テントの下に敷くことで底冷えをガードしたり、地面の凹凸をやわらげたりと、テント内の空間を快適に保つ「グランドシート」。軽量・コンパクトで登山におすすめのタイプや、多機能でタープとして使用できるタイプなど、種類も豊富です。

そこで今回は、グランドシートの必要性や選び方と、おすすめのアイテムをご紹介します。これからキャンプデビューする方はもちろん、テントで過ごす時間が多い方はぜひチェックしてみてください。

グランドシートとは?

By: amazon.co.jp

グランドシートとは、テントと地面の間に敷くシートのことで、「アンダーシート」や「フットプリント」とも呼ばれています。ブルーシートやレジャーシートでも代用できますが、グランドシートは厚みがあり、耐久性・防水性に優れているのが魅力。

グランドシートはテントを保護し、テント内の環境を快適にするキャンプに欠かせないアイテムです。

グランドシートが必要な理由

By: fieldoor.com

グランドシートを敷くことで地面とテントが直に触れないため、テントの底に傷が付くのを防げます。また、地面の凹凸が気になりにくい点もメリットです。

さらに、雨が降った後などにテントを設営する場合、インナーマットやシュラフが濡れてしまったり、浸水したりする恐れがあります。しかし、グランドシートを使用することで、浸水や地面からの湿気を遮断可能。テントの裏が汚れにくいので、撤収時の手間を省けるのもポイントです。

サイトに広げれば荷物置き場としても使え、楽に設営・撤収作業を進められます。グランドシートに荷物を置くことで、どこに何があるかがわかりやすいので作業の効率もアップ。レジャーシートの代わりとしても使えるため、ピクニックなどでも重宝します。1枚で幅広い用途に使える汎用性の高さがグランドシートの魅力です。

グランドシートの選び方

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

グランドシートは、テントよりひと回り小さいサイズを選びましょう。グランドシートがテントより大きいと雨水がたまってしまいます。折りたたむことでサイズダウンもできますが、たたみ過ぎると床に凹凸ができてしまうので注意。テントボトムより10cm前後小さいグランドシートがおすすめです。

防水性能で選ぶ

By: dod.camp

雨が降ってもテントの裏から水を染み込ませないためには、防水性能の高いグランドシートを選ぶことが大切。どのくらいの水圧に耐えられる防水性を備えているのかを数値にした「耐水圧」が明記されており、数値が高いモノほど防水性能も高くなります。

通常のキャンプで使用するグランドシートは、耐水圧が1500mm以上であれば十分といわれています。雨が降りやすい地域や高い山などで使用する場合は、耐水圧2000mm以上のモノを持参すると安心です。

テントとメーカーを揃えるのがおすすめ

By: fieldoor.com

テントのサイズや形はさまざま。テントに合わせたグランドシートを探すのは意外と大変です。同メーカーのモノならサイズや形がぴったり合いやすく、安心して使えます。また、カラーなどのデザインも統一されていることが多いため、デザインにこだわりたい方にもおすすめです。

グランドシートのおすすめメーカー

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

1901年にアメリカで創業されたコールマン。日本にアウトドアを広めたパイオニアであり、アウトドアブランドといえばコールマンといわれるほど知名度の高いブランドです。

高い技術力によって、機能的なアイテムを数多く展開。家具としても使用できる高いデザイン性や、豊富なラインナップを有し、多くのアウトドアファンから愛されています。

モンベル(mont-bell)

By: amazon.co.jp

1975年に辰野勇氏が真崎文明氏、増尾幸子氏らとともに設立したモンベル。“Function is Beauty(機能美)”と“Light & Fast(軽量と迅速)”を理念にかかげ、使いやすさを追求したアウトドアギアを多く作り出しています。

国内にとどまらず、アメリカやスイスなど世界7カ国に拠点を置いており、グローバルに事業を展開。素材にこだわったギアの数々は機能性に富み、多くのユーザーから高く評価されています。

ディーオーディー(DOD)

ディーオーディーは1997年に大阪で創業したビーズ株式会社のアウトドアブランド。製品にはブランドロゴとともにウサギの絵がデザインされており、おしゃれでかわいらしいのが特徴です。テントもファニチャーも落ち着いたアースカラーのモノが多く人気があります。

ディーオーディーでは同ブランドから販売されているテントに合う、さまざまなグランドシートをラインナップ。どの製品も厚手でしなやかなポリエステル生地を採用しているので、設営時にカサカサ音が気になりにくいのがポイントです。ほとんどの製品が耐水圧5000mmのため、防水性能が高く安心して使用できます。

グランドシートのおすすめモデル

コールマン(Coleman) マルチグランドシート 210W 2000038134

コールマンで人気のツーリングドームST・ツーリングドームLXに対応したグランドシート。使用サイズは約190×160cmで、横幅210cmのテントに適しています。ショックコードが6ヵ所に付属。テントの大きさに合わせて、サイズを調節できるのがおすすめのポイントです。

シートの素材に75Dポリエステルタフタを採用しており、重量約320gと軽く携行性に優れているのもメリット。耐水圧約2000mmの防水性能を備えているため、突然雨に降られても安心です。

モンベル(mont-bell) クロノスドーム1型用 グラウンドシート 1122493

モンベルの一人用テント「クロノスドーム1型」に対応したグランドシートです。シートの素材に軽量で丈夫な70Dナイロンタフタを採用。本体重量200gと軽く携行性に優れているため、登山や縦走など長時間歩くアウトドアにもおすすめです。

生地にウレタンコーティングを施しているのもポイント。耐水圧7000mmと高い防水性能を備えているため、強い雨に降られても快適に過ごせます。使用サイズは約92×212cmですが、収納時は約4×11×18cmとコンパクトにまとめて収納可能。かさばりにくいので、荷物が多いアウトドアで重宝します。

ディーオーディー(DOD) ワンポールテントM用グランドシート GS5-562-GY

ディーオーディーの5人用ワンポールテントに合わせて設計されたグランドシート。使用サイズ約幅315×奥行270cmの六角形で、広々としているのが特徴です。各頂点にショックコードが付いており、ペグに引っ掛けるだけで簡単に設置できるのが魅力。迷うことなく設置できるので、キャンプ初心者にもおすすめです。

シートの素材にしなやかな210Dポリエステルを採用。PUコーティングによる耐水圧5000mmの高い防水性能を備えているため、天候を気にせずキャンプが楽しめます。

キャリーバッグが付属しており、約幅35×奥行13×高さ9cmとコンパクトに収納できるのもメリット。シートとテントを分けて保管でき、テントが汚れにくいのもポイントです。厚手の生地ながら総重量約1kgと比較的軽いので、容易に持ち運べます。

ディーオーディー(DOD) グランドシート 2人用 GS2-564-GY

ディーオーディーの2人用テントに合わせて設計されたグランドシートです。使用サイズは約幅190×奥行120cmで、四隅にショックコードが付属。ペグに引っ掛けるだけと設置が簡単で、初めての方でも扱いやすいのが魅力です。

付属のキャリーバッグを利用すれば、約幅41×奥行15×高さ6cmとコンパクトに収納可能。加えて、総重量約350gと軽くかさばりにくいので、携行性も良好です。

シートの素材にPUコーティングを施した210Dポリエステルを採用。耐水圧5000mmの優れた防水性能を備えているため、急な雨にも対応できます。厚手でしっかりとした生地ながら、リーズナブルな価格で手に取りやすいので、コスパ重視の方にもおすすめです。

オガワ(ogawa) PVCマルチシート 1405

オガワの5人用ドームテント「ピスタ5」と「リサーヒア3」に対応したグランドシート。使用サイズ260×260cmのスクエア型で、床サイズ270×270cmのテントに適しています。四隅にショックコードとプラフックが付属。ハトメ加工が施されているため、強度も良好です。

シートに耐水圧10000mm以上の高い防水性能を備えたPVC素材を採用。強い雨に降られても浸水しにくく、快適に過ごせます。生地にしっかりとした厚みがあり、地面の凹凸が気になりにくいのもおすすめのポイントです。

約3.4kgと重量がありますが、広げた際に風で飛ばされにくく設置しやすいのがメリット。収納袋が付いており、コンパクトにまとめられるので、場所を取らずに保管できます。

スノーピーク(snow peak) ミニッツドーム Pro.air 1 グランドシート SSD-712-1

スノーピークのソロテント「ミニットドームPro.air1」専用のグランドシートです。使用サイズ210×120cmの長方形で、たたみやすいのがメリット。付属の収納ケースを利用すれば、13×31cmとコンパクトにまとめられます。重量220gと軽いので、出し入れしやすく持ち運びも容易です。

シートの素材に、ナイロン繊維を格子状に縫い込んだ「30Dナイロンリップストップ」生地を採用。引き裂き強度が高く、摩耗に強いのがおすすめのポイントです。PUコーティングが施されており、生地全面が耐水圧1500mmミニマムと防水性に優れているのも特徴。急な雨に降られても安心です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) テントグランドシート220 UA-4523

キャプテンスタッグのCSツールームドームUVとCSクイックドーム220UVに対応したグランドシート。使用サイズ約210×210cmのスクエア型で、床サイズ220×220cmのテントに適しています。収納バッグが付属しているのが魅力。シートが汚れても、テントと分けて保管できるのがメリットです。

シートの素材に防水性に優れたポリエチレンを採用しており、水が侵入しにくいのもポイント。安い価格ながら丈夫なので、できるだけ費用を抑えたい方にもおすすめです。サイズのバリエーションも豊富に展開しています。

ロゴス(LOGOS) オックス防水グランドシート M 71207002

レジャーシートとしても活用できるグランドシートです。使用サイズ約幅190×奥行190cmのスクエア型。四隅にグロメットが付いており、ペグを打ち込んで地面に固定できるのが特徴です。

付属の収納袋を利用すれば、約幅30×奥行6×高さ32cmとコンパクトにまとめることが可能。加えて、重量約1.5kgと軽く携行しやすいので、ソロキャンプやツーリングキャンプなどにもおすすめです。

シートの素材にポリエステルを採用し、裏面にPVCコーティングを施しているのもポイント。テントを汚れや傷から守るだけでなく、地面からの浸水や湿気の予防にも役立ちます。

テンマクデザイン(tent-Mark DESIGNS) ヤリ3×3用グランドシート

テンマクデザインのワンポールテント「ヤリ3×3」に対応したグランドシート。使用サイズ約255×255cmのスクエア型です。

シートの素材には、ポリエステルオックス210Dを採用しており、引き裂き強度が高く耐久性に優れているのが特徴。PUコーティングによる、耐水圧1500mmの防水性能を備えているのもポイントです。

収納袋が付属しており、約40×21×3cmとコンパクトに収納可能。重量わずか約0.93kgと軽く持ち運びしやすいので、ピクニックやハイキングなど気軽なアウトドアにもおすすめです。

フィールドア(FIELDOOR) テント用グランドシート

フィールドアのワンポールテント500に対応した八角形のグランドシートです。約435×435cmの大判サイズながら、重量約1.4kgと軽く、約23×35cmとコンパクトにまとめられるのが特徴。省スペースに保管でき、かさばりにくく携行しやすいのがおすすめのポイントです。

シートの素材に引き裂き強度が高く、耐摩耗性に優れた210Dポリエステルのリップストップ生地を採用。PUコーティングが施されているため、地面からの湿気や浸水をしっかり予防します。各頂点のベルトループをペグに引っ掛けるだけなので、設置も簡単です。

バンドック(BUNDOK) グランドシート BD-529

ワンポールテントにおすすめのグランドシートです。シートの中央部にポールを通す穴を備えているのが特徴。面ファスターで閉じられるので、ドームテントやパップテントなどでも活用できます。耐水圧約5000mmの優れた防水性能を備えているのもポイントです。

使用サイズ約190×190cmのスクエア型。同社のソロベースやソロティピーなど幅広く対応しているほか、ほかのテントでも使いやすいのが魅力です。重量わずか約470gと軽いうえ、約23×35cmとコンパクトに収納可能。できるだけ荷物を減らしたいソロキャンプやツーリングキャンプにも重宝します。

ギアトップ(GeerTop) テントシート L

幅広い用途で活躍するマルチなグランドシートです。素材に破れにくく耐摩耗性に優れた20D格子柄ナイロンを採用。両面にシリコン処理が施されており、耐水圧8000mm相当と防水性能に優れているのが特徴です。

四隅にはベルトループに加え、頑丈で錆びにくいハトメが付属。グランドシートとしてはもちろん、タープやサンシェードとしてなど、シーンに応じて多様に使えるのもおすすめのポイントです。

本製品は130×210cmですが、テントの大きさに合わせて5サイズを展開。重量わずか190gと軽く、コンパクトに収納できるため、携行性も良好です。

モダンデコ(MODERN DECO) AND・DECO グランドシート zgs01-30

人気の家具ブランドのモダンデコが販売している、おすすめのグランドシート。四隅にペグ穴と面ファスナーが付いており、テントにしっかりと固定できるのが特徴です。小物類の収納に便利なメッシュポケットも付属。中身を入れることで風対策にも役立ちます。

使用サイズ約300×300cmの大きめサイズですが、未使用時は約80×14×14cmとスリムに収納可能。重量約1.5kgと軽いうえ、ストラップ付きで携行性も良好です。シートの素材にPEコーティングを施したポリエチレンを採用。耐水性に優れており、浸水しにくいのがメリットです。

ビジョンピークス(VISIONPEAKS) グランドシートライト2ルーム VP160303G01

手頃な価格ながらタフなグランドシート。引き裂き強度の高いポリエステルオックス生地を採用しており、耐久性に優れているのが特徴です。テント底面を汚れや傷から守るだけでなく、地面からの湿気や浸水対策にも役立ちます。

使用サイズは約上辺220×下辺300×縦210cmの台形で、四隅にゴム紐が付属。ペグに引っ掛けるだけなので、簡単に設置できます。収納や携帯に便利な専用ケースも付属。価格も耐久性も妥協したくない方におすすめのグランドシートです。

オレゴニアンキャンパー(Oregonian Camper) 防水グランドシート L OCA 501

シンプルながらおしゃれな印象を与えるグランドシートです。シートの素材にポリエステルを採用し、裏面にPVCコーティングを施しているのが特徴。防水性に優れており、地面から雨水が染み込みにくいのがポイントです。ブラウン・カーキなどのカラーを展開しています。

使用サイズ200×140cmの長方形で、四隅にハトメが付属。ペグを打ち込んで固定でき、風によってめくれにくいのもメリットです。汚れたら水洗いできるので、清潔に使い続けられます。手軽に使えるグランドシートを求めている方におすすめです。

グランドシートのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

グランドシートのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

ブルーシートでも代用可能?

By: amazon.co.jp

キャンプ用のグランドシートが用意できない場合、ホームセンターなどで購入できるブルーシートやレジャーシートをグランドシートとして代用できます。テントの下に何も敷かずに設営するとさまざまな問題が生じるので、できるだけ代わりとなるモノを敷くように心がけましょう。

ただし、ブルーシートやレジャーシートはレジャー用として作られたモノが多いため、耐水性・保温性・耐久性がグランドシートに比べて劣ることがあります。より快適に過ごしたい場合は、機能性に優れたグランドシートを選ぶのがおすすめです。