自転車にボトルを搭載できる「ボトルケージ」。走行中にも水分や糖分を補給できるので、特にエネルギー消費が大きいロードバイクでは必需品とされています。しかし、ボトルケージといっても種類はさまざま。大きさ・素材・デザインが豊富なため、どれを選べばいいのか迷ってしまう方も少なくありません。

そこで今回は、ボトルケージの選び方をご紹介します。おすすめの製品もピックアップしているので、併せてチェックしてみてください。

ボトルケージって必要?

脱水症状などの回避

自転車に乗る際、最も気を付けたいのが脱水症。他のスポーツにも言えることですが、体の水分は気づかないうちにどんどん減っていきます。特に夏場は日差しも強くなり、脱水症のほか、熱射病や日射病のリスクも高まるので注意しなければなりません。安全に楽しくサイクリングするためにも、すぐに水分を補給できるボトルケージは必須といえるでしょう。

ハンガーノック対策

ハンガーノックとは、激しい運動によって極度の低血糖状態に陥り、体がまったく動かなくなってしまうこと。つまり、体のエネルギー切れです。自転車レースで、選手たちが走行中にお菓子やゼリーなどの食事をとっているのは、このハンガーノックを回避するためです。スポーツドリンクを飲むだけでもリスクを抑えられるので、ボトルケージを付けておくと安心です。

荷物入れとして活用

ボトルケージは、荷物入れとして活用することもできます。ツール用ボトルのなかにタオルやパンク修理キットなどを入れて、ボトルケージにセットしておけば、いざというときにすぐ使えるので便利。なるべく荷物は持ちたくないけれど、手ぶらだと不安という方におすすめです。

ボトルケージの選び方

①サイズで選ぶ

ボトルケージのサイズは、大きく分けると「ドリンクボトル用」と「ペットボトル用」の2種類に分類できます。ドリンクボトル用のケージにペットボトルを収納することも可能ですが、サイズが違うと走行中にボトルが落ちてしまう恐れがあるので要注意。

何度も拾い直すのはストレスなので、基本的には自分がセットしたいボトルサイズに合ったケージを選ぶようにしましょう。

ドリンクボトル用ケージの特徴

By: amazon.co.jp

押したり吸ったりするだけで飲めるように設計された自転車用ドリンクボトルを収納できるタイプ。形状もカラーも豊富で、デザイン性の高いケージが多いという特徴があります。

さまざまなメーカーからリリースされていますが、基本的にはほぼ同じサイズ。ただし、特殊なドリンクボトルに対応した変形型ケージもあるので注意しましょう。

ペットボトル用ケージの特徴

By: minoura.jp

市販のペットボトルに対応しているタイプです。コンビニや自動販売機などで購入したモノをそのままセットできるので、気軽にサイクリングを楽しみたいという方にピッタリ。サイズは500mlのほか、1.5Lに対応した大容量タイプもあります。飲み物を調達しづらい平野や山道などを走る際にもおすすめです。

②素材で選ぶ

ボトルケージに使われている主な素材として、金属・樹脂・カーボンが挙げられます。それぞれ重さが異なりますが、走行に大きく影響が出るほどではありません。以下の特性を考慮しつつ、自分のニーズに合ったモノを選びましょう。

金属製ケージの特徴

By: amazon.co.jp

金属製ケージの魅力は「頑丈」なところです。転倒したとしても破損することは稀です。少しぐらい歪んでしまっても矯正できるので、耐久性に関してはトップレベルといえるでしょう。ただし、金属製のドリンクボトルとは相性が悪く、しっかりとホールドできない恐れがあります。

樹脂製ケージの特徴

By: amazon.co.jp

樹脂製ケージの魅力は「安い」ところ。安価なだけでなく軽くて頑丈なので、コスパ良好なケージといえるでしょう。見た目は若干チープですが、機能面に関するデメリットは特にありません。初心者の方はもちろん、ベテランにもおすすめのボトルケージです。

カーボン製ケージの特徴

By: amazon.co.jp

高級ロードバイクにも採用されているカーボン素材を使ったボトルケージ。この3種類のなかでは最も「軽量」という特徴があります。少しでも車体を軽くしたい方におすすめです。また、オシャレなデザインが多いのもポイント。見た目を重視したい方はカーボン製のボトルケージをメインに探してみてください。

③車体の大きさで選ぶ

ボトルケージは基本的に、上部からドリンクボトルを差し込む構造を採用しています。しかし、車体が小さい場合はボトルを取り出したり、収納したりする際、フレームにぶつかってしまうこともあるので注意しなければなりません。

推奨身長が160cm以下の自転車に乗っている方は、ケージのサイドからボトルを収納できるタイプがおすすめ。フレームに邪魔されずに出し入れできるため、走行中も快適に水分補給できます。右から入れるタイプと左から入れるタイプがあるので、利き手に応じて選ぶようにしましょう。

④便利機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

ボトルケージには、便利機能が搭載されているモデルがあります。おすすめは「サイズ調整機能」を搭載したタイプ。ドリンクボトルだけではなく、ペットボトル、缶ジュースなど、さまざまな大きさに対応可能です。

また、装着位置を調整できるボトルケージもおすすめ。ケージは、自転車のフレームによって装着できるポジションが決まっているのですが、体格によってはボトルがつかみにくいこともあります。しかし、装着位置を変えられるタイプならば、つかみやすい位置に移動することが可能です。

⑤車体との統一感で選ぶ

ボトルケージは、自転車を飾るアクセサリーとしての役割もあります。選ぶ際には、車体に装着した時の「統一感」も大切にしたいところです。

たとえば、カーボンフレームのロードバイクに金属製ケージを付けると浮いて見えることがあるのですが、クロモリフレームに装着した場合は金属同士で自然に見えます。車体に近い素材・カラー・デザインで合わせると、統一感が出て美しく見えるのでおすすめです。

ボトルケージのおすすめ

トピーク(TOPEAK) モジュラー ケージ 2 WBC05100

頑丈なアルミ合金と軽量のプラスチックを組み合わせたボトルケージです。最大の特長は、サイズを自由に調整できるところ。下部にあるボタンを押すことで、ケージ部分がスライドします。500mlペットボトルはもちろん、レース用のドリンクボトルも収納可能。どちらも使いたいという方にピッタリです。

また、アルミ合金部分に滑り止めとしてゴム素材が使用されているのもポイント。金属製のドリンクボトルもしっかりとホールドすることができます。走行中の振動や衝撃によるすっぽ抜けが起きにくいのも魅力です。汎用性が高いので、初めてボトルケージを購入する方にもおすすめです。

トピーク(TOPEAK) モジュラー ケージ XL WBC01700

ペットボトル用ボトルケージでは最大級の1~1.5Lサイズに対応したモデル。水分補給用としてはもちろん、大量の水を使って汗を流したいときに便利です。素材には、アルミ合金とプラスチックを採用。重さは125gと大型サイズにしては軽めです。

また、ラバーストラップでキャップ部分を固定できるのがポイント。ペットボトルが安定するので、快適に走行することができます。さらに、ケージ上部のクランプは取り外すことが可能。ペットボトルだけではなく、大型のツール缶も搭載できます。サイクリング用バッグを持ちたくないという方にもおすすめのボトルケージです。

エリート(ELITE) ボトルケージ CUSTOM RACE PLUS

直径74mmのドリンクボトルに対応したボトルケージです。人気製品の「カスタムレース」を進化させたモデルで、高評価だったホールド感はそのままに、ボトルがより取り出しやすい構造に進化しています。

素材には、強度や耐水性に優れた「グラスファイバー」を採用。先端部分にはゴム素材を採用することで、ボトルを力強くホールドすることができます。また、ゴム素材は走行時の振動を吸収してくれるのも魅力。ボトルとケージがぶつかるときに発される、カタカタ音を抑えられます。重さは40gと軽め。強度と軽量化を両立したおすすめのボトルケージです。

エリート(ELITE) ボトルケージ CANNIBAL

曲線的なフォルムが特徴的なボトルケージ「カンニバル」。サイドから出し入れするボトルケージは、右または左からしか入れられないため、利き手に合わせる必要がありました。しかし、カンニバルはどちらからも入れられる左右両対応モデル。そのときの気分や腕の疲労感などに合わせて、出し入れの方法を使い分けられるのが魅力です。

素材には、耐久性に優れたグラスファイバーを採用しています。重量は42gと軽め。小型のロードバイクやクロスバイク、ミニベロなど、通常タイプのボトルケージでは収納が難しい自転車におすすめです。

ミノウラ(MINOURA) ボトルケージ AB100-4.5

直径73mmのドリンクボトル専用ケージ。素材には、航空機にも使われている「ジュラルミン」を採用しています。ジュラルミンは軽いうえに頑丈なのが特徴で、重量はたったの38g。カーボン製とほぼ同じ重さでありながら、コストを大幅に抑えることができます。

「AB100-4.5」は、線の直径が4.5mmのモデル。軽さを求めるロードバイク乗りの方にピッタリ。MTBのように頑丈さを求める方は線がやや太い「AB100-5.5」モデルがおすすめです。

また、カラーバリエーションが豊富なのもポイント。5色のメタリックカラーと、7色の塗装仕上げの計12カラーが用意されています。自転車の色味と合わせやすいので、見た目にこだわりたい方にもおすすめのボトルケージです。

ミノウラ(MINOURA) 500mlペットボトル用ケージ PC-500

500mlペットボトルまたは小口径ドリンクボトルに対応したボトルケージ。素材には柔軟性のあるアルミ素材を採用しています。重さは46gと標準的。背もたれ部分を円形にすることで横揺れを防止しているのがポイントです。

ペットボトルと面する部分にゴム素材が採用されていないので、ホールド性能はそれなり。しかし、摩擦抵抗が少ないため、片手でも簡単にボトルを出し入れできるのは大きなメリットといえるでしょう。走行中、スムーズに水分補給したい方におすすめです。

開口部の直径は70mmとやや広め。最近はワンサイズ大きいタイプや細身のタイプなど、さまざまなペットボトルが増えてきましたが、「PC-500」はアルミ製なので、押したり引っ張ったりすることで微調整できます。汎用性が高いおすすめのボトルケージです。

オージーケーカブト(OGK KABUTO) カーボンボトルケージ RC-10

ドリンクボトルに対応したボトルケージ。軽くて丈夫なカーボン素材を用いることで、21gという超軽量化に成功しています。山道を走るクライマーなど、少しでも車体を軽くしたいという方にピッタリです。

また、鳥が羽ばたいているようなユニークな形状もポイント。ボトルをフロント部分から出し入れできるのはもちろん、右抜き・左抜きにも対応しています。フレームを気にせず着脱できるので、小型サイズの自転車にもおすすめです。

キャッチ部分は細めですが、ホールド性能は良好。600mlの自転車用ドリンクボトルをしっかりと固定することができます。また、ひと回り大きい大容量タイプのボトルも収納可能。予備のチューブなどを入れておく「ツール缶」をセットしたい方にもおすすめです。

オージーケーカブト(OGK KABUTO) ボトルケージ PC-4 セパレートタイプ

自転車用ドリンクボトルに対応した樹脂製ボトルケージ。ペース部分とケージ部分に分かれたセパレートタイプを採用しているのが特徴です。自転車のフレームサイズに合わせてケージ部分の高さを微調整することが可能。手の長さに合わせて、最適な位置にセットできます。

また、ケージ部分の上下を入れ替えることで、ボトルの着脱方向を変えられるのもポイント。フロント方向はもちろん、右方向または左方向から出し入れできるように選べます。ボトルの出し入れが難しい小型フレームの自転車にもおすすめです。

デダエレメンティ(DEDA ELEMENTI) ボトルケージ GABBIA

自転車用ボトルに対応したボトルケージ「ガッビア」。板状のシムを移動させることで、ケージの高さを微調整できます。フレーム固有のケージポジションでは、ボトルがつかみづらい場合にピッタリです。

素材には、軽量で高耐久のテクノポリマーを使用しています。左右のウイングを高くすることで横揺れを防止。一方、ケージの中央部分は低めなので、ボトルを手前に引っ張るだけで取り出せます。

また、カラーバリエーションが豊富なのもポイント。ネオングリーン・グレー・レッドなどの全7色から選べます。自転車のフレームカラーと合わせやすいので、オシャレにこだわりたい方にもおすすめのボトルケージです。

イベラ(Ibera) 超軽量合金フュージョンウォーターボトルケージ IB-BC12

デザインに定評があるイベラのボトルケージ「IB-BC12」。素材には軽量かつ強度に優れたアルミニウム合金を使用しています。重量はわずか31g。高級なカーボン素材とほぼ同じ重さでありながら、リーズナブルな価格を実現しています。

ケージ部分に、伸び縮みするゴムクリップを採用しているのがポイント。レギュラーサイズのドリンクボトルをしっかりとホールドできるのはもちろん、オーバーサイズにも対応可能です。

また、ステンレス製のボルトが付属しているのも魅力。通常のボルトと比べて耐久性が高く、振動による破損も抑えることができます。スタイリッシュなだけでなく、機能性にも富んだボトルケージです。

ボトルケージの取り付け方

By: amazon.co.jp

ボトルケージの装着場所は2か所あります。ひとつめはハンドル側からペダル方向に伸びている「ダウンチューブ」というパイプ、ふたつめはサドルからペダル方向に伸びている「シートチューブ」と呼ぶパイプです。

それぞれのパイプをよく見ると、途中にボルトが2本ついている場所があります。それがボトルケージを装着するところです。工具でボルトを外してから、ケージをセット。再びボルトを閉めるだけで取り付け完了です。

これらのパイプにボトルケージをひとつずつセットするのもアリですが、いずれか一方に装着する場合は「ダウンチューブ」側がおすすめ。ロードサイクルやクロスバイクでは走行中に前傾姿勢をとるため、ハンドルに近いダウンチューブにあったほうがボトルを取り出しやすいので便利です。