ロードバイクやマウンテンバイクのペダリングをより効果的に行うことができる「ビンディングペダル」。ビンディングシューズとセットで使うアイテムで、タフなシーンでもスムーズに高速走行できるようになるのが特徴です。

しかし、製品によってペダルの種類や形状が異なるほか、自転車のタイプに合わせて購入する必要があるので、初心者にとってはなかなかハードルが高いもの。そこで今回は、ビンディングペダルのおすすめモデルをご紹介します。興味がある方はぜひチェックしてみてください。

ビンディングペダルとは?

By: rakuten.co.jp

「ビンディングペダル」とは、ロードバイクやマウンテンバイクを乗る際に足を固定し、ペダリングの効率化を図れるモノ。正しいペダリングフォームを会得するためにも重要アイテムで、対応するビンディングシューズや自転車のタイプを考慮して選ぶのが重要です。

足とペダルを一体にすることで力強く踏み込めるだけでなく、足を持ち上げる際も効果を発揮し、ペダルの回転数を効率的に上げることが可能。より自転車をラクに速く走れるようにすることができます。

ただ、ペダルとシューズの脱着がスムーズに行えるまでは慣れが必要。セットする際に目で状況を確認しようとすると前方不注意になるほか、慌てると足元がバタつき、転倒する恐れもあります。初心者の方はロードバイクやマウンテンバイクに乗り慣れてから導入するようにしましょう。

ビンディングペダルの種類

By: rakuten.co.jp

ビンディングペダルには大きく分けて、ロード用とMTB用の2種類があります。ロード用のビンディングペダルは走行重視で、踏み面が広く、自転車の漕ぐ力を効率的に伝えるのが特徴。一方、MTB用のビンディングはバイクから降りて歩くことも考慮されています。

さらに、ロード用のビンディングはサイクリング時の快適さを重視して作られているので、ペダルの重さは軽め。ペダルとシューズとの接地面が広く、留め具のクリートは大きめです。それに比べてMTB用のビンディングは留め具のクリートが比較的小さめ。ビンディングシューズの底に埋まるよう設計されています。

ビンディングペダルの選び方

規格をチェック

By: rakuten.co.jp

ビンディングペダルはビンディングシューズと同様、規格が分かれているので、購入する際はしっかりと違いをチェックしておきましょう。種類は大きく分けて2つあり、「SPD」と呼ばれる2穴タイプと「SPD-SL」と呼ばれる3穴タイプがあります。

SPDは、2つのネジ穴があり、そこに留め具を固定してシューズと連結させて使用します。留め具のクリートは小型で、製品によっては外しやすいマルチタイプの留め具もあります。なお、着脱が簡単なので、普通に歩くことも可能。用途としてはロードバイクにも使えますが、どちらかと言えばクロスバイクやマウンテンバイクに向いた仕様です。

一方、SPD-SLは3つのネジ穴に留め具を付けて使用するタイプ。役割が分散されるため2穴タイプよりも軽量なうえに、シューズがよりしっかりとペダルに固定されるのが特徴です。ロードバイクで使うビンディングシューズにおいては主流のタイプで、安心して高速走行することが可能。なお、留め具が大きいため、歩くのは困難です。購入を検討する際は留意しておきましょう。

片面固定か両面固定かをチェック

By: amazon.co.jp

ビンディングペダルは製品によってビンディングシューズをセットする面が片面のみの対応なのか、両面どちらでも固定できるのかに分かれています。

片面固定タイプはその名の通り、一方の面でのみでしかビンディングシューズをセットできませんが、その分余分なパーツが少なく軽量なのが特徴。両面固定タイプは頻繁に脱着を繰り返すライダーに便利な仕様です。

素材をチェック

By: rakuten.co.jp

ビンディングペダルの素材には、軽量で耐久性の高い「カーボン」、軽量で安価な「アルミ」、複数の素材を組み合わせた「コンポジット」などがあり、同強度・同比重であればカーボンがもっとも軽く、価格帯も高価となります。

なお、採用されている素材はビンディングペダルの重さにも影響してきますが、片面固定か両面固定かによっても変わってくるので、検討する際は採用されている素材だけでなく、仕様についてもチェックしておきましょう。

ビンディングペダルのおすすめメーカー

シマノ(SHIMANO)

By: amazon.co.jp

数多くの自転車パーツを取り扱っている「シマノ」。ビンディングペダルに関しては安定感のあるワイドな踏み面を採用しているのが特徴です。

ステップイン&アウトに影響するスプリングテンションの調整が容易にできるのもポイント。ビンディングペダルのラインナップも豊富で、自分にあった製品を見つけやすいのも魅力です。

ルック(LOOK)

By: rakuten.co.jp

「ルック」は世界で初めてビンディングペダルを作ったと言われている老舗ブランド。一般ライダーはもちろん、プロの自転車競技者も愛用するほど、信頼度が高いのが特徴です。

スタックハイトは低めでペダルの厚みは薄く、効率のよいペダリングが可能なのもポイント。高級モデルにはカーボンを採用するなど、異なる素材のアイテムを選択できるのも魅力です。

タイム(TIME)

By: amazon.co.jp

ユーザーの関節の負担を軽減すべく、メーカー独自のフローティング機構を採用している「タイム」。フローティングとは足を固定した際に左右へわずかに角度が変えられる仕様ことで、同社のペダルは足をセンターに戻そうと作用してくれるのが特徴です。

留め具のクリートは左右非対称。入れ替えることでQファクター(ペダルセンターからクランクまでの長さ)を調整することもできます。装着前はロック部分が解放される仕様で、ステップインしやすいのもポイントです。

スピードプレイ(SPEEDPLAY)

By: jpsg.co.jp

ペダル本体がコンパクトにまとまっている「スピードプレイ」。他メーカーの仕様とは異なり、ペダルを固定する機構が留め具のクリートのほうに付いているのが特徴です。

足を固定した際に左右の角度が最大15°まで変えられるフローティングに対応できるので、膝への負担が軽減できるのもポイント。また、表裏両面でビンディングをセットすることができるので、ストレスなく対応できるのも魅力です。

ビンディングペダルのおすすめモデル|ロードバイク用

シマノ(SHIMANO) PD-R7000

シマノ(SHIMANO) PD-R7000

3穴仕様のSPD-SLに対応した片面固定タイプのビンディングペダル。カーボンで補強された樹脂ボディを採用しており、軽量でありながら耐久性に優れているのが特徴です。

クリートを支えるボディの幅(プラットフォーム)が広く、安定してペダリングができるのもポイント。高品質なモデルながら1万円前後で購入できる価格帯も魅力です。

シマノ(SHIMANO) PD-R9100

シマノ(SHIMANO) PD-R9100

カーボンコンポジットボディを採用し、軽量でありながら耐久性に優れているビンディングペダル。クリートを支えるペダルボディの幅(プラットフォーム)が広く、安定してペダリングできるのが特徴です。

3穴仕様のSPD-SLに対応した片面固定タイプで、ステップインやアウトに影響するスプリングテンションを調整することが可能なのもポイント。製品にはペダルセンターからクランクまでの長さが52mmの標準タイプのほか、プラス4mm長いアスクルタイプもラインナップしています。

シマノ(SHIMANO) PD-R8000

シマノ(SHIMANO) PD-R8000

高品質かつ高性能で、多くのライダーから支持されているモデル。スタックハイトは低めでペダルの厚みは薄く、効率のよいペダリングをスムーズにできるのが特徴です。

3穴仕様のSPD-SLに対応した片面固定タイプで、軸受けとなるベアリングがペダルボディの中央部に集約されているのもポイント。クリートを支えるペダルボディの幅(プラットフォーム)が広いのも魅力です。なお、製品には標準タイプとアスクルタイプがあり、長さは4mmの差があります。

シマノ(SHIMANO) PD-R7000

シマノ(SHIMANO) PD-R7000

スタックハイトがやや高めで厚みのあるビンディングペダル。若干サドルの位置が高くなるので、相対的にハンドルの位置を低くしたい方におすすめです。

3穴仕様のSPD-SLに対応した片面固定タイプで、スプリングテンションがやや強く、足がペダル上でブレにくいのもポイント。高性能ながら価格が1万円以下とコスパも良好です。

シマノ(SHIMANO) PD-R540-LA

シマノ(SHIMANO) PD-R540-LA

シマノのビンディングペダルにおけるエントリーモデル。3穴仕様のSPD-SLに対応した片面固定タイプで、スタックハイトは高めでペダルに厚みがあり、ペダル幅はやや狭めになっています。

同グレードにはカーボンボディの「PD-R550」とアルミボディの「PD-R540」の2種類がラインナップされていますが、本製品はアルミボディのライトアクション(LA)仕様。スプリングテンションがやや低く、より簡単に脱着することができます。ビギナーには扱いやすいモデルなので、初めてビンディングペダルの導入を考えている方はぜひチェックしておきましょう。

ルック(LOOK) KEO ブレードカーボン

ルック(LOOK) KEO ブレードカーボン

「ブレード」と呼ばれるカーボン製の板バネを用いることで、軽量化と耐久性の向上を図ったビンディングペダル。走行時の空気抵抗にも配慮しており、スムーズにペダリングの回転を上げることができます。

本製品は3穴仕様のSPD-SLに対応した片面固定タイプ。製品の特性上、スプリングの硬さ調整はできませんが、チタン仕様の16Nm(12Nmスペア付属)とクロモリ仕様の12Nm(16Nmスペア付属)に分かれています。ハイエンドクラスのビンディングペダルを求めている方におすすめです。

ルック(LOOK) KEOブレード

ルック(LOOK) KEOブレード

ボディの素材にコンポジット素材を採用しているビンディングペダル。留め具のクリートとの接地面にはステンレスを使用しており、耐久性を高めているのが特徴です。

本製品は3穴仕様のSPD-SLに対応した片面固定タイプで、スプリングテンションが低く、脱着が容易なのもポイント。同メーカーのカーボンタイプよりも安価なので、コストを抑えつつも機能性の高いビンディングペダルを求めている方におすすめです。

ルック(LOOK) KEO2MAX

ルック(LOOK) KEO2MAX

同社におけるミドルレンジのビンディングペダル。前モデルよりも留め具のクリートとの接地面が大きくなり、より効率的に自転車のペダリングの回転数を上げることができます。

本製品は3穴仕様のSPD-SLに対応した片面固定タイプ。スプリングテンションは全体的に低めですが、8~12Nmの間で変えることができるので、好みに合わせて調整することが可能です。カーボンボディとコンポジットボディの2種類がラインナップしているのもポイント。より軽さと耐久性を求めるならカーボンボディを、コスパ重視であればコンポジットボディを選ぶのがおすすめです。

ルック(LOOK) KEOスプリント

ルック(LOOK) KEOスプリント

留め具のクリートとの接地面にステンレスを採用したビンディングペダル。比較的安価なエントリーモデルなので、初めてビンディングペダルの導入を考えている方におすすめです。

本製品は3穴仕様のSPD-SLに対応した片面固定タイプで、プラットフォーム幅はややタイトでペダルの幅は狭めです。スプリングテンションは全体的に低めですが、8~12Nmの間で変えることが可能。耐久性の高さと汎用性の高さが両立したおすすめのモデルです。

ルック(LOOK) KEOクラシック3

ルック(LOOK) KEOクラシック3

ペダル内部のボディ構造を簡素化することにより、コストダウンを図ったビンディングペダル。留め具のクリートを接地する面が広く、ペダリングは安定しているので、しっかりと漕ぐ力を伝達することができます。

ビンディングペダルの製品ラインナップのなかでは比較的安価なのもポイント。本製品は3穴仕様のSPD-SLに対応した片面固定タイプなので、これから本格的にロードバイクを楽しみたい方はぜひチェックしておきましょう。

タイム(TIME) XPRO 12

タイム(TIME) XPRO 12

3穴仕様のSPD-SLに対応したロードバイク用のビンディングペダル。ボディに軽量かつ耐久性に優れたカーボン素材を採用しており、よりパワフルなペダリングができるのが特徴です。

ペダルを踏む面が大きく漕ぐ力をうまく乗せやすいほか、スムーズにセッティングできるので使い勝手は良好。足を固定した際に左右へ角度が変えられるフローティングも大きいので、膝への負担も軽減できます。満足度の高いビンディングペダルを求めている方におすすめのモデルです。

タイム(TIME) XPRO 10

タイム(TIME) XPRO 10

一般ライダーからプロの自転車競技選手まで使えるロードサイクリング用のビンディングペダル。3穴仕様のSPD-SLに対応しており、小柄な女性でも脱着しやすいように配慮されているのが特徴です。

ステップイン&アウトに影響するスプリングテンションが3段階調節できるのもポイント。空気抵抗によるロスを軽減するようデザイン設計されているので、スムーズで快適なペダリングが可能です。

スピードプレイ(SPEEDPLAY) ZERO AERO

スピードプレイ(SPEEDPLAY) ZERO AERO

空気抵抗に配慮したロードサイクリング用のビンディングペダル。3穴仕様のSPD-SLに対応しており、軽快にペダリングできるのが特徴です。

足を固定した際に左右の角度が最大15°まで変えられるフローティングに対応できるので、自分の好みに合わせて細かく調整できるのもポイント。また、Qファクター(ペダルセンターからクランクまでの長さ)が短く、ペダリングの力をよりダイレクトに伝えることができます。

ビンディングペダルのおすすめモデル|MTB用

シマノ(SHIMANO) PD-M9120

シマノ(SHIMANO) PD-M9120

2穴仕様のSPDに対応したハイエンドモデルのビンディングペダル。両面固定に対応しており、頻繁に脱着を繰り返す本格派のMTBライダーにおすすめです。

ペダルのボディは幅広なので、ペダルを踏み込む際はもちろん、ペダルを持ち上げる(引き脚)をする際もパワフルに対応。耐久性に優れているのもポイントです。ハードなシーンにも難なく対応できるビンディングペダルを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

シマノ(SHIMANO) PD-M9100

シマノ(SHIMANO) PD-M9100

複雑な構造を採用することにより、ビンディングシューズのソールに付着した泥をしっかりと弾いてくれるビンディングペダル。2穴仕様のSPDに対応した両面固定タイプで、ステップイン&アウトがクイックかつ的確にできるのが特徴です。

Qファクター(ペダルセンターからクランクまでの長さ)は55mmと十分にあり、安定したペダリングでパワーを伝達できるのもポイント。プロ仕様のビンディングペダルです。

シマノ(SHIMANO) PD-ES600

シマノ(SHIMANO) PD-ES600

2穴仕様のSPDに対応した片面固定タイプのビンディングペダル。両面固定タイプに比べて汎用性は劣るものの、その分パーツが少ないので軽量に仕上がっているのが特徴です。

ライトビンディンアクションによりステップイン&アウトが容易にできるのもポイント。高速走行からぬかるみを走行するトレイルライドまで、幅広いシーンに対応できるのも魅力です。

シマノ(SHIMANO) PD-M530

シマノ(SHIMANO) PD-M530

エントリーモデルのビンディングペダル。2穴仕様のSPDに対応した両面固定タイプで、リーズナブルな価格ながら使い勝手が良好なのが特徴です。

大型プラットフォームを採用しておりペダリングが安定しているのもポイント。泥除けにもしっかり対応できるので、ペダリング時のパワーロスが少ないのも魅力です。

シマノ(SHIMANO) PD-M520

シマノ(SHIMANO) PD-M520

スタンダード仕様のビンディングペダル。2穴仕様のSPDに対応した両面固定タイプで、泥汚れに強いオープンデザインを採用しており、オフロードで安心して使えるのが特徴です。

漕ぎ出しは軽快で、スムーズにペダリングができるのもポイント。安価ながら基本性能はしっかりと網羅されているので、コスパ重視でビンディングペダルを選びたい方はぜひチェックしておきましょう。

ルック(LOOK) X TRACK RACE

ルック(LOOK) X TRACK RACE

2穴仕様のSPDに対応した片面固定タイプのビンディングペダル。防水性が高いほか、パーツ類がペダルセンターに集約しており、雨天時でもスムーズにペダリングように配慮されています。

なお、製品ラインナップとしてはボディがカーボン仕様のハイエンドモデルや、アルミ製のエントリーモデルもラインナップしているので、軽さと耐久性をより重視するならハイエンドモデルを、価格の安さを求めるのであればエントリーモデルも検討してみてください。

タイム(TIME) Speciale12

タイム(TIME) Speciale12

ハイエンドモデルのMTB用ペダル。強度の高いアルミ合金を採用しており、耐久性が高く、タフなシーンでも安心してペダリングできるのが特徴です。

「ATAC」というビンディングシステムを採用することによって脱着が素早くできるほか、泥が付着した際にもスムーズに対応することが可能。マウンテンバイクを駆使する本格派ライダーにおすすめのアイテムです。

スピードプレイ(SPEEDPLAY) SYZR

スピードプレイ(SPEEDPLAY) SYZR

2穴仕様のSPDに対応したオフロード用のビンディングペダル。フローティングの角度を細かく調節することができるので、自分の好みや膝への負担を配慮した設定ができるのが特徴です。

「セラミックローラーカムテクノロジー」を採用しており、スムーズにペダルへのステップイン&アウトができるのもポイント。また、オープン構造設計によってシューズソールに詰まった泥を容易に取り除くことも可能です。

なお、製品ラインナップには耐久性の高いクロモリシャフトペダルと軽量なステンレスシャフトペダルに分かれているので、購入を検討する際は確認しておきましょう。

クランクブラザーズ(CRANK BROTHERS) CANDY2

クランクブラザーズ(CRANK BROTHERS) CANDY2

クランクブラザーズはビンディングペダルをリリースしているアメリカのブランド。本製品は軽量で強度も高いアルミ素材を採用したMTB用のモデルで、2穴仕様のSPDに対応した両面固定タイプです。

なお、同シリーズはラインナップが豊富で、より軽さと耐久性を向上させたチタン素材の上位モデル「CANDY11」や安価なエントリーモデル「CANDY1」も揃っています。気になる方は併せてチェックしておきましょう。

グランジ(grunge) ウルトラべダル

グランジ(grunge) ウルトラべダル

「グランジ」は1994年創業で、MTB用のビンディングペダルを扱っているブランド。本製品は2穴仕様のSPDに対応した両面固定タイプで、留め具のクリートはシマノのパーツと互換性があるのが特徴です。

シンプルなデザインで、カラーはグレー・ホワイト・レッド・グリーンと4色をラインナップしているのもポイント。ファッショナブルなビンディングペダルを探している方はぜひ候補として検討してみてください。