ビールにはさまざまな種類がありますが、輸入ビールやクラフトビールなどを取り扱う大手スーパーやコンビニも増え、個性豊かなビールを気軽に楽しめるようになりました。そんなビールの美味しさを最大限に引き出してくれるアイテムがビールグラスです。色・泡・香り・のどごしなどビールを五感で楽しむためには欠かせません。

そこで今回は、ビールをより美味しく味わうためのビールグラスの選び方・おすすめブランド・おすすめモデルをご紹介します。普段からビールをよく飲むという方はぜひチェックしてみてください。

ビールグラスの選び方

種類で選ぶ

ヴァイツェングラス

By: amazon.co.jp

ヴァイツェングラスは主に白ビール用のビールグラスとして使われるモノで、500mlを注ぐと泡を含めてちょうど1杯になります。

背の高いビールグラスで底の部分は細く、飲み口の部分は緩やかに膨らんでいるのが特徴。ビールと泡の美しいバランスを見て楽しむことができるほか、ビールグラスに閉じ込められた芳醇な香りも堪能できます。

パイントグラス

By: amazon.co.jp

1パイント(イギリスでは20オンス=568ml)で1杯になる容量で、イギリスのエールビールなどによく使われているビールグラスです。

形状はさまざまですが、円錐型の「コニカル」と呼ばれるモノと、グラスの上縁から約5cm辺りに膨らみのついた「ノニック」と呼ばれるモノが一般的。ノニックの膨らみには、手で持ったときの滑り止めやグラスを重ねたときに抜けやくする役割などがあります。

ピルスナーグラス

By: amazon.co.jp

ピルスナーグラスは細くて背が高く、底から飲み口にかけて直線的に広がっている形状が主流のビールグラスです。ピルスナーグラスの背が高いのは、勢いよくビールが注がれることによってきめ細やかな泡立ちを作るため。グラスの薄い飲み口と黄金色が映える形状がビールの魅力を引き立てます。

フルートグラス

By: amazon.co.jp

フルートグラスは細長い形状で、ビールのほかシャンパンにも使われているビールグラスです。泡立ちが長持ちし、シャンパンと同様に気泡が美しく立ち上がるところを目で見て楽しめます。

空気に触れる面積が少ないため香りを逃しにくいのが特徴で、醸造の途中でフルーツを加える香り豊かな「フルーツビール」などにおすすめ。また、フルートグラスの足を持って飲むことでビールが注がれた部分に直接触れることがなく、体温でビールが温まってしまうことを防ぎます。

ビアジョッキ

By: amazon.co.jp

日本では居酒屋などでおなじみのビールグラス。ゴクゴクと飲めるのでビールのコクと爽快なのどごしを楽しめるのが特徴です。

どのビールとも相性がよく、厚手なので冷たさを維持する効果もあります。持ち手が付いているため飲みやすくて安定感があるのもポイント。あらかじめビアジョッキを冷蔵庫で冷やしておけば、より冷たいビールが楽しめます。

素材で選ぶ

陶器

By: amazon.co.jp

きめ細かい泡を作るのに適しているのが陶器のビールグラス。グラスの内側のざらざらとした凹凸がクリーミーで消えにくい泡を作ります。陶器ならではの土の温もりと重厚感を感じながら、じっくりビールを味わいたい方におすすめのビールグラスです。

ただし、器をコーティングする役割である「釉薬」をビールグラスの内側に使っている場合、凹凸がなくつるつるとしているため、クリーミーな泡はあまり期待できませんので注意しましょう。

ステンレス

By: amazon.co.jp

ステンレス製のビールグラスは保冷性に優れており、冷たいビールを長く楽しめるのが特徴。二層構造になっているモノはより保冷性に優れています。ビールグラスの外側に水滴が付かないのが魅力です。

ステンレスは錆びにくいだけではなく、強度も優れている素材のため使い勝手がよいのもポイント。表面に模様が付いているモノや、光沢があるモノなどは高級感がありおすすめです。

錫(スズ)

By: amazon.co.jp

水の浄化作用があるとされている錫は、古くから酒器として重宝されてきました。錫が持つ高いイオン効果は飲み物の味を変化させる作用も期待でき、ビールやお酒の味をまろやかにしてくれます。

また、熱伝導率が高いので、冷たいビールをより長い時間楽しめるのもポイント。繊細で高級感がある錫製のビールグラスはプレゼントにもおすすめのアイテムです。

ガラス

By: amazon.co.jp

ビールグラスの素材としてもっとも一般的なのがガラスです。最大の特徴は、なんといってもビールの色や泡を見て楽しめること。加工しやすいため形状や厚さはさまざまなモノがあり、たくさんの種類の中から好みのビールグラスを選べます。

薄さで選ぶ

By: amazon.co.jp

ビールの味わいに大きく影響するのがビールグラスの厚さ。薄いグラスはビール本来の味をキープしたまま飲めるのが特徴です。繊細な味わいのあるビールを飲みたいときに適しています。

一方、厚いビールグラスは味よりものどごしを楽しみたい方におすすめ。保冷効果も期待できるので、冷たいビールをゴクゴク飲みたいときに最適です。

ビールグラスのおすすめブランド

シュピゲラウ(SPIEGELAU)

By: amazon.co.jp

シュビゲラウは1512年に南ドイツのバイエルン地方で誕生した老舗ブランド。約500年の伝統と最新のテクノロジーを融合させた高品質なガラス製品を作り続けているのが特徴です。

1500回の洗浄テストに耐えた高い強度を持っているのもポイント。「クラフトビールシリーズ」として3種類、「ビールクラシックスシリーズ」として4種類のビールグラスを展開しており、ビールの個性に合わせて選べます。

ホルムガード(HOLMEGAARD)

By: rakuten.co.jp

ホルムガードは1825年にデンマークで設立された伝統と歴史のあるガラスブランド。1900年代に多くの芸術家がホルムガードの商品を手がけ始めると、そのクオリティの高さからデンマーク王室御用達ブランドにも選ばれました。近年はさまざまなジャンルで活躍するプロダクトデザイナーと協同して、毎年多数の新作を発表しています。

熟練の職人が吹きガラス製法で生みだすビールグラスは、流れるような曲線のフォルムで透明感があるのが特徴。ビールグラスに注がれたビールのきめ細やかな泡立ちは思わず眺めていたくなるほどの美しさがあります。

松徳硝子

By: amazon.co.jp

松徳硝子は1922年に電球用ガラスの生産工場として誕生。電球用ガラスで培った加工技術を応用して、試行錯誤を繰り返すなかで生まれたのが厚さ0.9mmのビールグラス「うすはりグラス」です。

ビールグラスが口に触れたときの異物感がほとんどなく、ビールが口から喉に滑らかに流れていくことで豊かな味わいが楽しめるモデルを揃えています。

能作(NOUSAKU)

By: nousaku.co.jp

1916年に設立された能作。仏具・茶道具を中心とした鋳物の製造からスタートしたブランドです。ライフスタイルの変化に伴い、2000年頃からは真鍮製のインテリア雑貨なども手がけるようになりました。職人から職人へと継承された技術を最大限に活かしながら、新たなデザインを探求し続けているのが特徴です。

そんな能作のビールグラスは、グラスの内側がザラついていることによってクリーミーな泡立ちを作り出せるのがポイント。錫の上品な輝きは使えば使うほどいぶし銀のような重みのある風合いとなり、長く使い続けるほどに愛着が湧いてきます。

匠の蔵

By: amazon.co.jp

匠の蔵は、400年の長い歴史と伝統を持つ有田焼を日常的に使ってもらえるようにと誕生したブランド。2005年に「匠の蔵 焼酎グラス」が完成して以降、徳利やビールグラスなどさまざまなアイテムを生み出しているのが特徴です。

ビールの泡立ちを研究するところからスタートした同ブランドのビールグラスは、飲み口に「泡止め」となるカーブがあり、泡立ちを長持ちさせる工夫が施されています。ビールグラスの下部には節があり、持ちやすくて安定感があるのもポイント。豊富な絵柄の種類から好みのビールグラスが選べるため、プレゼントにもおすすめです。

ビールグラスのおすすめモデル

シュピゲラウ(SPIEGELAU) ビールクラシックス ビール・チューリップ

ビールの香りと泡を同時に楽しめるチューリップ型のビールグラス。口元が緩やかにすぼまっている形状により、ビールの香りをグラス内に閉じ込めて泡をきれいに保てるため、苦みの少ないフルーティーなビールにおすすめです。

「吹きガラス製法」で作り出された上質で薄いガラスは口当たりのよさが魅力。ビールグラスの半分くらいまで注いだ状態で飲むとビールの風味を最大限に味わえます。

ホルムガード(HOLMEGAARD) SKIBSGLAS ビアグラス 340ml 4302212

個性豊かなデザインと、吹きガラス製法で作られた透明感ある見た目が特徴のビールグラス。どっしりとした脚が付いており、安定感があるため安心して飲めます。

飲み口が広いので、ビールの美しい泡と芳醇な香りを最後まで堪能できるのも魅力。濃厚な味わいのビールをゆっくり楽しみたい方におすすめです。

松徳硝子 うすはりグラス ビールグラスピルスナー

「鼓」をモチーフに設計された”うすはりシリーズ”のビールグラス。同シリーズ最大の特徴はその名の通りグラスの薄さにあります。本製品はピルスナーグラスで、日本でもおなじみのラガービールと相性がよく爽やかな苦みときめ細やかな泡を楽しむのに最適です。

ビールグラスの形状が美しい曲線で、ビールがグラスから口元に緩やかに流れるため香りと味わいをじっくりと楽しめます。

能作 ビアカップ 501330

錫100%で作られたビールグラス。味をまろやかにする錫の性質とクリーミーな泡立ちが調和して、味わい深いビールが堪能できます。金属ならではの涼しげな風合いと熱伝導率の高さによって、冷たいビールを長く楽しめるのも魅力です。

高い品質と洗練されたデザインのビールグラスとなっており、性別や年齢問わずプレゼントにも適しています。

匠の蔵 プレミアムビアグラス プロスト

有田焼の美しい絵柄と個性的なフォルムが目を引くビールグラス。内側の底部に丸みがあり、ビールを注いだ時に滑らかな対流を起こすことでマイルドな泡立ちを生み出します。

飲み口から底部にかけて緩やかに細くなっている形状により、泡立ちをキープしながらビールのうま味を引き出しているのが魅力です。陶器ならではの温かみある風合いと美しさがビールの奥深い味わいを際立たせます。

リーデル(RIEDEL) リーデル・オー オー・ビアー 414/11

ワイングラスで名高い老舗ブランド「リーデル」によるビールグラス。ビールが持つ香りや味わいを最大限に引き出す形状と、ビールの美しい黄金色が映えるグラスの透明感が特徴です。

グラスの底部にはクリーミーな泡立ちを作るための”スパークリングポイント”と呼ばれる傷が施されています。2個セットになっており、350mlの缶ビールを2人で分け合うのにちょうどよいサイズです。

イッタラ(iittala) Lempiグラス

丸みのある優しい雰囲気のグラス。シンプルかつモダンなデザインによりおしゃれな雰囲気を演出しています。ビールグラスとしてはもちろん、ワイングラス・アイスコーヒーグラスとしても使えるのが特徴。重ねられるため収納性に優れているのもポイントです。

東洋佐々木ガラス ビールグラス ディアマン ピルスナー

東洋佐々木ガラスが開発した強化クリスタル「ファインクリスタル」に、「イオンストロング」という強化加工を施した耐久性のあるビールグラス。業務用の食器洗浄機で4500回洗浄しても白く濁らずきれいな状態で長く使えるのが特徴です。

美しく使いやすいその形状は、日本の食生活を知り尽くす日本人デザイナーによって設計されました。品質の高さと優れた機能性・デザイン性を持ちながら、リーズナブルな価格であることも魅力です。

燕人の匠 ビールタンブラー HB-7472

保冷効果が高いステンレス製のビールグラス。熟練の職人集団「燕人の匠」によって作られているのが特徴です。内側に凸凹を付ける「クリーミーフォーム加工」が施されているので、きめ細やかな泡立ちを楽しめます。サイズは300mlと400mlの2種類。素材はステンレス製と純銅製から選択可能です。

ドウシシャ(DOSHISHA) ON℃ZONE フリージングタンブラー

ドウシシャが独自に開発した真空冷却3層構造で、飲み物を氷点下まで冷やせるステンレス製のビールグラス。保冷剤層があるため、あらかじめ冷凍庫で冷やしておけば常温の飲み物も冷たくなるほどの冷却効果があります。冷やすことにこだわり抜いたビールグラスです。