食事を作るたびに出る生ゴミ。シンクに放置したままにしておくとコバエが発生することもあり、気温の高い夏場になると生ゴミが臭うだけでなく腐敗も気になるところです。

生ゴミ処理におすすめなのが、家庭用の生ゴミ処理機。ニオイや腐敗の対策ができるだけでなく、ゴミの量も減らせる優れモノです。最近では、コンパクトタイプや堆肥を作れるモデルが人気。今回は、おすすめの家庭用生ゴミ処理機と選び方をご紹介します。

生ゴミ処理機とは?

By: amazon.co.jp

生ゴミ処理機は、生ゴミに人工的に熱を当てて乾燥させたり、微生物によって生ゴミを分解したりする機械です。生ゴミには多量の水分が含まれているため、雑菌が繁殖したり腐敗したりしやすく、放置しておくと、ニオイや虫などのトラブルの原因になることもあり得ます。

生ゴミ処理機を使えば、手軽に生ゴミを処理できるのがポイント。処理後のゴミは小さく軽量になるため、ゴミ出しも簡単です。脱臭フィルターが施されているなど、処理中のニオイを対策できるモノも多数展開されているので、気になる方はチェックしてみてください。

生ゴミ処理機の魅力

生ごみを肥料として活用できる

生ゴミ処理機で処理したゴミは、有機質肥料として家庭菜園やガーデニングに活用可能です。生ゴミを肥料として再利用すれば、家庭から出るゴミを減らせます。

処理後の生ゴミをスピーディーに肥料にできるタイプもあり、効率よくガーデニングなどを楽しみたい方にもおすすめです。

自治体によっては購入時に助成金が出る場合も

By: ecocleanjp.com

家庭から排出される生ゴミの削減を促進する観点から、生ゴミ処理機の購入に対して自治体から助成金が交付される場合があります。助成金の金額や、申請の期限などは自治体によってさまざまです。

また、申請する自治体内で使用することや、継続して使用することなど、助成金を受けられる条件も自治体によって異なるので、ホームページなどであらかじめ確認しておきましょう。

生ゴミ処理機の選び方

生ゴミ処理機を設置する場所とサイズをチェック

屋内に置く場合

By: rakuten.co.jp

生ゴミ処理機をゴミ箱や三角コーナー代わりに室内に置いたり、カウンターに設置したりする場合には、コンパクトなモノを選ぶのがおすすめです。また、室内で使用するには、ニオイ対策も重要。稼働音が気になる方は、静音性に優れたモデルやタイマー設定のできるモノを選ぶようにしてみてください。

屋外に置く場合

By: amazon.co.jp

生ゴミ処理機には、庭やベランダに設置できるモノもあります。生ゴミ処理機を屋外で使う場合、屋内で使う場合に比べて、サイズや稼働音、ニオイ対策を気にしなくてよいのがメリットです。

一方、屋外に設置する際は、雨風にさらされない場所へ置くようにしてみてください。雨風をしのげる場所の方が、容器のサビや劣化を防げます。また、電源コードが必要なモデルの場合は、コードが届くかを確認しておくのもポイントです。

生ゴミ処理機の種類で選ぶ

バイオ式

By: ecocleanjp.com

バイオ式の生ゴミ処理機は、微生物の力を利用して生ゴミを水と炭酸ガスに分解します。生ゴミの堆肥化が早く、1ヶ月ほど寝かせると野菜や花を栽培する際の堆肥として使えるモノもあるので、家庭菜園や園芸を楽しんでいる方におすすめ。また、バイオ式は音が静かで、夜間の使用や近所への配慮ができる点もメリットです。

ただし、バイオ式は屋外設置用のモノが多く、キッチンから屋外に生ゴミを捨てに行く手間がかかります。また、大量の生ゴミを処理できる大型のモノを設置する場合は、ニオイ対策も考慮して、ある程度のスペースが必要。大型モデルの価格は10万円以上することもあるので、生ゴミを堆肥として利用したい方におすすめです。

乾燥式

By: amazon.co.jp

生ゴミに熱を加えて水分を飛ばし、カラカラに乾燥させるのが乾燥式の生ゴミ処理機です。一般的に家庭用として売られている生ゴミ処理機は、乾燥式のモノが中心。キッチンなど屋内に置けるコンパクトな製品が多いのが特徴です。乾燥式は価格も比較的安く、一般家庭でも気軽に取り入れられます。

ただし、密閉度の高いモノを選ばないと、ニオイが漏れ出てくる恐れがあるので要注意。また、処理後すぐに生ゴミを取り出して容器を洗わなければならないモノもあります。そのほか、動作音がバイオ式に比べると大きく、生ゴミの処理に6時間以上かかるモノもあるので、留意しておきましょう。

ハイブリッド式

By: amazon.co.jp

ハイブリッド式は、バイオ式と乾燥式の長所を併せ持ったタイプです。生ゴミを乾燥させた後、微生物により分解処理を行うため、音は小さめ。さらに、優れた脱臭装置を備えているモノが多く、室内置きでも快適に利用できます。

処理が終わるたびに中身を確認したり、容器を洗ったりする必要がなく手間もかかりません。ただし、ハイブリッド式は比較的サイズが大きく、価格も高い傾向があるので、設置スペースと予算を考慮して選ぶ必要があります。

電気代で選ぶ

乾燥式などの電気を使用するタイプの生ゴミ処理機は、月に1,000円近い電気代がかかるモノもあります。そのため、生ゴミ処理機を選ぶ際には機能だけでなく消費電力もチェックしましょう。電気代を節約したい方は、できるだけ消費電力の低いモデルを選ぶのがおすすめです。

お手入れのしやすさをチェック

By: amazon.co.jp

生ゴミ処理機を選ぶ際には、お手入れの手間もチェックしましょう。乾燥式の生ゴミ処理機は、処理物を捨てた後に汚れを確認してお手入れをするのが一般的。なかには、ニオイなどを考慮して、こまめに水洗いすることを推奨している製品もあります。

バイオ式の場合は、数ヶ月~数年ごとにバイオの基材を入れ替えるなどのお手入れが必要です。また、手動の生ごみ処理機は、毎日かき混ぜを行わなくてはなりません。

お手入れの手間を省きたいと考えている方は、環境に合わせて清潔さを保ちやすい生ゴミ処理機を選んでみてください。

生ゴミ処理機のおすすめ

パナソニック(Panasonic) 家庭用生ゴミ処理機 MS-N53

温風乾燥式の家庭用生ゴミ処理機。大きめのゴミ箱と同じくらいのサイズで、キッチンの片隅に設置しやすい作りが特徴です。ワンプッシュで開くため、ふたに触れずに生ゴミを処理できます。衛生的に使いやすいほか、忙しいときにも手軽に使えるのが魅力です。

運転モードは、生ゴミ処理が手早くできる「標準モード」と、肥料作りに適した「ソフト乾燥モード」の2種類。標準モード時には、4人家族1日分の生ゴミの量といわれている約700gを、約2時間15分で乾燥させて100g程度に減量できます。

また、メーカー独自の「プラチナパラジウム触媒」によりしっかり脱臭しやすいのもポイント。ゴミ箱感覚で生ゴミ処理機を使いたい方は、ぜひチェックしてみてください。

パナソニック(Panasonic) 家庭用生ゴミ処理機 MS-N53XD

運転予約タイマーが搭載された家庭用生ゴミ処理機。3時間後と6時間後の2段階で運転を予約でき、深夜電力を利用したい場合などに適しています。

生ゴミの処理は、約130℃の温風で乾燥させるのが特徴。メーカー独自のスパイラル方式「プラチナパラジウム触媒」により、しっかり脱臭しやすいのもメリットです。

フタは手軽なワンプッシュ式で、操作性に優れているのもポイント。1回の最大処理量は大容量ながら、ゴミ箱感覚で置けるコンパクトサイズなのも魅力です。

島産業 パリパリキュー PPC-11

清潔感のあるデザインで、キッチンに溶け込む家庭用生ゴミ処理機。コンパクト設計で、卓上にも置ける使い勝手のよさが魅力です。運転音は約36dBと静音性に優れており、小さい子供がいる家庭や、夜間に使用したい方にも適しています。

「活性炭脱臭ユニット」を搭載しており、処理中にニオイが気になりにくいのがメリット。野菜くずの処理に便利な「ソフトモード」や、乾燥しにくいモノに便利な「パリパリモード」と、処理したい生ゴミに適した運転モードを選択できるのもポイントです。

また、内容器とバスケットは洗浄可能で、脱臭フィルターも交換ができるなど、お手入れも簡単。室内用で使いやすい家庭用生ゴミ処理機を探している方におすすめのモデルです。

島産業 パリパリキューブライト PCL-31

ポップなカラーバリエーションが魅力の家庭用生ゴミ処理機。かわいいデザインで、設置場所をおしゃれに彩ります。コンパクト設計のため、一人暮らしのキッチンにもぴったりです。

活性炭を使用したメーカー独自のフィルターで、乾燥処理中の気になるニオイを対策できるのもメリット。また、運転音が約36dBと静かなので、深夜の使用でも安心です。

運転モードは、「標準モード」と「多めモード」の2種類を搭載。生ゴミの量に応じて、処理時間を調節できます。電気代の目安は標準モード1回で約18円、多めモード1回で約27円と、使い方次第で節約できるのもポイントです。

島産業 パリパリキューブ ライト アルファ PCL-33

「節電モード」を搭載した家庭用生ゴミ処理機。乾燥終了を検知して自動停止するので、電力を無駄に使わないのが魅力です。

「通常モード」では、乾燥しにくい生ゴミ約700gを約9時間で処理可能。処理物は有機物肥料として使えます。脱臭ユニットには活性炭を使用したフィルターを使用しており、処理中のニオイ対策ができるのも魅力です。

本体サイズはA4程度のコンパクト仕様で、キッチンの端や卓上で使えるのも便利なポイント。生ゴミ以外に骨や貝殻などが混ざっていても処理でき、面倒な分別も必要ありません。バスケットと内容器はつけおき洗いが可能なため、お手入れを手軽に済ませたい方にもおすすめのモデルです。

フードサイクラー(Food Cycler) Foodcycler FC-30

短時間で生ゴミを減量できる家庭用生ゴミ処理機。処理した生ゴミは肥料として活用できます。バケツ内に生ゴミを入れてスイッチを押すだけなので、難しい操作が苦手な方でも安心。専用のバケツは取り外して食洗機で洗えるため、楽にお手入れできるのもポイントです。

また、コンパクト設計で、キッチンなどにも省スペースで設置できます。おしゃれなデザインで、インテリアに馴染むのも嬉しいポイント。小型で使いやすい生ゴミ処理機を探している方におすすめのモデルです。

ナクスル(NAXLU) 室内用生ゴミ処理機

ハイブリッド式の家庭用生ゴミ処理機です。ふたを開けて生ゴミを投入すると自動で作動。処理後の生ゴミは都度取り出す必要がなく、バイオ材も定期的な交換は不要なので、手間が少ないのがメリットです。

UVランプの紫外線やセラミックボールなどにより、ニオイが気になりにくいのもポイント。処理物はすぐに肥料として利用可能なので、ガーデニングを楽しみたい方に適しています。

また、静音設計や省エネ設計も魅力。室内で静かに使いたい方や、電気代が気になる方にもおすすめです。

エコクリーン 自然にカエルS SKS-101

電気を使わない家庭用生ゴミ処理機。ハンドル操作で運転する仕様で電気代がかからないため、リーズブルな家庭用生ゴミ処理機を探している方に適しています。

使用する「エコパワーチップ」は、低温でもしっかり働くのが魅力。通常のバイオ式で発生しがちな、生ゴミのニオイ対策ができると謳われています。

チップ材は4~5ヶ月ごとに半量を交換。一度使ったチップ材は再利用可能で、経済的に使用できます。シンプルな操作で使える生ゴミ処理機を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) エココンポスト EX-101

生ゴミを効率よく堆肥にリサイクルできる家庭用生ゴミ処理機です。本体に底は付いておらず、屋外に設置して使います。

本体カラーは黒で、日光の熱を溜めやすいのが特徴。コンポスト内の温度を上げて、生ゴミをよりスピーディーに発酵させます。また、防臭剤がセットになっているため、ニオイ対策ができるのもポイントです。

大容量ながら、軽量な点も魅力。屋外に置く、扱いやすい家庭用生ゴミ処理機を探している方におすすめです。

グリーンパル(GP) EMエコペール #18

シンプルでスタンダードな家庭用生ゴミ処理機。生ゴミに発酵促進剤をふりかけ、フタをした状態で1~2週間放置し、土と混ぜ合わせて2~4週間ねかせると、発酵堆肥が完成します。

フタには指掛けフックが採用されており、簡単に開閉可能です。また、ステンレスハンドル付きで、持ち運びに便利。本体下部にはダイヤルが付いており、液肥が抜けるのも便利です。

価格が安いので、気軽に購入できるのもポイント。ガーデニング用として生ゴミ処理機を試してみたい方におすすめです。

シーイズ(Cis) ボカシオルガンコ2

美しいスタイリッシュな見た目の生ゴミ処理機。卓上用のコンパクトサイズながら、容量約9.6リットルと実用的に使えます。使い方は、生ゴミを本体に投入して発酵促進剤であるボカシを振りかけ、内蓋とカバーをして放置するだけ。1週間に2回程度抽出液を取り出し、約2週間で発酵が完了します。

発酵した生ゴミは肥料として活用可能。家庭菜園や畑、プランターで再利用できます。また、液体肥料や消臭・浄化液としても使えるため、植物の水やりや家庭用排水溝の掃除に使うのも便利です。デザイン性に優れた生ゴミ処理機を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ATTB ふた付き生ごみ処理機

耐久性のある亜鉛メッキ素材で作られている生ゴミ処理機。ハンドルが備わっており、手軽に持ち運びができます。フタには、厚い活性炭フィルターを搭載。生ゴミのニオイ対策に役立ち、虫などを寄せ付けにくいのが魅力です。

エレガントな外観なため、おしゃれに設置しやすいのがポイント。発酵させた生ゴミは堆肥などに活用でき、家庭菜園をしている方にも適しています。シンプルで使い勝手のよい生ゴミ処理機を探している方におすすめの製品です。

サンコー コンポスター130型 805039-01

害虫駆除剤が搭載されている生ゴミ処理機。パラジクロロベンゼンを主成分とした生活害虫駆除剤の「パラコンポ」が採用されており、害虫の発生を防ぎたい方におすすめです。また、発酵活性微生物によって、有機質の生ゴミを手軽に発酵分解しやすいのも特徴。生ゴミを処理しながら、汎用性の高い堆肥が作れます。

フタと本体は、二重の壁でぴったりと合うのもメリット。耐久性や耐水性に優れており、ニオイの漏れや水の侵入を防ぎます。また、屋外に設置する際に発生しやすい、動物による食べ散らかしの対策も可能です。

使い方は、30cmほどの穴に本製品を少し埋め、上部から生ゴミを投入して土をかけるだけ。難しい操作も必要ないため、生ゴミ処理機を使い慣れていない方にも適しています。しっかりとした構造の生ゴミ処理機を求めている方は、ぜひチェックしてみてください。

生ゴミ処理機のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

生ゴミ処理機のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。