パソコンを購入するうえで重要な項目となる「ストレージ」。あらゆるデータを保存する装置のことで、主に「HDD」と「SSD」の2種類があります。前者は以前から採用されているタイプで、大容量かつリーズナブルに搭載可能。一方、後者は最近普及しているタイプで、処理スピードが速いのが特徴です。

今回は、最近ラインナップが増えているSSDのおすすめ製品をピックアップ。選び方についても併せてご紹介するので、購入を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

SSDとは?

By: amazon.co.jp

SSDとは「Solid State Drive(ソリッドステートドライブ)」の略称。フラッシュメモリなどと同じように、本体内部に半導体メモリチップを内蔵しているのが特徴です。

SATAやM.2規格の接続方法が主流で、高速でのデータ通信ができるのもポイント。物理的に稼働するパーツがないので、耐衝撃性に優れているのもメリットです。

SSDとHDDの違い

By: amazon.co.jp

SSDを購入する際に比較対象となるのがHDD。HDDとは「Hard Disk Drive(ハードディスクドライブ)」の略称で、プラッタと呼ばれる磁性体ディスクにデータを保存するストレージです。

HDDはSSDに比べて価格がリーズナブルなのが特徴。内蔵タイプと外付けタイプの2種類に分けられ、外付けタイプはさらに据え置きとポータブルに細かく分けられます。容量のラインナップも豊富なので、活用する際はどの用途で使うか事前に検討しておきましょう。

ただし、HDDには物理的に稼働するパーツがあり、外部からの衝撃に弱いので注意が必要。磁気ヘッドによってプラッタが傷つけられると、データの損傷やHDD自体が故障してしまう場合もあります。

SSDの選び方

容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

SSDに保存できるデータ量は、各モデルの容量に左右されます。例えば、Windows10をインストールする場合には約15GBの容量が必要。OSのアップデートや、ソフト・アプリの保存を考慮に入れる場合は、少なくとも128GB以上のモデルがおすすめです。

デジカメやスマホで撮影した写真を保存するなら、256GB以上が最適。静止画の画素数や枚数によってもデータ量は異なりますが、文書ファイルやメールなどの保存に比べて大きめの容量が必要です。

また、動画や音楽ファイルを保存するのであれば500GB以上がおすすめ。動画・音楽ファイルは、画質や音質が上がればデータ量も増加します。4K映像やハイレゾ音源の保存を想定している場合は、より容量の大きなモデルをチェックしてみてください。

接続規格を確認

SATA

By: amazon.co.jp

SATAとは「Serial ATA(シリアルATA)」の略称で、SSDやHDD、DVDドライブとパソコンを接続する規格のこと。現在主流のタイプとしては2種類あり、「SATA 2.0」は最大3Gbps、「SATA 3.0」は最大6Gbpsでの通信が可能です。

ちなみに、SATA規格の小型版である「mSATA」はノートパソコンなどに採用されています。製品ラインナップとしてはそれほど多くはなく、パーツとしても換装が難しいので、パソコンの不慣れな方は認識レベルで留めておきましょう。

M.2

By: amazon.co.jp

SSDの接続規格である「M.2」は、マザーボードの拡張端子に接続するタイプ。メモリカードのように基盤剥き出しの形状が一般的で、SATAケーブルで接続するSSDよりもサイズはコンパクトです。

M.2はSSDのなかでも特に高速通信が可能。HDDはもちろんのこと、ケーブル接続されるタイプのSSDよりも高速でデータの読み書きができます。

なお、M.2のSSDは電力消費量が多め。高速なデータの読み書きを行うため、電力の消費に伴って発熱量も増加します。パソコン内部の温度が気になる方は、放熱や吸熱の効果が期待できるヒートシンクの購入も検討しておきましょう。

USB

By: amazon.co.jp

SSDをパソコンに外付けして使う、いわゆる「ポータブルSSD」のインターフェースはUSBがメイン。大量の画像データや大容量の動画データなどを持ち運ぶ際には、USB接続のコンパクトタイプを選ぶのがおすすめです。

なお、最近はUSB Type-Cに対応しているモデルが増えており、製品によっては、付属品として「Type-C to Type-C」や「Type-C to Type-A」のケーブルが同梱されている場合もあります。ノートパソコンはもちろん、PS4などのゲーム機器との接続でも活用したい方はぜひチェックしておきましょう。

SSDのおすすめモデル|内蔵タイプ

サンディスク(SanDisk) 内蔵SSD 2.5インチ SDSSDH3

サンディスク(SanDisk) 内蔵SSD 2.5インチ SDSSDH3-1T00-J25

本製品は1TBの容量を持つSSDです。読み出し速度は最大560MB/s、書き込み時でも最大で530MB/sと高速なのが特徴。大量の書類や画像データもストレスなく転送できます。

また、本メーカー専用のユーティリティソフト「SSD ダッシュボード」が提供されているのもポイント。新しく実装したディスクのセットアップや解析が簡単にできます。ディスクの中身をしっかりと管理したい方におすすめのモデルです。

ウエスタンデジタル(WESTERNDIGITAL) 内蔵SSD 2.5インチ WD Blue WDS100T2B0A

ウエスタンデジタル(WESTERNDIGITAL) 内蔵SSD 2.5インチ WD Blue WDS100T2B0A

省エネに配慮されたSSDです。同ブランドの前世代モデルと比較して、電力消費を最大25%抑えられるのが特徴。2.5インチのHDDユニットと換装することにより、データ転送の高速化と、さらなるバッテリーの長時間駆動が期待できます。

HDDを内蔵した手持ちのノートパソコンを手軽にアップグレードしたい方におすすめのモデルです。また、ユーティリティソフト「Acronis True Image WD Edition」が無料で利用可能。データを丸ごとバックアップしたり、移行したりと便利に使えます。

トランセンド(Transcend) SSD 480GB 2.5インチ TS480GSSD220S

トランセンド(Transcend) SSD 480GB 2.5インチ TS480GSSD220S

本製品は、2.5インチタイプの内蔵型SSD。「SATA 3.0」規格での接続に対応しており、高速なデータ転送が可能です。容量は480GBとほかのモデルと比較しても大きくはありませんが、リーズナブルな価格で購入できるのが魅力。

システムの起動時間を短縮したり、ソフトウェアの読み込みを高速化したりと、気軽にノートパソコンをアップグレードしたい方におすすめです。また、ディスクの換装には、専用のソフトウェア「SSD Scope」を使用。SSDの状態を監視する機能を有しており、長期間使えるよう配慮されているのもポイントです。

インテル(Intel) SSD 545シリーズ TLC SSDSC2KW512G8X1

インテル(Intel) SSD 545シリーズ TLC SSDSC2KW512G8X1

CPUメーカーで有名なインテルのSSDです。業界でもトップレベルと言われているインテル独自の厳しい検査基準をクリアした、信頼性の高さが魅力。品質にこだわりたい方におすすめのモデルです。

2.5インチタイプのため、ほとんどのパソコンに取り付けできるのもポイント。インターフェースは「SATA 3.0」に対応しており、読み出し速度が最大550 MB/s、書き込み速度が最大で500 MB/sと高速データ転送が可能です。また、同社の「データ・マイグレーションソフト」により、古いディスクに保存されているデータの移行も簡単に行えます。

ウエスタンデジタル(WESTERNDIGITAL) 内蔵SSD WD BLACK WDS500G2X0C

ウエスタンデジタル(WESTERNDIGITAL) 内蔵SSD WD BLACK WDS500G2X0C

マザーボードに差し込むタイプのSSD。読み取り速度が最大3,400MB/s、書き込み速度が2,800MB/sの高速データ転送を行えるのが特徴です。

また、優れた電力管理技術と過熱を防ぐ「サーマルスロットリング」機能を搭載しているのも魅力。接続規格「M.2」対応モデルながら、低消費電力で安定した性能を発揮します。パソコンの起動など、さまざまな場面でスピードを求める方はぜひチェックしてみてください。

サンディスク(SanDisk) 内蔵SSD Extreme Pro SDSSDXPM2-500G-G25

サンディスク(SanDisk) 内蔵SSD Extreme Pro SDSSDXPM2-500G-G25

接続規格「M.2」に対応したSSDです。最大3,400MB/sでのデータ読み出しが可能。また、書き込み速度も最大で2,500MB/sと、高速でデータ転送を行えるのが魅力です。

一般的な「SATA」接続のモデルと比較して6倍程度の高速化が期待できるため、手持ちのパソコンを手軽にアップグレードしたい方におすすめ。負荷のかかるクリエイティブな作業などに最適です。

また、本メーカーのユーティリティソフト「SSD Dashboard」が使用できるのも魅力。新しいドライブのセットアップや、動作状況の解析などに使えるので重宝します。

SSDのおすすめモデル|外付けタイプ

サムスン(Samsung) 外付けSSD T5 MU-PA250B/IT

サムスン(Samsung) 外付けSSD T5 MU-PA250B/IT

スタイリッシュなデザインが特徴の外付けSSDです。一般的な名刺よりも小さい、コンパクトなサイズが魅力。重さも約51gと軽量なため、ポケットに入れて簡単に持ち歩けます。容量は250GBで、大容量の書類や画像ファイルを気軽に持ち運びたい方におすすめのモデルです。

インターフェースは、USB Type-Cを採用。USB 3.1(Gen.2)にも対応しているので、最大で540MB/sの高速データ転送を行えるのが魅力です。また、USBケーブルは「Type-A to Type-C」と「Type-C to Type-C」の2種類が付属。Windowsパソコン・Mac・Android端末と、アダプターを購入する必要がなくシームレスに使用できるため便利です。

アイ・オー・データ(I-O DATA) ポータブルSSD SSPH-UT480K/E

アイ・オー・データ(I-O DATA) ポータブルSSD SSPH-UT480K/E

タフな見た目が特徴の外付けSSD。米軍のMIL規格に準拠しており、高さ約1.2mからの落下試験でも壊れない耐久性の高さが特徴。約80×80mmのコンパクトなサイズのため、カバンに入れて手軽に持ち運べます。

容量は480GB。大切なデータを安心して持ち歩きたい方におすすめのモデルです。また、バスパワーに対応しているのもポイント。ノートパソコンやゲーム機に接続するだけですぐ使える手軽さも、本製品の魅力です。

サンディスク(SanDisk) Extreme Portable SDSSDE60-500G-J25

サンディスク(SanDisk) Extreme Portable SDSSDE60-500G-J25

全体的に丸みを帯びた外観が特徴のSSDです。本製品はカラビナなどを通せる構造になっているので、リュックやバッグに掛けておくことが可能。また、IP55等級の防塵・防水性能を備えているため、外に気軽に持ち歩けるのが特徴です。

インターフェースは、USB Type-C・Type-Aの2ポートを採用。WindowsパソコンとMacのどちらでも使えるので便利です。さらに、USB 3.1(Gen.2)に対応しているため、最大550MB/sでの高速データ読み出しが行えるのも魅力。使い勝手に優れたおすすめのモデルです。

バッファロー(BUFFALO) ポータブルSSD SSD-PG1.0U3-B/NL

バッファロー(BUFFALO) ポータブルSSD SSD-PG1.0U3-B/NL

本製品は1TBの容量を備えた、ポータブルタイプの外付けSSDです。米軍規格MIL-STDに準拠した、高い耐振動・耐衝撃性能が魅力。大容量のファイルを、安心して持ち運びたい方におすすめのモデルです。

USB Type-Aポートを搭載しているため、WindowsパソコンやUSB Type-Aポート対応のMacに接続して使用できます。また、本製品にはUSBケーブルのハウジング部分をホールドする構造を採用しているのもポイント。ケーブルの引っ張りによる接続部分へのストレスなど、接触トラブルを防止する工夫が施されています。

ウエスタンデジタル(WESTERNDIGITAL) My Passport Go WDBMCG5000ABT-WESN

ウエスタンデジタル(WESTERNDIGITAL) My Passport Go WDBMCG5000ABT-WESN

容量が500GBの外付けSSD。本体周囲には、衝撃を効率的に吸収するゴム素材のバンパーを採用しています。高さ2mからの落下でも本体に影響のないことが確認されており、衝撃に強いのが魅力。大容量のファイルを、頻繁に持ち運ぶ方におすすめの製品です。

また、本体に格納可能な一体型のUSBケーブルを装備しているのもポイント。いちいち持ち運ぶ手間が省けるほか、紛失のリスクが減らせるため重宝します。インターフェースはUSB 3.0を採用しており、Windowsパソコン・Macどちらでも使用可能。ただし、Macのバックアップ機能「タイムマシン」を利用する際は、再フォーマットが必要なので注意しておきましょう。

シリコンパワー(Silicon Power) 外付けSSD Bolt B75 SP512GBPSDB75SCKJA

シリコンパワー(Silicon Power) 外付けSSD Bolt B75 SP512GBPSDB75SCKJA

キャリーケースのようなデザインが特徴的なSSD。USB Type-Cポートを搭載していますが、「Type-C to Type-A」ケーブルが付属しているため、WindowsパソコンやMacなど、幅広い機器で使用できます。

また、動作状況が一目でわかるLEDインジケーターを装備しているのもポイント。読み込み時は最大440MB/s、書き込み時は最大430MB/sの速度でデータ転送が行えます。見た目にも機能性にもこだわりたい方は、ぜひチェックしてみてください。

番外編:PS4やゲーム向けのSSDおすすめモデル

プリンストン(PRINCETON) ゲーミングSSD ULTRA PLUS PHD-GS480GU

プリンストン(PRINCETON) ゲーミングSSD ULTRA PLUS PHD-GS480GU

USB 3.1(Gen.2)に対応した外付けSSDです。最大1,000MB/sの超高速でデータを読み出すことが可能。ゲームのロード時間を短縮でき、待ち時間にストレスを感じにくいのが特徴です。

スティック状のスリムなボディーのため、ポケットに入れて気軽に持ち運べるのもポイント。自宅や友人の家など、ゲームデータを頻繁に持ち歩いてプレイする方におすすめです。

また、本体にはUSB Type-C形状のポートを搭載。「Type-C to Type-A」「Type-C to Type-C」の2種類のケーブルが付属しているので、さまざまな機器に使用できて便利です。

エレコム(Elecom) 120GB Portable SSD

エレコム(Elecom) 120GB Portable SSD

USBケーブルが一体になった、外付けタイプのSSDです。ケーブルを紛失する心配がなく、別で持ち運ぶ必要もないので便利。また、ケーブルは本体に収納できるため、カバンに入れてもかさばりません。PS4などのゲームデータを、気軽に持ち運びたい方におすすめです。

また、エレコムのセキュリティソフト「PASS」が使用できるのもポイント。あらかじめパソコンを登録しておけば、デバイスを接続するたびにパスワードを入力する手間が省けます。安全性に配慮されたモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

バッファロー(BUFFALO) ポータブルSSD SSD-PL480U3-BK/N

バッファロー(BUFFALO) ポータブルSSD SSD-PL480U3-BK/N

USB 3.1(Gen.1)ポートを搭載した、外付けタイプのSSD。WindowsパソコンやMacだけでなく、PS4にも接続できるのが特徴です。

耐振動・耐衝撃設計が施されているのもポイント。大切な書類やゲームデータを、安心して持ち運べます。また、厚さ11.5mmの薄型ボディーのため、ポケットにすっきりしまえるのもメリット。USBバスパワーにも対応しており、ケーブル1本ですぐ使える手軽さが魅力のおすすめアイテムです。

クルーシャル(Crucial) 内蔵2.5インチSSD MX500 CT500MX500SSD1/JP

クルーシャル(Crucial) 内蔵2.5インチSSD MX500 CT500MX500SSD1/JP

2.5インチ内蔵タイプのSSDです。「SATA 3.0」接続規格に対応。最大で560MB/sの読み込みと、510MB/sでのデータ書き込みが行えます。

PS4の内蔵HDDと換装することで、ゲームの起動だけでなく、データセーブやロード時間の短縮化が可能。手持ちのPS4を、手軽にアップグレードして楽しみたい方におすすめのモデルです。

SSDのおすすめメーカー

サムスン(Samsung)

By: amazon.co.jp

韓国を代表するメーカーの「サムスン」。一般向けのSSDは、約2年周期でリニューアルしています。最大容量が4TBのモデルも用意されており、ゲーミングユーザーから支持を得ているのも特徴。最長で10年間の保証が付くモデルもラインナップされているなど、アフターサービスも充実しています。

サンディスク(SanDisk)

By: amazon.co.jp

フラッシュメモリカードの分野でトップシェアの「サンディスク」。SSD関連製品でも高いシェアを有しており、低価格モデルの「SSD PLUS」シリーズが人気です。2TBの大容量タイプの製品も展開しており、幅広いユーザーを対象としたアイテムをラインナップしています。

ウエスタンデジタル(WESTERNDIGITAL)

By: amazon.co.jp

ハードディスクの世界最大手である「ウエスタンデジタル」。HDDとフラッシュメモリ関連で大きな影響力を持っています。HDDやSSDは製品シリーズによって色分けされており、ユーザーが迷わず製品を選びやすいのがポイントです。

トランセンド(Transcend)

By: amazon.co.jp

「トランセンド」は、半導体メモリ製品を取り扱う台湾のメーカー。SSDの製品ラインナップは豊富で、32GBのお手頃モデルから1TBの大容量タイプまで展開しています。製品規格も幅広く用意されているため、初めてSSDの購入を検討している方にもおすすめです。

インテル(Intel)

By: amazon.co.jp

「インテル」はパソコンのCPUで有名なメーカー。SSDも販売しており、一般向けで扱いやすい1TB以下の低価格タイプから、データセンター向けの耐久性に優れた最大8TBのモデルまで、豊富なラインナップを取り揃えています。

内蔵SSDのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

内蔵SSDのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

外付けSSDのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

外付けSSDのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。