イヤホンを選ぶときは、低音の響きを重視するのもおすすめ。通常の低音よりもさらに低い周波数の重低音は、耳を伝いながらまるで振動のような音を響かせます。重低音の効いた楽曲をより深く楽しむためには、イヤホンも低音に特化したモノを選択することが重要です。

そこで今回は、おすすめの「重低音イヤホン」をご紹介します。選び方やおすすめのメーカーも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

重低音イヤホンの選び方

形状で選ぶ

By: audio-technica.co.jp

イヤホンには、耳栓のように耳に押し込んで使う「カナル型」と、耳に浅く引っ掛けるようにして使う「インナーイヤー型」の2種類があります。カナル型イヤホンは密閉度が高いので、重低音を楽しむのにおすすめ。家だけではなく屋外でも楽しめるイヤホンです。

インナーイヤー型は、カナル型よりも低音再生能力が劣ります。外部への音漏れも多く、公共の場での大音量再生には不向きです。しかし、装着時の違和感や疲労感があまりなく、長時間使用する方に適しています。

接続方法で選ぶ

By: audio-technica.co.jp

AppleがiPhone 7以降、イヤホンジャックを廃止したことにより、ワイヤレスで使用できる「Bluetooth対応イヤホン」が多くラインナップされるようになりました。有線のイヤホンを使いたい方は、イヤホンジャックをLightning端子に変換して使用する変換アダプターをチェックしてみてください。

有線接続は高音質ですが、ケーブルが煩わしいのが難点です。Bluetooth接続はケーブルがないため、移動の際やスポーツシーンにおすすめ。対応機種であればハンズフリーで通話も可能です。

駆動方式で選ぶ

By: amazon.co.jp

イヤホンの駆動方式も重要なポイント。繊細な音が再生できることから、最近は「バランスド・アーマチュア型」のイヤホンが人気です。しかし、重低音再生を重視すると、一般的な「ダイナミック型」のイヤホンが有利。低音域の再生周波数の広さや低音部のボリューム感など、設計次第で性能を高めやすいのがダイナミック型の特徴です。

バランスド・アーマチュア型の音質で、重低音も楽しみたいのであれば、両方の方式を採用したハイブリッド型がおすすめ。数は少なめですが、気になる方はぜひ探してみてください。

イヤホンのシリーズで選ぶ

By: amazon.co.jp

一般的なイヤホンは、どんな音楽を聴いてもバランスがよくなるように設計されているのが特徴。プロの現場で使われるようなモデルはその傾向が強く、全体のバランスを重視したモノが多く使われています。

一方、重低音再生を好むユーザーが多いことも事実。ユーザーの要望に応えるため、メーカーは意図的に重低音再生を強化したモデルを発売しています。そして、ひと目で重低音イヤホンであると分かるようなネーミングの製品がラインナップされているのがポイント。

具体的には、低音を意味する英語の「BASS」が製品名やシリーズ名に入っているモデルが多く、ソニーの「EXTRA BASS」シリーズ、オーディオテクニカの「SOLID BASS」シリーズなどがあります。迷ったら「BASS」の付いたシリーズから選びましょう。

イヤーチップで選ぶ

By: amazon.co.jp

カナル型イヤホンでは、快適に重低音を楽しむためにイヤーチップの選択も重要です。密閉度が高いほど低音再生に有利なのがイヤホンの特徴。イヤーチップも、耳とのフィット感が高く隙間ができにくいタイプを選ぶと、より充実した低音を楽しめます。

イヤーチップのフィット感は個人差が大きいので、自分に合ったタイプや形状を把握することが大切です。

価格をチェック

By: audio-technica.co.jp

同じ重低音の再生能力に優れたイヤホンでも、販売価格はモデルごとにさまざま。パワフルな低音サウンドが再生できるだけでなく、各帯域のバランスにも優れているモデルや、高音質なハイレゾ音源に対応したモデルなどは、価格も高くなる傾向があります。

また、使い勝手に優れた機能を搭載しているモデルも価格は高め。コスパ重視で重低音イヤホンを選択する場合には、ワイヤレスタイプより有線接続タイプがおすすめです。

重低音イヤホンのおすすめメーカー

ボーズ(Bose)

By: amazon.co.jp

ボーズは、アメリカに本社を構える世界トップクラスのオーディオメーカーです。1964年の創立以来、多くの新技術を開発。ノイズを大幅に軽減する「ノイズキャンセリング技術」やコンサートホールのような反響音を演出する「ダイレクト/リフレクティング理論」など、ほかと一線を画したイヤホンを多数展開しています。

また、音質だけではなく、イヤホンの装着感にこだわっているのもポイント。カナル型の閉塞感とインナーイヤー型の音漏れを軽減した、独自スタイルの装着法も魅力です。スピーカーはNASAのスペースシャトルや航空機などにも使用されています。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは、世界的なオーディオメーカーらしい幅広いラインナップが特徴のメーカーです。重低音再生に特化した「EXTRA BASS」シリーズもそのひとつ。12mmを超える大口径の「ダイナミック型ドライバー」と「高磁力ネオジウムマグネット」、そして「ロングボイスコイル」の組み合わせによるキレのよい重低音が魅力です。

ハイスペック機は、ハイレゾ音源の再生に対応しているモデルが多く、質の高い音を手軽に楽しめるのがポイント。ワイドレンジを確保したうえでの重低音再生もソニーの特徴です。

JVCケンウッド(KENWOOD)

By: amazon.co.jp

JVCケンウッドは、国内大手オーディオメーカーのなかでも、重低音イヤホンにこだわりのあるメーカーです。「XX(XTREME XPLOSIVES)」シリーズが重低音イヤホンの代表モデル。重低音の再現性を高める「エクストリームディープバスポート」を採用し、量感の多い重低音が特徴です。

また、XXシリーズは”重低音&タフ”をコンセプトにしており、低音再生能力だけでなく、アウトドアシーンでも安心して使える耐久性の高さもポイント。ストリートスタイルを意識したデザインが特徴のメーカーです。

オーディオテクニカ(audio-technica)

By: amazon.co.jp

オーディオテクニカは、ソニーと並ぶ国内イヤホンメーカーの代表格。重低音に特化した「SOLID BASS」シリーズなどをラインナップしています。重低音と解像度を両立させる高磁力ドライバー構造や、空気を操る独自のベント機構、低音を逃さないフィット感の高い装着機構がポイントです。

音質と装着感にこだわった、深みのある重低音が特徴。製品数の多さも魅力で、イヤホン初心者からディープな愛好家までさまざまな方におすすめです。

重低音イヤホンのおすすめ|ワイヤレス

ボーズ(Bose) SoundSport Free wireless headphones

ボーズ独自のクリアでパワフルなサウンドが楽しめる、完全ワイヤレス型の重低音イヤホンです。音質を向上させるためのデジタル信号処理や、安定したBluetooth接続のためのアンテナ位置など、細部までこだわった設計を採用。音割れやノイズを抑えた優れたサウンドを実現しています。

本製品に採用されている「StayHear+ Sportチップ」は、円錐形のノズルと独自のウィングにより安定した装着が可能。スポーツ時に使いたい場合にもおすすめです。

また、「BOSE CONNECTアプリ」を利用して、設定のカスタマイズやさまざまなコントロールが行える点も魅力。「Find My Buds」機能を利用すれば、最後に接続した場所を確認できます。万が一イヤホンを紛失した際に便利な機能です。

ソニー(SONY) ワイヤレスヘッドセット WI-XB400

量感のある低音とクリアな高音を両立したワイヤレスタイプの重低音イヤホンです。臨場感あふれる低音が特徴の「EXTRA BASS」シリーズに属する製品。Bluetoothコーデックは、音質劣化の少ないAACに対応しています。

バッテリーでの連続再生可能時間は、最大15時間。10分ほど充電するだけで、約60分間の再生が可能になるクイック充電に対応している点もおすすめです。本製品の重量は約21g。快適な装着感が得られる仕様です。

ハウジング部にはマグネットが内蔵されているので、携帯時や収納時には左右のイヤホンをまとめておけます。さらに、ケーブル部にはリモコンも搭載。ハンズフリー通話に対応しており、スマホと接続して使いたい方にも適しています。

Bluetooth接続は最大8台までの機器とマルチペアリング可能。複数の機器と接続して使用する場合にも便利です。

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット WF-XB700

雨や汗に強い防滴性能を搭載した完全ワイヤレス型の重低音イヤホンです。迫力ある低音とクリアな高音が特徴。左右のイヤホンそれぞれにBluetooth信号が送られるので、接続の安定性が高く、動画視聴時の音声遅延も抑制できます。

防水性能はIPX4相当。屋外でちょっとした雨が降った場合や、スポーツで汗をかいた場合にも安心して使えるのがメリットです。本体のみでのバッテリー使用可能時間は約9時間。ケースを組み合わせれば、最大で18時間の駆動が可能です。

ケースの重量は約46gと軽いので、持ち運びにもぴったり。イヤホン本体に搭載されているボタンにより、音楽の再生や曲送り、着信応答なども簡単に操作できます。耳の3点でイヤホンを支える「エルゴノミック・トライホールド・ストラクチャー」により、快適な装着感が得られる点もおすすめです。

JVCケンウッド(KENWOOD) ワイヤレスステレオヘッドセット HA-XC50T

耐久性に優れた設計の完全ワイヤレス型重低音イヤホンです。衝撃からイヤホン本体を守るラバープロテクターを搭載。IP55相当の防水防塵性能も有しており、屋外での使用にも適しています。Bluetoothのバージョンが5.0なので、安定した接続が期待できるのも魅力です。

本体の連続再生可能時間は約4時間ですが、ケースと合計すれば約14時間の再生が可能。15分ほどの充電で約1時間の連続再生が可能になるクイック充電に対応している点もおすすめです。音楽の再生や停止、曲送りなどは、イヤホンに搭載されているボタンから操作可能。

音声アシスタント機能やハンズフリー通話にも対応しています。イヤーピースは3サイズ付属。4つのカラーラインナップが用意されている点もおすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-CKS5TW

オーディオテクニカの重低音イヤホンシリーズ「SOLID BASS」に属する完全ワイヤレス型の重低音イヤホンです。小型のボディながら、振動板には硬度の異なる2種類の素材を採用。低音の厚みと中高音の鮮明さを際立てます。

イヤホンを充電ケースから取り出すだけで電源がONに、ケースに収納すれば電源がOFFになるのもポイントです。イヤホン本体だけでも約15時間の連続再生が可能。ケースを併用すれば最大45時間バッテリーで駆動します。

充電ケース下部には、充電状況が確認できるLEDインジケーターを搭載。イヤホン本体のマルチファンクションボタンで、再生や停止、着信応答などの操作が行える点もおすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) SOLID BASS ATH-CKS770XBT

重低音を重視する「SOLID BASS」シリーズに属するワイヤレスイヤホンです。不要な共振を抑える切削無垢アルミニウムエンクロージャーを搭載しているのが特徴。深みのある重低音を楽しめます。

また、装着性が高く、コンパクトにまとまる携帯性を備えたフレキシブルネックバンドにより、取り扱いやすいのも魅力です。

さらに、ハンズフリー通話が可能なマイクと、手元で操作ができるリモコンも搭載。最大8台までの機器を登録できるマルチペアリング機能にも対応しているので、複数のワイヤレス機器を併用している方にもおすすめです。

アンカー(Anker) Soundcore Liberty Neo

4サイズのイヤーピースに加えて、イヤーウィングも4サイズ付属した完全ワイヤレス型の重低音イヤホンです。高硬度のグラフェンを採用したドライバーにより、繊細でクリアなサウンド再生が可能。ステージにいるような臨場感あふれるサウンドが楽しめます。

Soundcore独自の「BassUPテクノロジー」により、低音域が強化されているのもポイント。本体のみのバッテリー駆動時間は約5時間ですが、ケースと組み合わせて使用すれば、最大20時間音楽が再生できる点もおすすめです。

タオトロニクス(TaoTronics) SoundLiberty 53 TT-BH053

安定した接続が可能な完全ワイヤレス型の重低音イヤホンです。Bluetooth5.0を採用しており、左右のイヤホンに音声データを同時伝送可能。AACコーデックにも対応しているので、iPhoneと接続して使用したい場合にもぴったりです。

搭載されているダイナミック型ドライバーは約6mmながら、迫力のある重低音サウンドが再生できます。イヤホン単体での駆動時間は最大6時間。ケースを併用すれば、最大40時間の再生が可能です。また、本製品はIPX7相当の防水性能を備えているので、屋外やスポーツ時の使用にもおすすめ。

再生や一時停止、音量の調節は、イヤホン側面を指で触って操作できます。ハンズフリー通話にも対応しています。

ジェイビーエル(JBL) Under Armour True Wireless Flash UAJBLFLASH

汗をかくスポーツシーンでの使用に適した完全ワイヤレス型の重低音イヤホンです。IPX7相当の防水性能を搭載。「トークスルーテクノロジーモード」と「アンビエントアウェアモード」により、周囲の音を聴きながら音楽鑑賞ができます。

イヤホン本体のバッテリー駆動時間は約5時間。耐水性のチャージングケースを使用すれば最大25時間バッテリーで駆動します。スポーツ時にリッチな低音サウンドを楽しみたい方におすすめです。

サウンドピーツ(SoundPEATS) ANCノイズキャンセリング T2

12mmのダイナミックドライバーを搭載した重低音イヤホンです。コーデックはSBC・AACに対応しています。低音の迫力だけでなく、クリアな音質も実現しているのが魅力。中・高音域の表現にも優れているので、さまざまな曲調に対応した製品がほしい方にぴったりです。

「ANCノイズキャンセル機能」を備えているのもポイント。最大35dbのノイズ低減が可能なため、音楽に集中したい方にも適しています。

「外部音取り込み機能」を使用すれば、マイクで周りの音を集音することも可能。イヤホンを装着している際に話しかけられても反応しやすく便利です。多機能な製品を探している場合はチェックしてみてください。

ラディウス(radius) VOLT Series HP-V100BT

活用シーンの多さが魅力の重低音イヤホン。 充実した低音を再生する13mmの大口径ドライバーと「High-MFD構造」を採用し、クリアさと音質を兼ね備えた重低音を鳴らします。

また、雨や汗に耐えるIPX6準拠の防滴性能に対応。屋外で運動するときにも安心して使用できます。

さらに、音楽再生機器・通話機器それぞれ1台ずつに同時接続できるマルチポイントと、複数台の接続設定を記憶できるマルチペアリングに対応するBluetooth機能も便利。ポータブルプレーヤーとスマホに接続できるので、通話用のヘッドセットとしてもおすすめです。

重低音イヤホンのおすすめ|有線

ソニー(SONY) 密閉型インナーイヤーレシーバー MDR-XB55

グルーブ感のあるサウンド再生が可能な重低音イヤホンです。ドライバーユニットから鼓膜までの密閉度を高めつつ、通気抵抗をコントロールする「ベースブースター」によって、低域用の振動板動作を最適化する設計。量感ある低音を正確なリズムで再生できます。

本製品は、直径16mmのドライバーユニットと同程度のドーム面積を有する12mmのダイナミック型ドライバーを採用。小型ながら高感度で歪みの少ない音響特性を実現しています。また、イヤーピースに角度をもたせることで、耳の奥まで装着できる「アングルドイヤーピース方式」により、快適な装着感と遮音性が得られる点もおすすめです。

ケーブルには絡みにくい「セレーションケーブル」を採用。リーズナブルな価格で購入できるにも関わらず、持ち運びに便利なキャリングポーチも付属しています。

JVCケンウッド(KENWOOD) ステレオミニヘッドホン HA-FX1X

10mmのネオジウムドライバーユニットを搭載した重低音イヤホンです。「エクストリームディープ」と呼ばれるバスポートを採用しており、パワフルでキレのある重低音サウンドを再生できます。

また、衝撃に強いエラストラマー素材の「タフラバープロテクター」により、ハウジング部がしっかりと保護されているのも特徴です。イヤホン本体は大きめながら、イヤーピース部に角度を付けた「エルゴノミックアングルドフォルム」設計により、快適な装着感を実現。携帯に便利な専用のキャリングケースが付属している点もおすすめです。

JVCケンウッド(KENWOOD) カナル型イヤホン HA-FX99X

重低音に強い「XX」シリーズの重低音イヤホンです。ダイナミック型ドライバーを採用しており、クリアでキレがよい音を再生。シリーズ初のハイレゾ音源対応モデルで、高解像サウンドを再現できるのも魅力です。

また、強靭なアルミ切削ボディを採用しているため、不要な振動を抑制。加えてエラストマー素材のプロテクターを採用することで、耳へのフィット性を高め、低音を逃さないのもポイントです。

直径2mmの太いケーブルは溝を入れて摩擦を抑えているので絡まりにくく、気軽にカバンへ入れて持ち運べます。アルミスピン&ダイヤカットの高級感あふれるデザインもおしゃれです。

オーディオテクニカ(audio-technica) インナーイヤーヘッドホン ATH-CKS550X

キレのある低音再生とハイレゾ音源への対応が魅力の重低音イヤホンです。ドライバーは9.8mmの「SOLID BASS HDドライバー」を搭載。磁力を高める高精度設計によってドライバーの駆動力と制動力を向上し、優れた重低音を再生します。

高音質なハイレゾ音源にも対応。小型ボディを採用し、快適な装着性と密閉性も両立しています。価格帯が手頃なので、初めて重低音イヤホンを購入する場合にもおすすめの製品です。

ゼンハイザー(SENNHEISER) IE 300

長時間着用にぴったりの重低音イヤホン。柔らかなイヤーフックを採用することで、優れた装着感を実現しています。イヤーピースはシリコンタイプとフォームタイプが付属しているため、フィット感などの好みに合わせやすい製品がほしい方におすすめです。

振動板には共振しにくい素材が使われており、歪みの少ない低音再生が可能。迫力あるサウンドを高音質で楽しみたい方はチェックしてみてください。

ラディウス(radius) NeVOLTシリーズ ハイレゾ対応イヤホン 重低音モデル HP-NHR21

高音質なハイレゾ音源に対応した重低音イヤホンです。「High-MFD」と呼ばれる構造のダイナミック型ドライバーを搭載。ボイスコイルから漏れる磁束をマグネットで閉じ込め、磁束密度を高めて感度や音質を向上させる設計です。

奥行きのあるパワフルな低音からクリアな高音まで優れたサウンド再生が可能。ラディウス独自の「ディープマウントイヤーピース」が採用されているので、イヤホンが耳にフィットするエリアが広く、快適な装着感が得られます。

接続には高い耐久性を誇るナイロンケーブルを使用。ハンズフリー通話にも対応できる多機能リモコンが搭載されている点もおすすめです。

ゼロオーディオ(ZERO AUDIO) CARBO MEZZO ZH-DX220-CM

伸びやかで繊細なサウンドが特徴の重低音イヤホンです。ダイナミック型の「ファインチューンド・ドライバー」により、臨場感豊かなハイレゾサウンドを表現。高強度で制振性にも優れたカーボンと削り出しアルミの複合強化ボディ「コンポジットハウジング」により、パワフルで深みのある重低音が再生できます。

ケーブルには、ピュアな音源伝送が可能な無酸素銅を使用したフラットコードを採用。3サイズのイヤーピースやキャリングバッグも付属しています。比較的低価格ながら、高音質なサウンドが楽しめるコスパに優れたおすすめの重低音イヤホンです。

デノン(DENON) AH-C820

2基のドライバーを内蔵したハイレゾ音源対応の重低音イヤホンです。2つのダイナミック型ドライバーを対向配置。2倍の振動板面積を有するので、量感のある低域をよりクリアに表現できます。

ハウジング部にはアルミダイキャストとABS樹脂を使用し、不要な振動を抑えて透明感の高いサウンド実現する仕様。耳穴の大きさに応じて選択できる4サイズのシリコンイヤーピースに加えて、Complyのイヤーピース「TX-500」が付属している点もおすすめです。

パイオニア(Pioneer) イヤホン SE-CH3T

振動を抑えるアルミニウム素材が筐体部分に採用されており、迫力がありながら締まりのある低音サウンドを楽しめるイヤホン。それだけでなく高音域の伸びがよいのも特徴で、全体的にクリアな音質を実現しています。ハイレゾ音源の再生に対応しているのも魅力です。

重量は約3.1gと軽量なので、イヤホンを着用するときの重さが気になる方にもおすすめ。また、そのまま着けるのはもちろん、コードを耳に引っ掛ける装着方法にも対応しており、自分好みの掛け方で快適に音楽を楽しめます。

シュア(SHURE) カナル型高遮音性イヤホン SE215 Special Edition SE215SPE-A

パワフルなサウンドが魅力のカナル型イヤホン。クリアで迫力のある本格的なサウンドが楽しめる「SE215」をベースに、重低音再生を強化しているのが特徴です。

また、シュアのイヤホンはコードを耳の後ろに回して着用する、通称「シュア掛け」を採用しています。コードのタッチノイズを減らせるので、動きながらの使用でも快適。さらに、遮音性の高いイヤーパッドを採用しているため、集中して音楽を聴きたい方におすすめのイヤホンです。

ARKARTECH T6 T6-1

リーズナブルな価格ながら、高音質なハイレゾ音源に対応している重低音イヤホンです。高音用のドライバーと低音用のドライバーを1つずつ搭載。迫力のある低音が再生できるだけでなく、各帯域のバランスに優れたサウンドも実現しています。

耳に挿し込むイヤーピース部が傾斜しているので、しっかりと快適に装着可能。イヤーピースはS・M・Lの3サイズが付属しています。

また、ケーブル部のリモコンには高感度でノイズの少ないマイクも搭載。丈夫で引っ張りに強いTPE素材のケーブルが採用されている点もおすすめです。