自分で血中酸素飽和度と脈拍を測定できるパルスオキシメーターは、手軽に健康管理ができる便利な製品です。最近は家庭でも使える小型のモノが多数発売されており、注目を集めています。

しかし、メーカーや生産国によって機能や価格が異なるので、何を基準に選べばよいか迷う方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、パルスオキシメーターの選び方とおすすめの製品をご紹介します。

パルスオキシメーターとは?

By: dretec.co.jp

パルスオキシメーターは、動脈血酸素飽和度と脈拍数を測定する医療機器。動脈血酸素飽和度とは、血中の赤血球に含まれるヘモグロビンの何%に酸素が結合しているかを表す数値です。パルスオキシメーターに指を挟むとプローブの受光部センサーが動脈の血流を検知し、光の吸収値を測定することで動脈血酸素飽和度を計算して表示します。

本体のプローブに指を挟むだけで測定できるので、機械が苦手でも簡単に扱うことが可能です。血中酸素飽和度は一般的に96~99%が標準値で、90%以下になると十分な酸素を全身の臓器に送れない状態とされています。血中酸素飽和度と脈拍の変化を自分の目で確認し、健康管理を行いたい方は取り入れてみましょう。

パルスオキシメーターの選び方

測定の精度をチェック

By: amazon.co.jp

医療機器認証を取得しているかどうかが購入するうえで重要なポイントです。医療機器認証は厚生労働大臣により登録された登録認証機関が、指定高度管理医療機器等について認証を行う制度のこと。医療機器の製造販売業および製造業には医療機器認証の取得が義務づけられているので、製品の品質や信頼性を判断する材料となります。

パルスオキシメーターの精度を見極める際には、JISやISOなどの規格に準拠しているかどうかをチェックしましょう。これらの認証を受けている製品は品質と信頼性が高いため、購入する際の目安になります。

PI値表示があるものがおすすめ

By: amazon.co.jp

パルスオキシメーターのPI値とは、指先を循環する動脈量を表す数値のことです。「PI値が小さい=指先に流れる血液量が少ない」ということになるので、測定不能エラーが出たり測定値が安定するまで時間がかかったりします。

人間の体には冷えたり体調が悪くなったりしたときに、指先の血流を減らして生命活動に重要な臓器に酸素や熱を送る防御反応があります。このような状態のときにPI値が小さくなると、測定時のノイズの影響を受けやすくなるのです。

パルスオキシメーターではPI値が1.0以上ある状態で測定するのが望ましいとされています。血中酸素飽和度を正確に測るためにも、PI値が表示されるモノを選ぶのがおすすめです。

ディスプレイの表示が見やすいモノを選ぼう

By: rakuten.co.jp

パルスオキシメーターの測定数値をはっきり確認するためには、表示が見やすいLEDや有機ELを採用したモノがおすすめです。LEDと有機ELは独立した1粒1粒の素子で文字や絵を表現するので、液晶に比べると文字がはっきり見えます。夜の暗い寝室でも文字や数字がよく見えるため、横になったままでも楽に測定できるのが特徴です。

自分以外の動脈血酸素飽和度を測定する場合は、ディスプレイ表示の向きが変えられるマルチアングル機能を搭載しているモノがおすすめ。測定結果を4方向表示や2方向表示に切り替えられるので、向き合った状態で測定しても相手側から数値が確認できます。子供や高齢者の血中酸素飽和度を測定する際にも便利な機能です。

遮光ガード付きならより正確に計測できる

By: amazon.co.jp

パルスオキシメーターは指先に光を当てることで血中酸素飽和度を測定する医療機器です。そのため、測定の際に周囲の光が強すぎると正しく測定できない可能性があります。屋外や明るい部屋で測定する可能性がある場合は、遮光ガード付きのパルスオキシメーターを使うのがおすすめです。

なお、基本的には直射日光が当たらない場所で計測するようにしましょう。

パルスオキシメーターのおすすめ

カフベンテック パルスオキシメーター PC-60B1

血中酸素飽和度や脈拍が規定値の範囲を超えるとアラームが鳴るパルスオキシメーターです。測定値を見逃しても音で体の異変に気づけるので、健康管理を徹底したい方におすすめ。血中酸素飽和度と脈拍の上限・下限を自分で決めてアラーム設定できます。PI値も測定できるため、血中酸素飽和度をより正確に把握可能です。

JIS規格と生活防水のIPX2に適応しているため、信頼性と品質が高いモノを探している方におすすめ。画面表示は4方向に切り替えができるほか、プレチスモグラフと測定値が同時に確認できます。携帯用のストラップや収納袋も付属している使いやすいパルスオキシメーターです。

グロックス パルスオキシメータ YX301

高精度で信頼性が高いパルスオキシメーターを使いたい方におすすめの製品。本製品は、特定保守管理医療機器(クラス2)認証取得済でCE認証やJIS規格にも適合しており、品質が高いのが魅力です。使用する方の肌の色に関係なく血中酸素飽和度を測定できる技術を採用しています。

マルチアングル機能を搭載し、測定した血中酸素飽和度と脈拍を4方向から確認できるのも便利。また、表示はLEDで測定結果が明るくはっきり見えます。ワンタッチで電源が入り、指を挟むだけで測定できる手軽さもポイント。ストラップも付いているため、首から下げて常に携帯できます。

ちゃいなび パルスオキシメーター MD300CN350

屋外でも血中酸素飽和度を測定できる遮光カバー付きのパルスオキシメーターです。屋外でのスポーツや登山などの前後に、体調管理として血中酸素飽和度を測定したい方におすすめ。携帯に便利な持ち運び用ポーチも付属しています。また、液晶には有機ELを採用しており、暗い場所でも測定結果がはっきり確認可能です。

指を挟んでボタンを押すだけで簡単に測定できるため、機械が苦手な方にもおすすめ。マルチアングル機能により測定結果を4方向に表示できるので、数値をはっきり確認できます。無操作の場合、8秒後に自動でオフになるため、電源の切り忘れがなく電池を無駄にしません。医療機器認証も取得している、高精度のパルスオキシメーターです。

ドリテック(DRETEC) パルスオキシメーター OX-101

ボタン操作で4方向表示と2種類の脈波波形モードを切り替えできるパルスオキシメーターです。自分だけでなく周りにいる方にも測定結果がはっきりと見せられます。また、見やすいカラー液晶を採用し、数値がしっかり見えるのもポイント。医療機器認証を取得しEMC規格にも適合しているため、信頼性が高いのが特徴です。

本体サイズは、幅58×奥行32×高さ32mmとコンパクト。重さも約26gと軽いので、カバンに入れて持ち歩いても重さによる負担がありません。首から下げられるストラップも付いているので、携帯に便利です。さらに、本体に挟んだ指を外すと電源が自動で切れるオートパワーオフ機能搭載で、電源の切り忘れがないのも魅力。コンパクトで扱いやすいパルスオキシメーターです。

富士コンテック(FUJI KOMTEC) パルスオキシメーター FC-P01

血中酸素飽和度と脈拍の測定結果ができるだけ大きく表示されるモノを探している方におすすめの製品。表示の向きを切り替える機能がなく画面全体に測定結果が出るため、はっきりと数値を確認できます。電源を入れて指を挟むだけで簡単に測定できるので、機械が苦手な方でも楽に扱うことが可能です。

医療機器認証を取得しているのもポイント。また、コンパクトサイズで携帯しやすく、ストラップで首から下げて持ち歩くこともできます。いつでも血中酸素飽和度と脈拍を測定したい方におすすめのパルスオキシメーターです。