体全体を動かすポージングを取りながら心身を整える「ヨガ」。スタジオや自宅を始め、浜辺や公園などの屋外でヨガをする際、必要なのが「ヨガマット」です。ラインナップが豊富なので、用途に合わせてさまざまな厚さ・色のモノが選択可能。そこで今回はヨガマットの選び方とおすすめアイテムをご紹介します。

ヨガマットを使うメリットは?

By: amazon.co.jp

ヨガ自体は身体ひとつでできますが、立ったり座ったりすることを考慮すると、マットを敷いて行いたいもの。硬い床をカバーするためのクッション性だけでなく、ポーズをキープするために必要となるグリップ力をサポートする要素や、ストレスなくヨガができるように汗を吸収してくれる要素があると快適です。さまざまなメリットがあるので、ヨガをエクササイズとして取り入れたい方はぜひ購入を検討してみてください。

ヨガマットの選び方

サイズで選ぶ

ヨガマットは幅60×長さ180cm程度の大きさが一般的ですが、取るポーズの種類や体の大きさによっても選ぶ製品は変わります。ゆったり使いたい場合や大柄の方は大き目のモノをチョイスするのがおすすめ。

部屋やスタジオのスペースを確認しつつ、最適なサイズのモノを選びましょう。

厚さで選ぶ

ヨガマットの厚さは3〜5mm程度が一般的です。スタジオや家で使用するのであれば、骨が床に当たったり、滑ったりすることなくヨガができます。

厚さ6mm以上の製品は一般的なモノに比べると安定感があり、グリップ感も確保されている分、持ち歩きには不向き。持ち歩かず、家でも本格的にヨガを練習したい方におすすめです。

持ち運びのしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

家だけでなく、旅行先や外出先に持って行きたいときは持ち運びのしやすさが重要。持ち歩きやすさを重視する場合はマットをロールしたときの直径や、重さをチェックしておきましょう。

また、製品によっては持ち歩き用のストラップやケースが付属している場合もあります。ヨガを行う場所に合わせて気軽に持ち歩けるモノを選びましょう。

素材で選ぶ

発売されているヨガマットのもっとも一般的なのはTPEと呼ばれる素材。軽くて化学素材特有のニオイがないうえ、手入れが簡単なことが特徴です。ほかにもPVCと呼ばれる塩化ビニル素材などがあり、安価で手に入ります。

また、ナチュラル志向の方には”い草”などの自然素材を使用したヨガマットもおすすめです。

色・デザインで選ぶ

By: amazon.co.jp

ヨガマットのデザインに関するバリエーションはさまざま。カラーは目を引くビビッドなモノから飽きのこない落ち着いた雰囲気のモノまで好みに合わせて選べます。

花などの柄がついた製品もあり、個性を出したい方や、目立つデザインが好きな方におすすめです。薄い色を選ぶと汚れが気になることもあるので、使用する状況を考えて選びましょう。

ヨガマットのおすすめブランド

スリア(suria)

By: amazon.co.jp

「スリア」は全ての製品を日本国内で企画・デザインしているブランドです。”心地よさの調和”をコンセプトにしており、ポジティブなイメージを想起させる自然をテーマとしたカラーリングが特徴。機能的でシンプルなマットを探している方におすすめです。

ナイキ(NIKE)

By: amazon.co.jp

アメリカのオレゴン州に本社を置く総合スポーツブランド「ナイキ」は、世界で愛される大手ブランドです。ギリシア神話に登場する勝利の女神「ニーケー」の彫像の翼をモチーフにしたロゴマークで知られています。スタイリッシュで機能的な製品を探している方におすすめです。

マンドゥカ(Manduka)

By: amazon.co.jp

アメリカ・ロサンゼルス発祥のヨガブランド。マンドゥカのヨガマットは品質のよさから、世界中のヨガインストラクターから指示を受けています。できるだけ自然の素材を使用して作られたマンドゥカの製品は耐久性が高く、細部にまでこだわった使いやすさが魅力です。

アディダス(adidas)

By: amazon.co.jp

「アディダス」はドイツで誕生したスポーツブランドです。メンズファッションのトレンドを盛り込んだ魅力的なデザインと、最新テクノロジーを融合したアイテム作りが特徴。アディダスのヨガマットはトレーニングマットとしても使える機能性の高さが魅力です。

ハガーマガー(HUGGER MUGGER)

By: amazon.co.jp

アメリカ発祥のヨガ用品メーカー「ハガーマガー」。機能性に優れており、多くのヨガ経験者から支持されています。シックで高級感のあるデザインが特徴で、ユニセックスで使えるアイテムも多く展開。高品質で長く使える製品を探している方におすすめです。

プラナ(prAna)

By: amazon.co.jp

「プラナ」は男女問わず豊富にヨガウエアをラインナップしているアメリカのブランド。オーガニックコットンを積極的に取り入れるなど、快適さを追求しているのが特徴です。ヨガマットに関してはリサイクル可能な素材を採用しているアイテムもあり、環境に配慮しているのも魅力のひとつ。さまざまな面で優しさが感じられるブランドです。

ヨガマットのおすすめ製品

スリア(suria) ヨガマット

スリア(suria) ヨガマット

高密度のフォームを使用したTPE素材のヨガマット。大きさは幅61×長さ183cmとスタンダードなサイズ感が魅力です。厚さは0.6cmと厚め。床に骨が当たりにくいので、さまざまなポーズを楽に取れます。

ロールしたときの直径は約13cmと、トートバックやヨガマットケースに入れて持ち歩くのも簡単。初心者の方におすすめのスタンダードなアイテムです。

ナイキ(NIKE) ファンダメンタル ヨガマット YG1005

ナイキ(NIKE) ファンダメンタル ヨガマット YG1005

厚さ3mmと薄めのヨガマットです。大きさはおよそ幅61×長さ168cmと短めなので、小柄な方や、室内でちょっとしたボディメンテナンスをしたい方におすすめです。気泡フォームにより滑りにくく、楽にポーズが取れます。

持ち歩き用のストラップが付属しているので屋外やスタジオでヨガをする際にも便利です。また、ロゴがさりげなく入ったシンプルなデザインで男女問わずに使えます。

マンドゥカ(Manduka) ヨガマット Xマット 401105018

マンドゥカ(Manduka) ヨガマット Xマット 401105018

ヨガはもちろん、エクササイズにも使えるヨガマットです。サイズは幅61×長さ180cmとスタンダードで男女ともに使いやすいサイズ感。厚さ5mmのTPE素材でできており、内部に汗などが入りにくい「クローズドセル仕上げ」を施しています。

クッション性に優れているので硬いフロアでのポージングでも体が痛くなりにくいことが魅力。重さは1.7kgと持ち歩くこともできます。多用途で使えるアイテムを探している方におすすめです。

アディダス(adidas) ヨガ&ストレッチ ホットヨガマット ADYG-10680

アディダス(adidas) ヨガ&ストレッチ ホットヨガマット ADYG-10680BK

ポリエステルとPERというポリマー素材を用いた、汗をかいても快適に使えるヨガマットです。ソフトな表面はクッション性に優れており吸水性があるので、大量の汗をかくホットヨガにもおすすめ。裏面は滑り止め加工がされているため、よれにくいことも魅力です。

大きさは幅61×長さ173cmと短め。厚さは2mmと薄いので、コンパクトにロールして持ち歩けます。

ハガーマガー(HUGGER MUGGER) タパスウルトラマット

ハガーマガー(HUGGER MUGGER) タパスウルトラマット

鮮やかなカラーリングが目を引くヨガマット。大きさは幅60×長さ172cmです。厚さは6mmと厚めなので、砂浜など多少の凹凸のある場所でヨガをする場合にも使えます。

重さは1.5kgと持ち運びにも便利。使い始めに素材のニオイが気になる場合は、中性洗剤を混ぜた水で拭いたあと風にさらすと軽減されるのでおすすめです。

リアルストーン(RealStone) 6mm ヨガマット RS-G004

リアルストーン(RealStone) 6mm ヨガマット RS-G004

PVC製のヨガマット。6mmのほどよい厚みがあり、クッション性に優れていることが魅力です。大きさは幅60×長さ173cm。ロールしてコンパクトに持ち運ぶことが可能です。

角にロゴを施したシンプルなデザインを採用しており、飽きずに長く使えます。安価で手に入るため、初心者の方におすすめのアイテムです。

プラナ(prAna) HENNA E.C.O.YOGAMAT

プラナ(prAna) HENNA E.C.O.YOGAMAT

ヘナ模様が特徴的な厚さ5mmのヨガマット。素材にTPEを使用しており、クッション性とグリップ性に優れています。大きさは幅61×長さ183cmと長め。ゆったりと余裕を持ってさまざまなポージングができます。

裏と表で色味とテクスチャが違っており、ロールした時と使用するときで違った雰囲気が楽しめることもポイント。鮮やかでおしゃれなアイテムを探している方におすすめです。

ヨガワークス(YOGA WARKS) ヨガマット YW11121

ヨガワークス(YOGA WARKS) ヨガマット YW11121

厚さ6mmの持ち運びに便利なヨガマットです。大きさは幅61×長さ173cmと小さめなので持ち歩きにも対応しています。素材はPVC。丸めたときの直径は12cmと細いので、ジム用のカバンなどにコンパクトに収納して持ち歩けます。

ヨガ中に床からの冷えが気になる方や、骨が床に当たって痛いと感じる方におすすめの製品です。

チャコット(Chacott) アドエルムマット 254116-7005-73

チャコット(Chacott) アドエルムマット 254116-7005-73

弾力とグリップ力に優れたTPE素材のヨガマット。厚さ6mmとほどよい厚みがあり、ストレッチや床での軽いトレーニングなどにもおすすめです。大きさは幅60×長さ183cmと、寝転がるポーズも余裕を持って取り組めます。

ホットヨガなどで汗をかいた場合は水洗いが可能。素材の性質上、高温に当てると柔らかくなってしまうので、直射日光などが当たらない風通しのよい場所に干しましょう。

サクライ貿易(SAKURAI) ヨガマット PWF-15BL

サクライ貿易(SAKURAI) ヨガマット PWF-15BL

厚さ15mmと厚手のヨガマット。頭や膝をつくポーズに挑戦したい方におすすめです。サイズはおよそ幅61×長さ180cmと広々使えます。素材は合成ゴム素材のNBRでできており、クッション性に優れているところも魅力です。

厚みがあるため、ロールしたときは少々太めですが、付属のゴムバンドを使用すれば肩などにかけて楽に持ち運べます。初心者の方はもちろん、難易度の高いポーズに挑戦したい方にもおすすめです。

イケヒコ・コーポレーション(IKEHIKO) 畳ヨガ

イケヒコ・コーポレーション(IKEHIKO) 畳ヨガ

肌に触れる感触が心地よい畳のヨガマットです。大きさはおよそ幅60×長さ180cm。表面には国産の”い草”を使用しています。汗をかいてもさらりとしており、大量の汗をかくホットヨガなどでの使用も快適です。

裏面には滑りにくいPVC素材を使用。ヘリにはデニム生地を使用し、バランスよいデザインに仕上げられています。水洗いはできないので、汚れが気になるときは乾拭きをして手入れしましょう。ナチュラル志向な方におすすめのアイテムです。

ニシスポーツ(NISHI) エクササイズマット NE-6 T7922

ニシスポーツ(NISHI) エクササイズマット NE-6 T7922

表面にポリエステル、中芯と裏面にポリエチレン発泡を使用したアイテム。サイズは幅61×長さ182cmと大きめなので、広々とヨガができます。厚さは7mmと厚みがあるので、多少の凹凸のあるフロアや屋外での使用にもおすすめです。

本体は6つ折りにしてコンパクトに持ち運び可能。また、付属のキャリングハーネスで肩や腕にかけて歩けます。収納時も隙間のスペースに入るので便利です。

ラヴィ(La-VIE) ヨガマット 3B-3167

ラヴィ(La-VIE) ヨガマット 3B-3167

PVC素材の肩掛けベルト付きのヨガマットです。厚みは6mmで、クッション性やグリップ性に優れているのが特徴。膝や肘をつくポーズでも体が痛くなりにくいうえ、手足が滑りにくいことが魅力です。

サイズは幅61×長さ168cmと少し小さめ。持ち運びしやすい製品を探している方におすすめです。

Active Winner ヨガマット ストラップ付 6mm 軽量

Active Winner ヨガマット (ストラップ付) 6mm 軽量 グリップ性 耐久性 (グリーン)

クッション性に優れたPVC製のヨガマット。足や体の形にフィットするような弾力と、グリップ力の高さが特徴です。厚さ6mmの断面にポリエステルメッシュを施したことで伸びたり裂けたりしづらく、長く使えます。

幅61×長さ183cmとサイズはスタンダード。ストラップが付属しており、持ち運びにも便利です。また、カラーも数種類から選べます。初心者から上級者まで広く使えるアイテムです。

マンドゥカ(Manduka) eKO スーパーライト トラベルマット

マンドゥカ(Manduka) eKO スーパーライト トラベルマット

持ち運びに便利な薄いヨガマット。暑さはわずか1mmと旅行や屋外でのヨガにも最適です。生地にはコットンとポリエステルを用いており、耐久性とクッション性の両方に長けています。

マットの内部に汗などの水分が浸透しない「シールドセル加工」を施しており、清潔に使用可能です。また、裏面はオレンジの皮のように凹凸のある質感に仕上げ、滑ったりよれたりしにくいこともポイント。外出した先でも手軽にヨガを楽しみたい方におすすめです。

リクライ(LICLI) ヨガマット

リクライ(LICLI) ヨガマット

スタジオや屋外でのヨガに持っていきやすい収納ケース・ストラップ付きのヨガマットです。ゴム素材を使用した本体の厚さは10mm。表面に「横じま・特殊エンボス加工」を施すことで手や足を伸ばすポージングも滑りにくく、よれが少ないことが魅力です。

サイズは幅61×長さ183cmと大きめながら、重さは800gと軽いので持ち歩きも簡単。また、汚れが気になるときは水洗いもできて清潔に使えます。クッション性を重視した製品を選びたい方におすすめです。

トーン(Tone) たためるヨガマット YM-01

トーン(Tone) たためるヨガマット YM-01

幅61×長さ173mのヨガマット。畳むと幅30×長さ24.5cmほどに小さく畳めるので、普段使いのバックにもコンパクトに収納できます。仕事帰りにジムやスタジオでちょっと体を動かしたい方にもおすすめです。

厚さは0.4cmと薄いので、床からの冷えやスリップを防止したい場合に便利。カラーも数色から選択できます。安価で手軽に持ち歩ける製品を探している方におすすめです。

Gizaniton ヨガマット

Gizaniton ヨガマット

幅80×長さ183cmの大型のヨガマットです。TPE素材を使用しており、クッション性や耐久性に優れていることが特徴。また、両面に滑り止めを施しているため、スリップやよれが少なく使いやすいことも魅力です。

重さは650gほどと持ち運びにも便利。ケースが付属しているので、ロールして収納すれば肩にかけて手軽に移動できます。大柄の方や寝転がって行うポージングが多い方などにおすすめの製品です。

ガイアム(GAIAM) ヨガマット

ガイアム(GAIAM) ヨガマット

ナチュラルな植物や花などの柄が描かれたヨガマットです。大きさは幅61×長さ172cmとスタンダード。厚さは3mmと薄めなので床に体をつきにくいポージングの場合やスタジオなどの凹凸の少ない場所でのヨガにおすすめです。

多彩な柄から好みの柄を選べることもポイント。おしゃれで個性的なマットを探している方におすすめです。

ジェイドヨガ(Jade Yoga) ハーモニープロフェッショナル

ジェイドヨガ(Jade Yoga) ハーモニープロフェッショナル

グリップ力が高いと評判のヨガマット。素材に天然ゴムを採用しており、高いクッション性と安定した滑り止め効果が期待できるのが特徴です。

お湯と石鹸で洗えるので手入れが容易なのもポイント。サイズとしては長さ68インチと74センチをラインナップしています。満足度の高いヨガマットを探している方はぜひチェックしておきましょう。