印鑑を捺すときに欠かせない「朱肉」。捺印の際に大切なことは、印影がかすまないようにくっきりと捺すことです。いつもうまく捺せない方は、使っている朱肉に問題があるかもしれません。

また、実印のように大切な印鑑を長く使い続けるためにも適切な朱肉を選ぶことが必要です。そこで今回は、朱肉の種類や選び方を解説します。おすすめの朱肉も多数紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

朱肉とは?

朱肉とは、印鑑を使うときに用いる朱色の印肉のことです。印肉は、銀朱・ヒマシ油・松脂・もぐさ・和紙などを原料にして作られています。明治初期に国内における印鑑の研究が進み、安価な朱肉が出回るようになりました。

朱肉の朱は経年劣化に強いため、公的な書類へ捺印する際にしばしば使われます。また、スポンジ朱肉と練り朱肉に種類が分かれており、捺印する書類に応じてそれぞれ適切な朱肉が分かれるので注意しましょう。

朱肉とスタンプの違い

By: amazon.co.jp

朱肉は印鑑に用いるもので、スタンプ台はゴム印のためのものであるため、両者は厳密には異なります。朱肉の特徴は、紫外線に強く、年月を経ても退色せず鮮やかな色が保たれるという点。また、水に浸けてもにじまないので、長期保存が必要な書類の捺印に適しています。

一方で、スタンプ台は油に弱いゴム印用なので、水性インクで作られているのが一般的です。水性インクは光にさらされると退色し、水にも溶けてにじみやすいので、長期保存には向きません。

スタンプ台で印鑑を捺印すると印面に朱色がつきにくいため、印影にかすれが生じてしまいます。印影が不鮮明だと、銀行や役所での手続きや契約書の取り交わしができない場合もあるので、印鑑には朱肉を使用するのがおすすめです。

朱肉の選び方

朱肉の種類をチェック

スポンジ朱肉

By: amazon.co.jp

スポンジ朱肉とは、スポンジやフェルトに、朱色の顔料と松脂などを混ぜたインクを染み込ませたものです。速乾性があるので、捺印後にほかの書類に朱色がついてしまうなどの失敗も防げます。印面にインクがムラなくつくので、きれいに捺印が可能。また、専用インクがあるので補充も簡単です。

練り朱肉と比べると印影の鮮明さや耐性の面で劣りますが、使い勝手がよく価格も手頃なので、ビジネスをはじめさまざまなシーンで広く使われています。

練り朱肉

By: amazon.co.jp

練り朱肉の特徴は、重厚感のある深い朱色で、厚みのある鮮明な印影を出せること。原料である銀朱にひまし油や和紙などを混ぜ、練り固めて作られます。何十年経っても印影が変色や退色をしにくいので、長期間保存しなければならない重要書類や書画の落款(らっかん)に最適です。

デメリットは、スポンジ朱肉と違って乾きにくい点。また、朱肉はメンテナンスを怠ると粘度が変質してしまうこともあります。スポンジ朱肉にはない色の深みや、耐久性が欲しい方におすすめです。

用途で選ぶ

普段使い用

By: amazon.co.jp

宅配便の受け取りの際などに、印鑑と朱肉が一体になったシャチハタを使用している方も多いはず。しかし、シャチハタは役所や銀行などの公文書では使えないケースがほとんどです。

普段使い用には、気軽に使えて、きれいに捺印できるスポンジ朱肉がおすすめ。受取印のような簡易的なシーンはもちろん、公用文書まで幅広いシーンに対応できます。また、宅配便などで頻繁に使っても、インクの補充が簡単にできるのもポイントです。

ビジネス・就活用

By: amazon.co.jp

仕事で大量の書類に捺印する場合には、速乾性があり、安定した仕上がりのスポンジ朱肉がおすすめ。一方、ビジネスの契約書や、長期保存しなければならない重要書類には、捺印後の劣化が少ない練り朱肉を選びましょう。

大きな商談の契約や就活など、大切なシーンで高価な練り朱肉を使い、捺印するのもおすすめの使い方です。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

直径約30mmの30号くらいだと、手のひらに乗るコンパクトサイズで持ち歩きも便利です。なお、印鑑登録できるのは最大25mmまでの印鑑なので、30号をひとつ持っていれば大体のシーンに対応できます。

持ち歩かず、家やオフィスのデスクに置いて使用する場合は、ひと回り大きいサイズがおすすめ。直径約60mmの60号サイズくらいなら余裕を持ってきれいに捺印できます。

安過ぎないものをチョイス

最近では、100円ショップでも朱肉を購入できますが、安価で品質の悪い朱肉を使うと印鑑の印影がかすんだりして、書類作成を一からやり直すはめになることもあります。いくら印鑑の捺し方を練習しても、しっかりとした朱肉を使わなければキレイに捺印することはできません。

重要書類などに使用する実印や銀行印を選ぶときは、素材や品質にもこだわって、価格の高いものを購入することが多いので、朱肉も合わせて品質の確かなモデルを購入するようにしましょう。

朱肉のおすすめ|スポンジ朱肉

シヤチハタ 速乾 朱肉 コンパクトタイプ 30号 黒

「速乾」という名の通り、約3秒で乾くスポンジ朱肉。乾きが速く、印影もきれいに出る人気のモデルです。47.4×47.4×14.5mmのコンパクトサイズ。汎用性の高い30号で、さまざまなシーンに対応できます。

耐光性に優れた朱肉を採用しているため、長期にわたりきれいな捺印が可能です。普段使いから、ビジネスの重要書類までマルチに活躍。補充用インクも別売りであるので、気軽に使えるおすすめの朱肉です。

シヤチハタ 朱肉エコス MG-30EC

同メーカーの品質はそのままに、環境に配慮して開発された朱肉。ボディーはリサイクル樹脂で作られ、パッケージには再生紙が採用されています。

盤面には「シルケット加工」が施されたスポンジを採用。さらに、独自の顔料系朱油を使用することで、にじみの少ない鮮明な印影が可能です。転写しにくく耐久性にも優れているので、長期保存書類の捺印に最適。

コンパクトサイズなうえ、蓋がネジ式のため持ち運びに便利です。30~90号まで幅広いサイズをラインナップしているので、自分の利用シーンに合ったモデルを選んでください。

マックス 瞬乾 朱肉 プレミオ 40号 SA-4004PS

約3秒で乾く速乾性の高さが魅力の朱肉。捺印後に書類を重ねても裏写りしにくいので、スピーディーに作業が進みます。捺印する書類をたくさん抱えている方におすすめのモデルです。

浸透性朱液を採用しているため、蓋を開けっぱなしにしても乾燥しにくいのがポイント。1週間、蓋を開けておいてもインク残存率が95%というテスト結果が出ています。また、インクパッドは多層構造を採用しているため強度が強く、繰り返し使用してもへたりにくいのも特徴です。

30~90号の幅広いサイズを取り揃えているほか、社判に最適な角印もラインナップしています。速乾性があり、きれいな印影が出る朱肉を探している方はぜひチェックしてみてください。

マックス スタンプ台 朱肉 プレミオ 爽流 SA-4004PD/K ソウリュウ

漆調の「漆黒」ケースに、金色の箔押しが施してある高級感溢れるモデル。デザインだけでなく、実用性のある朱肉です。

「超微粒子インク」の採用により、鮮明な印影が可能。約3秒で乾く優れた速乾性のため、連続捺印なども快適でスピーディーに作業が進みます。

蓋を開けっぱなしにしても乾きにくく、1週間後のインク残存率は95%。うっかり蓋を閉め忘れても、変わらずきれいな捺印が可能です。盤面は圧力を均一に分散させる多層構造のため、軽く押し付けてもしっかり捺印できます。

また、柄は「ソウリュウ」のほか、「サクラ」「モミジ」「ツバキ」などもラインナップ。自分の好みに合ったモデルを選んでみてください。

三菱鉛筆 朱肉 ユニ くっきり乾一 30号 HSN‐S30K

捺印後、約3秒で乾くのがメリットの朱肉。捺印後に書類を積み重ねるときやFAX、コピーの際にもストレスなく効率的に作業が進みます。「ミクロ繊維表布」の採用により、朱肉特有のべったりした質感がなく、きれいに印影が出るのが特徴です。

軽量かつコンパクトサイズで、携帯性も良好。必要なときにかばんからサッと取り出せます。30~60号までラインナップしているほか、補充用のインクもあるので長い間愛用できる朱肉です。

シヤチハタ 印マット付き朱肉 シクオス MGM-30/H-4

蓋が印マットになる便利な朱肉です。サイズは盤面が32mmで、ケースは55.2×55.2×18.4mm。ポーチやペンケースにも収まるコンパクトサイズが魅力で、気軽に持ち運びできます。

印肉には高品質な顔料系朱油を採用しているため、乾きが速くにじみやかすれのない捺印が可能。また、耐水・耐光・耐薬品性に優れているので、長期保存する書類の捺印に向いています。ビジネスシーンでも十分に使える朱肉を探している方におすすめです。

朱肉のおすすめ|練り朱肉

丸山工業 金龍 公用朱肉 50号 KB-5

契約書や証書、表彰状などの長期保存が必要な紙への捺印に最適な朱肉。にじみが少なく、印影がはっきりと出て深みのある捺印ができます。

高品質のうえ、価格も安く、コストパフォーマンスに優れたモデルです。サイズは50号のほか、200g入りもラインナップ。実務で頻繁に使う方には、200gがおすすめです。

KATOMOKU 朱肉50号 ウォールナット 艶あり仕上げ km-08U

岐阜県郡上八幡に拠点を置く加藤木工工業とシヤチハタのタイアップ製品。ケースに高級材ウォールナットを採用し、仕上げには高級感のあるウレタン加工が施されています。

職人によりひとつひとつ丁寧に作られており、スペシャル感があります。長く愛用できる朱肉を探している方や、おしゃれな友人へのプレゼントにも喜ばれるモデルです。また、よりナチュラル感を求めている方向けにオイル仕上げのモデルもあるので、ぜひチェックしてみてください。

日光印 印泥 40号 赤口

黒字に白い花がデザインされ、洗練された雰囲気の練り朱肉。リーズナブルな価格でありながら、朱の色合いと印影のきめ細やかさがポイントのモデルです。

保存している間に乾いたり、固くなったりすることがないので、捺印前に練り直す必要がありません。また、自然環境に害のないメーカー独自の「有機顔料」を採用。鉛・水銀・カドミウムなどの重金属が一切含まれていないため、長期にわたり使い続けても安心です。

鮮明で、深みのある印影が可能なうえ、耐光性にも優れているので、長期保存の必要性がある捺印に最適。品質を求めつつ、手入れのしやすい練り朱肉を探している方におすすめです。

シャチハタ 朱肉 鯱旗印肉 公用 50号 MKN-50

高品質な有機顔料を採用しているため、にじみが少なく鮮明な印影を出せる朱肉。朱肉の繊維が付着してしまう煩わしさもなく、使い勝手のよいモデルです。

印肉が固くなったり、油分が分離したりすることがないので、使用前の練り直しが不要。また、有機顔料には鉛・水銀・カドミウムを含んでおらず、環境や人体への影響を配慮しています。

鮮明な印影が長期保存でき、公文書や証券、書画の落款(らっかん)に最適。扱いやすく、価格もリーズナブルなので、はじめての練り朱肉におすすめです。

日光印 四季朱肉 秋景色 桐箱入り

季節を感じさせるデザインが美しい練り朱肉。鮮明な印影が出せるほか、手入れも容易で使用前の練り直しなども必要ありません。また、有機顔料を採用しているため、人体や環境への影響も配慮されています。

秋景色は「萩」、春景色は「桜」、夏景色は「アヤメ」、冬景色は「牡丹」がデザインされているのが特徴です。季節によって朱肉の色も違い、春の「黄口」から冬の「濃赤」へと深みを増す色合いがポイント。4つセットで購入して、1年を通して四季折々の変化を楽しめるこだわりの朱肉です。