最近はアメリカをはじめアジアやヨーロッパなどでも人気が高まっている日本酒。冷酒でもお燗でも飲める日本酒用のグラスは素材も形もバリエーション豊かです。

今回は、日本酒を楽しく飲める日本酒グラスの選び方とおすすめのブランド、そして、さまざまな素材の人気の日本酒グラスをご紹介します。お気に入りのモデルはぜひチェックしてください。

日本酒グラスとは?

By: amazon.co.jp

基本的に常温あるいは冷やして飲むワインやウイスキーと違って、日本酒は熱燗や人肌程度のぬる燗、そして冷酒と楽しみ方が多様です。さらに最近では発泡性の日本酒もラインナップ。

また、見た目と器にこだわる日本料理と併せて飲まれる機会も多く、日本酒グラスに使われる素材も陶磁器や漆器、そしてグラスとさまざま。形にも多くのバリエーションがあります。「酒器」とよばれ、長い時間をかけて熟成されてきました。

日本酒というと、お燗はいつものお猪口、常温や冷酒はコップで飲むという方もいると思います。しかし、季節の移り変わりに合わせて、あるいは日本酒の銘柄や料理、そして行事に応じて日本酒グラスを選んでみるのもおすすめです。

日本酒グラスの選び方

素材をチェック

By: rakuten.co.jp

日本酒は熱燗でも冷酒でも楽しめます。そのため、日本酒グラスに使用される素材は種類が豊富です。

ぐいのみや猪口で最も一般的な材質が陶磁器。陶器は味をまろやかにするといわれ、日本酒をゆっくりと味わう方に好まれます。磁器はスッキリした日本酒から芳醇なモノまでさまざまなタイプに使えるオールラウンダー。熱燗の時も熱さが穏やかになるのがメリットです。

金属では錫が代表的素材。抗菌性が高く、日本酒の旨味を引き出す性質があるといわれています。ただし、柔らかい素材なので手の力で曲がったり、タワシで洗うと傷ついてしまったりする場合があるので取り扱いは慎重に。漆器の盃はあらたまった席の定番酒器です。ヒノキを使った枡はヒノキの香りがメリット。角に塩を盛って、塩を肴に飲むという通な飲み方もできます。

日本酒は無色ではなく、黄色みを帯びているモノなどさまざま。熟成した日本酒ほど色が濃くなるのが一般的で、ガラスの酒器ならこれらもしっかり確認できます。ささまざまな銘柄の日本酒の色合いを比べてみるのもおすすめです。

形をチェック

By: rakuten.co.jp

日本酒の盃、猪口は飲みくちが外側に広がった形状のモノが一般的です。外側に開いていると、舌の両脇に日本酒が入り込んで、酸味を感じやすいといわれています。そのため、甘みのある日本酒でもキレを感じられて、飲んだときのバランスがよくなるのが魅力です。

他には円筒形も主流で人気。利酒などの際に使われる「蛇の目の利猪口」も円筒形をしています。蛇の目の利猪口は白地の底の部分に青い二重丸が描かれ、日本酒の透明度や澄み具合をチェックする際に便利です。

また、最近はワイングラスで日本酒を飲むことも。ワイングラスのボウルの形状が日本酒の香りを楽しむのに適しているからです。人気のブランド「リーデル」はワイングラスのノウハウを活かして日本酒のタイプ別にグラスをリリースしています。

日本酒グラス選びに役立つ酒器の基本

By: amazon.co.jp

お酒を飲むときに使われる道具が「酒器」。代表的な酒器は、お酒を飲むための「盃」「猪口」「ぐい呑み」「枡」さらにお酒を注ぐための「徳利」「銚子」「片口」などがあります。

日本酒を飲む容器で最もあらたまった時に使われるモノが盃。結婚式の三三九度などで用いられます。祝宴などで座が和やかになり、くだけてくると猪口にかえるのが一般的です。ぐい呑みは猪口より大きいサイズの容器をいいます。

徳利と銚子は、現在ではほとんど同じ意味で使われますが、あらたまったときに用いられるのが銚子と呼ばれます。片口は注ぎ口が1つついている容器。両側のふちに注ぎ口がついた「両口」というタイプもあります。

日本酒グラス選びに役立つ日本酒と温度の関係

日本酒がワインなどの洋酒と大きく違うのは、さまざまな温度で味わえるということです。しかも、温度によって呼び方が細かく決められています。

一般には「熱燗」とは50℃前後で、日本酒の香りがシャープになります。その上の「とびきり燗」は55℃ほど。器を持つと熱く感じ、香りはさらに強くなります。「上燗」は45℃で、日本酒の味わいが引き締まるとともに柔らかさを感じるのが特徴。このほかにも35℃を「人肌燗」、30℃ほどを「日向燗」といいます。「室温」というのは20℃前後。香りも味もまろやかに感じられる温度です。

一方、冷酒は15℃前後が「涼冷え」。飲んで冷たさを感じますが、香りが華やかになります。10℃前後の「花冷え」も香りが後から広がっていくのが特徴です。5℃の「雪冷え」の状態になると日本酒の繊細な香りや味わいを感じるのが困難になります。

日本酒グラスのおすすめブランド

カガミクリスタル(Kagami)

By: amazon.co.jp

カガミクリスタルは日本トップクラスのクリスタルグラスメーカーです。1934年、日本で初めてのクリスタルガラス専門工場として設立されました。各国で開かれた万国博覧会でグランプリを受賞するなど、高い評価を受けているブランド。

宮内庁や総理官邸、そして迎賓館などへの正餐用食器の納入実績が豊富です。日本酒グラスでは伝統的なガラス細工の「江戸切子」を使ったモデルが充実しています。

アデリア(ADERIA)

By: amazon.co.jp

アデリアは2019年月に創業200年を迎える石塚硝子の、約60年の実績がある食器ブランドです。日本酒グラスは、厚手でぬくもり感のある青森県伝統工芸「津軽びいどろ」シリーズがラインナップしています。華やかな色彩を使い、日本の四季をモチーフにしたモデルが多いのが特徴。また、比較的リーズナブルな価格も魅力のブランドです。

リーデル(RIEDEL)

By: amazon.co.jp

リーデルは技術水準が高いドイツのワイングラスを主力製品としているグラスメーカーです。ハンドメイドのクリスタルグラスがラインナップする最上位ブランド「ソムリエ」や、マシンメイドでリーズナブルな「ヴィノム」シリーズなどは、世界のワイン愛好家に愛用されています。

世界のワイン生産者たちと「ワークショップ」と呼ばれるテイスティングを行い、その成果をグラスにフィードバックするという研究熱心な姿勢で定評があるブランドです。

日本酒向けグラスも、日本酒の蔵元や専門家とテイスティングを繰り返してグラスの形状をデザインするという徹底ぶり。大吟醸向けや純米酒向け専用グラスといった、ピンポイントに的を絞った日本酒グラスをリリースしています。

日本酒グラスのおすすめ

カガミクリスタル(Kagami) ペア冷酒杯 江戸切子 六角籠目紋

高いガラス加工技術で日本を代表するガラスメーカーであるカガミクリスタルの江戸切子日本酒グラス2個セット。江戸切子は江戸時代から続く日本伝統のガラスカット手法です。文様はオーソドックスな六角籠目紋を採用。赤と青のグラスに、透明感が高い繊細なカットが施されていて上品です。

材質には高級ガラスの代名詞、クリスタルグラスを使っています。サイズは口径67×高さ66mmで使いやすい大きさです。容量140mlで飲み口が広がっているので、日本酒の香りが広がりやすく純米酒などの冷酒に最適。ウイスキーのオンザロックグラスとしても扱いやすい日本酒グラスです。

日本伝統の江戸切子、そしてクリスタルグラスを使ったカガミクリスタルの高い技術を堪能できる日本酒グラスセットとしてはリーズナブルなのもポイント。高級木箱入りで、赤と青のグラスペアなので結婚祝いの贈答品としてもおすすめです。

アデリア(ADERIA) 枡付き 日本酒グラス100ml プレミアム鳥獣戯画シリーズ 6604

日本酒グラスと枡がセットになったアデリアの人気シリーズです。本モデルは平安期の絵巻物「鳥獣戯画」をモチーフとした和のテイストあふれるデザイン。伸びやかでユーモラスな表情の動物がグラスと枡に描かれていて、思わず楽しくなる日本酒グラスです。

口径55×高さ90mmで容量100mlのソーダガラス製。グラス、枡ともに日本製なのがポイントです。グラスは清涼感があってキラキラ輝く霞ガラス。動物たちは金彩紋様で上品に描かれています。キレイな化粧箱入りでギフトとしても利用できる日本酒グラスです。

アデリア(ADERIA) 津軽びいどろ 盃 日本酒用 F49091

厚手のガラスが特徴の青森県の伝統工芸「津軽びいどろ」を使った日本酒グラスです。職人の手作りとしては安価なのもポイント。口径61×高さ37mmで容量は50mlです。

上に開いた盃状の形をしています。透明で清潔感を感じられる輝きが魅力です。厚手のガラスなので、冷酒を持っても温まりにくいのもメリット。材質はソーダガラスを使った耐熱ガラス製で熱燗もでも使用できます。さらに、電子レンジでも使用可能です。

リーデル(RIEDEL) 大吟醸オー 酒テイスター ペア 木箱入り

「リーデル・オー」はお手頃な価格が魅力のリーデルのカジュアルラインです。本モデルは、大吟醸や吟醸酒用の日本酒グラスのペアパッケージ。縦長のボウル状で、吟醸酒特有のみずみずしい香りと爽やかなのどごしを楽しめるのが魅力です。

高さ106mmで容量375mlの、白ワインやソフトドリンクにも利用できるタンブラー型グラスは、汎用性が高いので利用しやすく、ギフトとして贈っても喜ばれます。リーズナブルな価格でも、透明度の高いおすすめの日本酒グラスです。

リーデル(RIEDEL) ヴィノム 大吟醸ペア 木箱入り

リーデルワイングラスのスタンダードライン「ヴィノム」にラインナップした日本酒グラス2個セットです。日本酒の中でも大吟醸、そして吟醸酒にターゲットを絞ったモデル。ボウルの部分は、大吟醸酒のフルーティですっきりとした味わいを最大限に活かせるようにと、縦長の卵型のデザインが採用されています。

高さ205mmで、容量は380ml。素材はクリスタル製のリーズナブルなマシンメイド製品。木箱入りの2個セットなので、結婚祝いあるいは御両親へのプレゼントとしても最適な日本酒グラスです。

リーデル(RIEDEL) エクストリーム 純米

リーデルが2018年にリリースした「純米酒」に特化した日本酒グラスです。開発プロジェクトがスタートしたのは2010年。8年もの歳月をかけて研究したうえで完成した逸品です。

のべ170人の日本酒の蔵元や専門家が、異なる形状のグラスで純米酒の飲み比べを行い、その意見を集約して綿密に形状がデザインされています。研究熱心なリーデルらしい日本酒グラスです。

サイズは高さ200mm、容量495mlで材質はクリスタルグラス製。クリスタルグラスながらマシンメイドで価格は抑えられているのがメリットです。大吟醸酒とは違って、複雑な旨味が魅力の純米酒のためのグラス。純米酒、そして日本酒をしっかり味わいたい方におすすめの日本酒グラスです。

能作(NOUSAKU) ぐい呑み 金箔 錫100%

富山県高岡伝統の鋳物工芸と石川県金沢の金箔技術がコラボした日本酒グラスです。素材は錫100%、内側に金箔を施しています。サイズは口径62×高さ43mmと小ぶりなぐい呑みですが、重さ約109gと適度な重量感が心地よい日本酒グラスです。

外側はザラザラとした鋳物らしい感触もポイント。素材が熱伝導率の高い錫なので、事前に冷蔵庫で冷やしておくと冷酒によく合います。豪華で華やかな雰囲気のぐい呑みなので、お正月やお祝いの席での日本酒グラスとしておすすめです。

エールネット(Ale net)しずる冷酒器 盃 受皿 陶磁器3点セット

美濃焼の陶磁器を使用した盃と冷酒器、そして受け皿の3点セット。「銀黒」といわれる深い色合いが渋さを感じさせるのが印象的です。受皿が直径15.5cmと小ぶりなサイズ。冷酒器の容量は100mlです。

冷酒器に日本酒をなみなみと注げば、脇の盃に日本酒が注がれる楽しい日本酒グラスのセット。普段使いの晩酌の酒器としても、来客時のおもてなし用としてもおすすめできます。3点セットで実勢価格2千円前後というリーズナブルな価格もメリットです。

結彩の蔵(Yusainokura) 陶磁器徳利ぐい呑みセット 蛇の目

お酒の濁りを見るための青い蛇の目模様が入った2つのぐい呑みと二合徳利のセットです。素材は美濃焼の陶磁器。

一番のポイントは、陶磁器らしい硬質な白色を基調としたシンプルなデザインです。まさに日本酒が主役の定番の日本酒グラスセット。家飲みでもしっかりと日本酒を味わいたいときや、お客様をお迎えする接待用としても重宝します。セットで千円前後と安いのもメリット。日本酒を飲むときの基本のセットとしておすすめです。

よし彦(Yoshihiko) 盃漆塗り三寸 紙箱入り

口径が三寸、9cmの漆塗りの盃です。漆で名高い長野県の木曽漆器。創業150年の「よし彦」の作品で、素材はトチ材を使用。色合いは日の丸の赤と同じ日本伝統の上品な朱塗り、お祝いの宴で最適な日本酒グラスです。

飲みくちと底の部分の縁は金色漆で仕上げてあるので、格式高い豪華でおめでたい盃。お正月のお屠蘇を飲むときやお祝いの席には欠かせない日本酒用の酒器です。サイズは9cmのモノを含めて全部で7種類あるので、ニーズに応じて選んでください。

アルコム(ARUKOM) 一合枡 ヒノキ

天然ヒノキを素材とした一合枡です。白木づくりなので抗菌作用のあるヒノキの香りも楽しめるのもポイント。ヒノキは最高クラスの岐阜県東濃ヒノキを使用しています。塩を角の部分にのせて塩を肴に日本酒を味わうなど、ほかのグラスにはないユニークな楽しみ方ができるおすすめの日本酒グラスです。

サイズ幅85×奥行85×高さ52mmと大きめなので、手の小さな女性には持ちにくいかもしれません。しかし、受け皿としてほかのグラスを枡の中にいれて日本酒を注げば、グラスから溢れても安心。家庭でも居酒屋スタイルで日本酒を楽しめます。