健康管理に役立つ「血圧計」。自宅はもちろん、外出先で血圧を測定できるモデルも発売されています。ただし、カフ式・アームイン式・手首式など種類があり、はじめて選ぶ際にはどれを購入したらよいのか迷ってしまう場合も少なくありません。

そこで今回は、血圧計にフォーカスして種類別におすすめモデルを紹介。あわせて選び方も解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

血圧計の選び方

計測方法で選ぶ

上腕に巻いて計測する「カフ式」

By: healthcare.omron.co.jp

付属の腕帯「カフ」を上腕に巻いて計測する血圧計です。血圧計としては古くから使われている一般的なタイプで、医療機関でも使われています。各メーカーからさまざまなモデルが発売されており、選択肢の豊富さが魅力。未使用時には、カフを丸めてコンパクトに収納できます。

比較的正確に測定できるものの、ズレてしまうと測定値が乱れてしまう場合もあるので注意が必要。人によって腕の太さや柔らかさなどが異なるため、適切な締め付け具合の調節に慣れるのに時間を要する場合もあります。なかには、カフが正しく巻かれているのかをディスプレイに表示するモデルも発売されているので、チェックしてみてください。

機器に腕を通して計測する「アームイン式」

By: amazon.co.jp

上腕に腕を通して測定するのがアームイン式の血圧計です。テーブルの上などに固定して使用するタイプでブレにくいのが特徴。設置場所を決めておけば片付けるような手間がなく、習慣として頻繁に血圧を測定したい方におすすめです。

ただし、サイズが大きく設置スペースを確保できない場合には不向き。価格も比較的高めに設定されています。正確性に優れているとはいえ、ひじの角度など測定姿勢には注意が必要。なかには、腕を通すだけで正しい測定姿勢をつくれるモデルも展開されています。

手首に巻いて計測するコンパクトな「手首式」

By: amazon.co.jp

手首に巻いて血圧を測定できるのが手首式の血圧計です。コンパクトで持ち運びやすく、外出先で血圧を測定したい場合に活躍します。カフと本体が一体になっており、セッティングの手間もなくすぐに測定できるのが便利。買い求めやすい低価格なモデルが多いのも魅力です。

ただし、ほかのタイプと比べると精度が劣るとされており、より正確性を求めたい方には不向き。測定する際は安定して測定できるよう、ひじの曲げ方や測定姿勢などに注意しなければいけません。自宅ではカフ式やアームイン式を使用して、手首式を外出用のサブとして備える方法もおすすめです。

機能で選ぶ

記録方式をチェック

By: amazon.co.jp

血圧計を選ぶ際には、測定結果を記録できるモデルが便利です。メモリー機能搭載で本体記録できるタイプのほか、スマホを活用して記録できるモデルも販売されています。本体記録できるモデルを選ぶ際は、メモリー回数をチェック。メモリー回数が多いほうが、より長期間の測定結果を記録可能です。なかには、直近2~3回分の測定結果を平均値で表示できるモデルもあります。

Bluetooth接続に対応している製品なら、スマホと連携して測定結果を記録可能。測定後にスマホへデータを送信すれば、日々の血圧管理に役立ちます。なかには、専用アプリを活用して毎日の血圧データをグラフで確認できるモデルも展開されているので、チェックしてみてください。

ただし、スマホ管理機能を搭載したモデルは各メーカーの上位機種に多く、やや高価格になる傾向がある点に留意しておきましょう。

複数ユーザー登録

By: amazon.co.jp

血圧計のなかには、複数人の測定結果を記録する機能を搭載したモデルも展開されています。夫婦で共有する場合など、複数ユーザー登録で切り替えながら使用可能。ただし、スマホ連携モデルで複数人の測定データを管理したい場合、人数分のスマホを用意して別々に管理する必要がある点は留意しておきましょう。

電源方式で選ぶ

By: healthcare.omron.co.jp

血圧計は、モデルによって電源方式が異なります。付属のACアダプターを使うタイプのほか、乾電池を使用するタイプも存在。なかには、両方に対応しているモデルも販売されています。

テーブルなど決まった位置に設置したままで使用するなら、コンセント式がおすすめ。電池切れを気にせず使えて電池交換する手間もないなど、こまめに測定する場合にも向いています。

乾電池タイプは外出先でコンセントを確保できない場面で便利。屋外でも使用可能です。ただし、急な電池切れに備えたい場合は、予備の電池を携帯する必要があります。

血圧計のおすすめメーカー

オムロン(OMRON)

By: amazon.co.jp

「オムロン」は、京都府に本社をかまえている大手電気機器メーカーです。血圧計をはじめ、体重計や治療機器などを展開。血圧計においては独自技術を駆使しており、世界トップシェアの人気を誇ります。腕時計のようにスマートに装着できるウェアラブル血圧計にも注目です。

カフ式・アームイン式・手首式の血圧計を展開しており、独自の血圧測定技術「インテリセンス」を搭載しているのが特徴。最新の血圧値と過去の血圧値を左右同時に比較表示できるモデルもあり、直近の血圧の状態を確認するのに役立ちます。カフが正しく巻けているのかをディスプレイに表示する機能も便利です。

テルモ(TERUMO)

By: terumo.co.jp

「テルモ」は、東京都渋谷区に本社を置く、大手医療機器メーカーです。1921年に設立された老舗企業で、医療機器のほか医薬品や栄養食品も手がけています。血圧計においては、カフ式・アームイン式・手首式をラインナップ。シンプルな機能でわかりやすいモデルから、データ通信機能付きのモデルまで幅広く展開しています。

タッチするだけでデータを送信できるモデルが便利。自動記憶されたデータを最大360回分まで専用ソフトに送信できます。正しく巻かれているかなど、正確な測定をサポートする機能も充実。家庭における血圧分類の基準値を比較できる、血圧レベル表示機能を搭載したモデルも便利です。

日本精密測器(NISSEI)

「日本精密測器」は、群馬県渋谷区に本社を置くメーカーです。血圧計や脈拍計などの医療計電子機器と、監視カメラ用アイリスの製造・販売をおこなっています。血圧計においては、カフ式と手首式を展開。なかでも、高精度な測定が可能な高精度脈波間隔測定システム「ハイレゾリューションシステム」搭載したモデルがおすすめです。

巻きやすい「ピッタリカフ」や60回分のメモリーなど機能も充実。簡単に操作しやすく、大きな文字サイズで見やすいモデルが多いのも魅力です。

血圧計のおすすめ|カフ式

オムロン(OMRON) 上腕式血圧計 HCR-7601T

上腕に巻いて測定するカフ式の血圧計です。片手でも巻きやすく、締め付け感を軽減できる「e-フィットカフ」を採用。やわらかい素材を使用しており、締め付けた際の痛みが不安な方におすすめのモデルです。

最新の血圧値と過去の血圧値を左右に並べて表示できる機能を搭載。簡単に比較しやすく、リアルタイムに血圧の状態を把握するのに役立ちます。Bluetooth接続により、スマホにデータを送信できるのもポイント。無料アプリ「OMRON connect」を利用すれば、毎日測定しているデータをグラフで確認できます。

朝の血圧の平均値を自動計算する「早朝高血圧」機能も便利。高血圧の基準値を超えると「早朝高血圧マーク」で知らせます。

テルモ(TERUMO) テルモ血圧計 ES-W1200ZZ

独自エンジンの高精度脈波間隔測定システム「ハイレゾリューションシステム」搭載の血圧計です。血圧測定中に発生する不規則な脈波リズムを検知できるのが特徴。また、取得可能データ量を従来モデルと比較して約6倍に増やしているのも魅力です。

ソフト腕帯を採用しており、測定可能腕周長約22~36cmと幅広い腕の太さに対応。腕帯の巻き状態を知らせるほか、正確に測定できたのを知らせる機能も搭載しています。専用ACアダプターに加えて、単3形アルカリ乾電池4本でも最大約450回の使用が可能。60回分のメモリ機能も内藏しています。

日本精密測器(NISSEI) デジタル血圧計 DS-N10J

正しい測定をガイドする「安心測定ナビ」搭載のカフ式血圧計です。血圧測定時に腕帯の巻き具合や安静状態をチェックするのが特徴。正確に測定できたのを知らせる機能を搭載しているなど、はじめて血圧計を購入する方でも安心して使いやすいおすすめモデルです。

脈波にあわせて加圧する「ファジー制御加圧」を搭載。無駄な加圧を省いて、快適な測定を実現します。朝と夜の測定結果を自動的に振り分ける機能も便利。欧州高血圧臨床精度試験を合格しており、測定精度に優れていると謳われているモデルです。

タニタ(TANITA) 上腕式血圧計 BP-224L

スマホと連携できるカフ式血圧計です。Bluetooth接続に対応しており、スマホにデータを送信可能。アプリでデータを管理できるなど、スマホで日々の測定結果をチェックしたい方におすすめのモデルです。

直近2回分の測定値を平均化して表示する機能を搭載。また、測定結果を自動的に保存するメモリー機能も備えており、2人分の測定データを過去90回分まで記録可能です。

簡単に装着できる「クリップアームカフ」を採用しているのもポイント。クリップで腕をつかんでからカフを巻き付ける仕組みで、ズレにくいのも魅力です。

パナソニック(Panasonic) 上腕血圧計 EW-BU17

シンプルなデザインのカフ式血圧計です。ディスプレイに大きな文字で表示する仕様で、測定結果を確認しやすいモデルを探している方におすすめ。測定ボタンを押すだけでの簡単操作も魅力です。測定後に記録ボタンを押せば、180回分のデータを記録できます。

やわらかいクリップ版の採用により、腕に被せるだけで簡単に装着可能。チューブが自由に動く構造で、左右どちらの腕でも測定できます。内布に起毛生地によって心地よい肌触りを実現しているほか、抗菌加工で清潔に使えるのも魅力です。

血圧計のおすすめ|アームイン式

オムロン(OMRON) 自動血圧計 スポットアーム HEM-1000

上腕を通して測定するアームイン式血圧計です。腕を通すと腕帯がスイングし、前かがみになりやすい姿勢を防ぐのが特徴。ひじ置きで安定した測定姿勢をキープできるなど、簡単に測定しやすいモデルを探している方におすすめです。

本製品は、2人分の測定結果を別々に記録できる機能を搭載。夫婦など複数ユーザーで共用したい場合に役立ちます。また、電源を入れて測定ボタンを押すだけで測定できる簡単操作も魅力。90回分の測定結果を記録できるほか、直近3回分の平均値を表示する機能も便利です。

オムロン(OMRON) 自動血圧計 スポットアーム HEM-1021

正しい姿勢を知らせる「正確測定サポート機能」を搭載しているアームイン式血圧計です。腕を通した可動式腕帯の角度が正しいと、液晶画面にマークで表示。はじめて血圧計を購入する方など、使い方に不安を感じる場合におすすめのモデルです。

手の甲まで置ける「らくらくサポート腕置き」を備えており、リラックスしながら測定できるのもポイント。また、無駄な締め付けを軽減する「ぴったりフィット腕帯」採用により、腕の太さにかかわらず適切な加圧が可能です。

オムロン(OMRON) 自動血圧計 スポットアーム 太腕対応 HEM-1040

腕を入れやすい大口径タイプのアームイン式血圧計です。上腕周囲42cmまで対応と、腕の太い方におすすめ。専用ACアダプター付属で電池切れの心配がなく、自宅の決まった位置に設置して測定したい場合に適しています。

2人分の測定結果を84回分記録できるメモリー機能を搭載。また、姿勢や体動を検出して表示する機能も備えています。別売りのプリンタを接続すれば、測定値をプリントアウトできるのも便利です。

テルモ(TERUMO) アームイン血圧計 テルモ電子血圧計 ES-P2020DZ

腕を通すだけで測定できるアームイン式血圧計です。シンプルで大きな操作ボタンを搭載し、測定の開始と終了はボタンひとつ押すだけと簡単。コンパクトなサイズで、限られたスペースに設置したい場合におすすめのモデルです。

単3乾電池で約250回測定できるほか、別売りのACアダプターでも駆動可能。また、オートパワーオフ機能を搭載しており、切り忘れが気になる場合に役立ちます。測定ミスがおこると体動マークで知らせる機能で便利に使えます。

血圧計のおすすめ|手首式

オムロン(OMRON) 手首式血圧計 HEM-6233T

手首にはめて測定する血圧計です。単4形アルカリ乾電池2本で駆動し、場所を選ばず血圧を測定できるのがポイント。外出先でも血圧を測りたい方や、サブ用として備えておきたい方におすすめのモデルです。

本製品は、Bluetooth接続に対応しており、測定データをスマホに転送できるのも便利。正しく測定できる手首の位置がわかる「測定姿勢ガイド」を搭載し、正しい高さになるとランプとマークの点灯で知らせます。家庭高血圧の基準を超えると、血圧確認マークの点灯で知らせる機能も便利です。

日本精密測器(NISSEI) 手首式 デジタル血圧計 WS-20J

見やすさと使いやすさにこだわって開発された手首式血圧計です。大きな文字で測定結果を見やすいほか、巻きやすい「ピッタリカフ」採用で優れた装着感を実現。60回分の測定結果を記録できるメモリー機能を搭載しています。

コンパクトサイズで外出先に携帯しながら使い方におすすめ。独自技術のハイレゾリューションシステムにより、脈波が乱れる間隔を従来モデルより識別しやすい、測定精度の高さも魅力です。単4形アルカリ乾電池2本で駆動します。

シチズン(CITIZEN) 手首式血圧計 CHWH803

L字型本体で手首に装着しやすい「カプッとカフ」採用の血圧計です。腕の筋肉が緊張しやすい方や、麻痺のある方でも装着しやすいと謳われています。測定する本人はもちろん、付き添いの方が装着を補助しやすいなど、手軽に測定できるモデルを求めている方におすすめのモデルです。

脈の感知や体動、不規則な脈間隔を液晶画面にマークで表示する機能を搭載。液晶画面を一段落とし込んだデザインで、誤操作や画面の傷付きを防げます。専用収納ケースが付属しており、持ち運びや保管に便利です。

タニタ(TANITA) 手首式血圧計 BP-213

簡単操作で測定できる手首式血圧計です。開始・終了のボタンを押すだけと、機器の操作が苦手な方でも簡単に測定できるおすすめモデル。また、安価で買い求めやすいのも魅力です。

単4形アルカリ乾電池2本で駆動し、電源を確保できない外出先で使いたい場合にぴったり。メモリー機能を搭載し、最高血圧・最低血圧・脈拍数・測定時の温度を90回分記録できます。直近2回分の測定値を平均して表示する機能も搭載。さらに、アラームを設定できる時計機能を内蔵しているのも便利です。

血圧計のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

血圧計のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

血圧の測り方

正しい姿勢で測る

By: terumo.co.jp

血圧は正しい姿勢で測定しないと、誤差が発生するため注意が必要です。椅子に座り、血圧計を心臓の高さに合わせた位置がもっとも数値が安定するとされています。カフ式やアームイン式はもちろん、手首式で測定する際も同様の位置で測定しましょう。

落ち着いた環境で測る

By: amazon.co.jp

正しく血圧を測定するには、動いた後すぐに測定しないよう注意しましょう。歩いたり、飲食したりすると血圧が上昇してしまい、正確な測定ができません。椅子に座った姿勢で、1〜2分間安静にした後にスイッチを入れるようにしましょう。

同じ時間に測る

By: amazon.co.jp

健康管理で血圧を日常的に測定する場合、同じ時間に測るのが基本です。通常は朝晩各1回以上測定。ただし、医師の指示によっては複数回測定するほか、数回測って平均値を記録する場合もあります。