットスチーム」を搭載したアイロンです。通常スチームの場合も1分間に約25g噴射でき、頑固なシワも根元からしっかりと伸ばせます。

タンク容量は300mlと大容量。本体は約1.5kgと重量感があるので、アイロン本体の重みでしっかりとプレスできます。さらに、アイロンを立てたままスチームできる「バーチカルスチーム」に対応。衣類スチーマーとしてもおすすめです。

また、「エアーグライドかけ面」を採用しているのも特徴のひとつ。特殊セラミックかけ面にエナメルコーティングを施すことで、なめらかに移動できます。耐久性にも優れ、大量の衣類をアイロンがけするときにも便利です。

お手入れも簡単。「セルフクリーニング」に対応しており、アイロン内部の汚れを軽減するため常に清潔です。バルブは取り外して水洗いでき、水垢の付着も防げます。アイロンを使う機会が多い方におすすめです。

第3位 日立(HITACHI) コードレススチームアイロン CSI-305

コストパフォーマンス重視の方におすすめのスチームアイロンです。ハンガーショットに対応。ショットボタンを押すとパワフルなスチームを噴射できます。ハンガーにかけたまま衣類をケアでき、頑固なシワや厚手の衣類の仕上げにも便利です。

タンク容量は140mlあり、約70秒間続けてスチーム噴射できます。スチームは高温と中温で切り替えできるので、布地に合わせた使い分けが可能です。スプレー機能もあり、綿や麻などの生地もきれいに仕上げられます。

また、「おきらくスタンド」を採用。スタンドの角度を3段階に調節できるため、床に座ったりテーブルに置いたりと、さまざまな高さで楽に使えます。かけ面にはセラミックコートを採用しており、かけ心地も快適です。

付属のケースへ収納した後は縦にも横にも置けるので、スペースに合わせてコンパクトに収納可能。安価で機能性に優れているため、一人暮らしの方や初めてアイロンを使う方にもおすすめです。

第4位 ティファール(T-fal) アルティメット FV9751J0

1分間に最大140gのスチームを噴射できるアイロンです。大量のスチームを当てることで頑固なシワも素早くほぐせます。タンクも320mlと大容量なので、給水の手間を省きたい方にもおすすめです。

また、エナメルコーティングを2層に施したかけ面を採用。面積の大きな布地も素早くアイロンがけできる、なめらかなかけ心地が魅力です。かけ面にはオートクリーン加工を施しており、常にきれいな状態で使用できます。

さらに、アイロンを立てた状態でもスチームできる「バーチカルスチーム」に対応しているため、衣類スチーマーとしてもおすすめ。水漏れ防止機能を搭載しており、低温時でも水垂れを気にせず使用できます。

コード式で熱量やスチーム量も安定しており、効率のよいアイロンがけが可能。大量の衣類をアイロンがけする方におすすめです。

第5位 日立(HITACHI) コードレススチームアイロン CSI-307

液晶ディスプレイを搭載したアイロンです。設定温度とかけ面の温度を一目で確認できるのが特徴。設定温度まで6段階で表示し、かけ面が設定温度に到達すると音が鳴るのですぐに分かります。

ショットボタンを押すと、パワフルなスチームが吹き出し、厚手の生地にも手軽にアイロンがけが可能です。スチームには高温と中温があり、生地に合わせて設定できます。

また、ハンガーにかけたままアイロンがかけられる「ハンガースチーム」にも対応。セラミックコートを採用しているため、かけ心地も快適です。約10分後に自動で電源が切れるオートオフ機能もあり、安全性にも配慮されています。

付属の収納ケースを使えば、縦と横どちらにも設置可能。収納場所に合わせて置き方を変えられます。さらに、「おきらくスタンド」を採用しており、アイロンがけをする姿勢に合わせてスタンドの角度を3段階で調節可能。手ごろな価格で使い勝手のよいおすすめの製品です。

ドライアイロンのおすすめランキング

第1位 パナソニック(Panasonic) 自動アイロン ドライアイロン NI-A66

シンプルなデザインで使い勝手のよいアイロンです。上部のプラスチック部分に指をかけられるポイントがあるので、安定した移動が可能。持ち手が前方までせり出しており、先端部分まで圧をかけながらシワを伸ばせます。

また、重量は800gと軽いため、大量の衣類をアイロンがけする場合にもおすすめ。かけ面にはフッ素コート加工が施してあり、スムーズに移動できます。のりもつきにくく、霧吹きなどを使用する方にもおすすめです。

本体中央には温度調節ダイヤルがあり、衣類に合わせて適した温度でアイロンがけが可能。コード式ですがコードの可動域も広く、広い面も楽にアイロンがけできます。アイロンを立てておくときにもコードが邪魔にならないので、安定しているのもポイントです。

第2位 DBK ドライ専用アイロン The DRY J77D

シンプルなデザインのドライ専用アイロンです。最高温度まで約60秒とスピーディーなのが特徴。必要なときすぐに使用でき、価格が比較的リーズナブルなのもポイントです。

かけ面にはフッ素樹脂加工を施しており、なめらかに移動できます。本体重量は約620gと軽量で扱いやすく、手芸用としてもおすすめです。

また、本体には温度調節ダイヤルがついており、布地の種類に対応可能。コード式ですが、アイロンの動きに合わせてコードが上下する「フレキシブル・コード」を採用しており、よりスムーズな移動が可能です。

第3位 東芝(TOSHIBA) ハンディアイロン TA-H3

折り目をつけるのに便利なハンディタイプのアイロンです。スカートのプリーツやワイシャツの袖口など、クリップのように衣類を挟んで素早く折り目をつけられます。ハンガーに吊るしたまま使えるので、朝など忙しい時間帯も手軽に使用可能です。

また、プレス板にはフッ素加工が施されているため、スムーズに布地をすべります。約3.1×12×13cmと手のひらサイズなので、手軽に持ち運び可能。重さも約265gと軽く、出張先や旅行先でシワが気になったときにも便利です。

使用後は口を閉じて持ち運べるため、机の引き出しや鞄の中にもコンパクトに収まります。プレス板が熱いままでもロックでき、そのまま持ち運べるので、短時間で身支度を整えたいシーンにもおすすめ。デザインもスタイリッシュで、使い勝手のよいモデルです。

第4位 ドウシシャ(DOSHISHA) ミニアイロン PIERIA DMA-04

パッチワークなどにも便利なミニサイズのアイロンです。幅10×奥行6.3×高さ5.1cmの手のひらサイズなので、細かい部分のアイロンがけにおすすめ。マスクや人形の洋服など、小さなアイテムも丁寧にアイロンがけできます。

かけ面はフッ素加工が施されており、移動もスムーズ。かけ面の温度は180℃まで上がります。コード式で温度が安定しており、長時間の作業にも便利です。

また、ハンドルは折りたたみ式なので、コンパクトに収納できます。習い事などでの持ち運びにも便利。コードも取り外しでき、付属の専用ポーチに入れてコンパクトにまとめられます。

第5位 アイテック Quolice コンビニアイロン AQS-1048

折りたたみ可能なおすすめのアイロンです。重さも256gと非常に軽量。コンパクトに収納できるため、旅行や出張などでの持ち運びに便利です。携帯に便利なポーチも付属しています。

また、折りたたんだまま衣類プレス機としても使用可能。スーツなどの折り目をつけたい場合にも役立ちます。かけ面にはフッ素加工が施されたプレス板を搭載しており、かけ心地も快適です。

コード式で、使用中の温度も安定しています。6段階の温度調節に対応しており、布地に合わせて設定可能。温度は持ち手部分のランプで確認できます。電源スイッチには温度切り替え機能も搭載。約1〜3分で適温に到達し、手軽に使えます。

衣類スチーマーのおすすめランキング

第1位 日立(HITACHI) 衣類スチーマー CSI-RX2

1分間に約14gのスチームを噴射できるアイロンです。ボタンを押し続けなくても、スチームボタンを1回押すだけで1分間連続してスチームが噴出。かけ面中央からスチームが広がる十字レイアウトを採用しており、全体にムラなくスチームできます。

最大約5分間の連続スチームが可能。大量の衣類をアイロンがけする場合にもおすすめです。タンク容量は70ml。また、重量が690gと比較的軽いので使い勝手にも優れています。

スチーム温度は高温・中温の2段階。中温なら、ポリエステルやウールなども当て布なしてお手入れできます。ブラシアタッチメントも付属し、繊維くずを取り除きながらアイロンがけ可能。低温表示の衣類も当て布なしでテカリを防ぎながらアイロンがけできます。

かけ面はセラミックコーティングが施されており、軽いかけ心地。立ち上がりまで約30秒と早く、朝など忙しい時間帯の使用もおすすめです。

第2位 パナソニック(Panasonic) 衣類スチーマー NI-FS760

立ち上がりまで約23秒と、スピーディーに使えるアイロンです。使いたいときにすぐに取り出して使えるのが特徴。忙しい時間帯や、出かける前にシワが気になったときにも素早く使えます。

また、360°どの方向へ向けてもスチームを当てられるので、ハンガーにかけたままでも衣類全体にスチームをまんべんなく当てることが可能。下向きにして使えば、裾や袖などにもしっかりアイロンがかけられます。

タンク容量も約115mlと多く、給水の手間を省きたい方にもおすすめ。約10分間連続してスチームできます。週末にまとめてアイロンがけをする方など、大量の衣類を効率よく手入れするのにも適しています。

第3位 ティファール(T-fal) アクセススチーム プラス DT8100J0

1分間に20gのパワフルなスチームを噴射できるアイロンです。厚手の衣類の繊維もほぐし、シワを素早く伸ばせます。毎分約14gのスチームを噴射するデリケートモードも搭載。シルクなどの布地のケアにも便利です。

ターボモードだと連続して約9分間使用でき、大量の衣類も一度にお手入れできます。トリガーを引いた状態でロックできるため、長時間の連続スチームも簡単です。給水タンクは180mlと大容量で、取り外しも可能。手入れしやすく、給水も簡単にできます。

かけ面のプレートにはセラミック素材を使っているのですべりもスムーズ。付属のアタッチメントブラシを使えば、衣類についたホコリや糸くずを取りながらアイロンがけできます。

本体は自立しますが、付属のドアフックを使えばドアなどにも取りつけ可能。立ち上がりも40秒と早く、出かける前に玄関先などで身だしなみを整えるのに便利です。

第4位 パナソニック(Panasonic) 衣類スチーマー NI-FS410

約30秒で立ち上がり、忙しい朝のシワ伸ばしにぴったりなアイロン。シャツやブラウスはもちろん、ドレープのきいたドレス、レーヨンなどの繊細な生地まで使用可能な汎用性の高いタイプです。タンク容量は約50ml、連続スチームは約4分間と、1回の注水で衣類のケアをしっかりと行えます。

繰り返し使っても衣類を傷めにくく、大切に着ているモノこそ丁寧にお手入れしたいときにおすすめ。アイロン面がフラットなため、シャキッと仕上げたいときはプレスもできます。すべりのよいセラミックコートを採用したアイロン面なので、かけ心地が軽いのもポイントです。

また、衣類についたさまざまなニオイを、スチームによって脱臭する効果も期待できます。洗濯しにくいスーツや、コートなどのシワを伸ばしながら気になるニオイのケアまでできるおすすめのモデルです。

第5位 東芝(TOSHIBA) コードレス衣類スチーマー La・Coo-S TAS-X5

コードレスとコード式のどちらでも使える2wayタイプの衣類スチーマーです。シャツなど薄手の衣類から、ジャケットなど厚手の衣類まで幅広い衣類をお手入れできます。プレスにも対応しており、しっかりシワを伸ばしたいときにも便利です。

かけ面にはニッケルコートを採用しており、かけ心地もスムーズ。スチーム温度は2段階、かけ面温度は3段階で調節でき、布地に合わせた使用が可能です。

また、先端が突起している「楽がけライン」を採用し、ボタン周りなど細かい部分も丁寧にアイロンがけできます。さらに、波状の「スチームライン」を採用。毎分最大12mlのスチームが、全体にまんべんなくスチームが行き渡ります。

アイロンのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

アイロンのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

番外編|アイロン台のおすすめ

山崎実業 軽量人体型アイロン台 フック付き 07804

人体型のアイロン台です。突起があるので、ワイシャツなどの襟や袖口部分をアイロンがけしやすいのが特徴。ワイシャツでアイロン台を覆うようにセットすれば、全体をより効率よくアイロンがけできます。

また、熱に強く耐久性にも優れているスチールメッシュ構造を採用。スチームの通りもよく、頑固なシワを伸ばしたいときにも便利です。

背面にはハンガーフックがついており、アイロンがけした後はハンガーポールなどに吊るして収納できます。ワンルームに暮らす一人暮らしの方など、収納場所が限られている方にもおすすめです。

大栄産業(Daie-industry) スタンドタイプアイロン台 NSB-5HF

立って使えるスタンドタイプのアイロン台です。ワンピースなど面積の大きい衣類も手軽に手入れ可能。高さが60〜80cmの間で10段階調節できるので、身長や好みに合わせて使えます。また、脚を折りたたむと厚み7cmまで小さくできるため、クローゼットの中や家具との隙間などへもコンパクトに収納可能です。

さらに、ジャケットの袖などをアイロンがけするのに便利な仕上げ馬も搭載。1.5kgまで耐えられるハンガーフックもついており、アイロンがけの終わった衣類をかけておく際にも便利です。

山崎実業 くるくるアイロンマット タワー 03357

マットタイプのアイロン台です。使わないときはくるくると丸めてコンパクトに収納できるのが特徴。フックがついているので、ハンガーポールにも吊り下げて収納もできます。小型アイロンとともに、出張や旅行で持ち運ぶのにもおすすめです。

サイズは72×40cmで、シャツやズボンなども手軽にアイロンがけできます。程よいクッション性があり、使い心地も快適。比較的リーズナブルで、コストパフォーマンスに優れたアイテムです。

アイロン台について詳しく知りたい方はこちら