PS5は2021年4月14日に行われた発売後初の大型アップデートで、USB接続の外付けストレージに対応しました。なかでも、高速な転送速度を有する外付けSSDは、PS5でゲームやデータを保存しておくのに適しています。

そこで今回は、PS5におすすめの外付けSSDをご紹介。おすすめモデルに加え、選び方についても解説しています。予算や用途に合ったモデルを見つけてみてください。

PS5向け外付けSSDの利用条件は?

PS5で外付けSSDを利用するにはまず、USB3.0に対応している必要があり、公式サイトでは「SuperSpeed USB 5Gbps以降」に対応と記載があります。現行モデルのほとんどは条件を満たしていますが、接続する際に用いるケーブルもUSB3.0に対応しているかチェックしておくと安心です。

容量は、250GB以上かつ8TB以下のモノが使用可能。購入前にしっかり確認しておきたいポイントです。そのほか、USBハブ経由での使用は不可能で、外付けSSDなどのUSB拡張ストレージドライブを2つ以上接続して同時に使用することもできません。

また、外付けSSDから直接PS5のゲームを起動してプレイすることもできないので注意が必要です。ただし、PS4のゲームは、外付けSSDに保存したままの状態で直接プレイできます。

PS4で使用していた外付けSSDも使用可能

By: amazon.co.jp

PS4で使用していた外付けSSDは、そのままPS5に接続するだけで使用できます。フォーマットやゲームの再ダウンロードなどの操作も不要です。PS5の内蔵ストレージを圧迫することなく、PS4向けタイトルをプレイできるのがメリット。

また、新たに外付けSSDを購入する方は、1台購入するだけで、PS4とPS5の両方で使用できるので予算を抑えられます。ただし、PS4とPS5で1つの外付けSSDを利用するには、両デバイスともに同じPlayStation Networkアカウントでログインしている必要があるので、留意しておきましょう。

PS5向け外付けSSDの選び方

USB規格をチェック

By: amazon.co.jp

外付けSSDを使用する際の必要条件について、公式サイトでは「SuperSpeed USB 5Gbps以降」と記載があります。SuperSpeed USBはUSB3.0の通称です。

具体的には、SuperSpeed USB 5Gbps(USB 3.0/USB 3.1 Gen1/USB 3.2 Gen1) ・SuperSpeed USB 10Gbps(USB 3.1 Gen2/USB 3.2 Gen2/USB 3.2 Gen1×2)・SuperSpeed USB 20Gbps(USB 3.2 Gen2×2に対応しています。

ただし、USB 3.2 Gen1×2やUSB 3.2 Gen2×2などの対応デバイスを接続した場合は、10Gbpsの範囲内での動作に制限されるので注意が必要です。

USB規格は、複雑でややこしく非常にわかりにくいのが難点。上記の具体例や公式サイトをチェックして、同規格に対応している外付けSSDを選びましょう。

容量をチェック

By: amazon.co.jp

PS5では容量が250GBから8TBまでの外付けSSDを使用可能。容量が大きいほどたくさんのゲームやデータを保存しておけますが、その分高価です。逆に、少なすぎるとすぐに容量を圧迫してしまうので、ライトユーザーであれば1TB~、ミドルユーザーやヘビーユーザーであれば2TB~を目安に選びましょう。

PS4のゲームソフト1本の容量は30~100GB程度。PS4のゲームを保存してPS5でプレイしたい方は、自身が所有しているゲームやプレイしたいゲームの容量を確認したうえで適したモノを選びましょう。

加えて、今後保存しておきたいゲームが増える可能性のある方やPS5のゲームも保存しておきたい方は、 容量に余裕をもたせておくと安心。また、現状PS5では複数の外付けSSDを接続して同時に使用できないので、予算に余裕があるのであれば、8TB以内でなるべく大容量のモデルを購入しておくのがおすすめです。

転送速度の速さをチェック

By: buffalo.jp

転送速度が速いほどデータの読み書き速度が向上するため、ゲームのインストールやゲームデータのロード時間をより短縮できます。各製品のスペック表には「最大転送速度550MB/秒」などのように記載されており、数値が高いほど、より高速でデータを転送可能。また、転送速度の違いは、製品を比較する際にも役立つので要チェックです。

加えて、USB規格も転送速度に影響を及ぼします。USB 3.1 Gen1やUSB 3.2 Gen1であれば転送速度は5Gbpsに対応。少しでも予算を抑えて、容量を増やしたい方におすすめです。

USB 3.1 Gen2やUSB 3.2 Gen1×2、USB 3.2 Gen2に対応していれば10Gbpsの転送速度を実現します。価格は上がりますが、より高速でデータを転送可能。予算や用途に合わせて適したスペックのモノを選びましょう。

PS5向け外付けSSDおすすめモデル

ソニー(SONY) ポータブルSSD SL-M2

室内外問わずに使用できる防水・防塵性能が特徴

堅牢性に優れた外付けSSD。USB 3.2 Gen2に対応しており、最大1000MB/秒の高速な読み込み・書き込みが可能です。さらに、高速性能を維持するためにソニー独自の「ファームウェア」を搭載。繰り返しの書き込みによる転送速度の劣化が起きにくく、安定した高速転送の維持が可能です。

本体は丈夫なアルミ製で、表面には手に馴染みやすい波面処理を施しています。指紋や傷が目立ちにくく、手から滑り落ちにくいのがポイント。また、ラベルメモを挟めるラバーバンドなどが同梱しているので、管理もラクラクです。

ソニーの製品かつPS4とPS5で動作確認済みなのも魅力。また、ケーブルはUSB Type-C to Type-CケーブルとUSB Type-C to Type-Aケーブルが付属しています。そのほか、IP67準拠の防じん・防水性能を備えており、室内外問わず幅広いシーンで使用できるのもポイントです。

バッファロー(BUFFALO) SSD-PUT1.0U3BC/N

ストラップホールがつき、紛失防止に役立つ

本体にUSB端子が付いているケーブルレスタイプの外付けSSD。PS5に直接接続できるので、テレビ周りやデスク周りでもすっきりと使えます。USB端子は、スライド式で本体内に収納可能。片手で簡単にスライドでき、キャップをなくす心配なく利用できます。

本体サイズは幅23×高さ11×奥行68.2mmで、重量は約17g。持ち運びに便利なストラップホールが付いており、紛失防止にも役立ちます。本体は耐久性の高さを示す「MIL規格」に準拠。落下による衝撃に強いので安心して使用できます。

USB 3.2 Gen1に対応しており、最大約430MB/秒の速度でファイルの読み込みが可能です。容量は、PS4およびPS5のゲームを複数保存しておける1TB。そのほか、PlayStationとの接続方法を記載した取扱説明書が付属しています。ライトユーザーからミドルユーザーにおすすめの外付けSSDです。

ウエスタンデジタル(Western Digital) My Passport SSD WDBAGF0020BGY-WESN

持ちやすく、豊富なカラーバリエーションも展開

グレー・ゴールド・シルバー・レッド・ブルーの豊富なカラーバリエーションを揃えた外付けSSD。デスク周りや周辺デバイスに合った好みのカラーを選択できます。本体サイズは幅55.12×高さ100.08×奥行8.89mmの手に持ちやすいサイズです。

筐体には、スタイリッシュかつ頑丈なアルミデザインを採用。最大1.98mの高さからの落下にも耐えられるように設計されています。

最大読み込み速度は1050MB/秒で、最大書き込み速度は1000MB/秒。USB規格はUSB 3.2 Gen2に対応しています。

付属するケーブルはUSB Type-C to Type-Cケーブル。付属のケーブルで、PS5前面のUSB Type-Cポートに接続できます。また、USB Type-C to Type-Aアダプターも同梱。PS4と併用したい方にもおすすめのモデルです。

ウエスタンデジタル(Western Digital) WD_Black D30 Game Drive SSD WDBATL0020BBK-WESN

PS5での使用に適したゲーミング用に設計された外付けSSD。最大900MB/秒の高速なデータ転送速度を実現しており、ゲームのロード時間短縮に役立ちます。容量は500GB・1TB・2TBの3種類から選択可能。2TBモデルであれば、最大50タイトルのゲームを保存しておけるので、たくさんのゲームをプレイするヘビーユーザーにもおすすめです。

本体サイズは幅96×奥行35×高さ58mm。コンパクトかつスタイリッシュなデザインで、気軽に持ち運びできるのがメリットです。また、専用のスタンドが付属するのもポイント。PS5などゲーム機の隣にすっきりと設置できます。

USB規格は、USB 3.2 Gen2に対応。本体にはUSB Type-Cポートを搭載しており、同梱しているUSB Type-C to Type-Aケーブルを使用し、PS5と接続できます。

エレコム(ELECOM) 外付けポータブルSSD ESD-EMN1000G

幅64×奥行21×高さ9mmと、USBメモリサイズのコンパクトさを実現した外付けSSD。カバンやポケットに入れて気軽に持ち運びができ、少ないスペースでも設置しやすいのが特徴です。

コネクターの形状がUSB Type-Aなので、PS5に接続する際は背面のType-Aポートを使用します。同シリーズには1TBのモデルに加え、128GB・250GB・500GBモデルがラインナップしていますが、128GBモデルはPS5では使用できないので注意しましょう。

本体には、アクセス状況の確認ができるLEDランプを搭載。好みのストラップを付けておけるストラップホールも付いています。読み込み速度は最大400MB/秒で、書き込み速度は最大350MB/秒。USB規格は、USB 3.2 Gen1に対応しています。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 外付けSSD SSPH-UA1

USB 3.2 Gen1に対応した外付けSSDです。約幅80×奥行80×高さ15mmのコンパクトボディで、重量は約61g。コンパクトかつ軽量なので場所をとることなく設置でき、持ち運びにも便利です。PS4とPS5との接続が可能で、それぞれの接続ガイドを同梱。安心して使用できます。

本体の四隅と表面は、衝撃に強いシリコンラバー素材で保護。落下したときに衝撃を受けやすい部分がしっかりと守られているので、持ち運ぶときも安心です。122cmの高さからの落下試験にも合格しています。

SSDの使用状況をチェックできるWindows専用アプリ「診断ミレル」に対応しているのも魅力のひとつ。定期的に使用状況をチェックすれば、突然の故障によるデータの紛失を防げます。

本モデルの容量は1TB。PS4やPS5のゲームをいくつか保存しておきたいライトユーザーからミドルユーザーにおすすめです。