室内の空気のクオリティにも気をつけたい。

ある統計によると、空気の1日の消費量は、水と食物を合わせたものの4倍に相当すると言われています。食物は産地に気をつけ、水は浄水器で、でも空気は…。時には無頓着であったりすることも。空気の汚染に起因するさまざまな病気や障害を考えると、いつも過ごしている環境の空気の汚染状態にもっと敏感である必要があるかもしれません。

そこで登場したのが、スマートフォンに挿すだけで空気の状態がすぐにわかるパーソナル空気モニター、Sprimo Personal Air Monitorです!

挿すだけ超簡単セットアップ

市場に出回るさまざまな専用のモニターと異なり、Sprimo Personal Air Monitorはスマートフォンに挿すだけで、あとは専用アプリで空気の状態をひと目で確認できる超簡単空気モニターなのです!

何がわかるの?


では、このモニターで何がわかるのでしょうか? その場所の温度や湿度はもちろん、VOCと呼ばれる揮発性有機化合物を検知。PM2.5のような微粒子ではなく、気体を検知するのが特徴です。


塗料、接着剤、洗浄剤、ニスなどに含まれるトルエン、アセトン、ホルムアルデヒドなどの物質が含まれるVOC。頭痛やめまい、疲労や皮膚アレルギーなど、かなりの悪影響を人体に及ぼすことで知られています。

これらの有害な物質を含む空気を、アプリ内で数値とわかりやすい色により表示。緑→黄色→オレンジ→赤→紫→茶と変化する全6色で、直感的に「ココにいてはいけない」となるわけです。

動画では、新しい車と古い車、化粧品店に入って、Sprimo Personal Air Monitorが明らかに違う反応を示しているのがわかります。リアルタイムで表示してくれるのが助かりますね。

ユーザーによる"生"の統計マップが掲載されるコミュニティも計画されているSprimo Personal Air Monitorは、Kickstarterで25ドル! これからは空気もしっかりモニターしたい!