デスクトップだけでなく、ノートパソコンでも見かけることが多くなった「SSD」。ひと昔前まで主流だった「HDD」と比較してハイスペックであることが特徴です。しかし、容量当たりの価格が高価であるため、コストパフォーマンスを考えるとHDDも未だ根強い人気があります。

そこで今回は、SSDとHDDを比較しつつ違いや選び方を徹底的に解説。そのうえで、おすすめのSSDとHDDをご紹介します。

SSDとは?

By: westerndigital.com

SSDとは、USBメモリなどと同じように、メモリチップにデータを読み書きできるストレージのこと。具体的には「NAND型フラシュメモリ」と呼ばれる記憶媒体へ、音楽や動画などのデータを保存します。

NAND型フラッシュメモリは、書き換え回数の上限があるのが特徴。そこで、コントローラーと呼ばれる部品が複数のメモリに分散して書き込ませることで、寿命の縮まりを回避できる仕組みを採用しています。

SSDの最大の特徴ともいえる高速処理を可能にしているのは、「キャッシュメモリ」という部品。なかには、キャッシュメモリを持たないSSDも存在します。

HDDとは?

HDDとは、プラッタと呼ばれる磁性体ディスクを内部に搭載した記録媒体のこと。データを保存する際はこのプラッタに磁気ヘッドを使って書き込み、データを読み込む際も同様に磁気ヘッドでプラッタ上から読み込みます。

プラッタと磁気ヘッドは、約10mmの非常に近い距離まで接近するのが特徴。そのため、振動が起こると磁気ヘッドがディスクに接触して傷つけやすく、故障や動作不良を起こしやすいので注意が必要です。

SSDとHDDの違い

SSDの特徴

By: amazon.co.jp

SSDはHDDと違って、内部で機械的に駆動する部分がないためサイズが小さく軽いのが特徴。HDDは内蔵ディスクを回転させてデータの読み書きを行いますが、SSDはメモリーチップでデータの読み書きを行うので処理速度が速く、ソフトの起動時間も短縮できます。

また、耐衝撃に優れているのもポイント。よほど強い衝撃でなければ、データの保存中でもドライブが破損する心配はありません。しかし、HDDに比べ容量当たりの価格が高く、故障時のデータ復旧が難しいため、用途と予算に合わせて選ぶようにしましょう。

SSDがおすすめの方

By: amazon.co.jp

SSDはHDDと比較してソフトの起動や作業時におけるデータの読み書きを高速で行えます。そのため、画像編集や動画制作などでデータの保存をストレスなくスムーズに行いたい方におすすめです。

また、SSDはHDDと違って機械駆動部分をもたず、データの読み書き時に駆動音が発生しません。消費電力をカットすることで発熱も抑えられているので、動画視聴や書類作成などの作業でも静かな環境で快適に使用できます。耐衝撃性にも優れているため、大事なデータをしっかりと保管したい方におすすめです。

HDDの特徴

HDDはSSDと比較して、容量当たりの価格が安いのが特徴。高価なメモリーチップが内部に使われていないため、同じ容量でも安く入手可能です。

一方で、HDDはデータの読み書き時に衝撃を加えると、内部の磁気ヘッドに大きな力が加わってプラッタを傷付けてしまい、データが破損してしまう場合があります。また、構造上消費電力が多く、高負荷時に発熱が起こりやすいのが難点です。

HDDがおすすめの方

By: amazon.co.jp

HDDは容量当たりの価格がSSDと比較しても安いので、2TBや4TBを超える大容量のモノを比較的安価に入手できます。そのため、写真や動画などを大量に保存したい方にはHDDがおすすめです。SSDよりも内蔵ストレージの容量に対して余裕があるので、消費容量をほとんど気にすることなく写真や動画の保存ができます。

SSDとHDDの選び方

SSD & HDD:容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

容量は内蔵ストレージにどれだけ多くのデータが保存できるかを示しています。容量が多いほど、たくさんのデータを保存可能です。256GBを例にすると、1800万画素の写真が約38500枚、フルHD画質の動画が約40時間保存可能。用途を考えながら、適した容量のモノを選んでみてください。

なお、最近では外付けタイプの大容量ストレージもあるため、容量の少ないSSDをパソコンに搭載して、容量が少なくなってきたら外付けストレージと併用することもできます。

SSD:接続方式で選ぶ

By: amazon.co.jp

SATA

SATAは「シリアルATA」とも呼ばれ、ストレージの多くに採用されている接続規格です。SATAには、SATA・SATA 2・SATA 3の3種類が存在。それぞれ150MB/s・300MB/s・600MB/sの転送速度を有しています。

なかでもSATA 3は、下位規格との互換性を有しているのがポイント。規格の違いによる価格差はほとんどないので、可能な限り、最も転送速度が速い「SATA 3」の接続規格を選択するのがおすすめです。

M.2

M.2とは、SSDの大きさの規格を表すフォームファクタと接続端子に関して定めた規格のこと。M.2 SSDの接続方式には、おもに「SATA 3」接続と「PCIe」接続の2種類が存在しています。

PCIe接続は、NVMeと呼ばれる通信プロトコルを用いているのが特徴。理論上、最大4000MB/sと高速に通信できるのがメリットです。転送速度をより重視してSSDを利用したい方は、「PCIe」接続を採用したM.2 SDDをチェックしてみてください。

なお、M.2 SSDを使用する場合、使用しているマザーボードが対応していないと使えないこともあるため注意しておきましょう。

HDD:回転数で選ぶ

HDDは、内部に搭載されたプラッタという磁性体ディスクが回転することでデータの読み書きを実行します。回転数の単位はrpm。これは1分間にHDD内のプラッタがどれだけ回転するかを示します。プラッタの回転数が多いほど、短時間で大量のデータ処理が可能です。

SSDと比較すると、HDDは絶対的なデータ処理速度では敵いませんが、回転数の多いモノを選ぶことでSSDの処理速度に近づけられます。安価で高性能なパソコン環境を用意したい場合は、回転数の多いHDDをチェックしてみてください。

HDD:故障率で選ぶ

HDDはメーカーによって故障率が異なり、クラウドストレージを運営しているオンラインバックアップサービスでは、社内で利用しているHDDの故障率を公開しているメーカーもあります。

例えば、シーゲートの特定モデルでは年間の故障率が約3%、ウェスタンデジタルでは約4%。一方、ウェスタンデジタル傘下のHGSTではほとんどのモデルで故障率が1%未満という好成績をマークしています。

HDDは精密機器なので、特定メーカーのモノが壊れやすいと一概には言い切れません。しかし、心配であればできるかぎり故障率の低いメーカーのHDDを選ぶのがおすすめです。

SSDのおすすめモデル

クルーシャル(Crucial) Crucial P1 1TB 3D NAND NVMe PCIe M.2 SSD CT1000P1SSD8

高性能なPCを作り上げたい方におすすめの、M.2 SSD。接続方式には、PCIe接続を採用。読み込み速度は最大2000MB/s、書き込み速度は最大1700MB/sと非常に高速です。アプリの起動や録画番組の転送などを、瞬時に行えます。

また、容量は1TBで、お気に入りの動画や音楽を気兼ねなく保存できるのもポイント。高品質なSSDを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ウェスタンデジタル(Western Digital) WD Blue 3D NAND SATA SSD WDS100T2B0B

インターフェースにSATA 3を採用したM.2 SSDです。読み込み速度は最大560MB/s、書き込み速度は最大530MB/s。ゲームデータの読み込みや保存を快適に行えるおすすめのモデルです。

また、平均故障時間を表す「MTTF」は、175万時間と長いのもポイント。複数のエラー訂正テクノロジーが作動し、長期間のデータ保存が可能です。さらに、「Acronis True Image WD Editionソフトウェア」をダウンロードすれば、バックアップを手軽に行えるので便利。優れたパフォーマンスを発揮するおすすめのSSDです。

サムスン(Samsung) 860 QVO MZ-77Q1T0B

メタリックなデザインを採用した、容量1TBのSSDです。読み込み速度は最大560MB/s、書き込み速度は最大530MB/sと良好。容量の大きい動画データやゲームデータなどの保存を素早く行えます。

搭載している「Intelligent TurboWrite」を使用すれば、通常よりもさらに高速な書き込みを実現可能。また、ドライブの管理は、「Samsung Magician」のソフトウェア上でスムーズに行えます。状態を監視しながら、常に最新の状態を維持できるのも魅力。読み書きスピードと容量の両方を重視したい方におすすめの製品です。

クルーシャル(Crucial) Crucial MX500 500GB 3D NAND SATA 2.5″ 7mm (with 9.5mm adapter) Internal SSD CT500MX500SSD1

PCの立ち上げや読み書きを高速に行える、容量500GBのSSDです。本製品は「Dynamic Write Accelerationテクノロジー」を採用。SLCと呼ばれる高機能な格納方式を用いているので、大容量データの送信を瞬時に行えます。

コンポーネントには、次世代型の「Micron 3D NAND」を採用。高効率な設計で作られているため、電力を最大限に抑えながら高いパフォーマンスを発揮できます。インターフェースは、SATA 3に対応。コスパに優れたおすすめのSSDです。

シリコンパワー(Silicon-Power) Ace A55 SP256GBSS3A55S25

高スペックながら比較的安い価格で購入できる、容量256GBのSSDです。インタフェースには、SATA 3を採用。わずか数秒の間でパソコンを起動させられるほどの、高速な処理を行えます。

換装は、バックアップの取得後にストレージを取り外し、新しく本体を取り付けるだけで完了。非常にシンプルな手順なので、初心者でも安心して装着できるのが魅力です。

さらに、データ転送の高い信頼性を有する「ECC」技術や、S.M.A.R.T.監視システムを実装しているのもポイント。安全面に配慮したい方にもおすすめの製品です。

SSDのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

SSDのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

HDDのおすすめモデル

シーゲート(SEAGATE) BarraCuda ST4000DM004

デスクトップPC用として使いやすいHDDです。容量は4TBで、回転数は5400rpm。高度電力モードを使用すれば、高いパフォーマンスを維持しながら消費電力を抑えられます。

また、「Multi-Tier Caching Technology」を搭載しているのもポイント。データフローが最適化されているので、読み書きを素早く行えます。

さらに、事故や故障時でもデータを復旧できる「RESCUEデータ・リカバリ・プラン」に対応。別途で登録すれば、もしものときに備えられられます。写真や音楽、ゲームなどをたくさん保存できるおすすめのHDDです。

エイチ・ジー・エス・ティー(HGST) Ultrastar 7K3000 HUA723020ALA641

7200rpmの回転数を誇る、容量2TBのHDDです。たくさんのデータを転送したいときでも、待ち時間が少なく快適。高い処理速度でサクサクとパソコンを動かせすことが可能です。

また、インターフェースにはSATA 3を採用しています。さらに、平均故障時間を表す「MTBF」は、200万時間と高耐久なのもポイント。できるだけ長く使い続けたい方におすすめの製品です。

ウェスタンデジタル(Western Digital) Western Digital WD Blue 3.5 インチ PC 用ハードディスクドライブ

デスクトップPCのストレージ増設用として使いやすい、容量1TBのHDDです。先端技術の「シーキングアルゴリズム」や、高機能な電力管理機能を搭載。消費電力を最小限に抑えながら、高いパフォーマンスを発揮できるのが魅力です。また、インターフェースはSATA 3に対応しています。

さらに、「Acronis True Image WD Edition」のソフトウェアを使用可能。大事なデータのバックアップなどを簡単に行えます。なお、本製品は1〜6TBまで幅広くラインナップされているのでチェックしてみてください。

HDDのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

HDDのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。