「体重計・体組成計」は、自分の身体について手軽に知れる健康管理に有効なアイテム。多数の製品が発売されており、搭載されている機能もさまざまあるため、どのモデルを選ぶべきか迷う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの体重計と体組成計をご紹介します。ダイエットやトレーニングなど、使用する目的によって必要な機能が異なるので、自分に合ったモデルを見つけてみてください。

体重計と体組成計の違い

体重計とは?

By: amazon.co.jp

「体重計」とは、体重を量ることだけに特化した計量器のこと。シンプルな機能で直観的に操作しやすいのが特徴です。機能が体重測定に絞られている分、軽量で薄型なモノが多く、収納場所に困らないモデルが豊富に取り揃えられています。リーズナブルな価格で手に入れやすいアイテムです。

体組成計とは?

By: amazon.co.jp

身体を構成する要素である脂肪量や筋肉量などを計測できるのが「体組成計」です。体重を量るだけの体重計に比べ、測定可能な項目や搭載されている機能が多いので、その分価格も高くなります。

自宅で健康のためにトレーニングをしている方や、体重を落とすだけでなくバランスよく身体を絞りたい方におすすめです。

体重計・体組成計の選び方

計測できる項目をチェック

By: amazon.co.jp

体重計は機能がシンプルなアイテムですが、体組成計は製品によって計測できる項目が違います。目的に合わせて、必要な項目が計測できるかどうかチェックしてみてください。

ダイエットを目的として選ぶなら、体脂肪率や基礎代謝量が計測できるタイプを選びましょう。体重の増減はもちろん、脂肪が落ちているか、基礎代謝が上がっているかどうかが分かるので、健康的なダイエットをサポートします。

トレーニングをしている方は、筋肉量を測定できるタイプが便利です。トレーニングの成果を数値として実感しやすく、モチベーションアップにも繋がります。

また、高機能モデルのなかには、アスリート向けの専用モードが搭載されているモデルもラインナップ。部位ごとに細かく筋肉量を測定できたり脈拍を測れたりと、より詳細に身体の要素を知れるため、筋トレなどで身体づくりをしている方にはあると便利な項目です。

スマホアプリと連携できると便利

By: amazon.co.jp

BluetoothやWi-Fiを使ってスマホと連携できるモデルなら、スマホに入れたアプリで計測したデータを管理可能です。手元に体重計や体組成計がなくても簡単にデータを確認できるので、日ごろから健康管理に努めている方におすすめ。特にBluetooth接続タイプの体重計・体組成計は、インターネット環境がなくてもデータを送信できるため便利に使えます。

また、既存の健康管理チェックアプリに連携できるモノから、専用のアプリをダウンロードして使うモノまで使い方もさまざまです。ダイエットやトレーニングを本格的に始めようと考えている方は、使いやすさと管理のしやすさを重視して選んでみてください。

体重だけを量りたいなら体重計でOK

By: amazon.co.jp

トレーニングよりダイエットを目的とする方で、体重の増減のみを量りたい場合は「体重計」がおすすめです。体組成計でも体重を計測できますが、体脂肪率や基礎代謝量などが計れる体組成計は、過剰機能ともいえます。

また、体組成計は機能が豊富に搭載されている分、シンプルな機能の体重計よりも高価格帯のモデルが多いのが特徴です。たくさんの機能が搭載されていても、使わなければコスパが悪くなってしまうだけなので、体重のみを計量したい方は体重計を選びましょう。

体重以外の項目も量りたいなら体組成計を

By: amazon.co.jp

体重だけでなく、身体のトータルバランスをチェックしたい方は「体組成計」を選んでみてください。身体の重さのみを計量する体重計に比べ、体脂肪率や基礎代謝量、脈拍数など身体のあらゆる要素の計測できるのが「体組成計」です。

減量だけでなく体脂肪率を落としたい方や、トレーニングの成果として基礎代謝量の変化なども確認したい方は、体重計では必要な項目が計測できないので注意しておきましょう。

体重計・体組成計のおすすめメーカー

タニタ(TANITA)

By: amazon.co.jp

計測器の製造・販売や、健康的な食事を提供する『タニタ食堂』の運営など、あらゆる健康づくりのサポートを行う「タニタ」。同メーカーの体重計・体組成計は、ライフスタイルに合わせて5つのタイプから選べるのが特徴です。

体重のみを計量できるモデルから、筋肉の質まで測れる機能がついているモデルまでラインナップ。家庭でも手軽に健康管理を始められます。

オムロン(OMRON)

By: amazon.co.jp

「オムロン」は、ヘルスケア製品や電子部品を開発・製造している電気機器メーカーです。同メーカーからは体重体組成計として『カラダスキャン』が発売されており、全17種類と豊富にラインナップしています。

部位別の測定や同年齢の平均データとの比較、ダイエット進捗判定機能など、人それぞれ異なる健康管理の目的に合わせて選べるのもポイント。ぴったりなモデルを見つけやすいおすすめメーカーです。

体組成計のおすすめモデル

タニタ(TANITA) 体組成計 BC-768

Bluetooth通信に対応しており、スマホ内に入れたアプリでデータ管理ができる体組成計です。体重はもちろん内臓脂肪レベルやBMI、筋肉量など、身体の構成要素を細かく分析できます。

本モデルはW316×H27×D217mmとコンパクトかつ薄型なので、置き場所のスペースを取りにくいサイズ。立てかけ収納もできるタイプです。

また、使いやすさにこだわっており、乗るだけで簡単に測定できる「乗るピタ機能」を搭載。毎日の測定をサポートする「マイサポ機能」もついているため、ルーティンを継続しやすい工夫も組み込まれています。

エーティーワークス(A.T.WORKS) FEELLINE ATW体重体組成計 GH-scale01

強化ガラス製トッププレートを採用したスタイリッシュな体重計です。ボタンなどの操作部を廃したシンプルなデザイン。本体に乗るだけで自動的に電源が入り、本体上部のLEDディスプレイに体重が表示されます。

Bluetooth経由でスマホとデータ連動できるのもポイント。専用アプリの「FEELLINE Record」をインストールすれば、体重のほか、BMIや体脂肪率、皮下脂肪率、内臓脂肪レベル、筋肉量など、さまざまな数値をスマホで管理できます。

スマホならば、グラフ表示によって増減をひと目でチェックできるのが魅力。個人用に記録するのはもちろん、友達とトレーニング結果を共有したり、SNSでシェアしてモチベーションアップを図ったりできます。おしゃれで高機能な体重計を探している方におすすめです。

タニタ(TANITA) 体組成計 BC-316

測定継続をサポートする便利な機能が搭載された体組成計です。「体重急激増減お知らせ機能」や「マイサポ機能」によって、急激な身体の変化や継続状況を知れます。

また、本製品は50g単位の体重測定ができるので、毎日の細かな体重変化をキャッチしやすい仕様。基礎代謝量から筋肉量、体内年齢など、体組成計ならではの測定項目も充実しています。データを登録できる人数は5人と、家族と住んでいる場合でもシェア可能なのもポイントです。

さらに、すでにトレーニングを実施している方用に開発された「アスリートモード」も搭載されています。1週間に12時間以上のトレーニングを行う、本格派トレーニーの方にもおすすめのモデルです。

タニタ(TANITA) 体組成計 BC-765

手軽に健康管理を続けたい方におすすめの体組成計。文字高30mmの大型表示なので、立ったままでも計測したデータの数値を確認しやすいのが特徴です。

体重はもちろんのこと、体脂肪率やBMI、体内年齢など、7項目の測定が可能。ダイエットや肥満防止のためのチェックアイテムとして便利に使えます。

W278×H36×D285mmとコンパクトで薄型な設計も魅力。白とシルバーのベーシックな配色で、水回りのインテリアにもなじみます。

タニタ(TANITA) デュアルタイプ体組成計 インナースキャンデュアル RD-906

筋肉量だけでなく、筋質まで分析できる「筋質点数測定機能」を搭載した体組成計。鍛えることに重きを置いたトレーニングをしている方におすすめです。医療の分野で採用されている体組成計の技術を取り入れており、デュアル周波数によって正確に測定できます。

計測したデータは、iPhoneやAndroidなどのスマホと連携して管理可能。毎日のトレーニングの成果を、スマホからチェックできるため便利です。

豊富な機能が搭載されていながら、W328×D31×H298mmの薄型でスタイリッシュなフォルムも魅力。重量は約2.1kgと、力の弱い方でも簡単に持ちやすい重さです。カラーはレッド・ホワイト・ブラックの3色あり、液晶表示も4色のなかから選べます。

タニタ(TANITA) デュアルタイプ体組成計 インナースキャンデュアル RD-800

グリップを握って計測する8電極方式を採用した体組成計。26もの項目を測定できる多機能モデルです。左腕・右腕・左脚・右脚・体幹部の5部位の体脂肪率や筋肉量、筋肉スコアを測定可能。高精度なデュアル周波数による測定を採用しているため、正確な数値をチェックできます。

Bluetooth通信に対応しており、スマホアプリ「ヘルスプラネット」内でデータを管理できるのもポイント。面倒な数値管理が簡単にできるので、トレーニングのモチベーション維持にも役立ちます。

また、同メーカーの上位モデルにのみ搭載されている「脈拍測定機能」も採用。平時の脈拍計測だけでなく、「ヘルスプラネット」アプリを通せば、運動時の目標脈拍数を自動的に算出できるため便利です。心肺能力の目安が把握できるので、無理なくトレーニングを続けられます。

オムロン(OMRON) カラダスキャン HBF-214

厚さ28mmの薄型設計で、収納スペースの場所を取らないサイズの体組成計です。本体の四隅に滑り止めゴムが付属しており、床を傷つけにくい仕様。ガラス素材の天板なので、お手入れが簡単です。

測定項目は体脂肪率や骨格筋率、体年齢などを含めて全部で7つ。搭載されたメモリによって前回値の表示が可能なため、比較をしたいときにも便利です。

測定結果を大きな文字で表示できる液晶画面を採用しているので、立ったまま見やすいのもポイント。4人分まで人数の登録ができるため、家族で健康管理をしたい方はぜひチェックしてみてください。

オムロン(OMRON) カラダスキャン HBF-228T

自動認識機能を搭載しているため、乗るだけで誰が乗ったかを推定できる体組成計。Bluetooth通信に対応しており、専用スマホアプリ「OMRON connect」に測定結果を自動転送して管理できます。

測定できる項目は全部で7つ。6歳から体組成の測定が可能な「子どもアルゴリズム」を搭載しているので、子供がいる家庭の健康管理に役立ちます。また、測定にかかる時間は約4秒と高速のため、じっとしているのが難しい子供でも計測しやすく便利です。

W285×H28×D280mmの薄型フラットデザインで、ちょっとした隙間にも収納できるサイズも魅力。ガラス天板を採用しており、拭き掃除が楽にできてお手入れも簡単なので、衛生面が気になる方にもおすすめです。

オムロン(OMRON) カラダスキャン 体重体組成計 KRD-703T

両手と両足から全身に微弱な電流を流し、体幹や部位別の体組成測定を行う体重体組成計。オムロン独自のiPhone・Android専用アプリ「OMRON connect」と連携させることで、スマホ上で測定データを管理できます。

部位別測定機能を使えば、測定したい部位の脂肪率や骨格筋率をチェック可能。気になっている部分の数値を確認できるので、効率的にトレーニングできます。また、測定した過去データとの比較もアプリ内でチェックできるため、トレーニングの成果が一目でわかるのも魅力です。

本製品は、過去の体組成データから個を推定する「自動認識機能」を搭載しています。複数人でシェアする場合でも誰が測定しているのかを判断して計測をスタートするので、毎回設定する必要がなく簡単に使えるのもポイントです。

エレコム(ELECOM) エクリア 体組成計 HCS-WFS01

Wi-Fi通信機能に対応しており、専用アプリの「ECLEAR APP」にデータを転送できる体組成計です。乗るだけで自動転送される仕組みなので、煩わしい操作を必要としないのが魅力。足のサイズは28cmまで対応しており、男女問わず安心して使えます。

測定可能な項目は7つで、アプリを通して体形の変化や評価を確認できるのもポイント。体重は50g単位で測定できるため、ちょっとした変化も詳細に把握可能です。

また、暗所でも表示を確認しやすいバックライトを搭載していたり、柔らかい床でも誤差少なく計測できるカーペット脚が付属していたりと、どんな場所でも使いやすいのが魅力。丸みのあるフォルムで、デザイン性を重視する方にもおすすめのモデルです。

パナソニック(Panasonic) 体組成バランス計 EW-FA24

健康的なダイエットをサポートする機能が豊富に搭載されている体組成計。減量目標値を月単位で入力でき、測定するごとにカウントダウンされるのでモチベーションを保てます。また、現在と過去の測定値を2画面で比較できる「過去比較機能」により、ダイエットやトレーニングの成果がひと目でわかるのも魅力です。

本製品は、乗るだけで電源がつき、ユーザー識別も自動で行う「のるだけID」を採用しています。さらに、健康管理のサポートはもちろん、10項目測定できるため身体のあらゆる要素をチェック可能。本体重量は約1.3kgと軽量なモデルなので、取り出しや収納も簡単にできます。

体重計のおすすめモデル

タニタ(TANITA) デジタルヘルスメーター HD-395

体重を計測することのみに特化した体重計。機能を絞っているからこそ可能なシンプルなデザインで、洗練された印象を与えます。

本製品は、乗るだけで電源が自動で入るステップオン式を採用。わざわざ腰をかがめて電源ボタンを押すなどの作業をせずに体重を量れます。また、暗所でも計測した数値が見やすいLED表示なのも魅力。液晶画面いっぱいに表示されるため、小さい文字が見えにくい方でも使いやすいモデルです。

オーム電機(OHM) デジタル体重計 HBK-T101

W265×H24×D185mmと、薄型で乗りやすい体重計。重量も945gと軽いので、力の弱い方でも簡単に移動させることが可能です。

計測できる項目は体重のみとシンプル。小数点1桁まで体重が計測できるため、体重の変化を詳細に把握できます。また、乗るだけで自動で計測が始まるので、電源のオンオフ操作の必要もありません。スタイリッシュな見た目でインテリアの邪魔にならないデザインも魅力です。

ドリテック(DRETEC) ピエトラ BS-157-2

重量約610gと軽い体重計。大きさもW約280×H約25×D約245mmとコンパクトなサイズで、丸みのあるフォルムがかわいらしいデザインです。

本製品は、乗るだけで自動的に測定がスタートし、値が安定すると測定値が固定される仕様。100kgまでなら50g単位で計測でき、100~150kgまでは100g単位まで量れます。底面には滑り止めがついているため床を傷つける心配も少なく、安心して使い続けられるモデルです。

ウィジングズ(Withings) Body WBS06-ALL-JP

体重の増減を量れるだけでなく、手持ちのスマホと連携してデータの管理ができるスマートな体重計です。Wi-FiとBluetoothのどちらでも対応可能なので便利。「Health Mateアプリ」で目標体重を設定し、日々の体重の動向を追いながらモチベーションを保って健康管理ができます。

また、ディスプレイに過去8回分の測定値の推移が表示されるのもポイント。BMI数値も自動的に計測されるため、肥満予防の際にも役立ちます。

最大8名のユーザーを自動認識してデータを記録する賢さも魅力。妊娠中の方は妊娠モードで計測すると、妊娠中の体重増加を正確にチェックできます。ほかにも、赤ちゃんを抱えて乗るだけで、赤ちゃんの体重をモニタリング可能な機能も搭載。子供の成長記録としても使う際にも重宝します。

A&D パーソナル体重計 UC-332シリーズ UC-332-S

シンプルなデザインの体重計です。100g単位の表示なので、日々の体重変化を見やすいのが特徴。ダイエットや体重のコントロールに役立ちます。

表示部分の文字高は26mmと、大きな表示で結果を一目で認識しやすい仕様。乗るだけですぐに測定が始まるため、電源のオンオフなどの操作も必要ありません。また、オートパワーオフ機能がついているので、電池のロスを防げます。