ソニーの次世代ゲーム機「PS5」。4K解像度や120fpsに対応するなど、ゲーミングPC並の性能を持っているのが特徴です。ただし、PS5のスペックを最大限に生かすには、テレビ側にもある程度の性能が求められます。

そこで、今回はPS5用テレビをピックアップ。選び方についてもご紹介しているので、高画質でゲームをプレイしたい方はぜひチェックしてみてください。

PS5用テレビの選び方

テレビの種類で選ぶ

液晶テレビ

By: amazon.co.jp

液晶によって色を制御する「液晶テレビ」。カラーフィルターの後ろからライトを当てて、液晶がシャッターのように開閉して光を調節することで、さまざまな映像を再現します。シャッターを閉じてもわずかに光が漏れるので、完全な黒色を表現するのは苦手です。

ただし、液晶テレビはコントローラーで操作してから画面に表示されるまでの「表示遅延」が少ないのが特徴。FPSや格ゲーなど、一瞬の遅れによって勝敗が分かれるゲームをプレイする場合は、液晶テレビがおすすめです。

有機ELテレビ

By: rakuten.co.jp

バックライトではなく、自発光素子によって色を再現する「有機ELテレビ」。映像の黒い部分は素子が完全に消灯するので、引き締まった黒色を表現できます。メリハリのある鮮やかな映像を楽しみたい方におすすめです。

また、有機ELテレビは画面の色が切り替わる「応答速度」が速いので、残像感が少ないのがポイント。しかし、画面の焼き付けを防ぐための処理が挟まれるため、表示遅延はやや遅い傾向があります。映像美を重視したい方は有機ELテレビをチェックしてみてください。

解像度をチェック

By: jp.sharp

解像度とは画面の密度を表すもので、数字が大きいほど、滑らかで鮮やかな映像を再現できます。PS5は、4K(3840×2160)と8K(7680×4320)の解像度に対応。フルHDテレビではPS5の映像美を十分に再現できないほか、文字が潰れてしまうこともあるので、4K解像度以上のテレビがおすすめです。

ただし、8KはHDMI 2.1接続時での出力に対応しているのみで、将来的なシステムソフトウェアアップデートによって、対応ソフトを8K解像度で描画できるようになります。現状は4Kテレビでも十分ですが、8K放送を視聴したい方や、将来のアップデートに備えたい方には8Kテレビがおすすめです。

高フレームレート入力に対応しているかチェック

フレームレートとは、1秒間の動画が何コマの画像で構成されているかを表したものです。たとえば、1秒間に100コマの画像を切り替えている場合は100fpsとなります。数値が大きいと、動きの速い映像も滑らかに表現することが可能。ゲームハードの性能を示す、重要な要素のひとつです。

PS5は4K/120fpsに対応。一部のソフトウェアでは美しい4K画質を維持しつつ、高フレームレートでゲームを楽しめます。PS5のスペックを生かすためにもテレビ側も120fps(120p)入力に対応しているかどうかチェックしましょう。

ただし、倍速駆動による120fpsとは異なります。倍速駆動とは1秒間60コマの映像を分析して、前後のコマから補完映像を作成することで擬似的に120fpsに見せる機能です。スポーツなどのテレビ番組を見る際は便利ですが、PS5本来の120fps映像を映し出せるわけではないので注意しましょう。

HDMIの規格をチェック

By: jp.sharp

PS5はHDMI 2.1を採用。HDMI 2.1は、4K/120fpsや8K/60fpsに対応したインターフェース規格です。マイクロソフトの次世代ゲーム機「Xbox Series X/S」でも導入されています。

テレビ側のHDMI規格が2.1未満の場合、ゲームの画質が落ちる可能性があるので注意しましょう。製品を選ぶ際は、規格もあわせて確認してみてください。

その他機能をチェック

VRR

By: lg.com

VRR(Variable Refresh Rate)とは、ゲーム映像のフレームレートとテレビ側の画面更新を同期することで、チラつきを抑制する技術です。「可変リフレッシュレート」とも呼ばれます。動きの激しいアクションゲームなどをプレイする方におすすめの機能です。

ALLM

By: amazon.co.jp

ALLM(Audio Low Latency Mode)は、テレビの「低遅延モード」と「高画質モード」がシーンに応じて自動的に選択される技術。たとえば、PS5でゲームをプレイしている時は低遅延、映画を見るときは高画質というように切り替わるので、リモコンを使って自分で変更する必要がありません。必須ではありませんが、あると便利な機能です。

eARC

By: lg.com

eARC(Enhanced Audio Return Channel)とは、テレビ音声をHDMIケーブル1本でAV機器に伝送する「ARC機能」の拡張版です。従来では伝送できなかったDolby TrueHDなど、高品位な音声データにも対応しています。PS5で動画コンテンツを楽しむ場合にも役立つ機能です。

PS5用テレビのおすすめ

ソニー(SONY) ブラビア 4K液晶テレビ XRJ-65X90J

65インチサイズの大型4K液晶テレビです。HDMI 2.1規格に規定される4K/120fpsやeARC、ALLMといった機能を搭載。ソフトウェアアップデートによってVRRにも対応できます。PS5を販売しているメーカーということもあり、次世代ゲーム機の性能を生かせるスペックです。

本製品は、「直下型LED部分駆動」を採用。LEDバックライトの発光エリアをコントロールすることで、液晶パネルタイプでありながらメリハリのある明暗を再現できます。色味にこだわりたい方にもおすすめです。

また、立体音響技術の「ドルビーアトモス」に対応しているのもポイント。テレビのスピーカーのみで、手軽に3次元の立体サウンドを楽しめます。PS5の美しいグラフィックを大画面で見たい方はチェックしてみてください。

ソニー(SONY) ブラビア 4K有機ELテレビ XRJ-55A90J

ブラビアシリーズのフラッグシップモデルに位置する4K有機ELテレビです。映像だけではなく、音の信号処理も行える認知特性プロセッサー「XR」を搭載。自然なグラフィックとサウンドにより、映像への没入感を高めています。

本製品は温度センサーと放熱用インナーシートを組み合わせた、独自構造の有機ELパネルを採用。温度予測しつつ発光制御を行うことにより、明るい部分の全色同時点灯を可能にしました。従来モデルより鮮やかで、高コントラストな映像を映し出せます。

また、4K/120fpsに対応しているため、高画質なグラフィックを滑らかに表示可能です。自宅でも映画館クオリティを体感できる「Netflix 画質モード」を搭載しているのもポイント。ゲームはもちろん、動画コンテンツも楽しみたい方におすすめのテレビです。

パナソニック(Panasonic) ビエラ4K液晶テレビ TH-43JX850

ゲーム機能が充実した43インチサイズの4K液晶テレビです。「ゲームモード エクストリーム」を搭載しているのが特徴で、信号の処理時間を短縮することによって遅延を軽減。アクションゲームのような素早いゲームも快適に遊べます。

本製品は、HDMI 2.1規格の4K/120fpsに対応。JX850シリーズのうち、43インチモデルのみ「VRR」を搭載しているのがポイントで、フレームレートが変動するようなゲームシーンでも滑らかに映像を映し出します。

また、同様に43インチモデルのみ「AMD FreeSync Premium」テクノロジーを採用。対応したグラフィックスカードと接続した場合、カクつきを抑えつつ低遅延でゲームを楽しめます。PS5だけでなく、PCゲームも遊びたい方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) ビエラ 4K有機ELテレビ TH-55JZ2000

パナソニック独自設計のパネルを搭載した4K有機ELテレビです。新素材を用いた貼り付け構造と、バックカバーと一体型の放熱プレートを採用。独自のパネル制御技術で駆動させることで、従来モデルと比べて、明るい部分をより高コントラストに表現できるのが特徴です。

4K映像も滑らかに表示する「4K/120fps」、自動的に低遅延モードに切り替える「ALLM」、画面の表示ズレを抑える「VRR」に対応。また、遅延を抑えるゲーム専用モード「ゲームモード エクストリーム」を搭載するなど、ゲーム向けの機能が充実しています。

また、ハイビジョン画質を解析して4K相当画質にアップコンバートできるのもポイント。地上デジタル放送や動画コンテンツなども高画質で視聴できます。テレビ機能も重視したい方におすすめの製品です。

東芝(TOSHIBA) レグザ 4K液晶テレビ 43Z670K

進化した高画質映像処理エンジン「レグザエンジンZRⅠ」を搭載した4K液晶テレビです。4K放送や地デジ、ネットの動画コンテンツなど、さまざまな映像のノイズを低減して、映像本来の美しさを再現できます。

ゲーム用として、画像処理の遅延を約0.83msecに縮めた「映像遅延時間短縮」機能を搭載。格闘ゲームのようにボタン入力がシビアなゲームも快適に楽しめます。また、ソフトウェアのバージョンアップによって「4K/120fps入力」と「VRR」にも対応予定です。

音響面ではフルレンジ2個、ツィーター2個、トップツィーター4個、ウーファー1個の計9個のスピーカーを搭載。立体音響技術「Dolby Atmos」にも対応しており、立体的なサウンドを楽しめます。映像はもちろん、音にこだわりたい方にもおすすめの4K液晶テレビです。

東芝(TOSHIBA) レグザ 4K有機ELテレビ 48X8900K

レグザ独自のチューニングが施された「低反射有機ELパネル」搭載の4K有機ELテレビです。照明などの光がディスプレイに当たった際に、反射光を低減。リビングのような明るい部屋にテレビを設置しても、色鮮やかで美しい映像が楽しめます。

また、約0.83mseの表示遅延時間を実現した「有機EL瞬速ゲームモード」を搭載。レグザの有機EL史上最も遅延が少ないモードで、FPSや格ゲーも快適に遊べます。また、ゲーム機の出力に合わせて自動的に画質を調節する「オートゲームアジャスト」が新たに搭載されているのもポイントです。

ソフトウェアダウンロードによるバージョンアップを適用することで「4K/120fps」と「VRR」に対応。画面のチラつきやカクつきを抑えた、滑らかなグラフィックを再現できます。次世代ゲーム機向けの4K有機ELテレビを探している方におすすめです。

シャープ(SHARP) アクオス 8K液晶テレビ 8T-C70DW1

4K解像度の4倍である約3300万画素パネルを搭載した8K液晶テレビ。70インチという大画面でも、きめ細かい高精細な映像を再現できます。8Kチューナーを内蔵しているので、4K8K放送対応アンテナに接続すれば8K放送も視聴可能です。

テレビ背面には「8K/60Hz」「4K/120Hz」入力に対応したHDMI接続端子を搭載。PS5をはじめとした8K機器とケーブル接続することで、8Kコンテンツが楽しめます。

また、「ハンズフリー音声操作」に対応しているのもポイント。声だけでテレビの電源をオンにしたり、リモコンが手元になくても音量調節ができたりと、操作性に優れています。PS5のゲームはもちろん、テレビ放送やVODも快適に楽しめるおすすめの8K液晶テレビです。

シャープ(SHARP) アクオス 4K有機ELテレビ 4T-C65DS1

シャープ独自の「S-Brightパネル」を搭載した4K有機ELテレビです。有機ELの発光による発熱を抑えた構造によって、輝度を向上。独自のパネル制御技術「Sparkling Drive Plus」もあわさり、明暗や色彩を鮮やかに再現します。

総合出力65Wの2.1ch 7スピーカー「FRONT OPEN SOUND SYSTEM PLUS」もポイント。前向きに設置されたツィーターと、背面のサブウーハーにより、低域から高域までダイナミックなサウンドを響かせます。

HDMI端子は、入力3・4のみ「4K/120fps」に対応。有機ELテレビの性質上、動きの速いシーンでは一部遅延が発生する可能性がありますが、ゲーム用途にも活用できます。グラフィック重視の方におすすめの4K有機ELテレビです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 4K有機ELテレビ OLED55CXPJA

ゲーミング推奨モデルの4K有機ELテレビです。独自のAIプロセッサー「α9 Gen3 AI Processor 4K」によって、画質を向上。ベゼル幅も約3.3mmと薄く、映像への没入感を高めたデザインを採用しています。

HDMI 2.1規格の「VRR」と「ALLM」、そして「eARC」を搭載。また、「4K/120FPS入力」にも対応しているため、PS5をはじめとする次世代ゲーム機の性能を生かせます。入力ポートも4つ備えているので、複数のゲーム機と同時接続できるのも魅力です。

付属のリモコンには「Netflix」と「Amazon Prime Video」の専用ボタンを搭載しています。ほかにもアプリで「Hulu」「YouTube」「Twitch」など、さまざまな動画配信サービスにアクセスすることも可能。ゲームも動画も大画面で楽しみたいという方におすすめの4K有機ELテレビです。