ウォーキングやランニングなどをする際に、歩数を計測して成果を確認できる「歩数計」。クリップタイプ・ポケットインタイプ・腕時計タイプなどの形状があります。また、歩数をカウントするだけでなく、消費カロリーや歩行距離などを確認できるモノなど機能もさまざまです。

そこで今回は、歩数計のおすすめ製品やメーカーをご紹介します。具体的な選び方も解説するので、歩数計が気になっている方はぜひ参考にしてみてください。

歩数計の選び方

種類をチェック

クリップタイプ

By: rakuten.co.jp

クリップタイプの歩数計はフタや本体にクリップが付いています。ズボンのベルトやスカートのウエスト部分などに挟んで使えるため、バッグやポケットがなくても安心。なかにはスライドクリップで襟元などに付けて使うタイプもあります。

機能は歩数計測のみのシンプルなモノがほとんどです。文字が大きく、ウエストに付けたままでも文字盤を確認しやすい製品が多いのもポイント。ウォーキングをしながら歩数を確認したい方におすすめのタイプです。

ポケットインタイプ

By: dretec.co.jp

ポケットインタイプとはバッグインタイプとも呼ばれ、ポケットやバッグに入れて持ち歩くタイプの歩数計のことを指します。スリムでコンパクトな製品が多いのが特徴。ストラップ穴が付いているタイプもあり、ストラップを付けて使うことも可能です。

機能面は歩数計測機能だけでなく、歩行距離や消費カロリーなども表示できる多機能のモノもあります。歩数計を身に付けたくない方や、ストラップを付けて首から下げるといった使い方をしたい方はポケットインタイプの製品がおすすめです。

腕時計タイプ

By: yamasa-tokei.co.jp

腕時計タイプは、腕につけて使うので歩数を確認しやすいのが魅力。運動時に歩数計として使えるのはもちろん、通常時は腕時計として使えるのもメリットです。

また、心拍計やGPS、スマホとのBluetooth接続など多機能の製品もあります。耐衝撃性や防水性に優れたアイテムも多いのがポイント。ランニングやサイクリングなど本格的に運動したい方におすすめです。

歩数計付き腕時計について詳しく知りたい方はこちら

測定方法をチェック

振り子式

By: tanita.co.jp

振り子式とは歩数計が上下に揺れたときに、カウンターが反応して1歩がカウントされる仕組みのことです。上下方向以外の振動や、激しい振動が加わる場合は、正確に計測できないこともあるので注意が必要です。

感度調節機能付きのモデルもあり、歩数計測のずれが気になる場合は歩数計測の感度を合わせられます。価格が安いモデルが多いので、コスパを重視する方にもおすすめのタイプです。

加速度センサー式

By: amazon.co.jp

加速度センサー式とは、揺れだけでなく速度も感知して歩数を計測するモノを指します。加速度センサーは1~3軸まであるのが特徴です。1軸は上下方向、2軸は上下左右方向、3軸は上下左右と前後の動きまで感知。3軸加速度センサーは、「3D加速度センサー」ともいいます。

3軸加速度センサー式の製品であれば、振り子式とは違い、ポケットやカバンに入れたままでも歩数計測できるのが特徴です。歩行以外の振動のみでは誤カウントされる可能性が少ないのもメリット。ランニングなどで激しい動きをする方は加速度センサー式のモノがおすすめです。

表示機能をチェック

歩行距離

By: amazon.co.jp

歩行距離を計測する機能が付いた歩数計もあります。クリップタイプやポケットインタイプの場合、設定した自分の歩幅と歩数から歩行距離を算出するモノが一般的です。

腕時計タイプなどではGPS機能を使って歩行距離を算出できるモノもあります。何km歩いたか距離が分かることで、具体的な目標が立てやすくなるのもポイントです。

消費カロリー

By: mi.com

身体の揺れや運動量、運動の継続時間などから、おおよその消費カロリーを計測できる機能が付いた歩数計もあります。メーカーによって計測方式はさまざまです。

日々の運動でどれぐらいカロリーを消費しているのかを確認し、食事での摂取カロリーを調節するといった使い方も可能。ダイエットやトレーニングをしている方におすすめの機能です。

エクササイズ量

By: mi.com

エクササイズ量を自動で算出する機能が付いた歩数計もあります。エクササイズ量とは、厚生労働省が定めた運動や生活などの「身体活動量」を示す単位です。運動強度の単位「メッツ」に1時間単位の運動時間を掛け合わせて計算します。

厚生労働省が健康づくりのために推奨している「週23エクササイズ」を目標にして、歩数計のエクササイズ量機能を活用するのもおすすめです。

歩数計のおすすめメーカー

タニタ(TANITA)

By: amazon.co.jp

タニタは計量器・計測器を中心に製造・販売するメーカー。体重計などのヘルスケア用品を数多く手掛けています。タニタの歩数計は、1日の安静時代謝量と活動エネルギー量から総消費エネルギーを算出する「カロリズム」シリーズが代表的です。

カラフルでかわいいモデルや、スポーティーなデザインのエキスパートモデルなど豊富なラインナップがあります。

オムロン(OMRON)

By: amazon.co.jp

オムロンは制御機器・電子部品・ヘルスケア機器などさまざまな事業を手掛けるメーカー。体重計や血圧計、体温計などが有名です。

オムロンの歩数計はポケットインタイプがメイン。シンプルで操作性に優れた製品をラインナップしています。目標に対する歩数の達成度をマークなどで表示するなど、ウォーキングのモチベーションを保つための機能が付いた製品が多いのが特徴です。

山佐(YAMASA)

By: amazon.co.jp

山佐は万歩計を主に製造・販売する健康機器メーカー。万歩計とは山佐が商標登録している歩数計のことです。日本の歩数計の第1号機が、1965年に発売された山佐の製品といわれています。

山佐の万歩計は、種類が豊富なのが特徴。なかでも代表的なのがポケットインタイプの「ポケット万歩」シリーズ。歩数表示のみのシンプルなモノから、歩数計には珍しいゲーム機能付きのモノまでさまざまな種類の万歩計を展開しています。

歩数計のおすすめ|クリップタイプ

タニタ(TANITA) 歩数計 PD-645

ウエストにつけたままでも見やすい

クリップがフタ部分に付いたシンプルな歩数計。文字高が約1.5cmと高く、ウエストにつけたままでも見やすいのが特徴です。振り子式で歩数精度は±3%に調節してあります。「感度調整機能」が付いているので微調整も可能。歩数のクリアもボタン1つででき、操作性が高い製品です。

フタ裏には歩数ごとの消費カロリー早見表が貼られており、成果の参考にできるのもポイント。歩数計のみのシンプルなモノを求めている方におすすめの製品です。

オーム電機(OHM) 大文字 歩数計 HBK-P1

文字が大きく見やすい

大きい文字が特徴の歩数計。文字高が2cmあります。歩数カウント機能と、ボタンを2秒押すと歩数を0にできるリセット機能のみと非常にシンプルです。歩行をやめてしばらくすると、節電のために画面表示が消える仕様。画面が消えても過去の歩数はしっかり記憶されるので安心です。

また、価格が安いのもポイント。これからウォーキングを始める方や、価格を重視する方におすすめのアイテムです。

歩数計のおすすめ|ポケットインタイプ

タニタ(TANITA) 3Dセンサー搭載歩数計 FB-740

シンプルな機能の歩数計を求めている方におすすめ

3軸加速度センサーを搭載している歩数計です。機能は歩数表示と歩数リセット機能のみで、歩数のリセットもクリアボタンを3秒押すだけとシンプル。文字高が1.9cmと高く、見やすいのがポイントです。

大きめのフックが付いており、ストラップなどを取り付けやすい仕様。フックを使わないときは収納できるのでコンパクトになります。シンプルな機能の歩数計を求めている方や、歩数計を首から下げて使いたい方などにおすすめです。

タニタ(TANITA) カロリズム エキスパート AM-142

スライドクリップが付属した歩数計です。走り・歩き・生活・安静4つの行動を自動分類し、行動別に消費カロリーや脂肪燃焼量を表示するのが特徴。また、過去のメモリを最大14日分まで保存できるため、過去の運動量を比較したいときに便利です。

襟元などに挟めるので、クリップタイプとしても使用できるのもポイントです。襟元など、上半身に装着して使用すると正確に計測できます。行動別の運動量を意識したい、トレーニング中の方やダイエット中の方におすすめです。

オムロン(OMRON) 歩数計 HJ-325

オムロンの人気モデルである、ポケットインタイプの歩数計です。7日分の歩数記録を確認できるメモリ機能や、過去最高の歩数を表示する「マイベスト3」などの機能を搭載。3つのボタンが付いており、1つのボタンにつき表示内容が1つと、操作も分かりやすく簡単です。

また、1日1万歩を達成するとバンザイマークが点灯します。ウォーキングやランニングのモチベーションを上げたい方におすすめの機能。機能のわりに価格が安く、コスパのよい製品です。

山佐(YAMASA) 万歩計 ポケット万歩 EX-500

3D加速度センサー式の歩数計。モードボタンを押すことで、歩数・消費カロリー・体脂肪燃焼量・歩行距離などの表示を簡単に切り替えできます。「歩行判定機能」も付いており、10歩以上継続して歩くとそれまでの歩数もまとめてカウントを開始。誤カウントを防げます。

最大で日別に30日分、週別に30週間分のデータが保存可能と大容量メモリなのも魅力。運動時の記録を見返したい方におすすめの製品です。

山佐(YAMASA) 万歩計 ゲームポケット万歩 新・平成の伊能忠敬 GK-700

精度の高い「3方向加速度センサー」を搭載している歩数計。バーチャルに日本の海岸沿いを歩き、日本地図を完成させるゲーム機能が付いているのが特徴です。ほかにも、キャラクターが応援してくれたり、1日の歩数評価をしてくれたりする機能も搭載。ゲーム感覚で楽しくウォーキングできるのが魅力です。

使用開始からの累計歩数を表示できるのもポイント。また、データ保持機能も付いているので、電池交換をしても保存データは消えません。ウォーキングを習慣にしたい方やモチベーションを保ちたい方におすすめです。

ミズノ(MIZUNO) 活動量計 M55

大手スポーツメーカーであるミズノの3D加速度センサー式歩数計です。普通の歩行や早歩きなどの歩行状態を示す「歩行強度レベル」や、過去の平均中強度活動時間を表示する機能を搭載しているのが特徴。健康寿命を延ばすために1日8000歩の歩行と、そのうち中強度活動に該当する早歩きを20分間する「青栁式健康法」を実践できるモデルです。

また、ウエストホルダー付きなので、ポケットインタイプながらウエストに装着可能なのもポイント。ウォーキングの量だけでなく、質もチェックしたい方におすすめのアイテムです。

ドリテック(DRETEC) デイリーパートナー H-235

3D加速度センサー式の歩数計。歩数が確認しやすい大画面仕様。10歩以上の連続した動きをした時点からカウントを開始する「誤カウント防止機能」付きなのがポイントです。

シンプルなデザインながら、歩数だけでなく歩行距離・消費カロリー・脂肪燃焼量・エクササイズ量などの項目もしっかり計測できます。表示切り換えは「切換」ボタンを押すだけなので簡単。多機能ながら価格も安く、コスパのよい製品です。

シチズン(CITIZEN) デジタル歩数計 TW610

3D加速度センサー式で、バッグやポケットの中でも歩数計測が可能な歩数計です。消費カロリー・脂肪燃焼量・平均速度・エクササイズ量なども計測できます。ほかにも、設定した目標に対して「目標達成度」を数字で表示できるなど、多機能なモデルです。

幅7.3×高さ3.1×厚み1cmと歩数計のなかでもコンパクトでスリム。防滴仕様なので、小雨のなかでのウォーキングやランニングにも耐えられるのがメリットです。落下防止用のクリップ付きストラップも同梱しています。健康維持のための運動を本格的にしたい方におすすめの製品です。

歩数計のおすすめ|腕時計タイプ

山佐(YAMASA) 万歩計 ウォッチ万歩計 WATCH MANPO TM-360

デジタル腕時計タイプの万歩計。3D加速度センサー式で、歩行以外の振動による誤カウントを抑えられます。歩数計測だけでなく、消費カロリーや歩行時間も計測可能。コイン電池式で、自分で電池交換が可能なのがポイントです。

また、従来モデルと比べて操作性が向上。メモリの日にち切り換えや画面表示切り換え、歩数クリアなどが4つのボタンで簡単にできるのもメリット。3気圧防水で雨や手洗いの水しぶきにも耐えられるため、ロードワークにもおすすめのモデルです。

カシオ(CASIO) G-SQUAD SMARTPHONE LINK BSA-B100MC-8AJF

カシオの女性向け腕時計ブランド「BABY-G」の歩数計機能付き腕時計です。ストップウォッチやタイマーが付いているのがポイント。ラップタイムなどを測るのにも便利です。運動量が少ないときは液晶表示と電子音で通知するので、運動への意識を高められます。

また、Bluetooth接続でスマホとの連携も可能。専用アプリをダウンロードすれば活動記録管理や運動設定が可能です。

スポーティーなデザインながら淡い水色がかわいいデザイン。ファッション性も高いため、普段使いにも向いています。防水性があり耐衝撃構造なので、ランニングやロードレースなど汗を流すような激しめの運動をする方にもおすすめのアイテムです。

フィットビット(Fitbit) Fitbit Sense

歩数計機能付きのスマートウォッチです。1日の歩数はもちろん距離や心拍数、階段を上った階数、消費カロリーなどを計測する機能があります。ほかにも皮膚温センサーや睡眠データの記録などの機能を搭載しており、健康管理ができるのも魅力です。

スマホと連携して、運動時のペースやルート上での心拍数レベルなどをスマホアプリで確認可能。運動や健康状態の記録もアプリでできるため、運動量だけでなくしっかり健康管理をしたい方におすすめの製品です。

シャオミ(Xiaomi) Miスマートバンド5 XMSH10HM

リストバンド型の歩数計です。スリムながら1.1インチと大きめのディスプレイを搭載。歩数・心拍数・時間を1画面で表示できるのがポイントです。屋外ランニングやパワーウォーキング、プールスイミングなど11種類のスポーツに対応。さまざまな動きを正確にモニタリングし、心拍数とペース、カロリー消費量を分析できます。

また、約14日持続するバッテリーの長さも魅力。磁気充電器が付いており、充電も約2時間で完了します。スマホ連携もでき、運動データや健康データはアプリ上で確認可能。多機能ながら価格が安く、コスパに優れています。機能も価格も重視したい方におすすめの製品です。

ガーミン(GARMIN) ForeAthlete 235J

歩数計機能を搭載したスマートウォッチです。1日の歩数・距離・消費カロリーなどを1画面でまとめて表示でき、見やすいのがポイント。目標歩数の達成率がバーで表示されるため、ウォーキングやランニングなどのモチベーションも保てます。

また、GPS内蔵で高精度な距離計測が可能。加速度計も内蔵しているので、GPSが受信できない環境でもスピードや距離が計測できるのもポイントです。

Bluetooth機能も搭載しており、スマホとの接続も可能。メールや着信などの通知も受けられます。トレーニング時に装着するほか、スマートウォッチとして普段使いできる点も魅力です。専用アプリをスマホにダウンロードすればトレーニングデータの管理もできます。アスリート志向の方におすすめのアイテムです。

YAMAY スマートウォッチ SW022

歩数計機能を搭載した格安スマートウォッチです。歩数記録のほか、消費カロリーや距離計測もできます。ウォーキング・ランニング・サイクリング・ハイキングを含め13種類のスポーツモードに対応。さまざまな動きの記録が可能です。IP68の防水機能が付いているため、雨天時でも安心して使用できます。

また、スマホとBluetooth接続も可能。スマホの専用アプリから文字盤を自由にカスタマイズできる機能があるのも魅力です。高性能ながら、スマートウォッチとしては価格が安いのもポイント。コスパを重視する方におすすめのアイテムです。

歩数計のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

歩数計のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。