話し声や周囲の音が聴き取りにくい場合には「集音器」の使用が便利です。集音器は周りの音をキャッチして聴こえやすくするアイテム。耳あなタイプ・耳掛けタイプ・骨伝導タイプ・ポケットタイプなどの製品が展開されています。

しかし、各メーカーから多種多様なモデルが発売されているため、購入する際にはどれを選んでよいか迷ってしまいがち。そこで今回はおすすめの集音器をご紹介します。選び方のコツも併せて参考にしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

集音器とは?

By: rakuten.co.jp

「集音器」とは、周囲の音をキャッチして聴き取りやすくできる便利なアイテムのこと。本体にマイクやスピーカーを搭載しており、マイクで拾った音をスピーカーで大きくして耳に伝える仕組みを採用しています。

耳が聴こえにくい場合には、テレビの音量をどんどん大きくしてしまったり会話によるコミュニケーションに煩わしさを感じたりしがち。特に、テレビを大音量で視聴するとほかの家族には騒音になってしまいます。

集音器は比較的手頃な価格で購入できるモデルが多く、導入を検討しやすい機器。集音器を利用すれば、適切な音量でテレビが視聴でき、会話によるコミュニケーションもスムーズに行えます。集音器の利用は、耳の聴こえにくさを感じ始めた高齢者の方にもおすすめです。

ただし、製品によって機能差が大きい点には注意が必要。購入する際は、メーカーや品質にもこだわって選択しましょう。

集音器と補聴器の違い

集音器とよく似た機器としては、「補聴器」が存在します。集音器と補聴器は混同されがちですが、種類の異なる機器なので注意しましょう。集音器は誰でも手軽に購入できますが、薬機法で医療機器に分類されている補聴器は、医師による診断書が必要になる場合もあります。専門家によって個人の聴力に応じた調整やフィッティングを行ったうえで販売されるのが一般的です。

音を大きくして聴こえやすくする集音器は、フィッティングやコンサルティング、医師の診断書もなく購入が可能。インターネットでの通販や家電量販店などでも販売されています。

また、補聴器は内部構造が複雑で価格も高め。集音器は比較的リーズナブルな製品が多く、コスパにも優れています。

集音器の選び方

本体の種類を選ぼう

コンパクトで目立ちにくい耳あなタイプ

By: otomoa.com

比較的流通量の多い「耳あなタイプ」の製品は、名称通り耳の穴に入れて使用するのが特徴。コンパクトに設計されているモデルが多く、装着時に目立ちにくいのがメリットです。

耳あなタイプの集音器には、完全ワイヤレスイヤホンのようなデザインを採用したモデルもラインナップ。見た目にこだわりたい場合にも適しています。

また、メガネやマスクと干渉しにくいのもポイント。長時間使用した際の負荷も軽く、快適に使用できる点もおすすめです。

しっかり固定できる耳掛けタイプ

By: amazon.co.jp

「耳掛けタイプ」の集音器は、名称通り耳に掛けて使用するのが特徴。耳の穴に入れる部分と耳の裏に引っ掛ける部分から構成されており、それぞれのパーツはコードで接続されています。

しっかりと耳に固定できるので、落下による故障のトラブルを予防したい場合に便利。耳あなタイプに比べてサイズが大きく目立ちやすいものの、最近では小型化が進んでいます。

また、耳あなタイプと同じく、流通量が多いのもポイント。複数のラインナップから好みに合うモデルを選びやすい点もおすすめです。

耳を塞がずに使用できる骨伝導タイプ

By: rakuten.co.jp

「骨伝導タイプ」の集音器は、耳の穴に入れずに使用できるのが特徴。骨に振動を与えることで内耳に直接振動を伝えて音を届ける構造です。

耳あなタイプや耳掛けタイプのように耳穴に差し込む必要がなく、使用時にかかる負担を軽減できるのが魅力。快適に使用できるのがメリットです。ただし、しっかりとフィットしていない場合には、耳の裏にあたって痛みや不快感を覚える場合があるので注意しましょう。

また、骨伝導タイプは、内耳や神経の異常によって耳が聴こえにくい場合には効果が期待できません。感音性難聴や混合性難聴に対して有効でない点は留意しておきましょう。

コスパがよく操作しやすいポケットタイプ

By: amazon.co.jp

「ポケットタイプ」の集音器は、小型ラジオのような形状の本体にイヤホンを接続して使用するのが特徴。本体を直接見ながら操作でき、扱いやすい点が魅力です。

ただし、耳あなタイプや耳掛けタイプに比べて大型な点には注意が必要。携帯する際は、本体をポケットなどに収納しておく必要があります。また、本体とイヤホン部分をつなぐケーブルがあるので、使用時には引っ掛けてしまわないように注意しましょう。

ポケットタイプにはリーズナブルな製品が存在するので、コスパを重視する場合にもおすすめです。

電池の種類を選ぼう

電源を確保できないときでも使える電池式

By: otomoa.com

電池式は名称通り、電池からの給電で稼働するタイプ。集音器に使われる電池は小型のモノが多く、交換時に細かい作業が必要なので注意しましょう。

ただし、電池式は充電の手間がかからないうえ、電池が切れた際も交換するだけで継続して利用できます。充電忘れで外出時に使用できなくなってしまうトラブルが心配な場合にもおすすめです。

電池交換の手間を省ける充電式

By: kenko-tokina.co.jp

「充電式」の集音器は、本体に内蔵されているバッテリーを充電して使用するタイプ。就寝時に充電器にセットしておけば、翌朝に手間なく使えるのが魅力です。

電池交換の手間がかからず、電池購入にかかるコストも削減が可能。電池交換の細かい作業が苦手な場合はもちろん、集音器を毎日使用して電池の消耗が激しい場合にも適しています。

デジタル式かアナログ式か聴こえ方を選ぼう

By: otomoa.com

集音器の音声信号処理方法には、「デジタル式」と「アナログ式」の2種類が存在します。アナログ式は、音声信号を電気信号に変換して増幅させるのが特徴。デジタル式は、音声信号をサンプリングし、デジタル信号に変換して処理します。

デジタル式は、アナログ式に比べて雑音の影響を受けにくいのが魅力。クリアな音声を再生できるのがメリットです。集音器では多くがデジタル式を採用しています。

スマホ対応ならより細かな調整が可能

By: oliveunion.com

集音器には、スマホと接続して使用できるモデルも存在します。集音器と連携するアプリをスマホにインストールして利用するのが特徴。音量の調節や周波数の設定などをスマホのアプリからコントロールできるのが魅力です。

集音器本体で操作を行う場合に比べ、スマホの画面は大きく見やすいのがポイント。集音器の操作や設定に自信がない場合にもおすすめです。

集音器のおすすめランキング

第1位 ニコン(Nikon) クリップ・ミニパワー NHE-01P

 ニコン(Nikon) クリップ・ミニパワー NHE-01P

片耳だけで使用するクリップタイプの集音器です。本体部分にクリップを備えているのが特徴。衣類やポケット、帽子のつばなどに簡単に取り付けできるのが魅力です。本体の重量は、約4gと軽め。携帯しやすい点もおすすめです。

ボリュームの調節や電源のON・OFFは、本体のコントローラーで簡単に操作が可能。ダイヤルとスイッチを備えており、直感的にコントロールできる点もメリットです。

また、ケーブル部分にマイクを搭載しているのもポイント。衣擦れによる雑音が混ざるのを防止できる点も便利です。イヤホンにはカナルタイプを採用。耳に差し込んでしっかりと装着でき、フィット感に優れている点もおすすめの集音器です。

電源方式は電池式を採用。PR-41という電池を使用し、約100時間連続で使用できます。

第2位 ソニー(SONY) 首かけ集音器 SMR-10

ソニー(SONY) 首かけ集音器 SMR-10

「オートシーンセレクト」機能を搭載している集音器です。周囲の音を解析し、騒音の特性に合わせて聴こえ方を調整できるのが特徴。静かな場所では人の声が自然に聴こえ、雑音がある場所では不快感を和らげられます。

また、「マイボイスキャンセリング」機能を備えているのもポイント。話す際には音量が抑えられるので、スムーズに会話できます。さらに、ピーピーというハウリングを抑制する機能を備えているのもメリット。電話での通話も快適に行えます。

聴こえ方は、3ステップで簡単に設定が可能。本体のスイッチを「調整」に切り替え、充電台カバーを開けて調整ボタンを押したら音声案内に合わせて操作するだけで設定が完了します。本製品はテレビ用のスピーカーとしても使用が可能。テレビの音を耳元で再生できる点もおすすめの集音器です。

第3位 Olive Union オリーブスマートイヤー

Olive Union オリーブスマートイヤー

スマホとの連携機能を搭載している集音器です。ユーザーの聴力に合わせて、スマホからの簡単な操作で集音器を設定できるのが特徴。設定後は、好みに合わせた聴こえ方で使用できます。

また、TVモードや会話モードなどが利用できるのもポイント。シーンに合わせてより快適な聴こえ方に切り替えられる点もメリットです。さらに、スマホと接続して音楽が再生できるのも長所。集音器としてだけでなく、ワイヤレスイヤホンとして使える点もおすすめです。

第4位 Olive Union オリーブスマートイヤープラス

Olive Union オリーブスマートイヤープラス

専用アプリから音量や音域が調節できる集音器です。スマホと連携して使用できるのが特徴。3種類のモード設定や、10段階の音量調節が可能です。

また、集音性に優れているのもポイント。Olive Union独自の音声アルゴリズムや高性能音声認識エンジンで人の声をしっかりと認識し、自然な聴こえ方を実現しています。さらに、ハウリング抑制機能を備えているのも本製品の特徴。不快感なく会話できる点も魅力的な製品です。

電源方式には充電式を採用。連続で9時間以上使用できる点もメリットです。本製品は、生活防水にも対応。天候が悪い日の外出でも安心して使える点もおすすめの集音器です。

第5位 ショップジャパン 楽ちんヒアリング RAH-SSAM

ショップジャパン 楽ちんヒアリング RAH-SSAM

最大で約30倍の音を増幅できる耳かけタイプの集音器です。話し声やテレビの音声を大きくし、聴き取りやすくできるのが特徴。コミュニケーションをスムーズに行いたい場合はもちろん、テレビの音量を下げたい場合にも便利です。

電源方式は充電式を採用。1回の充電で長時間使えるので、外出中に充電が切れるトラブルを防止したい場合にも適しています。また、電池交換の手間がかからず、ランニングコストも節約可能です。

本体の重量は5gと軽め。付け心地が軽いうえに、耳に引っ掛けてしっかりと固定できる点もおすすめの集音器です。シリコン製のイヤーピースは3サイズが付属。フィット感を調節できる設計です。

第6位 メガネ本舗 ワイヤレスイヤホン機能付き集音器 みみサポ mmsp_st

メガネ本舗 ワイヤレスイヤホン機能付き集音器 みみサポ  mmsp_st

完全ワイヤレスイヤホンのような形状を採用している耳あなタイプの集音器です。独自の高域音声トラッキング技術を採用しているのが特徴。聴き取りにくい高音域の輪郭をクリアにできるのが魅力です。また、聴こえにくさに合わせて、音量は8段階で調節できます。

雑音抑制機能やハウリング防止機能を備えているのもポイント。ノイズやピーピーというハウリングの音が抑制されるので、快適に使用できます。さらに、Bluetooth通信に対応しているのも長所。ワイヤレスイヤホンとして、音楽を聴く際にも利用できます。

本体の重量は4gと軽め。耳に装着した際の負荷を軽減できる設計です。イヤホンと充電ケースを併用すれば、連続で10時間の使用が可能。1日中集音器を使用したい場合にも適しています。

イヤホン本体には防汚塗装仕上げを採用。汚れが付着しにくいだけでなく、手入れがしやすい点もおすすめの集音器です。

第7位 アネックス 高感度集音器 効聴 KR-77

アネックス 高感度集音器 効聴 KR-77

コンパクトなデザインが採用されている、ポケットタイプの集音器です。本体サイズは、長さ115×幅28×厚み15.5mm。重量は約30gと軽く、携帯しやすい点も便利です。給電には単4乾電池を1本使用。小型の電池ではないので、交換しやすい点も魅力です。

また、小さな声までしっかりとキャッチし、会話をサポートできるのも特徴。周波数を選別する機能も搭載されており、周囲の雑音をカットして聴き取りたい音のみをピックアップできます。

さらに、左右の音量バランスが調節できるのもポイント。左右の耳で聴力に差がある場合でも利用がしやすい集音器です。集音用のマイクは本体外側に搭載。ポケットに入れた際に不快な雑音の発生を防止できる点もおすすめです。本製品はポケットタイプのなかでもリーズナブルな製品。コスパにも優れています。

第8位 沐光 集音器 VHP-1301

沐光 集音器 VHP-1301

本体に付いているボタンでモードの切り替えができる集音器です。シーンに合わせてモードを選択し、聴き取りやすさを調節できるのが特徴。ボタン上のダイヤルを回すだけで、ボリュームが調節できる点も便利です。

本製品の重量は6gと軽量。装着時の負荷が軽いだけでなく、耳に引っ掛けてしっかりと固定できる点も魅力です。耳から外れて落下してしまうトラブルを防止したい場合にも適しています。

電源方式は充電式を採用。約2時間でフル充電でき、約40時間使用できる設計です。頻繁に充電する手間を省きたい場合にもおすすめ。4サイズの耳栓が付属しており、耳の穴の大きさに合わせてフィット感を調節できる点も魅力的な集音器です。

第9位 JTT USB充電式 集音器 福耳 新 彩音 USBFUKUMISAI

JTT USB充電式 集音器 福耳 新 彩音 USBFUKUMISAI

バランスド・アーマチュア型の高性能スピーカーユニットを搭載している集音器です。ダイナミック型を採用したモデルに比べて、雑音を抑えたクリアな音声を実現しているのが特徴。中音域が聴き取りやすい集音器です。

また、左右の集音器がセットになっているのもポイント。片耳で聴く場合より音声のバランスがよく、小さな音量でも聴き取りやすいのがメリットです。

本体の重量は、片耳で4gと軽量。付け心地が軽く、長時間使用する場合でも快適です。集音器の筐体には滑りにくいマット加工を採用。角度が付いた形状と合わせて、高いフィット感が得られる点もおすすめです。

本製品は耳に取り付けたまま操作が可能。ボタン1つで、電源のON・OFFや6段階の音量調節機能がコントロールできます。

第10位 JTT USB充電式 骨伝導 集音器 福耳骨伝 響 PREMIUM USBFUKUMIKOH

JTT USB充電式 骨伝導 集音器 福耳骨伝 響 PREMIUM USBFUKUMIKOH

耳を塞がず使用できる骨伝導タイプの集音器です。鼓膜ではなく、骨に振動を加えて音声を伝えるのが特徴。開放感があるだけでなく、大きな音で鼓膜を痛める心配がない点もメリットです。

また、耳障りな生活音を効果的にカットできるのもポイント。クリアな音声を求める場合にも適しています。さらに、人の声が発する周波数帯を中心にキャッチする設計を採用しているのも魅力。会話をスムーズに行いたい場合にもおすすめです。

電源方式は充電式を採用。約1時間でスピーディに充電できます。高感度マイクは360°どこからでも音を捉えることが可能。風防カバーも付属しており、風切り音も抑えられます。

第11位 ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) 首かけ式集音器 KHB-102

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) 首かけ式集音器 KHB-102

スタイリッシュなデザインを採用している集音器。ワイヤレスイヤホンのような外観を有しているのが特徴です。

また、首に掛けて使用できるのもポイント。ウォーキングやランニングの際に使う集音器としても適しています。電源方式には充電式を採用。電池交換の手間がなく、経済的に使用できる点もメリットです。

音量は10段階で調節が可能。左右に配置された大きめのボタンで直感的にボリュームを設定できます。さらに、ノイズキャンセリング機能が搭載されているのもポイント。雑音を軽減し、会話を聴き取りやすくできる点もおすすめです。

第12位 OTOMOA 耳あな型デジタル集音器 VR-L50

OTOMOA 耳あな型デジタル集音器 VR-L50

コンパクトで、耳穴にすっぽりと装着できる集音器です。装着時に目立ちにくいだけでなく、付け心地が軽い点も魅力。小さな音を最大で80倍まで大きくできる高性能な製品です。

また、マスクやメガネと干渉しにくいのもポイント。長時間でも快適に使用できる設計です。さらに、デジタル技術でハウリングや雑音が低減できる点もメリット。人の声をクリアに聴き取れる点も長所です。

電源方式は電池式を採用。小型のPR41電池を使用し、約165時間使用できる点もおすすめです。

第13位 Medicy 耳かけタイプの集音器 集音姫 HA-1

Medicy 耳かけタイプの集音器 集音姫 HA-1

比較的リーズナブルな価格で購入できるコスパに優れた集音器です。耳掛け式の製品なので、しっかりと固定が可能。落下による故障などのトラブルを防止したい場合に便利です。

本製品の音声信号処理方法はデジタル式を採用。アナログ式に比べてクリアな音声が再生できる点も長所です。

また、3サイズのイヤープラグが付属しているのもポイント。耳の穴へのフィット感を調節できる点もおすすめの集音器です。

第14位 Mimitakara アナログ 耳かけ型 6E7

Mimitakara アナログ 耳かけ型 6E7

手頃な価格で購入できるアナログ式の集音器です。操作が比較的簡単にできるため、初めて集音器を購入する場合にも適しています。また、左右兼用可能のスタイリッシュなデザインを採用しているのもポイント。耳掛けタイプなので、耳にしっかりと固定できます。

6段階で音量調節ができる仕様。本体に付いているダイヤルを回すだけで、聴こえにくさやシーンに合わせて音量が設定できます。

さらに、出力制限機能を搭載しているのもメリット。突発的に響く衝撃音などを抑えられます。電源方式は電池式を採用。最長で約96時間電池交換なしで使用できます。

第15位 シマダ製作所 みみ太郎 SX-009

シマダ製作所 みみ太郎 SX-009

家族や友達との会話はもちろん、テレビの音声やコンサートでのサウンドをしっかりと聴き取りたい場合にも便利な集音器です。本体に搭載されている左右のマイクが、人間の耳に近い間隔で配置されているのが特徴。自然な近い音が聴き取れる設計です。

また、大きめで操作しやすいつまみを備えているのもポイント。細かい作業が苦手な場合にも便利です。電源方式は充電式を採用。12時間でフル充電でき、約120時間使用できる設計です。頻繁に充電する手間を省きたい場合にも適しています。

耳に装着するイヤホンは、カナル型を採用。イヤーチップは小・中・大の3サイズが付属しており、フィット感が調節できます。本体は大型で価格も高めですが、ナチュラルな聴こえ方を求めている場合にもおすすめの集音器です。

集音器の売れ筋ランキングをチェック

集音器のランキングをチェックしたい方はこちら。