「集音器」は、聴力を補いたいときに役立つアイテム。モデルによっては、音量や聞こえ方などを調節できるのが魅力です。しかし、集音器は耳穴タイプや耳かけタイプなど、さまざまなモデルが展開されているため、どれを選べばよいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はおすすめの集音器をご紹介します。補聴器との違いや選ぶ際のポイントなどについても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

集音器とは?

集音器は、内部に搭載されたマイクが集めた音を大きくして、耳に届ける機器のこと。人の声や雑音を問わず、マイクが拾った音が大きくなって聞こえてくるのが特徴です。

形状はイヤホンや補聴器などと似ており、耳に装着して使用するアイテム。雑音や既に聞こえている音まで大きくなってしまうなどの注意点はあるものの、音の聞こえにくさを緩和し、気軽に使用できるのもメリットです。

日常生活で聞こえにくさを感じている方は、ぜひチェックしてみてください。

集音器と補聴器の違い

By: kenko-tokina.co.jp

集音器と補聴器は形状・用途ともに似ているものの、明確な違いがあります。集音器は家電量販店やECサイトで購入できる「音響機器」であるのに対して、補聴器は「管理医療機器」です。

補聴器は、厚生労働省の認可を受けている専門店などで発売されているため、手軽に購入できないのがポイント。また、購入には医師の診断が必要で、聴力の測定やフィッティングを経てオーダーメイドで作られます。

機能面では、集音器は音を大きくするのに対して、補聴器は各個人の症状に合わせて細かく調節されているのが特徴。補聴器は、集音器よりも購入まで時間がかかり、価格も高価になります。

集音器の選び方

タイプで選ぶ

耳穴タイプ

By: amazon.co.jp

耳穴タイプは、耳の穴に入れて装着するタイプの集音器です。カナル型のイヤホンと似た形状をしており、軽量かつコンパクト。マスクや眼鏡をしたままでも邪魔になりにくく、使用しないときはケースに入れて気軽に持ち運べます。

本体がコンパクトなので、装着した状態でも目立ちにくいのがメリット。ファッション性を重視する方におすすめです。

耳かけタイプ

By: asahi-electro-chemical.com

耳かけタイプは、本体に搭載されているフックを耳の外側にかけて装着する集音器。耳穴タイプよりも本体が大きく、フックとなる部分にボタン類を搭載しているのが特徴です。

音量調節などの操作がしやすく、初めて集音器を購入する方にもおすすめ。操作性を重視する方は、ぜひチェックしてみてください。なお、メガネを装着する場合は、集音器が邪魔になりやすい点を留意しておきましょう。

骨伝導タイプ

By: amazon.co.jp

骨伝導タイプは、耳の穴や鼓膜ではなく、頭蓋骨を振動させて音を届ける集音器。耳を塞がずに使用できるのが特徴です。左右を繋ぐバンドを首の後ろから回し、音の鳴る部分をこめかみあたりに乗せて装着します。

一般的な集音器やイヤホンとは違い、鼓膜への負担を軽減できるのもポイントです。また、耳を圧迫しにくいため、長時間快適に装着しやすいのもメリット。装着感を重視する方におすすめです。

ポケットタイプ

ポケットタイプは、イヤホン部分と箱型の操作部分がケーブルで繋がっているのが特徴。操作部分はポータブルラジオや音楽プレイヤーのような形状で、ベルトに固定したり、ポケットに入れたりして持ち運べます。

操作部分のスペースが広く、ボタン類のサイズが大きいので、音量調節などの操作がしやすいのがメリット。また、紛失のリスクが低いため、安心して持ち運べます。

ほかのタイプよりも比較的リーズナブルなモデルが多いのも魅力のひとつ。コストパフォーマンスを重視する方におすすめです。

電源の種類で選ぶ

電池式

集音器の電源の種類は、電池式と充電式の2種類あります。電池式には、乾電池やボタン電池などを使用。電池式の集音器は、コンセントやパソコンなどの電源が確保できない環境でも、電池を用意できれば利用できるのがメリットです。

また、停電や地震などの災害が発生した際も安心。電池式の集音器を購入する際は、入手しやすい電池を採用したモデルがおすすめです。加えて、どのタイプの電池が必要なのかもしっかりと確認しておきましょう。

充電式

By: amazon.co.jp

充電式の集音器は、本体にバッテリーを内蔵しています。USBケーブルを使用するモノや専用の充電器が必要なモノなど、充電方法はモデルによってさまざま。電池を交換したり、購入したりする手間を省きたい方におすすめです。

また、使用していないときや寝ている間に充電しておけるので便利。本体は電池式よりも軽量コンパクトなモデルが多く、携帯性に優れているのも魅力です。

ただし、充電がなくなると使用できない点に注意が必要。モバイルバッテリーなどを用意しておくと安心です。

アナログ式とデジタル式の違い

集音器には、デジタル式とアナログ式があります。デジタル式は、マイクが拾った音をデジタル信号に変換し数値化。音の加工をしやすいのが特徴です。また、周囲の音に合わせて自動で聞こえ方を調節したり、好みの聞こえ方に調節したりできます。

アナログ式は、マイクが拾った音をアナログ信号のまま増幅して出力。デジタル式よりもパワフルな音を再生できるのが魅力です。ただし、ハウリングを起こしたり、雑音がそのまま聞こえてきたりする場合がある点は留意しておきましょう。

スマホと連携できるモノも

By: oliveunion.com

集音器のなかには、スマホと連携できるモデルもラインナップされています。専用のアプリなどが用意されており、音量や聞こえ方などを細かく調節できるのがメリットです。

スマホアプリからバッテリー残量の確認などができるモデルなら、充電がなくなる前に給電できるのが魅力。また、スマホとのBluetooth接続に対応しているモデルであれば、ワイヤレスイヤホンのような使い方もできます。

集音器のおすすめモデル

第1位 ソニー(SONY) 首かけ集音器 SMR-10


ファッションにも合わせやすいシンプルなデザイン

独自の音声技術を採用した首かけタイプの集音器です。聞きたい音を大きくしたいときにおすすめ。相手の声が聞きやすく、スムーズに会話を行えます。また、シンプルなデザインのため、さまざまなファッションに合わせやすいのもメリットです。

テレビのスピーカーとしても使用可能。家事をしながらテレビの音を聞きたいときや、自分だけテレビの音を大きくしたいときなど、さまざまな用途で活用できます。聞き取りやすさに合わせてボリュームを調節できるのもポイントです。

1回の充電で最大約24時間の連続使用ができるのも魅力。なお、充電台にセッティングするだけなので、充電の手間もほとんどかかりません。機能性と見た目を重視する方におすすめの集音器です。

第2位 オリーブ Olive Smart Ear Plus


防水性能を採用し屋外でもアクティブに使用できる

独自の音声アルゴリズムと音声認識エンジンを搭載した耳穴タイプの集音器です。聞きたい音を大きくクリアに届けるのが特徴。自分の声が大きくなるのを防げるため、コミュニケーションを円滑に行えます。

専用アプリをインストールすると、集音器とスマホの連携が可能。スマホからボリュームをコントロールしたり、シーンに合わせて音質を切り替えたり、さまざまな機能を活用できます。

1回の充電で最大約7時間の連続再生できるのもメリット。充電ケースに収納することで、すばやくバッテリーを確保できます。また、IPX4相当の防水性能を採用しているため、汗や雨の影響を受けにくく、屋外でアクティブに使用できるのもおすすめポイントです。

第3位 旭電機化成 充電式 耳かけ集音器 AKA-201


連続使用ができて外出の多い方にもぴったり

小さい音まで聞き取りやすい耳かけタイプの集音器です。安定感に優れており、集音器を装着しながら散歩したり出かけたりできるのが特徴。集会や講演会など、さまざまなシチュエーションで使用できます。

イヤホンキャップのサイズは、S・M・Lの3種類を用意。耳の大きさに合わせてイヤホンキャップを付け替えられます。また、集音器は両耳どちらにも対応しています。

充電式の乾電池を採用しており、1回の充電で最大約35時間の連続使用が可能。さらに、電源スイッチを搭載しているので、使わないときは電源を切ってバッテリーの消費を軽減できます。外出する頻度が多い方におすすめの集音器です。

第4位 沐光 集音器 VHP1700


使いやすさと機能性を兼ね備えた左右両耳対応の集音器です。やわらかく、フィット感に優れたシリコン製の耳栓を採用。また、耳栓は4種類の形状を用意しているので、着け心地に合わせて選択できます。

ワイドモード・通常モード・低周波モード・高周波モードを搭載。商業施設や講演会など人が多くいる環境で使用するときは「高周波モード」、屋外で使用するときは「ワイドモード」など、用途に合わせて使い分けられます。

1回の充電で最大約40時間の連続使用ができるのもメリット。さらに、本体はコンパクトサイズかつ軽量モデルのため、耳にかかる負担を軽減できます。装着感を重視する方におすすめです。

第5位 シマダ製作所 みみ太郎 SX-09


自宅や施設での使用に適した設置型の集音器です。人間の耳に寄せたシリコン製の「人工耳介」を内蔵しているので、自然で聞き取りやすい音を実現。加えて、本体上部には大きなボリュームダイヤルを搭載しており、ツマミを回すだけで簡単にボリュームをコントロールできます。

イヤーチップにやわらかい素材を採用しているため、耳の穴にフィットしやすく、長時間でも快適な装着しやすいのもメリット。さらに、1回の充電で最大約120時間の連続使用を行えるため、頻繁に充電する手間が省けるのもおすすめポイントです。

第6位 JTT Online USB充電式 骨伝導集音器 福耳骨伝 響 USBFUKUMIKOH


集音機能に特化した骨伝導タイプの集音器です。周囲の音を増幅して集音する全指向性コンデンサーマイクを採用しており、360°の集音を実現。集音範囲は約5mなので、小さい音まで聞き取れます。

全指向性コンデンサーマイクに、風防カバーを搭載しているのもポイント。周囲のノイズや風切り音を低減できます。また、ケーブルの長さは約480mmのため、胸元までケーブルが届きやすいのも特徴です。

1回の充電で最大約6時間の連続使用ができるのもメリット。バッテリーを確保しにくい環境でもアクティブに活用できます。さらに、本体はコンパクトサイズかつ軽量モデルのため、持ち運びやすいモノを求めている方にもおすすめです。

第7位 エルパ(ELPA) イヤホンマイク式集音器 イヤリス AS-P001


小型かつ軽量なポケットタイプの集音器です。重量は約34gなので、持ち運びやすいのが特徴。また、薄さは約14mmのため、ポケットに入れてもかさばりにくいのがポイントです。

10段階の音量調節に対応しており、聞き取りやすさに合わせて気軽に音量を変えられるのもメリット。さらに、Nモード・Mモード・Wモードの周波数特性を備えているので、シチュエーションに合わせて切り替えられるのも魅力です。

イヤホンマイクの種類は、一体型と分離型の2種類を用意。どちらも片耳仕様のため、圧迫感が少なく、着け心地も良好です。

第8位 山善(YAMAZEN) とても聞き取りやすい集音機 YSF-300


遠くの音までクリアに聞こえるデジタルステレオタイプの集音器です。デジタル処理のはたらきでノイズを低減するため、クリアな音質を実現します。また、マイク一体型イヤホンを採用しており、自然なサウンドを提供するのもポイントです。

コントローラーのつまみを回すだけで、音量と音域調節が可能。直感的に把握しやすい目盛りを記載しているため、簡単に使いこなせます。

室内と室外スイッチを搭載。周辺環境に合わせて聞き取りやすさを切り替えられます。操作性のよい集音器を探している方におすすめです。

第9位 ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) イヤホン型集音器 KHB-103


ワイヤレスイヤホンのデザインをモチーフにした耳穴タイプの集音器です。イヤホンで音楽を聴いているような印象を与えるため、さまざまなファッションにも合わせやすいのが特徴。見た目を重視する方におすすめです。

6段階の音量調節機能を搭載しており、聞き取りやすさに合わせて音量を切り替えられるのもメリット。また、操作部は電源と音量調節ボタンだけなので、操作性に優れているのもポイントです。

第10位 Medicy 集音姫 HA-RC2


ハウリングを低減してクリアな音を届ける耳かけタイプの集音器です。独自の音響効果のはたらきにより、日常会話を聞き取りやすいのが特徴。円滑なコミュニケーションをサポートします。

約9gの軽量化を実現。耳の負担を軽減するため、快適な着け心地を実感できます。また、1回の充電で最大約40時間分のバッテリーを確保できるので、屋外でアクティブに使用したい方におすすめです。

第11位 ヤザワコーポレーション 集音器 左右調整式 SLV11


本体重量19gと軽量なアナログ式の集音器です。電池タイプのため、電源を確保しにくい場所で使用できるのが特徴。さらに、クリップを備えているため、胸元などに取り付けられるのもメリットです。

電池時間は約6時間を実現しているのも嬉しいポイント。また、比較的リーズナブルな価格で購入しやすいので、コスパを重視する方にもおすすめです。

集音器の売れ筋ランキングをチェック

集音器のランキングをチェックしたい方はこちら。