テントの下に敷くことで底冷えをガードしたり、地面の凹凸を和らげたりと、テント内の空間を快適に保つ「グランドシート」。軽量・コンパクトで登山におすすめのタイプや多機能でタープとして使用できるタイプなど、種類も豊富です。

そこで今回は、グランドシートの必要性や選び方、おすすめのアイテムについてご紹介します。これからキャンプデビューする方はもちろん、テントで過ごす時間が多い方はぜひチェックしてみてください。

グランドシートとは?

By: snowpeak.co.jp

グランドシートとは、テントと地面の間に敷くシートのことで、「アンダーシート」や「フットプリント」とも呼ばれています。ブルーシートやレジャーシートでも代用できますが、グランドシートは厚みがあり、耐久性・防水性などが高く機能性に優れています。

また、テントが地面に直接触れないので、傷付きや破れなどのリスクが減らせるほか、浸水や底冷えを軽減することが可能。グランドシートはテントを保護し、テント内の環境を快適にしてくれるキャンプに欠かせない重要なアイテムです。

グランドシートを使うメリット

By: dod.camp

グランドシートを使うと、さまざまなメリットが得られます。テントと地面が直接触れないので、小石や枝などによってテント底面が受けるダメージを軽減できます。大切なテントを長く使うためには欠かせないアイテムです。厚手の生地やクッション材入りのグランドシートであれば、地面の凹凸や底冷えの緩和に役立ちます。

また、テント底面の汚れや濡れを防げるのもポイント。汚れを落としたりテントをひっくり返して乾かしたりする作業が省略できるので、撤収時にかかる手間が減らせます。荷物置き場としても使用できるため片付けもスムーズ。レジャーシートやインナーマットとしても使えるほか、モデルによっては簡易タープとしても使用できるなど汎用性が高いのも魅力です。

そのほかにも、雨天時や濡れている地面にテントを直接設営すると底面から染み込んでくる場合がありますが、グランドシート敷いておけば、浸水や湿気を防ぎテント内を快適に保ってくれるメリットがあります。

グランドシートの選び方

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

グランドシートは、テントよりひと回り小さいサイズを選びましょう。グランドシートがテントより大きいと雨水がたまってしまいます。折りたたむことでサイズダウンもできますが、たたみ過ぎると床に凹凸ができてしまうので注意。テントボトムより10cm前後小さいグランドシートがおすすめです。

メーカーで選ぶ

By: logos.ne.jp

テントのサイズや形はさまざま。テントに合わせたグランドシートを探すのは意外と大変です。同メーカーのものならばサイズや形も最適なので、安心して使うことができます。また、カラーなどのデザインも統一されていることが多いため、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

グランドシートのおすすめメーカー

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

アメリカで創業したコールマン。日本にアウトドアを広めたパイオニアであり、「アウトドアブランドといえばコールマン」と言われるほど知名度の高いブランドです。

高い技術力によって、機能的なアイテムを数多くリリースしています。耐久性に優れ、コンパクトに収納できるツーバーナーは、コールマンを代表するアイテムです。家具としても使用できる高いデザイン性や、豊富なラインナップを誇り、多くのアウトドアファンから愛されています。

スノーピーク(snow peak)

By: amazon.co.jp

日本の新潟に本社を置く、山井幸雄氏が創業したアウトドアメーカーです。オートキャンプのスタイルを日本に定着させたことでも有名。ユーザー目線に立ったオリジナリティーあふれる商品が特徴です。ハイレベルな機能と品質を備えたアウトドアギアは、多くのアウトドア愛好家を魅了し続けています。

モンベル(mont-bell)

By: montbell.jp

1975年に辰野勇氏が真崎文明氏、増尾幸子氏らとともに設立したモンベル。“Function is Beauty(機能美)”と“Light & Fast(軽量と迅速)”を理念にかかげ、使いやすさを追求したアウトドアギアを多く作り出しています。

その視野は国内にとどまらず、アメリカやスイスなど世界7カ国に拠点をもち、グローバルな事業展開をしているのも特徴。素材にまでこだわったギアの数々は機能性に富み、多くのユーザーから高く評価されています。

小川キャンパル(OGAWA CAMPAL)

By: amazon.co.jp

1914年創業の老舗で、現在はキャンパルジャパンがブランドを保有しています。日本でも有数のテント専門メーカーとして長年信頼され、ファミリー向けからイベント用のテントまで、幅広い商品をラインナップしています。

100年以上の歴史の中で受け継がれてきた技術力をもとに、使う人に快適な空間を提供するテントが魅力。素材やポールなど細部の品質にまでこだわった質の高さや耐久性にも定評があります。

ロゴス(LOGOS)

By: amazon.co.jp

1985年に設立したロゴス。「屋外と人とをつなぐブランドでありたい」という思いが込められたメイプルリーフがロゴモチーフになっています。マリンから登山まで幅広いシーンに対応した、家族で楽しめるアウトドア用品を多数リリースしています。

グランドシートのおすすめモデル

コールマン(Coleman) マルチグランドシート 300 2000028503

コールマン(Coleman) マルチグランドシート 300 2000028503

厚くて強度の高い210Dのポリエステルを採用したグランドシートです。テントフロアと同様の厚みがあり、破れにくく耐久性は抜群。テント底面をダメージから守り、地面の凹凸を緩和してくれます。目の粗いオックスフォード素材のため通気性がよく湿気がこもりにくいのも特徴のひとつです。

耐水圧約2000mmと防水性に優れているので浸水の心配もありません。吸湿性が低く乾きが速いので、雨の日も素早く撤収できます。4サイズ展開でテントに合わせて選べるのも嬉しいポイント。機能性が高く使いやすいおすすめのグランドシートです。

スノーピーク(snow peak) ヘキサイーズ 1 グランドシート SDI-101-1

スノーピーク(snow peak) ヘキサイーズ 1 グランドシート SDI-101-1

高品質かつスタイリッシュなソロ向けテント「ヘキサイーズ」専用のグランドシート。厚くてタフな210Dのポリエステル素材を採用しており、小石や小枝などによる傷付きや破れからテントをしっかり守ります。

耐水圧約1800mmミニマムと、3000mm相当のスペックを備えているため雨の日も安心。テント底面からの浸水を防いでくれるので、快適なテント生活が送れます。約400gと軽く、持ち運びに便利な収納ケースが付属しているのもポイント。できるだけ荷物の重量を抑えたいソロキャンパーにおすすめです。

モンベル(mont-bell) グラウンドシート ドーム3型 1122664

モンベル(mont-bell) グラウンドシート ドーム3型 1122664

リーズナブルかつ高機能なテント「ステラリッジテント3型」用のグランドシート。磨耗や引き裂きに強いリップストップナイロンの採用により、薄手ながら耐久性に優れているのが特徴です。万が一、生地が切れたり破れたりしても、裂け目が広がるのを食い止めてくれます。

耐水圧約2000mmと防水性能が高く浸水の心配もありません。ポール受けにテントのポールを通すだけなので設営も簡単。自立式のタープや簡易タープとしても使用できます。約290gと軽く携行性に優れているのもポイント。丈夫で長く使えるおすすめのグランドシートです。

小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) PVCマルチシート220×150用

小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) PVCマルチシート220×150用

耐水圧10000mm以上と抜群の防水性を誇るグランドシート。高耐久かつ汚れに強いPVC素材を使用しており、ツルツルとした手触りが特徴です。汚れてしまっても水や中性洗剤で拭き取れるのでメンテナンスが簡単。通気性はやや劣りますが、カビが発生しにくく衛生面も安心です。

高周波溶着加工により、縫い目がなく仕上がりが美しいのも魅力。本製品は210×140cmですが、サイズが豊富に展開されているのでテントのサイズや形状に合わせて選べるのもおすすめのポイントです。

ロゴス(LOGOS) テントぴったりグランドシート L

ロゴス(LOGOS) テントぴったりグランドシート L

コスパ重視の方におすすめのグランドシート。お手頃価格で人気のアウトドアブランド製品が手に入れられるのが魅力です。250×190cmでインナーサイズ270×210cmのテントに最適。グランドシートを敷いてその上にテントを組み立て、四隅の紐をフレームに結び付けるだけなので設営も簡単です。

主素材に防水効果の高いPEラミネートクロスを採用しているのが特徴。浸水や湿気を遮断しテント内を快適に保ちます。テント底面の汚れや濡れを軽減できるので、メンテナンスが簡単な製品です。

ロゴス(LOGOS) プレミアム グランドシート XL

ロゴス(LOGOS) プレミアム グランドシート XL

丈夫で乾きやすいポリエステルを採用したグランドシート。地面からの突き上げによる傷付きや破れに強く、テント底面をしっかり保護します。裏面にPVCコーティングを施しているため防水性は抜群。雨が降っても浸水しにくく、冬場は底冷えを緩和してくれます。目の粗いオックスフォード生地なので通気性も良好です。

使用時は250×250cmと大きめのサイズながら、収納時は30×22×9cmほどのコンパクトサイズとなるので持ち運びに便利。機能的で通年使えるおすすめのグランドシートです。

ディーオーディー(DOD) グランドシート 2人用 GS2-564-GY

ディーオーディー(DOD) グランドシート 2人用 GS2-564-GY

機能的かつユニークな製品を展開する人気のアウトドアブランド「DOD」のグランドシート。厚くて丈夫な210Dのポリエステル生地を採用しているのが特徴です。地面の凹凸を緩和し、傷や破れからテント底面をしっかり守ります。耐水圧約5000mmと高い防水性能も備えているので、強い雨に降られても浸水の心配がありません。

シート四隅のショックコードをペグに引っ掛けるだけで簡単に設置が完了するのもポイント。持ち運びに便利なキャリーバッグが付属しており、汚れや濡れがあってもテントと分けて収納できます。約350gと軽く、約41×15×6cmとコンパクトに収納できるので、ソロキャンプやツーリングキャンプにおすすめです。

フィールドア(FIELDOOR) クッショングランドシート

フィールドア(FIELDOOR) クッショングランドシート

マルチに使えるグランドシートです。厚さ約5mmのクッション材入りで、地面の凹凸や冷気を緩和してくれます。裏面はポリエチレンを採用しているため、汚れが落としやすくお手入れが簡単。テントの下に敷いて使うのはもちろん、インナーマットやレジャーシートとしてもおすすめです。

スマホや帽子などの小物類を収納できる大容量のポケットが付属しているのも嬉しいポイント。収納ポケットはファスナーでシートに固定できるので、風にあおられる心配がありません。折りたたみ式で収納も簡単。持ち運びに便利なストラップ付きで、長さの調節も可能です。

ギアトップ(GEERTOP) テントシート

ギアトップ(GEERTOP) テントシート

軽量かつ高品質なアウトドア装備を展開する「ギアトップ」のグランドシートです。20Dの薄いナイロン生地を使用しており、収納サイズ15×10×4cm、重量約160gと軽量コンパクトで携行性は抜群。荷物の量を抑えたいソロキャンプや長時間歩き続ける登山はもちろん、旅行やデイレジャーにもおすすめです。

薄手の生地ながら両面シリコン処理により、耐水圧約8000mmの高い防水性を実現。強い雨に降られても浸水の心配がなく、テント内を快適に保ちます。弾性があり摩耗や破れに強いのもポイントです。