データの高速な読み書きが可能なSSD。パソコンに搭載すれば、OSの起動やデータのコピーなどを高速に行えます。外付けタイプであれば、気軽に持ち運べるので便利です。

そこで今回は、おすすめのSSDを内蔵型と外付けタイプに分けてご紹介します。また、選び方やおすすめメーカーについても解説。購入を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

SSDとは?

By: rakuten.co.jp

SSDとはSolid State Driveの略で、画像や動画などのデータを保存する記憶装置です。これまで大容量のデータの保存にはHDD(ハードディスク)が多く採用されてきましたが、最近では小型パソコンにも取り付けられるSSDの需要が高まっています。

SSDとHDDの違い

By: rakuten.co.jp

SSDはHDDと異なり、内部に磁気ディスクが組み込まれていません。データを読み書きする際の物理的な動作を必要としないため、処理速度に優れているほか、駆動音が発生しにくいのが特徴。

また、SSDの内部には可動パーツが搭載されておらず、パソコンの落下などの衝撃を与えてもデータの破損がしにくいのがメリットです。パソコンだけでなく、スマートフォン・タブレット・PS4など幅広いデバイスに対応したモデルも増えています。

SSDの選び方

容量をチェック

By: rakuten.co.jp

SSDを選ぶ際の最も重要なポイントともいえる容量。128GB〜1TBまでの製品が主流で、なかにはそれ以上の容量を有する製品もラインナップされています。容量は多いに越したことはありませんが、容量は価格と比例するため、予算との兼ね合いを考えて用途に合った最適な製品を選びましょう。

購入したSSDにOSやシステムファイル以外のデータを保存する予定がなく、パソコンの高速化だけが目的であれば、128GBの容量で十分。加えて、ほかのデータの保存も考えている方は256GBの容量があれば安心です。

ゲームやハイレゾ音源など大容量なデータを保存したい方は516GB以上の製品がおすすめ。また、今後データが増えることも考慮して製品を選びましょう。非常に容量が大きい高画質な動画や画像を保存したい方は、さらに大容量な1TB以上の製品もチェックしてみてください。

接続方法をチェック

最も一般的な「SATA接続」

By: crucial.jp

SATA(Serial ATA)は、多くのパソコンやゲーム機器に採用されている記憶装置を接続するための規格です。PS4のストレージもこの規格に対応しています。SATAにはいくつかバージョンがあり、現在は最新の「SATA 3」が主流です。

SATA 3は最大6Gbpsでの通信が可能になったことから、「SATA 6Gb/s」と表記されている場合もあります。登場したのは2009年で普及し始めたのは2011年頃。現在販売されている製品のほとんどがSATA 3で下位互換にも対応しているので、購入する際、あまり気にする必要はありません。

また、SATAを小型化した「mSATA」規格も存在します。モバイルノートパソコンなどで採用されており、比較的交換の難易度は高くなります。製品数もあまり豊富ではなく、最近では後継の「M.2」に置き換わりつつあるので、覚えておく程度で問題ありません。

自作PCで人気の「M.2接続」

By: crucial.jp

M.2接続は、パソコンのマザーボードの拡張端子に直接接続するタイプのSSDです。SATA 3.0やPCI Expressなどの通信方式に対応しているのが特徴。

PCI Express方式に対応していれば、SATA 3.0方式の約1.6倍にあたる10Gbpsでの高速な通信が可能です。そのなかでも「PCI Express 4.0×4+NVMe」に対応した製品はより高速な通信を可能にします。

ただし、マザーボード側も同等の通信方式に対応していなければ性能を発揮できないので注意が必要です。購入前にSSDとマザーボードの両方をしっかりと確認しておきましょう。

外付けなど手軽に使える「USB接続」

By: amazon.co.jp

パソコンの内部に取り付ける必要がなく気軽に導入できるUSB接続タイプのSSD。同様の用途で使用されることの多い「外付けHDD」よりも衝撃に強くサイズもコンパクトです。大容量のデータをより気軽に持ち運べるのがメリット。

最近ではUSB Type-Cケーブルが付属した製品もラインナップ。USB Type-A端子のないモバイルノートパソコンやタブレットを使用している方に適しています。

読み書きの速度をチェック

SSDは高速な読み書き速度が魅力ですが、製品やモデルによって性能が異なるので注意が必要。特に、重たいデータを頻繁に取り扱う方は、性能が低ければデータの保存に時間がかかり、直接作業の進捗に影響してしまいます。

ECサイトや公式ページのスペック表には「最大読み込み速度560MB/秒・最大書き込み速度530MB/秒」のように表記されている場合が多く、この数値が高いほどファイルの保存やコピーを高速に行うことが可能。「シーケンシャル速度」と表記されている場合もあります。

また、「ランダムアクセス」の性能も速度に関わる重要なポイントなので覚えておきましょう。小さいデータをバラバラに処理する能力の性能を表し、内蔵型SSDにおいては、OSやアプリの起動における快適さに影響します。

SSDのおすすめメーカー

サムスン(Samsung)

By: rakuten.co.jp

サムスンは電子部品・電子製品などを幅広く取り扱う韓国の総合家電メーカーです。日本では、「Samsung Galaxy」のブランド名で販売されているスマホが特に有名。SSDは2.5インチ・M.2の両方を幅広くラインナップしています。

大容量なモデルも取り揃えており、日本国内での流通量も豊富です。基本的に一般向けの製品は2年ごとにリニューアルされており、最長10年の充実のアフターサービスも魅力のひとつ。外付けSSDも取り扱っており、指紋認証を搭載した高性能なモデルなどがラインナップされています。

クルーシャル(Crucial)

By: amazon.co.jp

クルーシャルは、アメリカのマイクロン・テクノロジーが取り扱うブランドのひとつです。マイクロン・テクノロジーは世界最大のメモリメーカーで、40年以上にも及ぶ長い歴史を有しています。

クルーシャルのSSDは、ECサイトのレビューなどでも評価が高く、高性能で耐久性にも優れた安定した性能が魅力。2.5インチSSD、M.2 SSDからポータルSSDまで幅広くラインナップしています。

シーエフデー(CFD)

By: amazon.co.jp

CFDは名古屋に本社を置くパソコン周辺機器メーカーで、メルコグループの子会社です。パソコンの自作パーツを取り扱う「玄人志向」というブランドも展開しており、特にグラフィックボードは国内外問わず高い評価を得ています。

SSDは2.5インチとM.2の両方をラインナップ。エントリーモデルからゲーミング用途にも最適な高性能なモデルまで幅広く取り扱っています。また、比較的リーズナブルなので予算を抑えたい方にもおすすめです。

内蔵型SSDのおすすめモデル

サムスン(Samsung) 860QVO MZ-76Q1T0B/OC

 

サムスン(Samsung) 860 EVO MZ-76Q1T0B/OC

パフォーマンスに優れた内蔵型SSDです。高負荷のかかるタスクやマルチタスクを行っていても、安定した速度で動作します。Intelligent TurboWriteテクノロジー機能が搭載されており、最大520MB/秒での連続書き込み速度と550MB/秒での連続読み出し速度を実現しています。

また、データサイズは複数用意されているため、保存するファイルの容量に合わせて選択できるのが便利。サムスンのソフトウェア「Data Migration Software」を使用すれば、本体からHDDへのデータ移行も可能。そのほか、外付け用としても接続できるケースが付属しているのも魅力です。

クルーシャル(Crucial) MX500 CT500MX500SSD1/JP

クルーシャル(Crucial) MX500 CT500MX500SSD1/JP

4つの容量から選べる内蔵型SSDです。250GB・500GB・1TB・2TBがラインナップされており、スマートフォンで撮影した画像や編集した動画・音楽などを保存できます。

また、フラッシュメモリには、消費電力が少ないながらも高いコストパフォーマンスに対応した「Micron 3D NANDフラッシュテクノロジー」を採用。処理速度を高速化しながらも放熱性に優れており、駆動中の騒音を抑えられるのがポイントです。

最大読み込み速度560MB/秒・最大書き込み速度510MB/秒と高速での動作が可能で、パソコン内のファイルやアプリケーションを素早く起動可能。本体内に保存したデータを保護する機能が搭載されているため、安心して使えるモデルです。

シーエフデー(CFD) CG3VWシリーズ CSSD-S6H4GCG3VW

シーエフデー(CFD) CG3VWシリーズ CSSD-S6H4GCG3VW

効率的に書き込みができる内蔵型SSD。圧縮技術「Smart Zip」によって、通常よりも少ないデータ量で書き込めるのが特徴です。

最大読み込み速度530MB/秒・最大書き込み速度430MB/秒に対応。また、ディスクの空き容量に基づいて読み書き速度を調節できる「Smart Data Processing」を採用しています。

サンディスク(SanDisk) SSD Ultra 3D SDSSDH3-1T00-G25

SanDisk SSD Ultra 3D SDSSDH3-1T00-G25

パソコンをスピーディーに起動できるSSDです。最大読み込み速度560MB/秒・最大書き込み速度530MB/秒に対応しているのが特徴。

250GB・500GB・1TB・2TBの4種類がラインナップされ、保存するデータ容量に応じて選択できます。メーカーによってPS4での動作確認も済んでおり、ゲームデータの保存も可能です。

キングストン(Kingston) 内蔵型SSD SUV500

キングストン(Kingston) 内蔵型SSD SUV500

ゲーミング用途に適した内蔵型SSDです。PS4での動作確認が済んでおり、ゲームデータを保存できます。最大読み込み速度520MB/秒・最大書き込み速度500MB/秒に対応しているほか、高い応答性とマルチタスク処理を備え、高速でのシステム駆動が可能です。

フラッシュメモリには「3D TLC NAND」が組み込まれています。また、必要なストレージ要件に合わせて、全5種類から選べるモデルです。

シリコンパワー(Silicon-Power) A55シリーズ SP256GBSS3A55S25

シリコンパワー(Silicon Power) A55シリーズ SP256GBSS3A55S25

安全にデータの転送を行える内蔵型SSDです。メーカー独自のソフトウェア「SP Toolbox Softwre」によって、製品寿命・転送速度・消耗具合に異常がないかをモニタリング可能。

また、システムに悪影響を与える不良ブロック管理機能が搭載されており、長期にわたって良好な状態を保てるのが魅力のモデルです。

シリコンパワー(Silicon-Power) PCIe Gen3x4 P34A80 SP001TBP34A80M28

シリコンパワー(Silicon Power) P34A80シリーズ SP001TBP34A80M28

高いパフォーマンス性能を求める方におすすめの内蔵型SSDです。1・2TBモデルでは最大読み込み速度3400MB/秒・最大書き込み速度3000MB/秒に対応し、高速でのデータ転送が可能です。負担が大きいアプリケーション動作を必要としたゲーミング用途にも適しています。

本体の重さはわずか8gで、デスクトップパソコンだけでなく薄型ノートパソコンにも取り付けられるのが魅力のモデルです。

XPG GAMMIX S5 AGAMMIXS5-512GT-C

XPG GAMMIX S5 AGAMMIXS5-512GT-C

長時間の使用でも発熱を抑えられる内蔵型SSDです。最大10℃まで冷却するブラックヒートシンクを採用しており、熱放射性能が優れています。また、フラッシュメモリには低消費電力の「3D NAND」が採用されており、パソコンの電池残量が減りにくいのが魅力。

無料でダウンロード可能なソフトウェア「SSD ToolBox」により、ドライブ温度・ステータス・寿命診断などSSD内部の状況を確認できます。LDPCエラー補正コード技術をサポートしており、データエラーの検出と修正を行えるモデルです。

外付けSSDのおすすめモデル

クルーシャル(Crucial) X8 Portable SSD CT1000X8SSD9

クルーシャル(Crucial) X8 1TB Portable SSD CT1000X8SSD9

幅広いデバイスで使用できる外付けSSDです。パソコン・タブレット・スマートフォン・PS4・Xboxでのストレージ拡張が可能。また、ポータブルタイプながら最大1050MB/秒での読み込みに対応しており、ストレスなく作業を行えます。

アルミニウム素材によって仕上げられたボディは、放熱性に優れており、パフォーマンスが落ちにくいのが魅力。110×115×53mmのコンパクトサイズで、持ち運びにも便利なモデルです。

エレコム(ELECOM) 超高速外付けポータブルSSD ESD-EH0250GSV

エレコム(ELECOM) 超高速外付けポータブルSSD ESD-EH0250GSV

外出先にも持ち運びやすい外付けSSDです。約35gの軽量設計や35×11.2×103mmのコンパクトサイズであるため、旅行や出張でも荷物の負担になりにくいのが魅力。また、本体には耐衝撃性と耐振動性能を兼ね備えたアルミ素材が採用されています。

メーカー独自の「パスワード自動認証機能付きセキュリティソフト」が付属しているのもポイント。登録したパソコン以外で使用するとパスワードが要求されるため、大事なデータの漏洩を防げます。

バッファロー(BUFFALO) ポータブルSSD SSD-PG1.0U3-B/NL

バッファロー(BUFFALO) ポータブルSSD SSD-PG1.0U3-B/NL

新設計のコネクタを採用した外付けSSDです。筐体にしっかりと挿し込める形状なので、USBコネクタへのストレスを軽減し、接触不良や故障などのリスクを抑えられます。

117×75×11.5mmと小型で、ワイシャツの胸ポケットにも収められるのが魅力。出張などで荷物の多い移動をするビジネスパーソンにおすすめのモデルです。

RAOYI 外付SSD X4Promini-Black-1TB-RY-JP

RAOYI 外付SSD X4Promini-Black-1TB-RY-JP

手のひらに収まる小型外付けSSDです。薄型モデルなので、ポケットや財布のなかに入れてもかさばりにくく、旅行や出張で持ち運ぶ機会が多い方におすすめ。また、アルミ合金素材が採用されており、耐衝撃性・防滴性・防塵性・放熱性に優れています。

読み込み速度550MB/秒・最大書き込み速度500MB/秒に対応しており快適に作業を行えます。ノートパソコン・デスクトップパソコンだけでなく、PS4・Xboxといったゲーム機とも互換性のあるモデルです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) ポータブルSSD SSPH-UA480NV/E

アイ・オー・データ(I-O DATA) ポータブルSSD SSPH-UA480NV/E

USBケーブルでパソコンに接続するだけで駆動するポータブルSSD。電源のない屋外でも使用できます。また、重さわずか約61gと軽量設計であるほか、80×80×15mmのコンパクトサイズで持ち運びに便利なモデルです。

読み込み速度550MB/秒・最大書き込み速度500MB/秒に対応し、容量の大きい画像・動画データの転送も快適に行えます。さらに、PS4・PS4 Proでの動作確認が済んでおり、ゲーミング用途としてもおすすめです。

ウエスタンデジタル(Western Digital) SSD My Passport GoWDBMCG5000A

ウエスタンデジタル(Western Digital) ポータブルSSD WDBMCG5000ABT-WESN

ゴム製バンパーが取り付けられた外付けSSDです。最大2mの落下への耐衝撃性を保持すると謳われています。95×67×10mmのコンパクトサイズで、重さもわずか55gであるため、携帯性に優れたモデルです。

Windows・Mac OSに対応しているほか、最大400MB/秒での高速データ転送が可能。また、ポータブルタイプながら最大2TBのモデルが展開されており、容量の大きい画像や動画でも余裕をもって保存できます。

サンディスク(SanDisk) エクストリーム ポータブルSSD SDSSDE60-500G-J25

SanDisk SSD ポータブルSSD SDSSDE60-500G-J25

IP55規格に準拠した外付けSSDです。防水性・防塵性に優れているのが特徴。また、最大2mの高さから落としてしまっても衝撃や振動に耐えられるのが魅力です。

USB3.1 Gen2規格に準拠し高速データ転送が可能であるほか、最大読み込み速度550MB/秒に対応。容量に応じて4種類がラインナップされており、スマートフォンで撮影した画像の移行や編集した動画の保存などさまざまな用途に応じて選べます。

96.2×49.55×8.85mmのコンパクトサイズで持ち運びに便利。カバンやリュックに取り付けられる穴が空いているので、置き忘れや紛失を防げるモデルです。

内蔵SSDのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

内蔵SSDのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

外付けSSDのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

外付けSSDのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。