時計のなかでもレトロかつスタイリッシュな「懐中時計」。デザイン性が高くおしゃれなアイテムが多いため、ほかの人とは違うモノを身に着けて、ファッションにこだわりたい方におすすめです。

そこで今回は、懐中時計のおすすめ製品をピックアップ。選び方もご紹介するので、自分好みのアイテムを見つけてみてください。

懐中時計とは?

懐中時計は英語で“pocket watch”と呼ばれており、その名の通りポケットに入れて使用する時計です。懐中時計の歴史は非常に古く、17世紀には使用されていたという記録が残されています。当時は時計を作れる技師が少なく、高級でステータスを表すアイテムでした。

その後、時計技術の発達により、時代とともに実用性や正確さを重視した懐中時計が増加。現代ではあまり馴染みのない懐中時計ですが、そのデザイン性の高さやレトロな雰囲気で、今でも多くのファンを魅了し続けています。

懐中時計の選び方

文字盤で選ぶ

懐中時計の文字盤の数字は大きく分けて2つあります。馴染みがあり視認性の高い1・2・3などの「アラビア数字」と、クラシカルなフォルムでデザイン性の高いⅠ・Ⅱ・Ⅲなどの「ローマ数字」です。視認性が高いのはアラビア数字ですが、ローマ数字はデザイン性が高いので、好みや利用シーンに合わせて選びましょう。

また、文字盤の色も要チェック。懐中時計は視認性の高さを大切にするデザインが多く、文字盤の多くは白・黒のどちらかを採用しています。白は清潔感があり、フォーマルにも適している万能タイプ。黒はクールな印象を与えるので、文字盤の色に着目するのもおすすめです。

駆動方式で選ぶ

クォーツ式

By: grand-seiko.com

クォーツ式とは、腕時計や壁掛け時計でも採用されている、電池で動く駆動方式のこと。メンテナンスが不要で、懐中時計の電池が切れるまでしっかり時を刻み、時間のずれも少ない正確さが特徴です。

多くの懐中時計がクォーツ式を採用しているため、好きなデザインを選びやすいこともポイント。電池交換は必要ですが、一般的には3年程度、なかには10年も電池交換が不要なモノもあります。電池交換は細かい作業で専門道具も必要なので、専門家である時計屋に依頼するのがおすすめです。

機械式

By: orient-watch.jp

機械式とは、時計の歯車の仕組みで動く電池不要の駆動方式のこと。腕時計には腕の動きに合わせて自動でゼンマイが巻ける「自動巻き」がありますが、腕に着用しない懐中時計の機械式は、ほとんどがゼンマイを手で巻く「手巻き式」です。

放っておくと針が止まってしまうため、1~2日間隔で決まった時間にゼンマイを巻く必要があります。巻き忘れると時間のずれが出てしまうので、まめなメンテナンスが必要です。

しかし、機械式はクォーツと違い非常に寿命が長いので、しっかりとメンテナンスをすることで、数年、数十年は長持ちします。

ケースで選ぶ

懐中時計を守るケースは、主に3種類あります。「オープンフェイス」はフタがなく、すぐに時刻を確認できる実用性の高いタイプ。文字盤を覆うガラスは分厚くて丈夫なモノが多いので、日常生活で割れにくいのも魅力です。

フタが付いているのが「ハンターケース」。ハンティングでは硬い岩や木にぶつける可能性があり、ハンター用に作られたことから名付けられています。ハンターケースはスタイリッシュでデザイン性に優れているのが特徴です。ただしフタがある分、オープンフェイスのガラスに比べガラスの強度が下がります。

また、機械式の懐中時計に多いのが「スケルトンケース」。歯車が動く様子が見えるので、メカニカルな美しい懐中時計を求める方におすすめです。

デザインで選ぶ

懐中時計にはさまざまな種類があるので、好きなデザインをしっかり見極めることが大切です。レトロなアンティーク調のデザインが好きなら、ハンターケースに精巧なデザインが施されたモノが適しています。ビジネスシーンで使用するなら、視認性の高いオープンフェイスでシンプルなデザインがおすすめです。

ほかにもゴシック調やメカニカル、物語の世界観をたっぷり取り入れたモノなど種類も豊富。デザインの幅が広く、自由度が高いのも懐中時計の魅力です。

サイズで選ぶ

懐中時計のサイズは大きく分けて5つあります。女性に人気のある「0サイズ」は、30~35mmで「ボーイズ」と呼ばれる、メンズとレディースの中間にあたるサイズです。「6サイズ」は40~45mmで、メンズの腕時計と同程度です。

「12サイズ」は、45~50mm懐中時計のメインサイズで、初めての懐中時計におすすめ。「16サイズ」は55mm前後とやや大きいものの、その分細かい装飾がたくさん施されており、芸術性が高いモデルが多いのが特徴です。

「18サイズ」は60mm前後と大きく、重さも120gとスマートフォンくらいあるので、持ち歩くには不向き。部屋やデスク、車にインテリアとして置くのがおすすめです。

懐中時計のおすすめモデル

セイコー(SEIKO) 懐中時計 SAPP007

クォーツウォッチを世界で初めて製品化したことで知られる日本ブランド「セイコー」の懐中時計。ケースとチェーンのカラーリングをシルバーで統一し、スタイリッシュな雰囲気を演出しています。

ホワイトダイヤルにアラビアインデックスをあしらったベーシックなデザインにより、さまざまなコーディネートで使いやすいのがポイント。ビジネスシーンで活躍する懐中時計を探している方におすすめします。

セイコー(SEIKO) 懐中時計 SAPQ008

ゴールドのケースやチェーンを採用した、ラグジュアリーな雰囲気の懐中時計。ホワイトの文字盤にローマンインデックスをあしらい、優美なデザインに仕上げています。

ケースには風防の破損を防ぐフタが付属。表側のフタ部分をマットに、裏側を鏡面に仕上げるなど、細かなディテールにもこだわっているのが魅力です。精度の高いクォーツムーブメントを搭載しており、時計としての実用性に優れています。

アルバ(ALBA) 懐中時計 AQGK447

リーズナブルな価格設定で人気を博す、セイコーのサブブランド「アルバ」の懐中時計。文字盤はアラビアインデックスを採用したベーシックなデザインで、視認性に優れています。

6時位置にはさりげなく日付表示を配置。チェーンの先端にはフックが付属しており、ポケットに忍ばせるのはもちろん、カバンやウェアに取り付けるなどさまざまな使い方が可能です。

アルバ(ALBA) 懐中時計 AQGK449

ゴールドのケースやチェーンが目を引く、高級感のある懐中時計。優美なフォントのインデックス、月をモチーフにした秒針を採用するなど、装飾性の高さが魅力です。

チェーンにはポケットなどに引っ掛けることで時計の紛失を防げるフックが付属。コーディネートにアクセントをプラスできる、おしゃれな懐中時計を探している方におすすめです。

オリエント(ORIENT) 懐中時計 WV0031DD

高品質なアイテムを手頃な価格で展開する日本ブランド「オリエント」の懐中時計。ホワイトダイヤルにローマンインデックスを組み合わせて、クラシカルなデザインに仕上げています。

使い勝手のよい自動巻きムーブメントを搭載。駆動時間は9時位置のパワーリザーブインジケーターから確認できます。スーツスタイルなど、きっちりとしたファッションと相性のよい懐中時計です。

シチズン(CITIZEN) 懐中時計 Q&Q QA70

機能性とデザインを兼ね備えた製品で支持を集める日本ブランド「シチズン」の懐中時計。軽やかな印象のホワイトダイヤルを採用しており、オンオフを問わずさまざまなスタイリングに合わせやすいアイテムです。

文字盤のバリエーションはバーインデックスとアラビアインデックスの2種類。チェーンの先にはフックが付いているため、ウェアに引っ掛けて持ち運べます。

シチズン(CITIZEN) 懐中時計 レグノ KL7-922-31

目盛りの外側にアラビア数字をあしらった、独特なデザインの文字盤が目を引く懐中時計。ケースやチェーンはゴールドで統一することで、華やかな雰囲気を演出しています。

3時位置には日付表示を配置。光を動力源とするシステムを搭載しており、電池交換は不要です。電波を受信して時刻を自動修正できるため、使い勝手に優れています。

アルカフトゥーラ(ARCA FUTURA) 懐中時計 5441CPSK

ハイクオリティなスケルトンウォッチに定評のある「アルカフトゥーラ」の懐中時計。シルバーのケースにホワイトダイヤルを合わせて、スタイリッシュなデザインに仕上げています。

手巻きタイプの機械式ムーブメントを搭載。文字盤の一部から中の動きが見えるスケルトン仕様で、機械の美しさを堪能したい方におすすめです。シースルーバックとなったケースの裏面には、ブランドネームが刻み込まれています。

ラポート(Rapport) 懐中時計 デミハンター ムーンフェイズ PW81

時計用のスタンドで有名なイギリスブランド「ラポート」の懐中時計。付属のフタを閉めたままでも時刻を確認できる仕様で、使い勝手に優れています。

ホワイトの文字盤には月の満ち欠けを表示するムーンフェイズをあしらい、クラシカルな雰囲気を演出。個性的ながらも派手すぎないセンスのよさが魅力の懐中時計です。

ハッフマン(HABMANN) 懐中時計 Ref.31913CROH

ジュエリー産業が盛んなことで知られるドイツ西南部のフォルツハイムで設立された「ハッフマン」の懐中時計。表裏の両面にフタが付いたケースには精緻な装飾が施されており、美しい仕上がりが目を引きます。

アンティークテイストのデザインを好む方におすすめ。ダイヤルは中央部がスケルトン仕様となっているため、内蔵された手巻きムーブメントの動きを目で見て楽しめます。

ティソ(TISSOT) 懐中時計 サボネット T862.410.29.013.00

スポーツのオフィシャルタイムキーパーとして有名なスイスブランド「ティソ」の懐中時計。フタ付きのケースをシルバーとゴールドのコンビカラーで仕上げており、気品のあるデザインが目を引きます。

すっきりとしたフォントのローマンインデックスを採用。文字盤の6時位置には日付表示を配しています。きれいめのファッションに合わせやすい懐中時計を探している方におすすめです。

ティソ(TISSOT) 懐中時計 ブリッジポート レピーヌ T860.405.29.032.01

パフュームボトルにインスパイアされたチューリップ型のリューズが印象的な懐中時計です。ギョーシェ彫りによる凹凸が目を引く文字盤は、ラグジュアリーな雰囲気が魅力。ホワイトダイヤルにディープブルーの時分針が映えています。

突然の雨などで水滴が付着してしまった場合にも安心な3気圧防水に対応しているのもポイント。クラシカルなスタイルを好む方におすすめの懐中時計です。

エポス(EPOS) 懐中時計 2003SKBK

良心的な価格設定の機械式時計で人気を博すスイスブランド「エポス」の懐中時計。全面がスケルトン仕様となった大胆なデザインが特徴で、内蔵された手巻きムーブメントの動きを目で見て楽しめます。

ダイヤルの外周部、6時位置のスモールセコンド、ムーブメントのカラーリングをブラックで統一し、モダンな雰囲気を演出。指針には蛍光塗料が塗布されているため、暗い場所での視認性に優れています。

ロイヤルロンドン(ROYAL LONDON) 懐中時計 90014-01

クラシカルなスタイルで人気を博すイギリスブランド「ロイヤルロンドン」の懐中時計。すっきりとしたホワイトダイヤルにアラビアインデックスをあしらっており、視認性に優れています。

ビジネスシーンでも使いやすいシンプルなオープンケースを採用。ベーシックなデザインでクセがないため、プレゼントにもおすすめのアイテムです。

ロイヤルロンドン(ROYAL LONDON) 懐中時計 90051-03

ケースやチェーンのカラーリングをローズゴールドで統一した、クラシカルな佇まいの懐中時計。表裏の両面が開くダブルハンタータイプで、フタに入ったボーダーラインが目を引きます。

6時位置の小窓から、内蔵された手巻き式ムーブメントの一部が見えるオープンハート仕様。文字盤の中央部には波模様をあしらい、優美なデザインに仕上げています。

モントレス(MONTRES) 懐中時計 MS-923-WR

さまざまなスタイルの時計をリーズナブルな価格で展開するブランド「モントレス」の懐中時計。文字盤を覆うフタ付きのハンターケースを採用しています。

ホワイトダイヤルに日付・曜日・ムーンフェイズを表示する3つのインダイヤルをバランスよく配置。ほどよくレトロなセンスのよいデザインが特徴で、きれいめのコーディネートと好相性です。

グランドール(GRANDEUR) 懐中時計 olt001

高精度な日本製のムーブメントを採用するなど、機能性にこだわったアイテム作りが魅力のブランド「グランドール」の懐中時計。ブラックダイヤルにホワイトのアラビアインデックスをあしらっており、視認性に優れています。

3つのインダイヤルを備えたクロノグラフ仕様で、ストップウォッチとしても利用可能。幅広いファッションに馴染む、汎用性の高い懐中時計です。

スポール(SPQR) 懐中時計 ポケットクロノ

流行に左右されることなく長く使用できる、上質な時計を作り続ける日本ブランド「スポール」の懐中時計。くっきりとしたバーインデックスがあしらわれた文字盤は夜光仕様で、暗い場所でも時刻を読み取りやすいのが魅力です。

3つのインダイヤルや赤い秒針がデザインのアクセント。ストラップの素材にはさまざまなファッションに合わせやすいレザーのほか、和装と相性のよい正絹が用意されています。