健康管理で大切なのは、自分の体の内側を把握すること。体重だけでなく体脂肪率や筋肉量をチェックし、内臓脂肪や骨量も知ることで自分の体を常に管理できます。

最近の体重計や体組成計は進化しており、体の内側をしっかりスキャンするだけでなく、iPhoneを使って測定結果の記録が可能。体のデータを経時的に捉え、体重や体脂肪の変化を時系列で確認できるので健康管理に最適です。今回はiPhone対応の体重計と体組成計のおすすめを紹介します。

BluetoothやWi-Fiがあると何がいいの?

Bluetoothで簡単に体組成計とiPhoneの連携が可能

By: rakuten.co.jp

Bluetoothは機器を通信させる近距離無線通信の規格。通信速度や距離はWi-Fiより劣るものの、消費電力が少なく簡単な設定ですぐに使えます。インターネット環境がなくても使える点もメリットです。最近はBluetoothでiPhoneと通信可能な体重計や体組成計が多く発売されています。

Bluetooth対応の体重計や体組成計は、毎日の測定結果をiPhoneに飛ばして管理することが可能。体組成計専用のアプリをダウンロードすれば、体重や体脂肪の変化を長期間記録してグラフで変化を観察できます。購入時からiPhoneに入っているヘルスケアアプリに対応した体組成計を購入すれば、面倒なアプリのダウンロードは不要です。

測定すれば自動的にデータをiPhoneに転送できるWi-Fiは便利

By: health.nokia.com

Wi-Fiは、インターネットを介して複数の機器を同時に接続できる通信規格。消費電力は高めですが、通信速度が速く大量のデータ通信が可能な点がメリットです。自宅にwi-fi環境があれば、体組成計にWi-FiのIDを入れるだけですぐにiPhoneと連携できます。

Wi-Fi搭載の体組成計は、測定するだけで自動的にデータを転送できる点が最大の特徴。最初にWi-Fiの設定をすればBluetoothのように毎回の設定や操作が不要なので、手軽で簡単に体の管理をしたい方におすすめです。測定データはBluetoothと同じように専用サイトやアプリで管理できます。

BluetoothやWi-Fiが大切な測定結果の記録に役立つ

By: health.nokia.com

高機能な体重計や体組成計を購入し、毎日測定するだけでは十分な健康管理ができません。大切なのは体の変化を把握し、何が問題でどんな対策をすべきかを見出すこと。そのために必要なのが体組成計とiPhoneをBluetoothで連携させて計測結果を記録し、体の内側を自分で見つめることです。

体重計や体組成計で計測した結果を手入力で記録して管理するアプリも存在します。しかし、実際にやってみるととても面倒でなかなか続きません。この面倒を省いて簡単に健康管理するためのツールがBluetoothとWi-Fiです。体重計や体組成計を使うなら、BluetoothかWi-Fiに対応したモデルを使うとラクに体重管理ができます。

iPhone対応の体重計/体組成計の選び方

体脂肪計と体組成計のどちらが必要か

体重と体脂肪率を計測できる体脂肪計と、筋肉量や体内年齢、基礎代謝や体水分率を測定できる体組成計のどちらが必要かをよく考えて選ぶことが大切。ダイエットのために体脂肪だけ分かればよいなら体脂肪計、トレーニングの成果を筋肉の状態や基礎代謝から見たいなら体組成計がおすすめです。

体組成計を選ぶ場合は計測できる項目を確認

By: amazon.co.jp

体組成計はモデルによって計測できる項目が異なります。生活習慣病が気になる方は内臓脂肪を測れるモデルがおすすめ。ランニングや水泳で体を鍛えている方は、筋肉量や基礎代謝が分かると重宝します。

その他にも、体内年齢・推定骨量・水分量などを測れるモデルもあるので、すべての項目を網羅した高機能モデルが必要なのか、数項目だけ測定できればいいのかをよく考えて選びましょう。

計測する部位で選ぶ

By: amazon.co.jp

体脂肪計や体組成計は足の裏や手の平を密着させて体の中をスキャンします。高機能モデルは足の裏と両手の平を機器に密着させてスキャンしますが、体重と体脂肪だけを測る単機能モデルは足の裏だけで測定可能です。

毎日の計測となると、両手に測定機器を持つのが面倒に感じる場合もありますが、逆に面倒でも体の隅々までしっかりチェックしたいという方もいるでしょう。自分にとって続けやすいモデルを選ぶとともに、どこまで体の中身を計測できれば満足かを考えるのが選び方のポイントです。

最近のハイスペックモデルは両手両足からスキャンした情報から、右脚、左脚、右腕、左腕、体幹部など、部位ごとの筋肉量と脂肪率がわかる機能を搭載しているモノもあります。アスリートレベルの体作りをしている方にとっては、体の左右バランスを見るために重宝する機能です。

iPhone対応の体重計/体組成計のおすすめモデル

タニタ(TANITA) 左右部位別体組成計 インナースキャンデュアル RD-800

体組成計で圧倒的なシェアを誇るタニタが「次世代の体組成計最高峰モデル」と銘打つハイエンドモデル。左腕・右腕・左脚・右脚・体幹部の脂肪率、筋肉量、筋肉スコアを測定できるすぐれものです。両腕と両脚の筋肉の質を指標化する筋質点数も測定でき、BluetoothでiPhoneと連携できます。

測定項目数はタニタとしても最高となる26項目。体重、体脂肪率はもちろん、MBA判定、基礎代謝量、推定骨量、脈拍数など、体を隅々まで測定できます。徹底的に体を鍛えたい方や体の左右バランスを整えたい方におすすめのモデルです。

高機能の秘密は高周波と低周波のデュアル周波数。細胞レベルで体をスキャンすることにより、体組成をより高精度に分析できます。さらに、世界初となる「筋肉の質=筋質」の評価ができる点。筋繊維の数や太さ、水分量などを性格に測れるので、筋肉にこだわりがある方にもおすすめです。

タニタ(TANITA) デュアルタイプ体組成計 インナースキャンデュアル RD-906

足裏から高周波と低周波のデュアル周波数で体を測定し、細胞レベルの変化や個人差から体を分析できる体組成計。体脂肪や筋肉量をより高精細に測定できるだけでなく、筋肉の質も測定できます。加齢や運動不足による筋肉の衰えを日々チェックしたい方におすすめです。

BluetoothでiPhoneと連携でき、アプリをダウンロードすれば測定後の数値をすぐに手元のスマートフォンで確認できます。使用可能なアプリはトレーニング系やダイエット系など数種類あり、ユーザーの好みに合わせられる点も優秀です。

スマートフォンのアプリはタニタの活動量計AM-161との連携もでき、体組成計と組み合わせて3機器を活用すればさまざまな側面から健康管理が可能。自分の毎日の行動がどのくらい健康に役立っているかを判断するのに役立ちます。ダイエットやメタボ解消を目指す方にもおすすめです。

オムロン(OMRON) 体重体組成計 カラダスキャン HBF-227T

オムロンのカラダスキャンシリーズは、乗るだけで簡単に足裏から体の内側を測定できる体組成計です。過去の測定データを元に、乗るだけで誰が乗ったかを推定する自動認識機能が優秀。本体に乗ると自動的に電源が入り、個人を推定して約4秒で素早く測定できます。

iPhoneとはBluetoothで連携可能。スマホアプリのオムロン コネクトをダウンロードすれば、測定データを簡単に管理できます。測定後60分以内であれば、アプリを立ち上げなくても自動的にデータ転送される点も便利です。

体脂肪率や体重だけでなく、骨格筋、内臓脂肪、基礎代謝などの測定データも簡単に確認・管理できます。6歳から体脂肪率などの測定が可能なので、近年問題となっている子供の肥満防止に活用が可能。家族みんなで健康管理をしたい方におすすめです。

オムロン(OMRON) 体重体組成計 カラダスキャン HBF-253W

オムロンのWi-Fi通信対応モデル。体組成計に乗って測定すると、自動的に測定データをiPhoneに自動転送します。測定データは健康サービスの「ウェルネスリンク」に自動転送され、iPhoneアプリの「からだグラフ」で簡単にチェックが可能です。

測定するだけで誰が乗ったかを推定する「自動認識機能」を搭載。乗ると自動的に電源が入り、約4秒で素早く体組成を測定します。赤ちゃんやペットの体重を測りたい場合は「体重引き算機能」を使うと便利。自分だけで測った体重との差が表示され、50g単位で体重が測れるので大切な赤ちゃんやペットの体重変化をしっかり把握できます。

骨格筋量や内脂肪レベルも測定でき、体年齢や基礎代謝の表示も可能。6歳の子供から使用できる機能を搭載しているので、家族で体脂肪を把握して健康管理したい方におすすめです。シンプルで飽きのこないデザインは誰にとっても使いやすく重宝します。

ノキア(Nokia) スマート体重計 WBS06-BLACK-ALL-JP

ノキアのスマート体重計はWi-FiとBluetoothの両方に対応。自宅にWi-Fi環境がなくてもiPhoneと連携できるよう配慮されています。測定できるのは体重とBMIのみのシンプルなモデルで、5000円以下という価格も魅力的。体重管理だけしっかり行えれば満足な方におすすめです。

最大8名のユーザーデータを記録。体重計に乗った人を自動認識し、それぞれのデータをiPhoneに自動的に同期するのでとても便利。100以上の健康・フィットネスアプリと連携できるので、自分の目的に合ったアプリを選んで快適に使えます。

ベビーモードを使えば、赤ちゃんを抱っこして体重測定が可能。Wi-Fi接続により天気予報を通知してくれるユニークな機能も搭載。手軽に体重管理できる簡単機能の体重計をできるだけ安く探している方にもおすすめのモデルです。

PLEMO 体組成体重計 CS20M

とにかく安くて体組成も測定できる体重計を探している方におすすめのモデル。BluetoothでiPhoneと連携させておけば、体重だけでなく、BMI、体脂肪率、体水分率、基礎代謝率、骨格筋率、筋肉率、骨量、タンパク質量、体内年齢の測定ができます。

最先端技術の生体インピーダンス法により、4つの高精度体重センサーを搭載。0.2~180kgまで計測でき、100kgまでは0.05kg刻みで性格に体重を測定します。記録したデータはApple HealthやGoogle Fitなどの複数のアプリで管理ができ、使用ユーザーの人数は無制限です。

どこに置いてもオシャレに見えるデザインが魅力的。23mmの薄型コンパクトモデルなので、脱衣所の隙間にすっきり収納できます。暗くても数値がはっきり見えるLED表示は年配の方でも安心。安くても十分満足できる機能が詰まったモデルです。