データの高速な読み書きが可能なSSD。パソコンに搭載すれば、OSの起動やデータのコピーなどを高速に行えます。外付けタイプであれば、気軽に持ち運べるので便利です。

そこで今回は、おすすめのSSDを内蔵型と外付けタイプに分けてご紹介します。また、選び方やおすすめメーカーについても解説。購入を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

SSDとは?

By: amazon.co.jp

SSDはSolid State Drive(ソリッドステートドライブ)の略で、OSやソフトなどのデータを保存するのに必要なパーツです。以前は、SSDと同様の用途で「HDD(Hard Disk Drive)」が主として使用されていましたが、現在では高速な読み書き速度と低価格化により、SSDが主流となりつつあります。

SSDは本体内部に半導体メモリを搭載。HDDとは違い内部にディスクなどの物理的に動作するパーツがないので、衝撃に強く静音性に優れています。同じ容量のHDDと比べると高価になりますが、高速な読み書きを実現し、さまざまな作業を快適にこなせるのがメリットです。

SSDの種類

2.5インチSSD

By: amazon.co.jp

内蔵SSDのなかで最も一般的な2.5インチSSD。現在販売されている多くのノートパソコンに採用されています。ラインナップが豊富で、低価格なモデルも数多く販売されているのが特徴です。

基本的にほとんどの製品は厚さが7mmで、スペーサーを使用すれば9.5mm厚のベイにも搭載できます。また、専用のアダプターを使用すれば、デスクトップパソコンに用いられる3.5インチベイにも設置可能。

接続規格にはSATA(Serial ATA)を用い、その横には電源供給用の端子が搭載されています。M2 SSDと比べると速度は劣りますが、対応しているマザーボードが多く、コスパに優れた製品が多いのも魅力。内蔵HDDと同じ形状なので、古いパソコンへの換装にも最適です。

M.2 SSD

By: amazon.co.jp

M.2 SSDは2014年頃に登場。SATAやPCI Expressなどのさまざまな接続規格に対応し、性能が頭打ちになった2.5インチSSDに代わるSSDとして注目されています。また、2.5インチSSDよりもサイズが小さいので、モバイルノートパソコンやタブレットなどへの搭載に適しているのが特徴。

マザーボードの拡張端子に直接接続し、サイズごとに種類分けされています。Type2280・Type2260・Type2242の3種類が存在し、現在主にSSDとして使用されているのは、Type2280です。

高性能で場所を取らないコンパクトさから、最近ではデスクトップ用のマザーボードにも採用されています。ただし、基盤がむき出しなので取り扱いには注意が必要です。

SSDの選び方

容量をチェック

By: rakuten.co.jp

SSDを選ぶ際の最も重要なポイントともいえる容量。128GBから1TBまでの製品が主流で、なかにはそれ以上の容量を備えた製品も販売されています。容量は多いに越したことはありませんが、予算との兼ね合いを考えて用途に合った最適な製品を選びましょう。

購入したSSDにOSやシステムファイル以外のデータを保存する予定がなく、パソコンを高速化することのみが目的であれば、128GBの容量で十分です。加えて、ほかのデータの保存も考えている方は256GBの容量があれば安心。

ゲームやハイレゾ音源など大容量なデータを保存したい方は516GB以上の製品がおすすめです。また、今後データが増えることも考慮して製品を選びましょう。非常に容量が大きい高画質な動画や画像を保存したい方は、さらに大容量な1TB以上の製品もチェックしてみてください。

接続方法をチェック

最も一般的な「SATA接続」

By: crucial.jp

SATA(Serial ATA)は、多くのパソコンやゲーム機器に採用されている記憶装置を接続するための規格であり、通信方式です。PS4のストレージもこの規格に対応しています。SATAにはいくつかバージョンがあり、現在は最新の「SATA 3.0」が主流。

SATA 3.0は最大6Gbpsでの通信が可能になったことから、「SATA 6Gb/s」と表記されている場合もあります。登場したのは2009年で普及し始めたのは2011年頃。現在販売されている製品のほとんどがSATA 3.0で下位互換にも対応しているので、購入する際、あまり気にする必要はありません。

また、SATAを小型化した「mSATA」規格も存在します。モバイルノートパソコンなどで採用されており、比較的交換の難易度は高くなります。製品数もあまり豊富ではなく、最近では後継の「M.2」に置き換わりつつあるので、覚えておく程度で問題ありません。

自作PCで人気の「M.2接続」

By: crucial.jp

M.2接続は、パソコンのマザーボードの拡張端子に直接接続するタイプのSSDです。SATA 3.0やPCI Expressなどの通信方式に対応しているのが特徴。

PCI Express方式に対応していれば、SATA 3.0方式の約1.6倍にあたる10Gbpsでの高速な通信が可能です。そのなかでも「PCI Express 4.0×4+NVMe」に対応した製品はより高速な通信を可能にします。

ただし、マザーボード側も同等の通信方式に対応していなければ性能を発揮できないので注意が必要です。購入前にSSDとマザーボードの両方をしっかりと確認しておきましょう。

外付けなど手軽に使える「USB接続」

By: amazon.co.jp

パソコンの内部に取り付ける必要がなく気軽に導入できるUSB接続タイプのSSD。同様の用途で使用されることの多い「外付けHDD」よりも衝撃に強くサイズもコンパクトです。大容量のデータをより気軽に持ち運べるのがメリット。

内蔵SSDとは違い、パソコンとPS4などの複数のデバイス間で使用できるのも便利なポイントです。最近ではUSB Type-Cケーブルが付属した製品もラインナップ。USB Type-A端子のないモバイルノートパソコンやタブレットを使用している方に最適です。

ストレージの換装が難しいパソコンなどを使用している方にもおすすめ。また、外付けSSDにOSをインストールしておけば、内蔵SSDと同様に起動の高速化などパソコンの性能アップにも役立ちます。

読み書きの速度をチェック

SSDは高速な読み書き速度が魅力ですが、製品やモデルによって性能が異なるので注意が必要。特に、重たいデータを頻繁に取り扱う方は、性能が低ければデータの保存に時間がかかり、直接作業の進捗に影響してしまいます。

ECサイトや公式ページのスペック表には「最大読み込み速度560MB/秒・最大書き込み速度530MB/秒」のように表記されている場合が多く、この数値が高いほどファイルの保存やコピーを高速に行うことが可能。「シーケンシャル速度」と表記されている場合もあります。

また、「ランダムアクセス」の性能も速度に関わる重要なポイントなので覚えておきましょう。小さいデータをバラバラに処理する能力の性能を表し、OSやアプリの起動、Webサイトのブラウジングの快適さに影響します。

SSDのおすすめメーカー

サムスン(Samsung)

By: rakuten.co.jp

サムスンは電子部品・電子製品などを幅広く取り扱う韓国の総合家電メーカーです。日本では、「Samsung Galaxy」のブランド名で販売されているスマホが特に有名。SSDは2.5インチ・M.2の両方を幅広くラインナップしています。

4TBの大容量なモデルも取り揃えており、日本国内での流通量も豊富です。基本的に一般向けの製品は2年ごとにリニューアルされており、最長10年の充実のアフターサービスも魅力のひとつ。外付けSSDも取り扱っており、指紋認証を搭載した高性能なモデルなどがラインナップされています。

クルーシャル(Crucial)

By: amazon.co.jp

クルーシャルは、アメリカのマイクロン・テクノロジーが取り扱うブランドのひとつです。マイクロン・テクノロジーは世界最大のメモリメーカーで、40年以上にも及ぶ長い歴史を有しています。

クルーシャルのSSDは、ECサイトのレビューなどでも評価が高く、高性能で耐久性にも優れた安定した性能が魅力。2.5インチSSD・M.2 SSDからポータルSSDまで幅広くラインナップしています。

シーエフデー(CFD)

By: amazon.co.jp

シーエフデーは名古屋に本社を置くパソコン周辺機器メーカーで、メルコグループの子会社です。パソコンの自作パーツを取り扱う「玄人志向」というブランドも展開しており、特にグラフィックボードは国内外問わず高い評価を得ています。

SSDは2.5インチとM.2の両方をラインナップ。エントリーモデルからゲーミング用途にも最適な高性能なモデルまで幅広く取り扱っています。また、比較的リーズナブルなので予算を抑えたい方にもおすすめです。

内蔵型SSDのおすすめモデル

サムスン(Samsung) 860QVO MZ-76Q1T0B/OC

サムスン(Samsung) 860QVO MZ-76Q1T0B/OC

最大550MB/秒の読み込み速度と最大520MB/秒の書き込み速度を実現する2.5インチSSD。外付け用のSSDとしても使用できるようにケースも付属します。さまざまな用途で使用できるのがメリット。同シリーズには、最大4TBの大容量なモデルもラインナップされています。

高画質な動画などの大容量なデータを取り扱う方にも最適な選択肢です。フラッシュメモリにはサムスンの最新の「4 ビット MLC V-NAND」を採用。また、パフォーマンスの向上・維持の手助けをする役割を担う「Intelligent TurboWrite」技術のより、高速な読み書きを実現しています。

付属のケースとデータ移行ソフトで簡単にデータの移行が可能。また、専用ソフト「Samsung Magician ソフトウェア」を使用すればドライブの管理や監視ができるので、常に最新の状態で安心して使用できます。

クルーシャル(Crucial) MX500 CT1000MX500SSD1/JP

クルーシャル(Crucial) MX500 CT1000MX500SSD1/JP

「MX500」は、内蔵SSDの定番ともいえる人気のロングセラーシリーズです。容量は最大2TBまでのモデルをラインナップ。フラッシュメモリにMicronの3D NANDフラッシュを採用し、少ない消費電力で高いパフォーマンスを発揮します。

最大読み込み速度は560MB/秒で書き込み速度は510MB/秒。同社の「Dynamic Write Accelerationテクノロジー」により、高速な読み書きを実現します。徹底的な検証テスト・品質テストを実施した信頼性の高さも魅力のひとつです。

無料で公開されている「Crucial SSDインストールガイド」を参照すれば、はじめてSSDを取り付ける方でも簡単にストレージの交換ができます。また、統合型電源損失耐性により、突然パソコンの電源が切れてもデータをしっかりと保護してくれるので安心です。

シーエフデー(CFD) CG3VXシリーズ CSSD-S6B480CG3VX

シーエフデー(CFD) CG3VXシリーズ CSSD-S6B480CG3VX

機能性に優れた、コスパの高いSSDです。同シリーズからは、240GB・480GB・960GB の3つのモデルがラインナップ。

本製品に採用されている圧縮技術「SmartZIP」は、書き込み効率と耐久性の向上に役立っています。最大読み込み速度は550MB/秒で書き込み速度510MB/秒に対応。また、「Smart data processing」技術により、空き容量に応じて読み書き速度を調節し管理します。

フラッシュメモリには1セルに3ビットの情報が保存でき、比較的安価な「3D NAND TLC」を搭載。価格が抑えめなので、古くなったパソコンやPS4への換装にも最適です。

シーゲート(SEAGATE) BarraCuda 120 ZA2000CM10003

シーゲート(SEAGATE) BarraCuda 120 ZA2000CM10003

フラッシュメモリに「3D TLC NAND」を搭載した2.5インチSSD。容量は250GB・500GB・1TB・2TBの4モデルがラインナップされています。シーケンシャルリードは最大560MB/秒で、同ライトは最大540MB/秒に対応。

SSDの耐久性を示し総書き込み容量を意味する「TBW」は、容量の小さい順に150TBW・300TBW・600TBW・1170TBWと高い耐久性を実現しています。5年間の長期保証に対応しているのも嬉しいポイントです。

同社の無料ソフト「SeaTools」を使用すれば、ドライブの管理やデータの保護が可能。40年以上にも及ぶ実績と160以上の厳しい品質テストをクリアした信頼性の高さも魅力のひとつです。

ウエスタンデジタル(WESTERNDIGITAL) WD BLUEシリーズ WDS100T2B0A

ウエスタンデジタル(WESTERNDIGITAL) WD BLUEシリーズ WDS100T2B0A

「64層 3D NANDテクノロジー」を採用した、2.5インチSSD。少ない消費電力で優れた性能を発揮する高性能な製品です。前モデルと比べて、消費電力が約25%低減されているのが特徴。ノートパソコンに搭載すれば、バッテリーの消費を抑えられます。

容量は250GB・500GB・1TB・2TB・4TBの5モデルをラインナップ。大容量モデルが豊富なので、サイズの大きなデータを取り扱う方にも最適です。高い耐久性も魅力で、2TBモデルであれば1日20GBの書き込みを行っても約70年間使用できると謳っています。

「WD SSDダッシュボード」や「Acronis True Image WD Editionソフトウェア」などを使用すれば、ドライブの監視・管理やデータのバックアップが可能。最新の製品ではありませんが、長期にわたって売れ続けている人気の製品です。

サンディスク(SanDisk) Ultra 3D SDSSDH3-1T00-G25

サンディスク(SanDisk) Ultra 3D SDSSDH3-1T00-G25

250GB・500GB・1TB・2TBの4モデルをラインナップするサンディスクの2.5インチSSD。メーカーによる動作確認済みということもあり、PS4への換装にも最適です。消費電力が少ないので、ノートパソコンに搭載すればバッテリーの節約にも役立ちます。

厳格なテストによって保たれている優れた品質もアピールポイントのひとつ。「nCache 2.0テクノロジー」により、パフォーマンスが最適化されているので高速な転送速度を実現しています。

シーケンシャルリードは最大560MB/秒で、同ライトは最大530MB/秒。250GBモデルは、同リード550GB/秒・同ライト525GB/秒になります。比較的価格が安いので、予算を抑えたい方にもおすすめです。

キングストン(Kingston) KC600

キングストン(Kingston) KC600

キングストンのハイエンドクラスの2.5インチSSD。フラッシュメモリには「3D TLC NAND」を搭載しています。本製品は自己暗号化ドライブによる高度なセキュリティ対策が可能。データを安全に保護したいビジネス用途にも最適です。

最大読み込み速度は550MB/秒で書き込み速度は520MB/秒。1TBモデルの総書き込み容量を示すTBWは、600TBWと十分な耐久性を実現しています。また、5年間の保証と無料のサポートにも対応。長く使える、機能性に優れたモデルを探している方におすすめです。

シリコンパワー(Silicon-Power) A55シリーズ SP001TBSS3A55S25

シリコンパワー(Silicon-Power) A55シリーズ SP001TBSS3A55S25

「SLCキャッシュテクノロジー」により、従来のSSDよりも高速な書き込みを可能にしたシリコンパワーの2.5インチSSD。「DRAMバッファキャッシュ」技術による全体的なパフォーマンスの改善と長寿命化も実現しています。

容量は64GB・128GB・256GB・512GB・1TB・2TBの6つのモデルをラインナップ。さまざまなニーズに答える豊富な選択肢も魅力のひとつです。無料ソフト「SP ToolBox」では、ドライブ情報の取得や設定の変更などが可能。

「不良ブロック管理機能」は、不良ブロックの監視・置き換えを行ってくれるので、ドライブを良好な状態に保つのに役立っています。ノートパソコンやPS4へも簡単に取り付けができ、価格も比較的な抑えめなおすすめの製品です。

Lexar LNS100-512RBJP

Lexar LNS100-512RBJP

性能は標準的ですが、価格の安さが魅力の本製品。2.5インチサイズなので、PS4や多くのノートパソコンに対応しています。HDD搭載の古いパソコンやサブ機への搭載にも最適です。無料ソフト「Lexar SSD Dash」を使用すれば、ドライブの情報の確認やファームフェアのアップデートなどができます。

512GBモデルのシーケンシャルリードは最大550MB/秒と、標準的な性能。総書き込み容量を表すTBWの数値は、512GBモデルで256TBWと十分な耐久性を有しています。低価格なSSDを探している方や予算を抑えたい方におすすめの製品です。

エレコム(ELECOM) ESD-IBシリーズ ESD-IB0960G

エレコム(ELECOM) ESD-IBシリーズ ESD-IB0960G

エレコムの2.5インチタイプのSSDで、外付けのストレージとしても使用できるようにケースとUSBケーブルが付属します。このケースはデータ移行の際にも役立ち、取り出したHDDを収納すれば外付けHDDとして再利用も可能。

容量は240GB・480GB・960GBの3つのモデルがラインナップされています。読み込み速度は最大500MB/秒で、書き込み速度は430MB/秒。データ移行ソフト「HD革命 Copy Drive Lite」が付属するのも便利なポイントです。

また、エレコムが提供するセキュリティソフト「IKARUS for Windows」の1年版ライセンスも同梱します。SSDへの換装に必要なものが全て付属するのが魅力。特に、はじめてSSDを購入する方にはおすすめの製品です。

サムスン(Samsung) 970 EVO Plus MZ-V7S1T0B/EC

サムスン(Samsung) 970 EVO Plus MZ-V7S1T0B/EC

サムスンの自作PCへの搭載に最適なM.2 SSD。同社の「970 EVO」の後継モデルで、フラッシュメモリには最大40%以上の性能の向上を実現する「V-MAND」を搭載しています。

容量は250GB・500GB・1TB・2TBの4つのモデルをラインナップ。通信方式は「NVMe/PCI Express」に対応し、シーケンシャルリードは全モデルで最大3500MB/秒と高速です。

TBWは2TBモデルで1200TBWと高い耐久性を示しています。長期間安心して使用可能。専用ソフトによるドライブの管理にも対応しています。決して価格は安くありませんが、最新の技術を用いた高性能な製品です。

シーゲート(SEAGATE) FireCuda 520 ZP1000GM3A002

シーゲート(SEAGATE) FireCuda 520 ZP1000GM3A002

プロレベルのゲーミング環境での使用を前提に開発されたM.2 SSD。前世代のモデルよりも約45%高速化されています。通信方式は「PCI Express 4.0×4」に対応し、フラッシュメモリには最新の「3D TLC NAND」を搭載。

容量は500GB・1TB・2TBの3モデルがラインナップされています。シーケンシャルリードは全モデル最大5000MB/秒で、同ライトは1TBと2TBモデルが4400MB/秒、500GBモデルが2500MB/秒。書き込み速度が異なるモデルがあるので注意しましょう。

総書き込み容量は最大2600TBWと耐久性にも優れています。専用ソフト「SeaTools」は無料で使用でき、ドライブの監視やファームウェアのアップデートなどが可能。本製品は、自作PCユーザーやゲームのロード時間をより短縮したい方におすすめです。

シーエフデー(CFD) PG3VNFシリーズ CSSD-M2B1TPG3VNF

シーエフデー(CFD) PG3VNFシリーズ CSSD-M2B1TPG3VNF

次世代フラッシュメモリ「BiCS4」を搭載したM.2 SSD。通信方式には、高速な転送速度を実現する「PCI Express 4.0×4」を採用しています。容量は500GB・1TB・2TBの3モデルがラインナップ。

シーケンシャルリードは最大5000MB/秒で同ライトは4400MB/秒に対応し、前モデルの約1.4倍高速化されています。総書き込み容量は2TBモデルで3600TBWと長寿命化を実現。

1000回にも及ぶ曲げ試験や落下試験、高湿度試験なども実施されています。5年間の長期保証にも対応。高い性能の有しながらも、M.2 SSDにしては比較的リーズナブルなので予算を抑えたい方にもおすすめです。

ADATA XPG SPECTRIX S40G AS40G-1TT-C

ADATA XPG SPECTRIX S40G AS40G-1TT-C

本製品は、ADATAのゲーマー向けブランド「XPG」にラインナップされているM.2 SSDです。本体上部に「RGBイルミネーションヒートシンク」が搭載されているのが特徴。明るさや点灯速度、点滅パターンを好みに合わせて設定できます。

接続インターフェイスは「PCI Express 3.0×4」に対応し、シーケンシャルリードは最大3500MB/秒で同ライトは最大3000MB/秒を実現。フラッシュメモリには、低消費電力で十分な耐久性を持つ「TLC 3D NAND」を搭載しています。

専用のユーティリティソフト「ADATA SSD ToolBox」を使用すれば、ドライブのステータスのチェックや診断などが行えるので便利です。また、本製品に採用されている「LDPCエラー訂正コード技術」は、データ転送の高精度化と長寿命化を可能にしています。自作PCユーザーで、SSDの外観にもこだわりたい方におすすめの製品です。

ウエスタンデジタル(WESTERNDIGITAL) WD Blue SN550 NVMe WDS100T2B0C

ウエスタンデジタル(WESTERNDIGITAL) WD Blue SN550 NVMe WDS100T2B0C

同社独自のコントローラーとファームウェアを搭載したM.2 SSD。エントリー向けの製品で性能は標準的ですが、価格が抑えられています。通信方式は「PCI Express 3.0×4」に対応し、容量は250GB・500GB・1TBの3モデルがラインナップ。

シーケンシャルリードは全モデル共通で2400MB/秒を実現しています。同ライトは250GBモデルが950MB/秒、500GBモデルが1750MB/秒、そして1TBモデルが1950MB/秒というスペックです。

数千時間に及ぶ検証テストを実施した信頼性の高さも魅力のひとつ。はじめてM.2 SSDを導入する方や自作PC初心者の方にもおすすめの製品です。

外付けSSDのおすすめモデル

アイ・オー・データ(I-O DATA) SSPG-USC/Eシリーズ SSPG-USC1NV/E

アイ・オー・データ(I-O DATA) SSPG-USC/Eシリーズ SSPG-USC1NV/E

四隅と表面をシリコンラバーで覆い、優れた堅牢性を実現する外付けSSD。厳しい落下試験をクリアしているので、安心して持ち運べます。サイズは約58×88mmの名刺サイズでコンパクト。

容量は500GB・1TB・2TBの3モデルがラインナップされています。USB Type-AケーブルとUSB Type-Cケーブルの両方が同梱するのも嬉しいポイント。「PS4接続ガイド」が付属するので、はじめてPS4に外付けSSDを接続する方にもおすすめです。

Windows専用アプリの「診断ミレル」を使用すれば、本製品の使用状況をチェックできます。そのほか、便利なアプリが複数用意。用途を選ばず快適に使用できるおすすめの製品です。

ウエスタンデジタル(WESTERNDIGITAL) WD Black P50 WDBA3S0020BBK-WESN

ウエスタンデジタル(WESTERNDIGITAL) WD Black P50 WDBA3S0020BBK-WESN

ウエスタンデジタルのゲーミングPCやゲーム機向けに設計された外付けSSD。最大2000MB/秒の高速な読み込み速度を実現しているので、ゲームのロード時間を短縮して快適にプレイが楽しめます。

容量は500GB・1TB・2TBの3モデルがラインナップ。UBS Type-CケーブルとUSB Type-Aケーブルの両方が同梱されているので、購入後すぐに使用できます。

サイズは118×62×14mmと比較的コンパクト。黒を基調としたシンプルなデザインはインテリアに馴染み、場所を選ばず設置できます。PS4やXboxに接続して、気軽にゲームデータを持ち運べるおすすめの製品です。

バッファロー(BUFFALO) SSD-PGU3/NLシリーズ SSD-PG1.0U3-B/NL

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%96%E3%83%ABSSD-%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E5%8B%95%E4%BD%9C%E7%A2%BA%E8%AA%8D%E6%B8%88-SSD-PG480U3-B-NL-%E8%80%90%E8%A1%9D%E6%92%83-%E3%82%B3%E3%83%8D%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%E4%BF%9D%E8%AD%B7%E6%A9%9F%E6%A7%8B/dp/B07HCM8383/ref=dp_ob_title_ce?th=1

新設計のコネクター形状が採用されているので、USBコネクターをしっかり接続可能。使用中に抜けたり、故障したりするリスクの軽減に役立っています。本体底部には、衝撃吸収材を配置。

アメリカ国防省が制定する「MIL規格」に準拠した優れた堅牢性も魅力です。サイズは約117×75mmで厚さは約11.5mm。胸ポケットにも収まるコンパクトサイズなので気軽に持ち運べます。

付属品として、長さ50cmの柔らかな素材を採用したUSB Type-Aケーブルを同梱。容量は120GB・240GB・480GB・1TB・1.9TBの5つのモデルがラインナップされています。Windows対応ソフト「Disk Formatter2」を使用すれば、簡単にドライブのフォーマットができるので便利です。

トランセンド(Transcend) ESD350C TS480GESD350C

トランセンド(Transcend) ESD350C TS480GESD350C

ボディに堅牢性と放熱性を高めるためにアルミ合金を採用した外付けSSD。付属するネイビーブルーカラーのラバーケースは、本体の保護に役立ちます。

読み込み速度は最大1050MB/秒で、書き込み速度は950MB/秒。パソコンだけでなくスマホやゲーム機の拡張ストレージとしても使用できます。ケーブルはUSB Type-CとUSB Type-Aの2本を同梱。

「Transcend Eliteソフトウェア」は、データの管理やバックアップなどができる便利な機能を備えています。さまざまなデバイスに接続して使用したい方におすすめです。

エレコム(ELECOM) ESD-EGURシリーズ ESD-EG1000GBUR

エレコム(ELECOM) ESD-EGURシリーズ ESD-EG1000GBUR

エレコムの最大読み込み速度430MB/秒、最大書き込み速度400MB/秒を実現する外付けSSD。容量は250GB・500GB・1TBの3モデルをラインナップし、長さ0.2mのUSB Type-Aケーブルが付属します。アクセス状況は本体のLEDランプで把握可能。

エレコムのパスワード自動認証機能付きセキュリティソフト「PASS」を使用すれば、パスワードの設定ができます。未登録のパソコンに接続した場合、パスワードの入力が必要になるので、データの漏えいを心配することなく安心して使用可能。

PS4などのゲーム機に接続すれば、ロード時間の短縮ができ、快適にゲームを楽しめます。本体サイズは93.2×15.7×62.5mmで重量は約41g。カバンなどに入れて持ち運べるコンパクトさも魅力です。

サムスン(Samsung) PORTABLE SSD T7 Touch MU-PC1T0S/IT

サムスン(Samsung) PORTABLE SSD T7 Touch MU-PC1T0S/IT

指紋認証によるロック解除機能を搭載しているので、個人的なデータも安心して保存できます。本体サイズは85×57×8mmの名刺サイズで重量は約58g。軽量でコンパクトなので持ち運びにも便利です。容量は500GB・1TB・2TBの3モデルで、カラーはブラックとシルバーの2種類がラインナップ。

本体前面には視認性に優れたスクエア型のモーションLEDが搭載されています。点灯状況によってステータスの把握が可能。また、最大2mの高さからの落下にも耐えられる優れた堅牢性も兼ね備えています。

シーケンシャルリードは最大1050MB/秒で、同ライトは1000MB/秒を実現。USB Type-C to Type CケーブルとUSB Type-C to Type Aケーブルが同梱するので、追加でケーブルを用意することなくさまざまなデバイスと接続できます。

内蔵SSDのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

内蔵SSDのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

外付けSSDのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

外付けSSDのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。