イヤホンを選ぶときは、低音の響きを重視するのがおすすめ。通常の低音よりもさらに低い周波数の重低音は、耳を伝いながらまるで振動のような音を全身に巡らせてくれます。重低音の効いた楽曲をより深く楽しむためには、イヤホンもそれに特化したモノを選択することが重要です。

そこで今回は、おすすめの重低音イヤホンをご紹介します。選び方やおすすめのメーカーも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

重低音イヤホンの選び方

形状で選ぶ

By: amazon.co.jp

イヤホンには、耳栓のように耳に押し込んで使う「カナル型」と、耳に浅く引っ掛けるようにして使う「インナーイヤー型」の2種類があります。カナル型イヤホンは密閉度が高いので、重低音を楽しむのに最適。家だけではなくアウトドアでも楽しめるイヤホンです。

インナーイヤー型は、カナル型よりも低音再生能力が劣ります。外部への音漏れも多く、公共の場での大音量再生には不向きです。しかし、装着時の違和感や疲労感があまりなく、長時間使用する方に適しています。

接続方法で選ぶ

By: amazon.co.jp

AppleがiPhone 7以降、イヤホンジャックを廃止したことにより、ワイヤレスで使用できる「Bluetooth対応イヤホン」が多くラインナップされるようになりました。一方、有線のイヤホンを使いたい方には、イヤホンジャックをLightning端子に変換して使用する変換アダプターが販売されています。

有線接続は高音質ですが、ケーブルが煩わしいのが難点です。Bluetooth接続はケーブルがないため、ストレスフリーでスポーツシーンに最適。対応機種であればハンズフリーで通話も可能です。

駆動方式で選ぶ

By: amazon.co.jp

イヤホンの駆動方式も重要なポイント。繊細な音が再生できることから、最近は「バランスド・アーマチュア型」のイヤホンが人気です。しかし、重低音再生を重視すると、一般的な「ダイナミック型」のイヤホンが有利。低音域の再生周波数の広さや低音部のボリューム感など、設計次第で性能を高めやすいのはダイナミック型の特徴です。

バランスド・アーマチュア型の音質で、重低音も楽しみたいのであれば、両方の方式を採用したハイブリッド型をおすすめします。

イヤホンのシリーズで選ぶ

By: audio-technica.co.jp

一般的なイヤホンは、どんな音楽を聴いてもバランスがよくなるように設計されているのが特徴。プロの現場で使われるようなモデルはその傾向が強く、全体のバランスを重視したモノが多く使われています。

一方、重低音再生を好むユーザーが多いことも事実。ユーザーの要望に応えるため、メーカーは意図的に重低音再生を強化したモデルを発売しています。そして、ひと目で重低音イヤホンであると分かるようなネーミングの製品がラインナップされているのがポイント。

具体的には、低音を意味する英語の「BASS」が製品名・シリーズ名に入っているモデルが多く、ソニーの「EXTRA BASS」シリーズ、オーディオテクニカの「SOLID BASS」シリーズなどがあります。迷ったら「BASS」の付いたシリーズから選びましょう。

イヤーチップで選ぶ

By: amazon.co.jp

カナル型イヤホンでは、快適に重低音を楽しむためにイヤーチップの選択も重要です。密閉度が高いほど低音再生に有利なのがイヤホンの特徴。イヤーチップも、耳とのフィット感が高く隙間ができにくいタイプを選ぶと、より充実した低音を楽しめます。

イヤーチップのフィット感は個人差が大きいので、自分に合ったタイプや形状を把握することが大切です。

重低音イヤホンのおすすめメーカー

ボーズ(Bose)

By: amazon.co.jp

ボーズは、アメリカに本社を構える世界トップクラスのオーディオメーカーです。1964年の創立以来、多くの新技術を開発。ノイズを大幅に軽減する「ノイズキャンセリング技術」やコンサートホールのような反響音を演出する「ダイレクト/リフレクティング理論」など、ほかと一線を画したイヤホンを多数展開しています。

また、音質だけではなく、イヤホンの装着感にもこだわっているのもポイント。カナル型の閉塞感とインナーイヤー型の音漏れを軽減した、独自スタイルの装着法も魅力です。スピーカーはNASAのスペースシャトルや航空機などにも使用されています。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは、世界的なオーディオメーカーらしい、幅広いラインナップが特徴のメーカーです。重低音再生に特化した「EXTRA BASS」シリーズもそのひとつ。12mmを超える大口径の「ダイナミック型ドライバー」と「高磁力ネオジウムマグネット」、そして「ロングボイスコイル」の組み合わせによるキレのよい重低音が魅力です。

ハイスペック機は、ハイレゾ音源の再生に対応しているモデルが多く、質の高い音を手軽に楽しめるのがポイント。ワイドレンジを確保したうえでの重低音再生もソニーの特徴です。

JVCケンウッド(KENWOOD)

412z7q2xv9l

By: amazon.co.jp

JVCケンウッドは、国内大手オーディオメーカーのなかでも、重低音イヤホンにこだわりのあるメーカーです。「XX(XTREME XPLOSIVES)」シリーズが重低音イヤホンの代表モデル。重低音の再現性を高める「エクストリームディープバスポート」を採用し、量感の多い重低音が特徴です。

また、XXシリーズは”重低音&タフ”をコンセプトにしており、低音再生能力だけでなく、アウトドアシーンでも安心して使える耐久性の高さもポイント。ストリートスタイルを意識したデザインが特徴のメーカーです。

オーディオテクニカ(audio-technica)

31d9abnotfl

By: amazon.co.jp

オーディオテクニカは、ソニーと並ぶ国内イヤホンメーカーの代表格。重低音に特化した「SOLID BASS」シリーズなどをラインナップしています。重低音と解像度を両立させる高磁力ドライバー構造や、空気を操る独自のベント機構、低音を逃さないフィット感の高い装着機構がポイントです。

音質と装着感にこだわった、深みのある重低音が特徴。製品数の多さも魅力で、イヤホン初心者からディープな愛好家までさまざまな方におすすめです。

重低音イヤホンのおすすめ|ワイヤレス

ボーズ(Bose) QuietControl 30 wireless headphones

ボーズ(Bose) QuietControl 30 wireless headphones

ノイズキャンセリング機能の元祖であるボーズのモデル。ボーズとして初めてのBluetooth接続対応のノイズキャンセリングイヤホンで、コードレスの快適さとボーズならではの高性能を両立しています。イヤホン内外にある合計6つのマイクから、外部の騒音レベルを高精度に測定してノイズを強力に相殺できるのが特徴です。

重低音を効かせつつも、聴きやすさを重視したサウンドも魅力。また、バッテリー持続時間は10時間と、通勤・通学で活躍できるスタミナを備えています。装着時の違和感と疲労の少ない設計もおすすめポイントです。

ソニー(SONY) ワイヤレスイヤホン WI-XB400

ソニー(SONY) ワイヤレスイヤホン WI-XB400

重低音再生を強化したEXTRA BASSシリーズの左右一体型Bluetoothイヤホン。ポップスのトレンドに合わせたチューニングを行うことで、幅広い重低音好きに好まれるサウンドに仕上げているのが特徴です。迫力のあるビートとクリアな中高音を際立たせることで、躍動感のある音楽を楽しめます。

最大15時間連続音楽再生が可能なロングスタミナも魅力。10分の充電で60分再生可能になるクイック充電機能も時間がないときに便利です。

重量約21gと軽量なほか、柔らかいネックバンドを採用。首周りのバランスに配慮した形状とリモコンの配置にすることで、快適な装着感を実現しているのもポイントです。また、フラットコードの採用によって、丸めて持ち運んで絡まりにくいのも特筆点。日常的な外出に気軽に使えるおすすめの重低音イヤホンです。

JVCケンウッド(JVC) Bluetoothイヤホン XXシリーズ HA-FX101BT

JVCケンウッド(JVC) Bluetoothイヤホン XXシリーズ HA-FX101BT

重低音再生とタフさを追求したXXシリーズに属するBluetoothワイヤレスイヤホン。重低音域の再現性を高める「エクストリームディープバスポート」と、独自の音響構造により、パワフルでキレのある重低音を再生します。

また、衝撃に強く柔らかいエラストマー素材の「タフラバープロテクター」も特徴。バンパー風の造型が力強さを感じさせます。音質と装着性を両立させる「エルゴノミックアングルドフォルム」も相まって、個性的なデザインに仕上がっているのもポイント。本体と同色にコーディネートされたコードもおしゃれです。

オーディオテクニカ(audio-technica) SOLID BASS ATH-CKS770XBT

オーディオテクニカ(audio-technica) SOLID BASS ATH-CKS770XBT

重低音再生を重視したSOLID BASSシリーズのワイヤレスイヤホン。不要な共振を低減する切削無垢アルミニウムエンクロージャーを搭載しており、キレのあるベースサウンドが楽しめます。

また、約3時間の充電で約7時間の連続再生が可能とバッテリー持ちがよいのもポイント。高い装着性と小さくまとまる携帯性を備えたフレキシブルネックバンドにより、長時間の使用でも快適です。

さらに、ハンズフリー通話が可能なマイクと、音楽再生操作ができるリモコンも搭載。最大8台までの機器を登録できるマルチペアリング機能に対応するので、複数のワイヤレス機器を併用している方にもおすすめです、

ビーツ(Beats) ワイヤレスイヤホン BeatsX

ビーツ(Beats) ワイヤレスイヤホン BeatsX

ビーツはスタイリッシュなデザインで人気のブランド。ヒップホップやクラブミュージック向けにチューニングした重低音サウンドが持ち味です。現在はApple傘下となっており、本モデルは同社が開発した高性能な「W1チップ」を搭載しているのが特徴。Appleデバイス間ならシームレスに設定や切り替えが可能なのが魅力です。

最大8時間駆動できるロングバッテリーを実現しているので、迫力のあるサウンドをたっぷりと楽しめます。加えて、わずか5分の充電で約2時間分の充電ができる「Fast Fuel機能」を搭載。使用中に充電が切れても、サッと充電してそのまま使い続けられます。

また、付属の「RemoteTalk」を使えば、内蔵マイクで電話に出たり、Siriを起動したりと、さまざまな使い方ができるのもおすすめポイントです。

ラディウス(radius) Bluetooth対応カナルイヤホン VOLT Series HP-V100BT

 

ラディウス(radius) Bluetooth対応カナルイヤホン VOLT Series HP-V100BT

活用シーンの多さが魅力の重低音イヤホン。 充実した低音を再生できる13.0mmの大口径ドライバーと独自の「High-MFD構造」を採用し、クリアさとボリューム感を兼ね備えた重低音を聴かせます。

また、強力な噴流水に耐えうるIPX6準拠の防水性能に対応。屋外での雨に加え、シャワーや風呂での使用も可能です。

さらに、2台同時接続が可能なマルチポイントと、複数台の接続設定を記憶できるマルチペアリングに対応するBluetooth機能も便利。加えて、スマホ用のマイク付きリモコンも搭載しています。ポータブルプレーヤーとスマホの接続を瞬時に切り替えられるので、通話用のヘッドセットとしてもおすすめです。

デノン(DENON) AH-C820W

デノン(DENON)  AH-C820W

個性派の重低音イヤホンです。大型のダイナミック型ドライバーを向かい合わせに配置した「デュアル・エアーコンプレッション・ドライバー」を搭載しているのが特徴。一般的なドライバー1基構成に比べて2倍となる振動板面積を確保することにより、圧倒的な量感と低域までのクリアネスを兼ね備えた高品位なサウンドを実現します。

また、ネックバンドは、首や肩のラインに自然に沿うデザインで、長時間のリスニングでも快適に使えるのもポイントです。

Bluetoothワイヤレス接続だけでなく、USB方式による有線接続も可能。PCとデジタル接続することで、劣化の少ない高音質が楽しめます。汎用性の高いイヤホンとしてもおすすめです。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3

ノイズキャンセリング機能を搭載したハイパフォーマンスな完全ワイヤレスイヤホン。高性能な騒音低減能力を備えた「QN1e」チップにより、さまざまな環境においてもノイズを気にせず、高音質を楽しめます。

CDやMP3などのデジタル音源を補完し、ハイレゾ相当の高音質を楽しめるDSEE HX回路を搭載。音源に関わらず高精細なサウンドを堪能できます。また、好みの音質に調節できる専用アプリも用意。重低音を効かせたサウンドに浸ることもできます。

本体のみで6時間の再生が可能。充電ケースの併用で最長24時間バッテリーが持続します。加えて、10分充電で90分再生可能な急速充電にも対応。突然の外出時も安心です。

タッチセンサーによる軽快な操作感も魅力。スマホでのハンズフリー通話に対応するほか、片側のみの使用も可能なので、ヘッドセット用にもおすすめです。

JVCケンウッド(JVC) XXシリーズ 完全ワイヤレスイヤホン HA-XC50T

JVCケンウッド(JVC)  XXシリーズ 完全ワイヤレスイヤホン HA-XC50T

“重低音&タフボディ”をコンセプトにした、XXシリーズに属する完全ワイヤレスイヤホン。シリーズに共通する重低音サウンドに加えて、ラバープロテクターによる耐衝撃性と、IP55相当の防水・防塵性能を備えているのが特徴です。汗や水、砂埃に強く、落としても壊れにくいので、アウトドアやストリートなどのアクティブなシーンでも安心して使用できます。

左右本体それぞれにワンボタンを搭載し、音量調節や再生操作が簡単に可能。また、マイク内蔵でハンズフリー通話や音声アシスタント機能の起動にも対応しています。

再生時間はイヤホン単体で約4時間、充電ケースとの併用で合計約14時間の使用が可能。15分の充電で約1時間使用できる急速充電機能も便利です。

オーディオテクニカ(audio-technica) 完全ワイヤレスイヤホン ATH-CKS5TW

オーディオテクニカ(audio-technica) 完全ワイヤレスイヤホン ATH-CKS5TW

圧倒的な低域表現で人気のある、SOLID BASSシリーズの完全ワイヤレスイヤホン。⼤⼝径10mmドライバーには、2層の振動板を搭載しており、厚みのある低音とクリアな中⾼音を楽しめるのが魅力です。

充電ケースから本体を取り出すと自動で電源がONになり、ケースに戻すと電源がOFFに変わる「自動電源源OFF機能」も特徴。移動中などもスムーズに音楽を楽しめます。イヤーピースには、ホールド感のある「3Dループサポート」が付いているため、耳の小さい方にもおすすめです。

1回の充電で約15時間、充電ケースを併用することで約45時間の長時間再生ができます。

ジェイビーエル(JBL) 完全ワイヤレスイヤホン TUNE 120TWS

ジェイビーエル(JBL) 完全ワイヤレスイヤホン TUNE 120TWS

アメリカの老舗スピーカーメーカーであるJBLの完全ワイヤレスイヤホン。迫力のある重低音サウンドにこだわっているのが特徴です。

一般に重低音を重視すると、振動板や本体サイズが大きくなるイヤホンの弱点を、独自の設計技術により克服。小口径の5.8mm径ドライバーを搭載した重量7gの小型ボディにまとめ、軽快な装着感を実現しています。

イヤホン本体のバッテリーで最大4時間再生可能。また、付属の充電ケースを使って、最大16時間の音楽再生ができます。ハンズフリー通話に対応するほか、ワンタッチ操作で、Google NowやSiriを起動できるのも便利です。

アビオット(AVIOT) トゥルーワイヤレスイヤホン TE-BD21f

アビオット(AVIOT) トゥルーワイヤレスイヤホン TE-BD21f

低音再生が得意なダイナミック型ドライバーと、中高音域の再生が得意なバランスド・アーマチュア型ドライバーを組み合わせた、ハイブリッド構成の完全ワイヤレスイヤホン。パワフルな重低音だけでなく、繊細な表現力で音楽が楽しめます。

高性能な最新チップを採用しているのも特徴。対応コーデックがSBC・AAC・aptX・aptX HDと幅広く、OSや機器を問わずに高音質で音楽データを伝送できます。本体のみで最大13時間再生できるスタミナも魅力。汗や雨にも耐えられるIPX5の防水性能も備えているので、スポーツや屋外での使用にもおすすめです。

重低音イヤホンのおすすめ|有線

ボーズ(Bose) QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling Headphones Apple devices

ボーズ(Bose) QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling Headphones Apple devices

ボーズが得意としているノイズキャンセリング機能を搭載した有線イヤホン。イヤホン内外のマイクで外部ノイズを検知・分析したのち、相殺音波を生成するプロセスによって騒音を大幅に低減します。自分だけの静寂な空間で音楽に浸ることが可能です。

豊かな低音を再生できる独自の「TriPortテクノロジー」や、「アクティブ・イコライゼーション」によるパワフルなサウンドも魅力。また、独自のイヤーピース「StayHear+チップ」による、長時間使用でも疲れにくい装着感もポイントです。内蔵バッテリーで約16時間使用可能なので、旅行のお供にもおすすめ。

各種操作やハンズフリー通話可能なスマホ対応マイク付きリモコンも搭載しています。なお、iOS用とAndroid用は別モデルなので、よく確認しましょう。

ソニー(SONY) カナル型イヤホン 重低音モデル MDR-XB55

ソニー(SONY) カナル型イヤホン 重低音モデル MDR-XB55

コストパフォーマンスに優れたソニーの重低音イヤホンです。重低音のグルーヴ感を伝えられる独自の「ベースブースター」を搭載。圧倒的な量感の低音を正確なリズムで捉えることで、迫力のある重低音サウンドが楽しめます。

イヤホンの音質を大きく左右するドライバーには、独自の12mmドライバーユニットを搭載。振動板の有効面積を最大化して高い感度を実現しているため、音の歯切れがよくなり、中高音の再現性にも優れます。

また、耳の奥まで装着できる「アングルドイヤーピース方式」や、2種類の硬度のシリコンを組み合わせた「ハイブリッドイヤーピース」を採用することで、遮音性や装着感に優れているのもポイント。お気に入りの音楽を手軽に楽しめるおすすめのイヤホンです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ハイレゾ対応イヤホン SOLID BASS ATH-CKS550X

オーディオテクニカ(audio-technica) ハイレゾ対応イヤホン SOLID BASS ATH-CKS550X

重低音再生を強化したSOLID BASSシリーズに属するカナル型イヤホンです。9.8mm径ダイナミック型「SOLID BASS HDドライバー」により、キレのある重低音を鳴らします。

また、高磁力回路によりドライバーの駆動力と制動力を高め、重低音再生能力を従来よりも向上。さらに、大口径音導管で音の伝達効率を上げることにより、ハイレゾ音源に対応する高域再生も実現しています。解像度の高さを備えたパワフルサウンドは幅広いユーザーにおすすめです。

ビーツ(Beats) カナル型イヤホン Lightningコネクタ urBeats3

ビーツ(Beats) カナル型イヤホン Lightningコネクタ urBeats3

コンパクトでおしゃれなLightning接続専用のカナル型イヤホン。iPhoneをはじめとするiOSデバイスで、デジタル接続による劣化の少ない高音質が楽しめます。高精度に設計された専用ドライバーを採用し、小型ながら低音が充実しているのが魅力です。

3ボタン式のマイク付きリモコンを搭載しており、音声操作はもちろん、Siriの呼び出しも可能。絡みにくいフラットコードと、左右のハウジングを吸着できるマグネットにより使用感も良好です。なお、Lightningポートを搭載していない機器との使用はできないことには注意しましょう。

シュア(SHURE) カナル型高遮音性イヤホン SE215 Special Edition SE215SPE-A

シュア(SHURE) カナル型高遮音性イヤホン SE215 Special Edition SE215SPE-A

パワフルなサウンドが魅力のカナル型イヤホン。原音に忠実な音質傾向により、カナル型イヤホンの基準機ともいわれる「SE215」をベースに、重低音再生を強化しているのが特徴です。ナチュラルな再現性はアコースティック楽器を多用した音楽に最適です。

また、シュアは、コードを耳の後ろに回して着用する「シュア掛け」の元祖でもあります。コードのタッチノイズを減らしているので、動きながらの使用でも快適。さらに、遮音性の高いイヤーピースを採用しているため、集中して音楽を聴きたい方におすすめです。

パイオニア(Pioneer) ハイレゾ対応カナル型イヤホン SE-CH9T

パイオニア(Pioneer) ハイレゾ対応カナル型イヤホン SE-CH9T

大口径の9.7mmドライバーを搭載したカナル型イヤホン。筐体内部から外部に向かう通気部に独自の「Airflow Control Port」を採用しており、引き締まった低音とクリアな中音による高音質を実現しています。また、ノズル部を異種金属の2重構造にすることで、タイトでパンチのある低音が再生できるのも魅力です。

50kHzもの広帯域再生を達成したハイレゾ対応なのも特徴。情報量が豊富なサウンドも持ち味で、最新のハイクオリティ録音をよく聴く方に最適です。

タッチノイズが気になりにくいコードの耳掛け装着方式もポイント。さらに、MMCX規格の着脱式コードに対応しているので、断線トラブルを防げます。同じイヤホンを長く使い続けたい方にもおすすめです。

ゼンハイザー(SENNHEISER) ダイナミックカナル型イヤホン IE 800 S

ゼンハイザー(SENNHEISER) ダイナミックカナル型イヤホン IE 800 S

ダイナミック型1基構成にこだわるゼンハイザーによるカナル型イヤホンです。 特許技術の「D2CAテクノロジー」を採用しているのが特徴。小さな音が大きな音に隠れて聴こえにくくなる「マスキング効果」を低減します。音楽に含まれる微細なニュアンスが聴き取れる高度な表現力が持ち味です。

また、独自の小型7mm径振動板を搭載。イヤホンを小型化しつつも、豊かで迫力のある低音を鳴らします。低音の支えをベースに自然な再現性を備えているので、フルオーケストラのようなスケール感のあるアコースティック音楽に好適です。

3.5mm径ステレオミニプラグコードに加え、2.5mm径と4.4mm径のバランス接続コードも付属。幅広い機器で高音質を楽しめます。 ダイナミック型を代表する高音質イヤホンとしてもおすすめです。

アーカーゲー(AKG) リファレンスクラスカナルイヤホン N5005

アーカーゲー(AKG) リファレンスクラスカナルイヤホン N5005

世界で初めてハイブリッド型イヤホンを開発したAKGの上級モデル。バランスド・アーマチュア型4基とダイナミック型1基という充実したドライバー構成で、10Hz~40kHzの広帯域を滑らかに再生します。

フィルターの付け替えにより4種類の音質を楽しめる「メカニカル・チューニング・フィルター」構造を採用しているのも特徴。低音の出方や量感を変えて、好みのサウンドを追求できます。

また、耳掛け装着方式の採用により、コードのタッチノイズも軽減。動きながらでも快適に使えます。MMCX規格で着脱可能なケーブルを3種類付属しており、Bluetooth・3.5mm径・2.5mm径バランスの接続に対応可能。幅広い機器で高音質が楽しめる点もおすすめです。