テントの下に敷くことで底冷えをガードしたり、地面の凹凸をやわらげたりと、テント内の空間を快適に保つ「グランドシート」。軽量・コンパクトで登山におすすめのタイプや、多機能でタープとして使用できるタイプなど、種類も豊富です。

そこで今回は、グランドシートの必要性や選び方と、おすすめのアイテムをご紹介します。これからキャンプデビューする方はもちろん、テントで過ごす時間が多い方はぜひチェックしてみてください。

グランドシートとは?

By: amazon.co.jp

グランドシートとは、テントと地面の間に敷くシートのことで、「アンダーシート」や「フットプリント」とも呼ばれています。ブルーシートやレジャーシートでも代用できますが、グランドシートは厚みがあり、耐久性・防水性に優れているのが魅力。

グランドシートはテントを保護し、テント内の環境を快適にするキャンプに欠かせないアイテムです。

グランドシートが必要な理由

By: fieldoor.com

グランドシートを敷くことで地面とテントが直に触れないため、テントの底に傷が付くのを防げます。また、地面の凹凸が気になりにくいというメリットも。

さらに、雨が降った後などにテントを設営する場合、インナーマットやシュラフが濡れてしまったり、浸水したりする恐れがあります。しかし、グランドシートを使用することで、浸水や地面からの湿気を遮断可能。テントの裏が汚れにくいので、撤収時の手間を省けるのもポイントです。

サイトに広げれば荷物置き場としても使え、楽に設営・撤収作業を進められます。グランドシートに荷物を置くことで、どこに何があるかがわかりやすいので作業の効率もアップ。レジャーシートの代わりとしても使えるため、ピクニックなどでも重宝します。1枚で幅広い用途に使える汎用性の高さがグランドシートの魅力です。

グランドシートの選び方

サイズで選ぶ

By: fieldoor.com

グランドシートは、テントよりひと回り小さいサイズを選びましょう。グランドシートがテントより大きいと雨水がたまってしまいます。折りたたむことでサイズダウンもできますが、たたみ過ぎると床に凹凸ができてしまうので注意。テントボトムより10cm前後小さいグランドシートがおすすめです。

防水性能で選ぶ

By: dod.camp

雨が降ってもテントの裏から水を染み込ませないためには、防水性能の高いグランドシートを選ぶことが大切。どのくらいの水圧に耐えられる防水性を備えているのかを数値にした「耐水圧」が明記されており、この数値が高いモノほど防水性能も高くなります。

通常のキャンプで使用するグランドシートは、耐水圧が1500mm以上であれば十分といわれています。雨が降りやすい地域や高い山などで使用する場合は、耐水圧2000mm以上のモノを持参すると安心です。

テントとメーカーを揃えるのがおすすめ

テントのサイズや形はさまざま。テントに合わせたグランドシートを探すのは意外と大変です。同メーカーのモノならサイズや形がぴったり合いやすく、安心して使えます。また、カラーなどのデザインも統一されていることが多いため、デザインにこだわりたい方にもおすすめです。

グランドシートのおすすめメーカー

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

アメリカで創業したコールマン。日本にアウトドアを広めたパイオニアであり、アウトドアブランドといえばコールマンといわれるほど知名度の高いブランドです。

高い技術力によって、機能的なアイテムを数多く展開。家具としても使用できる高いデザイン性や、豊富なラインナップを有し、多くのアウトドアファンから愛されています。

モンベル(mont-bell)

1975年に辰野勇氏が真崎文明氏、増尾幸子氏らとともに設立したモンベル。“Function is Beauty(機能美)”と“Light & Fast(軽量と迅速)”を理念にかかげ、使いやすさを追求したアウトドアギアを多く作り出しています。

その視野は国内にとどまらず、アメリカやスイスなど世界7カ国に拠点を置き、グローバルな事業展開をしているのも特徴。素材にこだわったギアの数々は機能性に富み、多くのユーザーから高く評価されています。

ディーオーディー(DOD)

ディーオーディーは1997年に大阪で創業したビーズ株式会社のアウトドアブランド。製品にはブランドロゴとともにウサギの絵がデザインされており、おしゃれでかわいらしいのが特徴です。テントもファニチャーも落ち着いたアースカラーのモノが多く人気があります。

ディーオーディーでは同ブランドから販売されているテントに合う、さまざまなグランドシートをラインナップ。どの製品も厚手でしなやかなポリエステル生地を採用しているので、設営時にカサカサ音が気にならないのがポイント。ほとんどの製品が耐水圧5000mmのため、防水性能が高く安心して使用できます。

グランドシートのおすすめモデル

コールマン(Coleman) マルチグランドシート270 2000028505

コールマンの同サイズテントにおすすめ

本製品は「210Dポリエステルオックス」を採用し、約2000mmの高い耐水圧を備えた製品です。雨が強い日でもテントの下から浸水するのを防げます。サイズは約250×250cmでコールマンの同サイズのテントにぴったり。ほかメーカーのテントでも、同サイズであれば使用できます。

収納時のサイズは約35×25cm、重量も約850gと比較的軽いため、楽に扱うことが可能。厚手の素材を採用し、防水性と耐久性を兼ね備えたおすすめの製品です。

モンベル(mont-bell) クロノスドーム2 グラウンドシート 1122494

モンベルのテント用に設計された人気モデル

モンベルのクロノスドーム2・クロノスキャビン2・サンダードーム2用に設計された、高耐水のグランドシートです。サイズは約幅222×奥行122cmで、素材には70デニール・ナイロン・タフタを採用。耐水圧7000mmウレタン・コーティングを施しているため、雨が強いときでも安心して使えます。

本体の四隅には、ポール受けとペグ留め用ループを搭載。設置の際は、組み上がったテントのポールを利用してポール受けに差し込み、ペグで固定します。別売りのクロノスドームのポールとフライシートのみを利用して、自立式タープのように使うことも可能です。

本体重量は約331gと、軽量性に優れているのも特徴。スタッフバッグ付きで、収納すれば約幅11.5×奥行4×高さ19cmまでコンパクトになります。

ディーオーディー(DOD) ワンポールテントL用グランドシート GS8-563

八角形の大型サイズ

ディーオーディーの8人用ワンポールテントに合わせて作られたグランドシートです。八角形でサイズが大きいので、大型テントの下に敷くのに適しています。シートの素材には、しなやかな「210Dポリエステル」を採用。耐水圧5000mmのPUコーティングが施されているため、テントへの浸水を防ぎます。

さらに、八角形の頂点に取り付けられたショックコードをペグにひっかけるだけで簡単に設置できるのも魅力。収納用のキャリーバックに入れると約幅41×奥行19×高さ9cmとコンパクトになり、重さも約1.9kgと軽いので出し入れも楽にできます。できるだけ大きなグランドシートを探している方におすすめのアイテムです。

ディーオーディー(DOD) グランドシート 2人用 GS2-564-GY

テントとは別に収納や持ち運びができるキャリーバッグ付き

低価格ながら機能性に優れたグランドシートです。サイズは約幅190×奥行120cmで、DODの2人用テントに合わせて設計されています。付属のショックコードによる設置のしやすさと、厚手の生地が魅力です。

ショックコードはグランドシートの四隅に取り付けてあり、ペグにひっかけるだけで設置できます。生地には厚手でしなやかな210Dポリエステルを採用し、ブルーシートのようにカサカサしにくいのが特徴。また、PUコーティングを施すことで、耐水圧5000mmの優れた防水性を有しています。

キャリーバッグが付属しており、グランドシートが汚れてもテントとは別で収納や持ち運びが可能。収納時のサイズは、約幅41×奥行15×高さ6cmまでコンパクトになります。

ロゴス(LOGOS) プレミアムグランドシート・WXL 71809738

設営に時間を掛けたくない方におすすめ

本製品はロゴスのテント生地と同様の多機能素材を使用して作られたグランドシートです。PVCコーティングが施された「ポリエステルオックスフォード」素材を採用しているので、湿気や雨水の浸水をしっかり予防。厚みがあり耐久性が高いため、冬場の寒さ対策にも重宝します。

四隅に付いた紐をテントフレームに結び付けるだけで簡単に取り付けできるので、設営に時間を掛けたくない方にもおすすめ。サイズは315×190cmの長方形タイプで、ツードームテントなどに適しています。

ロゴス(LOGOS) テントマット&シート・DUO 71809745

地面の凹凸をやわらげ、テント内で快適にくつろげる

ロゴスのDUOサイズテントに対応した、インナーマットとグランドシートのセット。インナーマットのサイズは約幅205×奥行135cm、シートサイズは約幅190×奥行120cmです。

インナーマットは、適度なクッション性と機能性を備えた3層構造が特徴。表面にはメンテナンスしやすいポリエステル素材を、中面には地面から冷気を遮断する発泡ポリウレタンを、裏面には湿気を防ぐPVCシートを採用しています。地面の凹凸をやわらげるので、快適にテント内でくつろぐことが可能です。

グランドシートには、コスト面に優れたPEラミネートクロスを採用しています。本製品は価格が比較的安く、インナーマットとグランドシートを試しに導入してみたい方におすすめ。グランドシートの取り付けは、フロアシートと地面の間に敷いて、四隅をテントのフレームに結ぶだけで簡単に行えます。

ロゴス(LOGOS) ぴったりグランドシート 270 84960102

270サイズのテントに適した、リーズナブルな価格のグランドシートです。サイズは約幅262×奥行262cmで、メイン素材にはPEラミネートクロスを採用。テントの下に敷いて使えば、地面からの浸水や湿気をしっかり遮ります。

固定方法は、4つの角にある紐をテントのフレームに結び付けるだけ。価格が比較的安いので、グランドシートのエントリーモデルとしてもおすすめです。

オガワ(ogawa) テント用PVCマルチシート 1406

280×280cmのテントに適応する製品。サイズは270×270cmで、他社のテントでも使いやすいのが魅力です。シートにはPVCコーティングが施されており、耐水圧10000mmを実現。雨が多い地域でのキャンプで重宝します。

しっかりと厚みがあるので、小石や地面の凹凸が気になりにくいのもポイント。収納サイズは41×28cmで重量は3.6kgと重いため、車での移動に適したアイテムです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) グランドシート240 UA-4525

本製品は240×240cmのテントに適した、215×215cmのグランドシート。防水性の高いポリエチレンを採用しており、テントの下から水が浸入するのを防げます。さらに、付属の収納バックに入れるとコンパクトに携帯可能。同サイズのグランドシートと比べると価格が安いため、初めて購入する方にもおすすめです。

なお、本製品はサイズのバリエーションが豊富で、ソロキャンプに適した縦210×横100cmなども揃っているのがポイント。ぜひチェックしてみてください。

ギアトップ(GeerTop) テントシート L

軽量でコンパクトに収納できるモノを探している方におすすめの製品です。サイズは130×210cmで重さが190gと軽量なので、楽に持ち運び可能。収納サイズは幅4×奥行10×高さ15cmと小さいため、バイクでのソロキャンプにも役立ちます。

生地は両面にシリコン処理が施されており、耐水圧が8000mm相当と高いのも魅力。四隅に紐を付けて樹木などに取り付ければ、急な雨をしのぐ場所を確保できます。軽量コンパクトでレジャーシートとしても使えるおすすめのアイテムです。

フィールドア(FIELDOOR) クッショングランドシート

厚さ5mmのクッション材が入ったグランドシートです。厚みがあるため、冷気や地面の凹凸が気になるシーンで重宝します。裏側には、万が一汚れてしまってもお手入れが簡単なポリエチレン素材を採用しており、タフに使用可能です。

サイズは170×170cm。重量は約1kgと比較的軽量で楽に扱えるのもポイントです。大容量のポケットが付いているので、風で飛ばされやすい帽子などの小物を収納可能。コンパクトに折りたためる、汎用性の高いおすすめのアイテムです。

DEKINMAX テントシート M

できるだけ小さく収納できて軽量なモノを探している方におすすめの製品。サイズは1~3人用のテントに適した140×140cmで、重量は約100gと軽量なのが魅力です。収納サイズは幅12×奥行7cm×高さ6cmと非常にコンパクトなので、ポケットに入れて携帯できます。

本製品はサイズがS~Lまでラインナップされており、用途に合わせて選ぶことが可能。生地の両面にシリコン処理が施されているため、耐水圧が8000mm相当と高い防水性を備えています。キャンプだけでなくレジャーや旅行で便利に使える製品です。

バンドック(BUNDOK) グランドシート BD-529

ワンポールテントを設営する際に使いやすいグランドシートです。中央部に開閉可能な穴を備えているのが特徴。バンドックのソロティピー(ワンポールテント)と併用するのにおすすめです。穴の開閉具合は面ファスナーで固定でき、閉じた状態でも使えます。

サイズは約幅190×奥行190cm。材質はポリエステルで、約5000mmの耐水圧を有するPU加工が施されています。付属の収納袋を使えば、約23×35cmまでコンパクトにまとまるのもポイント。固定部分が8箇所設けられているので、しっかり固定できる点も魅力です。

グランドシートのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

グランドシートのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

ブルーシートでも代用可能?

キャンプ用のグランドシートが用意できない場合、ホームセンターなどで購入できるブルーシートやレジャーシートをグランドシートとして代用できます。テントの下に何も敷かずに設営するとさまざまな問題が生じるので、できるだけ代わりとなるモノを敷くように心がけましょう。

ただし、ブルーシートやレジャーシートはレジャー用として作られたモノが多いため、耐水性・保温性・耐久性がグランドシートに比べて劣ることがあります。より快適に過ごしたい場合は、機能性に優れたグランドシートを選ぶのがおすすめです。