アルコール濃度の高い蒸留酒を入れる携帯用ボトル「スキットル」。ダンディな海外俳優が使っているイメージが強いですが、実は機能性も非常に高いので、アウトドアや普段使いでも気軽に使える便利なアイテムです。

そこで今回は、初めて購入する方におすすめのスキットルをご紹介します。素材もステンレスの他にチタンやピューターなどいくつかあるので、選び方も合わせてチェックしてみてください。

スキットルとは?

By: amazon.co.jp

スキットルは、ウィスキーなどのアルコール濃度の高い蒸留酒を入れる携帯用の水筒です。海外ではジーンズの後ろポケットに入れて持ち運ぶことから「ヒップフラスク(Hip Flask)」とも呼ばれています。

実際に後ろポケットに入れて持ち運びやすいよう曲線を描いたフォルムをしたものが多いのも特徴。ちなみに、「スキットル」という言葉自体はボウリングの元になったスポーツ「スキットル(skittle)」から来た和製英語です。

どんな場所で使う?

By: amazon.co.jp

スキットルは基本的に屋外での使用を念頭に置いたものです。主に旅行先や登山など、アウトドアシーンで使われます。他にもスポーツ観戦時やフィッシング、BBQの際など、スキットルがあれば気軽にお酒が楽しめます。なお、日本では違法ではないものの海外では公共の場での飲酒を法律で禁じている国も多いので、旅行の際は事前に確認しておきましょう。

スキットルの種類|素材編

ステンレス

一般的な水筒などにも用いられるステンレスは、安価かつ頑丈である点が魅力です。デメリットとしてはお酒の風味が変化しやすいことですが、短期間飲み物を入れておくだけであればさほど気にする必要はありません。スキットルを試してみたいという方はステンレスがおすすめです。

チタン

チタンは中の液体の劣化を防ぐため、高価なお酒や香りを楽しみたいお酒はチタン製のスキットルがおすすめ。ただし、ステンレスより高価なものが多く、1万円前後のモノが多いです。

ピューター

ピューターとは、スズを用いた合金です。スズは熱伝道率が高いため冷蔵庫に入れておくとすぐに冷やすことができます。また、柔らかい材質のため加工がしやすく、独創的なデザインのモデルが多いのも特徴です。

プラスチック

最近は「ナルゲン」などのメーカーがプラスチック製のスキットルを発売しています。手軽に購入できて手入れも簡単なので、ステンレスと同様にスキットル入門としておすすめです。

スキットルの選び方

By: amazon.co.jp

スキットルを初めて購入する場合は、まず予算をどのくらいに設定するかを決めましょう。なるべく安価なもので試しに使ってみたいという方には、ステンレスかプラスチック製がおすすめ。

また、お気に入りの特別なお酒を外でも飲みたいという方は、防腐性に優れたチタンのスキットルがおすすめです。サイズは200mlが一般的ですが、さらに小さいモノや大きなサイズもあります。

スキットルのおすすめ

スタンレー(STANLEY) SSフラスコ 0.23L 01564-024

商品価格 ¥ 3,780

表面を滑りにくく加工したスタンレーのスキットル。ステンレス製でサビに強く、価格も5000円以下なので初めての方にもおすすめです。

お酒を飲まない方でも、キャンプなどで火を起こす際に灯油などをスキットルに入れておくという方もいます。その際はフタに紛失防止用のストッパーが付いているモノがより安心。開閉しやすいように大きめに作られているのも特徴です。

ダグ(DUG) スキットル 4oz DG-0601

商品価格 ¥ 1,814

アウトドアブランド「ダグ」の小型スキットル。120mlと持ち運びしやすいサイズで、後ろポケットに入れても違和感を感じにくい曲線構造を採用しています。

この価格帯のスキットルの中ではコスパ良好なモデルです。ステンレス製で頑丈なのでアウトドアでも重宝します。お酒を注ぐのに便利な漏斗が付いているのもポイント。入門用としてはもちろん、ギフトとしてもおすすめです。

MINO Creates スキットル 8oz 漏斗&クロス付き

商品価格 ¥ 980

シンプルなデザインが魅力のスキットル。容量は220mlと標準的なサイズで、漏斗やクリーナーも付属するうえ、リーズナブルな価格で購入できます。ステンレス製で傷や汚れに強いものポイント。オーソドックスな形のスキットルを試してみたいという方におすすめです。

ヴォーシ(voocye) フラスコ スキットル 8オンス

商品価格 ¥ 980

リーズナブルな価格のステンレス製スキットル。220mlでポケットにすっぽり入るサイズなので持ち運びに便利です。開閉がスムーズで使い勝手もよく、飽きのこないシンプルなデザインが魅力。コスパの高いスキットルをお探しの方におすすめです。

佐藤金属興業(SALUS) バッカス ウイスキーボトル

商品価格 ¥ 2,274

ステンレス製の中でも少しグレードが高いスキットル。こだわり抜かれたミニマムなデザインは、男女問わず使いやすいデザインなのでギフトとしてもおすすめ。容量は標準的な200mlです。

容器だけでわずか100gと軽量なので、持ち運ぶ際にストレスを感じさせません。旅先やBBQなどに気軽に持っていきたい方におすすめです。

プラクシア(Praxia) スキットル 8oz

商品価格 ¥ 1,500

ブラック基調のシックなデザインが特徴のスキットルです。フタは本体と繋がっているので紛失の心配もありません。ステンレスグラスが本体に収納可能なのもポイントです。漏斗も付属し、機能性の割に価格もリーズナブル。容量は230mlで、アウトドアにもちょうどよいサイズです。

ロイヤルセランゴール(Royal Selangor) ピューター スキットル

商品価格 ¥ 10,800

老舗の「ロイヤルセランゴール」のピューター製スキットル。同メーカーはF1グランプリなどのトロフィー制作なども手がける一流ブランドです。

こだわり抜かれたデザインと表面の光沢が他のスキットルとは一線を画しています。95mlと小ぶりなサイズもポイント。ピューターは光沢が長続きするので、一生モノのスキットルとして使えておすすめです。

ピンダーブロス(PinderBros) イングリッシュローズ 4oz SP-012

商品価格 ¥ 18,800

クラシックな雰囲気が特徴的なハイエンド向けピュータースキットル。容量は120mlで、表面の模様加工が高級感を演出していておしゃれです。

ピューター製のため、お気に入りのお酒も風味を損ねず楽しめます。長年愛用できる本格派スキットルを探している方におすすめです。

スノーピーク(snow peak) チタンスキットルM T012

商品価格 ¥ 14,637

アウトドアブランド「スノーピーク」のチタン製のスキットル。レザーケース付きなのでプレゼントにもおすすめです。

Mサイズは容量140mlで、重量わずか65g。荷物を減らしたい登山家に愛用されています。スムーズに飲み物を補給できるようにプラスチックの漏斗も付属。男女問わずに使えるおすすめアイテムです。

ナルゲン(Nalgen) 12oz

商品価格 ¥ 6,706

アウトドアファンの間で人気急上昇中の「ナルゲン」はアメリカで研究用の保管容器などを手がけているメーカー。ナルゲンのスキットルはプラスチック製がメインです。軽量であることに加え、中身の確認ができるのが便利なポイント。350mlの大容量も魅力です。

スキットルに入れちゃダメな飲み物はあるの?

スキットルは基本的に揮発性の高い液体を入れることを想定しています。そのため、あまり糖度の高いお酒やジュースを入れるとベタつき、ストレスを感じることがあります。同じお酒ではあっても、ワインや甘いスピリッツ類を入れるのはおすすめしません。

また、灯油入れなど飲料以外の液体を保管することも可能ですが、誤飲を避けるために事前にしっかりと把握しておくことが必要です。