パソコンの記憶媒体として注目を集めている「SSD」。現在主流のHDDに比べてパソコンの起動が速くなるなどメリットが多いSSDは人気で、「SSD搭載」をセールスポイントにしているパソコンも増えています。

現在使用しているパソコンのHDDをSDDに手軽に交換できるのも人気の秘密。そこで今回は、SSDの選び方からおすすめの製品までをご紹介します。難しい知識がなくても自分でパソコン環境を改善できるので、ぜひ参考にしてみてください!

SSDとは?

By: amazon.co.jp

SSD(ソリッドステートドライブ)とは、フラッシュメモリを利用したパソコンの記憶媒体です。これまではHDD(ハードディスク)にプログラムをインストールしたりデータを保存したりするのが一般的でしたが、最近ではSSDが次世代の記憶媒体として注目されてきました。以前は1GBあたりの単価が高額でしたが、最近では量産化が進んで価格も下がり、購入しやすくなっています。

SSDとHDDの違い

SSDとHDDの大きな違いは、データの読み書きをする記憶媒体が異なる点です。HDDの場合は、高速回転する円盤型のディスクに磁気ヘッドでデータの読み書きを行うのに対して、SSDの場合はUSBメモリなどと同じようにメモリチップに読み書きを行います。

SSDのメリット・デメリット

By: amazon.co.jp

SSDのメリット

SSDには、フラッシュメモリを利用していることによるメリットがあります。HDDに比べてデータの読み書きが速いのでパソコンの電源を入れてからの立ち上がりが速く、オフィスソフトなどの起動も短時間です。また、消費電力が少なく、衝撃や振動に対して強いので、持ち運ぶ機会の多いモバイルノートパソコンの記憶媒体として適しています。

さらに、SSDはデータの読み書きの際にHDDのようにディスクが回転しないので、消音性能が高いのもメリット。図書館やカフェなどの静かな場所でも周りを気にせずにパソコン作業ができます。

SSDのデメリット

最近ではSSDの価格も下がってきましたが、まだHDDに比べると1GBあたりの単価が高いのがデメリットです。そのため、予算に合わせて使用用途に合った容量を導入する必要があります。

また、SSDはフラッシュメモリを利用しているため、データの書き換え回数に制限がある点にも注意が必要。とはいえ、絶え間なくデータの書き込みが発生するようなサーバー的な使い方ならともかく、一般的な作業では寿命を心配する必要はありません。

SSDの選び方

By: amazon.co.jp

規格で選ぶ

使用中のパソコンのHDDと取り換えるなら、接続する規格を合わせる必要があります。違う規格を購入してしまうと使用できないので注意しましょう。

現在の主な規格は「SATA」「mSATA」「M.2」の3種類があります。一般的なノートパソコンの2.5インチHDDなどに使われていて、最も多く採用されているのはSATA(シリアルATA)。販売されている製品数も多いので、選択肢の幅が広いのが魅力です。

SATAよりも小型で、モバイルノートパソコンに採用されていることが多いのがmSATA。カードのように薄い形状のため、ノートパソコンを薄型に設計できるメリットがあります。

最も新しいSSDの規格がM.2です。mSATAの後継規格で、SATAに比べて転送速度が向上しています。小型化と高速化を実現しているのが特徴です。主にデスクトップパソコンに採用されています。

データ容量で選ぶ

SSDはHDDに比べて1GBあたりの単価が高いので、予算に限りがあるならば、必要な容量と価格のバランスを考えて購入しましょう。パソコンで文書作成などオフィスソフトを中心に使用する方ならば、500GB以下の容量でも十分です。作業がスムーズに進み、価格も手頃なのでSSDのメリットを実感できるでしょう。

解像度の高い写真や動画を多く撮影・保存する方なら500GB~1TBの容量があれば安心です。お気に入りのシーンを次々と撮影しても、過去のファイルを捨てることなくSSDに保存できます。

また、パソコンゲームをする場合、特に3Dゲームでは多くの容量が必要です。複数のゲームをインストールして遊ぶなら、1TB以上の容量があるSSDをおすすめします。

設置タイプで選ぶ

SSDには、HDDと同じように「内蔵タイプ」と「外付けタイプ」があります。OSも含めたパソコンの環境を改善するなら、使用中のHDDと取り換えられる内蔵タイプのSSDがおすすめ。パソコンの電源を入れてからの起動時間の短縮など、SSDの高速アクセスを実感できます。

自分でパソコンのパーツを取り換える自信がない方なら、外付けタイプのSSDがおすすめ。USBケーブルでパソコン本体と接続するだけで記憶媒体として使えます。コンパクトで持ち運びができるので、自宅と会社などでデータを持ち運べて便利です。ポータブルHDDに比べて軽量で耐久性に優れている点でも、SSDのメリットを活かせています。

SSDのおすすめメーカー

サムスン(Samsung)

スマートフォンのシェアで世界1を誇る、韓国を代表するメーカーです。SSDは一般向けの製品を約2年周期でリニューアル。最大容量が4TBのモデルも用意されていて、3Dゲームの愛好者から支持を得ています。さらに、最長で10年間の保証が付く製品もあり、速さと信頼性に優れているのが特徴です。

サンディスク(SanDisk)

アメリカに本拠地を持ち、フラッシュメモリカードの分野でトップシェアのメーカー。SSD関連製品でも世界で最もシェアがあり、低価格の普及モデルである「SSD PLUS」シリーズが人気です。3Dゲームを快適に遊べる2TBの大容量タイプの製品もあり、幅広いユーザーを対象とした製品ラインナップに特徴があります。

ウエスタンデジタル(WESTERNDIGITAL)

ハードディスクの世界最大手であるアメリカのメーカー。2016年にはサンディスクを買収し、HDDとフラッシュメモリー関連で大きな影響力があります。HDDでは用途に応じて色でブランド化していますが、SSDでも同様に3色で展開。ユーザーが製品選びで迷わない配慮がなされています。

トランセンド(Transcend)

半導体メモリ製品を中心に販売する台湾のメーカー。以前はSDカード関連製品を永久保証とするなど、サポートにも手厚いメーカーです。SSDの製品ラインナップは豊富で、32GBのお手頃サイズから1TBの大容量タイプまで揃っています。製品規格も幅広く用意されているので、初めてHDDをSSDに交換するという方におすすめのメーカーです。

インテル(Intel)

「インテル」はCPUのメーカーとして有名ですが、SSDも販売しています。用途は豊富で、一般向けで扱いやすい1TB以下の低価格タイプから、データセンター向けの耐久性に優れた最大8TBのモデルまでラインナップ。CPUでパソコンユーザーにも馴染みがあり、長年に渡って高い信頼度を誇るメーカーです。

SSDのおすすめモデル|~500GB

内蔵SSD

トランセンド(Transcend) 2.5インチSSD SATA3 6Gb/s SSD230

SSDのメリットを試してみたいという方におすすめ。128GBと低容量で価格もリーズナブルなので、手軽にSSDの速さを体験できます。容量は小さいですが、仕事での文書作成や趣味で撮影した画像の管理には十分なサイズです。

SSDに実績のあるトランセンドの製品なので、低価格ですが信頼性に問題はありません。半導体メモリにはデータを安全に守る「3D NANDフラッシュ」を採用。2.5インチで6.8mmの薄さは、ノートパソコンにも最適です。古いパソコンの動作が遅いといった不満のある方も、リーズナブルに作業環境を改善できるためおすすめします。

インテル(Intel) 2.5インチSSD 540s 240GB

長年CPUで親しまれてきたインテル製のSSDです。ディスク容量は240GBですが、パソコンを使う用途の中心がインターネットの閲覧や表計算でのデータ作成なら、容量が足りなくなる心配もありません。

NANDフラッシュには、省電力が特徴の「TLCタイプ」を採用。また、購入後のメーカー保証が5年間と長期なので安心して使用できます。パソコンパーツに関し信頼性の高いメーカーなので、重要なデータを取り扱うという方にもおすすめのSSDです。

ウエスタンデジタル(WESTERNDIGITAL) M.2 WD Black PCIe SSD

インターフェースが「M.2」規格で低容量のSSDならこちらがおすすめ。デスクトップパソコンに搭載すれば高いパフォーマンスを発揮します。高速な「SATA」規格のSSDと比べても3倍の速さを実現し、激しい動きのあるゲームに最適です。

ハードディスクでは長年の実績がある「ウエスタンデジタル」のSSDは、平均故障間隔が175万時間と高い信頼性を誇ります。購入後のメーカー保証が5年間あるので、長期間の使用も安心です。容量は256GB。デスクトップパソコンでゲームを楽しみたい方におすすめのM.2規格のSSDです。

カラフル(Colorful) 2.5インチSSD SL500 320GB

中国の大手パソコンパーツメーカーによるSDD。日本ではまだあまり知名度のないメーカーですが、グラフィックスカードでは世界4位の実績があります。SSDでは低価格帯の製品が中心で、320Gの容量で1万円以下の販売価格を実現。ある程度の容量のモノをリーズナブルに購入したいという方におすすめです。

低価格ですが平均故障間隔が150万時間の運用を実現し、速いデータ転送と高い信頼性を両立しています。メーカー保証が購入後3年間続くのも安心。コストパフォーマンスに優れたおすすめのSSDです。

外付けSSD

トランセンド(Transcend) ESD220C 外付けSSD 120GB

ポータブルタイプで容量120GBのSSD。手頃な価格で購入できるおすすめの製品です。本体の表面には特殊な加工がしてあり持ち運んでも傷がつきにくく、デザイン性にも優れています。サイズは7.7×5.6cmとクレジットカードよりも小さく、厚みが0.9cmなのでカードケースにも入るサイズです。

本体にはUSB Type-Cのポートがあり、ケーブルも付属しているので購入してすぐにパソコンに接続して使用できます。また、自動バックアップボタンがあるので、ボタンを押すだけでパソコンのデータを簡単に保存可能。会社と自宅のパソコン間でデータを移動しながら使用するといった用途にも、手軽に高速転送できるのでおすすめのSSDです。

プレクスター(PLEXTOR) 外付けSSD EX1 Plus 128GB

軽量でスタイリッシュなSSDならこちらがおすすめ。重さが約30gと軽く、サイズは約10.1×3.2×8.7mmと携帯性に優れています。専用のキャリングポーチが付属するので、USBケーブルと一緒に持ち運べて便利です。

携帯する頻度が高いポータブルSSDにはデータに対する信頼性が求められますが、本品は平均故障間隔が150万時間で5年間の保証があるので安心。万が一SSDを紛失しても、無料のFnet暗号化ソフトが大切なデータの流出を防ぎます。自宅と会社のパソコン双方でデータをやり取りすることの多い方におすすめです。

iRecadata Mini 外付けSSD 256GB

コンパクトサイズで大容量のSSDならこちらがおすすめ。サイズは約7×4cmで重量約35gとUSBメモリのような小型ですが、256GBまでデータを保存できます。大量の電子書籍やハイビジョン動画の持ち運びに便利です。

保存データの信頼性については、平均故障間隔が15万時間と通常の使用方法では問題ありません。USBメモリの容量不足で不便を感じている方におすすめのSSDです。

バッファロー(BUFFALO) 外付けSSD-PL480U3 480GB

容量が大きな動画ファイルや大量のデータを扱い、複数のパソコンで移動させるという方におすすめのポータブルSSDです。容量が480GBあるので、クラウドで移動させるには容量を超えたり時間がかかったりするようなデータもラクに保存・移動させられます。

長さ50cmのUSBケーブルが付属するので、面倒な設定不要でお使いのパソコンのデータをすぐに保存可能。さらに、SSDとUSB3.1の組み合わせはHDDに比べて約2.7倍も速く転送できます。ファイルサイズの大きなデータをパソコン間で移動する機会が多い方におすすめです。

SSDのおすすめモデル|500GB~1TB

内蔵SSD

サンディスク(SanDisk) 2.5インチSSD ウルトラ 3D 500GB

3Dゲームを楽しみたい方におすすめのSSD。500GBの容量があるので、データ量が多いゲームでも安心です。さらに、データの読出し速度が最大560MB/秒なので、動きの激しいゲームでも対戦相手に有利に進められるメリットがあります。

万が一パソコンを落下させても大切なデータを破損から守る、最新の「64層3D NAND技術」を採用。さらに、無料ソフト「サンディスクSSDダッシュボード」をインストールすれば、SSDの状態をリアルタイムで可視化できます。SSDの診断が可能なだけでなく、ファームウェアのアップデート情報も通知されるので安心です。

また、消費電力の低い設計なのでバッテリーの消費を抑えます。高い耐久性と省エネ性能で、ノートパソコンへの搭載にも適したおすすめのSSDです。

ウエスタンデジタル(WESTERNDIGITAL) 2.5インチSSD WD Blue 3D NAND SATA 500GB

世界で初めて「64層3D NAND技術」を採用したSSDがこちらの製品。500GBの大容量でありながら低消費電力を実現し、さらに耐久性を兼ね備えています。毎日20GBのデータを書き込み続けても、約28年間保つという長期寿命を実現。さらに、購入後に3年間の保証が付いているので万が一のときも安心です。

データの読出し速度が最大560MB/秒、書き込み速度が最大530MB/秒なので、3Dゲームでも進行に後れを取りません。厚み約7.1cmの2.5インチタイプで、大半のパソコンに搭載可能。大容量でありながら価格が抑えられており、HDDから手軽に交換してパソコンの作業環境を改善できるおすすめのSSDです。

クルーシャル(Crucial) 2.5インチSSD MX500 500GB

9.5mm厚に対応するアダプターが付属したSSDです。通常のパソコンは7mm厚に対応していますが、中には9.5mm厚が必要な場合があります。そんなときに付属アダプターを装着すれば、簡単にSSDの搭載が可能。ノートパソコンのHDDをSSDへ交換することを検討している方にはおすすめです。

パソコンのパーツ交換をしたことが無い方でも、SSDのインストールガイドをWebで公開しているので安心。難しい専門用語は使わずに、初めての方でも15分程で交換できます。スマートフォンで手順を見ながら作業ができるので、パソコンに詳しくない方にもおすすめのSSDです。

インテル(Intel) 2.5インチSSD 545s 512GB

CPUの実績で信頼を積み重ねてきた「インテル」のSSDです。平均故障間隔が160万時間と長期な上に、購入後の保証が5年間付いてくるため安心して使い続けられます。2.5インチで7mm厚という標準的なサイズなので、大半のパソコンに搭載が可能。「TLC 3D NAND」を採用した信頼性の高さとコスパでおすすめのインテル製SSDです。

プレクスター(PLEXTOR) SSD M.2 PX-512M9PeGN 512GB

ゲームが主用途のデスクトップパソコンを高速化したいという方におすすめのSSDです。「M.2」タイプなので「SATA」に比べて高速で、読出し速度は最大3200MB/秒、書き込み速度は最大2100MB/秒を実現。激しい動きのあるゲームでもチャンスを逃しません。

信頼性については、平均故障間隔が150万時間と通常使用では問題ないレベルです。購入後の保証が5年間付いてくるのも安心。ゲームだけでなく、動画編集などのクリエイティブな作業をする方にもおすすめです。

カラフル(Colorful) 2.5インチSSD SL500 640G

リーズナブルで大容量のSSDならこちらがおすすめ。500GBの他社製品と同等の価格で640GBの大容量を備え、1GBあたりの単価が24円未満と低価格な点が魅力です。インテル製の「3D TLC NANDメモリ」を搭載しているので、リーズナブルながら信頼性も十分。また、平均故障間隔が150万時間と耐久性にも優れています。

読出し速度は最大530MB/秒、書き込み速度は最大450MB/秒と高速化も実現。コストパフォーマンスに優れたおすすめのSSDです。

外付けSSD

サムスン(Samsung) 外付けSSD T5 500GB

コンパクトサイズで大容量の外付けSSDならこちらがおすすめ。約7.4×5.3cmと小型で、厚みも約1cmと薄型なので、ポケットにも入る大きさです。コンパクトでもストレージサイズは500GBと大容量。手軽に大きなファイルを持ち運べます。丸みをおびたアルミ仕上げのボディはデザイン性を備え、高さ2mからの落下衝撃テストでデータを保護する堅牢性もあるので安心です。

転送速度は最大540MB/秒と高速なので、パソコンのデータをバックアップする用途にもストレスなく使えます。付属のケーブルは、USB Type C同士のモノと、USB Type CからType Aの2本。追加のケーブルを購入することなく、あらゆる端末に接続できます。3年間の購入後保証も付いて、安心して長く使用できるSSDです。

SSDのおすすめモデル|1TB~

内蔵SSD

サムスン(Samsung) M.2 SSD 960EVO 1TB

サムスンの「EVO」ブランドで、信頼性の高いSSDです。規格は「M.2」タイプで、読出し速度は最大3200MB/秒、書き込み速度は最大1900MB/秒と高速化を実現。平均故障間隔が150万時間と長期なのに加えて、3年間の保証付きで安心して大切なデータを保存できます。

また、サムスンのSSD用に特別に設計されたユーティリティソフト「Magician」により、ドライブ管理も常に最善の状態に保つことが可能。デスクトップパソコンの動作が遅いと感じている方におすすめのSSDです。

トランセンド(Transcend) 2.5インチSSD SATA-III 6Gb/s SSD370 1TB

複数の3Dゲームをインストールするなら大容量の記憶媒体が必要になります。そこでおすすめなのがこちらのSSD。1TBと大容量なので、データ量の多いゲームをインストールしても余裕があります。読出し速度が最大560MB/秒、書き込み速度が最大460MB/秒と高速化を実現し、他のプレイヤーにマシン性能が原因で後れを取ることがありません。

2.5インチで薄さ7mmのサイズは、薄型のノートパソコンにも装着可能。付属の3.5インチブラケットを使えばデスクトップパソコンにも対応し、さまざまなマシンで使用できます。購入後の3年保証が付くのでアフターケアも心配いりません。パソコンを買い替えても長く愛用できるおすすめのSSDです。

サムスン(Samsung) 2.5インチSSD 860EVO 4TB

「SSDはHDDに比べてメリットが多いけれど、容量の大きさが足りない」と感じている方におすすめのSSDです。4TBの大容量は、複数の3Dゲームソフトをインストールしたり、ハイビジョン動画を保存したりしても十分なサイズ。大量のデータを扱う場合は信頼性についても気になりますが、「3D TLC NANDメモリ」を搭載することで速さと信頼性を両立しています。平均故障間隔が150万時間あり、5年間の保証も付くので安心して使用可能です。

また、大容量のSSDを活かしてPlayStation 4に装着するという使い方もおすすめ。内蔵ストレージのサイズが2.5インチなので、本品をPlayStation 4のHDDと交換でき、ゲームの起動時間が速くなるなどのメリットがあります。

外付けSSD

サンディスク(SanDisk) 外付けSSD エクストリーム500 1TB

コンパクトでおしゃれな外付けSSDです。一辺が約7.6cmの正方形で厚みが約1.1cmと手のひらに収まる小型サイズで、表面加工が施されたゴム素材のボディはデザイン性にも優れています。角にはストラップなどを通せるフックがあり、携帯にも便利です。

デザインが目を引きますが、こちらのSSDは「デジタルカメラグランプリ 2018」のデジタルフォトストレージ部門で金賞を受賞したほどの機能性もあります。プロカメラマンが求める信頼性を備え、衝撃や振動、極端な温度でもデータを保護。デザイン性に加えて、速度と耐久性にも期待できるおすすめのSSDです。

サムスン(Samsung) 外付けSSD T5 2TB

コンパクトな外付けSSDで、少しでも大きな容量のタイプを探している方におすすめのSSDです。約7.4×5.7cmと名刺サイズの小型製品ながら、ストレージサイズは2TBと大容量。複数の4K動画やデザイン系データの保存に適しています。

サイズが大きなファイルの保存で気になる転送速度は最大で540MB/秒と、従来のサムスン製HDDに比べても約4.9倍。ストレスなくデータをバックアップできます。大量のデータを持ち運ぶという方におすすめのSSDです。

内蔵SSDのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

内蔵SSDのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

外付けSSDのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

外付けSSDのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。