テントの下に敷くことで底冷えをガードしたり、地面の凸凹を和らげたりと、テント内の空間を快適に保つ「グランドシート」。軽量・コンパクトで登山におすすめのタイプや多機能でタープとして使用できるタイプなど、種類も豊富です。

そこで今回は、グランドシートの必要性や選び方、おすすめのアイテムについてご紹介します。これからキャンプデビューする方はもちろん、テントで過ごす時間が多い方はぜひチェックしてみてください。

グランドシートとは?

By: snowpeak.co.jp

「グランドシート」とは、テントの下に敷いて使うシートのこと。「フットプリント」または「アンダーシート」とも呼ばれます。ブルーシートやレジャーシートと比べて、耐久性・防水性・クッション性に優れているのが特徴です。

地面に直接テントを設営した場合、湿気や冷気、地面の凹凸によって快適性が損なわれるケースがあります。しかし、グランドシートを使えば、テント内の環境を改善することが可能。キャンプで優雅な時間を過ごしたい方におすすめのアウトドアガジェットです。

グランドシートって必要?

テントの底面を保護できる

By: amazon.co.jp

キャンプ場には小石や小枝が多い場所もあります。そのようなところに直接テントを設営すると、床に穴が空いてしまう可能性があるので要注意。快適性が損なわれるのはもちろん、見た目的にもよくありません。事前にグラウンドシートを敷いておけば、テントの底面を守ることができます。大切なテントを長く使いたいという方におすすめです。

雨や湿気から守る

山や森などは天候が変わりやすいため、突然雨が降ることも少なくありません。高い防水性をもつグランドシートがあれば、雨水や湿気からテントのボトムを守ることが可能。テント内を快適に保つことができます。また、撤収時にテントを乾かす時間も減らせるので、片付けの手間を減らしたい方にもおすすめです。

冷気を抑える

By: pixabay.com

キャンプで気を付けたいのが底冷え。昼間は暖かかったのに早朝や夜になると急に寒くなることも珍しくありません。そこでおすすめなのがグランドシート。地面とテントの間に厚みのあるグランドシートを敷いておけば、保温性を高めることができます。秋・冬キャンプに持って行きたいアウトドアガジェットです。

グランドシートの選び方

用途で選ぶ

グラウンドシートの目安は素材により80Dなど(○○D)と書いてあるものがあります。これは、糸の太さを表したもの。「D」はデニールと読み、前の数字が大きいほど耐久性が上がります。ただし、デニールが大きいと重量も増えるので、登山やツーリングなどで使う際は数字の低いものを選んだ方が持ち運びも容易です。

もう一点、確認したいのが耐水圧。耐水圧とは、布に1×1cmの筒を載せて水を入れた際、何mlの水を入れると後ろに染み出すかを示した値です。耐水圧が高いほど長時間の雨や大雨にも対応できます。雨の日はキャンプをしないという方は、1,500mm以下で十分。登山など雨の心配が高い場合は、耐水圧の高いものを選ぶと安心です。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

グランドシートは、テントよりひと回り小さいサイズを選びましょう。グランドシートがテントより大きいと雨水がたまってしまいます。折りたたむことでサイズダウンすることもできますが、たたみ過ぎると床が凸凹してしまうので注意。テントボトムより10cm前後小さいグランドシートがおすすめです。

メーカーで選ぶ

By: amazon.co.jp

テントのサイズや形はさまざま。テントに合わせたグランドシートを探すのは意外と大変です。同メーカーのものならばサイズや形も最適なので、安心して使うことができます。また、カラーなどのデザインも統一されていることが多いため、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

グランドシートのおすすめメーカー

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

アメリカで創業したコールマン。日本にアウトドアを広めたパイオニアであり、「アウトドアブランドといえばコールマン」と言われるほど知名度の高いブランドです。

高い技術力によって、機能的なアイテムを数多くリリース。耐久性に優れ、コンパクトに収納できるツーバーナーは、コールマンを代表するアイテムです。家具としても使用できる高いデザイン性や、豊富なラインナップを誇り、多くのアウトドアファンから愛されています。

スノーピーク(snow peak)

By: amazon.co.jp

日本の新潟に本社を置く、山井幸雄氏が創業したアウトドアメーカー。オートキャンプのスタイルを日本に定着させたことでも有名です。ユーザー目線に立ったオリジナリティーあふれる商品が特徴。ハイレベルな機能と品質を備えたアウトドアギアは、多くのアウトドア愛好家を魅了し続けています。

モンベル(mont-bell)

By: amazon.co.jp

1975年に辰野勇氏が真崎文明氏、増尾幸子氏らとともに設立したモンベル。“Function is Beauty(機能美)”と“Light & Fast(軽量と迅速)”を理念にかかげ、使いやすさを追求したアウトドアギアを多く作り出しています。

その視野は国内にとどまらず、アメリカやスイスなど世界7カ国に拠点をもち、グローバルな事業展開をしているのも特徴。素材にまでこだわったギアの数々は機能性に富み、多くのユーザーに高く評価されています。

小川キャンパル(OGAWA CAMPAL)

By: amazon.co.jp

現在はキャンパルジャパンの保有する、1914年創業の老舗ブランド。日本でも有数のテント専門メーカーとして長年信頼され、ファミリー向けからイベント用のテントまで、幅広い商品を手がけています。

100年以上の歴史の中で受け継がれてきた技術力をもとに、使う人に快適な空間を提供するテントが魅力。素材やポールなど細部の品質にまでこだわった質の高さや耐久性にも定評があります。

ロゴス(LOGOS)

By: amazon.co.jp

1985年に設立したロゴス。「屋外と人とをつなぐブランドでありたい」という思いが込められたメイプルリーフがロゴモチーフになっています。マリンから登山まで幅広いシーンに対応した、家族で楽しめるアウトドア用品を多数リリースしています。

グランドシートのおすすめモデル

コールマン(Coleman) マルチグランドシート 325

人気の高いコールマン製グランドシートです。厚くて丈夫な210Dポリエステルオックス素材を採用しており、テントのボトムをしっかり保護。小石や枝による突き上げを緩和して、傷や穴あきを防ぎます。

また、高い温度に耐える強さを兼ね備えているのもポイント。猛暑時でも変形や萎縮の心配もなく、安心して使用できます。速乾性にも優れており、撤収の時間も短縮可能。サイズ展開が4種類と豊富な点も魅力です。

スノーピーク(snow peak) ランドロック グランドシート

ファミリー層に人気の高いランドロック専用グランドシートです。強度が高いのが特徴で、テント本体の素材と比べてさらに強い210Dの素材を採用。小石や枝による穴あきからテントのボトムをしっかり守ってくれます。

耐水圧もテントのサイド部分と同レベルになっており、雨や朝露、湿気をカット。テントが濡れる心配がありません。収納ケースが付属しているので持ち運びも容易。スノーピークの人気テント「ランドロック」とセットで使いたいおすすめのグランドシートです。

モンベル(mont-bell) グラウンドシート ドーム2型

アウトドア愛好家や登山家の愛用者も多い「ステラリッジテント2型」、「X-TREK マイティードーム2型」用のグランドシートです。薄手でありながら引き裂き強度に優れた素材を使用しています。耐候性も高く、変形や伸び縮みの心配もほぼないため、長く愛用することも可能です。

また、設営方法が簡単なのもポイント。グラウンドシートポール受けに、組み立てたテントのポールを通すだけですぐにキャンプを楽しめます。軽量・コンパクト性も兼ね備え、キャンプから登山まで幅広いシーンにおすすめのグランドシートです。

小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) PVCマルチシート 220×220用

耐水圧1万mm以上の防水性に優れたグランドシート。縫い目をなくし着圧させることで、大雨にも対応する高い耐水性を備えています。降雨時も床からの浸水を防ぐことが可能。テントのボトムをしっかり守ります。

厚手のPVC素材採用。汚れても水や洗剤でふき取れるのも魅力です。乾燥する必要がなくメンテナンスも簡単。さらに、カビが生えにくいという特長もあるので、衛生面でも安心して使用できます。雨天時も安心してキャンプを楽しみたい方におすすめです。

ロゴス(LOGOS) ぴったりグランドシート

防水性に優れたポリエチレン素材を使用しており、雨の日もテントフロアをしっかり守ります。水はけもよいので使用後の乾燥や掃除も短時間で完了。片付けの時間を気にせずキャンプを楽しめるのも魅力です。

設置は、広げたグランドシートの上にテントを設営し、テントフレームにひもを結びつけるだけで簡単。テントと一体にできるため、設営後の移動も簡単にできます。コストパフォーマンスに優れたおすすめのグランドシートです。

ロゴス(LOGOS) Tepeeグランドシート

「Tepee300」シリーズ用のグランドシートです。PEラミネート加工素材採用で、防水性に優れているのが特徴。耐寒性もあり、マイナス20度程度まで対応できます。冬季キャンプや冬山での使用にもおすすめです。キャンプ中、雨に濡れてもすぐに乾くので、後片付けも短時間で済むのもポイント。ただし、熱に弱いという性質があるため、お座敷スタイルを楽しむ際はストーブの下に溶接用保護シートを敷くなどの工夫が必要です。

GEERTOP テントシート

機能的なテントをリリースしていることで有名なGEERTOPのグランドシート。サイズ展開は5種類と豊富ですべて軽量です。最大の260x210cmのサイズでも重量はわずか390g。未使用時は、手のひらサイズに収納できるので、車やザックに入れて携行する際も便利です。

両面のシリコン処理によって、風雨のもとで使用しても破損や劣化しにくいのも特長。耐水圧8,000mmと優れた耐水性をもっているので、濡れた地面の上に敷いても安心。薄くても耐久性・防水性に優れたおすすめのグランドシートです。

Triwonder グランドシート

アメリカで人気の高いTriwonderのグランドシートです。耐久性や引き裂き強度の高い420Dオックスフォード布を採用。地面の汚れや鋭利なものをガードして、テントの耐久性を上げます。

丈夫でありながら、軽量性も兼ね備えているのもポイント。220×150cmサイズで重量はわずか290gです。ハトメも備えており、タープとして使用することも可能。木陰のような空間でくつろげます。カラーは4種類とバリエーション豊か。他の人とかぶりたくないという方におすすめです。

ELEPOWSTRR レジャーシート

ビーチマットやグランドシートなど、多用途で使用できるレジャーシート。優れた耐久性と引き裂き強度もつ210Dオックスフォード素材を採用しており、テントのボトムに枝が突き刺さらないように保護します。小石が多いキャンプ場で使用する際も安心です。

また、5,000mmの高い耐水圧も魅力。雨天時のキャンプでもテントフロアを濡らすことなく快適に過ごせます。その上、軽量・コンパクトに収納できて、持ち運びにも便利。バッグや車に入れてもスペースを取らないため、荷物を小さくできる点もおすすめです。

アライテント(ARAI TENT) アンダーシートT2

高品質な登山用品を作るアライテントのグラウンドシートです。210gと軽量性に優れているので、登山での携行におすすめ。防水性も高く、雨や湿気からテントをしっかり保護します。耐久性の高いナイロンタフタ素材を採用しており、テントのボトムもしっかりガード。吸水しにくく乾燥が早いので撤収も簡単です。

PUコーティングがしてあるので湿気に弱いのが難点。はがれやベトツキの原因になるので保管方法は注意が必要です。汚れをしっかり落とし、しっかり陰干しをしてから通気性のよい湿気のない場所で保管しましょう。吸湿材を入れれば、なお安心です。

ディーオーディー(DOD) グランドシート

鮮やかな色合いと機能性が特長のグランドシートです。多くのグランドシートが、アースカラーや黒などのカラーを選択している中で、ひときわ目立つパープルとイエローを配色。他のシートとかぶらないので、取り違いの心配もありません。

防水性に優れており、湿気や雨をしっかりガード。テントを乾燥する手間も省けます。また、設置も簡単で、ペグを挿して四隅のヒモを結びつけるだけでOK。使い勝手のよいグランドシートを探している方におすすめです。

アイビーム(ibeamed) レジャーシート

380×330cmサイズの大型レジャーシート。高機能でグランドシートとしても使用できます。素材にはPU210Dオックスフォードを採用しており、貯水できるほどの高い防水性をもつのが特徴です。縫い目には防水処理が施されているため、地面からの水上がりを心配する必要もありません。

厚い素材は、突起への耐性が高く、テントボトムの傷や穴あきをしっかりガードします。目地が細かくて泥が入りにくいため、後片付けが容易な点も魅力。高性能なグランドシートをお探しの方におすすめです。

ノースイーグル(North Eagle) グランドシート サークル300

300サイズのワンポールテントにぴったりのグランドシート。8個の角には調節ベルトを搭載しており、テントに固定できるのが特徴です。テント設営が容易になるだけでなく、設営後の移動もスムーズにできます。

また、耐候性に優れたポリエチレン素材を採用。風雨や太陽光のもとで使用しても変形や変色しにくく、屋外環境下での使用も安心です。防水性にも優れており、ぬれた地面に設置してもテントのボトムを濡らしません。8角形のテントを使用するキャンパーから評価の高いグランドシートです。

フィールドア(FIELDOOR) 折りたたみクッショングランドシート

高さ5mmのグランドシート。中のクッション材が地面の冷気や小石から守ってくれます。カバー部分は、メッシュ素材の収納袋として使用可能。帽子や小物を入れておけば紛失防止になるほか、風で飛ぶ心配もありません。

9種類のカラー展開も魅力。民族衣装風のネイティブ、目立ちにくいカモフラージュ、遊び心のあるキノコ柄など、さまざまなデザインがあります。機能性はもちろん、見た目にもこだわりたいという方におすすめのグランドシートです。