時計のなかでもレトロかつスタイリッシュな「懐中時計」。デザイン性が高くおしゃれなアイテムが多いので、ほかの人とは違うモノを身に着けて、ファッションにこだわりたい方におすすめです。

そこで今回は、懐中時計のおすすめ製品をピックアップ。選び方もご紹介するので、自分好みのアイテムを見つけてみてください。

懐中時計とは?

懐中時計は英語で“pocket watch”と呼ばれており、その名の通りポケットに入れて使用する時計を指します。懐中時計の歴史は非常に古く、17世紀には使用されていたという記録が残されています。当時は時計を作れる技師が少なく、非常に高級でステータスがありました。

その後、時計技術の発達により、時代とともに実用性や正確さを重視した懐中時計が販売されるようになります。現代ではあまり馴染みのない懐中時計ですが、そのデザイン性の高さやレトロな雰囲気で、今でも多くのファンを魅了し続けています。

懐中時計の選び方

文字盤で選ぶ

懐中時計の文字盤の数字は大きくわけて2つあります。馴染みがあり視認性の高い1・2・3などの「アラビア数字」と、クラシカルなフォルムでデザイン性の高いⅠ・Ⅱ・Ⅲなどの「ローマ数字」です。視認性が高いのはアラビア数字ですが、ローマ数字はデザイン性が高いので、好みや利用シーンに合わせて選ぶのがおすすめ。

また、文字盤の色でも与える印象は変わってきます。懐中時計は視認性の高さを大切にするデザインが多く、文字盤の多くは白・黒のどちらかを採用。白は清潔感があり、フォーマルにも適している万能タイプで、黒はクールな印象を与えるので、文字盤の色にも着目して選びましょう。

駆動方式で選ぶ

クォーツ式

By: grand-seiko.com

クォーツ式とは、腕時計や壁掛け時計でも採用されている、電池で動く駆動方式のこと。メンテナンスが不要で、懐中時計の電池が切れるまでしっかり時を刻み、時間のずれも少ない正確さが特徴です。

多くの懐中時計がクォーツ式を採用しているため、好きなデザインを選びやすいこともポイント。ただし電池交換は必要です。一般的には3年程度、なかには10年も電池交換が不要なモノもあります。

電池交換は細かい作業で専門道具も必要なので、専門家である時計屋に依頼するのがおすすめです。

機械式

By: orient-watch.jp

機械式とは、時計の歯車の仕組みで動く電池不要の駆動方式のこと。腕時計には腕の動きに合わせて自動でゼンマイが巻ける「自動巻き」がありますが、腕に着用しない懐中時計の機械式は、ほとんどがゼンマイを手で巻く「手巻き式」です。

放っておくと針が止まってしまうため、1~2日間隔で決まった時間にゼンマイを巻く必要があります。巻き忘れると時間のずれが出てしまうため、まめなメンテナンスが必要です。

しかし機械式はクォーツと違い非常に寿命が長く、しっかりとメンテナンスをすることで、数年、数十年は長持ちするのが魅力です。

ケースで選ぶ

懐中時計を守るケースは、主に3種類あります。「オープンフェイス」はフタがなく、すぐに時刻を確認できる実用性の高いタイプです。文字盤を覆うガラスは分厚くて丈夫なモノが多いので、日常作業で割れることはほとんどありません。

フタが付いているのが「ハンターケース」です。ハンティングでは硬い岩や木にぶつける可能性があり、ハンター用に作られたことから名付けられています。ハンターケースはスタイリッシュでデザイン性に優れているのが特徴です。ただしフタがある分、オープンフェイスのガラスに比べガラスの強度が下がります。

機械式の懐中時計に多いのが「スケルトンケース」。歯車が動く様子が見えるので、メカニカルな美しい懐中時計を求める方におすすめです。

デザインで選ぶ

懐中時計にはさまざまな種類があるので、好きなデザインをしっかり見極めることが大切です。レトロなアンティーク調のデザインが好きなら、ハンターケースに精巧なデザインが施されたモノが適しています。ビジネスシーンで使用するなら、視認性の高いオープンフェイスでシンプルなデザインがおすすめです。

ほかにもゴシック調やメカニカル、物語の世界観をたっぷり取り入れたモノなど種類も豊富。デザインの幅が広く、自由度が高いのも懐中時計の魅力です。

サイズで選ぶ

懐中時計のサイズは大きく分けて5つあります。女性に人気のある「0サイズ」は、30~35mmで「ボーイズ」と呼ばれる、メンズとレディースの腕時計の中間くらいのサイズです。「6サイズ」は40~45mmで、メンズの腕時計と同程度です。

「12サイズ」は、45~50mm懐中時計のメインサイズで、迷ったらこのサイズがおすすめ。「16サイズ」は55mm前後とやや大きいものの、その分細かい装飾がたくさん施されてあり、芸術性が高いモデルが多いのが特徴です。

「18サイズ」は60mm前後とかなり大きく、重さも120gとスマートフォンくらいあるので持ち歩くには不向き。部屋やデスク、車にインテリアとして置くのがおすすめです。

懐中時計のおすすめモデル

リトルマジック(Little Magic) アンティーク 懐中時計

リトルマジック(Little Magic) アンティーク 懐中時計

ローマ数字を文字盤に採用した、クラシカルな雰囲気の懐中時計。シンプルながら光沢感のある数字のデザインで、高級感溢れる雰囲気が魅力的です。軽すぎず、手にとった時にしっくりくる重さになるように設計して作られています。

時間の正確さに定評のある日本製クォーツ式を採用。本体にくぼみが付いているので、自分で簡単に電池交換ができるのもポイントです。

懐中時計・革ひも・ネックレスチェーン・ベルトチェーン・収納ポーチ・ギフトBOXなどがセットになった、お得感の高いアイテム。高級感あるギフトボックスも付いており、プレゼントにもおすすめの懐中時計です。

ザイガー(Zeiger) 懐中時計 W487

ザイガー(Zeiger) 懐中時計 W487

ブラックの本体に、ブルーとゴールドのデザインが映えるスタイリッシュな懐中時計。ハンターケースとスケルトンケースの両方を採用しているため、使い勝手に優れたアイテムです。手巻きタイプで、ゼンマイを巻くアナログ感を楽しみたい方におすすめ。

リーズナブルな価格も魅力なので、機械式で安価な懐中時計を探している方はぜひチェックしてみてください。カラーはブラックのほかに、スタイリッシュなシルバー、ラグジュアリーなゴールドもラインナップされています。

シチズン(CITIZEN) ポケットウォッチ REGUNO KL7-949-51

シチズン(CITIZEN) ポケットウォッチ REGUNO KL7-949-51

時計のトップブランドであるシチズンのソーラー電波時計タイプの懐中時計です。ケース・文字盤・アラビア数字に至るまでオールブラックのスタイリッシュなデザインが特徴で、ビジネスシーンにもおすすめのアイテムです。

太陽光や室内の光を蓄え作動するので、面倒な時計合わせや電池交換が必要ありません。余った電池は二次電池に蓄えることができる優れもので、一度フル充電すれば長時間稼働します。また、防水機能を装備しているのも嬉しいポイント。

値段は少々高めですが、長く使える懐中時計を探している方におすすめのアイテムです。

シチズン(CITIZEN) Q&Q 懐中時計QA72-204

シチズン(CITIZEN) Q&Q 懐中時計QA72-204

シンプルな文字デザインとオープンフェイスを採用し、すぐに時間がわかるクォーツ式の懐中時計。34mmの小ぶりサイズに、フックチェーンが付いている実用性に優れたアイテムです。

日常生活防水機能を装備しているので、多少濡れても時計が壊れる心配がありません。気軽に購入できる価格帯なので、はじめての懐中時計におすすめです。

J-アクシス(J-AXIS) カラビナ付き懐中時計 SCP37

J-アクシス(J-AXIS) カラビナ付き懐中時計 SCP37

カラビナがついており、携帯性に優れた懐中時計。シンプルなデザインとスケルトンケースで、視認性に優れているのも魅力です。時計の部分は縦置きすることもでき、デスクの上で置時計として使えるのもポイント。

カラーは、ブルー・ブラック・ピンク・オレンジなど、全6色をラインナップしています。カラビナの部分がフックになっていたり、チェーンになっていたりするタイプもあるので、自分の好きなモノをチョイスしてみてください。

ウォルフティース(WOLFTEETH) 手巻き 懐中時計 チェーン付き 3047

ウォルフティース(WOLFTEETH) 手巻き 懐中時計 チェーン付き 3047

凝ったデザインのスケルトンケースが目を引く、手巻き式の懐中時計。光沢のあるブラックの本体と、ブルーのローマ数字が高級感のあるアイテムです。ぜんまいを巻いて、スケルトンから機械の動きを見て楽しめるのも魅力。

厚みは15mmとしっかりとした作りになっており、手に馴染みます。取り外し可能なチェーン付きで、懐中時計の雰囲気を楽しみたい方のエントリーモデルとしてもおすすめです。

一葉商会 復刻鉄道時計

一葉商会 復刻鉄道時計

列車の運転席で使われていた時計の復刻版。あえてチェーンではなく、黒い紐を使用していたり、文字盤とハンターケースに「日本國有鐵道」とデザインされていたり、レトロ感満載の懐中時計です。

レトロなデザインにも関わらず、日常生活防水機能がついているのも嬉しいポイント。人とは違ったモノが好きで、ファッションにこだわりのある方におすすめのアイテムです。

ベスト メカニカル(BesTn Mechanical) アンティーク懐中時計

ベスト メカニカル(BesTn Mechanical) アンティーク懐中時計

緑がかったブルーの文字盤に、ゴールドと白い針のコントラストが美しい手巻き式の懐中時計。スケルトンケースから見えるパーツの動きが、アンティークな雰囲気を醸し出しています。

サイズは直径約45mm、厚さ約15mmと、使い勝手のよい大きさ。機械仕掛けが見える懐中時計らしいデザインは、エントリーモデルとしてもおすすめです。

TREEWETO 木製 機械式懐中時計

TREEWETO 木製 機械式懐中時計

木製のフレームがおしゃれな懐中時計。ブラックの文字盤にゴールドのローマ数字が映える、上品なデザインが魅力です。

カラーは落ち着いたブラウンと、スタイリッシュなブラックをラインナップ。高級感あふれるギフトボックス付きなので、おしゃれな方へのプレゼントにもおすすめです。

リトルマジック(Little Magic) 3気圧防水 懐中時計

リトルマジック(Little Magic)  3気圧防水 懐中時計

ナースウォッチも、懐中時計のうちのひとつ。医療現場で使われているほど、正確で実用性に優れたアイテムです。信頼性の高い日本製クォーツ式を採用しているほか、自分で電池交換できるのも嬉しいポイント。

伸縮できるリールチェーンとクリップチェーン、キーホルダーチェーンの3種類が付属しているので、利用シーンに合った使い方ができます。また、直径30mm、わずか17gの軽さで、どこにつけても邪魔にならないサイズ感が魅力です。

逆さ文字盤で、取り出せばすぐに時間が確認できるのもポイント。非常にシンプルなデザインなので、プライベートからオフィスシーンまで違和感なく使えます。

モンディーン(MONDAINE) 懐中時計

モンディーン(MONDAINE) 懐中時計

スイス国鉄のオフィシャル鉄道時計を製造しているモンディーン。スイスに行けば、あらゆる駅で同社の時計が使われています。

シンプルな文字盤に、赤い秒針が目を引くデザイン。文字盤には同社のロゴがワンポイントで刻印されており、スタイリッシュな雰囲気のアイテムです。おしゃれなポーチもついてくるのも嬉しいポイント。値段は高めですが、愛着が持てて、一生使える懐中時計を探している方におすすめです。

DFsucces 懐中時計

DFsucces 懐中時計

非常にリーズナブルな価格で購入できる懐中時計。チェーンがついているので使い勝手がよいうえ、ハンターケースなので安心感もあります。

シンプルなデザインは、シーンや年齢を選ばず利用可能。とりあえず懐中時計が欲しいという方にすすめのアイテムです。

クロノシア(Cronoshea) 手巻き式懐中時計

クロノシア(Cronoshea) 手巻き式懐中時計

ヴィンテージな雰囲気の懐中時計。傷がついても、その傷を味に変えてしまうような個性のあるデザインが魅力です。

文字盤から機械の動きが見える人気の高いデザイン。 直径43mm、厚さ10mmのオーソドックスなサイズ感なので、はじめての懐中時計におすすめです。カラーは、ブロンズ・ゴールド・シルバー・ブラックの4色をラインナップしています。

クローネン&ゾーネ(Kronen & Söhne) ハーフハンター 手巻き式懐中時計

クローネン&ゾーネ(Kronen & Söhne) ハーフハンター 手巻き式懐中時計

1992年にドイツで設立された時計ブランド。職人により丁寧に作りこまれた懐中時計は、デザイン性の高さが特徴です。フタを閉めれば、無駄をそぎ落としたシンプルデザインで洗練された雰囲気を演出。また、スケルトンなので、機械の動きを見ながら、懐中時計の魅力を存分に楽しめるアイテムです。

カラーはシルバー・ホワイト・ゴールド・ブラックの4色をラインナップ。好みのモデルをチョイスしてみてください。