毎日の睡眠をデータ化し、睡眠の改善へと繋げていく「睡眠計」。寝つきや寝覚めが悪い、ストレスや疲労感が抜けないという方は、睡眠計を活用して自分の睡眠の質を分析してみるのもひとつの手です。

そこで今回は、睡眠計の仕組みや選び方、そしておすすめのアイテムを種類別にご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

睡眠計の仕組み

睡眠計は、睡眠に関するさまざまなデータを取ることが可能。寝入った時間から起床までの睡眠時間を計測できるのはもちろん、深い睡眠や浅い睡眠、さらに途中で目覚めてしまった覚醒時間を計測できるモノもあります。

計測方法は、睡眠中の体の動きをセンサーで検知して睡眠状態を計測するモノが主流です。また、種類によっては呼吸や脈拍などの計測をプラスしたモノもあります。

睡眠計の選び方

種類で選ぶ

据え置き型

By: amazon.co.jp

据え置き型は、枕元に置くだけで睡眠時間を計測できるタイプ。寝返りなど体の動きによって入眠時刻や起床までの時間を計測できます。ラインナップは限られていますが、コンパクトなモノが多くスペースを取らないのがメリット。目覚まし時計のような感覚で手軽に使用できます。ただし、細かい睡眠の質までは計測できない場合が多い点には注意しましょう。

マット型

By: tanita.co.jp

寝具の下に敷いて睡眠状態を計測するタイプです。睡眠計をセットするだけで、普段の生活スタイルを変えることなく睡眠データを取得できるのがメリット。計測も、寝具からの体の動きを感知して自動でオン・オフを切り替えるモデルが多いため、睡眠前後の手間もかかりません。

普段通りの生活スタイルを変えずに、詳細な睡眠データを把握したい方におすすめ。ただし、対応するマットレスの厚さに寝具が適応しないと使用できないため、その点は考慮しておきましょう。

リストバンド型

By: amazon.co.jp

手に装着したまま就寝することで、睡眠の質を計測できるタイプです。商品ジャンルとしては「活動量計」と呼ばれており、ディスプレイとバンド部分の幅を統一した、細身のディスプレイが特徴。軽量なモデルが多く違和感も比較的少ないため、睡眠中に付けやすいのがポイントです。

機能性に富んでおり、睡眠状態はもちろん、歩数や心拍数など健康状態に関わるモノから、スマホの着信通知機能や返信機能を備えたモデルもあります。睡眠に限らず、さまざまな情報を元に健康管理をしたい方におすすめです。

腕時計型

By: amazon.co.jp

商品ジャンルとしては「スマートウォッチ」と呼ばれるモノで、文字通り腕時計の形をしたタイプです。睡眠に関わるデータだけでなく、スマホの着信通知や音声での返信ができる機能を備えたモデルもあり、スマホと同程度の機能を備えているのがメリットです。また、カロリー消費量や血圧計などの機能を搭載しているモノもあり、健康管理にも貢献します。

睡眠計としての使い方は、リストバンド型と同じく腕に巻いた状態で眠るだけ。睡眠中の体動を感知し、睡眠時間などを確認できます。リストバンド型と比較すると、ディスプレイが大きく見やすいのも魅力です。

スマホやPCとの連携機能をチェック

By: amazon.co.jp

睡眠計の多くは、スマホやパソコンとの連携が可能です。なかには、快眠へと促す呼吸法や目覚まし音楽の選択など、睡眠計ならではの機能に対応するモノもあります。スマホと同期させることで、週単位や月単位でデータが閲覧できるため、睡眠の改善策を立てやすいのもポイントです。

バッテリーの持続時間をチェック

睡眠計のうち、常に身に着けて使用するリストバンド型と腕時計型のモデルは、バッテリーの持続時間も確認すべきポイント。長いモノでは、最大1週間以上バッテリーが持続するモノもあります。基本的に充電中は睡眠計としての機能を使用できないため、なるべく長持ちするモノがおすすめです。

睡眠計のおすすめモデル|据え置き型

オムロン(OMRON) ねむり時間計 HSL-004T-R

オムロン(OMRON) ねむり時間計 HSL-004T-R

枕元に置いてボタンを押すだけで睡眠状態を計測できる据え置き型睡眠計です。寝つくまでの時間や睡眠中の寝返り、目覚ましが鳴ってから起床までにかかった時間などをセンサーで検知して計測。自分の睡眠時間や状態を、より正確に把握することが可能です。

また、専用アプリに搭載された「呼吸トレーニング」メニューにより、副交感神経を優位の状態にすることで就寝前のリラックスを促し、よりスムーズな寝つきをサポートできると謳っています。

さらに、取得したデータをアプリに転送することで、1週間分のデータを5つの指標で評価し、「夜更かし型」「朝寝坊型」といった眠りの特徴を判定。それぞれの特徴に合わせてアドバイスしてくれるほか、期間ごとのデータ管理により、眠りの傾向や変化も把握できます。

温湿度センサーを内蔵し、寝室環境が快適かどうかをアプリ上で確認できるのもポイント。快適な睡眠を多角的にサポートしてくれるおすすめの睡眠計です。

睡眠計のおすすめモデル|マット型

タニタ(TANITA) 睡眠計 スリープスキャン SL-511-WF2

タニタ(TANITA) 睡眠計 スリープスキャン SL-511-WF2

センサーマットを敷いて寝るだけで簡単に使える睡眠計。マットに横になるだけで自動検知され、計測用のスイッチはないため、計測のし忘れが起こらないのがポイントです。高感度体動センサーを内蔵しており、睡眠を詳しく計測します。

取得したデータは専用サイト「からだカルテ」に自動送信され、計測結果をスマホやPCに表示可能。睡眠タイプに合わせた快眠のためのアドバイス表示も行ってくれ、よりよい睡眠習慣づくりに役立てられます。

なお、「からだカルテ」サービスは3年間無料で使用できますが、4年目以降は有料。また、Wi-Fi接続が可能な据え置き型のルーターが必要です。さらに、接続設定にWindows PCが必要になる場合もあります。

Withings スマート睡眠パッド

フランスに本社を置く家電メーカー「Withings」のマット型睡眠計です。寝具の下に敷いて寝るだけで睡眠を分析できます。62×19×0.5cmとコンパクトな本体に高度センサーを内蔵し、眠りの深さや覚醒時間、規則性などの睡眠スコアをスマホで確認できます。

また、睡眠サイクル・呼吸速度・いびき・心拍も同時に計測。自分の睡眠状態を詳細に把握でき、改善策を立てることが可能。無料のスマホアプリ「Health Mate」と連携することで、コーチングプログラムも利用できます。

対応するWebサービス同士を連携できる「IFTTT」機能も備え、ほかのIFTTT対応端末のスイッチとしても機能。自動での消灯や部屋の温度を変えることも可能です。

睡眠計のおすすめモデル|リストバンド型

フィットビット(Fitbit) フィットネストラッカー Charge 3 FB410RGGY-CJK

フィットビット(Fitbit) フィットネストラッカー Charge 3 FB410RGGY-CJK

睡眠計としての性能と機能を重視するフィットビットによる、活動量計の上位モデル。24時間連続で計測可能な心拍数センサーを搭載しているのが特徴です。

高精度な心拍計測と寝返りの検知により、浅い眠り・レム睡眠・ノンレム睡眠と、3段階で睡眠の質を把握できる「睡眠ステージ」計測が可能。計測データのレポートとスマホ向け専用アプリの活用により、睡眠の質の改善に役立てられます。

また、最大7日間バッテリーが持続するスタミナもポイントです。さらに、タッチインターフェイスによる快適な操作性も魅力。15種類以上のエクササイズの記録に対応し、水深50mまでの高い防水性能を備えているので、スポーツ用のウェアラブルデバイスとしてもおすすめです。

ファーウェイ(HUAWEI) スマートバンド Band 4 Pro

ファーウェイ(HUAWEI) スマートバンド Band 4 Pro

高性能ながら手頃な価格で購入できるモデルです。従来モデルに比べて、通常使用時が約12日、GPS使用時で約7時間とバッテリー持ちが向上。また、対応するスポーツモードも11種類に増えています。

24時間モニタリング可能な心拍計と連動させて分析する、高性能な睡眠計機能を搭載。さらに、専用アプリ「HUAWEI TruSleep 2.0」の使用により睡眠量の可視化が可能です。加えて、6種類の睡眠に関する課題を取り上げ、睡眠によいとされる情報を提供。睡眠の質を向上させる助けになります。

着信やスケジュールなどの情報表示・スマホ探索・リモート撮影機など豊富な機能を搭載しており、スマホと連動できるスマートウォッチとしても充実しています。

ガーミン(GARMIN) アクティブトラッカー vivosmart4

ガーミン(GARMIN) アクティブトラッカー vivosmart4

ガーミンによる活動量計の上位モデル。心拍計を内蔵することにより、睡眠深度をはじめ、詳細な睡眠計測が可能なのが特徴です。心拍変動からストレスレベルを表示する機能も搭載。起床しているときの生活やメンタルのケアに役立てることで、睡眠の質の向上を目指せます。

スマホの通知・着信などの表示に対応。そのほか、音楽の再生・停止などの操作も可能なのも便利です。視認性に優れた「低反射カラーMIPディスプレイ」とタッチパネルによる操作性の高さも魅力のモデルです。

ポラール(POLAR) 活動量計 A370

ポラール(POLAR) 活動量計 A370

フィンランドの健康家電メーカーによるリストバンド型活動量計。もともと心拍計を得意としているメーカーであり、本モデルも心拍数計測を加えることで精密な睡眠計測ができるのが特徴です。

加速度センサーと連動させ、動きがあったときや心拍数が上昇した場合に記録を開始する省電力設計を採用。1回の充電で4日間のバッテリー持続を実現しています。

PCとスマホで利用できるアプリ「Polar Flow」を用意。毎日の活動量と睡眠を記録して、日・週・月ごとのデータを確認可能です。睡眠の改善から健康の増進、各種トレーニングの効果を高めるといった目的に役立てられます。

シンプルでスタイリッシュなデザインも魅力。ファッション性の高い睡眠量計としてもおすすめできます。

サムスン(Samsung) アクティブトラッカー Galaxy Fit SM-R370NZ

サムスン(Samsung) アクティブトラッカー Galaxy Fit SM-R370NZ

アクティビティ・睡眠・心拍・ストレスの4つを計測できると謳うリストバンド型活動量計です。レム睡眠を含む日々の睡眠をアルゴリズムで計測し、睡眠ステージを計測可能。また、目に見えない日々のストレスの負荷を、心拍アラートや呼吸ガイドにより、継続的に計測しながら可視化することも加えて、睡眠の改善や体調の管理に役立てられます。

最長7日間のロングバッテリーもおすすめのポイント。無線充電に対応するのも便利です。水泳でも使用可能な5ATM防水等級に対応するので、屋外やスポーツ時の使用にも適しています。

山佐(YAMASA) ウェアラブル万歩計 anemos fit AW-001

山佐(YAMASA) ウェアラブル万歩計 anemos fit AW-001

国内メーカー品としては手頃なリストバンド型活動量計のひとつ。歩数・消費カロリー・歩行距離などの計測によるスポーツ用途に加え、睡眠モニター機能により睡眠が管理可能です。専用スマホアプリの使用により、過去の履歴データを閲覧・比較でき、健康管理に役立てられます。

手首へのフィット感を追求したデザインにより、寝ているときに着けっぱなしでも快適。リーズナブルながらもIP67防水・防塵対応で、屋外でのタフな使用にも適しています。

また、本体のUSB端子を使って簡単に充電ができ、最大6日間持続するロングバッテリー。充電時間は約45分と短いのも魅力です。着信やメッセージの通知などスマホのアクセサリー機能も多数搭載。使い勝手のよい睡眠計としておすすめです。

睡眠計のおすすめモデル|腕時計型

Briskyjp スマートウォッチ

Briskyjp スマートウォッチ

リーズナブルながらも、活動量計・心拍計・スポーツウォッチの3役をこなす多機能モデル。低価格モデルとしては睡眠計としての機能が充実しているのが特徴です。

浅い睡眠であるレム睡眠と、深い睡眠であるノンレム睡眠それぞれの時間を記録して、専用スマホアプリで睡眠データの分析ができます。また、スマホと連携すればメッセージアラート機能が利用可能。電話・LINE・SNSなどの通知に幅広く対応していて便利です。

雨や運動中の汗に強いIP67の防水・防塵仕様も魅力。睡眠中だけでなく、幅広いシーンで使用したい方におすすめのモデルです。

スント(SUUNTO) 3 FITNESS

健康管理に関する機能が充実したスマートウォッチ。睡眠時間と睡眠効率を計測できるほか、睡眠による疲労回復度も併せて本体のディスプレイで確認できるのが特徴です。

アメリカ各地で開催しているCES 2018 「Editor’s Choice Awards」を受賞した、デザイン性のよさも魅力。心拍センサーを内蔵しており、手首での計測が可能です。