食事を作る度に出る生ゴミ。シンクに放置したままにしておくとコバエが発生することもあり、気温の高い夏場になると生ゴミが臭うだけでなく腐敗も気になるところ。

この悩みを解消できるのが家庭用の「生ゴミ処理機」。生ゴミの臭いや腐敗を抑えて処分できるだけでなく、ゴミの量を減らせる優れモノです。最近では、コンパクトタイプや堆肥を作れるモデルが人気。そこで今回は、おすすめの家庭用生ゴミ処理機と選び方をご紹介します。

生ゴミ処理機って?

By: amazon.co.jp

「生ゴミ処理機」とは、家庭で出る生ゴミなどを堆肥にしたり、乾燥させたりできる家電製品のことを指します。ゴミを堆肥にできるタイプであれば、肥料にできるので家庭菜園をしている方にもぴったり。

生ごみ処理機は、ゴミの量を抑制できるため、購入する際に自治体から助成金を貰える場合があります。これから生ゴミ処理機を購入しようと思っている方は、一度地元の自治体に確認にしてみてください。

生ゴミ処理機の選び方

生ゴミ処理機を設置する場所で選ぶ

By: amazon.co.jp

屋内に置く場合

小型の生ゴミ処理機は屋内に置くことが可能。キッチン下の収納スペースに入るモデルもあるので、人目につかない場所に置きたい方におすすめです。屋内に設置すれば、朝でも夜でも気にせず生ゴミを処理できます。屋内で使う場合は、高い脱臭力を持つモデルを選ばないと臭いが漏れてくることもあるため、注意が必要です。

屋外に置く場合

置き場所が無かったり臭いが気になったりする場合は、屋外に設置できる生ゴミ処理機を選びましょう。屋外用のモデルは屋内用に比べてサイズが大きく、処理できる生ゴミの量も多いのが特徴です。

ただし、多少は臭いが漏れることを考え、近隣迷惑にならない場所に設置するのがマナー。故障の原因になるため、雨風が当たらない場所を選んで設置することも大切です。

生ゴミ処理機の種類で選ぶ

By: amazon.co.jp

バイオ式

バイオ式の生ゴミ処理機は、微生物の力を利用して生ゴミを水と炭酸ガスに分解します。バイオ式で処理した生ゴミは堆肥化が早く、1ヶ月ほど寝かせると野菜や花を栽培する際の堆肥として使えるので、家庭菜園や園芸を楽しんでいる方におすすめ。バイオ式は音が静かで、夜間の使用や近所への配慮ができる点もメリットです。

ただし、バイオ式は屋外設置用のモノが多く、キッチンから屋外に生ゴミを捨てに行くのが面倒に感じることもあります。また、大量の生ゴミを処理できる大型のモデルを設置する場合は、ある程度のスペースが必要。大型モデルの価格は10万円以上することもあるので、生ゴミを堆肥として利用したい方におすすめです。

乾燥式

生ゴミに熱を加えて水分を飛ばし、カラカラに乾燥させるのが乾燥式の生ゴミ処理機です。一般的に家庭用として売られている生ゴミ処理機は乾燥式が中心。キッチンなど屋内に置くことができる、コンパクトなモノが多いのが特徴。乾燥式は価格も比較的安く、一般家庭でも取り入れやすいのがメリットです。

密閉度の高いものを選ばないと臭いが漏れ出てくる可能性があるので、慎重に選ぶ必要があります。また、モデルによっては処理後すぐに生ゴミを取り出して容器を洗わなければならないモノもあるので注意が必要。動作音はバイオ式に比べると大きい上に、生ゴミの処理に6時間以上かかるものが多いので、その点も考慮して選びましょう。

電気代で選ぶ

生ゴミ処理機は、月に1000円近い電気代が必要になります。そのため、生ゴミ処理機を選ぶ際には機能だけでなく消費電力もチェックしましょう。生ゴミを処理するために電気代が上がるのは困るという方は、できるだけ消費電力の低いモデルを探すのがおすすめです。

生ゴミ処理機のおすすめ

エコクリーン(Eco Clean) 自然にカエルS SKS-101

エコクリーン(Eco Clean) 自然にカエルS SKS-101

専用のバイオチップ「エコパワーチップ」を手動でかき混ぜて、生ゴミを分解させる電気を使わない生ゴミ処理機です。エコパワーチップは、好気性で低温でも充分な働きをするので、通常のバイオ式と異なり生ゴミ独特のイヤな臭いが発生しづらいのが魅力。

購入時のセット内容で約4ヶ月~5ヶ月使用でき、交換用チップ材を補充して2年間使用しても、毎月のランニングコストは700円以下です。電気代も必要ないのでとても経済的。

生ゴミを分解した後のチップ材は、有機肥料として使用可能です。肥料として使用しない場合は、燃えるゴミとして捨てることができます。ワンタッチで開くフタやコンパクトなサイズ感もポイント。できるだけ経済的なバイオ式の生ゴミ処理機が欲しい方におすすめのモデルです。

スターエンジニアリング 庭用バイオ式生ごみ処理機 バイオクリーン BS-02

スターエンジニアリング 庭用バイオ式生ごみ処理機 バイオクリーン BS-02

屋外設置専用の生ゴミ処理機です。東北大学大学院工学研究科と共同開発した「アシドロコンポスト」分解方式により、生ゴミを安定した状態で分解できるので、微生物の追加や交換が長期間不要。ほとんど臭いを出さずに生ゴミを処理できるため、近隣への影響も気にせずにすみます。

1日に最大2kgの生ゴミやペットの糞尿も処理可能。バイオクリーンに入れた生ゴミの85%は分解され、15%が良質な有機肥料として残るのも魅力です。

パナソニック(Panasonic) 家庭用生ごみ処理機 MS-N53

パナソニック(Panasonic) 家庭用生ごみ処理機 MS-N53

独自のスパイラル方式「プラチナパラジウム触媒」を採用し、脱臭能力に優れているのが特徴のパナソニックの生ゴミ処理機。イヤな臭いがしにくいので、キッチンに設置しても快適に使えます。また、生ごみを温風乾燥で除菌・脱臭し、処理後は約7分の1に減容できる点も魅力。

ソフト乾燥モードを使えば肥料が簡単に作れるので、家庭菜園やガーデニングを趣味としている方にもおすすめです。見た目もシンプルで、キッチンに置いても違和感がない上に、指一本で開けられるので手を汚すことがありません。使いやすさを追求した設計になっているので、初めて家庭用生ゴミ処理機を買う方にもおすすめの1台です。

島産業 家庭用屋内型生ごみ処理機 パリパリキューブ PPC-01

島産業 家庭用屋内型生ごみ処理機 パリパリキューブ PPC-01

リサイクルに関するさまざまな機器を開発している島産業の製品。キッチンに置いてゴミ箱のように使える手軽さが魅力です。専用のバスケットに生ゴミを入れて乾燥させるので、手を汚さずに処理できます。バスケットに水切りネットをつけ、シンクに置いて三角コーナーとして使用することも可能。生ゴミがたまったらそのまま本体にセットできるので便利です。

また、生ゴミの分別が不要なのもポイント。ティーバッグや割り箸などが混ざっていても、そのまま処理できます。

さらに、静音性にも優れているので夜間の使用もできます。臭いも、脱臭フィルターでカットしてくれるため安心。操作も簡単で、処理時間を選んでボタンを押すだけで完了します。消費電力が120Wなので、できるだけ電気代をかけずに生ゴミを処理したい方にもおすすめ。シンプルかつおしゃれなデザインも魅力の製品です。

島産業 家庭用生ごみ減量乾燥機 パリパリキューブライト PCL-31

島産業 家庭用生ごみ減量乾燥機 パリパリキューブライト PCL-31

コンパクトでおしゃれなトリコロールカラーが人気の卓上型生ゴミ処理機。キッチンカウンターの上に設置することができ、毎日快適に生ゴミを処理できます。破砕刃などを使わず温風だけで乾燥させる構造なので、運転音が36dBととても静か。赤ちゃんが寝ていたり夜遅くに稼働したりする際も、安心して使えます。

脱臭ユニットには独自の技術を採用。活性炭を使ったフィルターは臭いをしっかり脱臭するので、室内に置いても臭いが気になりません。さらに、生ゴミは分別が不要な点も魅力。魚の骨・あさりの貝・爪楊枝・プラスチックのスプーンなどが混ざっていても問題なく処理できるので、分別作業の負担がありません。

三角コーナーと同様、シンクに設置した後そのまま本体を処理容器にセットできるため、手を汚す心配もありません。手頃な価格も魅力な生ゴミ処理機です。

リブラン(REBRAN) 生ゴミ処理機&乾燥機 エアドライ RBIII

リブラン(REBRAN) 生ゴミ処理機&乾燥機 エアドライ RBIII

本製品は、20Wの電球と同じエネルギーのモーターを使用し、風の力だけで生ゴミを乾燥させるので、電気代が安くすむのが魅力。1日10時間連続運転しても、電気代は1ヶ月約124円、1日当たり約4円です。

生ゴミをしっかり乾燥させて腐敗を防ぐので、屋内でも安心して使用できます。乾燥処理後の生ゴミは肥料として再利用が可能。また、ファンが小さいため、運転音が約40dbと小さくほとんど気になりません。操作もとても簡単で、本体に生ゴミを入れてスイッチを押すだけ。機械の操作が苦手な方や、高齢者の方でも簡単に使えます。

さらに、ゴミを入れる容器がシンプルな構造のため、取り外しや掃除もラク。電気代をあまりかけずに生ゴミを処理したい方におすすめの生ゴミ処理機です。

日立(HITACHI) キッチンマジック 家庭用生ゴミ処理機 ECO-V30-S

日立(HITACHI) キッチンマジック 家庭用生ゴミ処理機 ECO-V30-S シルバー

乾燥式としては大容量タイプの生ゴミ処理機です。1回の処理で三角コーナーの生ゴミ約4杯分、3kgもの量を処理可能。約1ヶ月間毎日投入しても処理できるほどの能力を発揮するため、人数の多い家庭におすすめです。

また、処理スピードの速さも特徴。約150℃の熱風を効率よく循環させて乾燥させ、3人家族の1日分のゴミ量とされる約400gの生ゴミを約85分で処理するスピードを実現しています。スタイリッシュなフォルムも印象的で、キッチンに設置しておいても違和感なく馴染みます。オートオフ機能を搭載しており、余分な電力を使用しないのもポイントです。

投入口は21.8cmと大口径タイプを採用しているほか、床にこぼれにくい「サイドガード」の装備で生ゴミを投入する際に周囲を汚す心配がありません。内ブタは着脱できるほか、フラットな形状のためお手入れも簡単です。また、素材にはステンレスを採用しており、衛生的に使用できます。

伸和(SHINWA) 生ゴミ処理機 ボカシボックス20 グレー

伸和(SHINWA) 生ゴミ処理機 ボカシボックス20 グレー

電気を使用しないバイオタイプの家庭用生ゴミ処理機です。電気代がかからずエコな上、密封性に優れているため嫌な臭いも少ないのが特徴。分解された生ゴミは肥料として使用可能で、普段から家庭菜園やガーデニングを楽しんでいる方におすすめです。

同メーカーから発売されている「EMぼかし」を投入したら混ぜてフタを閉め、分解液をコックから抽出した後、生ゴミの発酵が進み分解されれば有機肥料のでき上がり。フタの開け閉めが簡単なのもポイントです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) コンポスト エココンポスト IC-100 ブラック

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) コンポスト エココンポスト IC-100 ブラック

屋外用の生ゴミ処理機を探している方におすすめのモデルです。最大の特徴は底がないこと。土に20cmほどの穴を掘り、当製品を設置して使用します。生ゴミの発酵を促進するための「菌床」や、堆肥化を促進する「発酵促進剤」を使用して生ゴミを堆肥にリサイクル。1年間で3~5人分の生ゴミを処理します。

本体に採用された黒のカラーリングもポイント。太陽光の熱を吸収しやすく、菌の発酵をより促進させます。

サンコープラスチック 生ゴミ処理機 EMワーカー 15L ブラック

サンコープラスチック 生ゴミ処理機 EMワーカー 15L ブラック

使い勝手に優れた容量15Lの家庭用生ゴミ処理機。大きさは直径約31.4×高さ約34.4cmと、キッチンに設置しても邪魔にならないサイズ感です。電気不要のバイオタイプで、別途「EMぼかし」の購入が必要。分解された生ゴミは肥料として使えるため、家庭菜園を趣味としている方におすすめです。

分離液の抜き取りは、抜き取りコックが装備されているのでひねるだけと簡単。液は希釈して肥料として活用できます。