健康管理やダイエットにとって、体を動かすことは大事な要素。歩数や運動量のデータを測定できるガジェットを使用することで、よりモチベーションアップにつながります。

そこで今回は、おすすめの「歩数計付き腕時計」をピックアップ。選び方も解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

歩数計と万歩計の違い

By: amazon.co.jp

「歩数計」とは別に「万歩計」という言葉があります。「万歩計」とは、歩数計メーカーである山佐時計計器株式会社の歩数計に対する登録商標。そのため、この会社の歩数計以外を「万歩計」と呼ぶのは、厳密には間違いです。

万歩計は普及した呼び名ではありますが、一般的に歩数をカウントする機能を持った製品は「歩数計」と呼びます。このような理由で、万歩計と紹介されている製品は、歩数計と比べて機能などの面で違いがあるわけではないので、選ぶ際に気にする必要はありません。

歩数計付き腕時計の選び方

ライフログ機能

By: amazon.co.jp

歩数だけでなく、さまざまな運動量のデータを測定できる腕時計を選べば、より運動量管理やモチベーションアップに効果的です。歩数以外に消費カロリーや脂肪燃焼量、歩行距離、心拍数、登った階段の数、睡眠記録などのデータを把握できるアイテムもあります。

なかには、ランニングやサイクリング、スイミングなど、スポーツに合わせて適切な測定を行えるモデルもあるので、気になる方はモードの詳細も確認しておきましょう。

GPS機能

By: amazon.co.jp

GPS機能が搭載されているかどうかも重要なポイント。GPS機能があれば、自分が歩いたコースやペースなどをリアルタイムでチェックできます。データを管理することで、より効果的なアクティビティが可能です。

かつて、GPS機能が搭載されたアイテムはデータ接続の維持が難しい傾向にありましたが、最近では高性能のGPS機能を搭載したモデルも数多くラインナップされています。シーンを問わず歩数を測定したい方は、性能をしっかりと確認しておきましょう。

スマホ連動

By: casio.com

スマホとスムーズに連動できるかどうかも要チェック。測定したデータをアプリでグラフ化したり、仲間と一緒にデータを共有したりすることで、ウォーキングの習慣化に役立てましょう。

ユーザーの動きを記録するのは本体ですが、使い勝手はアプリのクオリティが大きく左右します。アプリの見やすさなどは事前にチェックしておきましょう。

防水性能

By: amazon.co.jp

歩数計付き腕時計は、常に身につけるため生活防水の機能があるモノがおすすめ。手を洗うときや水回りの作業をするときも外さずに済むうえ、腕時計に飲み物がかかるなどの日常で想定されるアクシデントにも対応できます。

また、より高い防水性能を搭載したアイテムであれば、ジムでの激しい運動やスイミングなどで使用可能。ロードワークなど、アウトドアシーンでの利用を考えている方も、防水性能を必ずチェックするようにしましょう。

バックライトや夜光インデックス

By: casio.com

バックライト機能がある腕時計は、薄暗い室内や夜のウォーキング時でも盤面が見やすく重宝します。夜間にウォーキングしたい方は、しっかりとチェックしておきましょう。

また、夜光インデックスを搭載しているモノも視認性が高くおすすめ。都市部でのウォーキングは街灯があるとはいえ、数字が見えにくい場合もあるので、ぜひ確認しておきましょう。

歩数の検知方式

By: casio.com

歩数計が歩数をカウントする仕組みには大きく分けて「振り子式」と「3D加速度センサー式」の2種類があります。

振り子式は、内部の磁石が振動するたびに通電して、歩数をカウントする方式です。リーズナブルな価格で手に入れられるのが魅力ですが、仕組み上、歩数の誤差が生じやすいデメリットがあります。

3D加速度センサー式は、3次元での加速度を測定し、歩行による振動とそのほかの振動を区別します。歩数測定の精度が高く、取り付ける場所や方向を選ばないのが特徴。より正確に歩数やその他の運動量データを計測したい方は、3D加速度センサー式の歩数計付き腕時計がおすすめです。

歩数計付き腕時計のおすすめ人気モデル

カシオ(CASIO) G-LIDE GBX-100 Series GBX-100NS

加速度センサーによる検知方式を採用している歩数計付き腕時計。測定の精度が高いので、腕はもちろん、あらゆる場所に装着できます。また、歩いた距離や速度などを計算して表示するのも特徴です。

20気圧の防水性能が備わっているので、海のレジャーにおすすめ。衝撃にも強く、アウトドアシーンでも活躍します。また、LEDバックライトが備わっているので、暗所でも時刻や歩数などの情報が視認できます。

専用アプリ「G-SHOCK MOVE」を使えば、スマートフォンと連動できるのもポイント。歩数や心拍数を記録したりトレーニングメニューを作成したりと、あらゆる機能が使えます。健康志向の方におすすめのアイテムです。

カシオ(CASIO) G-SQUAD GBD-100 SERIES GBD-100SM

ガラス繊維が入ったファインレジンのケースカバーが採用されている歩数計付き腕時計。バンドの素材にはソフトウレタンが使われており、快適な着け心地が体感できます。また、バンド穴が多く設けられており、高い通気性が備わっているのもポイントです。

専用のアプリを介してスマートフォンと連動できるのが特徴。スマートフォンのGPS機能と加速度センサーを組み合わせることで、精度の高い距離測定が行えます。また、スマートフォンからトレーニングメニューが作成できるのもポイントです。

最大5つのインターバル設定が可能なマルチタイマーを搭載。サーキットトレーニングやHIITトレーニングを行うのに便利です。また、LEDバックライト付きで、夜間のランニングやウォーキングでの装着にも適しています。

カシオ(CASIO) G-LIDE GBX-100 Series GBX-100

モニターに高精細MIP液晶が用いられている歩数計付き腕時計。タイドグラフやムーンデータなどの情報が数値とグラフィックで表示されるので、サーフィンを楽しむ方におすすめです。また、走行距離や時間などのデータも確認できます。

専用アプリを使用すれば、スマートフォンと連動できるのが特徴。アプリを介して世界の主要サーフポイント約3300カ所から選択して時計の設定が行えます。潮汐情報や日の出・日の入時間がスマートフォンから確認できるのが魅力です。

ベゼルにはステンレスと樹脂を組み合わせたダブルガードベゼルを採用。高い強度と耐久性が備わっています。また、ベゼルとケースの色が異なるバイカラーでデザイン性も良好。普段使いにもおすすめのアイテムです。

カシオ(CASIO) G-SQUAD GBD-100 SERIES GBD-100

加速度センサーによる検知方式を用いたステップトラッカーが搭載されている歩数計付き腕時計。歩き始めると同時に自動で歩数のカウントが始まります。また、その日の総歩数や目標達成率が表示されるのも特徴です。

計測した距離はスマートフォンのGPS機能で補正され、より精度の高い距離計測を実現しています。また、補正後は時計本体だけで高精度な距離計測が可能。ランニングやウォーキングの記録を付けている方におすすめです。

トレーニングの経過時間やアラートを振動で通知するバイブレーション機能が備わっているのもポイント。Bluetoothで接続したスマートフォンの着信やメール受信にも対応しています。運動習慣のある方におすすめのアイテムです。

カシオ(CASIO) SPORTS GEAR WS-2000H

3軸加速度センサー方式を採用している歩数計付き腕時計。最大999999歩まで表示できます。また、1000~50000歩の間で目標歩数設定が行えるのもポイント。1時間ごとの歩数が表示される歩数グラフも備わっています。

電池寿命は約3年。一定時間動きがないと自動的にスリープモードに切り替わるパワーセービング機能も付いています。ランニング時の着用におすすめのアイテムです。

山佐(YAMASA) NEWとけい万歩 TM-350

最大100000歩まで計測可能な歩数計付き腕時計。搭載されているボタンは1つのみで、簡単に操作や表示の切り替えが行えます。また、カロリーや歩行時間などを記録するライフログ機能が備わっているのも魅力です。

盤面は2段表示式で、下段には時刻を常に表示します。文字が大きく、時間や歩数などの情報を視認しやすいのもポイント。価格が安く、初めて歩数計付き腕時計を購入する方にもおすすめのアイテムです。

山佐(YAMASA) ウォッチ万歩計 WATCH MANPO TM-400

本体質量がベルト・電池込みで約30gと軽量の歩数計付き腕時計。腕に負担がかかりにくく、気軽に装着できます。また、メインが時刻やカレンダーを表示する画面になっているため、万歩計だと気付かれにくいのが魅力です。

腕を振ったウォーキングはもちろんのこと、腕を振らない通常の歩行やカバンを持った歩行の歩数もカウントします。また、ショックセンサーが採用されており、歩行以外の振動が計測されにくいのもポイントです。

歩数は最大99999歩まで、歩行距離は最大99.99kmまで計測が可能。区間計測も行えるので、通勤時のみの歩数も計測できます。シンプルな操作ですぐに使い始められるため、自分用としてはもちろん、プレゼント用としてもおすすめのアイテムです。

山佐(YAMASA) ウォッチ万歩計 DEMPA MANPO small TM-450

標準時刻電波が受信可能な歩数計付き腕時計。手動で時刻を合わせる必要がないので、購入してすぐに使い始められます。また、バンドには強化ポリウレタンが用いられており、高いフィット性や快適な装着感を味わえるのが魅力です。

歩数はもちろん、歩行距離や消費カロリー、歩行時間なども計測可能。最大で7日分記録しておけます。また、ショックセンサーが搭載されており、歩行以外の振動がカウントされにくいのが特徴です。

着用しやすいシンプルなデザインもポイント。ウォーキングやランニング時だけでなく、普段使いにもおすすめのアイテムです。

山佐(YAMASA) ウォッチ万歩計 DEMPA MANPO TM-500

ボタンを操作するだけで、気軽に歩数や歩行距離が確認できる歩数計付き腕時計。消費カロリーを記録するライフログ機能も備わっています。メイン画面が時計になっており、万歩計と気付かれにくいのが特徴です。

ケース左下部に搭載されたリセットボタンを2度押すことで、ゼロから計測をやり直すことが可能。通勤や買い物など、特定区間の歩数を計測するのに便利です。また、メモリ画面から当日の累計データも確認できます。

福島と九州2つの電波局から標準時刻電波が受信可能。手動で時間を合わせる手間が省けます。ブラックとレッドのバイカラーデザインがおしゃれ。機能性とデザイン性を兼ね備えているアイテムです。

ラドウェザー(LAD WEATHER) デジタルスマートウォッチ lad037

歩行距離や消費カロリー、運動時間などのデータを記録する歩数計付きスマートウォッチ。月ごとの詳細なデータも収集するので、ダイエットや健康管理におすすめです。また、装着したまま就寝することで睡眠の測定も行えます。

Bluetoothを介してスマートフォンとの接続が可能。専用のアプリをインストールすれば測定したデータの管理が行えます。また、設定や時刻合わせがスマートフォンから行えるのもポイント。価格が安く、コストパフォーマンスに優れるアイテムです。

ラドウェザー(LAD WEATHER) スマートウォッチ lad054

1.3インチの大型ディスプレイが採用されている歩数計付きスマートウォッチ。血圧や心拍数もリアルタイムで確認できます。また、タッチスクリーンになっており、ワンタッチで情報を切り替えられるのも魅力です。

装着して寝るだけで睡眠測定が行えるのも特徴。睡眠時間をはじめ、眠りの質や起床回数などのデータが得られます。また、専用のアプリと連動させることで、睡眠の状況がグラフで確認可能です。

スマートフォンと連動でき、電話やメールの着信を振動で知らせるのもポイント。FacebookやTwitterなど、SNSの通知も受け取れます。トレーニングや健康管理におすすめのアイテムです。

ガーミン(GARMIN) Lily Classic 010-02384

スマートフォンのGPSに接続可能な歩数計付きスマートウォッチ。歩数や消費カロリーなどのライフログが高い精度で計測できます。集計したデータは専用のアプリを介し、スマートフォンで管理が可能です。

本体にスポーツアプリがプリインストールされているのが特徴。ピラティスやウェイトトレーニングなど、さまざまなワークアウトで活躍します。また、防水性能が備わっているので、スイミング時にも着用可能です。

生理周期や妊娠の経過がトラッキングできるのもポイント。日中や睡眠時の呼吸も記録できます。スポーツシーンでの使用はもちろん、健康管理用のアイテムとしてもおすすめです。

ガーミン(GARMIN) Venu Sq Music 010-02426

20種類以上のスポーツアプリがプリインストールされている歩数計付きスマートウォッチ。ランニングやウォーキングなど、さまざまなシーンで活躍します。歩数計測のほかに、呼吸数のトラッキングや睡眠のモニタリングが行えるのも魅力です。

SpotifyやAmazon Musicなどのサービスからプレイリストをダウンロードできるのが特徴。好きな音楽を聴きながら運動が楽しめます。また、Garmin PayやSuicaのタッチ決済に対応しており、交通機関の利用や買い物がスムーズに行えるのもポイントです。

フィットビット(Fitbit) sense

GPS機能が備わっている歩数計付きスマートウォッチ。走行ペースや距離も計測できます。また、体温や心拍数、睡眠の質などを記録するライフログ機能が搭載されているのもポイント。心拍数が高い・低いときに通知する機能も付いています。

Bluetoothを介してスマートフォンと連動できるのが特徴。通話やSMSの受信、アプリ通知の受け取りなどが行えます。また、GoogleアシスタントやAmazon Alexaに対応しており、話しかけるだけで操作が行えるのもポイントです。

フィットビット(Fitbit) versa3

GPSが搭載されているため、スマートフォンなしでペースや距離が把握できる歩数計付きスマートウォッチ。屋外でのランニングやウォーキングで役立ちます。また、水深50mまでの耐水仕様で、スイミングの記録がつけられるのも特徴です。

Amazon Alexaに対応しており、話しかけるだけで天気のチェックなどが行えるのもポイント。リマインダーやアラームの設定も行えます。また、クレジットカードやデビットカードを登録することで、買い物もスムーズに楽しめます。