イヤホンを選ぶときは、低音の響きを重視するのもおすすめ。通常の低音よりもさらに低い周波数の重低音は、耳を伝いながらまるで振動のような音を響かせます。重低音の効いた楽曲をより深く楽しむためには、イヤホンも低音に特化したモノを選択することが重要です。

そこで今回は、おすすめの「重低音イヤホン」をご紹介します。選び方やおすすめのメーカーも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

重低音イヤホンの選び方

形状で選ぶ

By: amazon.co.jp

イヤホンには、耳栓のように耳に押し込んで使う「カナル型」と、耳に浅く引っ掛けるようにして使う「インナーイヤー型」の2種類があります。カナル型イヤホンは密閉度が高いので、重低音を楽しむのにおすすめ。家だけではなく屋外でも楽しめるイヤホンです。

インナーイヤー型は、カナル型よりも低音再生能力が劣ります。外部への音漏れも多く、公共の場での大音量再生には不向きです。しかし、装着時の違和感や疲労感が少なく、長時間使用する方に適しています。

接続方法で選ぶ

By: amazon.co.jp

AppleがiPhone 7以降、イヤホンジャックを廃止したことにより、ワイヤレスで使用できるBluetooth対応イヤホンが多くラインナップされるようになりました。Bluetooth接続はケーブルがないため、移動の際やスポーツシーンにおすすめ。対応機種であればハンズフリーで通話も可能です。

一方、有線接続は高音質で遅延がほとんどないのが魅力。ただし、ケーブルが煩わしいのが難点です。iPhoneで有線のイヤホンを使いたい方は、イヤホンジャックをLightning端子に変換して使用する変換アダプターをチェックしてみてください。

駆動方式で選ぶ

By: amazon.co.jp

イヤホンの駆動方式も重要なポイント。繊細な音が再生できることから、最近は「バランスド・アーマチュア型」のイヤホンが人気です。

しかし、重低音再生を重視する場合、一般的な「ダイナミック型」のイヤホンが有利。低音域の再生周波数の広さや低音部のボリューム感など、設計次第で性能を高めやすいのがダイナミック型の特徴です。

バランスド・アーマチュア型の音質で、重低音も楽しみたいのであれば、両方の方式を採用したハイブリッド型がおすすめ。数は少なめですが、気になる方はぜひ探してみてください。

イヤホンのシリーズで選ぶ

By: amazon.co.jp

一般的なイヤホンは、どんな音楽を聴いてもバランスがよくなるように設計されているのが特徴。プロの現場で使われるようなモデルはその傾向が強く、全体のバランスを重視したモノが多く使われています。

一方、重低音再生を好むユーザーが多いことも事実。ユーザーの要望に応えるため、メーカーは意図的に重低音再生を強化したモデルを発売しています。また、ひと目で重低音イヤホンであると分かるようなネーミングの製品がラインナップされているのがポイントです。

具体的には、低音を意味する英語の「BASS」が製品名やシリーズ名に入っているモデルが多く、ソニーの「EXTRA BASS」シリーズ、オーディオテクニカの「SOLID BASS」シリーズなどがあります。迷ったら「BASS」の付いたシリーズから選びましょう。

イヤーチップで選ぶ

By: amazon.co.jp

カナル型イヤホンでは、快適に重低音を楽しむためにイヤーチップの選択も重要です。密閉度が高いほど低音再生に有利なのがイヤホンの特徴。イヤーチップも、耳とのフィット感が高く隙間ができにくいタイプを選ぶと、より充実した低音を楽しめます。

イヤーチップのフィット感は個人差が大きいので、自分に合ったタイプや形状を把握することが大切です。

自宅専用ならヘッドホンもおすすめ

自宅でより迫力ある重低音を楽しみたい方は、「重低音ヘッドホン」もおすすめ。重低音ヘッドホンは、重低音イヤホンと同様に低音寄りのチューニングが施されたヘッドホンです。

ヘッドホンの形状には「密閉型」と「開放型」の2種類があり、それぞれ特徴が異なります。密閉型は遮音性が高く音漏れしにくい反面、音がこもりやすいのが難点。一方、開放型は音漏れしやすい仕様ですが、音抜けがよくクリアなサウンドを楽しめます。

一般的に重低音モデルは密閉型を採用していることが多く、ラインナップが豊富。多くの選択肢から自分に合ったモデルを見つけられます。とはいえ、音漏れを気にしない自宅用で重低音だけでなく、クリアな高音もリスニングしたい方は開放型をチェックしてみてください。

重低音ヘッドホンのおすすめはこちら

重低音イヤホンのおすすめメーカー

ボーズ(Bose)

By: amazon.co.jp

「ボーズ」は、アメリカに本社を構える世界トップクラスのオーディオメーカーです。1964年の創立以来、多くの新技術を開発。ノイズを大幅に軽減する「ノイズキャンセリング技術」やコンサートホールのような反響音を演出する「ダイレクト/リフレクティング理論」など、ほかと一線を画したイヤホンを多数展開しています。

また、音質だけではなく、イヤホンの装着感にこだわっているのもポイント。カナル型の閉塞感とインナーイヤー型の音漏れを軽減した、独自スタイルの装着法も魅力です。スピーカーはNASAのスペースシャトルや航空機などにも使用されています。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

「ソニー」は、世界的なオーディオメーカーらしい幅広いラインナップが特徴のメーカーです。重低音再生に特化した「EXTRA BASS」シリーズもそのひとつ。12mmを超える大口径の「ダイナミック型ドライバー」と「高磁力ネオジウムマグネット」「ロングボイスコイル」の組み合わせによるキレのよい重低音が魅力です。

ハイスペック機は、ハイレゾ音源の再生に対応しているモデルが多く、質の高い音を手軽に楽しめるのがポイント。ワイドレンジを確保したうえでの重低音再生もソニーの特徴です。

JVCケンウッド(KENWOOD)

By: amazon.co.jp

「JVCケンウッド」は、国内大手オーディオメーカーのなかでも、重低音イヤホンにこだわりのあるメーカーです。「XX(XTREME XPLOSIVES)」シリーズが重低音イヤホンの代表モデル。重低音の再現性を高める「エクストリームディープバスポート」を採用し、量感の多い重低音が特徴です。

また、XXシリーズは”重低音&タフ”をコンセプトにしており、低音再生能力だけでなく、アウトドアシーンでも使える耐久性の高さもポイント。ストリートスタイルを意識したデザインが特徴のメーカーです。

オーディオテクニカ(audio-technica)

By: amazon.co.jp

「オーディオテクニカ」は、ソニーと並ぶ国内イヤホンメーカーの代表格。重低音に特化した「SOLID BASS」シリーズなどをラインナップしています。重低音と解像度を両立させる高磁力ドライバー構造や、空気を操る独自のベント機構、低音を逃さないフィット感の高い装着機構がポイントです。

音質と装着感にこだわった、深みのある重低音が特徴。製品数の多さも魅力で、イヤホン初心者からディープな愛好家までさまざまな方におすすめです。

重低音イヤホンのおすすめ|ワイヤレス

ボーズ(Bose) Sport Earbuds


スポーツシーンで臨場感あふれるオーディオを楽しめる、ワイヤレスタイプの重低音イヤホンです。独自の音響ポートとプレミアムドライバーにより、クリアかつバランスの取れたサウンドを実現。IPX4相当の防滴性能を備えているので、運動中の汗や雨からもイヤホンを保護します。

また、3サイズの「StayHear Maxチップ」を付属しており、自分の耳に合ったフィット感に調節できるのも魅力。耳全体に均一に圧がかかるため、圧迫感が少なく快適に着用できます。

イヤホン単体で最大5時間の連続再生が可能。15分の充電で最大2時間再生できる「クイックチャージ」にも対応しています。耳元のタッチセンサーで楽曲の操作や着信の応答などを手軽にこなせるのもメリットです。

ボーズ(Bose) QuietComfort Earbuds


高性能なノイズキャンセリング機能を搭載した、ワイヤレスタイプの重低音イヤホン。周囲のノイズを低減できる「Quietモード」と、ノイズを抑えつつ周囲の状況を把握できる「Awareモード」を、シーンに応じて切り替えられます。

独自の音響構造により、音量にかかわらずランスの取れた「ハイ・フィデリティオーディオ」を楽しめるのも魅力。音量を下げても低音が小さくなりにくいのが特徴です。ノイズを低減してクリアな音声を相手へ届けられる小型マイクを内蔵しているため、高品質な通話もできます。

IPX4相当の防滴仕様で、天候に左右されずに使えるのもうれしいポイント。専用アプリと連携することで、「QuietComfort Earbuds」が搭載するすべての機能にアクセスできます。

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット WF-XB700


「EXTRA BASS」を搭載したワイヤレスタイプの重低音イヤホン。迫力ある重低音とクリアな高音を両立しています。IPX4相当の防水性能を備えているため、汗や雨に強いのも特徴です。

イヤホン単体で9時間、充電ケースと合わせて18時間連続で再生できるロングバッテリーを内蔵。わずか10分の充電で60分再生できる「クイック充電」にも対応しています。

人間工学に基づいたデザインで、高い装着安定性を実現しているのも魅力。軽量コンパクトなケースを採用しているので、持ち運びしやすいのもおすすめポイントです。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-SP800N


ノイズキャンセリング機能を搭載した、ワイヤレスタイプの重低音イヤホン。周囲の音を取り込める「外音取り込みモード」を備えているので、ランニングなど周囲の状況に気を配らなければいけないシーンでも使用できます。

迫力ある重低音サウンドを実現する「EXTRA BASS」を搭載しているのも特徴です。また、音に包まれるかのようなリスニング体験を実現する「360 Reality Audio」に対応。臨場感あふれるサウンドを堪能できます。

IP55相当の防塵・防水性能を備えているのもポイント。雨はもちろん、激しい運動における汗からもイヤホンを保護できます。また、アークサポーターを搭載しているため、激しく動いても外れにくく、快適に装着可能です。

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット WI-XB400


最大15時間連続再生できるロングバッテリーが魅力の重低音イヤホン。わずか10分の充電で60分再生できる「クイック充電」にも対応しているので、時間を気にせず音楽を楽しめます。

「EXTRA BASS」に対応し、重低音と高音を両立しているのも魅力。臨場感あふれる音楽をダイレクトに楽しめます。ワイヤレスでも高音質・低遅延を実現する、AACコーデックをサポートしているのも特徴です。

21gと軽量なボディと、首周りのバランスの取れた形状で快適な装着感を実現。絡まりにくいフラットケーブルを採用しているので、携帯しやすいのもおすすめポイントです。

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット WI-SP510


IPX5相当の防水性能を備えた、ワイヤレスタイプの重低音イヤホンです。雨や汗で濡れても使用可能。汚れても軽く水洗いすることで、清潔に使い続けられます。「EXTRA BASS」を搭載しているので、スポーツシーンでも迫力ある重低音をリスニング可能です。

首にしっかりとフィットするネックバンドとアークサポーターを搭載しており、激しい運動下でも安定した装着感を実現。重量約30gと軽量設計なので、長時間でも快適に使用できます。使わないときはマグネットで首元にまとめておけるのも魅力です。

最長15時間連続再生できるロングバッテリーを内蔵しており、1日中使用できるのもポイント。わずか10分の充電で60分再生できる「クイック充電」にも対応しています。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-CKS5TW


ロングバッテリーが魅力の重低音イヤホン。イヤホン単体で15時間、充電ケースと併用で最大45時間の連続再生ができます。「Qualcomm TrueWireless Stereo Plus」に対応しており、左右独立伝送で音切れに強く低遅延なのが特徴です。

専用直径10mmドライバーを搭載。重低音だけでなく、鮮明な中高域を再生できるのも魅力です。また、「Qualcomm cVc テクノロジー」を内蔵し、高品質な通話ができます。

シリコン素材のループサポートを採用することで、安定した装着感を実現。長時間快適に重低音サウンドを楽しみたい方にもおすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスイヤホン ATH-CKS50TW


圧巻の重低音をリスニングできるワイヤレスタイプの重低音イヤホン。大口径の直径9mm SOLID BASS HD TWSドライバーを搭載しているのが特徴です。

ノイズキャンセリング機能を採用しており、音楽に集中できるのもポイント。周囲の音を自然に取り込んで重低音を楽しめる「ヒアスルー機能」も備えています。音と映像のズレを低減できる「低遅延モード」を搭載しているので、動画視聴やゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

装着しやすく外れにくいデザインで、快適に長時間使用できます。イヤホン単体で約20時間連続再生できる大容量バッテリーを内蔵しているのも魅力。約10分の充電で約90分再生できる急速充電にも対応しています。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-CKS770XBT


深みのある重低音を楽しめる重低音イヤホン。直径11mm SOLID BASS HD ドライバーを搭載しているのが特徴です。大口径音導管の採用により、低域だけでなく、中高域までワイドレンジで再生できます。

優れた装着性と携帯性を兼ね備えた「フレキシブルネックバンドスタイル」を搭載。7時間連続で再生できるロングバッテリーも内蔵しています。マルチペアリングに対応し、最大8台までの機器を登録できるのもうれしいポイントです。

JVCケンウッド(KENWOOD) ワイヤレスステレオヘッドセット HA-XC51T


コンパクトながら迫力ある重低音サウンドを楽しめる、ワイヤレスタイプの重低音イヤホン。耳にしっかりフィットする形状を採用しており、長時間でも快適な装着感をキープできます。

イヤホン単体で約8時間、充電ケースと合わせて約28時間連続で再生できるバッテリーを内蔵しているのも魅力。また、イヤホンを装着したままでも会話がしやすい「トーク機能」を搭載しているのもポイントです。

IP55相当防塵・防水と耐衝撃を実現した「TRIPLE PROOF」タフボディにより、さまざまなシーンで使いやすいのもメリット。高音質・低遅延を実現するaptXやAACなどのコーデックに対応しているので、さまざまな機器で高音質サウンドを楽しめます。

JVCケンウッド(KENWOOD) ワイヤレスステレオヘッドセット HA-XC91T


「ハイブリッドアクティブノイズキャンセリング」を搭載した重低音イヤホン。静寂のなかで重低音を楽しめるのが特徴です。大口径12mmドライバーユニットと、独立音響チャンバーにより、リアルな重低音サウンドをリスニングできます。

ノイキャン使用時で、約11時間連続再生できるロングバッテリーを内蔵しているのも魅力。IP55相当の防塵・防水と耐衝撃を備えた「TRIPLE PROOF」タフボディにより、シーンを選ばずに使えます。また、片方のイヤホンだけで使用できるのもうれしいポイントです。

JVCケンウッド(KENWOOD) ワイヤレスステレオヘッドセット HA-XC30BT


量感とキレのある重低音を楽しめる「XDD」を搭載した重低音イヤホン。独自の「エクストリームディープバスポート」を採用しており、迫力のある重低音サウンドをリスニングできるのが特徴です。

「バスブーストモード」を備えているのも魅力。重低音を増強でき、より臨場感のあるサウンドを楽しめます。また、約15時間連続再生できるロングバッテリーを内蔵。比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視している方や、初めて購入する方にもおすすめです。

ビーツ(Beats) Powerbeats Pro MY582PA/A

パワフルな重低音とバランスの取れたサウンドを楽しめる完全ワイヤレスイヤホン。調節可能なイヤーフックを搭載しており、激しい動きでも外れにくい優れた装着安定性を実現しています。

イヤホン単体で最大9時間連続再生できる大容量バッテリーを内蔵。バッテリー残量が少なくなった場合でも、わずか5分の充電で1.5時間再生できる「Fast Fuel機能」を搭載しています。スポーツシーンに適したおしゃれなモデルを探している方におすすめです。

ジャブラ(Jabra) Elite 75t


高品質な通話が可能な重低音イヤホン。「4 マイクテクノロジー」を搭載しているため、周囲のノイズを除去できます。「ノイズキャンセリング機能」を備えており、静寂のなかで重低音サウンドを楽しめるのが特徴です。

フィット感と快適性に優れたコンパクトなデザインも魅力。イヤホン単体で最大7.5時間、充電ケースと合わせて最大28時間連続使用できるのもメリットです。

また、専用アプリと連携することで、音質を自由にカスタマイズできるのもポイント。通話が多いビジネスシーンでも重低音を楽しみたい方におすすめです。

ラディウス(radius) 高音質 ハイブリッドドライバー搭載 完全ワイヤレスイヤホン HP-V700BT


「ハイブリッドドライバー構造」の重低音イヤホン。カーボンファイバードーム振動板ドライバーと、超小型バランスドアーマチュアドライバーを組み合わせています。豊かな低音と繊細な中高音を両立しているのが特徴です。

高音質・低遅延コーデックaptX・AACに加えて、ハイレゾ相当の音質で再生できる「aptX Adaptive」に対応しているのも魅力。イヤホンを外さずに周囲の音を聞ける「外音取り込み機能」も搭載しています。

IPX4相当の防滴性能を備えているため、スポーツシーンにもぴったり。高音質かつ汎用性の高い重低音イヤホンを探している方におすすめです。

重低音イヤホンのおすすめ|有線

ボーズ(Bose) QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones – Apple devices


有線タイプながら周囲のノイズを低減できる「ノイズキャンセリング機能」を搭載した重低音イヤホンです。周囲の雑音を低減することで、迫力ある重低音サウンドに集中できるのが特徴。「Awareモード」にワンタッチで切り替えることで、周囲の状況も把握できます。

柔らかく、耳にしっかりフィットする「StayHear+チップ」を採用。長時間快適に装着できます。マイク付きリモコンも備えているので、音量調節や音楽再生の操作、ハンズフリー通話も可能です。

ノイズキャンセリング機能などを使用するためのバッテリーを搭載しており、1回の充電で最大16時間連続で使用できます。イヤホンとケーブルを収納できるキャリングケースを付属しているため、持ち運びしやすいのもおすすめポイントです。

ソニー(SONY) 密閉型インナーイヤーレシーバー MDR-XB55AP


「ベースブースター」を搭載した重低音イヤホン。量感のある低音を正確なリズムで捉え、グルーヴ感をダイレクトに伝えます。小型の独自開発12mmドライバーユニットを採用しており、高感度を実現するのも特徴です。

快適な装着感と高音質を両立する「アングルドイヤーピース方式」を採用。耳の奥まで装着できるため、優れた遮音性を実現し、周囲が騒がしい環境でも快適に音楽を楽しめます。

2種類の硬度のシリコンを組み合わせた「ハイブリッドイヤーピース」を採用しており、優れたフィット感を実現。絡まりにくいセレーションケーブルにより、快適に持ち歩きできます。

ソニー(SONY) 密閉型インナーイヤーレシーバー MDR-XB75AP


ハンズフリー通話や音楽操作ができる、マイク付きリモコンを搭載した重低音イヤホン。Xperiaユーザーなら専用の「SmartKeyアプリ」からリモコン操作を好みに変更できます。

「ベースブースター」を搭載しているのも魅力。ハウジング上のダクトにより低域の振動板の動作を最適化し、低音を正確なリズムで捉えます。また、制振性の優れたアルミハウジングを採用。重低音だけでなく、クリアな中高域も両立しています。

快適な装着感と高音質を両立する「アングルドイヤーピース方式」を実現しているのもポイント。重低音はもちろん、中高音もしっかりリスニングしたい方におすすめのモデルです。

JVCケンウッド(KENWOOD) インナーイヤーヘッドホン HA-FX99X


深い重低音を実現する、有線タイプの重低音イヤホンです。ハウジング内部のダクトをトルネード状に配置し、コンパクトデザインと重低音を両立しています。また、高磁力ネオジウムドライバーユニットを搭載。キレのあるサウンドを実現しています。

「スパイラルドットイヤーピース」を採用。イヤーピース内の反射を低減するディンプルをスパイラル状に配置しており、クリアなサウンドを楽しめるのが魅力です。

エラストマー素材のプロテクターを採用することで、しっかり耳にフィットし、安定した装着感を実現しているのもポイント。アルミスピンとダイヤカットデザインで高級感を演出しているため、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

JVCケンウッド(KENWOOD) インナーイヤーヘッドホン HA-FX77X


高磁力ネオジウムドライバーを搭載した重低音イヤホンです。クリアでキレのあるサウンドを楽しめるのが特徴。また、「XTREME TORNADO DUCT」の採用により、深い重低音再生を実現しています。不要な振動を低減するアルミ切削ボディを採用しているのも魅力です。

エラストマー素材を使用したプロテクターにより、安定した装着感を得られます。丈夫な極太ケーブルを採用することで、ケーブルが絡まりにくいのもメリット。キャリングポーチを付属しているので、持ち運びしやすい仕様です。

そのほか、3サイズのシリコンイヤーピースを付属しており、自分の耳に合ったフィット感に調節できます。

JVCケンウッド(KENWOOD) インナーイヤーヘッドホン HA-FX11XM


重低音の再現性を高める「エクストリームディープバスポート」を採用した有線タイプの重低音イヤホンです。直径10mmネオジウムドライバーユニットの性能を存分に引き出せるのが特徴。キレのある重低音を楽しめます。

また、エラストマー素材の「タフラバープロテクター」を採用しているのも魅力。衝撃に強いのでハードな使用に耐えられるのがポイントです。安定した装着感を得られる「エルゴノミックアングルドフォルム」を採用。マイク付きリモコンを備えているので、快適なハンズフリー通話も可能です。

3サイズのイヤーチップを同梱し、フィット感を好みでカスタマイズできるのもおすすめポイント。ケーブルの長さを調節できるコードキーパーも付属しているので、好みの長さで使用できます。

オーディオテクニカ(audio-technica) スマートフォン用インナーイヤーヘッドホン ATH-CKS550XiS


ハイレゾの高音質サウンドに対応した有線タイプの重低音イヤホン。直径9.8mm SOLID BASS HDドライバーを搭載しており、キレのある重低音を楽しめるのが特徴です。

余計な音を拾わない内蔵マイクを備えており、快適なハンズフリー通話ができます。在宅ワークでのビデオ会議やビジネスチャットにもぴったり。スマホの操作や通話の対応などをこなせるリモコンを搭載しているのも魅力です。

コンパクトながら、高い密閉性と装着性を両立しているのもうれしいポイント。スマホ向けの高音質モデルを探している方はチェックしてみてください。

オーディオテクニカ(audio-technica) インナーイヤーヘッドホン ATH-CKS770X


深みのある重低音を実現する重低音イヤホン。直径11mm SOLID BASS HDドライバーを搭載しています。大口径音導管により、音の伝達効率を上げてハイレゾ音源の再生に対応しているのが特徴です。

切削無垢アルミニウムエンクロージャーを採用することで、不要な共振を低減できるのも魅力。歪みの少ないクリアなサウンドを楽しめます。

高級感のあるスタイリッシュなデザインもポイント。音質にこだわりたい方はもちろん、見た目にこだわりたい方にもおすすめの重低音イヤホンです。

ラディウス(radius) NeVOLTシリーズ ハイレゾ対応イヤホン 重低音モデル HP-NHR11


感度と音質を向上させる「High-MFD構造」を採用した重低音イヤホンです。低音域の再現性を高める「バスポート構造」により、ダイレクトに重低音サウンドを感じられるのが特徴。迫力とキレのある重低音を実現しています。

また、高性能なダイナミックドライバーを搭載。高音質なハイレゾ音源を再生できるのも魅力です。フィットするエリアが広い独自開発の「ディープマウントイヤーピース」を採用し、優れたフィット感を実現しています。

ブラックとレッドの2色のカラーバリエーションをラインナップ。快適に高音質・重低音サウンドを楽しみたい方におすすめのイヤホンです。

フィーオ(FiiO) 有線イヤホン FIO-IEM-JH3


幅広い帯域のサウンドをリスニングできる重低音イヤホン。大口径13.6mmダイナミックドライバーと、2基のバランスドアーマチュアドライバーを組み合わせたハイブリッド型を採用しています。

ダイナミックドライバーにより、豊かな中音域とパワフルな低音域を実現。バランスドアーマチュアドライバーで、クリアで鮮明な高音域をカバーしています。

また、耳の気圧を自動調節できる特許技術「バランスド・プレッシャーリリーフ・システム」を採用。歪みを低減して自然かつ弾力のある低音を実現しています。

リケーブルに対応しているため、音質も自由にカスタマイズ可能。ハイレゾ再生にも対応しています。高音質モデルとしては比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視している方にもおすすめです。