イヤホンを選ぶときは、低音の響きを重視するのがおすすめ。通常の低音よりもさらに低い周波数の重低音は、耳を伝いながらまるで振動のような音を全身に巡らせてくれます。

重低音の効いた楽曲をより深く楽しむためには、イヤホンもそれに合わせたモノを選択することが重要です。そこで今回は、おすすめの重低音イヤホンをランキング形式でご紹介します。

重低音イヤホンの選び方

重低音にはカナル型が有利

By: amazon.co.jp

イヤホンには、耳栓のように耳に押し込むようにして使う「カナル型」と、耳に浅く引っ掛けるようにして使う「インナーイヤー型」の2種類があります。カナル型イヤホンは密閉度が高いので、重低音を楽しむのに最適。家でもアウトドアでも重低音を楽しむのにおすすめです。

インナーイヤー型は、カナル型よりも低音再生能力で劣ります。外部への音漏れも多く、公共の場での大音量再生には不向きです。

重低音イヤホン向けの発音方式

51oop8nnpfl-_sl1250_

By: amazon.co.jp

イヤホンの発音方式も重要なポイント。繊細な音が再生できることから、最近は「バランスド・アーマチュア型」のイヤホンが人気です。しかし、重低音再生を重視すると、従来から一般的な「ダイナミック型」のイヤホンが有利。低音域の再生周波数の広さ、低音部のボリューム感など、設計次第で性能を高めやすいのはダイナミック型です。

バランスド・アーマチュア型の音質で、重低音も楽しみたいのであれば、両方の方式を採用したハイブリッド型をおすすめします。

重低音再生に向いた製品シリーズから選ぶ

By: amazon.co.jp

一般的なイヤホンは、基本的にはどのような音楽を聴いてもバランスがよくなるように設計されています。これをフラットな音質志向と言い、ステージモニターなど、音楽のプロの現場で使われるような機種はその傾向がより強いです。

一方、重低音再生を好むユーザーが多いことも事実。それに対応するため、メーカーは意図的に重低音再生を強化したモデルを発売しています。そして、ひと目で重低音イヤホンであるとわかるようなネーミングの製品が多いです。

具体的には、低音を意味する英語の「BASS」が製品名・シリーズ名に入っている物が多数。ソニーの「EXTRA BASS」シリーズ、オーディオテクニカの「SOLID BASS」シリーズなどが挙げられます。迷ったら「BASS」のついたシリーズのモデルから選びましょう。

イヤーチップもポイント

By: amazon.co.jp

カナル型イヤホンでは、快適に重低音を楽しむためにイヤーチップの選択も重要です。密閉度が高いほど低音再生に有利なのがイヤホンの基本原則。イヤーチップも、耳とのフィット感が高くて隙間ができにくいタイプを選ぶと、より充実した低音再生を聴かせてくれます。

イヤーチップのフィット感は個人差が大きいので、自分に合ったタイプや形状を試行錯誤することが大切です。

重低音イヤホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

世界的なオーディオメーカーらしい、幅広いラインナップが持ち味です。重低音再生に特化した「EXTRA BASS」シリーズもそのひとつ。12mmを超える大口径の「ダイナミック型ドライバー」と「高磁力ネオジウムマグネット」、そして「ロングボイスコイル」の組み合わせによるキレのよい重低音が魅力です。

上級機ではハイレゾ音源の再生に対応していて、質の高い音を手軽に楽しめるのがポイント。ワイドレンジを確保した上での重低音再生もソニーの製品の特徴です。

JVCケンウッド(KENWOOD)

412z7q2xv9l

By: amazon.co.jp

国内大手オーディオメーカーの中でも、重低音イヤホンにこだわりのあるメーカーです。「XX(XTREME XPLOSIVES)」シリーズが代表的。重低音の再現性を高める「エクストリーム・ディープバスポート」を採用し、量感の多い重低音が特徴です。

また、XXシリーズは”重低音&タフ”をコンセプトにしていて、低音再生能力だけでなく、アウトドアシーンでも安心して使える耐久性の高さもポイント。ストリートスタイルを意識したゴツいデザインも個性的です。

オーディオテクニカ(audio-technica)

31d9abnotfl

By: amazon.co.jp

ソニーと並ぶ国内イヤホンメーカーの代表格。重低音に特化した「SOLID BASS」シリーズなどをラインナップしています。重低音と解像度を両立させる高磁力ドライバー構造や、空気を操る独自のベント機構、そして低音を逃さないフィット感の高い装着機構がポイントです。

さまざまな技術によって、深みのある重低音を聴かせるのが特徴。製品数の多さも魅力で、イヤホン初心者からディープな愛好家まで幅広いユーザーが楽しめます。

最強のおすすめの重低音イヤホンランキング|TOP1~10位

第1位 JVCケンウッド(KENWOOD) カナル型イヤホン XXシリーズ HA-FX77X

JVCの定番シリーズ「XX」。”重低音&タフ”をコンセプトとした重低音イヤホンです。ダクトをトルネード状に配置する「XTREME TORNADO DUCT」により、深みのある重低音再生を実現。さらに、新開発の「高磁力ネオジウムドライバーユニット」を搭載し、クリアでキレのあるサウンドを再生します。

アルミ切削ボディは美しい仕上がり。これを柔らかいエラストマー素材のプロテクターで囲み、耳にフィットしやすく安定した装着感も備えます。従来のゴツい外観から洗練されたデザインに変更され、女性にもおすすめしやすい重低音イヤホンです。

第2位 ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000X

有線接続に加え、Bluetoothによるワイヤレス接続に対応、さらにはノイズキャンセリングも備えた多機能イヤホンです。「HDハイブリッドドライバーシステム」を採用したダイナミック型とBA(バランスド・アーマチュア)型ドライバーによるハイブリッド構成。3Hz〜40kHzの超ワイドレンジ再生が可能です。

Bluetooth接続時に専用スマホアプリを使用することで、音質を自在に調整できます。これを利用すれば好みに合わせ低音を楽しむことが可能。屋外の騒々しい場所で聴くことが多い方にもおすすめです。

第3位 ボーズ(Bose) SoundSport Free

iPhone 7以降のイヤホンジャック廃止の流れにより、急速に人気を集めている完全ワイヤレスイヤホン。左右間のコードも取り払ったBluetoothイヤホンです。便利ですが、価格の割に音質がそれなりのモノが多い発展途上の面もあります。

本機はそのなかでも高音質な優秀機。しかも、ボーズならではの音質設計により、重低音の効いたパワフルサウンドを聴かせます。円錐形のノズルと独自のウィング形状による快適な装着感と、外れにくさもポイント。やや音漏れが多めな点には注意してください。

第4位 ソニー(SONY) カナル型イヤホン 重低音モデル MDR-XB55

ソニーの重低音イヤホンシリーズ「EXTRA BASS」の人気機種。低域の振動板の動作を最適化する「ベースブースターダクト」により、ノリのよい重低音を聴かせます。300kJ/m3高磁力ネオジウムマグネットとロングボイスコイルによる音のパワフルさもポイントです。

からみにくい「セレーションコード」を採用しており、体を動かしながら聴くのも快適。カラバリの豊富さも魅力です。装着性のよいイヤーチップで、長時間聴いても疲れにくい点でもおすすめします。

第5位 ゼンハイザー(SENNHEISER) カナル型イヤホン IE 80 S

ゼンハイザーの重低音イヤホン「IE 80」の後継機。「IE 80」は、低音の量を調整できるつまみを装備し、低音を増大させた再生を可能にしました。「繊細だけど低音が薄い」という従来のゼンハイザーのイメージを打ち破った名機です。

本機はさらにハウジング設計を改良。耳へのフィット感とサウンドのクリアさを向上させています。幅広い音楽に対応できるオールマイティーさにも磨きがかかりました。フルオーケストラの重厚感を楽しみたい方にもおすすめです。

第6位 シュア(SHURE) 高遮音性カナル型イヤホン SE215 Special Edition SE215SPE-A

遮音性の高さと重低音再生への強さが魅力のカナル型。これを世に広めた「シュア」の重低音イヤホンです。業務用モニター用途ということもあり、原音に忠実なフラット傾向も特徴。コードを耳の後ろに回して着用する”シュア掛け”の元祖でもあります。

カナル型イヤホンが一般ユーザーに浸透したことを受けて開発したのが本機。カナル型イヤホンの基準機とも言われる「SE215」をベースに重低音を強化しています。幅広い音楽を楽しく聴ける再現力は価格を大きく超える実力です。重低音イヤホンの定番として安心しておすすめできます。

第7位 ビーツ(Beats) 密閉型イヤホン urBeats3 MQFU2PA/A

Lightning接続専用のカナル型イヤホン。iPhone 7・8・Xなどの対応機とデジタル接続し、高音質が楽しめます。リモコン操作、ハンズフリー通話、Siriの起動も可能。iPhoneとの親和性は純正同様です。

コンパクトながら、微気圧調整とデュアルチャンバーの音響設計を備えた同軸ドライバーを使用。低音にこだわる「ビーツ」らしいバスサウンドを響かせます。カラバリの豊富さとおしゃれなデザインは女性にもおすすめ。一般の機器用に、通常のステレオミニ接続型の「urbeats」もあります。

第8位 ニューフォース(NuForce) ハイレゾ対応カナル型イヤホン HEM1

BA型ユニットを1基採用したカナル型イヤホン。通常、この構成では広帯域化は難しく、特に低音が弱くなりがちです。しかし、本機は40kHzまでの帯域に対応したハイレゾ対応フルレンジドライバーを採用。低音から高音までを満遍なくカバーしています。

BA型らしい中高音のクリアさと楽器配置の明瞭さ(定位のよさ)も備えているのが魅力。ロックやヒップホップなどの低音の効いた音楽を、全帯域でバランスの取れた爽やかな音で楽しめます。

第9位 デノン(DENON) ハイレゾ音源対応カナル型イヤホン AH-C820

独自機構満載の注目イヤホンです。2基のダイナミック型ドライバーを対向配置する11.5mm径の「デュアル・エアコンプレッション・ドライバー」を搭載。通常の2倍の振動板面積を確保することにより、ボリューム感とクリアさを兼ね備えた重低音を鳴らします。

ドライバーそれぞれに専用のケーブルを接続。信号の干渉を排除することで純度の高いサウンドに仕上げる手法も独創的です。40kHz再生によるハイレゾにも対応。高級オーディオにも通じる聴きごたえでおすすめです。

第10位 パイオニア(Pioneer) ハイレゾ対応カナル型イヤホン SE-CH5BL-K

リーズナブルな「バランス接続」対応イヤホンです。イヤホンのバランス接続は、通常接続と異なり、左右の音が混ざり合わないため、立体感に優れ楽器の輪郭も明確になるメリットがあります。聴くには再生機、イヤホン双方が対応していることが必要。対応イヤホンは増えていますが、1万円以上が主流です。

その点本機は実売価格6千円ほどの安さ。通気部にチューブを使った「Airflow Control Port」により音圧バランスを最適化することで、引き締まった低域を聴かせます。

1万円以内の重低音イヤホンは低音が多くても音がぼやけがちな傾向にあります。リーズナブルだけどクリアな低音を楽しめるイヤホンを探している方におすすめです。

最強のおすすめの重低音イヤホンランキング|TOP11~20位

第11位 オーディオテクニカ(audio-technica) Bluethoothイヤホン ATH-CKR35BT

オーディオテクニカは最近のBluetoothイヤホンブームに敏感に反応して、売れ筋の5千円前後でBluetooth対応機に力を入れています。本機もこの価格帯のイヤホンで好まれる、低音と高音を強調したドンシャリ的な音作りもそのままにワイヤレス化。

新開発の10.7mm径ドライバーと専用アンプによる奥行き感のあるサウンドも魅力的です。リモコンやマイクの使い勝手、装着性のよさも魅力。手頃なBluetooth重低音イヤホンとしておすすめです。

第12位 JVCケンウッド(KENWOOD) カナル型イヤホン XXシリーズ HA-FX33X

重低音イヤホン「XX」シリーズのスタンダード機です。解像度が高くキレのある重低音再生を実現する「カーボン振動板」を搭載。独自の音響構造「エクストリームディープ バスポート」による溢れるように豊かな低音も聴き応えがあります。

衝撃に強いエラストマー素材の「タフラバープロテクター」によるタフさとゴツいデザインは屋外使用にもおすすめ。見た目通りのストリート系ミュージックと相性がばっちりの重低音イヤホンです。

第13位 オーディオテクニカ(audio-technica) SOLID BASS ATH-CKS550

オーディオテクニカが誇る重低音イヤホン「SOLID BASS」シリーズのスタンダード機です。向かい合う2つのマグネットにより磁力を高め、重厚感ある低音を楽しめる「DUAL MAGNETIC-FIELD DRIVER」を採用。全体にパワフルなサウンドを演出しています。

低域の出力効率を向上させる「エアフローベース・ベンディングシステム」も搭載。低音のボリュームに加えて、クリアで明瞭な高音はこの価格では出色です。フィット性のよい装着感も見逃せません。

第14位 ゼロオーディオ(ZERO AUDIO) イヤホン CARBO BASSO ZH-DX210-CB

国内新興ブランドながら、優れた音質とコスパの高さで人気を確立した「ゼロオーディオ」の重低音イヤホン。軽量・高強度で制振性にも優れた「カーボンファイバー」素材を本体に使用することで、価格を超えた解像度を備えているのが特徴です。

本機では削り出しアルミニウムも使用した複合素材とすることで、不要な共鳴振動をいっそう抑制してドライバーの性能を最大限に引き出しています。

さらに、イタリア語で”低音”を意味する「BASSO」の名の通り重低音を強化。圧力を感じるほどの低音のボリュームで迫ります。楽器の自然な再現に優れるので、アコースティック系音楽にもおすすめです。

第15位 ソニー(SONY) ハイレゾ対応カナル型イヤホン バランス接続ケーブル付属 XBA-N3BP

ソニーのハイブリッド型イヤホン「XBA-N3」に4.4mm 5極のバランスケーブルも付属したモデルです。同規格を採用した「ウォークマン」やヘッドホンアンプと接続可能。バランス接続による立体感に優れた高音質を楽しめます。

ドライバーユニット後方の音響空間の取り方と音響管の工夫による、豊かでバランスのよい低音が魅力。ハイレゾ対応の広帯域もポイントです。海外の高級機やモニター向けとは異なる、自然に音楽に没頭できる完成度の高さでもおすすめします。

第16位 コス(KOSS) カナル型イヤホン The Plug

重低音イヤホンの元祖的存在。カナル型イヤホンも珍しかった時代に、カナル型が低音再生に優れていることを知らしめた名機です。低音を増強するチューブポートを備えたダイナミック型ドライバーユニットにより、強力な重低音を放射します。

耳穴にフィットし、密閉性を高めることで低音を逃さない低反発フォームイヤーチップも特徴。手頃な価格とおしゃれなカラバリで、イヤホン初心者や女性にもおすすめの重低音イヤホンです。

第17位 エティモティック・リサーチ(Etymotic Research) BA型カナル型イヤホン ER4XR

「エティモティック・リサーチ」は、世界で初めてBA型イヤホンを開発したメーカー。また、シュアと並んで、カナル型に早くから取り組んできました。従来からBA型1基とは思えないワイドレンジで高忠実度のサウンドに定評があり、プロ用としても指示を得ています。

ロングセラーの「ER-4S」をベースに重低音を強化したのが本機。新たに金属ボディを採用し、全音域で質感を向上しました。パワフルで躍動感のある音が魅力の重低音イヤホンです。

第18位 アンティーム(intime) ハイレゾ対応カナル型イヤホン 轟(GO)

轟くような低音を鳴らすという意味のモデル名を持ったカナル型イヤホンです。ダイナミック型ドライバーの振動板にチタンコートを施すことにより、豊かでキレのある低域を鳴らします。

積層型セラミック型「VST」ツイーターによる、40kHzをクリアした広帯域も見逃せません。表面特殊加工を施したステンレス素材と樹脂素材を使用した筐体デザインも個性的。MMCX規格でケーブル交換できるのも便利です。

第19位 ミュイクス(MUIX) デュアルサウンドカナル型イヤホン IX1000

気分や曲に合わせ、低音を調整可能なイヤホン。リモコン部のサウンドコントローラーを操作することで、音域バランスの取れた「Flat Sound」と、重低音を強化した「Active Bass」を切り替えできます。

ハンズフリー通話対応のマイク、操作部も備えるのでスマホとの使用にもぴったり。1台で2通りのサウンドが楽しめるので、2台の異なる音質のイヤホンを持っているようなお得感があります。時には低音の強すぎない音で聴きたい方にもおすすめの重低音イヤホンです。

第20位 ラディウス(radius) ダイナミック型ハイレゾ対応カナルイヤホン HP-NX100

重低音イヤホンを得意とするブランド「ラディウス」のカナル型イヤホンです。ドライバーユニットの後方に空気室を配置する「RAF構造ドライバー」を採用。振動板の振動抑制や不要な振動の発生を軽減し、音楽信号への忠実度を高めました。

また、空気室の巧みな調整による、パワフルさと空間性の広いサウンドも特徴です。これらにより、ベース楽器の演奏される様を圧倒的にリアルに表現。ライブ会場にいるかのような臨場感を楽しめます。

最強のおすすめの重低音イヤホンランキング|TOP21~28位

第21位 シュア(SHURE) 高遮音性カナル型イヤホン SE846CL-A

シュアの最高級イヤホンです。BA型ユニットを4基も使用することにより、BA型の弱点である低音や迫力の薄さをカバー。BA型とは思えないワイドレンジ感と、BA型ならではの繊細さを両立しています。

さらに、複数の可変式ノズルでの音質調整に対応。好みに応じて低音を増やすことができます。シュアのカナル型ならではの遮音性の高さと、”シュア掛け”による装着性のよさもポイント。発売後数年が経っていますが、その完成度の高さから、高級イヤホンの定番であり続けています。

第22位 ソニー(SONY) ハイレゾ対応カナル型イヤホン XBA-Z5

ソニーの最上級イヤホンです。BA型2機とダイナミック型1基によるハイブリッド構成。振動板の可動性を高めた「ハイコンプライアンス振動板」と「アルミニウムコートLCP振動板」を使用したダイナミック型部分により、色付けの少ないクリアな音質を実現しています。

通気孔を使って低域の通気抵抗をコントロールし、リズムを正確に再現できる低音再生もポイントです。高級機には珍しい低音の強さと密度の高さが魅力。また、イヤーチップが豊富なので、フィット感と音質を微調整できる要素もあります。

第23位 フェンダー(Fender) 高遮音性カナル型イヤホン FXA2

ロックファンにはお馴染みの著名なギターメーカー製のイヤホンです。独自の「Bass Tuned Port」を装備しているのが特徴。ロックに合うように考えられた、ベースやドラムを中心とした重低音寄りの音質チューニングを実現しています。

特製の「9.25mm レア・アース製マイクロドライバー」により、豊かで繊細なサウンドを表現。同社のギターにも通じる表現力の高さは、幅広い音楽におすすめです。

第24位 マーシャル(Marshall) MODE EQ

「マーシャル」もロックファンにはお馴染みのメーカー。主にギターアンプを手掛けてきましたが、最近はイヤホンにも参入しています。ロック向けの重低音を効かせたパワフルサウンドが特徴です。

迫力一辺倒ではなく、同社のギターアンプにも通じる味のある音は他では得難い魅力。往年の洋楽を聴くのにぴったりです。マーシャルのギターアンプを彷彿とさせる独自のデザインで、おしゃれアイテムとしてもおすすめします。

第25位 アルティオ(Ar:tio) ダイナミックドライバー搭載カナル型イヤホン CU1

開放的な音が特徴のカナル型イヤホンです。カナル型イヤホンは低音再生能力に優れる反面、音場空間を狭く感じやすく、こもりや閉塞感を伴うこともあるのが弱点。

その点、本機は鼓膜と直角となるように配置されたドライバーと新開発のイコライザー「a.i.m」を搭載し、カナル型イヤホンとは思えない、まるでヘッドホンのような広い音場を聴かせます。また、爽快な響き方で低音も自然に表現。一味違うイヤホンが欲しい方におすすめです。

第26位 ゼンハイザー(SENNHEISER) カナル型イヤホン Apple iOS用 CX 2.00i

「ゼンハイザー」のサウンドを手頃な価格で入手できるカナル型イヤホンです。型番末尾iはiPhone向けのマイク付きリモコンモデル。Andorid機用にはCX 2.00Gがあります。ダイナミック型の第一人者らしい、自然さとパワフルさを兼ね備えた音作りを十分に楽しめるモデルです。

1万円以下のダイナミック型では難しい、空間の広がりやアコースティック楽器のリアリティーの表現力も優秀。ロックやポップスよりもクラシック、ジャズ向けの重低音イヤホンとしておすすめします。

第27位 キャンプファイヤーオーディオ(Campfire Audio) POLARIS CAM-5089

低音の再現性に力を入れた高級イヤホン。ダイナミック型ドライバーを空気室(キャビネット)に配置することにより、ドライバーの音響特性を制御し本来のパフォーマンスを引き出します。

高い解像度で締まりのよい低音を超低周波レベルから再生し、超低音がふんだんに含まれている音源をリアルに視聴可能。空間再現性よりも音の密度や実体感を重視した音作りで、低音の存在感を高めています。安くはありませんが、重低音イヤホン好きにはぜひおすすめしたい逸品です。

第28位 アコースティックリサーチ(Acoustic Research) ハイレゾ対応イヤホン AR-E100

2万円前後のモデルでは珍しい、低音・高音を強調した「ドンシャリ型」サウンドのイヤホンです。ドライバーはダイナミック型1基。アルミ製のハウジングにより、金属楽器や電子楽器の再現性も良好です。音量を絞ってもクリアさを失いにくいのは秀逸。

主張のはっきりしているイヤホンですが、それだけに好みや音楽ジャンルにマッチすれば、価格を超えた素晴らしいパフォーマンスを発揮します。小音量で聴くことが多い方にもおすすめです。