主にDTM(デスクトップミュージック)など、音楽制作の場面で活躍する「MIDIキーボード」。パソコン上で曲を作りたいときにマウスでいちいちクリックしなくても、鍵盤を押すだけでスムーズに音を入力できるため非常に便利です。

そこで今回は、MIDIキーボードのおすすめモデルをご紹介。DTMの作業効率を向上させたい方やこれからDTMを始めたい方は、ぜひチェックしてみてください。

MIDIキーボードとは?

By: amazon.co.jp

「MIDI(ミディ)」とは、電子楽器で演奏したデータをデジタル転送するための規格。音程はもちろん、音の長さや楽器の種類などの詳しい情報もデジタル化できます。

MIDIキーボードは、MIDIのデータを作曲ソフトに入力するためのモノ。ピアノを弾く感覚で音を入力できるので、作業効率が格段に上がります。

MIDIキーボードのメリット・デメリット

MIDIキーボードのメリット

By: amazon.co.jp

MIDIキーボードのメリットは、作曲ソフトを使う際に鍵盤を叩くだけで音を入力できること。特にコードを入れたいときは、マウスだと複数回クリックする必要がありますが、MIDIキーボードだと1度に入力できます。鍵盤を叩いて音を確認しながらデータの打ち込みができるため、入力ミスを防ぎやすいのも魅力です。

MIDIキーボードのデメリット

By: amazon.co.jp

デメリットは、作曲ソフトと接続しないと音が出せない点。電子ピアノやシンセサイザーと異なり、基本的にMIDIキーボード単体では音が鳴りません。あくまで音を鳴らすモノではなく、音を鳴らす指示を出すモノなので購入の際は注意しておきましょう。

MIDIキーボードの選び方

鍵盤数で選ぶ

88鍵

By: amazon.co.jp

設置場所に余裕があれば88鍵のMIDIキーボードがおすすめ。グランドピアノやアップライトピアノと同じ鍵盤数なので、両手でしっかりと弾けます。日頃からピアノに慣れ親しんでいる方なら、普段弾いている感覚で音の打ち込みが可能です。

61鍵

By: amazon.co.jp

両手でしっかり弾きたいけれど、88鍵モデルを置くほどのスペースがない方には、61鍵のMIDIキーボードがおすすめです。

88鍵よりも鍵盤数は少ないですが、5オクターブカバーできるため作曲シーンで困ることはほとんどありません。両手でストレスなく弾けるMIDIキーボードを探している方は、最低でも61鍵以上のモデルを選ぶようにしましょう。

49鍵

By: amazon.co.jp

弾きやすさと置きやすさの両方を兼ね備えているモデルを探している方は、49鍵のMIDIキーボードがおすすめ。パソコンの前に置いても無理なく使える大きさなので、ディスプレイの前で効率よくDTM作業を行いたい方に適しています。

ただし、88・61鍵よりもコンパクトとはいえ長さは80cm前後のモノが多いため、デスクが小さい方は注意しておきましょう。

32鍵

By: rakuten.co.jp

演奏はしないものの、音の打ち込みを行いたい場合は32鍵のMIDIキーボードがおすすめ。音階は2オクターブ半と49鍵の半分ですが、音階の変更はパソコン側でもできるので、不便さは感じにくい仕様です。

また、長さは40cm前後のモノが多く、作業用デスクの上で快適に作業可能。作業スペースをあまり確保できない方にも適しています。

25鍵

By: rakuten.co.jp

持ち運びをする機会が多い方や野外で使う機会の多い方は、25鍵のMIDIキーボードが適しています。シンプルな構造かつ、機能も最低限にしたコンパクトな形状が特徴です。

また、長さは16cm前後のモノが多く、室内で使用する場合は作業用デスクを広く使えます。シンセサイザーやリードの簡単なフレーズを弾いたり打ち込んだりしたい方にもおすすめです。

接続方法で選ぶ

有線

By: amazon.co.jp

MIDIキーボードの接続方法はUSBケーブルによる有線が主流。その多くが接続したデバイスからバッテリーを供給するバスパワー方式を採用しているため、MIDIキーボード本体を充電する手間が省けます。ペアリングなどの設定をしなくてよいのも魅力です。

Bluetooth

By: rakuten.co.jp

DTM作業をするときにパソコン周辺が機材で溢れると煩わしいのが難点。そのため、すっきりした環境で曲作りを行いたい場合は、無線で接続できるBluetoothタイプのMIDIキーボードがおすすめです。

特にiPhoneやiPadで音楽制作を行いたい方なら、Lightning変換用のアダプターを別途用意する必要がないのでスムーズに作業ができます。

コントローラーの機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

フェーダーやパット、リボンコントローラー、多目的スイッチなど、MIDIキーボードはさまざまな機能を搭載しています。ボリューム・音階・音の種類をMIDIキーボード側で変更できるのが特徴。音作りは細かい作業の連続なので、よりこだわりたい方は多機能なハイスペックモデルがおすすめです。

ただし、機能が多く備わっているほど価格は比例して高くなります。自分に必要な機能を考慮したうえで製品を選ぶようにしましょう。

鍵盤のタッチで選ぶ

By: amazon.co.jp

機能性を重視するのは大切ですが、弾き心地も重視しておきたいポイント。鍵盤の比率がしっかりと調節されているMIDIキーボードを選べば、鍵盤数が少なくてもあまり窮屈に感じないため弾きやすくなります。

また、しっかりとキーが沈み込むモデルなら、生のピアノに近い弾き心地を楽しめるのもポイント。鍵盤のサイズなども事前に確認しておきましょう。

MIDIキーボードのおすすめメーカー

コルグ(KORG)

By: amazon.co.jp

コルグは日本で初めてシンセサイザーを開発したメーカー。音質がよく機能性にも優れており、国内外を問わずさまざまなミュージシャンに愛されています。

通常のMIDIキーボードはもちろん、スマートさを重視したユニークなデザインの小型モデルを展開しているのが特徴。また、ラインナップが充実しており、数ある製品のなかから自分に合った製品を選びたい方におすすめのメーカーです。

ローランド(Roland)

By: amazon.co.jp

ローランドは静岡県浜松市に本社を構える電子楽器メーカー。シンセサイザーや電子ピアノ、MIDIキーボード、リズムマシン、電子ドラムなどの楽器製造をはじめ、専門ショップのプロデュースや「ローランド・ミュージック・スクール」の運営など、音楽に関わる幅広い事業を手掛けています。

鍵盤数の多いMIDIキーボードが揃っているため、グランドピアノやアップライトピアノと同じ感覚で打ち込みたい方におすすめです。

エムオーディオ(M-Audio)

By: amazon.co.jp

エムオーディオはDTM向けの音響機器を展開しているアメリカのメーカー。特にMIDIキーボードのバリエーションが豊富で、シンプルに使えるモノから機能性が高いドラムパッド付きのモノまで、さまざまなモデルをラインナップしています。

操作性に優れているモノが多いので、鍵盤数が少ないモデルでもスムーズに作業できるのが特徴です。

MIDIキーボードのおすすめモデル

コルグ(KORG) microKEY-25

「ナチュラル・タッチ・ミニ・キーボード」を採用し、小さくともしっかりとした弾き心地を実現しているMIDIキーボード。演奏しやすいように黒鍵と白鍵の比率が調節されているのが特徴です。速いフレーズや和音が出しやすく、タッチや弾き心地にこだわりたい方に適しています。

コンパクトな25鍵タイプで、限られたスペースでも設置しやすいのも魅力。USBケーブルが1本あれば、Mac・Windows・iPad・iPhoneのすべてに対応できます。楽曲制作から演奏まで幅広い用途をこなせ、DTM初心者にも使いやすい製品です。

コルグ(KORG) microKEY Air-37

USBケーブルだけでなく、Bluetoothによるワイヤレス接続が可能なMIDIキーボード。iPad・iPhoneの楽器アプリや、Mac・Windowsの音楽制作ソフトウェアと簡単に接続できます。

本体は単3電池2本だけで駆動するため、場所を選ばずに使えるのもポイント。1日1時間の駆動で約1ヶ月間使えるので、こまめな電池交換が必要ありません。また、コンパクトな37鍵タイプで、省スペースで設置できるのも魅力です。

オクターブボタンとキー・トランスポーズ機能を組み合わせると、MIDIのすべての音域を演奏可能。さらに、ピッチベンドとモジュレーション・ホイールが搭載され、豊かな演奏表現を実現します。機能性と利便性を両立させたい方におすすめの製品です。

コルグ(KORG) nanoKEY Studio

コンピュータのキーボードをタイピングする感覚で入力できる25鍵のMIDIキーボード。音程に合うおすすめのキーを光って教えるスケール・ガイド機能が搭載されているのも魅力です。

単4電池2本で駆動するため、場所を選ばずに使えるのもポイント。USB接続はもちろん、Bluetoothを介してパソコンやスマホとも接続できます。本体はA4サイズよりも小さいので、カバンに入れて気軽に持ち運べるおすすめのモデルです。

ローランド(Roland) MIDI Keyboard Controller A-49-BK

シンセサイザー直系の49鍵盤を搭載したMIDIキーボードです。演奏性を追求されており、連打やグリッサンドなどの奏法にも対応可能。音が途切れず、流れるように滑らかな演奏表現ができます。

演奏やMIDIデータ入力に便利なオクターブボタンや、トランスポーズボタンが搭載されているのもポイント。Windows・Mac・iPadへの接続もサポートされており、幅広いシーンで活躍する製品です。

ローランド(Roland) Music Workstation FA-06

ハイクオリティな音楽制作や演奏を実現する61鍵のMIDIキーボード。ピアノ・オルガン・ドラム・ベース・セクション・ストリングスなど、ミュージシャンに不可欠なトーンが網羅されています。無料音色ダウンロードサイト「Axial」から、好みの音色を追加させることも可能です。

専用の「DAWコントロール」ボタンを押せば、USB経由で簡単に楽曲情報をDAWへ送信可能。USBオーディオインターフェースとしての使用もでき、外部入力に接続したさまざまな音源を直接録音できます。

中央の大型カラーLCDには専用にデザインされたグラフィックが表示され、各種設定をスムーズに調節可能。電源を入れてからわずが数秒で起動するのも魅力です。機能性をとことん追求したい方は、チェックしてみてください。

ローランド(Roland) MIDI Keyboard Controller A-800PRO

直感的なリアルタイムコントロールができる操作子を豊富に搭載したMIDIキーボード。指にしっくり馴染む丸つまみや微調節しやすいスライダーなど、使いやすい工夫が凝らされています。ホールド・ペダルやエクスプレッション・ペダルの接続端子も備えており、頻繁に使う機能もフット操作が可能です。

Apple Logic・Ableton Live・MOTU Digital Performerなど、さまざまなDAWソフトに対応。液晶ディスプレイに現在選択されているコントロール・マップの名称を表示でき、複数のハードウェアを使用する際も便利です。

接続端子がサイドパネルに配置され、省スペースで設置できるのもポイント。音楽制作はもちろん、ライブやレコーディングなどさまざまなシーンで活躍するモデルです。

エムオーディオ(M-Audio) Keystation 88MK3

一般的なピアノと同じ88鍵のMIDIキーボード。オクターブシフトをせず演奏をそのまま打ち込めるため、スムーズな作業が実現します。再生・停止・録音やカーソルボタンの操作が本体で行えるので、マウスを使用する手間もかかりません。

Ableton Live Lite、ProToolsなど付属のDAWソフトが充実しているのも魅力。作曲・演奏・リミックス・レコーディングなどさまざまなシーンで活躍します。サステイン・ペダル端子も搭載されており、演奏のクオリティにこだわりたい方におすすめの製品です。

エムオーディオ(M-Audio) Keystation Mini 32 MK3

携帯性が高いだけでなく、多彩な演奏が可能なMIDIキーボード。ベロシティ対応の32鍵盤を搭載し、繊細な音のニュアンスを逃しません。ベロシティカーブは選択できるので、さまざまな演奏スタイルに対応できるのも魅力です。

本モデルには、汎用性が高くさまざまなシーンで使えるマルチ音源Xpand!2が付属。ピアノ・シンセ・ドラム・ギター・ボイスなど、さまざまなサウンドが約2000種類以上収録されています。DTM初心者でも比較的操作しやすく、好みの音色が簡単に作れるのが魅力です。

本体の大きさは幅418mm ×奥行105mm×高さ20mmで、設置スペースが限られている方にもおすすめ。重さは450gと軽量なため、自宅以外での楽曲制作にも適した製品です。

NATIVE INSTRUMENTS KOMPLETE KONTROL A61

独自開発のセミウェイテッド鍵盤を搭載し、ピアノに慣れている方でも弾きやすいMIDIキーボード。強弱による微妙なニュアンスをつけやすく、深みのある演奏を実現します。61鍵タイプで、十分な音域が確保されているのも魅力です。

KOMPLETEとNKSプラグインの主要なパラメーターがあらかじめマッピングされ、すぐに使い始めることが可能。高機能かつ比較的リーブナブルなため、DTM初心者にもおすすめのモデルです。

アカイプロフェッショナル(Akai Professional) MPK Mini Play

コンパクトな25鍵タイプで、音楽制作や演奏を気軽に楽しめるMIDIキーボード。上下4つのオクターブ移動ができるほか、ピッチ・モジュレーション用のジョイスティックとサスティン・ペダル端子が搭載されています。

パソコンに接続せず、スピーカーで演奏することも可能。楽器やシンセなど128種類のサウンドと、10種類のドラムキットが含まれています。また、ヘッドホン端子もあるので、時間帯や場所を選ばず使えるのも魅力です。

さらに、パソコンに接続せずとも単3電池3本で駆動するのもポイント。携帯性を重視したい方にも適したモデルです。

アカイプロフェッショナル(Akai Professional) APC KEY 25

25鍵のミニ鍵盤に、さまざまな機能を備えたMIDIキーボード。Ableton Liveのマッピング設定がされており、簡単な初期設定だけですぐに音楽制作に取りかかれるのが特徴です。

パネル部には、3色バックライトを搭載した40のクリップ・ラウンチ・マトリクスを採用。バックライトの色でクリップの状態が視覚的に判断でき、スムーズな操作をサポートします。

また、細かなパラメータを調節するため、8つのコントロール・ノブを搭載。ボリュームや聞こえ方などをリアルタイムでコントロールできます。コンパクトかつ実用性も高く、幅広いシーンで活躍するモデルです。

Arturia KeyLab Essential 61

音楽制作が快適にできるよう工夫を凝らされた61鍵のMIDIキーボードです。RGBバックライト付きのパフォーマンスパッドを搭載。ドラムやパーカッションの演奏や打ち込み、ソフトウェア・ハードウェアのコントロール用マッピングにも使えます。

サステイン・ペダルに対応し、繊細なニュアンスの表現も実現。また、DAWソフトAbleton Liveの入門版も付属しています。ストレスなく音楽制作に集中したい方におすすめのモデルです。

Nektar Technology IMPACT LX49+

DAWとの連携の高さが魅力のMIDIキード。主要なDAWソフト用プログラムが用意されているため、初回起動時に簡単な設定をするだけでDAWコントロールが可能。複雑な設定が必要ないので、特に初心者に適しています。

鍵盤は安定したタッチで演奏できる、ピアノスタイルのボックス型を採用。ほどよいテンションがあるため、ピアノを弾きなれている方でも違和感なく演奏できます。内部へホコリや異物などが侵入しにくいのもポイントです。

パネル上には、オクターブとトランスポーズボタンを搭載。ピッチベンド・モジュレーションホイールも備え、幅広い表現を実現しています。気軽に音楽制作を始めたい方は、ぜひチェックしてみてください。

KAWAI 木製鍵盤MIDIキーボード VPC1

グランドピアノを弾いているような重みのあるピアノタッチ鍵盤を搭載したMIDIキーボード。白鍵・黒鍵ともに積層木製鍵盤を使用し、鍵盤をゆっくり押さえたときのクリック感も再現しています。ホイールやノブなどの操作子がなく、鍵盤とパネルだけのシンプルなデザインも特徴です。

3つのセンサーが順番に打鍵を感知するシステムを搭載し、連打・トリル・レガードなどのリアルな演奏感を実現。また、専用のソフトウェアにより、鍵盤ごとの打鍵の強さも調節できます。

ACアダプタを用いれば、本機だけで使用することが可能。USBケーブルにより、パソコンと接続して使うこともできます。グランドピアノの演奏性を追求したい方におすすめのモデルです。

Novation Impulse49

高品質なセミウェイテッド鍵盤と豊富なコントローラーを備えた49鍵盤MIDIキーボード。音色を変えたり、ビブラートコントロールをしたりできるアフタータッチ機能を備えており、豊かな表現が可能です。

操作子はフェーダー・ロータリーノブ・再生ストップボタンなどが搭載され、多くのパロメータを同時にコントロール可能。大型のLCDによりコントロール情報もひと目で確認できます。Ableton Live・ProTools・Cubase・Logicなど主要なDAWに対応し、幅広い層におすすめのモデルです。

MIDIキーボードのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

MIDIキーボードのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。