固形の肥料よりも効き目が早く出ると謳われている「液体肥料」。文字どおり肥料入りの液体をあらわしており、ガーデニングや家庭菜園で追肥として使用されるのが一般的です。

液体肥料には有機肥料や無機肥料など、さまざまな種類があります。さらに、そのまま使用できるタイプと水で希釈するタイプなどにも分けられるため、どれを選べばいいか迷うことも。そこで今回は、おすすめの液体肥料をご紹介します。

液体肥料の選び方

種類で選ぶ

有機肥料

By: amazon.co.jp

米ぬかや魚粉など、主成分を自然由来の原料としているのが、有機肥料です。土地の中の微生物に分解されることで、植物の根に吸収されるのが特徴。有機肥料には植物性由来・動物性由来のモノがあります。

また、ゆっくりと効くので、作業頻度を低くしたい方にぴったりのタイプ。効果を長持ちさせやすいのがおすすめポイントです。さらに、土をふかふかにしたり団粒構造化を促せたりするため、土壌改良をしたい方にも適しています。

なお、長い間放置しておくと劣化しやすいので、早めに使い切るのがポイントです。濃度が高く、噴霧器で使用できない場合もあるため、注意しましょう。

無機肥料(化成肥料)

By: amazon.co.jp

無機肥料は、一般的に化学肥料とも呼ばれています。自然界に存在する鉱物を原料としているのが特徴で、臭いが気にならないのがメリットです。また、栄養素がそのまま含まれており、成分が水に溶けることで根から吸収しやすくなるのもポイント。有機肥料よりも効き目が早いといわれています。

買い求めやすい価格設定がされており、ガーデニングや家庭菜園で多く使用されるタイプです。栄養素の表示が細かいため、用量を計算しやすいのもおすすめポイント。一方で、量を間違えると苗が枯れたり、味に影響が出たりするため、注意しましょう。

活力剤

By: rakuten.co.jp

活力剤は、観葉植物の葉っぱの色を濃くしたいときをはじめ、植物や野菜に元気がないときに使用します。液体肥料というよりは、補助的な役割を果たすのが特徴です。

製品にもよりますが、活力剤には植物の健康維持に必要なビタミン・鉄・マンガン・ホウ素などの成分が含まれているのが基本。使用するタイミングは、成長の早いタイミングや発芽を促進させたいときが一般的です。

使い方で選ぶ

ストレートタイプ

By: mooandplant.jp

ストレートタイプの液体肥料は、ボトルをはじめ容器に入った液体肥料を、そのまま植物や野菜に与えられるのが特徴です。特に、庭がない家庭での鉢やプランターを使用した植物・野菜の栽培におすすめ。なかには、スプレーボトルに入った製品も発売されており、手や周囲を汚さずに使用できるとして人気を集めてます。

使用範囲が広い場合には、コストパフォーマンスが悪くなる可能性があるため、事前に使用用途を確認しておきましょう。濃度調節ができないので、栽培対象に合わせて選ぶ必要もあります。

原液タイプ

By: amazon.co.jp

原液タイプの液体肥料は、肥料を水で薄めてから与えるのが基本。水の量によって肥料の濃度を調節できるため、育てたい植物や野菜など、それぞれに適した肥料濃度を作れるのがポイントです。

また、育てる植物によって希釈割合が異なる点に注意しましょう。製品やメーカーにもよりますが、一般的には庭木や果樹などは250倍、野菜や観葉植物などは500倍、鉢植え・ハーブなどは1000倍、盆栽は2000倍が希釈割合の目安です。

なかには、花・野菜などの植物全般用から、野菜・観葉植物・バラ・芝用など、専用の製品も発売されています。

アンプルタイプ

By: rakuten.co.jp

アンプルタイプの液体肥料は、スポイトのような形をした容器に、ストレートタイプの液体が入っているのが特徴。先端のつまみを取り外して、土にさすだけで肥料を与えられます。

メーカーによって異なりますが、4〜5号鉢にはアンプル剤1本、6~9号鉢なら2~3本を2週間に1回のペースで与えるのが目安。鉢に応じて本数を変えるだけなので、初心者が使いやすいのもおすすめポイントです。

一方で、アンプル剤のなかには、活力剤として発売されている製品もあります。購入前に「観葉植物用液肥」と書かれていることを確認しておきましょう。

用途で選ぶ

野菜用

By: amazon.co.jp

野菜に液体肥料を使用すると、固形肥料よりも早く成長させられます。また、土壌の改良が必要な際に散布することで、土が早く生まれかわりやすいのも特徴です。

さらに、野菜を育てる際に液体肥料を使用する場合は、苗を畑に植え付けるときに薄めの液体肥料で苗と根穴を湿らせると、根付きがよくなると言われています。

液体肥料は植物を育てるために作られているため、無機肥料の製品がほとんど。なかには口に入れると有害な成分が含まれていることもあります。野菜をはじめ口に入れる作物を栽培する場合には、有機肥料を使用するのがおすすめです。

水耕栽培用

By: rakuten.co.jp

水耕栽培は土を使わない代わりに、本来土壌内にある成分も肥料で補うのが基本です。また、栽培容器の底に栄養分が沈殿しないよう注意する必要があります。

水耕栽培用の液体肥料は、水に溶けにくい成分を化学処理によって溶けやすくした製品や、液肥を1液と2液に分けて加えることで、バランスよく栄養を与えられる製品があるのが特徴です。

芝生用

芝生用の液体肥料は、青々とした芝を育てるのに役立ちます。芝の種類に応じたシーズンに肥料を与えるのがポイント。チッソ・リン酸・カリウムの配合割合は8:8:8あるいは10:10:10などで表されます。「8:8:8」であれば、それぞれ8%ずつ含まれているという意味です。

一方で、芝生の範囲が広い場合には、液体肥料のみを使用すると経済的な負担が大きくなることも。固形肥料の補助的な役割として使用するのがおすすめです。

観葉植物用

By: amazon.co.jp

観葉植物用の液体肥料には、アンプル剤を使用するのがおすすめ。さしておくだけで栄養を与えられるので、旅行をはじめ植物の手入れができない期間があっても安心です。

また、大きな植木鉢で用土を使う場合には、植え付け時や植え替え時に元肥として有機肥料の液体肥料を与えると、生育がよくなるといわれています。

液体肥料のおすすめ

協和株式会社 ハイポニカ液体肥料 500ml

協和株式会社のハイポニカは、「近代農業が直面する障壁と食糧難を解決する」という理念のもと生まれた、水耕栽培のことをいいます。当製品は、水耕栽培用の液体肥料。植物が育つのに必要な成分が含まれた2液構成なのが特徴です。

A液とB液、同じ量を水で薄めて使用します。苗から成木まで、植物の生長段階に関わらず同じ濃度で使用できるので、初心者が扱いやすいのもおすすめポイントです。

また、水耕栽培だけでなく、土栽培や鉢栽培などに利用できるのも人気の理由。花・野菜・樹木など、あらゆる植物に対応しています。初めて液体肥料を購入する方は、ぜひ検討してみてください。

ハイポネックス(HYPONeX) ハイポネックス原液 800ml

家庭園芸肥料を取り扱う「ハイポネックス」の原液タイプの製品。水で薄めて使用します。無機肥料で、カルシウムをはじめ、植物の生育に必要な15種類の栄養素がバランスよく配合されているのが特徴です。チッソ・リン酸・カリウムは6:10:5の割合で配合されています。

また、水に薄めて濃度を調節できるため、花や庭木・盆栽・果樹・洋ラン・芝生など、さまざまな植物の育成に使用できるのもおすすめポイント。長持ちしやすいため、コストパフォーマンスにも優れています。これから園芸を始めたい方は、ぜひチェックしてみてください。

住友化学園芸 花工場原液 800ml

水で薄めて散布する原液タイプの液体肥料。手軽に使えるので、初心者の方にもおすすめです。無機肥料で、チッソ・リン酸・カリウムが8:10:5の割合で配合されています。

また、アンモニア・苦土・マンガン・ホウ素など、各種微量要素とビタミンをプラスしているのも特徴です。花や庭木など、幅広い植物にも使用できます。

なお、鉢植えやプランターで、バラ・球根・野菜・ハーブを育てる場合には、500〜1000倍に薄めて1週間に1回与えるのが目安。露地植えで芝生や苗を育てる際は、250〜500倍に薄めて1週間に1回使用しましょう。

住友化学園芸 ベジフル液肥 480ml

豊富なミネラル・ビタミン・アミノ酸・糖類を含む液体肥料です。植物由来の天然有機質も配合されており、土壌中の菌類バランスを整えるのにも役立ちます。植物の根張りをよくするために、土質改善を行いたい方におすすめです。

また、有機肥料特有の臭いが少ないのもおすすめポイント。水で薄めるだけで使用できるので、液体肥料をはじめて使う方にもぴったりです。

なお、中身が沈殿しやすいため、使用時には容器をよく振ってから計量しましょう。鉢植え・コンテナの場合は、鉢底から流れ出る程度が目安です。露地植えの場合は、灌水をする場合と同様に十分量を与えましょう。

ハイポネックス(HYPONeX) キュート観葉植物用 150ml

観葉植物に適した液体肥料です。無機肥料で、チッソの配合割合が高いのが特徴。鮮やかな緑色の葉っぱを生えやすくします。また、各種ミネラルや浸透剤も配合されており、植物に必要な成分をすばやく根に行き渡らせやすいのも魅力です。

ストレートタイプなので、希釈する手間が必要ないのもおすすめポイント。株元にひと押しするだけで肥料を与えられます。使う量が分かりやすい計量目盛り付きなので、初心者が手軽に使えるのも人気の理由です。なお、観葉植物のほかにも、多肉植物・鉢花・水栽培などに使用できます。

ムーアンドプラント(MOO & PLANT) オーガニック液肥 1リットル入

有機肥料を探している方におすすめの液体肥料です。ムーアンドプラントは、3年以上の発酵熟成から生まれたオーガニックの液体肥料。植物が成長するために必要な、植物ホルモン・酵素・アミノ酸・ビタミン・ミネラルなどを豊富に含んでいます。

昔ながらの時間をかけた発酵と熟成が行われているため、土や植物が持っている自然の生命力を蘇らせると謳われているのも特徴。さらに、土壌の改善にも役立つため、植物の根張りをよくしたい場合にもぴったりです。

そのほか、有機肥料特有の臭いが少ないため、室内やオフィスでの使用も可能。有機100%なので、化学物質に敏感な方でも安心して使用できます。

なお、当製品は原液タイプ。水2Lにキャップ半分の液体肥料を加えて、いつものように水やりをすれば、肥料を与えられます。庭や畑では、株元に散布するのがおすすめです。

株式会社フローラ 植物活力剤 HB-101 即効性 希釈済みスプレー 500ml

1978年に発売され、世界各国で8千万人以上によって繰り返し使用されている天然植物活力液。スギ・ヒノキ・マツ・オオバコのエキスを抽出精製しているのが特徴です。植物の栄養分の供給と、微生物に酸素を供給するサポニン様物質が含まれているため、植物の活力化を促すだけでなく、バランスのよい土壌づくりや、防虫効果も期待できます。

さらに、観葉植物やハーブなど、さまざまな植物に使用できるのもおすすめポイント。すでに希釈されているので、葉っぱや土にスプレーするだけと、手軽に使用できます。

パイネット(Pinet) 家庭園芸用有機液肥 有機の恵み

By: pinet-online.com

パイネットは、浄水器とパイウォーターの専門店。当製品は、海藻とトウモロコシ由来の植物有機に、成長を促進する働きのあるACMパイウォーターを加えて作られた液体肥料です。

食味を向上させるアミノ酸を多く含むので、作物の甘みが増したり、風味がよくなったり、耐寒性を向上したりする効果が期待できます。また、化成肥料を一切配合していないため、人・植物・環境に優しい製品としても人気。野菜・観葉植物・果樹・花木・庭木・芝生など、幅広く使用できるのも魅力です。

土壌微生物の働きを活性化させることも可能なので、病害虫の発生を抑えて肥沃な土壌を作るのにも役立ちます。なお、当製品は原液タイプ。400倍に希釈して使用しましょう。

万田発酵株式会社 万田アミノアルファプラス 500ml

果実類・根菜類・穀類・海藻類など数十種類の植物性原材料を使用している液体肥料。有機質を主体とした肥料やマグネシウムも配合されており、ガーデニングを楽しみたい方や、果実の糖度をあげたい方におすすめです。なお、当製品は原液タイプなので、希釈してから使用しましょう。

ハイポネックス(HYPONeX) 観葉植物の肥料アンプル

アンプルタイプの液体肥料です。無機肥料で、チッソ・リン酸・カリウム・鉄がバランスよく配合されています。キャップの先端を切り離し、株元から少しはなしてさし込むのがポイント。鉢土にさしておくだけで、緑を鮮やかにしたり丈夫な株を育てたりできるので、初心者におすすめです。

また、適用作物が幅広いのも特徴。ポトス・ベンジャミン・カポック・ドラセナ・シダ・オリヅルラン・スパシフィラムなどに使用できます。なお、鉢土が乾燥しているときは、水やりをして鉢土を湿らせてから使用しましょう。

液体肥料の楽天市場ランキングをチェック

液体肥料の楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。