机を傷や汚れから保護できるのに加え、筆記性も向上させてくれる「デスクマット」。しかし、一口にデスクマットと言ってもさまざまな種類がリリースされており、製品によって使い心地は大きく異なります。

そこで今回は、おすすめのデスクマットをご紹介。デスクマットの選び方も解説しているので、参考にしてみてください。

デスクマットを敷くメリットは?

By: amazon.co.jp

机は、気づかないうちに汚れてしまうもの。しかし、デスクマットを敷いておけば机に文字が写ったり、カッターなどによる細かい傷が付いてしまったりすることを防げます。また、デスクマットは机の凹凸をなくしてくれるので、書き心地が向上するのも大きなメリットです。

さらに、マットにすべり止め加工が施されているモノが多いので、書き物の際に紙がすべるのを防いでくれるのもポイント。適度な弾力性があるため印鑑の下敷き代わりにもなるほか、製品によってはパソコンのマウスパッド代わりにもなります。ひとつで何役もこなしてくれる、おすすめのデスクアイテムです。

デスクマットの選び方

厚さで選ぶ

By: amazon.co.jp

デスクマットは、製品によって厚みが異なります。一般的には、厚みがあるほどスムーズに書きやすいと言われているため、書き心地を重視したい場合には1.7mm以上の厚手タイプがおすすめ。厚手タイプは傷や汚れをより効果的に防いでくれるので、机の上での作業頻度が高い方にもぴったりです。

一方で、1.2mm以下の薄手タイプは、比較的リーズナブルに購入できるのが魅力。筆圧の強さやカッターの使用方法によっては汚れや傷が机まで到達してしまう可能性もありますが、机の使用頻度があまり高くない方や、安さを重視したい方にはおすすめです。

使う筆記具に合わせて選ぶ

ボールペン

ボールペンや万年筆など硬質の筆記具を使う機会が多い方には、塩化ビニールや革などの軟質素材を用いた柔らかいデスクマットがおすすめ。

ペン先が適度に紙に沈むので、インクがかすれてしまったり紙に引っ掛かってしまったりするのを防ぎながら、快適な書き心地を楽しめます。

鉛筆

鉛筆などの軟質の筆記具は、柔らかいデスクマットの上で書くと芯が過度に沈み込み、書き心地が悪化してしまいます。そのため、鉛筆を使用する機会が多い方には、アクリル製などの硬質素材を用いた硬いデスクマットがおすすめ。芯の沈み込みを防ぎ、サラサラと書けるようにしっかりサポートしてくれます。

透明か不透明かで選ぶ

透明タイプの特徴

By: amazon.co.jp

透明タイプは、デスクマットの下に書類やメモを挟めるのがメリット。学習机の上で使用する場合には時間割や大切なプリントを、オフィスデスクの上で使う場合には内線番号表などを挟んでおくと必要な時にすぐ確認ができるので、スムーズに作業を進められます。

不透明タイプ特徴

By: amazon.co.jp

不透明タイプは、光沢がないため日光や蛍光灯の反射を軽減でき、目が疲れてしまうのを防げます。また、表面がサラサラしているのでデスクマットが手に貼り付いてしまうのを防ぎ、快適に使用できるのも魅力です。

非転写加工の種類で選ぶ

ビニール製のデスクマットは、書類のインクや写真の色がマット表面に写りやすいので汚れてしまいがち。しかし、デスクマットに「非転写加工」が施されているとインク写りを軽減でき、キレイな状態を保てます。

両面非転写加工

By: amazon.co.jp

「両面非転写加工」タイプは、非転写加工がデスクマットの両面に施されているモノです。このタイプは、デスクマットの上に置いた紙、下に挟んだ紙両方のインク写りを防げるのが魅力。そのため、大切な書類やメモ、写真を常にデスクマットの下へ挟んでおきたいという方は、両面加工タイプを選ぶのがおすすめです。

片面非転写加工

By: amazon.co.jp

「片面非転写加工」タイプは、非転写加工がデスクマットの片面のみに施されているモノです。パソコン作業がメインであり紙をあまり使わない方や、デスクトップの下に紙や写真を挟む必要がない方にはこのタイプがおすすめ。なお、両面加工タイプに比べるとコストを抑えられるのもポイントです。価格面を重視したい方は、ぜひチェックしてみてください。

下敷きがあるかどうかで選ぶ

By: amazon.co.jp

デスクマットには、専用の下敷きが付いたタイプと下敷きが付いていないタイプの2種類があります。下敷きが付いたタイプは、デスクマットと下敷きの間に書類やメモをキレイに挟んでおけるのがメリット。下敷きにはすべり止め加工が施されているので、挟んだ紙がズレてしまうことを防げます。

一方で、下敷きが付いていないタイプは机の見た目にこだわりたい方におすすめ。一般的に、下敷きにはグリーンやグレーなどの色が付いているので、下敷きを使用することで机の木目などを隠してしまいます。機能性とデザイン性のどちらを優先させるかを考慮したうえで、自分に合ったタイプを選んでみてください。

デスクマットのおすすめモデル

コクヨ(KOKUYO) デスクマット マ-415G

グリーンの下敷きが付いた塩化ビニール製デスクマットです。下敷きとデスクマットの間に書類などを挟み込んで、キレイに保管できます。また、デスクマットの裏側には非転写加工を施しているため、挟んだ印刷物のインクがマットに転写されにくいのもポイント。

なお、厚さ1.7mmの厚手タイプなので机を汚れや傷から効果的に守りながら、スムーズな書き心地を実現してくれます。さらに、材質には人体に悪影響を及ぼす可能性が指摘されている「フタル酸エステル」が使われていないため、安全に活用できるのも魅力。オフィスで快適に使える、おすすめアイテムです。

コクヨ(KOKUYO) デスクマット マ-148

耐久性に優れたアクリル製の透明デスクマットです。硬質タイプなので、鉛筆をメインの筆記具として使用する方にぴったり。また、アクリルは非転写性にも優れているため、印刷物のインクがマット表面に写ってしまうのを軽減してくれます。

なお、厚さ2mmのグリーン下敷きが付いてくるので書類やメモをキレイに挟んでおけるほか、アクリルは透明度が高いため挟んだ紙の文字が見えやすいのも魅力。なお、デスクマット本体も2mmと十分な厚みがあり、机をしっかりと保護してくれます。

プラス(PLUS) デスクマット 下敷付 DM-126EW

適度な弾力をもつポリ塩化ビニール製のデスクマットです。透明タイプでありながら、光の反射を抑えるノングレア加工が施されているのが特徴。下に挟んだモノが見えやすいのに加え、目に優しいのが魅力です。また、厚さ0.7mmの下敷きが付いており、メモや書類をキレイに挟めるのもポイント。

さらに、両面に非転写加工を施すことでインクの転写を軽減できるほか、デスクマットの端は斜めにカットされているため、長時間作業をしても手が痛くなりにくいのも魅力です。

光学式、ボール式マウスに対応しており、マウスパッドとしても活用可能。オフィスで快適に使用できるおすすめアイテムです。

プラス(PLUS) デスクマット 36-714

耐久性に優れているのが特徴の透明デスクマットです。材質に厚さ2mmの硬質メタクリル樹脂を採用しており机をしっかり保護してくれるので、筆圧が高い方でも安心して使用できます。

また、厚さ2mmのスポンジ状下敷きが付いてくるため、大切な書類などをきちんと挟めるのも魅力。さらに、両面に非転写加工を施すことでマット表面へのインク写りを防ぎ、キレイな状態を保てます。サイズ展開も豊富なため、使用している机に合ったモノを見つけやすいのも魅力です。

シヤチハタ デスクマット DMN-73W

極厚タイプのデスクマットです。約3.8mmとかなりの厚みがあるので書き心地に優れ、机を傷や汚れからしっかり守れます。素材には、軟質塩化ビニールを採用いているため、ボールペンや万年筆などをメインで使っている方にぴったり。

また、透明のマットにグリーンの下敷きが付いてくるので、マットと下敷きの間に大切な書類やメモをキレイに挟んでおけるのもポイントです。さらに、マットの裏には非転写加工を施しているため、マットにインクが写るのを防いでくれます。書き心地と耐久性を重視している方におすすめのアイテムです。

ottostyle デスクマット

サラッとした手触りが魅力の透明デスクマットです。表面に凹凸を作るエンボス加工を施しているため、デスクマットがベタついて手にくっ付いてしまうのを防ぎ、快適に使用できます。また、エンボス加工は光の反射を抑えるため目の疲れを軽減できるほか、マットの下に挟んだ書類が見えやすいのも魅力。

厚さは1.5mmと程よい厚みがあるので机をしっかり保護し、スムーズな書き心地を実感できます。ハサミで好みの大きさに切り取れるため、用途に合わせて活用しやすいのもポイント。塩化ビニール製で程よい厚みがるため、ハンコを捺印する際にも便利なおすすめアイテムです。

ミワックス デスクマット SD-127S

本デスクマットは抗菌加工を施しているため、食卓テーブルのマットとしても活用できます。また、透明タイプなのでマットの下に紙や写真を挟んでおけるのもポイント。

さらに、机に馴染みやすいように四隅は丸くカットされているので、デスクマットの端が浮き上がるのを防いでくれます。サイズが合わない場合はハサミで切って微調整ができ、さまざまな机の大きさに合わせやすいのも魅力です。

コイズミ(KOIZUMI) デスクマット YDS-685SU

子供用学習机にぴったりの塩化ビニール製デスクマットです。2枚重ねの透明マットに中紙がセットされており、星座と宇宙図鑑の2種類の絵柄をリバーシブルで楽しめます。星座の絵柄は暗闇で光る仕様であるのもポイント。

また、マットの間には時間割なども挟めるのに加え、印刷物の文字が転写されにくい加工が施されています。さらに、傷や汚れ、黄ばみなどに強い素材なので、キレイに使い続けられるのも魅力。子供が楽しく机に向かえる、おすすめのアイテムです。

ミワックス 学習マット 世界 日本 HRT-5080WJ

マットの間に挟み込む中紙として、日本地図と世界地図が付いたデスクマット。子供用の学習机にぴったりです。

マットの間には、プリントや時間割なども挟み込めます。また、光の反射を抑えるノングレア加工が施されているため、目が疲れにくいのも魅力。サイズは800×500mmと程よい大きさなので、さまざまなサイズの机に対応できます。

キングジム(KingJim) デスクマット 1966LF

机にしっかりと固定できるデスクマットを探している方は、本製品がおすすめ。片方の端がL字型になっておりストッパーの役割を果たしてくれるので、マットがズレにくく快適に使用できます。また、高級感漂う合成皮革素材なので、デザイン性を重視したい方にもぴったりです。

さらに、書き跡が残りにくいためキレイな状態で使い続けられるのもポイント。なお、サイズはLとM、色はブラウンとブラックの2種類ずつ用意されているので、使っている机の大きさや好みの雰囲気に合わせて選べます。シンプルなデザインで長く愛用できる、おすすめのデスクマットです。

iMakim’s レザー調 デスクマット & マウスパッド 0740

レザー調の高級感のあるデスクマット。本革調の風合いが高級感を醸し出し、デスク上をおしゃれに演出してくれます。また、表裏それぞれに異なる加工が施されたリバーシブル仕様なので、好みに合わせて使い分けられるのも魅力。光学式マウスとの相性もよく、程よい抵抗感で快適にマウスを操作できます。

さらに、サイズのバリエーションも6種類と豊富に用意されているので、手持ちの机に合った大きさのモノを選びやすいのもポイント。柔らかなポリウレタン樹脂性レザー素材でボールペンなどの硬質筆記具にもぴったりの、おすすめアイテムです。

オプラス(OPLUS) オフィスデスクマット

デザイン性と機能性に優れたデスクマット。シックで洗練された雰囲気をもつ合成皮革素材を採用しているため、高級感を演出できます。

厚さ7.3mmと極厚なのでスムーズな書き心地を楽しめるほか、光学式マウスに対応しているためマウスパッドを別途設置する必要がありません。

また、防水仕様であるのに加え、書き跡が残りにくいのもポイント。さらに、デスクマットの裏側にはすべり止め設計を採用しており、デスクマットのズレを防いで快適に活用できます。高い実用性を誇りながらもリーズナブルな価格で購入できる、おすすめのアイテムです。

Homehold 多機能デスクマット

カジュアルに使用できるおしゃれなデザインが魅力のデスクマットです。表面を覆う透明シートをめくって、大切なメモや写真、お気に入りのポストカードなどを挟んでおけます。透明シートが水を弾いてくれるので、飲み物をうっかりこぼしてしまっても安心。また、ペンホルダーが備わっているのもポイントです。

BUBM デスクマット

高品質のポリウレタン樹脂性レザー素材を採用したデスクマットです。耐摩耗性に優れているのでキレイな状態をキープしやすいのに加え、水がこぼれてしまっても安心な撥水加工が施してあるのも魅力。汚れてしまってもぬるま湯で洗うことが可能です。

また、デスクマットの全面がマウスに対応しているため、可動範囲が広く快適に操作できるのもポイント。さらに、表と裏のカラーが異なるリバーシブル仕様で、7パターンの組み合わせから好みに合わせて選べます。シンプルなデザインでオフィスでも自宅でも活躍してくれる、おすすめの製品です。