スーツやマスクなど、さまざまな衣類のシワを伸ばすのに役立つ「アイロン」。スチーム対応のモデルやコードレスタイプなど、便利な機能を搭載したモデルが各メーカーから発売されています。

そこで今回は、おすすめのアイロンを種類別にご紹介。大量の衣類をしっかりアイロンがけできるモデルや、安価で手軽に使えるモデルなどもピックアップしているので、ぜひチェックしてみてください。

アイロンの種類

スチームアイロン

By: rakuten.co.jp

最も一般的なタイプは、スチームアイロンです。高温のスチームを噴射して衣類のシワを伸ばしやすくします。幅広い価格のモデルが販売されており、多数の選択肢から選べるのが魅力。ワイシャツなどのほか、ウールやニット生地などさまざまな生地にも使用可能です。

また、スチームアイロンはモデルによってスペックが異なります。選ぶ際は、スチーム量や連続使用時間を左右するタンク容量にも注目して選んでみてください。

ドライアイロン

By: amazon.co.jp

ドライアイロンは、高温でしっかりとプレスするタイプのアイロン。頑固なシワも伸ばしやすく、折り目もきれいにつきます。ワイシャツやシーツ、ハンカチなどにおすすめです。

機能がシンプルなので、手入れも簡単。安い製品も多数ラインナップされています。基本的にコードを挿して使用する製品が多く、大量の衣類も時間を気にせずアイロンがけできるためファミリーにもおすすめです。なお、ドライアイロンを使用する際は、基本的に霧吹きを併用する必要があるので留意しておきましょう。

衣類スチーマー

By: rakuten.co.jp

衣類スチーマーはハンディスチーマーとも呼ばれ、ハンガーにかけたまま衣類のシワ取りができます。立ち上がりが早く、気がついたときにサッと取り出して使えるのが特徴です。

また、デリケートな生地や装飾がついたおしゃれ着などにも使用可能。脱臭効果も期待でき、出勤前に素早くケアしたいときなどにも便利です。

アイロン台は不要ですが、なかにはアイロン台でも使用できる2wayタイプのモデルもあります。コンパクトなので大量の衣類を扱うにはやや労力がかかりますが、汎用性に優れたモデルです。

衣類スチーマーについて詳しく知りたい方はこちら

アイロンの選び方

重量をチェック

アイロンは、重いモデルと軽いモデルそれぞれに利点があるので、使用目的に合わせて選びましょう。1kg以下の軽量モデルは持ち上げやすいのが特徴です。出張先や旅行先へ持ち歩く場合にも便利。とくに常に持ち上げて使う衣類スチーマーの場合は、腕の負担を軽減できる軽量モデルがおすすめです。

一方、1kg以上あるアイロンは、アイロン台を使ってしっかりプレスできるのが特徴。軽い力でも、きれいな折り目がつけられます。重くても扱いやすいよう、1.5kg以下のモデルを選ぶのがおすすめです。

ただ、スチームアイロンや衣類スチーマーなど、給水タンクがついているモデルは水の有無によって重量が異なります。選ぶ際は、給水タンクの容量もあわせてチェックしてみてください。

サイズや付属品もチェック

By: amazon.co.jp

アイロンを選ぶ際にはサイズや付属品も要チェック。スペックで表示されているサイズはあくまでも本体サイズなので、アタッチメントや充電器などを含めるとオーバーしてしまうこともあります。

また、2WAY式のアイロンは、付属品がほかのタイプに比べて多いことがほとんど。一人暮らしの方など設置スペースが限られている方は、付属品などを含めてスペースに収まるかを考慮して選んでみてください。

電源コードの有無をチェック

温度を常に高くキープできる「コード式」

By: rakuten.co.jp

アイロンを長時間使いたい方や高温でシワを伸ばしたい方には、常に一定の温度で使用できるコード式がおすすめ。電力供給が安定しており、待ち時間がないのが魅力です。また、高温状態を維持できるので、衣類のシワをしっかり伸ばせます。

デメリットは電源コードの長さの範囲でしか使用できない点です。使い方によっては電源コードが邪魔になることもあるため留意しておきましょう。

コンセントの長さを気にせず手軽に使用できる「コードレス」

By: rakuten.co.jp

コードレス式は電源コードを気にせずに好きな場所で使えるのがメリット。ハンガーに掛けた洋服にスチームを当ててシワを取る場合などに楽に取り回しができます。

デメリットはかけ面の温度が下がらないようこまめに充電が必要な点。1度に大量の洋服にアイロンをかける場合は、給電回数が増えるため待ち時間が長くなります。コードが邪魔になる方や、アイロンを短時間だけ使いたい方に適しています。

素材ごとの特徴をチェック

セラミック

By: rakuten.co.jp

セラミックはすべりのよさと耐久性が魅力です。摩擦が小さいため、力を入れなくても服のシワを伸ばせるのがポイント。また、衣類への摩擦が小さいので、アイロンによるダメージを最小限に抑えます。

セラミックコーティングは比較的コストがかかるため、高価なアイロンが多いのですが、使いやすいので時短ができることや衣類へのダメージの少ないこと、耐久性の高さなど長い目で見ればコストパフォーマンスに優れた素材です。

チタン

By: rakuten.co.jp

セラミックほどではありませんが、すべりがよく耐久性も高いのがチタンコーティングです。価格はセラミックよりも抑えられており、使い勝手のよさと価格とのバランスに優れています。

チタンコーティングには、リーズナブルさが魅力の「シルバーチタンコート」などの種類もあります。

フッ素

By: amazon.co.jp

フッ素コーティングはリーズナブルで使いやすいのが魅力です。セラミックなどほかのコーティングに比べて、価格は大きく下がる傾向にあります。

セラミックやチタンにはかなわないものの、すべりのよさや耐久性も十分。一人暮らしなどアイロンがけの量がそれほど多くない方におすすめの素材です。

メーカー独自素材

By: rakuten.co.jp

アイロンのコーティングには、メーカーが独自で開発した素材が用いられることも。メーカー独自素材はすべりのよさや耐久性などで優れており、メーカーの上位モデルに多く用いられます。

メーカー独自素材のアイロンは価格が高くなりがちですが、アイロンの摩擦による服へのダメージを減らしたい方や、アイロンがけに時間をかけたくない方にはおすすめです。

形状

左右対称型

By: amazon.co.jp

左右対称型アイロンのメリットは、左右どちらにも進めること。ワイシャツなど形が複雑な服や、パンツやスカートなど面積が広い服でも、洋服の向きをほとんど変えることなくアイロンがけが可能です。

そのため、大物衣類をメインにアイロンがけをしたい方におすすめの形状。また、左右どちらに進んでもシワができにくいため、アイロンがけが苦手な方にも適しています。

平底型

昔ながらのアイロン形状が平底型です。平底型のポイントはアイロン単体で自立できること。ちょっと手を放したいときなど、アイロンをスタンドに戻す必要はありません。

大量のハンカチにアイロンがけをしたい場合など、単体で自立できるのも大きなメリット。また、昔ながらの形状のため、使い慣れたモノを使いたい方にもおすすめです。

あると嬉しい便利機能

もしものときにも安心の「オートOFF機能」

By: hitachi.co.jp

アイロンを選ぶ際は、安全性に配慮されたモデルがおすすめです。とくに便利なのは、一定の時間が経過すると自動で電源が切れる「オートOFF機能」。アイロンの消し忘れを予防し、火事などのリスクを軽減できます。

とくに子育てなどで忙しい方や、家事を並行しながら進める方、大量の衣類を数回に分けてアイロンがけする方などにおすすめ。「オートOFF機能」がついていれば、アイロンの消し忘れによる子供やペットの火傷も防げます。

忙しいときに便利な「ハンガーショット」

By: panasonic.jp

忙しいときに素早く取り出して使いたい場合は、「ハンガーショット」機能のついたアイロンが便利です。衣類をハンガーにかけたまま、スチームを当てられます。

アイロン台を使わないため、コートなどプレスしにくい厚みのある衣類も手軽にアイロンがけ可能。外出前に玄関先で手早く身支度を整えたい場合などにも便利です。

アイロンのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: rakuten.co.jp

パナソニックは、日本で初めてアイロンのかけ面を両サイドとも突起させた「Wヘッドベース」を採用したメーカーです。前後左右に動かしやすく、細かい部分も手軽にシワが伸ばせます。

また、スチームアイロンだけでなく、ドライアイロンの種類も豊富に揃えているため、しっかりと折り目をつけたい方にもおすすめ。かけ面に使われている素材の種類も豊富で、使用シーンに合わせて適したアイロンを選べます。

ティファール(T-fal)

By: rakuten.co.jp

ティファールのアイロンは、パワフルなスチームを噴射できるのが特徴です。かけ面が広く、重量感も良好。短時間で素早くシワを伸ばせます。温度やスチームの設定もわかりやすいため、初めてアイロンを使う方やアイロンがけが苦手な方にもおすすめです。

とくに人気があるのは、「アルティメット」シリーズのアイロン。1分間に最大100gを超えるスチームを噴射し、効率よくアイロンがけできます。

また、ティファールはコードレスアイロンや衣類スチーマーの取り揃えが豊富。衣類などを素早くアイロンがけしたい方におすすめのメーカーです。

日立(HITACHI)

By: rakuten.co.jp

日立のアイロンは、コンパクトなのが特徴です。省スペースに収納できるモデルが多いので、アイロンをときどき使う一人暮らしの方などにおすすめ。小回りが効くため、子供やペット用衣類などのアイロンがけにも便利です。

また、日立のアイロンは設定が簡単にできるのも魅力。デリケートな衣類をアイロンがけする機会の多い方にもおすすめです。

スチームアイロンのおすすめランキング

第1位 パナソニック(Panasonic) カルル NI-WL405

全方向にスムーズにアイロンがけできる左右対称形「Wヘッドベース」を採用したスチームアイロンです。かけ面と噴射面が広く、スピーディーなアイロンがけが可能。先端の鋭いヘッドにより、ボタンなど細かい部分もきれいにかけられます。

シワだけでなくニオイの消臭効果も期待できる「ハンガーショット」を備えているのもポイント。加えて、スカートのプリーツにも効果的な「ハイパワースチーム」、ニットもふっくらと仕上げる「パワーショット」など多彩なスチーム機能を搭載しています。

素材にはシルバーチタンコートを採用。また、立ち上がりも早いため、朝の忙しい時間帯にもおすすめです。

第2位 パナソニック(Panasonic) カルル NI-WL705

パナソニックの独自素材「ミラーマジ軽ベース」を採用した高性能なスチームアイロン。ミラーマジ軽ベースはステンレス地にニッケルコーティングを施しており、熱くなるほどスムーズにアイロンがけできるのが特徴です。

また、全方位にスムーズに動かせる「Wヘッドベース」を採用しているのも魅力のひとつ。さらに、コードレスタイプのため、取り回しやすいのもポイントです。スチームでニオイの消臭効果も期待できる「ハンガーショット」など、さまざまなシーンで使えるスチーム機能も複数搭載しています。

切り忘れを予防できるオートOFF機能を搭載しているのもポイント。スタンドもアイロンの前方部分に手が触れにくい設計で、不慣れな方でも扱いやすいおすすめのモデルです。

第3位 日立(HITACHI) スチームアイロン CSI-305

セラミック素材のかけ面を採用したスチームアイロンです。すべりがよくスムーズなアイロンがけが可能。また、スライド式で簡単に操作できる「温度調節スイッチ」を採用しているのもポイントです。

ショットボタンを押すことで強力なスチームを噴射可能。頑固なシワや厚手の生地に便利な「パワースチーム」、ハンガーに吊るしたままアイロンがけできる「ハンガーショット」など、生地や利用シーンに合わせてスチームを使い分けられます。

縦横関係なくスッキリ収納できるのもポイント。リーズナブルで省スペースに収納できるので、一人暮らしの方にもおすすめです。

第4位 ティファール(T-fal) ターボプロ FV5604J0

約300mlと大容量のタンクを備えており、長時間のアイロンがけが可能なスチームアイロンです。生地に合わせてスチーム量を自動で調節可能。また、独自の「エアーグライドかけ面」を採用しており、すべりがよくスムーズにアイロンがけできます。

独自技術「オートクリーン加工」により、付着した繊維くずなどを取り除き、かけ面を常に清潔に保てるのもポイント。パワフルなスチーム噴射によるハンガーショットにも対応しています。

さらに、コード有りタイプのため長時間使えるのも魅力。大量の衣類に使いたい方にもおすすめです。

第5位 ティファール(T-fal) フリームーブミニ6460 FV6460J0

本体重量わずか約920gと軽量設計を実現したミニコードレススチームアイロン。小型ながら1分間最大90gの大量パワフルスチームが可能です。繊維の奥までスチームが行き渡りシワを原因からほぐします。

Ag+配合の抗菌素材「イオンピュア」を採用しているのも魅力のひとつ。さらに、温度調節も低・中・高温の3つから簡単に調節でき、取り回しやすいおすすめアイテムです。

第6位 パナソニック(Panasonic) カルル NI-CL311

汎用性の高いコスパに優れたコードレススチームアイロン。1400Wのハイパワーにより、約50秒で設定温度に到達するため、朝の忙しい時間帯など素早く使いたいシーンにおすすめです。

また、18個のスチーム穴とすべてのスチーム穴をつなげた「ディンプルリンク」を採用。生地に均等にスチームがあたり、ムラなくアイロンがけできるのが特徴です。

ニットのケアなどに便利な「パワーショット」や、ハンガーにかけたまま使える「ハンガーショット」などを搭載しているのもポイント。コストを抑えつつつ、利便性も妥協したくない方におすすめです。

第7位 ティファール(T-fal) アルティメット FV9751J0

安定した熱量とパワフルなスチームで効率よくアイロンがけできるスチームアイロンです。コード有りタイプのため時間を気にせず使用可能。さらに、約320mlの水タンク容量を備えているので、1回の給水で大量の服をアイロンがけできます。

また、ティファール独自の「オートクリーン加工」を採用しているのも魅力のひとつ。かけ面に付着した繊維くずを取り除き、清潔な状態を保てます。

衣類をハンガーにかけたままスチームを噴射できる「ハンガーショット」に対応しているのもポイント。重めの設計のため、軽い力で楽にアイロンがけできるモデルを探している方にもおすすめです。

第8位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) IRN-CL30C

かけ面に高耐久なセラミックコーティングが施されたコードレススチームアイロン。長時間すべりが続き、スムーズなかけ心地を実現します。電源を入れてから立ち上がりまで最短約30秒と短いので、忙しい時間帯にもおすすめです。

また、生地の厚さに応じて切り替えられる2段階スチームを搭載しているのも魅力のひとつ。さらに、ハンガーにかけたまま使える「スチームショット」も便利です。比較的リーズナブルに購入できるため、できるだけコストを抑えたい一人暮らしの方はチェックしてみてください。

第9位 東芝(TOSHIBA) 美(ミ)ラクルLa・Coo TA-FLW910

握りやすくアイロンがけしやすい「オープンハンドル」を採用したコードレススチームアイロン。熱が伝わるとすべりやすさが約2倍になる独自の「ボロンコート」を採用しているのもポイントです。

重量もわずか約1.1kgと軽量設計のため、長時間アイロンがけしたい方にもピッタリ。衣類全体のシワやニオイに対応した「全面ショット」や、頑固なシワや厚手の衣類に適した「集中ショット」など、シーンに合わせて便利な機能も備えています。アイロンがけする機会が多い方にもおすすめのモデルです。

第10位 日立(HITACHI) スチームアイロン CSI-201

ダイヤル式温度調節を採用したシンプル操作のスチームアイロン。チタン含有コートによるすべりのよさ、360°回転するスタンドなど使いやすさも魅力です。

頑固なシワに効果的な高音スチームなど機能も充実しています。タンクの容量は約80mlとやや少なめですが、一人暮らしの方であれば十分な量。リーズナブルな価格帯なのもおすすめのポイントです。

第11位 ニトリ(NITORI) スチームアイロン ランス2 ES-2350

できるだけ安いスチームアイロンを探している方におすすめの製品。低価格でも機能性が高く、スチームアイロンとしてもドライアイロンとしても使えます。ボタンを押すと霧吹きが吹き出す機能も搭載しているのもポイント。また、水の補給に便利な給水カップも付属しています。

かけ面にはフッ素樹脂コートが施されており、アイロンのすべりがよいのも特徴のひとつ。さらに、電源コードの根元は回転式でコードが絡みにくく、扱いやすいのも魅力です。

ドライアイロンのおすすめランキング

第1位 パナソニック(Panasonic) ドライアイロン NI-A66

腕の負担になりにくい軽量設計が魅力のドライアイロンです。持ち手に指をかけられる部分があるので、安定したアイロンがけが可能。先端部分が尖っているため、ボタン部分など細かい場所もしっかりとシワを伸ばせます。

また、かけ面にはフッ素コート加工が施されており、スムーズに移動可能。さらに、レトロ感のあるクラシックなデザインを採用しているのも魅力のひとつです。

第2位 ディービーケー(DBK) ドライ専用アイロン The DRY J77D

利便性に優れたシンプルなドライアイロン。最高温度まで約60秒で立ち上がるので、忙しい時間帯に使いたい方にもおすすめです。重量もわずか約620gと軽量設計。腕に負担がかかりにくいため、ストレスなくアイロンがけをこなせます。

かけ面には熱伝導率の高いアルミ製熱板を使用し、温度変化にも柔軟に対応可能。さらに、フッ素樹脂加工を施しているので、スムーズな移動も可能です。

布地の種類に合わせて温度調節ができるダイヤルも搭載。また、動きに合わせてコードが上下する「フレキシブル・コード」を採用しているため、取り回しやすいのも魅力です。

第3位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ドライアイロン PDIR-01F

シンプルで使いやすいのが特徴のドライアイロンです。重量はわずか約1.1kgと軽量のため、腕が疲れにくいのも魅力。最短約30秒で素早く立ち上がるので、朝など忙しい時間帯に使いたい方にもおすすめです。

かけ面にはフッ素コートを採用しており、のりがつきにくく快適なかけ心地を実現。また、つまみを回すだけで簡単に温度調節ができるのもポイントです。比較的リーズナブルに購入できるため、コスパを重視したい方もぜひチェックしてみてください。

第4位 東芝(TOSHIBA) ハンディアイロン TA-H3

折り目をつけるのに適したハンディタイプのドライアイロン。本体をスーツやプリーツスカートなどにクリップのように挟むだけで、簡単に折り目をつけられます。衣類をハンガーにかけたまま使用できるので、アイロン台も不要です。

コンパクトかつ軽量設計のため、持ち運びやすいのもポイント。出張先や旅行先でも折り目を手軽に直せるおすすめアイテムです。

第5位 アイテック(AITEC) Quolice コンビニアイロン AQS-1048

持ち運びに適したコンパクトサイズのアイロンです。重量もわずか265gと軽量で、旅行先や出張先などでズボンやスカートの折り目を手軽に直したい方におすすめ。携帯に便利なポーチも付属しています。

かけ面にはフッ素加工が施されたプレス板を採用しているので、かけ心地も良好です。また、6段階で温度調節ができるのも魅力のひとつ。さらに、立ち上がりも早く、忙しい時間帯に使いたい方にもおすすめです。

第6位 ドウシシャ(DOSHISHA) ミニアイロン PIERIA DMA-04

コンパクト設計で、子供服やペット用の服のアイロンがけに便利なアイロンです。10×6.3×5.1cmとコンパクトで、細かい部分のアイロンがけにおすすめ。持ち運び用のポーチも付属しているので、旅行先や出張先での使用にもピッタリです。

かけ面にはフッ素加工が施されており、移動もスムーズ。また、ハンドル部分は取り外し可能で、コンパクトに収納できるおすすめアイテムです。

第7位 無印良品 トラベル用アイロン TPA-MJ211

コンパクトに折りたたんで持ち運べるトラベル用アイロン。本体重量はわずか約400gと軽量設計で、手軽に持ち運べます。

本体に取りつけられたダイヤルから3段階で温度調節も可能。機能もシンプルなので、機械の操作が苦手な方でも簡単に扱えます。電圧切り替えに対応しているのも魅力のひとつ。海外旅行で使いたい方にもおすすめです。一人暮らしの普段使いからトラベル用など幅広く使えるアイロンを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第8位 Lights ミニアイロン LT-IR1A

パッチワークに便利な手のひらサイズのミニアイロン。電源を入れてからわずか約90秒と素早く立ち上がるので、忙しい時間帯のアイロンがけにもおすすめです。

水に弱いシルクやレーヨンなどの生地にも安心して使用可能。また、コンパクトなのでパッチワーク・手芸などのアイロンがけや、ワッペン・アップリケの貼りつけなど細かい作業にもピッタリです。海外電圧にも対応しているため、旅行先や出張先へ持ち運んで使いたい方もチェックしてみてください。

第9位 ディービーケー(DBK) スチーム&ドライアイロン J80T

スチーム・ドライ兼用の2WAYアイロンです。スチーム時は25個の穴からスチームを噴射し、厚手の生地も快適にアイロンがけ可能。ドライ時はシルクやレーヨンなど繊細な生地に使用できます。

かけ面はフッ素樹脂加工を施しており、スムーズに使用できるのもポイント。また、熱伝導率の高いアルミ製熱板を採用しているので、素早く設定温度に対応します。

動きに合わせてコードが上下する「フレキシブル・コード」を採用しているのも魅力のひとつ。コード式ながら取り回しやすいおすすめアイテムです。

第10位 クロバー(Clover) パッチワーク アイロン 57-904

パッチワークや手芸など細かい作業に適したコンパクト設計のアイロンです。ソフトハンドルを採用しており、握りやすさに配慮されているのが特徴。シルクやレーヨンなど水を嫌う生地に対しても安心して使用できます。

かけ面には汚れがつきにくいフッ素樹脂加工を施しているので、移動もスムーズ。先端が鋭いソール形状を採用しており、ボタンなど細かい部分のアイロンがけも快適におこなえます。

大きめのダイヤルを採用しているため、温度調節も簡単。小回りが効くミニアイロンを探している方はチェックしてみてください。

第11位 Aseech ハンディーアイロン

ハンドルがボディから着脱できるコンパクトなドライアイロン。外したハンドルを本体とまとめてコンパクトにできるのが特徴です。重さも400gと軽量なので、旅行や出張に携帯するのにも適しています。専用の防護布袋が付属しているため、カバンに入れても傷が付きにくく安心して持ち運ぶことが可能です。

高温・中温・低温の3段階に温度調節できるので、綿だけでなくシルクやウールなどのデリケートな衣類にもアイロンがけができます。また、かけ面のサイズが幅152×奥行70mmと小さいため、襟や袖などの細かいシワも楽に伸ばすことが可能です。

カラーはホワイトとピンクがあり、デザインもおしゃれ。持ち運びに適したアイロンを探している方におすすめです。

衣類スチーマーのおすすめランキング

第1位 パナソニック(Panasonic) 衣類スチーマー NI-FS760

洗いにくい衣類にもサッと取り出してシワ取りできる衣類スチーマー。取り出してから約23秒とスピーディーに立ち上がるので、朝の忙しい時間帯にもおすすめです。

また、生活5大臭である生乾き臭・ペット臭・タバコ臭・汗臭・飲食臭に加えて、加齢臭や防虫剤臭などの脱臭効果が期待できるのも魅力のひとつ。洗いにくい衣類への使用にも適しています。

「360°くるくるスチーム」を備えており、右手・左手あらゆる向きからでもスチームを噴射。約115mlの大容量タンクの搭載により、1度の給水で約10分の連続使用もできます。利便性に優れたおすすめアイテムです。

第2位 ティファール(T-fal) アクセススチーム DT8110J0

2つから選べるスチーム量で簡単にシワ伸ばしできる衣類スチーマー。厚めの衣類や頑固なシワ伸ばしには「ターボモード」、おしゃれ着には「デリケートモード」など衣類の種類に合わせて使い分けられます。セラミックのヒーティングプレートにより、きれいにシワ伸ばしできるのも特徴です。

約40秒とスピーディーに立ち上がるので、朝の忙しい時間帯の使用にもおすすめ。また、コード式ながら約3mのコードを採用しているため、取り回しやすいのも魅力です。水タンクも約185mlと大容量で、1度の給水で長時間使用できます。

第3位 日立(HITACHI) 衣類スチーマー CSI-RX2

スチームアイロン機能を兼ね備えた2WAYタイプの衣類スチーマーです。大量のスチームで頑固なシワも手軽に手入れできるのが特徴。1度スチームボタンを押すだけで1分間連続でスチームがでるので、ボタンを押し続けなくてすみます。

また、スチームは中温・高温の2段階で温度調節が可能。繊細な衣類や厚めの衣類など素材に合わせて選べます。付属のブラシアタッチメントをつければ、衣類を傷つけずにスチームを当てられるのも魅力です。

かけ面にはセラミックコーティングを採用しており、スムーズなアイロンがけが可能。さまざまなシーンで使える汎用性の高いモデルを探している方におすすめです。

第4位 ツインバード工業(TWINBIRD) ハンディーアイロン&スチーマー SA-4084

使いたいときにサッと取り出してシワ伸ばしができる、2WAY仕様のアイテム。水を入れて温度を設定するだけのシンプルな操作を実現しているので、機械が苦手な初心者の方にもおすすめです。

また、スチームは6箇所の噴出口から放出し全体に行き渡るため、ムラなくシワ伸ばし可能。さらに、2つのアタッチメントブラシが付属しているのもポイントです。

約930gの軽量設計で、取り回しやすいのも魅力。出勤前の忙しい時間帯でも手軽にシワ伸ばしができる便利な製品です。

第5位 東芝(TOSHIBA) 衣類スチーマー La・Coo S TAS-V5

3段階で温度調節ができる、コードつきの衣類スチーマーです。約110mlの大容量水タンクを備えており、1回の給水で約10分間の連続スチームが可能。また、連続スチーム時の約3倍のスチーム量を実現した「瞬間3倍ショット」も便利です。

アイロン機能を搭載した2WAYタイプで、アイロンがけにも使用可能。かけ面はフラットなニッケルコートを採用しているので、スムーズに移動できます。さらに、先端が突起している「楽がけライン」を採用しているのもポイント。ボタン周りなど細かい部分のアイロンがけにもおすすめです。

第6位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 衣類スチーマー IRS-01

自動連続スチームを約5分30秒連続で噴射できる衣類スチーマー。ワイシャツや上着など、1度でさまざまな衣類をアイロンがけできます。給排水が簡単なカセットタンクを採用しているのも魅力です。

かけ面を使ってアイロンがけすれば、ハンカチやシャツのしつこいシワもきれいに伸ばせます。また、重さが790gと軽いのもポイント。専用スタンドも付属している使い勝手に優れた衣類スチーマーです。

番外編|アイロン台のおすすめ

山崎実業 軽量人体型アイロン台 フック付き 07804

人体型のアイロン台です。突起があるので、ワイシャツなどの襟や袖口部分をアイロンがけしやすいのが特徴。ワイシャツでアイロン台を覆うようにセットすれば、全体をより効率よくアイロンがけできます。

また、熱に強く耐久性にも優れているスチールメッシュ構造を採用。スチームの通りもよく、頑固なシワを伸ばしたいときにも便利です。

背面にはハンガーフックがついており、アイロンがけした後はハンガーポールなどに吊るして収納できます。ワンルームに暮らす一人暮らしの方など、収納場所が限られている方にもおすすめです。

大栄産業(Daie-industry) スタンドタイプアイロン台 NSB-5HF

立って使えるスタンドタイプのアイロン台です。ワンピースなど面積の大きい衣類も手軽に手入れ可能。高さが60〜80cmの間で10段階調節できるので、身長や好みに合わせて使えます。また、脚を折りたたむと厚み7cmまで小さくできるため、クローゼットの中や家具との隙間などへもコンパクトに収納可能です。

さらに、ジャケットの袖などをアイロンがけするのに便利な仕上げ馬も搭載。1.5kgまで耐えられるハンガーフックもついており、アイロンがけの終わった衣類をかけておく際にも便利です。

山崎実業 くるくるアイロンマット タワー 03357

マットタイプのアイロン台です。使わないときはくるくると丸めてコンパクトに収納できるのが特徴。フックがついているので、ハンガーポールにも吊り下げて収納もできます。小型アイロンとともに、出張や旅行で持ち運ぶのにもおすすめです。

サイズは72×40cmで、シャツやズボンなども手軽にアイロンがけできます。程よいクッション性があり、使い心地も快適。比較的リーズナブルで、コスパに優れたおすすめアイテムです。

アイロン台について詳しく知りたい方はこちら