毎日の睡眠をデータ化し、睡眠の質を改善するのに役立つ「睡眠計」。寝つきや寝覚めが悪い、ストレスや疲労感が抜けない方は、睡眠計を活用して自分の睡眠の質を分析してみるのもひとつの手です。

そこで今回は、睡眠計の仕組みや選び方、おすすめアイテムを種類別にご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

睡眠計の仕組み

睡眠計は、睡眠に関するさまざまなデータを確認できるアイテム。寝入った時間から起床までの睡眠時間を計測できるのはもちろん、深い睡眠や浅い睡眠、さらに途中で目覚めてしまった覚醒時間を計測できるモノもあります。

計測方法は、睡眠中の体の動きをセンサーで検知して睡眠状態を計測するのが主流です。また、製品によっては呼吸や脈拍などの計測機能が備わったモノもあります。

睡眠計のメリット

By: amazon.co.jp

睡眠計は就寝時間や起床時間、睡眠の深さなどを測定できる便利なアイテム。データから睡眠の質を把握することで、主に体調管理や生活習慣病の予防などに用いられます。また、日常の運動量や食生活は睡眠の質に大きく関係するといわれており、睡眠データを用いて生活スタイルを見直したい方にもおすすめです。

睡眠データの分析により、自分に合った睡眠計画を立てやすいのもメリット。眠りの浅い状態の「レム睡眠」とぐっすり寝ている状態の「ノンレム睡眠」のサイクルを把握すれば、適切な起床時間を知ることも可能です。睡眠データの測定と生活習慣の見直しを繰り返すことで、健康的な生活スタイルを目指しましょう。

睡眠計の選び方

種類で選ぶ

据え置き型

By: amazon.co.jp

据え置き型は、枕元に置くだけで睡眠時間を計測できるタイプ。寝返りなど体の動きによって入眠時刻や起床までの時間を計測できます。ラインナップは限られますが、コンパクトなモノが多く、スペースを取らないのがメリット。目覚まし時計のような感覚で手軽に使用できます。

なお、細かい睡眠の質までは計測できないモノが多い点には留意しておきましょう。

マット型

By: tanita.co.jp

寝具の下に敷いて睡眠状態を計測するタイプです。睡眠計をセットするだけで、普段の生活スタイルを変えることなく睡眠データを取得できるのがメリット。計測方法は、寝具からの体の動きを感知して自動でオン・オフを切り替えるモデルが多いため、設定の手間もかかりません。

普段通りの生活スタイルを変えずに、詳細な睡眠データを把握したい方におすすめ。なお、寝具が厚すぎると適応しない場合がある点には留意しておきましょう。

リストバンド型

By: amazon.co.jp

手に装着したまま就寝することで、睡眠の質を計測できるタイプです。「活動量計」と呼ばれることもあり、ディスプレイとバンド部分の幅を統一した、細身のボディが特徴。軽量なモデルが多く違和感も比較的少ないため、睡眠中につけやすいのがポイントです。

高性能なモデルが多いのも魅力。睡眠状態はもちろん、歩数や心拍数などの健康状態に関わるデータを把握できるモデルや、スマホの着信通知機能や返信機能を備えたモデルも存在します。睡眠だけでなく、さまざまな情報を元に健康管理をしたい方におすすめです。

腕時計型

By: amazon.co.jp

製品ジャンルとしては「スマートウォッチ」と呼ばれるモノで、名前の通り腕時計の形をしたタイプです。睡眠に関わるデータだけでなく、スマホの着信通知や音声での返信ができる機能を備えたモデルもあり、スマホと同程度の機能を備えているのがメリット。また、カロリー消費量や血圧計機能を搭載したモノは、日々の健康管理にも役立ちます。

睡眠計としての使い方は、リストバンド型と同じく腕に巻いた状態で眠るだけ。睡眠中の体動を感知し、睡眠時間などを確認できます。リストバンド型と比較すると、ディスプレイが大きく見やすいのも魅力です。

機能で選ぶ

便利な目覚まし機能をチェック

睡眠の質を向上するためには、適切なタイミングで起床することも重要です。睡眠計には、設定時刻にアラームが鳴る目覚まし機能を備えたモデルや、眠りが浅く起きやすいタイミングに自動でアラームを鳴らすモデルもラインナップされています。

なかには、音だけでなく振動で起床時間を知らせる「サイレントアラーム」タイプも存在。家族や同居しているパートナーと一緒に寝ている場合に、目覚ましの音で迷惑をかけたくない方におすすめです。

スマホやPCとの連携機能をチェック

By: amazon.co.jp

睡眠計の多くは、スマホやパソコンとの連携が可能です。なかには、快眠をサポートする呼吸法や目覚まし音楽の選択など、睡眠計ならではの機能を備えたモノもあります。また、スマホと同期させれば週単位や月単位でデータが閲覧できるため、睡眠の改善策を立てやすいのもポイントです。

バッテリーの持続時間をチェック

常に身につけて使用するリストバンド型や腕時計型の睡眠計を選ぶ場合、バッテリーの持続時間もチェックしておきたいポイント。なかには、7日間以上バッテリーが持続するモノもあります。基本的に充電中は睡眠計としての機能を使用できないため、なるべく長持ちするモノを選ぶのがおすすめです。

睡眠計のおすすめモデル|据え置き型

Powered by Sleepace スマート睡眠トラッカー SleepDot B502T

簡単アプリで、睡眠が見える。快適な眠りを

使用している枕に、マグネットで挟んで使用する据え置き型睡眠計。ウェアラブルタイプに抵抗を感じる方におすすめです。本製品は、睡眠サイクル・寝返り回数・室内温度・室内湿度を自動で測定可能。専用アプリで毎日の睡眠をスコアで表示して、睡眠の質の向上に役立つ分析結果や改善案を提供します。

アプリ内の友人登録機能を活用すれば、離れた家族の見守りにも活用可能。ボタン電池で約2ヶ月間使用でき、電池交換の手間がかからないのもポイントです。

オムロン(OMRON) ねむり時間計 HSL-004T

呼吸トレーニングで、すんなりと眠りへ

自分の睡眠データをしっかり記録できる、据え置き型睡眠計。寝返りなどの寝具の動きを感知し、寝つき時間・睡眠時間・起床にかかった時間を測定可能です。また、スマホのアプリと連動させれば、毎日の睡眠状態をチェックできます。

1ヶ月ごとの睡眠状態のバラつきも記録できるので、過去のスケジュールや体の状態に照らし合わせてデータを確認可能。さらに、専門家監修の3種類のオリジナルメニューを搭載しているのも魅力です。メニューに沿って呼吸トレーニングをおこなうことで副交感神経を優位にするなど、スムーズな寝つきをサポートします。

好きな音楽や音で目覚められる「スッキリアラーム」機能も搭載されており、目覚まし時計として使えるのもメリット。自分の眠りをチェックしながら、睡眠の質を高めたい方におすすめの製品です。

睡眠計のおすすめモデル|マット型

タニタ(TANITA) 睡眠計 WI-FI スリープスキャン SL-511-WF2

自動で管理。数値をもとに睡眠の質を高める

寝具の下に設置して寝るだけで測定を開始する、マット型睡眠計です。高精度体動センサーにより、就寝・起床を自動判別。無線LANが内蔵されており、測定データを自動的に健康管理サイト「からだカルテ」に蓄積します。パソコンやスマホで簡単に測定データをチェックできるので、難しい操作が必要ないモデルを探している方におすすめです。

また、「からだカルテ」では、睡眠のタイプを数値で判定して適切なアドバイスを表示。睡眠の深さやリズム、深さごとの時間や割合も確認できます。そのほか、測定結果を目安の標準値と比較できる機能も便利です。

Withings スマート睡眠パッド WSM02-ALL-JP

睡眠スコアをチェックして、すっきりした目覚めに

マットレスなど寝具の下に挿入して測定するマット型睡眠計です。Wi-Fi接続による簡単設定で、スマホと自動的に同期させれば準備が完了。手軽に睡眠を改善したい方におすすめです。マットレスの厚さ10~40cmに対応します。

レム睡眠・ノンレム睡眠の睡眠サイクルを分析して、睡眠スコアで睡眠の質をチェックするのもポイント。心拍数やいびきを検出する機能のほか、アルゴリズムの分析により呼吸の乱れを検知する機能も備えています。

睡眠計のおすすめモデル|リストバンド型

フィットビット(Fitbit) Charge4 GPS搭載フィットネストラッカー FB417BYBY-FRCJK

寝ている間の酸素レベルも確認できる。健康維持にも

心拍数・歩数・距離・消費カロリーなど1日のアクティビティデータを記録する、リストバンド型の睡眠計です。GPSを内蔵しており、屋外での運動データをスマホなしで記録できます。睡眠の質の向上したい方だけでなく、健康のために運動を日常的に取り入れたい方にもおすすめのモデルです。

手首に装着すれば、浅い眠りや深い眠りのデータを測定し、睡眠ステージや睡眠スコアの数値により睡眠の質をチェック。睡眠中の血流に含まれる酸素レベルの変動をグラフで確認できるのもポイントです。

また、着信やメッセージの受信、アプリの通知などをディスプレイに表示して知らせる機能も便利。そのほか、一度の充電で最大7日間使用できるのも魅力です。

フィットビット(Fitbit) AltaHR フィットネストラッカー FB408SBKL-CJK

機能充実すっきりとしたデザイン。運動不足の解消にも

スリムでスタイリッシュなデザインのリストバンド型睡眠計です。手首に装着すれば、睡眠時間のサイクルを自動で検知して記録します。浅い睡眠や深い睡眠など、眠りの質を詳しくチェックできるのが魅力。睡眠の質を向上して、生活習慣を見直したい方におすすめです。

サイレントアラーム機能を搭載しており、周囲に迷惑をかけずに起床しやすいのもポイント。また、歩数・距離・消費カロリーなど日常の活動を自動で記録できるほか、ランニングやサイクリングなどの運動モードを自動で切り替えながら記録できます。

1時間に250歩以上の活動がない場合に運動を促すアラート機能もついているため、運動不足が気になる方にもぴったりです。

ファーウェイ(HUAWEI) Band 4 pro

GPS搭載で、スマホがなくても快適に

0.95インチのカラータッチスクリーンを搭載した、リストバンド型睡眠計。スタイリッシュな外観で、デザインにこだわりたい方にぴったりです。本製品は、睡眠中の心拍数をモニタリングして睡眠状態を分析する仕組み。深い睡眠・浅い睡眠・レム睡眠・目覚めている時間をスマホに表示し、スコアで睡眠の質をチェックできます。

GPSが内蔵されており、ランニングやサイクリングの際にスマホを持たずにデータを記録できるのもポイント。また、手首を上げるだけで着信やメッセージの通知を確認できるほか、スマホの音楽再生にも対応しています。バッテリーの持続時間は通常使用の場合で約12日間、GPS使用時は約7時間。長時間連続で使用できるおすすめモデルです。

ガーミン(GARMIN) アクティブトラッカー 活動量計 vivosmart4

見やすいディスプレイ、ストレス測定、色んな視点から健康に

薄型のリストバンドに金属ベゼルを合わせた、おしゃれな睡眠計です。解像度48×128ピクセルのディスプレイは視認性に優れており、周囲の明るさに合わせて輝度を自動で調節可能。直射日光下などの明るい場所でも見やすく、屋外でアクティブに使用したい方におすすめです。

本製品は、浅い睡眠・深い睡眠・レム睡眠状態を自動で記録する仕組み。測定した睡眠データは、専用アプリを使ってスマホで確認できます。また、心拍計を内蔵しているのもポイント。心拍数から最大酸素摂取量を推定することで、フィットネスレベルをチェックできます。

そのほか、ストレス測定機能も搭載しているなど、さまざまな観点から健康づくりに役立つモデルです。

睡眠計のおすすめモデル|腕時計型

ポラール(POLAR) IGNITE GPSフィットネス ウォッチ 90071063

呼吸を整えて、よりよい睡眠を

大きなカラータッチディスプレイを搭載した、データなどを確認しやすい腕時計型睡眠計です。睡眠時間やレム睡眠・ノンレム睡眠のサイクルを自動で分析可能。睡眠スコアにより、数値で日々の睡眠状態をチェックできます。また、正しい呼吸法を取り入れられる「呼吸法エクササイズガイド」も備わっており、本格的に睡眠の質を向上させたい方におすすめです。

GPSが内蔵されているので、屋外でトレーニングをおこなう際にも便利。30m防水仕様で、スイミングなどで着用したい場合にも適しています。そのほか、光学式センサー式心拍計も搭載しており、精度の高い心拍数計測をトレーニングに活かしたい方にぴったりです。

スント(SUUNTO) SUUNTO 3 スマートウォッチ

回復目安を確認し、運動量のバランスを保てる

24時間装着することで、睡眠の質やストレスの回復度をチェックしやすい腕時計型睡眠計です。睡眠時間だけでなく、睡眠の疲労回復の目安となるデータも表示します。また、毎日の歩数や消費カロリーも自動的に測定でき、運動量と休息のバランスを見直したい方にもおすすめです。

さらに、専用アプリと同期することで、スマホでエクササイズデータや睡眠傾向の最新情報をチェック可能。スマホのGPS機能を利用して速度・距離・ルートを記録できるため、屋外でのトレーニングにも役立ちます。そのほか、「アダプティブトレーニングガイド」機能を利用すれば、運動レベルやトレーニング履歴から推奨トレーニングプランを作成可能です。

フィットビット(Fitbit) Fitbit Versa3

体温の変動を記録して、眠りの深さを確認

自分の睡眠の質を、より正確に把握したい方におすすめの腕時計型睡眠計。浅い睡眠・深い睡眠・レム睡眠の時間を記録してスコアを表示する仕様です。睡眠時の推定皮膚温度も記録できるため、体温変動による睡眠の深さをチェックするのに役立ちます。

1日24時間の心拍数を測定して、カロリー消費を記録したり自分に適したフィットネスレベルを確認したりできるのも魅力。また、マイクとスピーカーを搭載しており、スマホとBluetooth接続すればハンズフリー通話もできて便利です。カラーはピンクやブラックがラインナップされており、デザインもおしゃれ。健康的な毎日をサポートする腕時計型の睡眠計です。

itDEAL スマートウォッチ

睡眠パターンを整える

睡眠中の深い眠りと浅い眠りを、スマートフォンのアプリに記録できる腕時計型の睡眠計。毎日の眠りの質を確認して、睡眠パターンを調節したい方におすすめです。24時間の心拍測定や、運動によるカロリー消費量計算もできるので、日々の健康管理に役立ちます。また、IP68の高い防水・防塵性能を備えており、水場でのレジャーやスポーツをする際も着用可能です。

6種類のデフォルト文字盤に、自分の好きな待ち受け画面を1種類設定できるのもポイント。その日の気分に合わせて切り替えられます。さらに、時計はデジタルだけでなくアナログでも表示可能です。

操作性の高いフルタッチスクリーンを搭載しており、楽に扱えるのもメリット。そのほか、Bluetooth5.0接続の低消費電力モードにより、1回の充電で8~15日間の連続使用が可能です。