イヤホンを選ぶときは、低音の響きを重視するのがおすすめ。通常の低音よりもさらに低い周波数の重低音は、耳を伝いながらまるで振動のような音を全身に巡らせてくれます。重低音の効いた楽曲をより深く楽しむためには、イヤホンも低音に特化したモノを選択することが重要です。

そこで今回は、おすすめの重低音イヤホンをご紹介します。選び方やおすすめのメーカーも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

重低音イヤホンの選び方

形状で選ぶ

By: amazon.co.jp

イヤホンには、耳栓のように耳に押し込んで使う「カナル型」と、耳に浅く引っ掛けるようにして使う「インナーイヤー型」の2種類があります。カナル型イヤホンは密閉度が高いので、重低音を楽しむのに最適。家だけではなくアウトドアでも楽しめるイヤホンです。

インナーイヤー型は、カナル型よりも低音再生能力が劣ります。外部への音漏れも多く、公共の場での大音量再生には不向きです。しかし、装着時の違和感や疲労感があまりなく、長時間使用する方に適しています。

接続方法で選ぶ

By: amazon.co.jp

AppleがiPhone 7以降、イヤホンジャックを廃止したことにより、ワイヤレスで使用できる「Bluetooth対応イヤホン」が多くラインナップされるようになりました。一方、有線のイヤホンを使いたい方には、イヤホンジャックをLightning端子に変換して使用する変換アダプターが販売されています。

有線接続は高音質ですが、ケーブルが煩わしいのが難点です。Bluetooth接続はケーブルがないため、ストレスフリーでスポーツシーンに最適。対応機種であればハンズフリーで通話も可能です。

駆動方式で選ぶ

By: amazon.co.jp

イヤホンの駆動方式も重要なポイント。繊細な音が再生できることから、最近は「バランスド・アーマチュア型」のイヤホンが人気です。しかし、重低音再生を重視すると、一般的な「ダイナミック型」のイヤホンが有利。低音域の再生周波数の広さや低音部のボリューム感など、設計次第で性能を高めやすいのはダイナミック型の特徴です。

バランスド・アーマチュア型の音質で、重低音も楽しみたいのであれば、両方の方式を採用したハイブリッド型をおすすめします。

イヤホンのシリーズで選ぶ

By: audio-technica.co.jp

一般的なイヤホンは、どんな音楽を聴いてもバランスがよくなるように設計されているのが特徴。プロの現場で使われるようなモデルはその傾向が強く、全体のバランスを重視したモノが多く使われています。

一方、重低音再生を好むユーザーが多いことも事実。ユーザーの要望に応えるため、メーカーは意図的に重低音再生を強化したモデルを発売しています。そして、ひと目で重低音イヤホンであると分かるようなネーミングの製品がラインナップされているのがポイント。

具体的には、低音を意味する英語の「BASS」が製品名やシリーズ名に入っているモデルが多く、ソニーの「EXTRA BASS」シリーズ、オーディオテクニカの「SOLID BASS」シリーズなどがあります。迷ったら「BASS」の付いたシリーズから選びましょう。

イヤーチップで選ぶ

By: amazon.co.jp

カナル型イヤホンでは、快適に重低音を楽しむためにイヤーチップの選択も重要です。密閉度が高いほど低音再生に有利なのがイヤホンの特徴。イヤーチップも、耳とのフィット感が高く隙間ができにくいタイプを選ぶと、より充実した低音を楽しめます。

イヤーチップのフィット感は個人差が大きいので、自分に合ったタイプや形状を把握することが大切です。

重低音イヤホンのおすすめメーカー

ボーズ(Bose)

By: amazon.co.jp

ボーズは、アメリカに本社を構える世界トップクラスのオーディオメーカーです。1964年の創立以来、多くの新技術を開発。ノイズを大幅に軽減する「ノイズキャンセリング技術」やコンサートホールのような反響音を演出する「ダイレクト/リフレクティング理論」など、ほかと一線を画したイヤホンを多数展開しています。

また、音質だけではなく、イヤホンの装着感にもこだわっているのもポイント。カナル型の閉塞感とインナーイヤー型の音漏れを軽減した、独自スタイルの装着法も魅力です。スピーカーはNASAのスペースシャトルや航空機などにも使用されています。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは、世界的なオーディオメーカーらしい、幅広いラインナップが特徴のメーカーです。重低音再生に特化した「EXTRA BASS」シリーズもそのひとつ。12mmを超える大口径の「ダイナミック型ドライバー」と「高磁力ネオジウムマグネット」、そして「ロングボイスコイル」の組み合わせによるキレのよい重低音が魅力です。

ハイスペック機は、ハイレゾ音源の再生に対応しているモデルが多く、質の高い音を手軽に楽しめるのがポイント。ワイドレンジを確保したうえでの重低音再生もソニーの特徴です。

JVCケンウッド(KENWOOD)

By: amazon.co.jp

JVCケンウッドは、国内大手オーディオメーカーのなかでも、重低音イヤホンにこだわりのあるメーカーです。「XX(XTREME XPLOSIVES)」シリーズが重低音イヤホンの代表モデル。重低音の再現性を高める「エクストリームディープバスポート」を採用し、量感の多い重低音が特徴です。

また、XXシリーズは”重低音&タフ”をコンセプトにしており、低音再生能力だけでなく、アウトドアシーンでも安心して使える耐久性の高さもポイント。ストリートスタイルを意識したデザインが特徴のメーカーです。

オーディオテクニカ(audio-technica)

By: amazon.co.jp

オーディオテクニカは、ソニーと並ぶ国内イヤホンメーカーの代表格。重低音に特化した「SOLID BASS」シリーズなどをラインナップしています。重低音と解像度を両立させる高磁力ドライバー構造や、空気を操る独自のベント機構、低音を逃さないフィット感の高い装着機構がポイントです。

音質と装着感にこだわった、深みのある重低音が特徴。製品数の多さも魅力で、イヤホン初心者からディープな愛好家までさまざまな方におすすめです。

重低音イヤホンのおすすめ|ワイヤレス

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-SP700N

「EXTRA BASS」シリーズの重低音イヤホンです。ワイヤレスタイプですが、低遅延高音質のAACコーデックに対応しており、iOSデバイスで動画などの再生する際も向いています。左右が完全に独立しているタイプで、スポーツやトレーニングにもおすすめです。

IPX4の防水性能を備えているので、雨や汗にも対応可能。イヤーチップ部分にはアークサポーターが付いており、激しい動きをしても外れにくく快適な装着感です。

また、デジタルノイズキャンセリング機能を搭載しているため、集中したいときにも便利。周囲の音を取り込む「アンビエントサウンドモード」にも対応しており、手軽に周囲の人と会話できます。

ハウジング部分はリモコンになっており、簡単にモード切り替えも可能。マイクも内蔵しており、ハンズフリー通話や音声操作にも便利です。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-1000XM3

優れたノイズキャンセリング機能に定評があるイヤホンです。車の走行音から人の話声まで広い帯域のノイズを低減でき、リスニングに集中できます。

また、一時的に音量を絞る「クイックアテンションモード」や周囲の音を聴きながら再生できる「アンビエントサウンドモード」など、便利な機能を搭載。人間工学に基づいた独自設計で、フィット感にも優れています。

重低音イヤホンとしては推されてはいませんが、優れた遮音性によって低音も余さず再生可能。また、「DSEE HX」に対応しており、音源をハイレゾ相当までアップスケーリングできます。高音質で楽しみたい方にもおすすめです。

バッテリー持ちもよく、本体のみで6時間の再生が可能。充電ケースを使えば最長24時間使用でき、10分の充電で90分再生可能な急速充電にも対応しています。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-CKS5TW

パワフルな低音が楽しめるSOLID BASSシリーズの重低音イヤホンです。コンパクトなボディの内部には、硬度が異なる2層の振動板を組み合わせた10mmドライバーを採用。量感豊かな低音と、輪郭のはっきりとした中高音域が再生できます。

完全ワイヤレスタイプですが、独自設計のイヤーピースで装着感も良好。「3Dループサポート」も付いており、しっかりホールド可能です。

ハウジングでタッチ操作もでき、ハンズフリー通話や音楽再生に便利。左右独立伝送により接続も安定しており、移動中の通話も快適です。

バッテリー持ちにも優れ、1回の充電で約15時間の連続再生が可能。充電ケースを使えば、最大45時間再生できます。充電ケースから取り出すだけで電源が入るため、使い勝手も良好です。

JVCケンウッド(KENWOOD) ワイヤレスステレオヘッドセット HA-XC70BT

耐久性に優れたストリートデザインの重低音イヤホンです。自由に動ける完全ワイヤレスタイプ。ハウジングには衝撃を吸収する「タフ・ラバープロテクター」を採用しており、カジュアルに使えます。

内部には「エクストリームディープバスポート」機構を採用。ドライバーをフル稼働させ、小型ながらも迫力ある重低音が楽しめるモデルです。

さらに、「バスブーストモード」に対応しており、低音をより増強できます。「バスブーストモード」はオンオフの切り替えができ、好みや音楽ジャンルなどに合わせて使用可能です。

本体のみで約3時間、充電ケースでは3回充電できます。充電ケースにはリングが付いており、カラビナなどを使ってバッグなどへの取り付けが可能です。充電ケースにも「タフ・ラバープロテクター」を採用しており、手軽に持ち運べます。

ボーズ(Bose) QuietControl 30 wireless headphones

ネックバンドタイプの重低音イヤホンです。人間工学に基づいて設計された軽量モデル。やわらかな手触りで、長時間快適に使用できます。

NFCペアリングにも対応しており、2回目からはワンタッチで接続可能。ハウジングで音量などの操作もでき、使いやすい製品です。

また、アクティブノイズキャンセリング機能を搭載しており、リスニングに集中したいときにも便利。ノイズキャンセリングのレベルは専用アプリで簡単に調節でき、シーンに合わせて使えます。

ボーズ(Bose) SoundSport Free wireless headphones

完全ワイヤレスタイプの重低音イヤホンです。クリアでパワフルなサウンドが特徴。防滴仕様なので、トレーニングなどにもおすすめです。カラーバリエーションが豊富で、スポーツシーンにもマッチします。

また、耳の形に曲がった「StayHear+ Sportチップ」を採用しており、耳へのフィット感も優秀。ウイングも付いており、長時間激しい動きをしても快適な装着感です。

さらに、独自のデジタル信号処理や、音量に合わせて最適化するイコライザーにより、どの音量でもバランスよく再生できます。音割れやノイズも低減されており、さまざまなシーンで音楽を楽しめる重低音イヤホンです。

また、1回の充電で最大5時間の連続再生が可能とバッテリー持ちに優れ、付属のケースを使えばさらに約10時間の再生が可能。15分の充電で45分間使用できる急速充電にも対応しています。

アップル(Apple) AirPods Pro MWP22J/A

Apple製のH1チップを内蔵し、すべてのApple製デバイスで簡単に接続できる重低音イヤホンです。ケースから取り出すだけでペアリングが開始され、iPhoneやApple Watchなどともスムーズに接続できます。

3サイズ付属するシリコーン製イヤーチップは内側に向けて細くなる仕様で馴染みがよく、アクティブノイズキャンセリング機能も搭載。街なかなどでのリスニングも快適です。「外部音取り込みモード」にも対応しており、装着したまま周囲の音が聞き取れます。

また、「アダプティブイコライゼーション」により耳の形に合わせてサウンドを自動調節するため、常に高音質再生が可能です。充電ケースを使えば最長24時間再生可能とバッテリー持ちもよく、高級ながらも高い人気を誇ります。

アンカー(ANKER) Soundcore Liberty Neo A39110

コストパフォーマンス重視の方におすすめの重低音イヤホンです。イヤホン本体だけで最⼤5時間再生可能なロングバッテリーを搭載。付属の充電ケースを合わせて使うと最⼤20時間使用できます。

内部には高強度で軽量なグラフェン採用ドライバーを搭載しており、レスポンスも正確。独⾃の「BassUpテクノロジー」を搭載しているため、聴いている音楽の低音増強も可能です。

また、Bluetooth5.0対応で接続も安定。マイクを内蔵しており、移動中も快適にハンズフリー通話ができます。IPX7の優れた防水機能があるため、急な雨や大量の汗で濡れても使用可能です。

さらに、独⾃の「GripFitテクノロジー」により、フィット感も良好。イヤホンを⽿に挿⼊したあと少し捻るだけでホールドでき、激しい運動中も安定感があります。

ラディウス(radius) VOLT Series 重低音Bluetoothイヤホン HP-V100BT

「VOLTシリーズ」の重低音イヤホンです。左右一体型のワイヤレスイヤホンですが、低遅延で高音質なAACとaptXコーデックに対応しているため、動画などもストレスフリーで視聴できます。

また、「High-MFD構造ドライバー」を搭載しており、ワイヤレスでも包み込むようなやわらかい重低音が再生可能。低音と高音がはっきりと分離しているため、EDMやロックなども迫力あるサウンドで楽しめます。

さらに、ラディウス独自開発の「ディープマウントイヤーピース」を採用。カナル型の高い遮音性をキープしながらも、設置面を広くとることで圧迫感を軽減しており、やわらかくフィットします。

ジェイビーエル(JBL) UAスポーツワイヤレス フラッシュイヤホン

ワークアウトにおすすめの重低音イヤホンです。ウイング付きスタビライザーとイヤーチップが付いており、フィット感に優れています。IPX7の防水性能を備えているため、運動中の大量の汗にも安心。スポーティなデザインからも人気がある製品です。

沈み込むような低音を再生できる重低音イヤホンですが、中高音域との分離感もよく、臨場感のあるサウンドを再生できます。バランスも良好で、さまざまな音楽ジャンルとマッチ。接続も安定しており、屋外での使用にもおすすめです。

また、「トークスルー機能」を搭載しており、イヤホンを取り外さずに隣の人と話せます。周囲の音を取り込む「アンビエントアウェア機能」もあるので、屋外での使用にも便利です。

最大約5時間再生が可能とバッテリー持ちも良好。充電ケースを使えば最大約20時間の再生ができ、旅行や出張中にもおすすめです。コンパクトなケースでパンツのポケットなどに入れて手軽に持ち運べます。

重低音イヤホンのおすすめ|有線

オーディオテクニカ(audio-technica) インナーイヤーヘッドホン ATH-CKS550X

「SOLID BASS」シリーズの重低音イヤホンです。9.8mmドライバーを搭載したキレのある重低音を楽しめるモデル。コンパクトボディですがハイレゾ音源にも対応しており、音質重視の方にもおすすめです。

装着感も快適で、遮音性も良好。手ごろな価格でコストパフォーマンスもよく、重低音イヤホンのエントリーモデルとしてもおすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) iPod/iPhone/iPad専用インナーイヤーヘッドホン ATH-CKS550i

iPod・iPhone・iPad専用モデルの重低音イヤホンです。「デュアルマグネティックフィールド・ドライバー」を搭載しており、低音域を豊かに再生できます。

さらに「重低音再生専用マルチトランジション振動板」により、不要な共振を低減。また、ベントの配置を工夫することにより空気の流れを効率化し、コンパクトなボディですが、迫力のある重低音が再生できます。

ケーブルにはリモートコントローラーとマイクを搭載しており、簡単な操作が可能。iPhoneなどでのハンズフリー通話やSiriの操作にも対応しています。

JVCケンウッド(KENWOOD) ステレオミニヘッドホン HA-FX33X

堅牢なメタルボディを採用した重低音イヤホンです。不要な共振を抑えることで、キレのある重低音再生が可能。さらに、「エクストリームディープバスポート」により、パワフルに再生できます。

大きめのモデルですが。音筒部に角度をつけた「エルゴノミックアングルドフォルム」形状を採用することで、安定感も良好。3サイズのシリコンイヤーピースが付属し、耳の大きさに合わせて装着できます。

さらに、ハードキャリングケースが付属。長さ調節に便利なコードキーパーも付属しており、使い勝手も良好。比較的安いため、重低音イヤホンのエントリーモデルとしてもおすすめです。

JVCケンウッド(KENWOOD) インナーイヤーヘッドホン HA-FX99X

「XX」シリーズの重低音イヤホンです。大口径11mmのドライバーを搭載しています。ハイブリッド振動板や、反射音を抑える「スパイラルドットイヤーピース」「エクストリームトルネードダクト」などを採用。深みのある重低音再生が可能なモデルです。

また、耐久性の高いエラストマー素材のプロテクターを採用しているのもポイント。装着感も安定しており、アウトドアシーンなどでもタフに使えます。

さらに、アルミスピンとダイヤカットデザインによる高級感があるデザインも魅力。グルーヴケーブルにより絡みにくく、カバンの中へ入れて持ち運ぶ機会が多い方にもおすすめです。

ソニー(SONY) 密閉型インナーイヤーレシーバー MDR-XB75AP

低域の正確なレスポンスと、クリアで艶のある中高域が特徴的な重低音イヤホンです。「ベースブースター」を搭載しているため、グルーヴ感のあるサウンドが再生できます。EDMやロックなどにおすすめです。

小型なモデルですが、感度がよく歪みも低減されています。ハンズフリー通話やタッチ操作にも対応。Xperia専用アプリを使えば、リモコン操作のカスタマイズも可能です。

ビーツ(Beats) urBeats3イヤフォン MU9A2PA

ライトニングケーブルで有線接続するタイプの重低音イヤホンです。iPhoneユーザーにおすすめ。存在感のある重低音を再生でき、音質の良さからも定評がある製品です。バランスもよく、さまざまなジャンルの音楽にマッチします。

ハンズフリー通話やタッチ操作にも対応。人間工学に基づくデザインで、1日中快適に装着できます。絡まりにくいフラットケーブルを採用しており、持ち運びにも便利なモデルです。

デノン(DENON) インイヤーヘッドホン AH-C820

ハイレゾ対応の高音質な重低音イヤホンです。「11.5 mm ダブル・エアーコンプレッション・ドライバー」によって豊かな量感のある低音再生が可能。不要な共振も抑えられており、超低音域までクリアに再生できます。

エルゴノミック設計により移動中の使用も快適。4サイズのイヤーピースが付属し、耳のサイズに合わせて調節できます。OFCケーブルのシースには耐久性に優れたメッシュ被覆を採用しているので、持ち運びの多い方にもおすすめです。

ゼロオーディオ(ZERO AUDIO) CARBO BASSO ZH-DX210-CB

使い勝手がよく、コストパフォーマンスにも優れた重低音イヤホンです。中高音域もクリアに再生できるのが特徴。比較的バランスよく再生できるため、グルーヴィーな音楽を中心に、幅広いジャンルの音楽を楽しみたい方におすすめです。

また、OFC線を採用したフレキシブルケーブルに、「からみ防止スライダー」を搭載しているのもポイント。絡まりを防ぎながら、有線イヤホン特有のタッチノイズも低減できます。

ゼロオーディオ(ZERO AUDIO) ZERO BASS-03 ZB-03JB

艶やかなフルアルミボディーを採用した、高級感のある重低音イヤホンです。リズムを感じやすいタイトな低音が特徴。バスブーストポートを配置しており、パワフルに再生できます。

フレキシブルケーブルには高純度のOFC線を採用。音の劣化を防ぎ、よりピュアなサウンドで再生できます。比較的安いモデルですがハイレゾにも対応しており、高音質再生が可能です。

ラディウス(radius) High-MFD構造搭載 MMCX採用 ハイレゾイヤホン NeVOLTシリーズ HP-NHR31

「VOLT」シリーズのハイエンドモデルです。独自開発の「High-MFD構造ドライバー」により、感度も音質も良好。音場の広がりも感じられる重低音イヤホンです。

ハイレゾにも対応しており、繊細な音の表現も細部まで再生できます。さらに、MMCXリケーブルにも対応。好みのサウンドを追求したい方や、ライブ音源などで臨場感のあるサウンドを楽しみたい方におすすめです。