テレビやデスク周りで散在しがちなのがケーブル類。見た目が悪いのはもちろん、作業効率も低下するのでキッチリと整理したいものです。

今回はおすすめのケーブルボックスをご紹介。豊富なラインナップの中からおしゃれで機能的なモノをピックアップしたので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

ケーブルボックスとは?

By: amazon.co.jp

ケーブルボックスとはコードやケーブル、電源タップなどがまとめてきれいに収納できるボックスです。部屋がきれいに片付くだけでなく、スイッチの切り換えが容易になるなど、実用なアイテムも数多くリリースされています。

なお、電源周りで気を付けたいのが「トラッキング現象」。これはホコリと湿気によって電源プラグから発火することで、最悪の場合火事の原因にもなりうるので注意が必要です。予防するためには周辺機器の掃除はもちろん、ケーブルボックスを用意してホコリと湿気をしっかりカバーできる体制を整えておきましょう。

ケーブルボックスの選び方

収納したいアイテムに合ったサイズを選ぶ

By: amazon.co.jp

便利なケーブルボックスも、収納したいモノが入る大きさでなければ意味がありません。大型の電源タップやルーターなどは必ず採寸し、大きさに合ったもの選びましょう。収納するモノが多い場合は、スッキリと整理できる2段式のものがおすすめ。大きさが合わないからとケーブルをねじったり無理に折り曲げて収納したりすると故障につながりますので、ゆとりあるサイズ選びをすることが重要です。

必要な機能が揃ったタイプを選ぶ

By: amazon.co.jp

ケーブルボックスを使う目的を明確にして、必要な機能が備わっているか確認しましょう。ケーブルボックスをどこに置くのかを想定し、ケーブルを通す配線口の位置や数を確認することも重要です。

機能性に富んだケーブルボックスはとても便利で魅力的ですが、ホコリや湿気からケーブルを守ること、デスク周りをスッキリ整理できることが前提となるので、備わっている機能が目的に合っているかを見極めることもケーブルボックス選びのポイントです。

デザイン性と実用性のバランスを考えて選ぶ

By: amazon.co.jp

部屋をスッキリと見せるのに役立つケーブルボックスですが、目に付きやすい場所に置くのであれば、インテリア性の配慮したいもの。シンプルであったり、スタイリッシュであったりとデザインはさまざまですが、その材質によっても受ける印象は変わってきます。

ケーブルボックスの材質は主にプラスチック製と木製とがあります。プラスチック製はシンプルでクールな印象、カラーによってはインテリアのアクセントにもなるなどバリエーションが豊富です。さらに購入しやすい価格帯であることも大きな魅力。一方、木製は木材の持つ温かみのある風合いが特徴で、どんなインテリアにもなじみやすくおしゃれな印象に仕上がっています。

買い足す可能性があるのであれば、揃った状態をイメージすることも大切です。サイズやカラーのバリエーションをあらかじめチェックしておき、実用性とデザイン性を兼ね備えたケーブルボックスを選びましょう。

ケーブルボックスのおすすめ

バッファロー(BUFFALO) ケーブルボックス 電源タップ&ケーブル収容 Lサイズ BSTB01L

6個口の電源タップを収納するのに適したケーブルボックス。ケーブルは3方向に伸ばせるので、タコ足配線対策におすすめです。フタにはケーブルを通すケーブルホールが付いており、ボックスの上でモバイル機器の充電も可能。

インテリアに合わせやすいシンプルなデザインで、カラーはホワイトとブラックの2色で、サイズはLサイズのほかに、4個口の電源タップに適したSサイズもあります。

イノマタ化学 テーブルタップボックス ブラック Lサイズ

ケーブル類をスッキリ収納できるアイテム。上部に付いている透明のフラップを開けて電源タップのスイッチを切り替えることが可能。フラップにはホコリが入りにくいデザインを採用しています。

底面には滑り止めと多数の通気口があり、放熱性に優れています。機能的かつお手頃な価格で評価の高いケーブルボックスです。カラーはブラックの他にブラウンとホワイトもラインナップしています。

オットスタイル(ottostyle.jp) ケーブルボックス 電源タップ&ケーブル収納 桐無垢材使用

温かみのある桐無垢材を使用したケーブルボックス。取り外せるフタは本体に被せるようにセットするので、電源タップなどを収納した後はしっかりと固定され、安定しています。

本体とフタとの間には溝があり、外側から電源タップのスイッチが切り替え可能。コードが出せる配線口が両サイドにあり、ケーブルが3方向に伸ばせます。カラーはナチュラルとブラウンの2色。温かみのある桐無垢材で、インテリアになじむおしゃれなデザインです。

Blue Lounge ケーブルボックスミニ マリブブルー BLD-CBMN-MB

おしゃれな収納グッズを豊富に取り揃えているブルーラウンジのケーブルボックス。4個口電源タップに適したミニサイズで、デスクの上を手軽に整理整頓したい際に便利なアイテムです。

素材は難燃性に優れた「耐衝撃性ポリスチレン」。サイドにスリットがあるだけというシンプルなデザインが、品質の高さをより際立たせています。

カラーバリエーションは鮮やかな発色のオレンジやライムグリーンなど7色。コンパクトでありながらインテリアのアクセントになるのでおすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ケーブルボックス タップ/ルーター 収納ボックス 200-CB007LM

電源タップが収納できる上段とルーターやモデムなどが収納できる下段に分かれた2段式のケーブルボックス。天板はスマホやタブレットが立て掛けられるなど、モバイル機器の充電ステーションにカスタマイズが可能。下段の両端にあるケーブルフックを使えばケーブル類がスッキリ収納でき、ルータ類の設置スペースが広がります。

大型のケーブルボックスで、キャスターとアジャスターが付いているのもポイント。カラーはブラックとホワイトの2色で、どちらもウッド調とスチールの2トーンを採用しているので、インテリア性も良好のアイテムです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ケーブルボックス タップ収納ボックス 200-CB006DM

ケーブルを通すスリットが本体の背面にあり、壁にぴったりと付けて設置できるケーブルボックス。前面にはマグネット式の大きな扉があり、電源タップの収納が容易に行えます。背面はオープンになっていますが、ケーブルなどが落ちないためのストッパー付き。電源タップのスイッチを前面と背面の両側から切り替えることが可能です。

前面のスチール部分にはケーブルホルダーなどのマグネット小物が取り付けられます。シンプルなデザインで、デスクの上でも活躍するケーブルボックスです。

山善(YAMAZEN) ケーブルボックス ハイタイプ RCB-L

ルーターやモデムが収納できるハイタイプのケーブルボックスです。前面の窓は電源タップのスイッチを切り替える時に、開閉式の天板はコンセントの抜き差しする時にとても便利。天板にはケーブルホールも付いているので、コードを通せば充電ステーションとして使えます。

カラーはオールホワイト、オールブラックのほか、2トーンタイプのホワイト木目調、ダークブラウン木目調があるので、まとめて複数のケーブルボックスが欲しい方におすすめです。

エレコム(ELECOM) ケーブル収納ボックス EKC-BOX001

素材に燃えにくいプラスチックを使用して、安全性をより強化したケーブルボックスです。底面にある多数の通気穴は、内部の温度上昇を緩和するのに役立ちます。

ぴったり閉まるフタはホコリを防ぎ、ケーブルの損傷を防ぐゴム製のケーブルホールが2か所付いているのもポイント。カラーはホワイトとブラックの2色で、6個口電源タップ用のほかに4個口電源タップ用のコンパクトサイズがあります。高品質でスッキリとしたデザインが人気のケーブルボックスです。

TSdrena ケーブルボックス 電源タップ・ケーブル収納 SPM-OTCB01

ホワイト一色で両サイドにスリットがあるのみという極めてシンプルなデザインのケーブルボックス。フタを外して収納するだけでコード類が簡単に片付きます。

特にホコリを避けたい、部屋をスッキリ見せたい時におすすめのアイテムです。本体サイズは横幅が40.5cm、奥行きが15.6cm、高さが13.5cmと大きめサイズなので、6個口の電源タップがゆったり収納できます。

山崎実業 ケーブルボックス ウェブ L グレー 2709

光沢のある素材が特徴のケーブルボックス。横幅は7個口の電源タップも収まる40cm、奥行きが15.5cm、高さが14.5cmとティッシュボックスサイズで、大きめのACアダプタも収納可能。カラーはグレー、ブラウン、ホワイトの3色です。

オリコ(ORICO) 配線ボックス

両サイドにスリット、中央部に十分な配線口のあるケーブルボックス。3方向にケーブルが通せるほか、底面には放熱穴が複数施されており、安全性にも配慮しているのが特徴です。

フタの外側を囲むように溝があり、タブレットやスマートフォンを立てかけるスタンドとして利用が可能。また、フタにあるケーブルホールは、ケーブルがボックスの中に落ちないための工夫が施されています。お手頃な価格も魅力なアイテムです。

UGREEN ケーブルボックス 電源タップ ケース

鍵穴の形をした配線口、黒×白の配色がおしゃれなケーブルボックス。防水、防火素材を採用し、安全面にも配慮されています。横幅が42cm、高さが15.5cm、奥行きが17cmの大容量サイズ。重量は1.5kgで、底面の両サイドに滑り止めのゴムが付いているのもポイントです。

取り外しのできるフタは本体にぴったりと納まり、ホコリが溜まるのを防ぎます。フタの上で充電ができるよう配置されたケーブルホールは2ヶ所。おしゃれで個性的なデザインと高い品質が魅力のケーブルボックスです。

桐ケーブルボックス IW-0005

素材に桐を採用したケーブルボックスです。桐は調湿作用に優れているほか、熱伝導率が低いのが特徴。デザインがらリビングや寝室のほか、和室に設置しても違和感がないので汎用性が高いのもポイントです。

取り外せるタイプのフタと、両サイドにスリットがあるのみというシンプルなデザインは、インテリアに馴染みやすく、ホコリを避けるのにも役立ちます。カラーはブラウンとナチュラルの2色です。

橋本達之助工芸 Textile cable box トリノストライプ

漆器を取り扱う「橋本達之助工芸」のケーブルボックスです。おしゃれなテキスタイルデザインは10パターンから選ぶことが可能。こだわりのインテリアに合わせる、部屋のアクセントにしてみるなど、家具を選ぶような感覚で楽しめます。

ケーブルを通すスリットは両サイドにあり、フタにあるケーブルホールでモバイル機器の充電が可能。また、滑り止め加工が施してあるので、開けることが少ないようであれば小物を置く台としても使えます。なお、収納できる電源タップのサイズは少し小さめの27cm×8cmまでとなっているので、留意しておきましょう。