ビンディングペダルは、ロードバイクやマウンテンバイクのペダリング効率を向上させるためのアイテム。ビンディングシューズと組み合わせて使えば、標準装備のフラットペダルよりも足の負担軽減が期待でき、スピードも出しやすくなります。

しかし、ビンディングペダルは種類が豊富で、どれを選べばよいか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ビンディングペダルのおすすめモデルと選び方をご紹介します。

ビンディングペダルとは?

By: amazon.co.jp

ビンディングペダルは、自転車を効率よく漕ぐためのアイテムです。「クリート」と呼ばれる金具を取り付けたビンディングシューズと組み合わせて使うことで、足とペダルを固定することが可能。種類は大きく分けて、固定力の強いロードバイク用と、固定力が弱めのMTB(マウンテンバイク)用があります。

ビンディングペダルは、通常のフラットペダルよりも漕ぐ動作が安定しやすく、速度を上げやすいのが特徴。足の負担の軽減にもつながるので、より快適にペダリングしたい方におすすめです。

ビンディングペダルのメリット

By: amazon.co.jp

一般的なフラットペダルの場合は、ペダルを踏む力を推進力に変えて自転車を走らせます。一方で、ビンディングペダルを装着した自転車は、踏む力だけでなく引き上げる力もペダルにかけることが可能。足への負担が軽くなり、ペダルをより速く回転させられます。

ビンディングペダルは、シューズとペダルを正しい位置に固定しやすいのも特徴です。自転車を漕ぐときに足がズレにくく、パワーのロスを軽減。また、力をかけやすい位置に足が固定されるので、効率よくペダリングできます。

ただし、着脱に慣れていないと咄嗟にペダルから足を外せず、転倒する恐れがある点には注意が必要です。慣れるまで着脱の動作を練習し、走行中に停車する際は、早めにペダルから足を離すようにしましょう。

ビンディングペダルの種類の違いと特徴

固定力が高く力を伝えやすい「ロードバイク用」

By: amazon.co.jp

主に靴裏の3カ所で固定するタイプが展開されているロードバイク用のビンディングペダル。固定力の高いため力を伝えやすく、効率のよいペダルの踏み込みと引き上げをアシストします。

また、パワーロスも少なく推進力が向上できるうえ、負担が抑えられるのも魅力です。ただし、固定力が高い反面、瞬時に着脱がしにくいのが難点。頻繁に足をおろしたり、乗り降りが多かったりするシーンでの使用には不便な面もあります。

ロードレースやロングライドなどで、走行性能の高さを重視する場合におすすめなのがロードバイク用ビンディングペダルです。

固定力が弱めで手軽に使える「MTB用」

By: amazon.co.jp

靴裏の2カ所で固定するタイプがMTB用ビンディングペダル。ロードバイク用と比較すると固定力が弱めで、スムーズに着脱しやすいのが特徴です。そのため、転倒を防ぎやすく、初心者の方が使用するのにも適しています。

また、マウンテンバイクだけでなく、ロードバイクやクロスバイクへの取り付けも可能。クロスバイクを普段使いする場合に、通勤や通学などの街乗りでも気軽に使いやすいのも魅力です。

ビンディングペダルの選び方

固定できる面をチェック

片面タイプ

By: amazon.co.jp

ビンディングペダルには、ビンディングシューズと固定できる面が片方だけのタイプと、両面のタイプがあります。片面タイプは片方だけがクリートと接続でき、もう一方の面はフラットなのが特徴です。

片面タイプは、シーンに応じて使い分けられるのが魅力。本格的に自転車で走りたい際はビンディングシューズを履いてペダルを固定し、気軽に乗りたい場合はフラット面に足を乗せてフリーな状態で走行するなど、使い分けが可能です。

なお、ビンディングシューズを接続するには、接続面を毎回上側に合わせる必要があります。頻繁にステップインとステップアウトを繰り返す場合は、やや手間がかかる点に留意しておきましょう。

両面タイプ

By: amazon.co.jp

ビンディングシューズの固定面が両面のタイプは、どちらの面が上を向いていてもシューズを接続できる点がメリット。ペダルの向きを気にせずにシューズをはめ込めるので、停止状態から走行までの動作がスムーズです。

そのため、ビンディングペダルとビンディングシューズの脱着操作に慣れている方や、基本的にビンディングシューズを履いて自転車に乗る方におすすめ。ただし、ビンディングシューズを履いていないと自転車を漕げないので留意しておきましょう。

ロードバイク用は軽さにも注目

By: amazon.co.jp

ロードバイク用のビンディングペダルを検討する際は、製品重量も要チェック。ペダルが重いほど疲れやすくなるので、なるべく軽量なモノがおすすめです。

本体の材質にカーボンやチタンを採用しているモデルは、比較的軽量なのが特徴。鉄製やスチール製のモデルは、重い傾向にあります。

軽いモデルを探している方は、片側のペダルが150g以下のモノを検討してみてください。なお、軽量なモデルほど価格も高くなる傾向にあるため、予算と相談して選びましょう。

クロスバイク用は走行距離や乗り降りの頻度で選ぼう

By: shimano.com

クロスバイクには、ロードバイク用・MTB用の両方のビンディングペダルを取り付けられます。走行距離や乗り降りの頻度で選んでみてください。

ロードバイク用のビンディングペダルは、固定力が強く安定感も良好。乗り降りの頻度が少ない場合や、長距離のツーリングにおすすめです。

MTB用モデルは固定力にやや劣るものの、脱着の手軽さが魅力なので、乗り降りの頻度が多い方に適しています。また、取り付けたまま歩行しやすいモデルも多く、靴を履き替えるのが面倒な方にもぴったりです。

ビンディングペダルはスニーカーで使える?

By: shimano.com

ビンディングペダルを活用するには、ペダルと接続するクリートを搭載したビンディングシューズが必須です。ビンディングペダルの片側がフラットになっているモノであれば、ビンディングシューズを履いていなくても自転車に乗れますが、足とペダルの固定はできません。

また、すでにビンディングシューズを持っている方は、シューズとクリートの規格に対応するモデルを選ぶ必要があります。他社製品と互換性のあるモノもラインナップされているので、製品の仕様をしっかり確認しておきましょう。

ビンディングシューズについて詳しく知りたい方はこちら

ビンディングペダルのおすすめメーカー

シマノ(SHIMANO)

By: amazon.co.jp

シマノは大阪府に本社を構える、自転車部品・釣具などを手掛けるメーカーです。創業は1921年で、1922年より自転車部品のフリーホイール生産に着手。ロードバイク用・MTB用を問わず、幅広い種類のビンディングペダルをラインナップしています。

競技シーン向けや一般向けのモデルなども取り揃えており、用途や予算に合ったビンディングペダルを選ぶことが可能です。また、シマノではロードバイク用のモデルに「SPD-SL」、MTBやトレッキング向けに「SPD」のテクノロジーを搭載。ペダリング効率と歩きやすさに優れ、快適な走行と歩行を実現します。

ルック(LOOK)

By: amazon.co.jp

ルックはフランスのヌヴェールに本社を構える、自転車フレームや各種パーツを手掛けているブランドです。1984年に開発された「PP65」のビンディングペダルは、ツールドフランスにおけるベルナール・イノー氏の総合優勝に大きく貢献したといわれています。

ルックのロードバイク用ビンディングペダルは軽量なモデルが多く、競技での使用にぴったり。MTB用のモデルは種類が少ないものの、高機能かつ過酷な条件下で使える耐久性があり、コスパにも優れています。

タイム(TIME)

By: amazon.co.jp

タイムは、1987年に設立したフランスの人気自転車ブランド。高品質なカーボンを採用した自転車フレームや、革新的な機構を備えたビンディングペダルを取り扱っており、高い評価を得ています。

タイムのビンディングペダルは、独自技術の「アイクリックシステム」を搭載しているのも特徴です。アイクリックシステムはステップインとステップアウトを簡単に行えるほか、足の角度の自由度を向上できる仕組み。高機能なモデルを多くラインナップしていますが、一般のユーザーでも入手しやすいお手頃のモデルをラインナップしているのも魅力です。

スピードプレイ(SPEEDPLAY)

By: amazon.co.jp

スピードプレイは、1991に設立されたカリフォルニア州のビンディングペダルブランド。スピードプレイのビンディングペダルは独自の丸型形状を採用しており、小さなペダルを大きなクリートでキャッチするのが特徴です。

また、足とスピンドルの間の素材を除去しているので、パワー効率が良好。ペダルの厚みが薄く、空気抵抗も抑えられます。さらに、3軸調節機能を搭載し、使用者に合わせたフロート角度や前後左右の位置を変更できるのも嬉しいポイント。製品数は少ないものの、プロレーサーからも高い評価を得ているブランドです。

ビンディングペダルのおすすめモデル|ロードバイク用

シマノ(SHIMANO) ULTEGRA R8000 ビンディングペダル PD-R8000

軽量化を実現した高性能なロードバイク用モデル

同社の競技シーン向けシリーズ「DURA-ACE」の廉価版モデル。高性能なロードバイク用ビンディングペダルを求める方におすすめです。平均重量はペアで248g。カーボンコンポジットボディの採用により軽量化を実現しています。

ペダルの踏み面はワイドに設計されており、パワー伝達性能も良好。耐久性のあるステンレス製ボディプレートが、本体の曲がりや摩耗を軽減しているのもポイントです。ペダルの軸には負荷を均一に分散するワイドベアリングを配置し、ステップインとステップアウトのテンション調節にも対応します。

シマノ(SHIMANO) DURA-ACE R9100 ビンディングペダル PD-R9100

競技シーンでも活躍できるハイスペックモデル

ハイレベルのシステム工学に基づいて製造されたロードバイク用ビンディングペダルです。平均重量がペアで228gと軽量ながら、高い剛性を備えているのが特徴。ハイスペックモデルなので、競技シーンで活用したい方におすすめです。

世界トップクラスのロードレーサーに焦点を当てて開発した、SPD-SLシステムを搭載しているのもポイント。ペダルとクリート間のシームレスな接触により、ペダリング負荷がかかった状態でも効率的なパワー伝達が可能です。

ビンディングシューズの着脱は、ペダルのテンション設定を行うことで、好みの強さにカスタマイズできます。そのほか、ペダルの軸にはワイドベアリングを配置し、本体にかかる負荷を軽減。重量を軽く抑えられ、素早いペダリングを可能にしています。

シマノ(SHIMANO) PD-RS500 ビンディングペダル EPDRS500

初心者でも簡単に扱えるリーズナブルなモデル

価格が安く、ロードバイク用ビンディングペダルを初めて導入する方におすすめのモデル。ビンディングシューズの着脱がしやすく、テンションの設定にも対応しているので、初心者でも簡単に扱えます。テンションの調節幅が広く、さまざまなシーンに対応できる点も魅力です。

ロードライディング専用に改良されたSPDシステムを搭載しているのも特徴。また、接地面はワイド設計で、ペダリングの力を効率的に伝達できます。プレート素材にはステンレスを採用し、耐久性に優れているのもメリット。なお、ベース素材はスチールで、本体重量がペアで320gとやや重い点には留意しておきましょう。

シマノ(SHIMANO) SHIMANO105 PD-ES600 ビンディングペダル EPDES600

さまざまなシーンで活用したい方におすすめ

ロードバイクにマッチする、SPD仕様のビンディングペダルです。さまざまなシーンでビンディングペダルを活用したい方におすすめ。ロープロファイルのボディを採用しており、重量はペアで279gと軽量です。

SPDテクノロジーを搭載しているので、高いペダリング効率を実現しているのも魅力。また、クリートはソール内に収まるため、装着したまま歩行しやすい仕様です。ステップインとステップアウトのテンション調節にも対応し、使用者の好みに合わせてカスタマイズできます。

ルック(LOOK) KEO ブレード カーボン ビンディングペダル PEKBC23407

軽い力で扱いやすく力に自信のない方でも安心

スチールベアリングアクスルボディに、コンポジット製ブレードを装着したビンディングペダル。シャフトにはクロモリアクスルを採用しており、耐久性も良好。重量は片側115gと軽量です。

本製品は軽い力でステップイン・ステップアウトができるので、力に自信のない方でも安心して使用可能。信号の多い街中などの、タウンユースにもおすすめです。

シマノ(SHIMANO) TIAGRA 4700 ビンディングペダル PD-R550

高い走行性と耐久性を併せ持つビンディングペダル

幅広い強さで調節できるスプリングテンションを備えたビンディングペダルです。初心者の方は固定力を弱めに設定して外しやすくしたり、上級者の方は強めにしてペダリングの効率を高めたりと調節ができます。

また、ワイド設計の踏面を採用しており、ペダリングが安定しやすいのも特徴です。さらに、ワイドベアリングの搭載により均一に負荷が分散。踏み込みの力が伝わりやすく、スムーズなペダリングと走行をサポートします。

ほかにも、強度に優れるステンレス製のボディプレートも特徴のひとつ。たわみの発生や摩耗を軽減します。走行性と耐久性の高さを併せ持つ、おすすめのビンディングペダルです。

ルック(LOOK) KEO 2 MAX カーボン ビンディングペダル PEK2M16090

片側重量125gと軽量で、負担が抑えてスムーズに走行しやすいビンディングペダルです。同ブランドから展開されている「KEO 2 MAX」に改良が施された上位モデルで、クリートに接続する面が25%拡張。パワーの伝達効率がよく、ペダリングをサポートします。

また、オーバーサイズでクロモリ製のアスクルには、ニードルベアリングを中心部に搭載し、大型シールドベアリングを内側に配置。耐久性やねじれに対する剛性の向上にも貢献します。レースへの参戦や長距離のサイクリングなど、幅広い用途におすすめのビンディングペダルです。

ルック(LOOK) KEO クラシック 3 ビンディングペダル PEKC15837

ボディの構造を簡素化することで、大幅なコストダウンを実現したビンディングペダルです。ソフトなスプリングテンションを採用しているのが特徴。ステップインとステップアウトが簡単で、力に自信のない方でも扱いやすい仕様です。

本体重量は、片側で140gと軽量。クリートの接地面が大きく、安定したペダリングと優れたパワー伝達性能を実現しています。値段も比較的安く、初めてビンディングペダルを導入する方におすすめです。

タイム(TIME) XPRESSO 7 ビンディングペダル T2GR012

本体のカーボン素材と中空のスチールシャフトにより、軽量性と耐久性を兼ね備えたロードバイク用ビンディングペダルです。重量は片側99gと軽く、競技シーンでの使用にも適しています。

また、ペダルとクリートの接触面積を大きくすることで、安定したペダリングを実現。クリートが自在にフローティングするので、負荷の軽減が期待できます。シューズとクランクの距離は調節可能で、好みに合わせて使用できる点も魅力です。

シューズとペダルの嵌合方法は、クリート先端をペダルのフックにはめ込み、かかとを下げるだけ。簡単にステップインできるため、操作に手間がかかりにくいのが魅力です。

タイム(TIME) XPRESSO 2 ロードビンディングペダル T2GR009

プリオープンシステムの採用により、スムーズなステップインとステップアウトを実現するビンディングペダル。15°の傾きで無駄に力を入れる必要もなく簡単に着脱できます。「タイム」独自の、関節への負担を抑えるフローティング機構が搭載されているのもポイントです。

また、踏面がワイドに設計されているため、ペダリングが安定しやすいのも特徴。重量は片側で115gと軽量なので、走行での負担も軽減します。少ない負担で、走行の快適性を重視する方におすすめのビンディングペダルです。

スピードプレイ(SPEEDPLAY) ゼロ ビンディングペダル 0905-01-61165

小型で、片側の本体重量を103gまで軽量化したビンディングペダル。スピードプレイ独自のデュアルサイドエントリーシステムを搭載しており、ステップインが簡単に行えます。本体が薄型のため、車体を傾けたときに路面に当たりにくいのも特徴です。

パワー伝達性能が高く、効率のよいペダリングを実現できるのも魅力。付属のクリートは靴底への装着時に、前後・左右・振り幅を個別に調節できます。フロート角度は最大15°までの調節に対応し、足の可動域が広がるのもポイントです。

クリートには、ラバー素材を採用。形状がスリムで、自転車から降りたあとも歩行がしやすく、ツーリングでの使用にも重宝します。

ビンディングペダルのおすすめモデル|MTB用

シマノ(SHIMANO) PD-EH500 ビンディングペダル EPDEH500

片面が簡単に着脱できるライトアクション仕様のライト層向けビンディングペダル。もう片面はフラット形状なので、ビンディングシューズなしの状態でも自転車に乗れる気軽さが魅力です。

本製品にはトゥークリップがないため、ペダルとアウトソールを一体化させることが可能。ペダルに伝達するパワーと、自転車のコントロール性能を向上します。また、装着したまま快適に歩けるので、街乗りで使用する際にもおすすめです。

そのほか、ステップインとステップアウトのテンション調節に対応しているため、初心者でも簡単に着脱可能。フラット面の凹凸により、優れたグリップ性を備えているのも嬉しいポイントです。

シマノ(SHIMANO) PD-ED500 ビンディングペダル PDED500

トレッキングにぴったりの、ライトアクションSPDペダルを搭載したモデルです。SPD仕様でパワーが伝達しやすく、効率のよいペダリングが可能。コントロール性能も良好で、安定感のある走りを実現します。

本製品には、多方向へステップアウトできるマルチクリート「SM-SH56」が付属しており、スムーズな嵌合・切り離しが可能。ステップインとステップアウトのテンション調節が可能なほか、両面に固定できる仕様のため、装着がスムーズで快適にライディングを楽しめます。流線形のおしゃれなデザインもポイント。価格が安く、初心者の方にもおすすめです。

シマノ(SHIMANO) PD-M9100 ビンディングペダル PDM9100

泥除け機構と高い剛性を備えたMTB用ビンディングペダル。MTB用のハイエンドモデルなので、レースなどで本格的に使用したい方にもおすすめです。ペダルとシューズの接地面の性能が高く、安定したペダリングを実現。負荷を均一に分散するワイドベアリングを採用しているため、アクスルがスリムながら耐久性は良好です。

また、SPDテクノロジーを搭載しているので、他社製品との互換性がよく、歩行性にも優れています。さらに、走行中にはねた泥をはじくため、安定したステップインとステップアウトが可能。重量はペアで約310gと軽量なのも特徴です。

シマノ(SHIMANO) DEORE LX PD-T421 ビンディングペダル EPD421

ツーリングやヒルクライムなど、さまざまなシーンで心地よい走りを実現するビンディングペダルです。パワー効率の向上を実感しやすく、長距離走行においても疲れにくいのが魅力。また、リフレクターを搭載しているので、交通量の多い場所で使用にも適しています。

本製品はライトスプリング仕様で、少ない力でステップインとステップアウトが可能です。付属のマルチクリート「SM-SH56」を使えば、多方向のステップアウトにも対応。テンションの強さも調節可能で、好みに合わせてセッティングできます。片面はフラット形状のため、スニーカーなどで気軽に出かける際にも便利です。

ルック(LOOK) X-TRACK RACE ビンディングペダル PEXT18222

同社の「X-TRACK」シリーズのハイエンドモデルのカーボンボディを、コンポジットボディに変更することでコストダウンしたビンディングペダル。本体に合成素材を採用しており、片側重量は182gと従来モデルから軽量化を実現しています。

また、防水性能が高いのも魅力です。ペダルの中心にボールベアリングを、クランク側にはペダルボディ寄りにベアリングを配置。さらに、大型の防水キャップを搭載することにより、水の侵入を防ぎます。

高性能ながら価格が比較的リーズナブルなので、タウンユース用にもおすすめ。ほかにも、クリートはシマノのSPDと互換性があるため、使用モデルを変えたい場合にも便利です。

タイム(TIME) ATAC MX2 ビンディングペダル FY18-MX2

泥やゴミを自動的に取り除く形状を採用したビンディングペダルです。汚れが落ちやすいセルフクリーニングシステムを搭載しているのが特徴。片側あたりの重量は197gとやや重めです。

アタックイージークリートが付属しており、ステップインが簡単なのが特徴。そのほか、スプリングテンションは自動的に調節されるため、複雑なセッティングの必要はありません。価格もリーズナブルで、気軽にビンディングペダルを導入したい方にもおすすめです。

タイム(TIME) ATAC XC4 ビンディングペダル T2GV004

軽量で耐久性にも優れる中空スチールシャフトを採用したビンディングペダル。重量は片側で147gと軽量なので、オフロードなどの難易度の高い路面での走行で負担軽減が期待できます。スムーズなペダリングをサポートするのが魅力です。

また、着脱のしやすさをアシストするアタックイージークリートも付属。ステップインとステップアウトがしやすく、初心者の方や乗り降りの多いシーンでの使用にもおすすめのビンディングペダルです。

ゴリックス ビンディングペダル GX-PM811

コスパに優れた、汎用性の高いビンディングペダルです。ロードバイク・クロスバイク・MTBに対応しているほか、シマノのSPDモデルにも使用可能です。片側がフラット形状のため、革靴やスニーカーで自転車に乗るときにも使えます。

ペダル本体の調節ネジを操作すれば、クリート固定の強弱を変更可能。六角レンチでペダルを交換できる手軽さもポイントです。本体重量はペアで約333g。価格が安く、ビンディングペダルを気軽に使ってみたい方にもおすすめです。

HEPINGJIANGENBO MTBペダル ZP-109S

なるべくコストを抑えながらビンディングペダルを導入したい方におすすめのモデル。価格は安いものの、十分な機能性を備えているのが魅力です。片面がフラット形状なので、さまざまなスタイルでの使用に対応します。

また、スプリングテンションの調節も可能で、使用者のレベルや用途に合わせてカスタマイズ可能。スピンドルには、高強度で耐久性に優れるクロムモリブデン鋼を採用しています。本体にはアルミ合金を用いており、ペダルの重量を片側約170gまで軽量化しているのも特徴です。

さらに、フラット面には、滑り止め機能を搭載。凹凸部分が丸みを帯びており、ケガをしにくいように設計されています。リフレクターも搭載されているため、車の多い街乗りにも便利。広い踏み領域により、安定性も良好です。

ビンディングペダルのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ビンディングペダルのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。