肥料は、花や作物を育てるのに欠かせません。なかでも「固形肥料」は、置いておくだけでゆっくり栄養が行き届いたり、苗木の植え付けや植え替えのときに土に混ぜるだけで栄養を与えられたりというメリットがあります。

しかし、固形肥料といっても製品によって用途はさまざまで、初心者ほど、どの製品を購入すべきなのか迷ってしまうことも。今回の記事では、固形肥料の選び方からおすすめの製品までをご紹介します。

固形肥料と液体肥料の違い

一般的に、固形肥料と液体肥料の違いは、効き目の早さにあるといわれています。液体肥料は、ほとんどが効果が早く表れやすい速効性肥料。主に花の開花時など、栄養を補給したいときの追肥として使われます。一方で、効果が長続きしないため、頻繁に与える必要があるのがデメリットです。

固形肥料は、じっくりと栄養を行き渡らせる「緩効性肥料」や「遅効性肥料」が多いのが特徴。長い間効果が持続するため、初心者にとっても使い勝手がよいのがおすすめポイントです。特に、地植えの植物には、固形肥料を使うことが多い傾向があります。

固形肥料の選び方

種類で選ぶ

有機肥料

By: rakuten.co.jp

有機肥料とは、主成分を自然由来の原料としている肥料のことをいいます。主に、米ぬかや魚粉などが成分として使われており、土地の中の微生物に分解されることで、植物の根に吸収されるのが特徴です。

また、有機肥料には植物性由来・動物性由来のモノがあります。ゆっくりと効くため、作業頻度を少なくしたい方に適しているタイプです。また、効果を長持ちさせやすいのもおすすめポイント。土をふかふかにしたり団粒構造を促せたりするため、土壌改良をしたい方にもぴったりです。

無機肥料(化成肥料)

By: rakuten.co.jp

無機肥料は、化学肥料とも呼ばれており、自然界に存在する鉱物を原料としているのが特徴です。有機肥料とは異なり、臭いが気になりにくいのがメリット。栄養素がそのまま含まれているので、成分が水に溶けることで栄養が吸収しやすく、有機肥料よりも効き目が早いといわれています。

また、価格が安い製品が多いため、コストパフォーマンスに優れているのもおすすめポイントです。ガーデニングや家庭菜園で多く使用されます。

形状で選ぶ

粉状

By: rakuten.co.jp

粉状の固形肥料は、水に溶かして水やりの際に追肥として与えるのが一般的です。水に溶けることで素早く栄養が届くので、粒状・錠剤の固形肥料よりも効き目が早い傾向があります。製品によって異なりますが、与える頻度は1〜2週間に1回が目安です。

粒状

By: amazon.co.jp

粒状タイプの固形肥料は、元肥として土に混ぜ込んで使う製品と、追肥として土の上にまいて使う製品に分けられます。製品によって効き目の持続期間は異なりますが、効き目が長い製品が多いのが特徴です。なかには1〜2年効き目が続くモノも。また、元肥・追肥のどちらにも使用できる製品も発売されています。

錠剤

By: rakuten.co.jp

錠剤タイプの固形肥料は、鉢や畑の土の上に置くだけと、初心者でも簡単に扱えるのが特徴です。じっくりと栄養を届けられる製品もあれば、素早く溶けて効き目が早い製品もあります。育てる花や作物に応じて最適な製品を選ぶのがポイントです。

用途で選ぶ

元肥

By: amazon.co.jp

元肥とは、草や花、花木、庭木を植えるときに、あらかじめ与える肥料のことをいいます。効き目が緩やかな、遅効性肥料や緩効性肥料を用いるのが一般的です。

屋外では、窒素・リン酸・カリウムの三要素のバランスのとれた有機質肥料がベースとなった配合肥料を施すのがおすすめ。一方、室内に置く鉢植えやプランターには、臭いが少ないうえに長期間効果の続く、粒状の固形肥料を使用するのが基本といわれています。

追肥

By: amazon.co.jp

追肥とは、生育期に元肥だけでは不足しがちな肥料分を、生長度合いに応じて施す肥料のこと。追肥のなかにも、寒い時期に与える寒肥と、収穫や開花の後に与えるお礼肥などがあります。寒肥の目的は、有機質肥料を使用して土壌改良をすることです。

一方、お礼肥は、花木や果樹の花の開花後や果実の収穫後に、植物の回復を図るために与える肥料のことをいいます。ほとんどの製品には、元肥用か追肥用かが書いてあるので、購入前にチェックしておきましょう。

固形肥料のおすすめ

ハイポネックス(HYPONeX) ネクスコート いろいろな植物用

園芸肥料および園芸資材等の輸入・製造・卸を行う「ハイポネックス」の固形肥料。粒状タイプで、高温や降雨などの気象状況に影響を受けにくいのが特徴です。

優れた樹脂コーティング技術が活用されているので、高温時も肥料が溶出しにくく、肥料やけするのを防げます。また、手が汚れにくいのもおすすめポイントです。

さらに、マグネシウム・カルシウム・イオウ・鉄などの微量要素を配合しているのも魅力。窒素・カリウムを多めに配合しているため、幅広い植物の花色・葉色を美しく育てられます。なお、3〜4ヶ月に1回の頻度で使うのがおすすめです。

住友化学園芸 マイローズ ばらの肥料

ばら専用の固形肥料です。粒状タイプで、窒素・リン酸・カリウムは10:13:6の割合で配合されています。元肥としてだけでなく、追肥としても使用可能。施肥後すぐに効きはじめ、2~3ヶ月間効果が持続します。

また、植物が肥料を吸収しやすくする働きを持つ腐植酸や、高品質の植物性有機質をブレンドした緩効性肥料として特許を取得しているのもおすすめポイント。生育が盛んになるあたたかい時期には肥料成分が速やかに溶出され、生育が鈍くなる寒い時期には溶出が緩やかになるのも魅力です。

まくだけで効率よく栄養分を与えることが可能なため、これからばらを育てる方は、ぜひチェックしてみてください。

ハイポネックス(HYPONeX) 錠剤肥料 観葉植物用

土の上に置くだけで、栄養を与えられる錠剤タイプの固形肥料です。早く効く成分とゆっくり効く成分が配合されているので、安定した効果が約1ヶ月間持続するのが特徴。臭いが少ないため、玄関先・ベランダ・室内でも使用可能です。

置く数は、鉢植え2〜3号の場合は1錠、3〜4号の場合は2錠、5〜6号の場合は4錠が目安。2錠以上置く場合には、錠剤同士の間隔を離して置くのがおすすめです。

なお、窒素・リン酸・カリウムは10:8:8の割合で配合されています。錠剤はハート形とかわいらしい見た目をしているのも人気の理由です。

東商 花咲く肥料

花苗や花木に適している固形肥料。有機肥料で、花芽の付きをよくするアミノ酸や核酸、ビタミン類などの栄養成分が配合されています。

また、葉を育てる効果が高い窒素の配合割合を抑えているのもおすすめポイント。リン酸とカリウムを高く配合しているので、葉の生育を抑え、花をたくさん咲かせる株を育てることが可能です。

さらに、天然原料が主体のため、肥料の溶出が穏やかなのも特徴。根が弱い花木・洋らん・山野草などへの使用も安心です。なお、植え付け2週間後から与えるのが目安。その後は1ヶ月に1度のペースで与えましょう。

ハイポネックス(HYPONeX) マグァンプK中粒

園芸初心者におすすめの固形肥料です。植えつけ・植え替え時に元肥として土に混ぜ込むと、植物に栄養を与えることが可能。草花・球根・野菜・観葉植物など、幅広い植物に対応しています。

1粒の中に、水に溶ける成分と水に溶けない成分が含まれており、一回土に混ぜ込むだけで約1年間効き続けるのがおすすめポイントです。

また、窒素・リン酸・カリウムの配合割合が6:40:6と、リン酸が多いので、花・実つきをよくすることはもちろん、丈夫な根をはらせるのにも役立ちます。なお、土1Lあたり2~8gが使用量の目安です。

ハイポネックス(HYPONeX) プロミックいろいろな植物用

安定した肥料効果が約2ヶ月持続する固形肥料です。錠剤タイプなので、置くだけで植物に栄養を与えることが可能。窒素・リン酸・カリウムは12:12:12と、バランスよく配合されており、マグネシウムやマンガン・ホウ素も配合されているので、株の充実に優れた効果が期待できます。

また、臭いも少なく、玄関先・ベランダ・室内で気にせずに使用できるのもおすすめポイント。植えつけ・植え替えした植物の場合には、1ヶ月後から与えるのが基本です。なお、当製品は花木・果樹・観葉植物・野菜類など、幅広く使用できます。

住友化学園芸 マイガーデン花・野菜用

粒状の固形肥料で、植え付け前に元肥として混ぜ込むだけでなく、植えつけ後に、地表面にバラまいて使用できる製品です。また、栄養分を効率よく吸収させる、腐植酸入り緩効性肥料として特許を取得しているのもポイント。土壌の保水性や通気性を高める効果があるため、土壌改善効果も期待できます。

さらに、肥料成分が樹脂でコーティングされているので、土壌の温度変化や植物の生育にあわせて溶け出す量が調節可能。使い勝手のよい固形肥料を探している方におすすめです。

花ごころ オーガニック肥料 花ちゃんプレミオ

有機由来100%のおすすめ固形肥料。多くの腐植を含むので、肥料効果だけでなく、土壌改良効果も得られるのがポイントです。粒状タイプで、元肥・追肥両方に使用することが可能。花苗・野菜・果樹・花木など、花や実を付ける植物に使用するのに適しています。

無機肥料と比較すると、臭いがすることもありますが、有機肥料にこだわりたい方は、ぜひ購入を検討してみてください。

花ごころ IBのチカラ グリーンそだちEX

無機肥料で、臭いがなく室内でも気軽に使用できる固形肥料です。窒素・リン酸・カリウムのほかに、世界で効果が認められた、イソブチルアルデヒド縮合尿素を配合しているのが特徴。非常にゆっくりと水に溶けるので、肥料成分が無駄なく根に吸収されやすくなります。

草花から観葉植物まで、さまざまな植物に使用可能です。肥料の効き目は約1ヶ月。土の中に押し込むと、より効果が早くなります。用途に合わせて使いたい方におすすめです。

ハイポネックス(HYPONeX) 微粉ハイポネックス 120g

水でうすめて使用する粉末の固形肥料です。窒素・リン酸・カリウムの割合は6.5:6:19と、カリウムが多めに配合されているので、植物の組織を強健にするのに適しています。

また、効き目が素早く、暑さ・寒さ・病害虫への抵抗性を付けられるのも魅力。家庭園芸はもちろん、水耕栽培など、プロの分野でも使用されている製品です。

本製品は、植え替え・剪定後の樹勢の回復時や、梅雨前・秋に使うとより効果的。草花類・観葉植物・庭木・芝生など、幅広い植物に対応しているのもおすすめポイントです。