毎日の洗濯に重要な「物干し竿」。種類によって使い勝手のよさや耐久性は変わってきます。干す作業の効率アップにつながるので、用途に合わせてしっかり選ぶのが大切です。

そこで今回は、人気の物干し竿をピックアップしてご紹介。選び方のポイントについても解説します。買い替えを検討している方や引っ越しなどで新たに購入する必要がある方はぜひ参考にしてみてください。

物干し竿の選び方

室内向けか屋外向けかで選ぶ

室内向け

By: nasta.co.jp

物干し竿を室内で使用する場合はどうしても目に入ってしまうため、ステンレスやアルミの銀色むき出しのアイテムでは生活感が出てしまいがちです。シンプルなカラーでコーティングしてあったり、スタイリッシュなデザインを施してあったりする室内用物干し竿がおすすめ。

特に、壁の色と合わせて選択すると部屋によくなじみ、生活感が出てしまうのを防げます。また、耐荷重がしっかりあるモノを選べば洗濯物はもちろん、ちょっとした洋服掛けとしても使えて便利。

ただし、室内向けの物干し竿は紫外線や雨に弱いモノもあり、破損につながるため、屋外と共用するのは避けましょう。

屋外向け

By: amazon.co.jp

屋外向けの物干し竿は紫外線や雨に強い素材や加工が施してあるものがベストです。樹脂でコーティングしてある物干し竿ならお手入れがしやすく腐食もしにくいため、長持ちします。

また、屋内に比べると長い物干し竿を使うことが多いため、弾力性があり折れにくいモノを選ぶのがおすすめです。さらに、強風時に物干し竿を下げられるよう使用者が取り扱いしやすいサイズを選択しましょう。

長さで選ぶ

マンションの場合

マンションの場合、すでに設置してある物干し台を利用することが多いため、余裕をもって長めのサイズを選択するのがおすすめです。2.5mまでの物干し竿なら、竿受け部の両端から25cm以上出る長さを選びましょう。それより短いとバランスが悪くなり、中央部が曲がりやすくなったり物干し竿の片方に洗濯物が寄りやすくなったりします。

3.5mまでの物干し竿なら竿受け部の両端から30cm以上、4m以上の物干し竿なら50cm以上出る長さを選びましょう。短めと長めで悩んだら、長めの物干し竿を選択しておくのがおすすめです。

一軒家の場合

一軒家の場合はベランダに初めから物干し台が設置してある場合と、好みに合わせて庭に物干し台を設置する場合があります。軒下に物干し用のつっぱりポールを設置する家庭もあるので物干し竿を設置する場所に合わせて選びましょう。

すでに物干し台が設置してある場合、物干し竿はマンションと同様の選び方でOKです。ただし、どのタイプを選んでも横幅が長すぎるモノは収納性と安定性に欠けてしまうため、長くても3~4mの物干し竿がおすすめ。家族で使用する方は女性1人でも片づけられるモノが安心です。

伸縮機能の有無で選ぶ

By: nasta.co.jp

伸縮機能のない物干し竿は変形が起こりにくく、丈夫で長く愛用できます。しかし、運搬コストが高いことやマンションではエレベーターに入らないことなどから、伸縮機能が付いている物干し竿が一般的です。

伸縮機能には竿の両端が伸びるタイプと2本の竿を真ん中でジョイントして使うタイプがあります。継ぎ伸縮の方がリーズナブルですが、両者に強度の違いはほとんどありません。

伸縮機能がある物干し竿は「2.2~3m」などと幅をもって表記されています。ただしこの場合、目一杯の3mまで伸ばし切って使うと、ジョイント部分の強度が弱まってしまうため、少し短くして使うことを想定して選びましょう。

耐荷重で選ぶ

By: nasta.co.jp

丈夫に見える物干し竿ですが、耐荷重を超えて干せば曲がったり折れたりしてしまいます。洗濯物の重さを考慮し、耐荷重をしっかりとチェックしましょう。

1人が1日に出す洗濯物の容量は約1.5kg。4人家族の場合6kgが目安です。洗濯後は水を含み1.5倍の重さになるため、9㎏の耐荷重が最低限必要。使っている洗濯機の容量でも計算できます。

また、雨で洗濯物がたまったり上着が増えたりすれば洗濯物の量は増えるのでその点も考慮して耐荷重を選びましょう。多くの物干し竿は10kg前後が耐荷重であるため、必要に応じて物干し竿を2本用意しておくのがおすすめです。

また、布団は湿気を吸うと1枚でも5kgを超すことがあり、2枚干せば10kgの耐荷重を超える場合があります。布団干しには耐荷重20kg以上の物干し竿を選ぶのがおすすめです。

太さで選ぶ

By: amazon.co.jp

一般的な物干し竿は、物干し台の竿受け部に入るよう直径3cm程度です。どんなハンガーも掛けやすく使い勝手がよいのが特徴。また、物干し台を庭に設置する場合で物干し竿の太さを自由に選べるなら、布団干し用に直径4cm以上のしっかりした太さがある物干し竿を選ぶと便利です。

なお、物干し竿の太さの直径は「30パイ」と表示されていることがあります。10パイは1cmなので、30パイなら直径3cmということ。太さ選びの参考にしてください。

素材で選ぶ

スチール・ステンレス

By: amazon.co.jp

物干し竿には大きく分けて、ステンレススチール製、オールステンレス製、アルミ製の3つがあります。ステンレスとは、錆びにくい金属のこと。しかし、ステンレス製の物干し竿はスチールパイプをさらにステンレスで巻いた二重構造のモノがほとんどです。価格が安く、表面が錆びにくいのがメリットですが、内部がスチールのため、内部に錆が発生することがあります。

より丈夫な物干し竿を使いたい場合はオールステンレス製を選ぶのがおすすめ。ただ、重くて高価なのでその点も考慮しましょう。

アルミ

By: amazon.co.jp

アルミはオールステンレスと同等かそれ以上の錆びにくさを持ちながら、軽くて扱いやすい素材。リサイクル性に優れ処分しやすいのもメリットです。また、「アルマイト加工」という特殊な処理を施しているモノがほとんどのため、マットで上品な輝きを持ち見た目もスタイリッシュ。手垢も付きにくく、手入れしやすいのもポイントです。

ただし、価格がステンレススチール製物干し竿の約2倍するため、この点は留意しておきましょう。また、軽すぎて風で飛ばされる可能性もあるので、物干し竿のエンドキャップについている紐通し穴に紐を通し、しっかりと物干し台に固定しておくと安心です。

ハンガーかけの有無で選ぶ

ハンガーをつるす用のフックが波状についている「ハンガーかけ」があると便利です。ハンガーを均一に並べられ、風でハンガーが動き洗濯物が重なることもありません。ハンガーそのものが風で飛ばされる心配もないので非常に役立ちます。

干す間隔を考慮したり物干し竿用の洗濯ばさみでハンガーを留めたりする手間もなく、洗濯物を干す時間の短縮につながるのもメリットです。ただし、雨がたまりやすい形状なので、雨の後はしっかり拭き取る必要があります。洗濯物を早く乾かしたい方や飛ばされるのが心配な方におすすめの機能です。

物干し竿のおすすめ

ナスタ(NASTA) 伸縮式物干し竿 ランドリーポール

ナスタ(NASTA) 伸縮式物干し竿 ランドリーポール

部屋干しにピッタリな、白いカラーリングを施したおしゃれな物干し竿。特に白い壁の部屋と相性抜群です。長さは1.7~3mに伸縮可能で部屋のどんな場所にも使いやすいサイズ。竿の両端が伸びるタイプなので、両側を均等に伸ばして使えます。

スタイリッシュな見た目ながら耐荷重は10kgと頼もしい仕様。アルマイト処理済みのアルミ製軽量タイプなので女性や一人暮らしの方にも適しています。すっきりとした白は清潔感があり、洗濯物だけでなくS字フックをつけて帽子掛けにするなど使い方の幅も広がります。

パイプの太さは伸縮部分によって違いますが、直径20~30mm前後。アルミ製なのでほぼ錆びないのが特徴ですが、塗装を施してあるため、屋外での使用は避けましょう。

豊臣金属株式会社 室内用 伸縮物干し竿

豊臣金属株式会社 室内用 伸縮物干し竿

エメラルドグリーンの水玉模様がおしゃれな物干し竿。長さは1.5~2.6mの伸縮タイプです。ポップなデザインは部屋の雰囲気を明るくしてくれるので雨の日の部屋干しも楽しくなります。

エメラルドグリーン以外にも多くの色が揃っており、全部で12色。お部屋のインテリアに合わせて好みのタイプを選択できます。一人暮らしの方はもちろん、子供部屋の部屋干し用やリビングのコート掛けなどにもおすすめ。

アルミ物干し竿なので強度があり錆びにくい仕様ですが、塗装がはがれてしまうため、屋外での使用は避けてください。パイプの太さは25~30mm前後。耐荷重は10kgとしっかりありながら、本体の重さは約800gと誰でも扱いやすい軽量さが魅力です。

ローズフレイ(Rosefray) ステンレス 物干し竿

ローズフレイ(Rosefray) ステンレス 物干し竿

ステンレスのなかでも高品質な「304ステンレス」を使用した、屋外用オールステンレス製物干し竿。304はステンレスの中でも特に錆に強く、粘りがあって折れにくいのが特徴で、本製品の耐荷重は30kgもあります。コートやジーンズなどの重いモノをたくさん干すご家庭でも安心です。

パイプの太さは29mmと一般的ですが、中心部に強い鋼管を使用し、それをさらに304ステンレスで被膜した二重構造のため、優れた耐荷重を実現しています。布団も干せる耐荷重なので家族の人数が多くて布団がベランダに干し切れない場合も大活躍。

長さは1.6~3mの伸縮タイプです。屋外用物干し竿は収納時も2m以上のものが多いなか、わずか1.6mのコンパクトサイズなのもポイント。2本セットでリーズナブルな価格も魅力です。

エカンズ(ekans) ステンレス 伸縮物干し竿

エカンズ(ekans) ステンレス 伸縮物干し竿

生活用品や物干し専用の日本メーカー、エカンズ。物干し竿も使いやすさとリーズナブルさで人気があります。丈夫で強い鋼管にステンレスをコーティングした二重構造を採用しており、パイプの太さは29mm。耐荷重は10kgです。

長さは伸縮可能な2.2~3m。たっぷり干せる長さがあるうえ、ハンガー干しに便利なハンガーかけも付いているため、毎日の洗濯物干しを効率的に行うのに役立ちます。基本的な性能を持った物干し竿をリーズナブルな価格で購入したい方におすすめの製品です。

積水樹脂(SJC) ステンクラー伸縮物干し竿

積水樹脂(SJC) ステンクラー伸縮物干し竿

積水樹脂の伸縮物干し竿。積水樹脂は開発、生産、販売を一貫して行なっている安心の日本製なので、細部までこだわった作りに高い評価が集まっているメーカーです。

本製品は長さ1.7~3mまで両端が伸縮するタイプで、好みの位置で竿の長さを調節できます。錆びに強いステンレスを丈夫な鋼管に覆った作りを採用しており、重量もわずか1kgなので誰にでも扱いやすいのが魅力。毎日のお手入れも簡単な物干し竿です。

豊臣金属株式会社 ものほし竿 組み立て式

豊臣金属株式会社 ものほし竿 組み立て式

アルミ製で高い強度のある物干し竿。ジョイントで組み立てる1本竿ですが、ネジで固定するだけなので女性でも簡単に扱えます。パイプの直径は32mm、長さは4.5mもあり、さらに耐荷重は20kgなので布団を何枚も干したい方や洗濯物が多い方におすすめです。3分割されており、4.5mの長さでも通常の物干し竿と同等サイズなので配送時や収納時も安心。

また、12色のキャップカラーからが展開されているため、好みや設置する場所の雰囲気に合わせて選べるのもポイントです。さらに、アルミはほぼ錆びないので中に水が入っても内部から錆びる心配がありません。少し価格は高めですが、その分錆や破損の心配を減らしてくれるので長く使える物干し竿です。

モリ工業 オールステンレス ミニ伸縮竿

モリ工業 オールステンレス ミニ伸縮竿

ステンレスパイプにおいてトップクラスのメーカー、モリ工業の物干し竿。長さ1.3~2.5mに調整可能な伸縮タイプです。オールステンレス製を採用しており、錆びに強く美しい光沢を保ちます。

オールステンレスでありながらわずか630gと軽量なのも魅力。扱いやすく収納も手軽です。ただ、紐通しの穴が付いていないので風の強い日は注意が必要。また、耐荷重が明記されていないので重すぎるモノを干すのは控えましょう。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ステンレス物干し竿

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ステンレス物干し竿

ジェネリック家電メーカーとして評価の高いアイリスオーヤマの、ステンレススチール製物干し竿。長さは約2.7~4mまで伸縮できるジョイントタイプで、パイプ幅は30mmとしっかりとした太さがあります。

また、亜鉛メッキを施してあり、内部の鋼管をより錆びにくくする工夫を施してあるのが特徴。耐荷重は11kgとリーズナブルながら強さがあるため、さまざまな用途に対応できます。

収納時は1.5mにまで小さくなるので、一軒家はもちろんマンションへの持ち運びも楽々。扱いやすくリーズナブルな物干し竿を探している方におすすめです。