1年を通じて暑いタイは、ビールの消費量の多いビール大国です。「タイビール」は、暑い気候やスパイシーな料理に合うさっぱりした味わいが特徴。タイ本国では、さらに氷を加えて飲むスタイルも多く見られます。

タイではラガータイプのビールが主流なので、日本のビールを飲みなれた方にも馴染みやすい味と言えます。東南アジア独特のパッケージで南国気分が味わうのも、楽しみ方のひとつです。そこで今回は、日本でも購入できるおすすめのタイビールをご紹介します。

タイビールの特徴は?

By: amazon.co.jp

タイビールは日本のビールに比べて味が薄めなのが特徴です。すっきりしたライトな飲み心地は、暑い気候や、独特の辛い料理にぴったり。現地では氷を入れたグラスにビールを注ぐことで、よりさっぱりとした味わいで飲むこともあります。風味に関する特徴ではありませんが、タイビールのラベルには動物が描かれていることが多いのもひとつの特徴です。キャッチーで覚えやすく、東南アジアらしい雰囲気が感じられます。

タイビールのおすすめ

ブンロート・ブリュワリー シンハー

ブンロート・ブリュワリー シンハー
1933年に誕生し、タイ王室にも認められているプレミアムなタイビールです。古代神話にも登場する伝統的な獅子(シン)がトレードマークで、「ビア・シン」という愛称で親しまれています。各品評会での受賞歴も多数あり、世界50か国以上で愛飲されるタイビールのトップブランドです。

種類としては、ラガービールに分類され、爽やかな口当たりと、苦みのある余韻が特徴。日本でよく飲まれている国産ビールのほとんどがラガータイプなので、日本人にも馴染み深い風味のビールと言えます。フルーティーさも感じられるので、女性にもおすすめです。

本製品のアルコール度数は5%ですが、同シリーズには3.5%のライトという銘柄もラインナップされています。軽くて飲みやすいので、アルコールが苦手な方にもおすすめの銘柄です。

タイビバレッジ チャーン

タイビバレッジ チャーン
タイ国内最大規模のアルコール飲料メーカー、タイビバレッジのピルスナータイプのビールです。1995年に誕生し、当時シンハーの独壇場だったビール界に新風を送り込み、現在ではトップクラスのシェアを有しています。

チャーンはタイ語で「象」という意味。トレードマークの向かいあった2匹の象がかわいく、パッケージからも南国タイの雰囲気を感じられます。アルコール度数は6.4%で少し高め。麦の香りがしっかり感じられ、独特のコクがあるビールです。

本銘柄の滑らかな口当たりを生み出しているのは、地下200mからくみ上げた良質な軟水。軽やかなビールを造る過程において重要な役割を果たしています。

後味がさっぱりしているのもポイント。辛みが強く、酸味が効いたタイ料理はもちろん、どんな料理とも相性がよい銘柄です。タイらしさが感じられるビールを試してみたいという方はぜひ試してみてください。

ブンロート・ブリュワリー レオ

ブンロート・ブリュワリー レオ
「レオ」は鮮やかなヒョウのラベルが目を引くタイビール。2009年に、低価格帯のビールとして発売されました。タイ本国ではシンハーをしのぐ勢いで、若者を中心に人気があります。あっさりとしていて苦みが少なく、タイの気候や好まれる料理にぴったりの味わい。軽やかでライトな口当たりも魅力です。

すっきりとしたのど越しは、暑い夏にゴクゴクと飲んで喉を潤すのにぴったり。屋外でのバーベキューやスポーツ観戦、海水浴のビーチやプールサイドのお供に最適なビールです。スパイシーな料理や油っこい料理、味が濃い料理など、さまざまな料理とよく合います。

タイビバレッジ フェダブロイ

タイビバレッジ フェダブロイ
「フェダブロイ」は高級なプレミアムビールとして位置づけられる銘柄。「アーバンスタイリッシュ」をコンセプトに、洗練された都会的な生活に憧れる20~30代の方をターゲットにしたタイビールです。瓶ラベルのデザインも、タイビールに多い動物柄を使っておらず、赤い羽根のマークを採用して、スマートでおしゃれな雰囲気を醸し出しています。

ドイツビールをお手本にした製品で、ドイツから輸入する最高品質の大麦を使用したリッチな風味が魅力です。また、副原料として加えられたタイ米が爽やかな風味をもたらします。ほかのタイビールに比べてコクがしっかりとしているため、ゆっくりビールの味を楽しみたいときにおすすめです。

プーケットビール プーケット

プーケットビール プーケット

名前のとおり、タイ最大の島で多くの観光客が訪れるプーケット島で、2002年に誕生したクラフトビールです。100%天然醸造で、添加物や保存料が一切使われておらず、無添加で造られています。5年連続でモンドセレクションを受賞した経歴をもち、海外からも高く評価される製品です。

オオサイチョウという鳥が描かれたリゾート感あふれるラベルデザインは、屋外のバーベキューやビーチシーンを盛り上げるビールとしてもぴったり。有名なメキシコの「コロナビール」のように、ライムやレモンと相性がよいのも魅力です。ドイツビールをお手本としたラガービールに、タイ独特のジャスミンライスを使用しているのが特徴。テイストとしては爽やかで、フルーティーな味わいを楽しめます。

また、炭酸が強く、後味がさっぱりとしているのもポイント。ビール好きな方からビールの苦みが苦手な女性まで、多くの方におすすめしたいタイビールです。

ブンロート・ブリュワリー ユー

ブンロート・ブリュワリー ユー
シンハーやレオで有名なブンロート・ブリュワリーが、2017年に発売したラガータイプのタイビール。「価値・アイデア・独創性」をブランドコンセプトとしており、ネーミングには自分らしさを大切にしてほしいという願いが込められています。

シンプルでスタイリッシュなパッケージは、斬新でインパクトがあり、それまでのタイビールの印象とは全く異なります。おしゃれな見た目とさらりとした飲み口でタイの若者の心をがっしりとつかみ、発売以来、人気のタイビールとして急成長している銘柄です。

味わいは、濃厚なコクがありながら、なめらかな喉越しと爽やかな後味があります。どんな料理とも相性がよく、飲みやすいのが特徴です。アルコール度数を4.5%に抑えているのもポイント。ビールの量をたくさん飲みたい場面にも適しています。歴史は浅いですが、伝統的なビールに引けを取らない美味しさが魅力のおすすめビールです。