「車中泊マット」は旅館やホテルに泊まらず、車中泊を選択する際に重宝するアイテムです。車中泊は移動するタイミングや起床時間を気にせず、自由気ままに過ごせるのが魅力。車中泊をより快適にするためには、車中泊マットは必要不可欠です。

そこで今回は、車中泊マットのおすすめ製品をご紹介。あわせて快適に効率よく休息を取るための車中泊マットの選び方も解説します。

車中泊マットの選び方

車に合ったサイズを選ぼう

By: amazon.co.jp

車中泊マットを選ぶ場合、車の大きさや内装に合ったサイズのモデルがおすすめです。とくに後部座席用のマットはサイズが合わないと使用できなかったり、隙間があると寝心地が悪くなったりします。また、バンタイプなどの車種で後部座席も利用する方は、連結できるタイプの車中泊マットもおすすめです。

ただし、基本的に車内の収納スペースには限りがあるため、折りたたみ式のモデルや空気を入れて膨らませるモデルを選ぶなど、車の広さに応じた収納サイズのモノを選びましょう。

空気の入れ方もチェック

手動式

By: amazon.co.jp

エアーポンプや息でふくらませるタイプが手動式の車中泊マットです。自分で空気を入れる方式であり、加減で硬さを調節しやすいのがメリット。自分好みの寝心地を重視したい方に適しています。比較的安価なモデルが多いのも魅力。電動式のエアーポンプを使用すれば、スピーディーなセッティングも可能です。

ただし、電動式のエアーポンプでないと自力で空気を入れるのは体力と時間がかかって大変。とくに大型サイズの車中泊マットの場合、体力に自信のない方には向いていません。選ぶ際は、電動のエアーポンプが標準で付属しているかチェックしておくのがおすすめです。

自動膨張式

By: amazon.co.jp

バルブを開けると自動的に空気が入るタイプが自動膨張式です。マット内部に高反発ウレタンフォームを内蔵しており、インフレータブル式とも呼ばれています。バルブを開けるだけでセッティングできる手軽さが魅力。エアーポンプや息を吹き込むタイプのように力を必要とせず、体力に自信のない方でも簡単に空気を入れられます。

片付ける際もバルブを開ければ自然と空気が抜けるのも便利です。付属の収納袋がポンプになってスピーディーに入れたいときや、空気の量を調節したいときに役立つモデルもあるのでチェックしてみてください。

厚さは10cm以上がおすすめ

By: coleman.co.jp

車中泊マットの厚みはモデルによってさまざまです。厚みがあるほど車内の段差が気にならず、快適な使い心地を得られるため、厚さ10cm以上のモデルがおすすめです。とくに、シートをフラットにしたときに段差が気になる車種の場合はしっかり厚みをチェックしておきましょう。

凹凸が気になる状態で長時間寝ると背中や腰を痛める恐れがあるため、極端に厚みの薄いモデルを選択しないよう注意が必要。ただし、厚みがあるほど収納時サイズが大きくなるため、軽自動車や荷物が多く荷室のスペースに余裕がない場合には、厚さ8cm以下のモデルも視野に入れてみてください。

収納時のサイズも忘れずに確認

By: fieldoor.com

車中泊マットは、使用後に空気を抜いてコンパクトに収納できます。旅行や釣りなどで車内にほかの荷物を詰め込む場合、ほとんどスペースに余裕がありません。

限られたスペースを活用する点でも車中泊マットの収納サイズは重要です。収納時にリュックへ収まるサイズであれば運用しやすく、必要に応じてテントなどにも気軽に持ち込めます。クッション性とコンパクト性のバランスを考え、自身の予定に合ったモノを探してみてください。

秋冬用は断熱性にも注目

By: amazon.co.jp

秋冬の気温が低い季節に車中泊する場合は、マットの断熱性にも注目です。寒いときは低いところからの冷気がマットまで伝わってきます。なるべく快適に車中泊するためには、冷たさが体に伝わらず熱のこもりにくいモデルを選ぶのがおすすめです。

とくに、朝まで長時間過ごす際には注意が必要。山に近い場所では、夏でも朝の冷え込みが厳しい場合があります。快適に眠るためにも、断熱性をはじめ機能性に優れているかをチェックしてみてください。

車中泊マットのおすすめ

コールマン(Coleman) キャンパーインフレーターマット ダブルセットII

2枚組ながらコンパクトに収納できる

厚さ約5cmの車中泊マットです。自動膨張式で手軽に空気を入れられるのが魅力。2枚組セットで車中泊やキャンプなどシーンに合わせて使用したい方におすすめのモデルです。

約20×70cmのコンパクトな状態で専用ケースに収納可能。荷物が多くて収納スペースに困っている場合に重宝します。専用ケースが空気入れ代わりになるのも便利。空気をすばやく注入したいときや硬さを自分好みに調節したいときに役立ちます。

キングキャンプ(KingCamp) 車中泊マット

シートを倒さず簡単にセッティングできる

シートをフラットにしないで後部座席に設置できる車中泊マットです。付属の電動ポンプで簡単かつスピーディーにセッティング可能。人間工学に基づいた設計で使い心地のよさを追求しているおすすめモデルです。インフレータブル式の枕が2個付属しており、別途買い足す必要がありません。

起毛素材を採用したサラッとした肌触りも魅力。汗をかいてもべたつかず、長時間の車中泊でも快適に過ごせます。空気を抜けばコンパクトな状態で保管可能。専用収納袋も付属しています。グリーンとネイビーの2色から選べるのでチェックしてみてください。

PGMARO 車中泊用 エアベッド

ミニバンやSUVにもおすすめのワイドタイプ

使用時サイズ幅が約180×奥行132×厚さ5cmのワイドタイプの車中泊マットです。ミニバンやSUVなど大型車にも対応可能。バルブを開けるだけで空気を入れられる自動膨張式で、手間なくセッティングしたい方におすすめのモデルです。

高反発ウレタンフォームを採用した快適な使い心地も魅力。長時間の車中泊でも安心して使えます。枕が一体になっており、別途用意する必要がないのもポイント。空気を抜けば約23×65cmのコンパクトな状態になり、付属されている専用袋に収納できるので便利です。

IREGRO 車中泊マット

スピーディーかつ力を必要としない手軽さが魅力

付属の電動ポンプで空気を入れる車中泊マットです。車のシガーソケットから給電可能。約4分で空気が入るので、スピーディーかつ力を必要としない手軽さが魅力のおすすめモデルです。使用後に空気を抜いて折りたためば、コンパクトな状態で付属の収納袋に仕舞えます。

サイズ約180×128cmのワイドタイプでミニバンやハイエース、SUVなど大型車に対応可能。約12cmの厚みで内部に高密度ウレタンフォームを封入しており、長時間の就寝でも身体に負担が少なく使えます。体圧を分散させる効果があるウェーブデザインにより、疲れにくいのもポイントです。

Ceme 車中泊マット

就寝スペースを確保できない場合におすすめ

後部座席にシートを倒さずに設置できる車中泊マットです。キャンプ道具や釣り道具など荷物が多く、就寝スペースを確保できない場合におすすめ。空気の入れ具合を調節すれば、車内幅の狭い車種でも対応できます。

付属の電動ポンプを使えば、簡単に空気の注入が可能。マットは分離できる仕様になっており、独立のバルブで別々に空気を入れられるのも便利です。表地に肌触りのよい起毛素材を採用しており、休息時間をサポートします。

コールマン(Coleman) エクストラデュラブルエアーベッド 2000031958

極厚タイプで、凹凸を気にせず快適な寝心地を実現

空気の注入と排出が可能な電動ポンプ付属の車中泊マットです。使用時のサイズが約185×97cmでミニバンやSUVなど大型車での使用におすすめ。約20cmもの極厚タイプで凹凸を気にせず快適な寝心地を実現します。空気を抜けば約36×30×9cmのコンパクトサイズに収納できます。

生地に伸びにくく破れにくい「PUNCTURE GUARD」を採用しているのもポイント。従来モデルと比較してパンク性能47%、強度25%アップしていると謳っています。耐久性が向上しながら30%軽量化した、持ち運びのしやすさも魅力です。

サーマレスト(THERMAREST) キャンプマットレス モンドキング3D

設置・撤収に手間と時間がかからない

同社のマットレスラインナップでも断熱性が高いと謳われている車中泊マットです。下からの冷気を中央のフォーム層で遮断し、上面の凹部に身体から出る熱をため込む仕組み。秋冬の肌寒い季節に車中泊をする際に、効果が高いおすすめモデルです。

使用時の厚みが約10cmあり、段差を吸収して快適な使い心地を実現。表面のストレッチニットはビロードのような肌触りで、心地よい眠りをサポートします。ツインロックバルブ採用の自動膨張式で設置・撤収に手間と時間がかからないのも魅力です。

シートゥサミット(SEA TO SUMMIT) コンフォートプラスS.I.マット ST81114

快適性と収納性を両立した車中泊マット

自動膨張式で手間なく空気を入れられる車中泊マットです。8cmの厚みによって快適性と収納性を両立。エンボス加工を施した外観も魅力的なモデルです。

滑り止めプリントを施しているのも特徴。寝袋を使用したときにズレにくく、快適なポジションをキープできます。30Dポリエステルストレッチニットを採用しているのもポイント。やわらかくあたたかい肌触りで車中泊をサポートします。

フィールドア(FIELDOOR) 車中泊マット

お手入れしやすいポリエステル生地を採用

高密度ウレタンフォームを封入した厚さ約10cmの車中泊マットです。口径約22mmの大型2重バルブ搭載の自動膨張式で、バルブを開くだけで簡単に膨らむのが特徴。手間なく力不要で空気を入れたい方におすすめのモデルです。体重を乗せることで内部の空気が抜けて、コンパクトに収納できます。

側面のボタンで連結も可能。2個セットもラインナップしており、車中泊はもちろんキャンプでも活躍します。マットにはお手入れしやすいポリエステル生地を採用しているのもポイント。飲み物をこぼしてもサッと拭き取れるので安心して使えます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 車中泊マット

適度な反発力で、寝返りを打ちやすい

マットと枕が一体になっている車中泊マットです。弾力のある高密度ウレタンフォームを封入しており、疲れにくい設計。適度な反発力で寝返りを打ちやすく、長時間の車中泊でも疲れにくいのが魅力です。

自動膨張式なのでバルブを開くと約5分で膨らみ、息を吹き込めば硬さの調節も可能です。2セット用意すれば、側面のボタンで連結できるのも便利。また、撥水性に優れた生地を採用しており、飲み物をこぼしても簡単に拭き取れます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) インフレーティングマット UB-3005

自然に空気が注入される自動膨張式で設置が簡単

高性能ながらリーズナブルなアウトドアアイテムを展開している「キャプテンスタッグ」の車中泊マットです。使用時サイズが約188×58cmで大人ひとりが寝るのにぴったりなサイズ。厚さ2.5cmの薄さながら、優れた弾力性で快適な使い心地を実現しています。段差が気にならない車種に設置するのにおすすめです。

生地にはPVC加工を施したポリエステルを採用し、高強度と防水性を備えているのが特徴。バルブを開ければ自然に空気が注入される自動膨張式で設置・撤収が簡単です。専用収納袋を使ってコンパクトに収納できるのも便利。重さ約900gの軽さで持ち運びも楽々です。

オットスタイル(ottostyle.jp) 低反発マルチマットレス

身体の一点に負荷が集中せず、疲れにくい

1cm低反発ウレタンと3cmウレタンの二層構造を採用している車中泊マットです。適度な硬さでゆっくりと沈み込み、体圧を均一に分散させるのが特徴。広げればそのまま使えるタイプで、手間なく手軽に使いたい方におすすめのモデルです。

手で押してもすぐに戻らない粘性により、圧迫感なく横になれるのもポイント。身体の一点に負荷が集中せず、疲れにくい寝心地を実現します。撤収時にさっと丸めて持ち運びできるのも便利です。

スノーピーク(snow peak) キャンピングマット2.5w TM-193

アウトドアブランド「スノーピーク」の車中泊マットです。使用時サイズ198×77cmで大人ひとりがゆとりをもって寝られるワイドタイプ。マット内部に軽量ウレタンフォームを封入しており、快適な眠りをサポートするおすすめモデルです。

軽い力で開閉できるバルブ搭載の自動膨張式でセッティングも簡単。裏地にノンスリップ加工を施しており、傾斜でずれるのが気になるときに役立ちます。収納ケースがエア注入バッグになるのも便利。スピーディーにセッティングしたいときや硬さを調節したいときに活躍します。

オンリースタイル(ONLYSTYLE) 車中泊専用マット

厚さ約10cmの車中泊マットです。内部に高密度ウレタンフォームを封入しており、眠りをサポート。極厚でフラットにしたときに段差ができてしまう車種でも快適に過ごせます。バルブを開くだけで空気が入る自動膨張式により、手間なく力に自信のない方でも簡単にセッティングできるおすすめモデルです。

裏地にノンスリップポリエステルを採用しており、滑りにくいのもポイントです。約198×66cmのシングルタイプで2つ用意すれば連結も可能。コンパクトに収納できるため、狭いスペースでも場所を取らないマットです。

ネムリッチ(Nemurich) ねむりっち トラック布団

敷くだけでセッティングできる布団タイプの車中泊マットです。トラックの荷台での就寝を想定して開発された、ほどよい硬さと弾力が特徴。布団の感覚で手軽に使いたい方におすすめのモデルです。使用しないときは三つ折りにして収納できます。

表面にダイヤ溝のキルティングを施し、ふんわりとした寝心地を実現。防ダニや防臭の効果があると謳われている素材「マイティトップII」採用の3層構造で、やわらかさがありつつ、底につく感覚がないのも魅力です。また、自宅のフローリングで昼寝するときにも役立ちます。

クイックキャンプ(QUICKCAMP) 車中泊マット QC-CM8.0

使用時サイズ約201×70cmの車中泊マットです。フルフラットにしたミニバンの後部座席にフィットしやすいタイプ。厚さ約8cmで段差が気になりにくく、高反発ウレタンフォームによって快適な使い心地です。

2枚連結すればダブルサイズとして使用可能。車中泊やキャンプなどさまざまなシーンで活躍します。バルブを開くだけで空気が入る自動膨張式でセッティングも簡単。バンド付きの専用収納袋にコンパクトな状態で入れられます。両面生地に対応したリペアキットが付属しており、万一破損した際に補修できるのも便利です。

M-STYLE インフレータブルマット

厚さ約3cmの車中泊マットです。あまり段差が気にならない車種に設置したい場合におすすめ。買い求めやすい低価格も魅力です。ほかにも厚み5cmと8cmタイプもラインナップしています。

心地よい沈み込みを実現するウレタンフォームを封入。自動膨張式で設置や撤収も簡単です。バルブで空気の量を調節できるので、好みの硬さに変えられます。防水性と撥水性に優れたPVC生地を採用しており、水や汚れをタオルで拭くだけでお手入れできるのも便利です。

ピカキュウ 車中泊マット

高機能ウレタンを封入している車中泊マットです。厚さ約10cmで段差のある場所に設置しても快適な使い心地を実現。凹凸が気にならず、長時間の車中泊でも疲れにくいモデルを求めている方におすすめです。バルブを開けるだけで空気を入れられる自動膨張式を採用しています。

ベロア調生地に柔らかい素材を採用しているのも魅力。心地よい肌触りで快適に過ごせます。直径約27cmのコンパクトな状態で収納できるのも便利。キャンプ道具が多く、荷室が狭い場合に重宝します。角がウレタンで、すき間なく連結できるのもポイントです。

車中泊マットのAmazonランキングをチェック

車中泊マットのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。