調味料をボトルやビンのまま置いておくと、キッチンが雑然とした印象になってしまいます。おしゃれな調味料入れに移し替えることで、キッチンが華やかに。また、容器の大きさや素材を統一することで、整然とした空間に変わります。

そこで今回は、おしゃれな調味料入れをご紹介。どうやって選べばよいかも紹介していくので、ぜひチェックしてみてください。

調味料入れの選び方

調味料の種類に合ったモノを選ぶ

固体調味料は密閉性の高さをチェック

By: amazon.co.jp

塩は湿気で、砂糖は乾燥で固まります。そのため、塩や砂糖を移し替えるための調味料入れは、密封性の高さを重視して選ぶのがおすすめです。

フタを閉めて湿気をブロックしたり、乾燥を撃退したりできる調味料入れを使えば、いつでもサラサラの調味料を使用可能。固まった塩や砂糖をスプーンで叩く必要もなく、使いたいときにサッと取り出せます。

また、粉状の調味料を入れる場合は量の調節を行えるタイプがおすすめ。例えば本体を傾ける製品では、数サイズの穴が空いていて、出したい量に応じて使い分けられるモノもあります。

液体調味料は垂れにくいものが便利

By: amazon.co.jp

液体調味料を入れる場合は垂れにくいモノが便利です。注ぎ口から中に入れた調味料が滴り落ちると、キッチンを汚してしまいます。頻繁に拭き掃除をするのは煩わしいため、こぼれにくいように注ぎ口が加工されているモノがおすすめです。

また、傾けると注ぎ口から中身が出るモノやボタンをプッシュすると調味料が出るタイプ、霧状に噴射できるスプレータイプなどさまざまな種類があるので、調味料の種類や用途に合わせて選んでください。

使用頻度を考慮してサイズや形状を選ぶ

By: amazon.co.jp

調味料入れには、大きく分けて保存用の大容量タイプとテーブルなどに置いて食事中に使用する少量タイプの2種類があります。使用頻度が高い少量タイプは、割れにくい素材や安定感のある形状のモノがおすすめです。

大容量タイプを選ぶ際は長期間調味料を入れることを考慮し、湿気を防いで中身の劣化を防いでくれる密封性の高いモノを選ぶとよいでしょう。

洗いやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

調味料入れを綺麗に保つために、洗いやすいモノを選ぶとよいでしょう。おしゃれさを重視するあまり、複雑な構造の調味料入れを選んでしまうと、洗いにくいので注意が必要です。なるべく単純な形で、フタやパッキンを簡単に取り外せるモノがおすすめ。

また、口の大きさも洗いやすさに大きく影響します。中に手を入れて洗えるサイズであれば、清潔に保ちやすいため便利です。

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

意外と重要なのが、調味料入れの素材です。軽くて扱いやすいプラスチックはにおいがつきやすいため、油などのにおいが気になる方にはおすすめできません。においや油汚れが気にならない調味料入れを選びたい方は、ガラスやステンレス、ホーローなどでできた製品をチェックしましょう。

また、陶器は湿度を吸い取り、釉薬(うわぐすり)は乾燥を撃退します。そのため塩は陶器のモノに、砂糖は釉薬を塗った陶器のモノに保管するのがおすすめ。いつでもサラサラの状態を保てます。

調味料の数が多い方には透明なモノがおすすめ

By: amazon.co.jp

数種類の調味料をまとめて保管する場合は、中身が一目で分かる透明の容器を選ぶのがおすすめ。どの調味料が入っているのか判断しやすいだけでなく、残りの容量を簡単に把握できます。

ただし、直射日光が当たって中身の劣化が早まることも考えられるため、保存場所には注意が必要です。また、調味料の名前を記入できるラベル付きだとさらに見分けやすく便利に扱えます。

おしゃれな調味料入れおすすめ|塩・砂糖・胡椒向け

和平フレイズ 塩サラポット KR-8271

塩は湿気に弱いため、容器に移し替えて時間が経つと、カチカチに固まってしまいます。使いたいときに塩が使えないのを防ぐために、湿気をブロックする調味料入れを使うのがおすすめです。本製品は、呼吸するという陶器の特性を活かし、余分な湿気を吸い取って塩が湿気るのをブロック。

さらに、万が一固まってしまった場合は調味料入れごと電子レンジにかけられます。電子レンジで水分を飛ばすことで、塩をサラサラに戻せるのが特徴です。また、フタに穴が空いているので、付属のスプーンをセット可能。使いたいときにサッと使える手軽さが魅力です。

容量は300mlで、たくさん塩を保管できる仕様。竹製の敷板が付属しているため、キッチンをナチュラルでおしゃれな雰囲気に変えてくれます。サラサラの塩を長持ちさせたい方におすすめです。

レック(LEC) DELI 木製 クッキングボックス K-957

天然木でできたラック付きの調味料入れ。3つの調味料入れが1セットになっているため、砂糖、塩、小麦粉などを分けて保管できます。それぞれに小さいスプーンが付いているので、使いたいときにサッとすくえるのが特徴です。

調味料入れの中身がひと目でわかるよう、判別シールが付いています。また、付属のスプーンに小さじ1/2の目安ラインが記されているため、使い勝手は抜群。取っ手も大きく、料理中も扱いやすいのが魅力です。

木製ラックの上部には、小さなスパイス類を収納可能。調味料をまとめて保管したい方や、ナチュラルでおしゃれなデザインの調味料入れが欲しい方におすすめです。

タツヤオカザキ セラミックデザイン(ttyokzk ceramic design) pomme&poire シュガーポット

洋梨型のおしゃれデザインが一際目を引く調味料入れ。遊び心満載で、キッチンを華やかにしてくれます。リアルな洋梨とは異なり、ボディに角度が付けられているため、握りやすいのが特徴です。甘すぎない印象を与えるため、キッチンを洗練された空間にしたい男性にも向いています。

芯のように見える部分は、木製のスプーン。調味料入れの中にスプーンを入れても、しっかりフタが閉まるようになっています。スプーンも含めてスッキリと収納したい方におすすめです。外側は五角形ですが、内側は円になっています。引っかかりがなく、スムーズに洗える点もメリットです。

Gole five ドライキャニスターペアー小さじ付き 150243

陶器製のおしゃれな調味料入れ。最大の特徴は、陶器の素材に赤土を採用していることです。赤土は多孔質なので、余分な水分を吸収しやすく、湿気に弱い塩などを入れるのに適しています。

また、フタに付いたシリコンのパッキンにより、密閉性が保たれる点も特徴。湿気を寄せ付けず、塩をサラサラの状態で保管してくれます。カチカチの調味料に悩まず使える、おすすめの調味料入れです。

取っ手部分に「SUGAR」「SALT」と見分けるための名称が書かれているのも嬉しい工夫。調理中もどちらが入っているのかひと目でわかり、間違えることがなくなります。容器内に収納できる、木製のスプーンも付属しているので便利です。

Anyasun 調味料入れ 360°回転式 Ays-H008

カラフルでおしゃれな調味料入れ。4個セットで、1つ1つが360°自由に回転します。収納時には重ねることでコンパクトになり、使用時には角度を変えて中の調味料を取り出しやすいアイデア製品。使い勝手のよさと収納時のスマートさを両方求める方におすすめです。

フタの両側に付いているボタンを同時に押すとフタが取り外せるので、細部まで綺麗に洗えて、清潔に保てます。

調味料入れと同じ色の小さじが4つ付属しているので、すぐに使えるのも特徴。色が派手すぎないため、キッチンに置いても主張しすぎず、さりげない華やかさを演出してくれます。

メイダイ(meidai) ソルト&シュガーさらさらポット 増量タイプ

美濃焼の調味料入れ。素焼きした陶器製なので、塩を入れると余分な湿気を吸い取ってくれます。湿気が放出されることで、いつでもサラサラの状態をキープできるのが魅力です。

また、砂糖は乾燥に弱いため、砂糖入れの内側には釉薬が塗られています。釉薬が乾燥を撃退し、砂糖を保湿することで固まるのを予防。砂糖と塩を、それぞれの特性に合わせて保存できるのが特徴です。調味料を固まらないように保管したい方におすすめ。

また、フタには丸い取っ手がついており、開けやすいのはもちろん、スプーンを簡単に引っ掛けられるため、調理中にキッチンが散らかるのを防げます。丸みのあるコロンとしたデザインもおしゃれで、キッチンに華やかさを加えてくれる製品です。

RayMoon 調味料入れ アーチ橋デザイン

アーチ状になっているラックに、4つの調味料入れを置けるセット。まるでお店に置いてあるようなおしゃれデザインで、キッチンが温かみのある空間に早変わりします。卓上用調味料入れとして、テーブルに置いても華やかです。

ラックには円形の窪みが付いているので、調味料入れが動かず、こぼれる心配がありません。また、木製のフタがホコリや湿気をブロックし、中の調味料を清潔に保ちます。付属のスプーンを入れてもきちんとフタが閉まるよう、丁度よい大きさに穴が空けられているのも嬉しいポイントです。

落ち着いた色合いの、おしゃれな調味料入れが欲しい方におすすめ。洗練された大人の空間を演出してくれます。

VANCORE 調味料入れ

透明なボディにカラフルなフタがおしゃれな調味料入れ。フタを開けて中身を確認しなくても、何が入っているのかひと目でわかります。6個で1セットなので、塩や胡椒を始めとするスパイスを入れておくのにおすすめです。

フタをスライドさせると、大きさの異なる3種類の穴が出てくるのが特徴。出したい調味料の量に合わせて、最適な穴を使えます。フタは簡単に取り外せるため、隅々まで洗えて清潔さを保てるのも魅力です。

また、透明のラックに6個まとめて保管できるため、コンパクトに収納できます。ラックには取っ手が付いていて、移動させるのも簡単です。スパイス類や粉末状の調味料を同じ場所に置くことで、料理の際に探す手間が省けます。

クオリー(QUALY) シーズニングシェイカー

どちらかというと食卓向きの調味料入れ。中に何色の調味料を入れるかによって、オブジェの雰囲気が変わります。胡椒などの茶色い調味料を入れると、まるで土のように。砂糖などの白いモノを入れれば、一気に冬景色に変わります。

食卓に置きっぱなしにしても生活感が出ず、おしゃれなインテリアとして活用できるのが大きな魅力です。どの容器に何の調味料を入れるか、考える時間も楽しいもの。遊び心のあるおしゃれな調味料入れが欲しい方におすすめです。

サボテンやツリーなどの植物を4つ並べたタイプのほか、ウサギ、ラクダ、トナカイ、シロクマを並べた動物タイプもあります。好みのモノを選んで、食卓を一風変わったおしゃれな雰囲気に変えましょう。

アスベル フォルマ ガラス製 調味料ポット

円柱型のおしゃれな調味料入れ。明るいオレンジ、清潔感のあるホワイト、落ち着いたブラウンがバランスよく、キッチンに彩りを与えてくれます。フタにはパッキンが付いていてしっかり閉められるので、密閉性に優れているのが特徴。湿気や乾燥から調味料を守ります。

パッキンはフタから簡単に外せるため、綺麗に洗って使えるのも嬉しいポイントです。ガラス製なので調味料のにおいが容器に移らず、長く使えるというメリットもあります。塩や砂糖などの調味料だけでなく、梅干しやピクルスなどの保存にもおすすめです。

フタやボディの一部には滑りにくい樹脂などが使われているので、うっかり手を滑らせて割ってしまう事故も起こりにくいのも特徴。何を入れているのかひと目でわかりやすく、おしゃれな調味料入れが欲しい方におすすめです。

ゼロジャパン(ZERO JAPAN) スクエアキャニスターS SC-46

陶器製の調味料入れ。シンプルながらモダンな雰囲気があり、複数個購入して並べて置いてもおしゃれです。1992年に誕生以来、世界中で愛される商品を作り続けている「ゼロジャパン」ならではの、クオリティの高さがうかがえます。

ボディ側面にフックが付いており、付属の木製スプーンがかけられます。スプーンも含めてコンパクトに収納できるのが魅力です。

パッキン付きのフタで、高い密閉性を保てるのも特徴。中の調味料を湿気や乾燥から守ります。キッチンを洋風のおしゃれな雰囲気にしたい方におすすめの調味料入れです。

おしゃれな調味料入れおすすめ|液体調味料向け

ストウブ(staub) オイル&ビネガー 40511-791

セラミックの調味料入れ。セラミックは光を通しにくいため、光に当たると酸化しやすい油や酢を守ってくれます。表面がツルツルしていて汚れが落ちやすく、食洗機にも対応しているので手軽に洗えます。清潔さを重視して調味料入れを選びたい方におすすめ。

セラミックには傷に強い性質もあるため、長く綺麗に使い続けられるのが特徴です。長期間キッチンに置いても、変わらず洗練されたおしゃれさを醸し出してくれます。外国のキッチンに置いてあるような、おしゃれな調味料入れです。

イワキ(iwaki) フタ付きオイル差し M KT5032-BKO

耐熱ガラス製のオイル差し。油のキレがよくなるよう注ぎ口に加工が施されており、油が垂れても容器につたわらず、中に戻っていく設計です。注ぎ口から垂れて容器を汚しがちな油を、必要な分だけ注げます。また、熱湯消毒ができるため、衛生面に気を遣う方も安心です。

付属のフタがホコリや虫の侵入を防いで清潔さを保てるのも嬉しいポイントです。また、透明でシンプルながら、上部にかけてキュッと細くなっていくデザインが魅力。派手すぎずキッチンに置いても馴染む調味料入れが欲しい方におすすめです。

卓仕朗 調味料入れ

耐熱ガラスとステンレスでできた調味料入れ。熱湯消毒可能で、衛生的に使えます。容器の下部がガラス製なので、中身がわかりやすく、複数個購入して並べて置いても間違えにくいのが特徴。料理中、サッと手に取れる調味料入れが欲しい方におすすめです。

ボディ上部はステンレスならではのシルバーで、フタがポップな色使いになっています。シンプルなデザインの中にも明るいおしゃれさが見られ、キッチンに華やかさをプラスしてくれる製品です。

トゥルードゥー(Trudeau) ドリップレス オイルボトル 0010-206

北アメリカで120年もの歴史を持つメーカー「トゥルードゥー」のおしゃれな調味料入れ。特殊な形の注ぎ口が液垂れを防いでくれます。油や酢、醤油などを入れても容器の側面を汚さないため衛生的。清潔に使用できる調味料入れが欲しい方におすすめです。

また、注ぎ口が細いので、出しすぎを防げるのも特徴です。料理中も食事中も、欲しい分量だけ出せるのが嬉しいポイント。フタは樹脂とシリコンでできており、密閉性が高く中身を劣化させにくいのも魅力です。

白山陶器 麻の糸 しょうゆさし

1779年創業の歴史ある陶器メーカー「白山陶器」のおしゃれな調味料入れ。醤油差しとして使うのがおすすめです。一見和風なデザインですが、シンプルで落ち着いた色使いのため、キッチンや洋室にも馴染みます。

キレがよく、中身がダラダラと垂れない構造なのでキッチンや食卓を汚さず清潔に保てます。洗練されたおしゃれな調味料入れを選びたい方におすすめです。

スタジオ エム(studio m’) フォンド ソイ 198005

小さくプリントされた「soy」の手書き風文字と、白いボディがおしゃれな醤油差し。控えめながら大人っぽい印象を与え、キッチンや食卓をワンランク上の空間に変えてくれるのが魅力です。

硬度の高い磁器を採用することで、丈夫で長持ちする点も魅力のひとつ。また、滑らかでツルツルしたボディは手に馴染みやすく、料理中も食事中も使いやすいのが特徴です。食洗機や乾燥機が使用可能なので手軽に清潔さを保てます。

ノイシュタット(neustadt) ナチュラル 調味料入れ

油・酢・塩・胡椒に使える調味料入れ4点セット。外国の牧場で使われている牛乳瓶を連想させる、ナチュラルなデザインが特徴です。においが移りにくく、汚れもつきにくい陶器製なので、清潔に使えます。

キッチンや食卓に置きっぱなしにしても、インテリアとして映えるおしゃれさが魅力。ナチュラルな雰囲気のキッチンにしたい方や、カントリーデザインのインテリアが好きな方におすすめの調味料入れです。

moiitee 油スプレー

量を調節しやすく、少量でも広い範囲にムラなく吹きかけられるスプレータイプの液体調味料入れです。調味料の使いすぎを防げるため、ヘルシーかつ経済的。手を汚さず、片手で手軽に使用できるおすすめの調味料入れです。

スタイリッシュなデザインで、キッチンをおしゃれに演出。コンパクトサイズなので、置き場所にも困りません。

リス(RISU) スタビアリュクス プッシュ調味差し

プッシュボタンを押すと中身が出る液体専用の調味料入れです。ボタンを押す強さによって注ぐ量を調節可能。テーブルの上に置いて直接料理に調味料をかけたり、調理時の味付けに使用したりと、幅広いシーンで活躍します。

フタは酸やアルカリ、油に強いポリウレタン製。本体には、におい移りしにくいソーダガラス素材を採用しており、オイルや酢など、さまざまな調味料に対応できるおすすめの製品です。