トイレ空間をより快適にする「温水洗浄便座」。シャワートイレやウォシュレットなどとも呼ばれ、その快適さから国内外問わず多くのファンをもつアイテムとなっています。もはや温水洗浄便座がない生活は考えられないという方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな便利アイテム温水洗浄便座のおすすめモデルをご紹介します。選び方のポイントやおすすめのメーカーなども解説するので、ぜひチェックしてみてください。

温水洗浄便座とは?

シャワートイレやウォシュレットの違い

By: toto.com

温水洗浄便座とは、温水によっておしりを洗浄する機能が搭載された洋式便座のこと。シャワートイレやウォシュレットと呼ばれることもありますが、シャワートイレはリクシル、ウォシュレットはTOTOの登録商標です。

取り付けについて

By: amazon.co.jp

温水洗浄便座は、異なるメーカーの便器にも取り付けられるようになっています。しかし、基本的には自社の製品を組み合わせることを想定して作られているため、使用中の便器と同じメーカーの温水洗浄便座を選ぶのがおすすめです。

実際の取り付けに関しては、止水栓の停止や既存給水管の取り外し、分岐金具の取り付けなど、知識や工具があれば基本的には自分でも取り付けられます。しかし、便器のサイズや形状によっては取り付けができないこともあるので注意しておきましょう。

また、トイレ内にコンセントがない場合は別途電気工事をする必要があります。温水便座を購入する前に電源の有無も確認してみてください。

温水洗浄便座の選び方

温水を作る方法で選ぶ

本体代がリーズナブルな貯湯式

By: amazon.co.jp

貯湯式はタンクに貯めた温水を噴射するタイプの温水洗浄便座。本体価格が比較的リーズナブルなため、初期費用を少し抑えられるのが魅力です。

一方で、温水が切れると水しか出なくなるので、水が温まるまで待たないといけないのがデメリット。トイレを連続使用するファミリー層よりは、一人暮らしの方におすすめです。

連続使用もできる瞬間式

By: toshiba-lifestyle.co.jp

瞬間式は温水を貯めるタンクを使用しないタイプの温水洗浄便座。使う度に瞬時に水をあたためることで温水が作り出されるため、水切れの心配がなく、連続でトイレを使うことも多いファミリー世帯にあると便利です。

タンクで温水を保温するための電力は不要ですが、瞬間的に温水を作る際は大きな電力が必要。また、貯湯式に比べると初期費用はやや高めです。費用面が気になる方は、消費電力や本体価格なども考慮してから選んでみてください。

型で選ぶ

便器一体型

By: toto.com

便器一体型はその名の通り、便器と便座が一体になっている温水洗浄便座です。凹凸が少ないデザインなので、掃除がしやすいのがメリット。新築やリフォームの際に一体型のモノを設置すると便利です。

なお、タンクや便器に温水洗浄機能が内蔵されているため、別途床工事が必要になることも考えられます。設置の手間がかかりやすい点には注意しておきましょう。

後付けで設置できるシートタイプ(便座型)

By: amazon.co.jp

シートタイプの温水洗浄便座は、便座のように便器に取り付けて使います。後付けで設置できるところがメリット。なお、トイレの形式や環境などによってはすぐに設置できないこともあるので、購入の際は注意が必要です。

リモコンの位置で選ぶ

By: amazon.co.jp

温水便座を操作するリモコンは、大きく本体脇に付いている「袖リモコン」と、壁に設置するタイプの「壁リモコン」に分けられます。袖リモコンは壁に穴を開ける必要がないので、賃貸でも使いやすいところが魅力。価格も比較的お手頃です。 

一方、壁リモコンの魅力は、リモコンが壁に設置されているため便器周りがスッキリとするところ。また、自動でフタの開け閉めができるモデルや、自動洗浄機能が搭載されているモデルなど、ハイグレードモデルが多いのも壁リモコンタイプのメリットです。その分価格は高めですが、利便性を求める方はぜひチェックしてみてください。

そのほか便利機能で選ぶ

脱臭機能

By: panasonic.jp

温水洗浄便座の脱臭機能は、便器内の臭いを吸い込んで軽減するものです。なかには、便器に座ると自動で脱臭がスタートするモデルや、人がトイレに入るだけでセンサーが反応し脱臭を開始するモデルもラインナップされています。

そのほか、メーカーやモデルによっても脱臭方法や威力などが異なるので、気になる方は細かくチェックしてみてください。

オート開閉機能

By: panasonic.jp

温水洗浄便座には、便座に近づくと自動で便器のふたが開閉する「オート開閉機能」が搭載されているモデルもあります。オート開閉機能が搭載されている温水洗浄便座は、自動脱臭や自動洗浄など、そのほかの便利機能も充実しているのでぜひチェックしてみてください。

温風乾燥機能

By: toto.com

温風乾燥機能は便座から温風を出すもので、洗浄したおしりを乾かすときに役に立ちます。使う人によっては、トイレットペーパーの節約も可能。また、痔でおしりをトイレットペーパーで拭くのが辛い方にもおすすめです。

温水洗浄便座のおすすめメーカー

トートー(TOTO)

By: toto.com

ウォシュレットを展開しているトートーは、温水洗浄便座で国内トップクラスのシェアを有しています。汚れのもとになる菌を除菌する効果が期待できる「きれい除菌水」や、撥水性の高い素材を採用した便座、汚れが付きにくいノズルなど、きれいな状態を長続きさせる機能を搭載しているのが特徴です。

パナソニック(Panasonic)

By: rakuten.co.jp

パナソニックは、使う度に便座をあたため温水を作る「W瞬間式」が採用されたAWシリーズをはじめとした、「ビューティ・トワレ」が有名。また、便器内面に付着する汚れを防ぐ「泡コート機能」を搭載するなど、省エネかつお手入れ面にも配慮された製品を発売しています。

イナックス(INAX)

By: lixil.co.jp

シャワートイレを展開するイナックスは、住宅設備機器などを発売する衛生陶器ブランドです。温水洗浄便座の操作部分には、点字表示が設けられており、多くの人が使いやすい製品を発売。特徴的な機能としては、便座のふたを閉めるときにゆっくり閉じる「スローダウン便座」があります。

東芝(TOSHIBA)

By: rakuten.co.jp

東芝の温水洗浄便座のなかで特徴的な機能は、着座する前にミストで便器を湿らせてお手入れを楽にする「プレケアミスト」が挙げられます。また、東芝独自の省エネ技術、「高効率ヒーターユニット」もポイントです。

温水洗浄便座のおすすめ

トートー(TOTO) 瞬間式 温水洗浄便座 TCF8GM23

トートー(TOTO) 瞬間式 温水洗浄便座  TCF8GM23

すき間や段差が少なく、お手入れがラクな瞬間式の温水洗浄便座。便器に自動でミストを吹きつけて汚れを付きにくくしたり、落ちやすくしたりする「プレミスト」機能や、ウォシュレット使用前後に水でノズルを洗浄する「ノズルきれい」機能を搭載しているのが特徴です。

洗浄機能には、おしり洗浄・ビデ洗浄・ムーブ洗浄・水勢調節を搭載。快適機能には、暖房便座・オートパワー脱臭・脱臭・着座センサーが採用されています。

そのほか、暖房便座やオートパワー脱臭・脱臭、着座センサー、タイマー節電機能なども搭載。温風乾燥やフタ自動開閉などは未搭載ですが、一通りの機能を有しているおすすめの温水洗浄便座です。

トートー(TOTO) 瞬間式 温水洗浄便座 TCF8CS66

トートー(TOTO)  瞬間式 温水洗浄便座  TCF8CS66

本体溝部分が狭めに設計された瞬間式の温水洗浄便座。機能部分がコンパクトなので、設置場所のスペースが気になる方にもおすすめです。便座とノズル、ケースには防汚効果が期待できるクリーン樹脂が採用されています。

脱臭機能には、通常の脱臭から約2倍の吸い込み量に自動で切り替わる「オートパワー脱臭」を搭載。ウォシュレット本体は、便器からワンタッチで簡単に取り外せるため、便座とタンクの間のような狭い箇所の掃除もラクにできます。

また、トイレの使用頻度を記憶することで使用が少ない時間帯の温度を自動的に下げる「おまかせ節電」機能もポイント。節電にも配慮されたおすすめの温水洗浄便座です。

トートー(TOTO) 貯湯式 温水洗浄便座 TCF8CK66

トートー(TOTO)  貯湯式 温水洗浄便座  TCF8CK66

オートパワー脱臭機能が搭載された貯湯式の温水洗浄便座です。本体の溝部分が狭く小さめで、比較的コンパクトなところが魅力。ノズルは、ウォシュレット使用前後に水道水で自動洗浄されます。

ウォシュレット本体はワンタッチで着脱可能。便器から簡単に取り外せるので、細かい部分の掃除もスムーズです。コスパに優れた温水洗浄便座を探している方はチェックしてみてください。

トートー(TOTO) 貯湯式 温水洗浄便座 SB TCF6622

トートー(TOTO) 温水洗浄便座 SB TCF6622

操作が簡単なベーシックタイプの貯湯式温水洗浄便座です。自動で便器にミストを吹きかけて便器をキレイにする「プレミスト」機能が搭載されています。

脱臭機能には、通常の脱臭からパワー脱臭に自動で切り替わり、ニオイを強力に脱臭する「オートパワー脱臭」を採用。本体はワンタッチで着脱できるので、お手入れがラクです。

そのほか、節約が気になる方に嬉しい「おまかせ節電」機能や、座ることでスイッチを作動できる「着座センサー」もポイント。着座センサー機能は、座るまでスイッチを受け付けないため、誤作動が気になる方にもおすすめです。

トートー(TOTO) ネオレストNX CS900B

トートー(TOTO) ネオレストNX 床排水200mm  CS900B

スタイリッシュな便器一体型の温水洗浄便座。便器のフチをなくした独自開発により、汚れがたまりにくいところや、汚れが落ちやすいなめらかな表面が特徴です。

また、使う度に黒ずみのもとになる菌を除く効果が期待できる「きれい除菌水」が採用されているのも魅力。さらに、オート機能にはふたの「オート開閉」機能や、便座から立ち上がると便器の水を自動で流す「オート便器洗浄」機能などが搭載されています。

そのほか、停電の際も水が流せる「停電時安心設計」もポイント。なお、便器全体の設置工事が必要なので、リフォームや新築時におすすめの温水洗浄便座です。

パナソニック(Panasonic) 温水洗浄便座 瞬間式 DL-WM20

パナソニック(Panasonic) 温水洗浄便座 瞬間式 DL-WM20

便座と温水洗浄を使うときだけあたためる、節電性能が追求された瞬間式の温水洗浄便座。好きな洗い心地が選べる「25通りおしり洗浄」が特徴です。

おしり洗浄では一部分の洗浄から広範囲の洗浄まで、洗浄幅を5通りに切り替えることが可能。洗浄の強さも5通りから選択でき、合計25通りの水流で好みの洗い心地を設定できます。

脱臭機能には、トイレへの入室を検知すると自動で脱臭がはじまる「お出迎えオート脱臭」を採用。また、ボタンを押すことで風量が10%アップする「パワー脱臭」機能も搭載されています。

ノズルには汚れがつきにくいステンレス素材を採用。ノズルは使用前後で自動洗浄されます。さらに、ふたは本体からワンタッチで着脱可能。お手入れもスムーズにでき、使いやすさにも優れたおすすめの温水洗浄便座です。

パナソニック(Panasonic) 温水洗浄便座 瞬間式 DL-AWM600

パナソニック(Panasonic) 温水洗浄便座 瞬間式 DL-AWM600

泡の力で便器の表面をコーティングする瞬間式の温水洗浄便座です。便器へのこびりつきや輪じみ、飛びハネといった汚れからトイレを守ります。また、空気の浄化に効果的な「ナノイー」が進化した「ナノイーX」が採用されるなど、除菌・抗菌機能が充実しているところも魅力です。

さらに、好きな洗い心地を選べる「25通りおしり洗浄」や便ふた自動開閉、3段階の温風乾燥など、便利な機能も付いています。省エネ面では、使うときだけ便座をあたため、温水を作る「W瞬間式」を採用。清潔さが気になる方におすすめの温水洗浄便座です。

パナソニック(Panasonic) 温水洗浄便座 貯湯式 DL-ENX20

パナソニック(Panasonic) 温水洗浄便座 貯湯式 DL-ENX20

豊富な洗浄メニューで快適に使える貯湯式の温水洗浄便座です。洗浄メニューには水流で強弱の刺激を与える「リズム洗浄」や、広い範囲をしっかり洗浄する「ムーブ洗浄」などがあります。

また、トイレを使用しない時間帯を学習し省エネ運転をする「スケジュール学習節電」も魅力。貯湯式の温水洗浄便座が欲しいけど、電気代が気になるという方にもおすすめです。

脱臭機能には、便座に座ると脱臭が自動ではじまる「オート脱臭」を採用。本体表や裏面は継ぎ目・凹凸の少ないデザインになっているため、汚れが拭き取りやすくお手入れもラクです。

ノズルは汚れの付きにくいステンレス製で、ノズル除菌クリーニング機能なども搭載。本体価格もリーズナブルなので、気軽に温水洗浄便座を使いたい方にもおすすめのモデルです。

イナックス(INAX) LIXIL 瞬間式 温水洗浄便座 CW-RV2A

イナックス(INAX) LIXIL 温水洗浄便座 CW-RV2A

継ぎ目のないデザインが魅力的な、瞬間式の温水洗浄便座。便座裏には防汚素材が使われており、汚れが取りやすく掃除もラクです。暖房便座のコードが内蔵されており、コード上に埃がつくのを防げます。

また、おしり洗浄用のノズルと、ビデ洗浄用のノズルが別れているところも特徴のひとつ。ノズルは使用前後に自動で洗浄されるのはもちろん、先端が交換できるので、衛生面が気になる方にもおすすめのモデルです。

イナックス(INAX) 温水洗浄便座 貯湯式 CW-RG1

気泡を含んだシャワーでおしりをやさしく洗える貯湯式のシャワートイレ。おしりとヒデのノズルが分離されているところが特徴です。省エネにも配慮されており、外出時や就寝時など、長時間使用しない時は節電できる機能が搭載されています。

寒い冬には嬉しい暖房便座や、便器内の嫌なニオイを分解する「スーパーセピオライト脱臭」といった快適機能も搭載。また、汚れが残りやすい継ぎ目がないのもポイントです。

便座裏には防汚素材が採用されているので、掃除もラクにできます。本体価格も安さも魅力的なおすすめの温水洗浄便座です。

東芝(TOSHIBA) 温水洗浄便座 SCS-T160

東芝(TOSHIBA) 温水洗浄便座  SCS-T160

座るとすぐに自動で脱臭がスタートする貯湯式の温水洗浄便座です。洗浄機能には、気泡入りのお湯でやさしく洗う「エアインマイルド洗浄」を採用。洗浄の強さは4段階で調節可能です。

ノズルの位置は前後7段階で調節でき、おしりとヒデの洗浄は異なる2つのノズルを採用しています。また、オートノズルクリーニング機能も搭載されているので、清潔面が気になる方も安心。手に入りやすいリーズナブルな価格も魅力で、コスパに優れたおすすめのモデルです。

東芝(TOSHIBA) 温水洗浄便座 瞬間式 SCS-S300

東芝(TOSHIBA) 温水洗浄便座 瞬間式 SCS-S300

優れた省エネ設計が魅力の瞬間式の温水洗浄便座です。座るたびに自動で脱臭機能が働く「オート脱臭」機能を搭載。便座裏には段差がなく、ひと拭きでお手入れできるところが魅力です。

就寝中など、使用頻度が少ない時間帯は便座ヒーターをOFFにできるので、電気代を節約することも可能。ノズルは根元から着脱でき、丸ごと水洗いもできます。

東芝独自の省エネ技術「高効率ヒーターユニット」を採用しているのもポイント。洗浄に使う水量だけあたためるため経済的です。さらに、おしりとヒデが別になっている2段ノズル仕様で、女性に嬉しい機能も搭載されています。