男性のファッションアイテムとして活躍する腕時計。毎日を忙しく過ごすビジネスマンにとって、「時間」が確認できる腕時計はとても重要です。そこで今回は、初心者でも失敗しない腕時計の選び方をご紹介します。

腕時計の種類

そもそも腕時計は、使用するムーブメントの違いから「クォーツ式」と「機械式」のふたつに分けられます。ちなみに「ムーブメント」とは英語で"運動"という意味を持ち、その名の通り腕時計の動力を司る機械のことです。休むことなく動き続けるムーブメントは、腕時計の心臓部分といえます。

正確な時を刻むクォーツ式腕時計

By: zozo.jp

「クォーツ式」の腕時計は電池で動いてます。機械式と比べてゼンマイを回す必要がないほか、メンテナンスに神経質になることも少なめ。高精度で時間の誤差が生じにくいのも特長で、正確さを求めるユーザーにも向いています。また、リーズナブルな製品を多く取り揃えているので、初めて腕時計を買う方にとっては無難なアイテムです。

一方、電池が切れたら交換をしなくてはいけないのがデメリット。自分で電池交換をするには難易度が高く、故障に繋がる恐れがあるので、必ず腕時計屋など専門のお店で交換してもらいましょう。

電池不要の機械式腕時計

By: zozo.jp

「機械式」の腕時計は、ゼンマイを使用した昔ながらの仕組みで作られています。さらに「自動巻き」と「手巻き」の2種類があり、手巻きはその名の通り手動でゼンマイを巻くタイプの腕時計。一方の自動巻きは、腕に着用して使うことで自動的にゼンマイが巻かれるタイプの腕時計です。

機械式腕時計のメリットは、ゼンマイを動力としているので電池が不要なところ。しっかりとメンテナンスをすれば、半永久的に使い続けられます。ただし、ゼンマイが止まると針の動きも止まってしまうため、数日間使わなかった後はゼンマイを巻き直すことが必要です。

クォーツ式に比べると精度はやや低いので、より正確な時間を求める方にはあまり向いていません。また、腕時計を分解して掃除する「オーバホール」を定期的に行うことも必要です。正確さを重視する選び方なら「クォーツ式」、末永く使うことを前提する選び方なら「機械式」の腕時計を選びましょう。

カジュアル腕時計の選び方

カジュアルな腕時計はクォーツ式が多く、比較的リーズナブルなのが特長。いくつか買い揃えておけば、そのときのコーディネートや気分に合わせて腕時計を変えられるので、おすすめです。

基本的には、自分の好みに応じて選べば問題ありませんが、カジュアル腕時計はとにかくラインナップ製品が幅広いのでチョイスが大変。そこで、カジュアル腕時計の選び方とそのポイントをご紹介します。

堅い見た目はNG。軽いデザインの腕時計を選ぶ

By: zozo.jp

カジュアル腕時計の選び方としてもっとも気を付けたいポイントは「デザイン」です。見た目に重厚感があるデザインの腕時計を選んでしまうと、ビジネスで着用する腕時計との差がなくなってしまいます。

ステンレス素材を採用したスマートなデザインの腕時計よりも、ナイロンやレザー、ラバーなどのベルトを使用した柔らかい印象の腕時計がカジュアルシーンに向いています。

スポーティーな腕時計を選ぶ

By: zozo.jp

スポーツブランドやアウトドアブランドがリリースしている腕時計は、カジュアルなデザインが豊富。近年はスポーティーなテイストをミックスしたファッションが人気なので、ジャケットなどのきれいめコーデに合わせるのもおすすめです。もちろん、Tシャツやジーンズなどのラフなコーディネートにもマッチします。

手首に合わせた大きさを選ぶ

個性を出すために、存在感のある大きな腕時計を選ぶ方もいるかと思います。ボリュームのあるフォルムは確かに魅力的でかっこいいですが、手首の細い方がボリューミーな腕時計をチョイスすると、全体のバランスが崩れてしまいますので、その場合は文字盤が小さめでスマートなモデルを選びましょう。一方、手首の太い方はボリュームのある腕時計が似合うのでおすすめです。いずれにせよ、ユーザーの手首に合わせた選び方が大切です。

ビジネスの際はどういった腕時計を選ぶ?

値段が高すぎない腕時計を選ぶ

By: amazon.co.jp

ビジネスシーンで高級な腕時計を着けるのはあまり好ましくありません。会社での立場や職種によっては、その高級感や存在感が嫌味に受け取られてしまうこともあります。

特に接客業や営業職など、人と会う機会が多い職種の方や、入社1〜2年目の方は特に気を付けたいポイントです。腕時計は、高ければ高いほどよいというモノではないので、ビジネスシーンで着用する腕時計は選び方に気を付けましょう。

ステンレス製ベルトの腕時計を選ぶ

腕時計のベルトにはステレンスやレザー、ナイロン、ラバーなどさまざまな素材が使われています。取引先との商談など重要なシーンで使うのであれば、フォーマル感のあるレザー製のベルトがおすすめ。ただし、汗などで濡れたときはしっかり拭いてあげる必要があり、メンテナンスには手間がかかります。

そのため、ビジネスシーンでの普段使いには使い勝手のよいステンレス製のベルトもおすすめ。レザー製のベルトほど堅すぎず、ナイロン製やラバー製のベルトほどカジュアル過ぎないので汎用性が高いのがポイントです。

腕時計の人気ブランド

ハミルトン(HAMILTON) ジャズマスターシンライン42mm H38511553

アメリカの歴史あるブランド「ハミルトン」のクォーツ式腕時計。3針のシンプルなデザインが魅力です。ケースが薄いので、袖口に引っかからずスマートに着用できます。着ける人を選ばないため、幅広い年代のビジネスマンにおすすめです。

ムーブメントはクォーツ式なので狂いがあまりなく、時間の正確さを重視する方に最適。嫌味のない上品なハミルトンの腕時計は、ビジネススーツとの相性がよいです。

セイコー(SEIKO) ワイアード AGAT404

日本の腕時計メーカー「セイコー」のクォーツ式腕時計。ベーシックな見た目ながらも、古さを感じないバランスの取れたデザインが特徴です。同モデルには色違いもリリースされているので、大切な人とのペアウォッチにもおすすめです。ビジネスシーンで使えるのはもちろんのこと、きれいめファッションにも活用できます。

タイメックス(TIMEX) ウィークエンダー フェアフィールド TW2P91300

150年以上の歴史を持つアメリカのブランド「タイメックス」のクォーツ式腕時計。カジュアルながらチープさを感じさせず、モダンな雰囲気を演出します。また、上質感のあるレザー製ベルトを採用していて、大人のカジュアルスタイルにも最適です。カラーはシルバーとゴールドのシンプルな2種類をラインナップしています。

エンポリオアルマーニ(EMPORIO ARMANI) LUIGI MECCANICO AR1980

ファッションブランド「エンポリオアルマーニ」の機械式腕時計。フルスケルトンタイプの文字盤を採用し、腕時計内部の歯車が見える構造となっています。多少の水濡れに耐える3気圧防水も注目ポイント。シルバーのベルトとホワイトの文字盤、ゴールドの針がおしゃれに映えるアイテムです。