日常生活はもちろん、災害時にも活躍する「乾電池」。その種類は大きく2つに分けられ、CDプレーヤーなどに使う「アルカリ」タイプや懐中電灯などに使用される「マンガン」タイプがあります。しかし、見た目は同じなのでパッと見て違いを判断するのは至難の業です。

そこで今回は、なかなか違いがわからずどれがよいのか迷いがちという方へ、それぞれのメーカーや商品の特徴を踏まえた乾電池をご紹介します。

乾電池の選び方

乾電池の種類で選ぶ

アルカリ乾電池

By: amazon.co.jp

アルカリ乾電池の特徴は、パワフルで長持ちするという点です。マンガン乾電池と比較すると、より大きな電流を流すことができるほか、約2倍以上も長持ちする製品が多いこともメリット。長い時間の連続使用にも向いています。

例えば、ラジオやゲーム機、シェーバーなどにはアルカリ乾電池がおすすめ。ほかにも、光るおもちゃやプラレール、ガスコンロなど、消費電力が高く利用頻度が多い製品において、アルカリ乾電池は活躍します。

ちなみに、乾電池の種類やメーカーに関係なく、交換は全てまとめて行うことが重要です。新しい乾電池と古い乾電池を一緒に使ってしまうと全体のパワーが落ちてしまい、場合によっては古い乾電池の液漏れに繋がることもあるので、注意しましょう。

マンガン乾電池

By: amazon.co.jp

歴史が古く、世界中で使用されているマンガン乾電池はコスパがよく、省電力で利用頻度の少ない機器であればアルカリ乾電池よりも長期間使えます。

例えばリモコンなど連続使用しないものや、ごくわずかな電力でも動く時計などであれば、マンガン乾電池で十分です。アルカリ乾電池よりパワーの面では劣るものの、「休ませることで出力が回復する」持久力がメリット。時計のようにたまにしか使わないものに適しています。

ちなみに、アルカリ乾電池とマンガン乾電池の併用は、発熱や破裂、液漏れの恐れがあり大変危険です。乾電池を2個以上使用する際には、同じ種類かつ同じメーカーの乾電池を揃えて使いましょう。

電池のサイズを確認

乾電池には「単〇形」というサイズ表記があり、製品ごとの放電できる容量の違いが記されています。例えば、日頃からよく使用する円柱状の乾電池には単1~単5までのサイズがあり、数字が小さいほどサイズが大きく大容量です。

大型ストーブやライト、ガスコンロなど、継続して長時間電力を流す必要がある機器は単1形が使われています。一方、子ども用の小さなおもちゃやリモコンなど、あまり大きな電力を必要としない機器の場合は容量の小さい単3形や単4形電池が一般的です。

最近では乾電池のサイズ転用ができる「変換スペーサー」も種類が増え、使用する人も増えています。しかし、変換はあくまで「一時的」で「応急措置的」な方法であることを忘れてはいけません。スペーサーを利用した乾電池は、外観的な寸法を補助されているだけなので、長期間使用には不向きです。スペーサーを応急処置で使用する分には構いませんが、長期間使用の場合には必ずその寸法に合った乾電池に早めに交換するようにしましょう。

乾電池のおすすめメーカー・ブランド

パナソニック(Panasonic)

By: rakuten.co.jp

「世界一長持ち」としてギネスブックに登録された乾電池の「EVOLTA」で有名なパナソニック。家電量販店はもちろん、コンビニからスーパーまでどこでも手に入る手軽さがあり、圧倒的な人気を持つメーカーです。ハイグレードの「EVOLTA」は、大電圧機器の連続使用には欠かせないほどパワフルな乾電池ですが、ほかにも小電力用のアルカリ乾電池をラインナップしています。

特徴は、全体的に見ると比較的リーズナブルな商品も多く、液漏れしにくさや安全面で定評があるという点。ただし、ほかの乾電池に比べるとわずかに太いので、なかにはうまくはまらない機器がある点には注意してください。

三菱電機(MITSUBISHI)

By: rakuten.co.jp

三菱のラインナップには、大電力向けの「アルカリEX」と小電力向けの「アルカリG」といった2つのタイプがあります。乾電池を製造する際に環境負荷を軽減させるための工夫を凝らしているのも特徴です。

長年改良を積み重ねてきた乾電池製造の技術は信頼でき、耐漏液性能といった液漏れについての対策も万全。環境にやさしい商品が特徴的なメーカーです。

アマゾンベーシック(AmazonBasics)

By: amazon.co.jp

コスパのよさと優れた放電性能に定評があるAmazonの自社ブランド。使用推奨期限は10年で、1年間は日本国内保証付き。他社にはない耐漏液性に対する特許を取得しており、保管中および過放電使用時でも高い信頼性があります。

保管時の劣化防止に力を入れているのも大きな特徴。極めて安価にも関わらず高性能なので、コスパ重視の方におすすめです。

乾電池のおすすめ

パナソニック(Panasonic) エボルタ 単3形アルカリ乾電池

パナソニック(Panasonic) エボルタ 単3形アルカリ乾電池

パナソニックの人気ブランド「エボルタ」シリーズモデルです。アルカリ乾電池のなかでは価格がやや高めですが、性能が高く安心して使えるので満足度が高く、リピーターも多く存在。発売当時からパワフルさとスタミナに定評がありましたが、近年はさらに改良が進んで性能も向上しています。

単3形に限らず、単4形も連続使用時間が約20%もアップ。ほかにも、長く使い続けても放電性能が劣化しにくいタフコートを採用しており、従来品より長期間の使用が可能です。

三菱電機(MITSUBISHI) アルカリ 単3形乾電池

三菱電機(MITSUBISHI) アルカリ 単3形乾電池

使用推奨期限は4年でコストパフォーマンスに優れている三菱のアルカリ乾電池。乾電池はどうしても長期保管しがちですが、長期保管に強く、性能が劣化しにくい製品です。

さらに、「瞬発力を重視するなら三菱」と言われるほどの定評があり、瞬間的なパワー性能を重視する製品におすすめ。電池式の生活家電や、シェーバーなどでも力を発揮します。

ソニー(SONY) スタミナ アルカリ 単3形乾電池

ソニー(SONY) スタミナ アルカリ 単3形乾電池

安心の国内製造で、価格もリーズナブルなソニーの乾電池。カラーデザインも単色的でスタイリッシュです。素材を薄くしたり、配合を見直す工夫を施したりすることによって、従来品より連続使用時間が向上しています。

使用推奨期限も10年と長めで、安価で使いやすく防災グッズなどの備えにもおすすめ。緊急時に備え、充電式電池の代用として補助的に持っておくのもひとつです。

富士通(FUJITSU) Long Life アルカリ 単3形乾電池

富士通(FUJITSU) Long Life アルカリ 単3形乾電池

とにかく国内製の製品を安く手に入れたい、という方におすすめなのが富士通のアルカリ乾電池。液漏れのしにくさと、コスパのよさが人気の製品です。本製品は、長持ちを重要視しているので携帯ゲーム機器や電子辞書・時計などでの使用に適しています。

漏液は機器の故障にも繋がるので避けたいところですが、本製品は手頃な価格でありながら、富士通独自の液漏れ防止技術「トリプルブロック」によってきちんと液漏れを防止してくれるので安心。ちなみに、電子辞書や音楽プレーヤーなど、電圧の低さがそれほど影響しない機器では、おなじく富士通の乾電池「PremiumG」が向いています。

アマゾンベーシック(AmazonBasics) アルカリ 単3形乾電池

アマゾンベーシック(AmazonBasics) アルカリ 単3形乾電池

コスパのよさがウリのAmazonベーシックの乾電池。100本セットなど、一度に大量に買うことができるので業務用にも使用しやすいですが、放電容量が少ないので注意が必要です。保存可能期間が10年と長いため、まとめ買いによって電池を劣化させてしまうこともありません。

耐漏液性の特許技術を採用しているため、保管中および過放電使用時の液漏れのリスクが低いのもメリットです。単3形乾電池は使用頻度が高いので、まとめて買い置きしたい方におすすめします。

パナソニック(Panasonic) ネオ マンガン 単3形乾電池

パナソニック(Panasonic) ネオ マンガン 単3形乾電池

リモコン類や、時計類などあまり電力を使用しない製品におすすめするパナソニックのマンガン乾電池です。アルカリ乾電池と比べ液漏れに強いため、利用している機器を故障させるリスクを軽減できます。

現在ではマンガン乾電池の取り扱い自体が少なくなってきましたが、ここぞという用途を選べば長持ちするため、1セットは家庭に備えておきたい製品です。