食事を作るたびに出る生ゴミ。シンクに放置したままにしておくとコバエが発生することもあり、気温の高い夏場になると生ゴミが臭うだけでなく腐敗も気になるところ。

この悩みを解消できるのが家庭用の「生ゴミ処理機」。生ゴミの臭いや腐敗を抑えて処分できるだけでなく、ゴミの量を減らせる優れモノです。最近では、コンパクトタイプや堆肥を作れるモデルが人気。そこで今回は、おすすめの家庭用生ゴミ処理機と選び方をご紹介します。

生ゴミ処理機って?

By: amazon.co.jp

「生ゴミ処理機」とは、家庭で出る生ゴミなどを堆肥にしたり、乾燥させたりできる家電製品のことを指します。ゴミを堆肥にできるタイプであれば、肥料にできるので家庭菜園をしている方にもぴったり。

生ゴミ処理機は、ゴミの量を抑制できるため、購入する際に自治体から助成金を貰える場合があります。これから生ゴミ処理機を購入しようと思っている方は、一度地元の自治体に確認にしてみてください。

生ゴミ処理機の選び方

生ゴミ処理機を設置する場所で選ぶ

屋内に置く場合

By: rakuten.co.jp

小型の生ゴミ処理機は屋内に置くことが可能。キッチン下の収納スペースに入るモデルもあるので、人目につかない場所に置きたい方におすすめです。屋内に設置すれば、朝でも夜でも気にせず生ゴミを処理できます。屋内で使う場合は、高い脱臭力を持つモデルを選ばないと臭いが漏れてくることもあるため、注意が必要です。

屋外に置く場合

置き場所がなかったり臭いが気になったりする場合は、屋外に設置できる生ゴミ処理機を選びましょう。屋外用のモデルは屋内用に比べてサイズが大きく、処理できる生ゴミの量も多いのが特徴です。

ただし、多少は臭いが漏れることを考え、近隣の迷惑にならない場所に設置するのがマナー。故障の原因になるため、雨や風が当たらない場所を選んで設置することも大切です。

生ゴミ処理機の種類で選ぶ

バイオ式

By: ecocleanjp.com

バイオ式の生ゴミ処理機は、微生物の力を利用して生ゴミを水と炭酸ガスに分解します。バイオ式で処理した生ゴミは堆肥化が早く、1ヶ月ほど寝かせると野菜や花を栽培する際の堆肥として使えるので、家庭菜園や園芸を楽しんでいる方におすすめ。バイオ式は音が静かで、夜間の使用や近所への配慮ができる点もメリットです。

ただし、バイオ式は屋外設置用のモノが多く、キッチンから屋外に生ゴミを捨てに行くのが面倒に感じることもあります。また、大量の生ゴミを処理できる大型のモデルを設置する場合は、ある程度のスペースが必要。大型モデルの価格は10万円以上することもあるので、生ゴミを堆肥として利用したい方におすすめです。

乾燥式

By: amazon.co.jp

生ゴミに熱を加えて水分を飛ばし、カラカラに乾燥させるのが乾燥式の生ゴミ処理機です。一般的に家庭用として売られている生ゴミ処理機は乾燥式が中心。キッチンなど屋内に置けるコンパクトなモノが多いのが特徴。乾燥式は価格も比較的安く、一般家庭でも取り入れやすいのがメリットです。

密閉度の高いモノを選ばないと臭いが漏れ出てくる可能性があるので、慎重に選ぶ必要があります。また、モデルによっては処理後すぐに生ゴミを取り出して容器を洗わなければならないモノもあるため注意が必要。動作音はバイオ式に比べると大きいうえに、生ゴミの処理に6時間以上かかるモノが多いので、その点も考慮して選びましょう。

ハイブリッド式

By: amazon.co.jp

ハイブリッド式は、バイオ式と乾燥式の長所を併せ持ったタイプです。生ゴミを乾燥させた後、微生物により分解処理を行うため、音は小さめ。さらに、脱臭装置が優れているので臭いが気にならず、室内置きでも快適に利用できます。

処理が終わるたびに中身を確認したり、容器を洗ったりする必要がなく手間もかかりません。処理後は、有機堆肥としてすぐに活用できるのも魅力。ただし、ハイブリッド式はサイズが比較的大きく値段も高いので、設置スペースと予算を慎重に考えて選ぶ必要があります。

電気代で選ぶ

生ゴミ処理機は、月に1,000円近い電気代が必要になります。そのため、生ゴミ処理機を選ぶ際には機能だけでなく消費電力もチェックしましょう。生ゴミを処理するために電気代が上がるのは困るという方は、できるだけ消費電力の低いモデルを探すのがおすすめです。

生ゴミ処理機のおすすめ

エコクリーン(Eco Clean) 自然にカエルS SKS-101

ハンドルをクルクル回して生ゴミを撹拌し、電気を一切使わないタイプ。電気式と同レベル以上の処理能力を持ったエコ設計です。専用のバイオチップ「エコパワーチップ」は、好気性で低温でも十分な働きをするため、通常のバイオ式と比べて臭いが出にくいという特徴があります。エコパワーチップの交換目安は4~5ヶ月に一度、半量だけ取り換えるだけなのでお手軽です。

1日で三角コーナー1杯分を分解し、10分の1以下に減量できるので、毎日投入してもカサがほとんど増えません。ワンタッチで蓋が開くので、料理しながら普通のゴミ箱のように利用できて便利です。経済的でエコな生ゴミ処理機を探している方におすすめです。

サンコープラスチック 生ゴミ処理機 EMワーカー 15L ブラック

一般家庭で使いやすい15Lサイズの生ゴミ処理機。直径約31.4×高さ34.4cmで、屋外だけでなく、キッチンやベランダに置いても邪魔になりません。電気を使わないバイオ式で、専用処理剤である「EMボカシ」の購入が別途必要です。

処理後の生ゴミは液肥や堆肥としてリサイクル可能。目安は夏場で約10~15日、冬場で約15~20日と、比較的短い期間で作れます。分離液は、下部に設置の抜き取りコックをひねるだけなので簡単。液体肥料や消臭・浄化液として活用できます。使い勝手のよいバイオ式生ゴミ処理機を探している方におすすめです。

グリーンパル(GP) 生ごみ 処理 EMエコペール

18Lのやや大きめサイズで、リーズナブルな価格の屋外用生ゴミ処理機を探している方におすすめです。生ゴミと一緒に発酵促進剤であるボカシを入れれば、有機肥料ができます。下部の蛇口から出てくる液体は、液肥として花壇に、消臭・洗浄液としてトイレや排水管に利用可能。

家庭から出る生ゴミだけでなく、庭の雑草や落ち葉などの処理にも使えるため、庭掃除にも活躍します。ステンレスのハンドル付きで、持ち運びもスムーズです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) コンポスト エココンポスト IC-100 ブラック

95Lの大容量サイズで、屋外用の生ゴミ処理機を探している方におすすめです。本製品には底がないため、土に20cmほどの穴を掘ってから設置します。生ゴミの発酵を促進するための「菌床」や、堆肥化を促進する「発酵促進剤」を使用して生ゴミを堆肥にリサイクル。

本体のブラックカラーは、太陽の熱を吸収して熱を溜めやすくし、発酵スピードを促進する効果があります。1年間で3~5人分の生ゴミを処理可能。広い庭や、畑を持っている方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) 家庭用生ごみ処理機 MS-N53

温風乾燥機方式で、生ゴミの雑菌までシャットアウトできると謳われています。独自のスパイラル方式「プラチナパラジウム触媒」でしっかり脱臭するため、室内でも臭いが気になりません。乾燥モードは標準とソフトの2種類から選べ、「ソフト乾燥モード」なら、熟成期間不要で簡単に有機肥料を作れます。

処理後は生ゴミを約7分の1に減容でき、中身が入ったままでも追加で投入可能。幅26.8×奥行き36.5×高さ55cmのコンパクト設計で、キッチンやリビングにすっきり収まります。スリムでも間口が広め、指一本でオープンする蓋など、使いやすさに配慮した設計。初めて家庭用生ゴミ処理機を購入する方にもおすすめです。

島産業 家庭用屋内型生ごみ処理機 パリパリキューブ PPC-01

大手リサイクル会社が、家庭用に開発した生ゴミ処理機。温風乾燥により、生ゴミを約80%まで減量します。乾燥は、通常モード3種類と、さらにしっかり乾燥できる「パリパリモード」4種類の合計7種類から選べます。活性炭を使った脱臭フィルターが、処理中の臭いをしっかりカット。静音性にも優れているので、夜間の使用でも気になりません。

付属のバスケットを三角コーナー代わりにシンクに設置し、溜まった生ゴミをそのまま本体に移すだけの手軽さも魅力。生ゴミの分別が不要なため、硬い骨や爪楊枝などが混ざっていても、そのまま処理できます。消費電力は120Wで、電気代を抑えたい方にもおすすめの1台です。

島産業 家庭用生ごみ減量乾燥機 パリパリキューブライト PCL-31

丸いフォルムとカラフルな色使いで、生ゴミ処理機とは思えないおしゃれさが魅力です。サイズは直径21.5×高さ28.3cmで、卓上にも置けるコンパクトサイズ。温風だけで乾燥させる構造のため、運転音が36dBと非常に静かで快適に使用できます。

専用のバスケットを三角コーナー変わりにシンクに設置した後、そのまま本体を処理容器にセットできるので、手を汚す心配もありません。独自の脱臭ユニットを採用し、活性炭フィルターで臭いをしっかり抑えます。分別不要のため、爪楊枝やスプーンなどが入っていても処理可能。リーズナブルな価格で、手軽に利用したい方にもおすすめです。

フードサイクラー(Foodcycler) FC-30

カナダ発のシンプルかつスタイリッシュなデザインが魅力の生ゴミ処理機。およそ3時間で生ゴミの量を最大90%削減できるおすすめアイテムです。乾燥処理後はガーデニングの肥料として再利用もできます。

生ゴミをバケツの中に入れてスイッチを押すだけの簡単操作。ペレットや酵素、添加物などの追加投入は不要で手軽に使用できます。専用バケツは取り外して丸洗いできるのもポイント。衛生面が気になる方にも適しています。

ナクスル(NAXLU)家庭用生ごみ処理機 FD-015M

ハイブリッド式の生ゴミ処理機。強力な脱臭機能を搭載し、悪臭となる成分を99.84%カットできると謳われています。処理後も処理中も臭いが気になりません。生ゴミの入れ過ぎや、水分量の多さが気になるときは、脱臭モード・除湿モードで対処できます。

静音設計のため、深夜にリビングで使用しても動作音が気になりにくいのが魅力です。蓋を開けて生ゴミを投入すれば、自動で作動するため手間いらず。パワフルな分解力で中身がほとんど増えず、処理後に取り出す回数を大幅に軽減できます。処理後の中身は、そのまま有機堆肥として活用できるため、家庭菜園におすすめ。

ほかの生ゴミ処理機を比べて値段は高いですが、省エネ設計で電気代を節約できるので、長い目でみるとコストを削減できます。手間をかけず、室内で快適に利用したい方におすすめです。

ちくま精機 屋外設置型生ごみ処理機 クリンタシス CCM-600JPGJ

特殊粉砕技術を搭載した生ゴミ処理機です。野菜や魚、肉などの柔らかい生ゴミはもちろん、甲殻類の殻や貝殻などの硬い生ゴミも分別せずに処理できます。生ゴミの粉砕から乾燥までを自動で行うため、手間がかかりにくいのも特徴です。

本製品は13Lと大容量、かつ20分の1サイズの可燃ゴミに処理してくれるので、1ヶ月に1回程度のゴミ出しで済みます。処理後は有機肥料の素材としても利用可能です。ガーデニングや家庭菜園を趣味にしている方にもおすすめ。

ゴミの加熱処理で発生した臭いは、水滴として排出し、空気は処理槽に戻されるので、嫌な臭いの心配を軽減できます。異常発生時にはランプやブザーで知らせてくれるため、安全に使用可能です。価格は高めですが、高機能なモデルを探している方はチェックしてみてください。