パソコンを購入する上で重要な項目となる「ストレージ」。あらゆるデータを保存する装置のことで、主に「HDD」と「SSD」の2種類があります。前者は従来から採用されているタイプで大容量かつリーズナブルに搭載できるのが特徴。後者は近年普及しているタイプで、処理スピードが速いのが特徴です。

そこで今回はSSDのおすすめ製品をピックアップ。容量別にご紹介するので、購入を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

SSDとは?

By: amazon.co.jp

SSD(ソリッドステートドライブ)とは、フラッシュメモリを利用したパソコンの記憶媒体のこと。容量当たりの単価は以前から普及していたHDD(ハードディスクドライブ)よりも高価ですが、衝撃に強く作動音も静かで、処理スピードが速いのが特徴です。

SSDとHDDの違い

SSDとHDDの大きな違いは、データの読み書きをする記憶媒体が異なる点です。HDDの場合は、高速回転する円盤型のディスクに磁気ヘッドでデータの読み書きを行うのに対して、SSDの場合はUSBメモリなどと同じようにメモリチップに読み書きを行います。

SSDのメリット・デメリットは?

SSDのメリット

By: amazon.co.jp

SSDには、フラッシュメモリを利用していることによるメリットがあります。HDDに比べてデータの読み書きが速いのでパソコンの電源を入れてからの立ち上がりが速く、オフィスソフトなどの起動もスムーズです。また、消費電力が少なく、衝撃や振動に対して強いので、持ち運びに便利なノートパソコンの記憶媒体に適しています。

さらに、SSDはデータの読み書きの際にHDDのようにディスクが回転しないので、静音性が高いのもメリット。図書館やカフェなどの静かな場所でも動作音を気にせずにパソコン作業ができます。

SSDのデメリット

最近ではSSDの価格も下がってきましたが、まだHDDに比べると1GBあたりの単価が高いのがデメリットです。そのため、予算に合わせて使用用途に合った容量を導入する必要があります。

また、SSDはフラッシュメモリを利用しているため、データの書き換え回数に制限がある点にも注意が必要。とはいえ、絶え間なくデータの書き込みが発生するようなサーバー的な使い方ならともかく、一般的な作業では寿命を心配する必要はありません。

SSDの選び方

大きさで選ぶ

By: amazon.co.jp

もっともスタンダードなSSDの大きさはノートパソコン用HDDと同じ2.5インチサイズ。そのため、所有しているデスクトップパソコンにSSD用のストレージベイがない場合は、2.5インチないし3.5インチ変換ブラケットが必要です。

なお、サイズとしてはひと昔前のノートパソコンに使用されていた1.8インチのSSDや、カードのような薄い形状のSSDもあります。SSDの大きさや形状は後述する「接続規格」に応じて変わるので、購入を検討している方は所有しているパソコンの接続規格をチェックしておきましょう。

静音性の高さで選ぶ

フラッシュメモリを利用しているSSDはデータを電気的に処理するため、物理的な動作はありません。よって、SSD自体から音が出ることはなく、静音性の高いストレージと認識されています。

なお、パソコンのストレージをHDDからSSDに換装したにも関わらず、パソコンから異音を感じる場合はCPUの冷却ファンに原因があることが考えられます。ぜひ留意しておきましょう。

耐久性で選ぶ

SSDはデータの読み書きを行う際に駆動しているパーツがないので、外部からの振動や衝撃の影響を受けにくいのが特徴です。

なお、SSDにはデータを書き込みできる量に限度があり、「TBW(Terabytes Written)」という数値で表します。各製品のTBWをチェックすることでSDDの寿命をある程度把握することはできますが、一般的な使い方で書き込み限度量まで達することは稀なので、あくまでも目安として考えておきましょう。

規格で選ぶ

使用中のパソコンのストレージをHDDからSSDに取り換える場合は、接続する規格を確認する必要があります。異なる規格の購入してしまうと使用できないので注意しましょう。

現在の主な規格は「SATA」「mSATA」「M.2」の3種類があります。一般的なノートパソコンの2.5インチHDDなどに使われていて、もっとも多用されているのは「SATA(シリアルATA)」。販売されている製品数も多いので、選択肢の幅が広いのが魅力です。

SATAよりも小型で、モバイルノートパソコンに採用されていることが多いのが「mSATA」。カードのように薄い形状のため、ノートパソコンを薄型に設計できるメリットがあります。

「M.2」はもっとも新しいSSDの規格が、mSATAの後継という位置付けです。SATAに比べて転送速度が向上しているほか、小型なのも特徴。主にデスクトップパソコンに採用されています。

データ容量で選ぶ

SSDはHDDに比べて1GBあたりの単価が高いので、予算に限りがあるならば、必要な容量と価格のバランスを考えて購入しましょう。パソコンで文書作成などオフィスソフトを中心に使用する方ならば、500GB以下の容量でも十分。価格もお手頃です。

解像度の高い写真や動画を多く撮影・保存する方なら500GB~1TBの容量があれば安心。お気に入りのシーンを次々と撮影しても、過去のファイルを捨てることなくSSDに保存できます。

なお、ゲーミングをする場合は大容量のストレージが必要。複数のゲームをインストールして遊ぶなら、1TB以上の容量があるSSDがおすすめです。

取り付け方法で選ぶ

By: amazon.co.jp

SSDには、HDDと同じように「内蔵タイプ」と「外付けタイプ」があります。OSも含めたパソコンの環境を改善するなら、使用中のHDDと取り換えられる内蔵タイプのSSDがおすすめです。

一方、パソコンのパーツを取り換えるのが不安な方は外付けタイプのSSDがおすすめ。USBケーブルでパソコン本体と接続するだけで記憶媒体として使えます。コンパクトで持ち運びに便利なのもポイント。ポータブルHDDに比べて軽量で、耐久性に優れているのも特徴です。

SSDのおすすめメーカー

サムスン(Samsung)

By: amazon.co.jp

韓国を代表するメーカーの「サムスン」。一般向けのSSDは約2年周期でリニューアルしています。最大容量が4TBのモデルも用意されていて、ゲーミングユーザーから支持を得ているのも特徴。製品のなかには最長で10年間の保証が付くモデルもあるなど、アフターケアも充実しています。

サンディスク(SanDisk)

By: amazon.co.jp

フラッシュメモリカードの分野でトップシェアの「サンディスク」。SSD関連製品でもシェアが高く、低価格モデルの「SSD PLUS」シリーズが人気です。ゲーミングユザーも納得の2TBの大容量タイプの製品もあり、幅広いユーザーを対象としたアイテムをラインナップしています。

ウエスタンデジタル(WESTERNDIGITAL)

By: amazon.co.jp

ハードディスクの世界最大手である「ウエスタンデジタル」。2016年にはサンディスクを買収し、HDDとフラッシュメモリー関連で大きな影響力があります。HDDやSSDは製品シリーズによって色分けされているのもポイント。ユーザーが製品選びで迷わない配慮がなされています。

トランセンド(Transcend)

By: amazon.co.jp

「トランセンド」は半導体メモリ製品を取り扱う台湾のメーカー。SSDの製品ラインナップは豊富で、32GBのお手頃モデルから1TBの大容量タイプまで揃っています。製品規格も幅広く用意されているので、初めてSSDの購入を検討している方にもおすすめです。

インテル(Intel)

By: amazon.co.jp

「インテル」はCPUのメーカーとして有名ですが、SSDも販売しています。ラインナップは豊富で、一般向けで扱いやすい1TB以下の低価格タイプからデータセンター向けの耐久性に優れた最大8TBのモデルまで取り揃えています。

SSDのおすすめモデル|〜500GB

内蔵SSDのおすすめ

エッセンコアクレブ(Essencore Klevv) NEO N500 D120GAA-N500

安価な価格が魅力的な120GBの小容量2.5インチタイプ。データの読み込み速度は約520MB/sで、処理スピードは一般的なHDDの3倍と言われています。

データのバックアップソフトである「Acronis True Image HD」のシリアルコードが同梱。所有しているパソコンのストレージをHDDからSSDに交換したい方は「Acronis True Image HD」ソフトを使用することで簡単に対応することができます。

キングストンテクノロジー(Kingston Technology) A400 SA400S37/240G

信頼性の高さと購入しやすい価格が好評。メモリ製品を製造する世界最大の単独メーカー「キングストンテクノロジー」の2.5インチSSDは、品質の高さが魅力です。

お手頃な価格で快適なデータ処理ができるA400シリーズの240GBモデル。本製品のほかにも120~960GBまでのラインナップを揃えているので、小容量から大容量まで保存したいデータ量にあわせたモデルを選択できます。

サムスン(Samsung) 860 EVO MZ-76E250B/IT

人気のEVOシリーズに属する250GBのSSD。接続規格はSATAを採用し、SSDとしてはもっともスタンダードな形式になっています。

フラッシュメモリには安定した速度を要する「V-NAND」を使用。読み込み速度は550MB/sで、書き込み速度も520MB/sと高速です。価格もリーズナブルなので、コスパ良好のSSDを求めている方におすすめです。

サンディスク(SanDisk) X600 SD9SN8W-128G-1122

接続規格にM.2を採用したハイエンドモデルのSSD。ゲーミングやHDメディア再生など、さまざまなコンテンツ向けに最適化された128GBのM.2規格の製品です。

前世代のX400シリーズより、電力消費量を最大で25%も削減。耐久性を示すTBW値は72で、総書き込み容量は72TB。5年間の保証がついているのも魅力です。

外付けSSDのおすすめ

エレコム(ELECOM) ケーブル収納型外付けポータブルSSD ESD-JEC0120GBK

USB Type-Aケーブルが本体に直接搭載されている128GBのSSD。USBケーブルを使用しない時は本体側面に収納でき、コンパクトで持ちやすい形状になります。

パスワード自動認証機能付きのセキュリティソフトである「PASS(Password Authentivation Security System)」が使用可能。最大3台までのパソコンでパスワード入力を省略できます。

サムスン(Samsung) PORTABLE SSD T5 MU-PA250B/IT

丸みのあるコンパクトなメタルボディが特徴的な250GBのSSD。本体カラーはブラックがほとんどのSSDですが、本製品はブルーを採用しています。

大きさは一般的な名刺よりも小さく、縦57.3×横74×厚さ10.5mmのコンパクトなサイズ。頑丈なメタルボディは頻繁に携帯する方におすすめで、最大で2mの高さから落下した場合の衝撃にも耐えられる設計になっています。

パナソニック(Panasonic) 外付けポータブルSSD RP-SUD256P3

容量256GBのSSD。名刺よりもさらに小さなサイズなので、旅行や出張の際にも最適なモデルです。

高さ76cmからの落下でも破損しない耐衝撃性能を備えているので、大切なデータを外出時のトラブルから守ってくれます。満足度の高いSSDを求めている方におすすめです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) ポータブルSSD SDPX-USC480SB

堅牢性に優れたアルミパネルを使用した480GBのSSD。軽量かつ薄型なのはもちろん、スタイリッシュなデザインを採用しているのもポイントです。

パソコンへの接続のほか、PS4への接続にも対応。本製品にゲームアプリをインストールすれば、ゲームのロード時間が大幅に短縮できます。ストレスなくPS4ゲームを楽しみたい方にもおすすめのSSDです。

SSDのおすすめモデル|500GB〜1TB

内蔵SSDのおすすめ

クルーシャル(Crucial) MX500 CT500MX500SSD1/JP

品質良好でデータ処理スピードが速く、セキュリティ面にも配慮された500GBの2.5インチSSD。本製品には「CrucialSSDインストールガイド」という手引き書が付属しているので、ストレージの交換が不慣れな方でも対応できるのが特徴です。

簡単に取り付けられるエントリーモデルながら、SSDの長所であるパソコンやアプリの高速起動をしっかりと体感できるのもポイント。HDDとの併用を考えている方は安価な250GBのモデルもおすすめです。

サンディスク(SanDisk) ウルトラ 3D SSD SDSSDH3-500G-J25

パソコンやアプリの起動速度をアップさせたい方におすすめな500GBの2.5インチSSD。「3D NAND」と呼ばれるフラッシュメモリを搭載することで、高速データ処理や耐久性の向上、消費電力の低減を図れるのが特徴です。

SSDの管理ソフトは「サンディスク SSD ダッシュボード」を使用可能。SSDの容量やバージョンをリアルタイムで視認したい方におすすめです。

サムスン(Samsung) 860 PRO MZ-76P512B/EC

負荷のかかりやすい大容量データを扱う場合でも、安定した速度で処理してくれる512GBの2.5インチSSD。シンプルで使いやすい「Samsung Magician」ソフトを使えば、SSDの管理を簡単に行えます。

総書き込み限度量は600TBWで、大容量の4Kや3Dに対応した映像データを扱う方も安心。購入から5年間の保証期間があるのもおすすめポイントです。

ウエスタンデジタル(WESTERNDIGITAL) WD Blue 3D NAND SATA WDS500G2B0B

購入しやすい価格が魅力的なコストパフォーマンスに優れた500GBのM.2規格SSD。リーズナブルな価格帯ながら安定したデータの処理を行ってくれるのが特徴です。

高耐久性能や消費電力の削減、使いやすいSSD管理ソフトなど、ユーザーの利便性を高める機能が数多く搭載されたSSDです。

外付けSSDのおすすめ

サムスン(Samsung) PORTABLE SSD T3 MU-PT500B/IT

大切なデータの損失を防ぐため、本体内部に保護フレーム、本体外部に丈夫なメタルボディを装備した500GBのSSD。データへ不正なアクセスをガードするため、高度なセキュリティ機能を搭載しており、ハード面でもソフト面でも安心できます。

さまざまなデバイスと互換性があるのもポイント。デスクトップパソコンやノートパソコンはもちろん、Android端末との接続も可能です。

ウエスタンデジタル(WESTERNDIGITAL) My Passport SSD WDBK3E5120PSL-WESN

パスワードロックとハードウェアの暗号化によって、保存されているデータの安全性を保つことに長けた512GBのSSD。「WD Security」ソフトを使ってパスワードの設定をするだけで、ハイレベルのセキュリティ「AES-256bit」にてハードウェアの暗号化が行われます。

また「WD Backup」ソフトで設定すれば、ドライブやクラウドストレージに自動バックアップできるのもポイント。使い勝手のよいSSDを探している方はぜひチェックしておきましょう。

シリコンパワー(Silicon Power) Bolt B10 SP512GBPSDB10SBK

重量約25gで名刺サイズよりコンパクトな512GBのSSD。ポケットに入れているのも忘れてしまうくらい軽量で、常時持ち歩いても負担になりません。

データ管理用のソフトである「SP Widget」は、シリコンパワーのWebサイトから無料でダウンロード可能。データの管理も簡単に行えるので、外出時に携帯するデバイスのバックアップ用ストレージとしておすすめです。

バッファロー(BUFFALO) ポータブルSSD SSD-PGC960U3-BA

PS4に接続してゲームやアプリケーションのインストールが可能な960GBのSSD。PS4のシステムソフトウェアで本製品をフォーマットすることで、PS4本体に内蔵されているストレージからデータの移動が行えます。

本製品にはUSB Type-Aケーブルに加えてUSB Type-Cケーブルが付属。PS4用のストレージとして使用するほか、マイクロソフトのノートパソコン「Surface Go」やMac Bookシリーズ用のストレージとしてもおすすめです。

SSDのおすすめモデル|1TB以上

内蔵SSDのおすすめ

ウエスタンデジタル(WESTERNDIGITAL) WD Black NVMe WDS100T2X0C

「3D NAND」とメーカー独自開発のメモリコントローラーを組み合わせた1TBのM.2規格SSD。データの読み込み速度は3.4GB/sと高速で快適に使えるのが特徴です。

総書き込み限度量は600TBWとかなりタフなのもポイント。解像度の高い画像や4K映像など、容量の大きなデータを頻繁に読み書きする方におすすめです。

サムスン(Samsung) PM981 Polaris MZVLB1T0HALR-00000

比較的安価な価格ながら、読み込み速度3200MB/sのSSD。容量は1TBで、規格はM.2です。なお、ラインナップとしては512GBや256GBの製品も用意されています。

データ読み書き時にSSDを制御するメモリコントローラーには「Phoenixコントローラー」を採用。同社のハイエンドSSDにも搭載されているので、お得感の高いSSDを求めている方におすすめです。

インテル(INTEL) SSD 660p Series SSDPEKNW010T8X1

「QLC(クアッドレベルセル)」と呼ばれるNANDフラッシュメモリを採用した1TBのM.2規格SSD。同社の660pシリーズは、低コストで大容量のドライブを製造できる「QLC」を使用することで、コストパフォーマンスに優れているのが特徴です。

「QLC」ベースのSSDは耐久性に難があるとされていますが、本製品は総書き込み限度量200TBW、平均故障間隔160万時間と安心して使えます。保証期間も5年間有効なので、長く使えるSSDを求めている方は要チェックです。

エーデータ(ADATA) Ultimate SU800 ASU800SS-2TT-C

エネルギー効率を向上させる「DVESLP(Device Sleep、超低電力スリープモード)」テクノロジーに対応した2TBの2.5インチSSD。通常の動作時には消費電力の約80%を削減し、アイドルモード時には約8%まで電力消費を抑えます。

ノートパソコンで使用する場合には、電力の消費を抑えることでバッテリーの節約が可能。頻繁にノートパソコンを持ち出す方におすすめの製品です。

外付けSSDのおすすめ

トランセンド(Transcend) StoreJet 500ポータブル SSD TS1TSJM500

Mac用として設計されたシルバーメタリックボディの500GBのSSD。インターフェースとして、ThunderboltとSuperSpeed USB 3.1 Gen 1を搭載しており、快適なデータの転送を行えます。

高級感のあるボディはデザイン性が高く、シンプルかつスタイリッシュ。接続用のケーブル(Thunderbolt、SuperSpeed USB 3.1 Gen 1)も同梱されており、購入後すぐに使用できるのもポイントです。

エーデータ(ADATA) SD700 外付けソリッドステートドライブ ASD700-1TU3-CBK

耐衝撃性能において軍用規格にまで適合した頑強な1TBのSSD。高い耐久性がありながら、本体重量はわずか約75gと軽量で、カバンに入れて気軽に持ち運べます。

「3D NAND」フラッシュメモリを採用しており、インターフェイスはUSB 3.1 Gen 1に対応。データ処理機能はハイスペックで、大容量、高耐久性を備えたオールマイティなSSDです。

サムスン(Samsung) X5 MU-PB1T0B/EC

大容量のデータを高速で処理可能なThuderbolt 3ポートを搭載した1TBのSSD。パソコンやガジェットに詳しい方でも納得できるスペックを要しているのが特徴です。

セキュリティ面では、個人情報や大切なデータを保護するための暗号化パスワードに対応。「AES-256bit」を採用した暗号化パスワードは、高いレベルのセキュリティで、プライベートな情報をしっかり守れます。

サンディスク(SanDisk) エクストリーム SDSSDE60-2T00-J25

防水や防塵機能を搭載した高耐久性能をもつ2TBのSSD。大切なデータをしっかりカバーできるのはもちろん、耐衝撃や耐振動、耐温度性能も優れています。

USB Type-Cケーブルに加えてUSB Type-Aアダプタが付属。外出先でパソコンやタブレットなどに簡単に接続できます。外出時に携帯するSSDを探している方におすすめです。

内蔵SSDのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

内蔵SSDのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

外付けSSDのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

外付けSSDのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。