ベビースケールは、赤ちゃんの日々の成長や授乳量をチェックするのに便利なアイテムです。母乳は、ミルクと違って赤ちゃんが飲んだ量を正確に判断しにくいものの、ベビースケールで授乳前後の体重を測定することで、授乳量を確認できます。

しかし、ベビースケールにはさまざまな製品があるため、どのようなモデルを選べばよいのかわからない方も多いはずです。そこで今回は、おすすめのベビースケールと選び方について解説します。

ベビースケールは必要?

By: rakuten.co.jp

ベビースケールは、赤ちゃんの体重を測ることが可能な製品。母乳をどれだけ飲んだかのチェックや、日々の成長度合いを知るのに便利なアイテムです。

大人が用いるような一般的な体重計では、細かなグラム単位を測定できないので、赤ちゃんの体重を測定するのに適していません。一方でベビースケールであれば、5g単位での測定に対応。赤ちゃんの正確な体重や、細かな重量の変化を測定可能です。

例えば、授乳混合を行う場合、どれだけ母乳を飲んだのかが分からないと、必要なミルクの量を計算できません。しかしベビースケールがあれば、母乳を飲む前と飲んだ後の体重測定で、母乳を飲んだ量の判断が可能。このため、ベビースケールは安心して子育てするのに必要不可欠なアイテムといえます。

ベビースケールのメリット

ベビースケールのメリットは「赤ちゃんの授乳量を確認できる」ことと「日々の成長を記録できる」ことです。

赤ちゃんの授乳量が確認できると、育児に対するモチベーションアップに繫がるので、母親の精神面が安定しやすくなります。また、母乳だけでなく、粉ミルクを活用する際に、どれくらいの量の粉ミルクを与えればよいかの判断がつきやすくなるのもポイントです。

日々の成長を記録できる点については、ベビースケールで体重を測ることで、赤ちゃんの成長を数値で確認できるようになります。わずかな体重の変化でも目に見えて分かるため、少しでも赤ちゃんの成長を実感したい方におすすめです。

ベビースケールの選び方

最小単位をチェック

By: amazon.co.jp

ベビースケールは、モデルによって体重を表示する最小単位が異なります。おおよそ1~10g単位で測れるモノがほとんどですが、細かく授乳量や体重を測定したいのであれば、1g単位のベビースケールを選びましょう。

赤ちゃんは、長時間おっぱいを吸っていても、あまり母乳が飲めていないことがあります。しかし、最小単位が1g表示に対応するベビースケールを使用すれば、細かな変化にも気付きやすくなるのでおすすめです。

なかには、体重表記の誤差が少ないモデルもあるため、正確さを重視する方は機械の精度もチェックしてみてください。また、ベビースケールを長く使いたい方は、赤ちゃんが成長したあとでも使えるよう、体重の最大表示の値も確認しておきましょう。

設置場所や持ち運びを考慮したサイズと重量をチェック

By: aandd.co.jp

ベビースケールは、基本的に赤ちゃんを横にして体重を測るモノのため、サイズが大きめです。余裕をもって設置できるように、使用する場所のスペースが十分に足りているかをチェックしておきましょう。

収納面も気にするのであれば、厚みの少ないモデルを選ぶのがおすすめ。狭い箇所にも配置しやすく、省スペースに収納できます。

また、ベビースケールを持ち運んで使用する方は、重量の軽いモノを選ぶのがおすすめです。軽いベビースケールだと、毎日の測定に必要な準備や持ち運びの負担を軽減できます。

ベビートレーが取り外せるかチェック

By: tanita.co.jp

ベビースケールは、赤ちゃんを寝かせられるベビートレーが付属したモデルと、トレーのないフラットなモデルがあります。ベビートレーが付属しているモデルを選ぶのであれば、取り外しに対応しているかをチェックしましょう。

ベビートレーの取り外しが可能なモノは、収納の際にコンパクトになります。また、単体で洗えるため、ベビースケールを清潔に使いたい方にもおすすめです。

なかにはベビートレーを取り外すことで、通常の体重計として機能するモデルもあります。赤ちゃんが成長してからも体重を測定できるので、長期間使用したい方におすすめです。

ベビートレーが外せるモデルのなかには、大人の体重測定に使えるモノも多いため、汎用性が高い製品を使いたい方は仕様をチェックしてみてください。

あると便利な機能をチェック

タオル・おくるみの重さを差し引く「風袋引き機能」

By: rakuten.co.jp

風袋(ふうたい)とは、重さを測るときに使う毛布や容器のこと。ベビートレーを選ぶ際には、タオルや毛布の重さを差し引いて測定できる「風袋引き機能」があると便利です。

風袋引き機能を使えば、赤ちゃんの正確な体重を測定するときに、タオルなどの重さを差し引いて計算する手間がかかりません。また、赤ちゃんに巻いているタオルなどを無理に取る必要がないので、眠りから目を覚ましてしまうのを防げます。

授乳量をチェックするなら「メモリー機能・授乳量確認機能」

By: amazon.co.jp

母乳をどれだけ飲んだか判断するのに、「メモリー機能」や「授乳量確認機能」があると便利です。メモリー機能が搭載しているベビースケールは、前回測定した体重を記録するので、簡単に授乳前と授乳後の体重を比較できます。

授乳量確認機能とは、授乳前と授乳後の体重差から自動で授乳量を計算できる機能のことです。授乳混合を行う際に、あとどれだけの粉ミルクを与えればよいのか判断するのに役立ちます。

「バックライト付き」なら夜間でも見やすい

By: rakuten.co.jp

バックライト機能を搭載したベビースケールなら、暗い場所でも体重の数値が見やすくなるのでおすすめです。夜中に授乳したときに部屋の照明を付ける必要がないため、赤ちゃんを起こさずに体重をチェックできます。

また、より重量の数値を見やすくしたいのであれば、ディスプレイの表示が大きいモノを選ぶようにしましょう。なかには、数値を表示する向きを利用するシーンに応じて変えられるモデルもラインナップしています。

ベビースケールのおすすめ

タニタ(TANITA) 授乳量機能付ベビースケール nometa BB-105

品質のよい体重計を提供し、人気を集めている「タニタ」のベビースケール。価格と機能のバランスがよく、ベビースケール選びに悩む方におすすめのモデルです。本製品は、8kgまでの測定は最小5g単位、20kgまでの測定は最小10g単位で測定が可能。赤ちゃんが成長したあとでも使えます。

本体に搭載されている「授乳量ボタン」を押せば、授乳前後の赤ちゃんの体重差から授乳量を1g単位で表示。母乳をどれだけ飲んだのかを手軽にチェックできます。

また、オートメモリー機能付きで、授乳している間に電源が切れても安心。スイッチを入れれば、計測したデータが反映されたまま授乳量を測定できます。マット付きなので、赤ちゃんの体の冷えを予防しながら測定できるのもポイントです。

Haiteku デジタル ベビースケール

巻尺を搭載し、身長を測るのにもおすすめのベビースケール。巻尺は最大150cmまでに対応します。体重の測定は20kgまでで、10g単位の測定が可能。立った状態でも使える仕様で、赤ちゃんが大きくなっても継続して使用したい方におすすめです。

本体は風袋引き機能を搭載。タオルなどを一緒にのせても、赤ちゃんの体重のみを測定できます。サイズは55×33×4cmと一般的な大きさ。また、体重の測定箇所は、凹型のデザインかつ耐久性に優れた設計で、安全性に配慮されています。

ディスプレイは大型の表示のため、数値のチェックが容易。バックライト付きで、暗い場所でも見やすい設計です。

エスアイエス(SIS) デジタルベビースケール

トレーの表面に目盛りがプリントされているベビースケール。メモリは約53cmまでに対応しており、体重と同時に身長などのサイズを測定できます。表面は触り心地がよく、赤ちゃんを安心して預けられるのもポイントです。

測定できる重量は60g〜20kgまで。赤ちゃんの体重を10g単位で計測できます。風袋引き機能付きなので、タオルや布を敷いた状態でも赤ちゃんの体重のみを計測可能。ディスプレイは大画面かつブルーに光るバックライト付きのため、数値を簡単にチェックできます。

本体重量は約1.63kgと軽く、持ち運びやすいのも魅力。わずか4cmの厚みで、収納スペースにも困りにくいのも特徴です。

イーテックシティ(Etekcity) デジタル体重計

コンパクトで収納しやすく、かわいいデザインが特徴のベビースケール。本体サイズが26×21×2.2cmとコンパクトなため、省スペースに収納できます。

本体は角が丸く、安全性に配慮されているのも嬉しいポイント。表面は強化ガラス仕様で耐久性に優れており、お手入れも簡単に行えます。最大180kgまで計測が可能。最小0.05kgに対応し、赤ちゃんから大人まで幅広く使えます。

本体は乗るだけで電源がオンに切り替わり、降りるとオフに変更される省エネ設計。電源をつけたり消したりする手間をなるべく省きたい方におすすめです。

さらに、ディスプレイには大型のフォントを設定しているほか、バックライト付きで暗い場所でも視認性は良好。底面には滑り止めのゴムを配置し、床を傷付けずに使用できます。

タニタ(TANITA) デジタルベビースケール 愛情 1584

ベビートレーの取り外しに対応した、汎用性の高いベビースケールです。本製品は最大20kgまでの計測に対応し、およそ6歳児までの体重計として使用可能。0~10kgまでは50g単位、10~20kgまでは100g単位で計測できます。

ベビースケールを取り外せば、丸洗いが可能なほか、赤ちゃんが成長したときに、立って測定できるのもポイントです。収納時に取り外すことで、スペースも抑えられます。また、本体の重さは乾電池込みで約1.8kgと軽量で、持ち運びが簡単です。

本体は風袋引き機能により、タオルや毛布を巻いた状態でも、正確性の高い体重測定が可能。さらに、電源を切り忘れた際に自動で電源がオフになる「オートパワーオフ機能」を搭載しているため、ムダな電池の消耗を抑えたい方にもおすすめです。

タニタ(TANITA) 業務用高精度ベビースケール BD-815

業務用に作られた高精度のベビースケールです。本製品は6kgまでを2g単位で、15kgまでを5g単位で測定が可能。電源はACアダプター、または単三乾電池4本を使用します。ACアダプター使用時はバックライトが点灯し、暗い場所でも見やすい設計です。

ベビートレーはゆったりサイズかつ、ガタつきが少ないのが特徴。さらに、赤ちゃんを降ろしたあとも測定値が表示されるのも便利な点です。測定値のメモリー機能付きで、簡単に授乳量を確認できます。

ベビートレーとソフトマットは取り外して洗えるため、衛生的に使えます。ベビートレーは取っ手付きで、持ち運びやすいのも嬉しいポイントです。

MQUPIN ベビースケール

最大120kgまでの測定に対応した、汎用性の高いベビースケールです。本製品は、簡単に本体とベビートレーの分離が可能。本体底にあるロックボタンを持ち上げ、トレーを指定の方向に動かすだけで取り外せます。赤ちゃんが成長したあとや、大人の体重測定に使えるのもポイントです。

測定単位は、0~20kgまでが5g単位、20kgからは50g単位での測定に対応。トレーは人間工学に基づいた設計で、赤ちゃんをしっかりと支えます。足は滑り止めのゴム付きで安心。また、風袋引き機能付きで、タオルなどの重量を気にせず測定できます。

重量の表示は、ポンド・キログラム・オンスの3種類に切り替えが可能。本体は薄型で収納しやすく、持ち運びにも便利です。

ケラッタ パンダ ベビースケール

かわいらしいパンダのデザインを採用した、機能面に優れたベビースケール。体重は最大30kgまでの測定が可能です。ベビートレーの取り外しにより、大きくなってからの測定にも対応します。体重は5g単位での細かな測定が可能で、毎日の成長をチェックするのにおすすめです。

ディスプレイとボタンは大きめで、視認性と操作性に優れた設計。平均値測定機能を使用することで、動いてしまう赤ちゃんの体重の平均値を計算してくれるのもポイントです。

ベビートレーは緩やかなカーブを描いた形状で、赤ちゃんが転がり落ちるのを防止。本体の高さが低く設計されており、安心して使いやすいのも魅力です。また、風袋引き機能付きで、毛布を敷いたままの測定も可能です。

Gstage ベビースケール

最大120kgまでの測定に対応し、赤ちゃんから大人までの体重を測定できるモデルです。体重は20kgまでなら5g単位、20kgからは50g単位の表示に対応。細かく授乳量をチェックしたい方におすすめです。

本体は風袋引き機能付きなので、タオルや付属のベビートレーを敷いたまま体重を測定できます。また、ベビートレーは滑らかな形状で、赤ちゃんを傷付けにくい設計。加えてトレーの取り外しにも対応しており、本体から分離した状態で大人も体重を測れます。

最大120kgまでの測定に対応するため、母親と子供で一緒に計測することも可能です。ディスプレイは表示が大きいので見やすいほか、表示方向の変更にも対応。赤ちゃんの測定時と自分の測定時で、見やすい方向に設定を変更できます。

ハグムー(Hugmuu) デジタルベビースケール

値段が安いほか、機能面にも優れたベビースケールです。付属のベビートレーは取り外しに対応し、大人も体重測定が可能。最大120kgまで測れるため、赤ちゃんと一緒に体重を測定できます。重さは20kgまでが5g単位、20kgからは50g単位で表示でき、細かい計測が可能です。

ディスプレイは、数字が大きく表示されていて見やすい設計。表示方向の変更にも対応し、赤ちゃんを測定するときと、自分を測定するときで見やすい方向を設定できます。

本体は操作が60秒間ないと、自動で電源がオフに切り替わるのもポイント。ムダな電力消費を抑えられます。

ボタンは2つだけの簡単操作。「TAREボタン」は電源のオン・オフ以外に風袋引きボタンも兼ねていて、タオルを巻いた状態でも体重測定が可能です。「UNITボタン」はタッチするたびに、キログラムからポンドなどの単位を変更できます。

ベビーザらス デジタルベビースケール

赤ちゃん向けのさまざまなアイテムを展開している「ベビーザらス」のベビースケール。本製品は、新生児から20kgの赤ちゃんまでを測定できるモデルです。

付属のベビートレーは取り外しが可能で、立った状態での測定にも対応。トレーのお手入れが簡単かつ、省スペースに収納しやすくなるのも嬉しいポイントです。

本体は、前回との体重の増減が比較できるメモリー機能付き。どれだけ重量が変化したかをチェックできます。また、風袋引き機能も搭載し、タオルなどを巻いた状態でも重量の測定が可能。赤ちゃんが眠った状態でも使いやすい設計です。

エー・アンド・デイ(A&D) ベビースケール AD-6020-12K

測定精度が高いと謳われているベビースケールです。付属の計量台は、ワンタッチで取り外しが可能。また、丸洗いに対応しているため、衛生的に使えます。

本体はロックレバー付きで、計量台の取り付けの際のロックし忘れを防止。身長測定用の目盛りも搭載しており、手軽に身長測定ができるのもポイントです。さらに、タオルやマットの重さを差し引いて測定する、風袋引き機能も搭載。前回測定した値を表示するボタンも付いており、使い勝手は良好です。

電源は、単一乾電池4本もしくは付属のACアダプターを使用するタイプ。電池に対応しているので、電源のない場所でも使用できます。

SYUNO ベビースケール us02-djc5-105

最大70cmの目盛り付きで、身長と体重のどちらも測定できるベビースケール。身長と体重を、手間なくスムーズに記録したい方におすすめです。ベビートレーは湾曲した形状で、安全性に配慮されています。

50g〜100kgまでの体重に対応。赤ちゃんが成長したあとや、大人の体重測定にも使えます。また、底面には滑り止めを配置。LEDディスプレイで、数値をチェックしやすいのもポイントです。

風袋引き機能付きで、毛布やタオルなどの重量分を差し引いて重量を測定可能。別途計算する手間を省けます。さらに、表示データのロック機能も搭載。赤ちゃんが計測時に動いてしまった場合でも、動きが止まったときに指定のボタンを押せば、数値をロックできます。

トライアンドイー 抗菌スマートベビースケール SBS20-BT

Bluetooth通信により、スマホの有料ソフトウェアと計測値を連動できるベビースケールです。重量は20kgまでに対応し、赤ちゃんだけでなく、ペットの体重測定にも使用可能。トレーは抗菌ABS素材を使用しており、衛生面にも配慮された作りです。

ディスプレイは大型表示で見やすい設計。ボタンの数も少なく、簡単に操作できます。本体はバランスを重視した低重心設計。また、トレーは取り外して本体に被せると、最厚部で10cmのサイズになるため、楽に収納可能です。

Bostar ベビースケール

赤ちゃんから大人まで使えるベビースケール。50g〜100kgまでの計測が可能で、子供以外に大人やペットの体重も測定したい方におすすめです。本体は軽量なプラスチック素材を使用し、簡単に持ち運びが可能。また、耐久性と耐摩耗性にも優れています。

ディスプレイは明るいバックライト付きで、暗い場所でも数値の読み取りに対応。赤ちゃんが寝ているときに、照明を付けずに使えます。ベビートレーは分離式のデザインを採用。用途に応じてトレー付きとトレーなしで使い分けられます。

そのほか、電池は単四乾電池2本のみなので、電池交換の負担が少なく、持ち運んで使う際にも便利です。

ベビースケールの売れ筋ランキングをチェック

ベビースケールのランキングをチェックしたい方はこちら。