「集音器」は、聴力を補いたいときに役立つアイテム。モデルによっては、音量や聞こえ方などを調節できるのが魅力です。

集音器は耳穴タイプや耳かけタイプなど、さまざまなモデルが展開されているため、どれを選べばよいのか迷ってしまうことも。そこで今回はおすすめの集音器をご紹介します。補聴器との違いや選ぶ際のポイントなどについても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

集音器とは?

集音器は、内部に搭載されたマイクが集めた音を大きくして、耳に届ける機器のこと。人の声や雑音を問わず、マイクが拾った音が大きくなって聞こえてくるのが特徴です。

形状はイヤホンや補聴器などと似ており、耳に装着して使用するアイテム。雑音や既に聞こえている音まで大きくなってしまうなどの注意点はあるものの、音の聞こえにくさを緩和し、気軽に使用できるのもメリットです。

日常生活で聞こえにくさを感じている方は、ぜひチェックしてみてください。

集音器と補聴器の違い

By: oliveunion.com

集音器と補聴器は形状・用途ともに似ているものの、明確な違いがあります。集音器は家電量販店やECサイトで購入できる「音響機器」であるのに対して、補聴器は「管理医療機器」です。

補聴器は、厚生労働省の認可を受けている専門店などで発売されているため、手軽に購入できないのがポイント。また、購入には医師の診断が必要で、聴力の測定やフィッティングを経てオーダーメイドで作られます。

機能面では、集音器は音を大きくするのに対して、補聴器は各個人の症状に合わせて細かく調節されているのが特徴。補聴器は、集音器よりも購入まで時間がかかり、価格も高価になります。

集音器の選び方

タイプで選ぶ

耳穴タイプ

By: amazon.co.jp

耳穴タイプは、耳の穴に入れて装着するタイプの集音器です。カナル型のイヤホンと似た形状をしており、軽量かつコンパクト。マスクや眼鏡をしたままでも邪魔になりにくく、使用しないときはケースに入れて気軽に持ち運べます。

本体がコンパクトなので、装着していても目立ちにくいのがメリット。ファッション性を重視する方におすすめです。

耳かけタイプ

By: asahi-electro-chemical.com

耳かけタイプは、本体に搭載されているフックを耳の外側にかけて装着する集音器。耳穴タイプよりも本体が大きく、フックとなる部分にボタン類を搭載しているのが特徴です。

音量調節などの操作がしやすく、初めて集音器を購入する方にもおすすめ。操作性を重視する方は、ぜひチェックしてみてください。なお、メガネを装着する場合は、集音器が邪魔になりやすい点を留意しておきましょう。

骨伝導タイプ

By: amazon.co.jp

骨伝導タイプは、耳の穴や鼓膜ではなく、頭蓋骨を振動させて音を届ける集音器。耳を塞がずに使用できるのが特徴です。左右を繋ぐバンドを首の後ろから回し、音の鳴る部分をこめかみあたりに乗せて装着します。

一般的な集音器やイヤホンとは違い、鼓膜への負担を軽減できるのもポイントです。また、耳を圧迫しにくいため、長時間快適に装着しやすいのもメリット。装着感を重視する方におすすめです。

ポケットタイプ

ポケットタイプは、イヤホン部分と箱型の操作部分がケーブルで繋がっているのが特徴。操作部分はポータブルラジオや音楽プレイヤーのような形状で、ベルトに固定したり、ポケットに入れたりして持ち運べます。

操作部分のスペースが広く、ボタン類のサイズが大きいので、音量調節などの操作がしやすいのがメリット。また、紛失のリスクが低いため、安心して持ち運べます。

ほかのタイプよりも比較的リーズナブルなモデルが多いのも魅力のひとつ。コストパフォーマンスを重視する方におすすめです。

電源の種類で選ぶ

電池式

集音器の電源の種類は、電池式と充電式の2種類あります。電池式には、乾電池やボタン電池などを使用。電池式の集音器は、コンセントやパソコンなどの電源が確保できない環境でも、電池を用意できれば利用できるのがメリットです。

また、停電や地震などの災害が発生した際も安心。電池式の集音器を購入する際は、入手しやすい電池を採用したモデルがおすすめです。加えて、どのタイプの電池が必要なのかもしっかりと確認しておきましょう。

充電式

By: amazon.co.jp

充電式の集音器は、本体にバッテリーを内蔵しています。USBケーブルを使用するモノや専用の充電器が必要なモノなど、充電方法はモデルによってさまざま。電池を交換したり、購入したりする手間を省きたい方におすすめです。

また、使用していないときや寝ている間に充電しておけるので便利。本体は電池式よりも軽量コンパクトなモデルが多く、携帯性に優れているのも魅力です。

ただし、充電がなくなると使用できない点に注意が必要。モバイルバッテリーなどを用意しておくと安心です。

アナログ式とデジタル式の違い

集音器には、デジタル式とアナログ式があります。デジタル式は、マイクが拾った音をデジタル信号に変換し数値化。音の加工をしやすいのが特徴です。また、周囲の音に合わせて自動で聞こえ方を調節したり、好みの聞こえ方に調節したりできます。

アナログ式は、マイクが拾った音をアナログ信号のまま増幅して出力。デジタル式よりもパワフルな音を再生できるのが魅力です。ただし、ハウリングを起こしたり、雑音がそのまま聞こえてきたりする場合がある点は留意しておきましょう。

スマホと連携できるモノも

By: oliveunion.com

集音器のなかには、スマホと連携できるモデルもラインナップされています。専用のアプリなどが用意されており、音量や聞こえ方などを細かく調節できるのがメリットです。

スマホアプリからバッテリー残量の確認などができるモデルなら、充電がなくなる前に給電できるのが魅力。また、スマホとのBluetooth接続に対応しているモデルであれば、ワイヤレスイヤホンのような使い方もできます。

集音器のおすすめモデル

第1位 ソニー(SONY) 耳かけ集音器 SMR-10

ソニー独自の音声技術により、音をクリアに聞きとれる高性能な集音器です。さまざまな場所で使いやすい、シンプルかつスタイリッシュなデザインを採用しています。

周囲の音を常時解析する「オートシーンセレクト」機能を搭載しているので、室内や屋外などの環境に合わせて聞こえ方を自動で調節。静かな環境では人の声が聞こえやすくなり、騒音のある場所では雑音を軽減できます。

充電台をテレビと接続することで、ワイヤレスのテレビ用スピーカーとしても使用可能。付属のケーブルを使って簡単に接続できるため、首元のスライドボタンからイヤホンとスピーカーの切り替えもできます。

高齢者の方でも操作しやすいよう、音声案内機能を搭載しているのも嬉しいポイント。本体はコンパクトに折りたためるほか、キャリングポーチも付属するので気軽に持ち運べます。

第2位 オリーブ(Olive) Smart Ear

スマホと接続して細かく音の調節ができる耳穴タイプの集音器です。専用のスマホアプリが用意されており、手元でモードの切り替えや音量の調節などが可能。また、通話や音楽の再生などもできます。

音の歪みを抑える独自の音声処理システム「S1」を搭載。聞きたい音をしっかりと広い、不快なハウジング音も最大限除去できるように設計されています。

本体の充電には付属のポータブルケースを利用し、1時間の充電で約7時間の連続使用が可能。ケースと併せると最大約14時間使用できます。

ケースはコンパクトなので、気軽に持ち運べるのもメリット。イヤーピースはシリコン素材とウレタン素材のモノが付属しており、好みや用途に合わせて選びやすいのもポイントです。

第3位 JTT USB充電式 集音器 USBFUKUMISAI

バランスド・アーマチュア型ドライバーを搭載した耳穴タイプの集音器です。左右で1セットになっているので、両耳で使用可能。さらに、左右の聞こえ方のバランスを調節できるため、片耳タイプのモノよりも小さい音量で使用できるのがメリットです。

集音器本体は、周囲の目を気にすることなく使用しやすい完全ワイヤレスタイプを採用。また、重量が約4gと軽量なので、耳への負担が少なく長時間快適に装着しやすいのもポイントです。

本体側面にボタンを搭載しており、音量調節や電源のオン/オフなどを操作可能。充電機能を搭載する専用のケースが付属しているので、ポケットなどに入れて気軽に持ち運べるのもメリットです。

第4位 ニューヒエラ(NUHEARA) 完全ワイヤレスイヤホン型集音器 IQbuds BOOST

スタイリッシュなデザインを採用した完全ワイヤレスイヤホン型の集音器。見た目にこだわった集音器を探している方におすすめです。

スマホアプリ「IQbuds」を活用することで、簡単に聴力の測定を行えるのが特徴。測定結果をイヤホンに反映して、聞こえ方をしっかりと補正できます。また、自宅・レストラン・電車など、さまざまなシーンに対応できるのもメリットです。

第5位 JTT USB充電式 骨伝導集音器 福耳骨伝 響 USBFUKUMIKOH

耳への負担を軽減できる骨伝導タイプの集音器です。本体は軽量コンパクトで、高齢者の方でもひとりで装着しやすいように考慮して設計されています。折りたためばポケットなどにも収納できるので、気軽に持ち運べるのもメリットです。

集音用のマイクは、USB端子で本体と接続可能。広範囲の音を拾える高感度な全指向性マイクを採用しています。マイクケーブルの長さは約480mmで、クリップで胸元などに固定できるため便利です。

バッテリー駆動時間は、最大約6時間。残量が少なくなると音声で知らせるので、バッテリーを気にせずに使用できます。本体に音量調節ボタンやサイズの大きな電源ボタンを搭載しており、高齢者の方でも簡単に操作しやすいのも魅力です。

第6位 アネックス 高感度集音器 効聴 KR-77

高感度なポケットタイプの集音器です。小さな音でもしっかりと拾いやすいのが特徴。また、周波数をHiとLowの2段階で調節できる機能を搭載しているのもポイントです。

左右の音量バランスを調節できるので、聴力に偏りのある方でも安心。電源は単四形乾電池を1本で、連続使用時間は約90時間です。ポケットタイプの集音器を探している方は、ぜひ本製品をチェックしてみてください。

第7位 エルパ(ELPA) イヤホンマイク式集音器 イヤリス AS-P001

音量を10段階で調節できるポケットタイプの集音器です。音量増幅スイッチを搭載しているのが特徴。さらに、周波数特性もNモード・Mモード・Wモードの3段階で調節できます。

マイク一体型とマイク分離型、2種類の片耳イヤホンが付属するのも魅力のひとつ。マイク一体型は耳の近くにマイクを搭載しているので、より自然な音を実現しています。

薄型かつ軽量なデザインを採用しており、持ち運びしやすいのもメリット。電源には、単四形乾電池を2本を使用します。

第8位 ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) イヤホン型集音器 KHB-103

眼鏡やマスクを着けたままでも装着しやすい耳穴タイプの集音器です。完全ワイヤレスイヤホンのようなデザインを採用しているのが特徴。集音器に見えにくいアイテムを探している方におすすめです。

電池の交換が不要な充電式を採用しており、フル充電状態で最大約12時間連続で使用可能。さらに、付属の充電ケースを使用すれば集音器本体を3~4回充電できます。また、ケースはコンパクトなので、ポケットやカバンなどに入れて気軽に持ち運べます。

第9位 山善(YAMAZEN) デジタルステレオ集音器 YSF-300

遠くの音もしっかりと聴きとりやすい、ポケットタイプの集音器です。マイク一体型のイヤホンを搭載しているので、より自然な音声を聞きとれるのが特徴。さらに、デジタル処理により、ノイズの発生を軽減してクリアな音質を実現しています。

つまみを回すだけで、音量や音域の調節を簡単に行えるのもメリット。また、音量は10段階に調節できるため、さまざまなシーンに対応できるのもポイントです。

第10位 旭電機化成 充電式 耳かけ集音器 AKA-201

小さな音もよく聞きとれる耳かけタイプの集音器。本体は約7gで、軽量かつコンパクトな設計を採用しています。

左右両耳に対応しており、装着していても目立ちにくいベージュカラーを採用。3サイズのイヤーピースやお掃除棒などが付属しているのも嬉しいポイントです。

連続使用時間は、フル充電状態で最大約35時間。また、本体には電源スイッチを搭載しているので、バッテリーの消耗を軽減できます。

集音器本体は、付属の充電台に挿しておくだけで簡単に充電可能。充電台は、USBと単三形乾電池の両方に対応しているので便利です。

集音器の売れ筋ランキングをチェック

集音器のランキングをチェックしたい方はこちら。