食品を調理するときに活躍するオーブンレンジ。温める機能と焼く機能の両方を搭載しているので、食材の下ごしらえをはじめ、蒸し料理や煮込み料理などに幅広く対応していて便利です。そこで今回は、オーブンレンジのおすすめ製品をご紹介します。

トーストにおすすめのオーブンレンジ

東芝(TOSHIBA) 石窯ドーム ER-PD7

トースト専用メニューを搭載しているスチームオーブンレンジ。6枚切り食パン1〜2枚を約5分45秒で焼けます。焼き始めてから約3分40秒後にブザーが鳴り、食パンを裏返すタイミングをお知らせしてくれるので、どなたでも美味しいトーストが作れます。「石窯スチーム機能」を使えば、茶碗蒸しなどの蒸し料理も簡単にできておすすめです。

お菓子作りにおすすめのオーブンレンジ

パナソニック(Panasonic) 3つ星 ビストロ NE-BS1300

低温80℃から高火力300℃まで対応しているオーブンレンジ。密度の高い蒸気を庫内上部に閉じ込める「スピードスチーム機構」が、火の通りや生地のふくらみをよくしてくれます。

パンやお菓子を作るときは焼き時間が長いと乾燥してしまいますが、このオーブンレンジは予熱もしっかりと考慮して時間を調整するので、焼き過ぎずに美味しく仕上がっておすすめです。庫内は上下に分かれた2段コンベクションタイプ。バターロールなら1度に24個焼けます。

一人暮らしにおすすめのオーブンレンジ

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) EMO6013

簡単操作が魅力的な「アイリスオーヤマ」のオーブンレンジ。加温時間を重量で自動的に判別するため、料理を入れてボタンを押すだけで簡単に温められます。そのほかご飯や揚げ物の温め、刺身の解凍など豊富な自動調理メニューを揃えていて便利。料理が苦手な男性の一人暮らしにおすすめです。

三菱電機(MITSUBISHI) ZITANG RG-GS1

"時短"を重視した「三菱」のオーブンレンジ。容量が13Lとコンパクトなので、庫内の温度を上げるための予熱が不要でスピーディーに調理できます。もちろん機能面も充実。電子レンジから自動でグリルに切り替わる「リレー調理機能」を搭載していて、調理時間の短縮に一役買っています。

ツインバード(TWINBIRD) センサー付フラットオーブンレンジ DR-E851BR

赤外線センサーで料理の分量を判別してくれるオーブンレンジ。分量を考慮して温め時間を自動調整するので、時間の設定をする必要がなくスムーズに温められます。ダイヤル式のタイマーを採用しているため、手動で時間を調整するときも簡単です。

「ごはん」や「解凍」など、よく使うメニューは専用のボタンがあるためワンタッチで温め可能。容量18Lとコンパクトなので、狭いスペースにもラクに置けて便利です。

パン焼きにおすすめのオーブンレンジ

日立(HITACHI) ベーカリーレンジ ヘルシーシェフ MRO-SBK1

ベーカリー機能を搭載していて、簡単にパンを作れる「日立」のオーブンレンジ。材料を投入して予約ボタンを押せば、練る過程から焼く過程までを自動で行ってくれます。完成までの所要時間は食パン1斤なら約90分です。「ねり機能」や「混ぜ機能」を活用すれば生キャラメルやお餅なども製作できます。

料理を作るのにおすすめのオーブンレンジ

東芝(TOSHIBA) 石窯ドーム ER-PD3000

「東芝」の過熱水蒸気オーブンレンジ。30Lと十分な容量を確保していながら、奥行きが約39.9cmなのでコンパクトなキッチンボードにも収まり使い勝手がよいです。

庫内の赤外線センサーが料理を判別し、包み込むように温めてくれます。解凍モードは「お急ぎ解凍」「スチーム全解凍」「さしみ・半解凍」の3つを搭載していて、食材や用途によって使い分けが可能。冷凍品の利用頻度が高い方におすすめです。

日立(HITACHI) ヘルシーシェフ MRO-SS8

商品価格 ¥ 36,299

重さに合わせて調理を行う「日立」のオーブンレンジ。庫内の底面にあるスキャナーが分量を測定して、適切な温度で温めてくれます。料理によってマイクロ波やスチームの量も調整してくれるので、常温品と冷蔵品の同時温めができて便利です。100℃を超える高い過熱水蒸気が食品の脂を落とすため、ヘルシーに仕上がるのも魅力的。健康志向の方におすすめです。

シャープ(SHARP) ヘルシオ AX-XW300

音声対話機能を搭載しているオーブンレンジ。料理のジャンルや使いたい食材を話しかけると、メニューを考えてくれます。調理履歴やそのときの天候などを考慮したレシピを提案してくれるのでおすすめ。冷凍食品、冷蔵食品、常温食品をまとめて調理できる機能「まかせて調理」も便利です。

庫内が上下2段に分かれており上段はパン、下段はスープと使い分けられます。忙しくて時間がない方でも、本格的な料理をサクッと作れて使い勝手がよいです。

オーブンレンジとは?

By: amazon.co.jp

熱によって食品を温めたり焼いたりできる"オーブン機能"を搭載している電子レンジが「オーブンレンジ」です。蒸し料理を作るのであれば、スチームを噴射するタイプの製品がおすすめ。ヘルシー志向な方は、高温の水蒸気で脂を落としてくれる過熱水蒸気機能付きの製品がおすすめです。

電子レンジとオーブンレンジの違い

By: amazon.co.jp

電子レンジは電磁波によって食品自体の温度を上げる仕組み。そのため、電子レンジで食品を温めたり解凍したりできても、表面に焦げ目を付けたりはできません。

一方オーブンは、ヒーターの熱を送ることで庫内全体の温度を上げるので、火で焼いたときと同じように焦げ目を付けられます。電子レンジとオーブン両方の機能を使えるのがオーブンレンジです。単に温めるだけなら電子レンジ、じっくり焼きたいならオーブン、と1台で使い分けられます。

オーブンレンジの置き場所

By: amazon.co.jp

機能が増えれば増えるほどサイズも大きくなります。オーブン機能が付いていると熱量も増えるため、周囲に十分な放熱スペースが必要です。また、電気を多く使用する家電製品なので、事故防止のために必ずアース線を設置しましょう。

オーブンレンジの選び方

By: amazon.co.jp

選び方で1番重視したいのは庫内容量。20L前後の小型オーブンレンジは単身向け、25L前後の中型オーブンレンジは2人向け、30L前後の大型オーブンレンジは家族向けです。ただしあくまで目安なので、一人暮らしでも料理が好きな方は中型以上の製品をおすすめします。