ロードバイクに取り付ける「ボトルケージ」は、サイクルボトルやペットボトルを収納するアイテム。ドリンクだけでなく、修理道具や小物を入れておくツール缶を収納する際にも活躍します。

ただ、さまざまなモデルが販売されており、はじめて購入する場合は迷ってしまうことも。そこで今回はおすすめのボトルケージをサイクルボトル用とペットボトル用に分けてご紹介。選び方も解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

ボトルケージとは?

By: amazon.co.jp

ボトルケージとは、自転車に取り付けるドリンクホルダーです。サイクリング時など、走行しながら水分補給する際に欠かせません。おもにロードバイクのフレームに取り付けて使用します。

サイクルボトルやペットボトルをリュックなどに入れて持ち運ぶ必要がなく、走行しながら飲みたいときにすばやく取り出せるのが魅力。ドリンクホルダーとしての役割のほか、修理道具など小物アイテムを収納しておきたい場合にも役立ちます。

車体の2ヵ所に設置して、ドリンク用とパンク修理キットなど入れるツール缶用を使い分けることも可能。モデルによって種類・素材・デザイン・カラーは多種多様で、好みと使い勝手を考慮して選ぶことが重要です。

ボトルケージの種類

サイクルボトル用

By: amazon.co.jp

ロードバイク用ボトルの大きさに設計されているのがサイクルボトル用のボトルケージです。形状やカラーが豊富で、デザイン性に優れたモデルが多いのが特徴。多くのメーカーから販売されており、サイズはおよそ同サイズで統一されています。

大きさによっては市販のペットボトルをセットできるものの、フィットしないと走行中に落下する心配があるため注意が必要。特殊なサイクルボトルに対応したモデルもあるため、購入する際はチェックしておきましょう。

ペットボトル用

By: amazon.co.jp

市販のペットボトルに対応しているのがペットボトル用のボトルケージです。500ml用、1.5L用などサイズごとに販売されているため、よく購入するペットボトルの大きさに合わせる必要があります。サイクリング中にコンビニや自動販売機で飲み物を調達する場合に便利です。

大きさが合えば、水筒やサイクルボトルも収納可能。なかには、サイズを調節できる可変式モデルもあるのでチェックしてみてください。

ボトルケージの選び方

素材ごとの特徴をチェック

カーボン製

By: rakuten.co.jp

ボトルケージのなかでも軽量なのがカーボン製のボトルケージです。シックで高級感あるデザインを採用したモデルが多く販売されており、高級ロードバイク用としてぴったり。高い耐久性で長く愛用できるほか、なるべく車体を軽くしたい場合にもおすすめです。

ただし、取り付ける際にボルトを締め付けすぎると破損する可能性があるため要注意。優れた素材であるものの、価格が高めなのもデメリットです。

樹脂製

By: rakuten.co.jp

軽量で価格が安く、手軽に購入しやすいのが樹脂製のボトルケージです。コスパに優れているため、初心者におすすめ。デザインのバリエーションも豊富で、シーンによって使い分けたい方や定期的に買い替えたい場合に適しています。

一定の耐久性はあるももの、カーボン製や金属製と比較するとやや劣化しやすいのがデメリット。転倒してしまったときの破損しやすさにも要注意です。長く愛用したい方には向いていないため、こまめに状態をチェックしておきましょう。

金属製

By: amazon.co.jp

もっとも頑丈なのが金属製のボトルケージです。転倒しても破損しにくく、長く愛用できるのが魅力。太さや素材によっては、手で曲げてホールド具合を調節しやすいのも便利です。アルミニウムやスチール、ステンレスなど、モデルによってさまざまな素材が採用されています。

金属特有の滑らかな表面により、摩擦抵抗の少ないスムーズな出し入れができる点に注目。樹脂製は滑りにくく使いにくいと感じる方に向いています。デザインはシンプルなモデルが多く、クラシカルな雰囲気が好みの方にぴったり。クロモリフレームに合わせたい場合にも適しています。

取り出し方をチェック

By: amazon.co.jp

ボトルケージは、おもに車体のダウンチューブかシートチューブに取り付けます。設置する場所によって取り出し方が異なるためチェックしておきましょう。ダウンチューブに取り付ける場合は上方向にスペースがあるため、上に抜くタイプがスムーズに取り出せます。

ただし、フレームサイズが小さい車体の場合はボトルが干渉しやすいため、上方向へのスペースが十分にあるかを確認する必要があります。とくに、身長の低い方に対応したロードバイクに乗っている場合には注意が必要です

シートチューブに取り付ける場合は上方向にスペースがないため、横から取り出せる横抜きモデルがぴったり。右か左か、モデルによって取り出す方向が異なるため、利き腕を考慮しながらチェックしてみてください。

小物を収納するツール缶用として使用するなら、上方向に取り出すモデルも選択できます。ダウンチューブにサイクルボトル用、シートチューブにツール缶用をセットする組み合わせもおすすめです。

デザインやカラーは車体に合ったモノを

By: rakuten.co.jp

ボトルケージにはさまざまなデザインやカラーのモデルがあるため、好みを重視して選ぶのもひとつの方法です。車体のカラーに合わせたりアクセントになるカラーを選んだりと、機能をチェックすると同時にデザインやカラーをチェックしておきましょう。

クロモリフレームには金属製ボトルケージを選択するなど、車体の素材やカラーとの統一感を重視して選ぶのもおすすめ。人と同じデザインにしたくない場合は、個性的なデザインを採用したモデルもチェックしてみてください。

ボトルケージのおすすめメーカー

エリート(ELITE)

By: amazon.co.jp

ツール・ド・フランスのオフィシャルスポンサーとして知られるイタリアのメーカー。UCIのワールドチームに多く採用されているなど、信頼性の高さが魅力。さまざまなシチュエーションに対応するモデルを豊富にラインナップしています。

なかでも、プロチームサイクリストが愛用している「Custom Race PLUS」が人気。軽さや保持力、抜きやすさなどバランスに優れています。斜め方向からボトルを出し入れしやすく、両サイドからボトルにアクセスできるモデルも要チェック。フレームの小さい車体に取り付けたい場合やシートチューブへの装着にぴったりです。

ミノウラ(MINOURA)

By: amazon.co.jp

世界初の自転車トレーナーメーカーとして知られており、自転車の室内トレーニング機材、保管用機材、アクセサリーなどを展開しています。ボトルケージにおいては、サイクルボトル用とペットボトル用をラインナップ。なかでも、タフで丈夫なジュラルミン製ボトルケージは、軽さと耐久性を兼ね備えながらも低価格なのが魅力です。

カラーバリエーションが豊富なほか、ロードバイク向けやMTB向けなど異なる線径の金属製モデルも販売しています。

スパカズ(SUPACAZ)

By: amazon.co.jp

アメリア・カリフォルニア州に本拠地を構えているサイクルアクセサリーブランドです。ロードバイクやMTB用のアクセサリーを中心に、初心者からエキスパート向けのモデルまで幅広く展開。素材にアルミニウムを採用するなど、見た目だけでなく軽さと耐久性も兼ね備えたモデルが魅力的です。

すっきりしながらも個性的なデザインを採用したモデルは、他人と差別化したい方にぴったり。レーザーエッチングされた、かっこいいロゴをあしらっているモデルにも注目です。

ボトルケージのおすすめモデル|サイクルボトル用

エリート(ELITE) ボトルケージ Custom Race PLUS

人気の「カスタムレース」を進化させたモデルで、UCIのプロチームサイクリストの愛用で知られているボトルケージです。直径74mmのサイクルボトルに対応。軽さや保持力、抜きやすさなどバランスに優れており、レース出場を検討している本格派におすすめです。

素材に強度や耐熱性に優れた「グラスファイバー」を採用しているほか、先端部分のゴム素材でボトルを力強くホールド。また、ゴム素材は走行時の振動を吸収し、ボトルとケージがぶつかるときの不快なカチカチ音を軽減しています。

エリート(ELITE) ボトルケージ ROCKO

素材にインジェクテッド・カーボンを採用し、約25gの軽さと強度を両立しているボトルケージです。優れた保持力を発揮するデザインは、斜め方向からボトルを出し入れしやすいのが特徴。両サイドからボトルにアクセスできるため、フレームの小さい車体やシートチューブに取り付けたい場合におすすめです。

カラーは当モデルのカーボンマット/ブラックをはじめ、カーボンマット/ホワイトやカーボンマット/レッドなど7種類をラインナップしています。

エリート(ELITE) ボトルケージ PRISM

横方向からボトルを出し入れするタイプのボトルケージです。右抜き用と左抜き用から選択できるのが魅力。左右の異なるモデルを用意すれば抜く方向を統一できるため、ダウンチューブとシートチューブの両方に装着したい方におすすめです。

軽さと強度を両立しているコンポジットカーボン製で、重さ約33gの軽量化を実現。バイクの種類やサイズ、トップチューブの形状などを問わず、さまざまな自転車に取り付け可能です。

ミノウラ(MINOURA) ボトルケージ AB100-5.5

2017ジュラルミンを採用しているボトルケージ。航空機にも採用されている素材で、軽く耐久性にも優れています。線径がやや太めの5.5mmモデルで、軽さより頑丈さを重視するMTB用としておすすめのモデル。軽さを重視するロードバイク向けの4.5mmモデルもラインナップしています。

カラーバリエーションが豊富なのも魅力のひとつ。当モデルのパウダーイエローをはじめ、チタンカラーやパウダーピンクなど12カラーから選択できます。丈夫ながら買い求めやすい低価格を実現した、コスパのよいアイテムです。

スパカズ(SUPACAZ) ボトルケージ FLY CAGE ano Limited

アメリカの人気サイクルアクセサリーメーカー「スパカズ」のボトルケージです。光沢のあるブラックとグレーのカラーリングは、さまざまなロードバイクに合わせやすいのが特徴。レーザーエッチングされたロゴもかっこいいおすすめモデルです。

すっきりとしたデザインでクロモリとの相性のよさもポイント。素材にアルミニウムを採用し、軽量で強度に優れているのも魅力です。

イベラ(Ibera) ボトルケージ

素材にアルミ合金を採用し、重さ29gの軽量化を実現しているボトルケージです。熱処理を施しており、丈夫で耐久性に優れている点に注目。ひとつのモデルを長く愛用したい方におすすめのモデルです。

滑り止めを備えており、振動で落下しないように工夫をこらしているのがポイント。路面状況の悪いコンディション下でも、安定したホールド感を発揮します。人間工学に基づいて設計された卵型デザインにより、ボトルにアクセスしやすいのも魅力です。

イベラ(Ibera) 超軽量合金フュージョンウォーターボトルケージ IB-BC12

超軽量アルミ合金を採用しているボトルケージです。重量わずか31gと、カーボンと遜色ない軽量化を実現。リーズナブルな価格も魅力で、低価格ながら頑丈で軽いモデルを求めている方におすすめです。

ケージ部に伸縮性のあるゴムグリップを備えているのもポイント。一般的なサイクルボトルはもちろん、大きめサイズもしっかりとホールドします。ステンレス製ボルトが標準で付属しているコスパのよさもおすすめポイントです。

ThinkTop カーボンボトルケージ

人間工学に基づいて設計され、横からボトルを出し入れしやすいボトルケージ。フレームの小さい車体やシートチューブに取り付けたい方におすすめのモデルです。素材は東レのカーボンファイバーを使用しており、信頼性が高いのもポイント。適合ボトルサイズ71~73mm径と、一般的なレギュラーボトルに対応しています。

しっかりとボトルをホールドする構造により、凹凸の多い路面状況でも安心。ロードバイクをはじめ、さまざまなスポーツ自転車や電動自転車にも使用可能です。

オージーケーカブト(OGK KABUTO) ボトルケージ PC-4

ベース部とケージ部がセパレート式のボトルケージです。使用している車体のフレームサイズに、ケージ部の高さを合わせたい場合におすすめ。手の長さや取り出しやすさを考慮して、最適な位置にセッティング可能です。

ケージ部の上下を入れ替えれば、ボトルの出し入れ方向を変えられる点にも注目。シートチューブに取り付けたい場合や、フレームが小さくボトルを出し入れしにくいロードバイク用として適しています。

ユニコ(UNICO) BIKE’N ROLL ステンレスボトルケージ

ステンレスワイヤーを曲げて作られたボトルケージです。シルバーカラーの高級感あるトラディショナルなスタイルは、細身のロードバイクにおすすめ。細身ながら錆びにくく強度に優れているため、過酷な環境下での使用に適しています。

スリムなデザインは、さまざまなバイクに違和感なく取り付けられるのもおすすめポイント。とくに、クロモリなどシルバーパーツの多いロードバイクにマッチします。

OnKJ ボトルケージ

樹脂製のボトルケージです。重さ25gでカーボン製と同レベルの軽量化を実現しており、なるべく車体を軽くしたい場合におすすめ。わずかな中空設計によってホールド性を高めて走行中の落下を防いでいます。

買い求めやすい低価格も魅力。なるべく予算を抑えたい初心者や、定期的に新品へ買い替えたい方にも適しています。

ボトルケージのおすすめモデル|ペットボトル用

ミノウラ(MINOURA) ペットボトル用ケージ PC-500

500mlペットボトル用のボトルケージです。素材のアルミニウムは柔軟性があるため、ボトルにあわせてホールド感を調節しやすくなっています。丸型の背もたれ形状と相まって、ボトルをしっかりとホールド。走行中にボトルケージの揺れやガタツキが気になる方におすすめのモデルです。

豊富なカラーバリエーションも魅力。車体のデザインやカラーに合ったモデルを選択できます。金属ならではの摩擦抵抗の少なさから、スムーズにストレスなくボトルを出し入れしたい方にもおすすめです。

トピーク(TOPEAK) モジュラーケージ2

自転車用アクセサリーを展開している「トピーク」のボトルケージです。丈夫なアルミ合金とプラスチックを組み合わせており、サイズを調節できるのが特徴。ペットボトルをはじめ63~74mm径のさまざまなボトルに対応し、初心者がはじめて購入するモデルとしておすすめです。

セットするボトルに合わせて調節すれば、ガタツキや落下が少ないのもポイント。底部のボタンをスライドさせるだけと調節も簡単です。さまざまなシーンに対応する汎用性の高さにより、サイクリングはもちろん通勤・通学用としても適しています。

ザフィット(ZAFIT) ボトルケージ B008

ボトル径60~85mmに対応しているボトルケージです。アジャスターねじでサイズを調節できるタイプで、さまざまなボトルに対応可能。おもに、500mlペットボトルを利用する方におすすめのモデルです。ボトルに合わせてホールド感を調節でき、走行時の揺れを最小限に抑えられます。

ダウンチューブやシートチューブに設けているボルトケージ穴を利用して簡単に取付可能。シンプルなデザインは、さまざまなタイプのバイクと違和感なくマッチします。

RUNACC サイクルボトルケージ

クランプ式でさまざまな場所へ設置できるボトルケージです。直径15~41mmのパイプやシートポスト、ハンドルバーなどに工具不要で取り付け可能。ボトルケージ用穴を設けられていない場所へ取り付けたい場合におすすめのモデルです。

ガスケットが付属しており、車体への傷を予防できると同時に滑り止めとしても役立ちます。カップホルダー部は360°回転できるため、さまざまな方向からボトルを出し入れできるのも便利です。

日東(NITTO) ボトルケージ 500

自動車部品メーカー「日東」のステンレス製ボトルケージです。細い線径のシンプルな見た目ながら、耐久性に優れているのが特徴。クロモリのデザインと相性がよいモデルを探している方におすすめです。

500mlペットボトルに対応し、金属ならではの柔軟性によって手で曲げられるのもポイント。しっかりとホールドするよう、自分好みの微妙な調節が可能です。

ユニコ(UNICO) Bikeguy ペットケージ

素材にアルミ合金を採用した500mlペットボトル用のボトルケージ。ペットボトルをしっかりホールドできる構造で、丸型と角型のどちらにも対応可能です。取り付けはフレームに設けられているボトルケージ用穴を利用。取り付け用のスチール製ボルトが付属しています。

約50gの軽量タイプながら、強度を兼ね備えているため初心者でも安心。レッド・シルバー・ブラック・ブルーの4カラーをラインナップしており、車体に合わせて選択したい方におすすめのモデルです。

ボトルケージの取り付け方

By: amazon.co.jp

ボトルケージは、おもにダウンチューブかシートチューブに取り付けます。通常、それそれのフレームに2本のボルトが付いており、取り付けたい側のボルトをアーレンキーなどで取り外しましょう。ボルトを外した穴を利用してボトルケージをセットし、再びボルトを締めれば取り付け完了です。

ボルトはボトルケージに付属している専用品を使うほか、別売りのボルトを購入する方法もあります。なるべく軽量化を図りたい場合やスチール製ボルトを選ぶのがおすすめ。サビが気になる場合は、クロモリやアルミニウム、ステンレス、チタン製などのボルトもあるのでチェックしてみてください。

ボトルケージのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ボトルケージのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。