机を傷や汚れから保護できるのに加え、筆記性も向上させてくれる「デスクマット」。しかし、一口にデスクマットといってもさまざまな種類が発売されており、製品によって使い心地は大きく異なります。

そこで今回は、おすすめのデスクマットをご紹介。デスクマットの選び方も解説しているので、参考にしてみてください。

デスクマットを敷くメリットは?

By: amazon.co.jp

机は、気づかないうちに汚れてしまうもの。しかし、デスクマットを敷いておけば机に文字が写ったり、カッターなどによる細かい傷が付いてしまったりすることを防げます。また、デスクマットは机の凹凸をなくすので、書き心地が向上するのも大きなメリットです。

さらに、マットに滑り止め加工が施されているモノが多いので、書き物の際に紙が滑るのを防いでくれるのもポイント。適度な弾力性があるため印鑑の下敷き代わりにもなるほか、製品によってはパソコンのマウスパッド代わりにもなります。ひとつで何役もこなす、おすすめのデスクアイテムです。

デスクマットの選び方

厚さで選ぶ

By: amazon.co.jp

デスクマットは、製品によって厚みが異なります。一般的には、厚みがあるほどスムーズに書きやすいといわれているため、書き心地を重視したい場合には1.7mm以上の厚手タイプがおすすめ。厚手タイプは傷や汚れをより効果的に防いでくれるので、机の上での作業頻度が高い方にもぴったりです。

一方で、1.2mm以下の薄手タイプは、比較的リーズナブルに購入できるのが魅力。筆圧の強さやカッターの使用方法によっては汚れや傷が机まで到達してしまう可能性もありますが、机の使用頻度があまり高くない方や、安さを重視したい方にはおすすめです。

使う筆記具に合わせて選ぶ

ボールペン

ボールペンや万年筆など硬質の筆記具を使う機会が多い方には、塩化ビニールや革などの軟質素材を用いた柔らかいデスクマットがおすすめ。

ペン先が適度に紙に沈むので、インクがかすれてしまったり紙に引っ掛かってしまったりするのを防ぎながら、快適な書き心地を楽しめます。

鉛筆

鉛筆などの軟質の筆記具は、柔らかいデスクマットの上で書くと芯が過度に沈み込み、書き心地が悪化してしまいます。そのため、鉛筆を使用する機会が多い方には、アクリル製などの硬質素材を用いた硬いデスクマットがおすすめ。芯の沈み込みを防ぎ、サラサラと書けるようにしっかりサポートします。

透明か不透明かで選ぶ

透明タイプの特徴

By: amazon.co.jp

透明タイプは、デスクマットの下に書類やメモを挟めるのがメリット。学習机の上で使用する場合には時間割や大切なプリントを、オフィスデスクの上で使う場合には内線番号表などを挟んでおくと必要なときにすぐ確認ができるので、スムーズに作業を進められます。

不透明タイプ特徴

By: amazon.co.jp

不透明タイプは、光沢がないため日光や蛍光灯の反射を軽減でき、目が疲れてしまうのを防げます。また、表面がサラサラしているのでデスクマットが手に貼り付いてしまうのを防ぎ、快適に使用できるのも魅力です。

非転写加工の種類で選ぶ

両面非転写加工

By: amazon.co.jp

「両面非転写加工」タイプは、非転写加工がデスクマットの両面に施されているモノです。このタイプは、デスクマットの上に置いた紙、下に挟んだ紙両方のインク写りを防げるのが魅力。そのため、大切な書類やメモ、写真を常にデスクマットの下へ挟んでおきたい方は、両面加工タイプを選ぶのがおすすめです。

片面非転写加工

By: amazon.co.jp

「片面非転写加工」タイプは、非転写加工がデスクマットの片面のみに施されているモノです。パソコン作業がメインで紙をあまり使わない方や、デスクトップの下に紙や写真を挟む必要がない方にはこのタイプがおすすめ。なお、両面加工タイプに比べるとコストを抑えられるのもポイントです。価格面を重視したい方は、ぜひチェックしてみてください。

下敷きがあるかどうかで選ぶ

By: amazon.co.jp

デスクマットには、専用の下敷きが付いたタイプと下敷きが付いていないタイプの2種類があります。下敷きが付いたタイプは、デスクマットと下敷きの間に書類やメモをキレイに挟んでおけるのがメリット。下敷きには滑り止め加工が施されているので、挟んだ紙がズレてしまうことを防げます。

一方で、下敷きが付いていないタイプは机の見た目にこだわりたい方におすすめ。一般的に、下敷きにはグリーンやグレーなどの色が付いているので、下敷きを使用することで机の木目などを隠してしまいます。機能性とデザイン性のどちらを優先させるかを考慮したうえで、自分に合ったタイプを選んでみてください。

デスクマットのおすすめモデル

コクヨ(KOKUYO) デスクマット マ-847NM

再生オレフィン系樹脂を使用した書き心地のよさが魅力的なデスクマット。軟質なのでボールペンや万年筆などでの筆記に最適です。メモや資料などを挟んで使える透明タイプなのも嬉しいところ。両面非転写加工が施されており、インク写りが起こりにくいのも魅力です。

グレーの下敷きは色味を主張せず、デスクインテリアになじみやすくておすすめ。デスクマットと下敷きが分かれているので、目的に応じて取り外すことも可能。さまざまな使い方ができる万能なモデルです。

コクヨ(KOKUYO) デスクマット マ-3N

紙の沈み込みを感じながら、書いている感覚を味わいたい方にぴったりなデスクマット。柔軟性に優れた軟質の塩化ビニール素材が使われています。厚さは1.7mmあるので書き心地に優れているうえ、防汚効果が期待できるのも魅力。両面非転写加工が施されているので、インク写りも防げます。

下敷きがないことから、デスクのデザインをそのまま楽しめるのも特徴。すっきりとした見た目なので、さまざまなスタイルのインテリアに合わせられるおすすめアイテムです。

プラス(PLUS) 軟質デスクマット 41-070

適度な光沢感がありつつも透明度が高く、挟んだ資料が見やすいデスクマット。デスクマットと下敷きの厚さはいずれも1.2mmなので、合わせて使うことで書き心地のよさを感じられます。

弾力のある軟質ポリ塩化ビニール素材で作られているため、捺印にも便利。カーボン紙の複写もきれいに仕上がるので、さまざまな事務作業を行うオフィスにぴったりです。

下敷きの色が目に優しいグリーンなのも見逃せないポイント。サイズは事務机に多い900×620mmなので、長時間にわたって事務処理をする場合にもおすすめです。

プラス(PLUS) エグゼクティブデスクマット 36-638

黒いレザー調がおしゃれなデスクマットです。高級感が演出できるうえ、A3サイズとコンパクトなので、オフィスの受付カウンターにもおすすめ。洗練された印象を与えるアイテムです。

厚さは4.5mmあるので書き心地にも優れています。筆記だけでなく捺印にも活用できて便利。デスク周りをはじめ、お部屋に高級感を演出したい方はぜひチェックしてみてください。

プラス(PLUS) 斜めカットデスクマット 41-014

四隅が斜めにカットされており、作業中に手が痛くなりにくいデスクマット。光の反射を防ぐ「ノングレア加工」が施されていることから、挟んだ資料がチェックしやすく、デスクでの事務作業をサポートします。両面非転写加工タイプなので、インク写りの心配がないのもポイントです。

デスクマット全体を光学式・ボール式マウスのマウスパッドとしても活用できるのも魅力のひとつ。手書きとパソコンを使っての事務作業に対応できる便利なモデルです。

ミワックス ダブルタイプデスクマット SD-6W

デスクマットと下敷きに弾力のある素材が使われており、書き応えのよさを体感できるデスクマットです。デスクマットは塩化ビニール素材、下敷きは発泡ポリエチレンシート製。発泡ポリエチレンシートはシートに気泡を含ませて作られているので、ペン先が包まれるような書き心地に仕上がっています。

ボールペンや万年筆での筆記をはじめ、捺印時にも活躍する万能さもポイントです。デスクマットの厚さは1.2mmと薄手ですが、下敷きと合わせて使うことで厚みは3.2mmに。書斎だけでなく、オフィスにもぴったりなモデルです。

ミワックス 合皮デスクマット MX-6230

合成皮革で作られた不透明タイプのデスクマット。カジュアルな印象を残しつつ、高級感のある見た目が特徴です。耐久性に優れた高級PVCレザーが使われているため、お手入れも簡単。作業中にドリンクをこぼしても表面に染み込まず、サッと拭き取れます。

下敷きはないものの滑り止め用の透明シールが付いてくるので、デスクマットのズレを気にすることなく作業ができるのも魅力。カラーバリエーションも豊富で、白色・ブラック・ダークブラウン・オレンジなどの12色から選べます。

ミワックス スタンダードデスクマット SD-960S

下敷きなしのシンプルなデスクマット。厚さは1.2mmと薄手ながら、柔軟性のある透明塩化ビニール素材が使われているため、ペンでの筆記から捺印までしやすくておすすめです。

肌に密着しにくい素材が使われていることから、作業中にベタベタしにくいのも魅力。抗菌加工が施されているため、ダイニングテーブルのテーブルマットとしても活用できます。

巻きグセが付きにくいことから、丸めた状態での保管にも対応。ハサミでカットできる仕様なので、サイズの微調整も可能。価格が安いので、デスクマットを試しに使ってみたい場合にも最適です。

ソニック(Sonic) フチ付き透明デスクマット LV-6940-T

上部と左右がトレーのようになっており、作業中に出たゴミで周りが散らからないデスクマット。使用後にはデスクマットからゴミを取り除けばよいので、消しカスや鉛筆の削りカスを簡単に捨てられておすすめです。

滑り止めシートが付いているのでズレにくく、作業に集中できるのもポイントです。付属のチェーンを使うことで、吊り下げた状態での収納も可能。壁などに掛ければ、スペースを取ることなく保管できます。

カリモク くまのプーさんデスクマット K-50400121

表面に「くまのプーさん」のイラスト、裏面には世界地図が描かれたリバーシブルタイプのデスクマット。子供用の学習机にぴったりなモデルで、学習目的や気分に合わせて使い分けられるのが嬉しいところです。

光の乱反射を防ぐエンボス加工が施されているため、ライトの光や日差しによるチラつきが起きにくいのもポイント。両面非転写加工が施されており、プリントのインクが写りにくいのも魅力です。

ライオン事務器 硬質デスクマット No.106

硬質アクリルで作られたデスクマット。表面が硬いため、鉛筆で筆記をする機会が多い方におすすめです。

筆記時に鉛筆の針が沈まないので、サラサラとした書き心地が楽しめます。透明度が高く下敷きも付いているため、資料を挟んで使いたい場合にも最適です。

デスクマットと下敷きを合わせて使った場合には、厚みが4mm近くになるため、捺印時にも活用可能。デスクマットの光沢と下敷きの色味が落ち着いた雰囲気を演出します。

アイリスオーヤマ デスクマット DMT-1169PZ

全体を光学マウスのマウスパッドとして活用できるデスクマット。表面に特殊加工が施されており、光学マウスのレザーによる乱反射が起きにくい仕組みを採用しています。

両面に非転写加工がなされていることから、長く同じ資料を挟んでいてもインクが写りにくいのも特徴。ベタつかないよう加工されていることから、作業がスムーズに進みます。下敷きが付いているので、中身がズレないのも嬉しいポイントです。

BUBM エグゼクティブデスクのためのデスクマット

高級PUレザーが使われており、本革に近い質感が楽しめるデスクマット。防水仕様なので、万が一飲み物をこぼしてしまっても安心です。

マウスが滑りやすくなるよう特殊な加工が施されており、全体をマウスパッドとして使えるのもポイント。筆記での事務作業や学習だけでなく、パソコン作業にも最適なデスクマットです。

デスクマットとして両面が使えるのも特徴のひとつ。製品は表面と裏面が同じ色の単色タイプ・それぞれ色が違うリバーシブルタイプの2タイプから選択可能です。特にリバーシブルタイプは3種類展開されており、カラーバリエーションが充実しています。

BUBM つや消しデスクマット

厚みがあり、でこぼことした表面のテーブルにも使えるデスクマット。時間が経っても変色しにくいので、きれいな状態を長く保てておすすめです。耐久性がある塩化ビニール素材を使用しています。

水分に強いため、ドリンクを手元に置いて作業をする場合も安心です。つや消し加工が施されていることから、マウスをスムーズに動かせるのもポイント。

下敷きは付いていませんが、両面に滑り止め加工が施されています。弾力があるので、機能性だけでなく書き心地のよさにも優れたデスクマットです。

WEIMALL(ウェイモール) クリアデスクマット FCC01010

エンボス加工が施されており、サラッとした触り心地が特徴のデスクマット。ベタつきや光の乱反射が起こりにくく、快適な作業が可能です。表面にでこぼこがあるため、デスクマットに乗せたモノの滑り止めとしても活躍します。

弾力性や柔軟性に優れた塩化ビニールで作られていることから、ボールペンや万年筆での筆記に最適。光学マウスにも対応しているため、パソコン作業をする場合にもおすすめです。別途マウスパッドを使う必要がないので、デスク周りがすっきりします。

NOEINA 多機能デスクマット Z1DND003C

サイズが大きく、事務用やゲーム用など幅広い用途に活用できるデスクマット。ノートパソコンとマウスを置いても余裕があるほどなので、ノートや資料に書き込みをしながらパソコン作業をしたい場合にも最適です。

ストラップが付いており、簡単に丸めて保管できるのも嬉しいところ。耐久性に優れているので、傷や汚れからデスクを保護したい方にもおすすめのモデルです。

PUレザーで作られているため、滑らかな手触りも魅力。表面と裏面のカラーが違うので、日によって違う色が楽しめます。カラーは7種類が展開されており、インテリアに合わせて選ぶことが可能です。

エレコム 超大判デスクマット MP-DM01BK

全体をマウスパッドとして活用できることから、パソコンの使用頻度が高い場合に便利なアイテムです。マウスはもちろん、ノートパソコンやキーボードを置いて作業ができるように設計されています。

厚みのある素材により、デスクと手の間にかかる圧力が分散されるため、負担を軽減できるのもポイント。クッション性もあるので、長時間のパソコン作業をする方にぴったりなモデルです。