主にDTM(デスクトップミュージック)など、音楽制作の場面で活躍する「MIDIキーボード」。パソコン上で曲を作りたいときにマウスでいちいちクリックしなくても、鍵盤を押すだけでスムーズに音を入力できるため非常に便利です。

そこで今回は、MIDIキーボードのおすすめモデルをご紹介。DTMの作業効率を向上させたい方やこれからDTMを始めたい方は、ぜひチェックしてみてください。

MIDIキーボードとは?

By: amazon.co.jp

「MIDI(ミディ)」とは、電子楽器で演奏したデータをデジタル転送するための規格。音程はもちろん、音の長さや楽器の種類などの詳しい情報もデジタル化できます。

MIDIキーボードは、MIDIのデータを作曲ソフトに入力するためのモノ。ピアノを弾く感覚で音を入力できるので、作業効率が格段に上がります。

MIDIキーボードのメリット・デメリット

By: amazon.co.jp

MIDIキーボードのメリット

MIDIキーボードのメリットは、作曲ソフトを使う際に鍵盤を叩くだけで音を入力できること。特にコードを入れたいときは、マウスだと複数回クリックする必要がありますが、MIDIキーボードだと1度に入力できます。鍵盤を叩いて音を確認しながらデータの打ち込みができるため、入力ミスを防ぎやすいのも魅力です。

MIDIキーボードのデメリット

デメリットは、作曲ソフトと接続しないと音が出せない点。電子ピアノやシンセサイザーと異なり、基本的にMIDIキーボード単体では音が鳴りません。あくまで音を鳴らすモノではなく、音を鳴らす指示を出すモノなので購入の際は注意しておきましょう。

MIDIキーボードの選び方

鍵盤数で選ぶ

88鍵

By: amazon.co.jp

設置場所に余裕があれば88鍵のMIDIキーボードがおすすめ。グランドピアノやアップライトピアノと同じ鍵盤数なので、両手でしっかりと弾けます。日頃からピアノに慣れ親しんでいる方なら、普段弾いている感覚で音の打ち込みが可能です。

61鍵

By: rakuten.co.jp

両手でしっかり弾きたいけれど、88鍵モデルを置くほどのスペースがない方には、61鍵のMIDIキーボードがおすすめです。

88鍵よりも鍵盤数は少ないですが、5オクターブカバーできるため作曲シーンで困ることはほとんどありません。両手でストレスなく弾けるMIDIキーボードを探している方は、最低でも61鍵以上のモデルを選ぶようにしましょう。

49鍵

By: amazon.co.jp

弾きやすさと置きやすさの両方を兼ね備えているモデルを探している方は、49鍵のMIDIキーボードがおすすめ。パソコンの前に置いても無理なく使える大きさなので、ディスプレイの前で効率よくDTM作業を行いたい方に適しています。

ただし、88・61鍵よりもコンパクトとはいえ長さは80cm前後のモノが多いため、デスクが小さい方は注意しておきましょう。

32鍵

By: amazon.co.jp

演奏はしないものの、音の打ち込みを行いたい場合は32鍵のMIDIキーボードがおすすめ。音階は2オクターブ半と49鍵の半分ですが、音階の変更はパソコン側でもできるので、不便さは感じにくい仕様です。

また、長さは40cm前後のモノが多く、作業用デスクの上で快適に作業可能。作業スペースをあまり確保できない方にも適しています。

25鍵

By: amazon.co.jp

持ち運びをする機会が多い方や野外で使う機会の多い方は、25鍵のMIDIキーボードが適しています。シンプルな構造かつ、機能も最低限にしたコンパクトな形状が特徴です。

また、長さは16cm前後のモノが多く、室内で使用する場合は作業用デスクを広く使えます。シンセサイザーやリードの簡単なフレーズを弾いたり打ち込んだりしたい方にもおすすめです。

接続方法で選ぶ

有線

By: amazon.co.jp

MIDIキーボードの接続方法はUSBケーブルによる有線が主流。その多くが接続したデバイスからバッテリーを供給するバスパワー方式を採用しているため、MIDIキーボード本体を充電する手間が省けます。ペアリングなどの設定をしなくてよいのも魅力です。

Bluetooth

By: amazon.co.jp

DTM作業をするときにパソコン周辺が機材で溢れると煩わしいのが難点。そのため、すっきりした環境で曲作りを行いたい場合は、無線で接続できるBluetoothタイプのMIDIキーボードがおすすめです。

特にiPhoneやiPadで音楽制作を行いたい方なら、Lightning変換用のアダプターを別途用意する必要がないためスムーズに作業ができます。

コントローラーの機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

フェーダーやパット、リボンコントローラー、多目的スイッチなど、MIDIキーボードはさまざまな機能を搭載しています。ボリューム・音階・音の種類をMIDIキーボード側で変更できるのが特徴。音作りは細かい作業の連続なので、よりこだわりたい方は多機能なハイスペックなモデルがおすすめです。

ただし、機能が多く備わっているほど価格は比例して高くなります。自分に必要な機能を考慮したうえで製品を選ぶようにしましょう。

鍵盤のタッチで選ぶ

By: amazon.co.jp

機能性を重視するのは大切ですが、弾き心地も重視しておきたいポイント。鍵盤の比率がしっかりと調節されているMIDIキーボードを選べば、鍵盤数が少なくてもあまり窮屈に感じないため弾きやすくなります。

また、しっかりとキーが沈み込むモデルなら、生のピアノと同様の弾き心地を楽しめるのもポイント。鍵盤のサイズなども事前に確認しておきましょう。

MIDIキーボードのおすすめメーカー

コルグ(KORG)

By: amazon.co.jp

コルグは日本で初めてシンセサイザーを開発したメーカー。音質がよく機能性にも優れており、国内外を問わずさまざまなミュージシャンに愛されています。

通常のMIDIキーボードはもちろん、スマートさを重視したユニークなデザインの小型モデルを展開しているのが特徴。また、ラインナップが充実しており、数ある製品のなかから自分に合った製品を選びたい方におすすめのメーカーです。

ローランド(Roland)

By: amazon.co.jp

ローランドは静岡県浜松市に本社を構える電子楽器メーカー。シンセサイザーや電子ピアノ、MIDIキーボード、リズムマシン、電子ドラムなどの楽器製造をはじめ、専門ショップのプロデュースや「ローランド・ミュージック・スクール」の運営など、音楽に関わる幅広い事業を手掛けています。

鍵盤数の多いMIDIキーボードが揃っているため、グランドピアノやアップライトピアノと同じ感覚で打ち込みたい方におすすめです。

エムオーディオ(M-Audio)

By: amazon.co.jp

エムオーディオはDTM向けの音響機器を展開しているアメリカのメーカー。特にMIDIキーボードのバリエーションが豊富で、シンプルに使えるモノから機能性が高いドラムパッド付きのモノまで、さまざまなモデルをラインナップしています。

操作性に優れているモノが多いので、鍵盤数が少ないモデルでもスムーズに作業できるのが特徴です。

MIDIキーボードのおすすめモデル

コルグ(KORG) microKEY Air-61

WindowsのパソコンやMac、iPhoneなどと無線で接続できるMIDIキーボード。配線のないすっきりとした環境で曲作りを行いたい方におすすめです。黒鍵と白鍵の比率を演奏しやすいように調節されている「ナチュラル・タッチ・ミニ・キーボード」を採用。速いフレーズも演奏しやすく、弾き心地にこだわりたい方にも適しています。

鍵盤数は61鍵あり、5オクターブをカバーできるのがポイント。また、88鍵のモデルよりも幅を取らないので、限られたスペースでも作業が行えます。

専用のエディターソフトである「KORG KONTROL Editor」を活用することで、ベロシティカーブなどの設定が行えるのもポイント。好みに応じてカスタマイズできます。実用性と省スペース性を兼ね備えているアイテムです。

コルグ(KORG) TRITON taktile-49

WindowsパソコンやMacなどに接続せず、本製品のみでも動作が可能なMIDIキーボード。鍵盤数が49鍵のコンパクトサイズで、単体の小型シンセサイザーとしても使用できます。外出先での使用におすすめです。

鍵盤にはミュージックワークステーションやシンセサイザーにも採用されているセミウェイテッド鍵盤を搭載。打鍵音が小さいので時間を気にせず使用できます。

ボディ右上部には、タッチパッドをなぞるだけで簡単にフレーズが奏でられるタッチスケール機能を搭載。鍵盤演奏の経験があまりない方でも直感的な操作で作曲が行えます。初めてMIDIキーボードを購入する方にも適したアイテムです。

コルグ(KORG) nanoKEY Studio

ノブやトリガーパッド、タッチパッドなどが搭載されているコンパクトなMIDIキーボード。ミキシングをしたりエフェクトを付けたりと、さまざまな機能を備えています。

鍵盤にはベロシティに対応したバックライト付きの25鍵キーボードを採用。キーボードをタイピングするように感覚的な操作が行えるほか、視覚的にも楽しめるのが魅力です。

音程に合ったおすすめのキーを示すスケールガイド機能や、どのキーを打っても音楽的なフレーズが生まれるイージースケール機能などを備えているのもポイント。鍵盤が苦手な方でも簡単に操作できます。

Bluetoothを介してWindowsパソコンやMac、iPhoneなどとワイヤレスで接続可能。USB接続にも対応しているため、シーンに応じて選び分けられます。さまざまな楽しみ方が直感的に行えるアイテムです。

ローランド(Roland) MIDI Keyboard Controller A-88MKII

鍵盤に高精度センサーを備えた、PHA-4スタンダード鍵盤を採用している88鍵タイプのMIDIキーボード。グランドピアノにある独特の打鍵感を忠実に再現しているので、豊かな弾き心地を楽しめます。

USB-Cによる接続方式を採用しており、WindowsパソコンやMacなどとの互換性を備えているのがポイント。また、WindowsパソコンおよびMac用のコントロールアプリがあり、コマンドの割り当てやカラーカスタマイズなどが行えます。

3パートで構成されており、各パートに任意の出力先や楽器を設定可能。本格的な演奏や作曲を行いたい方におすすめのアイテムです。

ローランド(Roland) MIDI Keyboard Controller A-800PRO

シンセサイザー直系の高性能鍵盤を搭載しているMIDIキーボード。ねじれや横ブレに強いのが特徴。また、アフタータッチ機能が備わっているほか、ノイズを軽減する設計を採用しているなど、豊かな演奏を行えるのが魅力です。

ダイナミックパッドなど、本製品をコントロールするための操作子を多数搭載。直感的な操作でメロディーが奏でられるので、初めてMIDIキーボードを購入する方にもおすすめのアイテムです。さらに、スライダーやノブなどを活用すれば、本格的な演奏も楽しめます。

ボディにはバックライト付きのディスプレイを搭載。接続や設定の状況を一目で視認できます。Apple LogicやMOTU Digital Performerなど、さまざまなソフトウェアに対応しているのもポイントです。

ローランド(Roland) MIDI Keyboard Controller A-49-BK

シンセサイザー直系の49鍵盤を採用しているMIDIキーボード。弾きやすさと設置しやすさの両方を兼ね備えています。パソコンの前に置いて連打やグリッサンドなどの演奏を行えるのが魅力です。

USBバスパワー駆動に対応しており、WindowsパソコンやMacなど、幅広いデバイスに接続できるのもポイント。Apple Camera Connection Kitを使用すれば、iPadへの接続も可能です。

ノブや各種ボタンに適切なパラメーターを割り当てるSuperNATURALモードを搭載。豊かな表現を自在にコントロールできます。本格的な演奏を楽しみたい方におすすめのアイテムです。

エムオーディオ(M-Audio) Keystation 61 MK3

自由にアサインできるオクターブレンジボタンやスライダーなど、さまざまな操作子を搭載しているMIDIキーボード。DAWとの親和性に優れ、直感的な操作で音楽が楽しめます。

WindowsパソコンやMac、iPadなど、さまざまなデバイスに対応しているのもポイント。USBケーブルによる接続方法を採用しているので、ペアリングなどの設定が必要ないのも特徴のひとつです。

鍵盤にはベロシティ感度に対応した61鍵モデルを採用。幅広い表現が可能で、限られたスペースでも両手でしっかりと弾けるおすすめアイテムです。

エムオーディオ(M-Audio) Oxygen 61

ベロシティーに対応したMIDIキーボード。アクセントや強弱が付けやすく、リアリティのある曲が生み出せます。鍵盤数は61。88鍵モデルを設置するスペースは確保できないものの、両手で本格的な演奏を楽しみたい方におすすめです。

エムオーディオ独自のDirectLink機能を備えているのもポイント。Ableton LiveやPro Toolsなど、さまざまなDAWのパラメーターが操作子へ自動的にマッピングされます。

USBケーブルによる接続方式を採用しており、バスパワー駆動に対応しているのがポイント。利便性に優れたMIDIキーボードを探している方におすすめのアイテムです。

エムオーディオ(M-Audio) Axiom AIR Mini 32

ベロシティカーブの設定が可能な32鍵MIDIキーボード。好みや曲調に応じて鍵盤の硬さを自由に調節できます。音に強弱を付けて、リアリティのあるサウンドが生み出せるのが魅力です。

8つのアサイナブルノブや5つのナビゲーションボタンなど、さまざまな操作子を搭載しているのもポイント。自分だけの設定が直感的な操作で行えます。さらに、設定したセッティングは10個まで記憶させることが可能です。

USBケーブルによる接続方式を採用しており、バスパワー駆動に対応。本体サイズは幅397×奥行194×高さ34mmとコンパクトで、作業スペースがあまり確保できない方にもおすすめのアイテムです。

アカイプロフェッショナル(Akai Professional) MPK mini mk3

ベロシティに対応しているMIDIキーボードです。鍵盤数は25。本体サイズは幅318×奥行181×高さ44mmとコンパクトで、限られたスペースでも作業が行えます。

リバーブやシンセサウンドの調節が指先でコントロールできるロータリーノブを搭載。直感的な操作で曲がミックスできます。また、ボディにはOLEDディスプレイを備えているので、パラメーターが一目で視認できるのも特徴です。

USBクラスコンプライアントに対応しているため、接続すればすぐに使い始められるのもポイント。持ち運びもしやすく、場所を選ばず音楽を制作したい方におすすめのアイテムです。

アカイプロフェッショナル(Akai Professional) MPK Mini Play

スピーカーを搭載した、スタンドアローンタイプのMIDIキーボード。パソコンに接続することなく単体で演奏できるのが特徴です。単3電池3本で稼働し、USBバスパワーにも対応しています。

音域を上下4オクターブ移動できるオクターブボタンを搭載。バックライト付きのドラムパッドも8つ備わっているなど、自由度の高い演奏や曲作りが行えます。また、4方向ジョイスティックを活用すれば、ピッチやモジュレーションもコントロール可能です。

鍵盤数は25。本体サイズは幅312×奥行172×高さ46mmとコンパクトで、持ち運びにも適しています。設置場所や環境に捉われることなく、自由に演奏が行えるアイテムです。

アカイプロフェッショナル(Akai Professional) LPK25

WindowsパソコンやMacに対応しており、ドライバー不要で使用できるMIDIキーボード。導入してすぐに使い始められるのが魅力です。また、Apple Camera Connection Kitを使えば、iPhoneにも接続できます。

ベロシティに対応しているほか、オクターブを変更する機能を備えているなど、リアルで幅のある演奏や制作ができるのもポイント。4つのメモリバンクを持っているので、設定のプログラムも可能なおすすめアイテムです。

NATIVE INSTRUMENTS KOMPLETE KONTROL S61

多くのキーボードに採用され、信頼性の高いFater社のキーベッドを搭載しているMIDIキーボード。リアルな打鍵感で、快適な弾き心地が体感できます。各鍵盤にはRGBライトが取り付けられており、サウンドやキーゾーンが簡単に確認できるのも特徴です。

ボディ中央部にはカラーディスプレイを搭載しており、接続や設定の状況が一目で視認できるので便利。音楽制作に没頭できるMIDIキーボードを探している方におすすめのアイテムです。

NATIVE INSTRUMENTS KOMPLETE KONTROL A25

NATIVE INSTRUMENTS独自のカスタムキーベッドを採用したMIDIキーボード。セミウェイテッド鍵盤を採用しているので、強弱を付けやすいのが特徴です。

あらかじめパラメーターがマッピングされている8つのノブを搭載。煩雑な操作や設定を必要とせず、導入してすぐに使い始められるのが魅力です。

鍵盤上部に搭載されたボタンをタッチするだけで、再生や一時停止、録画などの操作が簡単に行えるのもポイント。テンポの設定やレベルの調節なども行えます。初心者の入門モデルとしておすすめのアイテムです。

Novation Launchkey49

パソコンの有無にかかわらず演奏できるMIDIキーボードです。場所を選ばず、好きなときに音楽制作を行いたい方におすすめ。また、USBバスパワーにも対応しているので、パソコンと接続する際に電源を必要としないのも特徴のひとつです。

Studio OneやCubaseなど、さまざまなDAWとの互換性があるのもポイント。さらに、3つのコードモードを活用すれば、指1本で複雑な演奏が行えます。初心者の方にもおすすめのアイテムです。

MIDIキーボードのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

MIDIキーボードのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。