MacBookをはじめ最近のパソコンで見かけることが多くなったSSD。ひと昔前まで主流だったHDDと比較してハイスペックであることが特徴です。しかし、容量当たりの価格が高価であるため、コストパフォーマンスを考えるとHDDも未だ根強い人気があります。

そこで今回は、SSDとHDDを比較しつつ違いや選び方を徹底的に解説。その上でおすすめのSSDとHDDをご紹介します。

SSD/HDDとは?

SSDとHDDは、どちらも記録媒体と呼ばれるものの一種でパソコンの内蔵ストレージとして広く採用されています。パソコンで作成した文書や画像などのデータは、ストレージ内にある記録媒体へ保存される仕組みです。

SSDやHDDなどの記録媒体は、パソコンにおけるデータの長期保存に不可欠なパーツ。そして、容量が増えるほどより多くのデータを保存できます。

SSDとHDDの違い

SSDの特徴

SSDはSolid State Drive(ソリッドステートドライブ)の略で、USBメモリなどと同様にメモリーチップを内蔵した記録媒体を指します。HDDと違って内部で機械的に駆動する部分がないためサイズが小さく軽いのが特徴。

HDDは内蔵ディスクを回転させてデータの読み書きを行いますが、SSDは、メモリーチップでデータの読み書きを行うため処理速度が早く、ソフトの起動時間もHDDと比較して約30%も短縮できます。

また構造上、耐衝撃に優れているのも特徴。よほど強い衝撃でなければデータの保存中でもドライブが破損する心配はありません。しかし、HDDに比べ容量当たりの価格が高いことと故障時のデータ復旧が難しいため、用途と予算に合わせて選びましょう。

SSDがおすすめの人

SSDはHDDと比較してソフトの起動や作業時におけるデータの読み書きを高速で行えます。そのため、画像編集や動画制作などでデータを保存をストレスなくスムーズに行いたい方におすすめです。

また、SSDはHDDと違って機械駆動部分をもたず、データの読み書き時に駆動音が発生しません。消費電力をカットすることで発熱も抑えられているので、動画視聴や書類作成などの作業でも静かな環境で快適に使用できます。

耐衝撃にも優れたSSDは、大事なデータをしっかりと保管したい方におすすめです。

HDDの特徴

HDDはHard Disk Drive(ハードディスクドライブ)の略で、プラッタと呼ばれる磁性体ディスクを内部に搭載した記録媒体のことです。構造的にはCDやDVDと似ており、データを保存する際はこのプラッタに磁気ヘッドを使って書き込み、データを読み込む際も同様に磁気ヘッドでプラッタ上から読み込みます。

HDDはSSDと比較して容量当たりの価格が安いのが特徴。高価なメモリーチップが内部に使われていないため、同じ容量でもSSDの約半額で入手可能です。

しかしHDDは、データの読み書き時に衝撃を加えると、内部の磁気ヘッドに大きな力が加わってプラッタを傷付けてしまい、データが破損してしまう場合があります。また、構造上消費電力が多く、高負荷時に発熱が起こりやすいのが難点です。

HDDがおすすめな人

HDDは容量当たりの価格がSSDと比較しても安いため、2TBや4TBを超える大容量のものを安価に入手できます。そのため、写真や動画などを大量に保存したい方にはHDDがおすすめです。SSDよりも内蔵ストレージの容量に対して余裕がもてるので、消費容量をほとんど気にすることなく写真や動画の保存ができます。

また、内蔵ストレージの価格を抑えたい方にもHDDはおすすめです。処理速度ではSSDに敵いませんが、同じ容量でもコストを半分以下にできるので、パソコン環境を安価に入手できます。

SSDとHDDの選び方

SSD & HDD:容量で選ぶ

容量は内蔵ストレージにどれだけ多くのデータが保存できるかを示し、容量が多いほどたくさんのデータを保存できます。

256GBを例にすると、1800万画素の写真が約3万8000枚、フルHD画質の動画が約40時間、MP3形式の音楽は約6万4000曲保存可能。これを基準に考えると、よほど頻繁に動画を撮影・編集する方でないかぎりは、512GBや1TBの容量を超える大容量のSSDやHDDは必要ありません。

最近では外付けタイプの大容量ストレージもあるため、容量の少ないSSDをパソコンに搭載して、容量が少なくなってきたら外付けストレージと併用することもできます。

ただし、趣味で動画配信をしたり仕事で映像制作をしたりする場合は、最低でも512GB以上、可能であれば1TB以上の内蔵ストレージを確保しておくと安心です。

HDD:回転数で選ぶ

HDDは内部に搭載されたプラッタという磁性体ディスクが回転することでデータの読み書きを実行します。このときプラッタの回転数が多いほど、短時間で大量のデータ処理が可能です。回転数はrpmという単位で表示され、これは1分間にHDD内のプラッタがどれだけ回転するかを示します。

SSDと比較すると、HDDは絶対的なデータ処理速度ではどうやっても敵いません。しかし、回転数の多いものを選べば、SSDの処理速度に近付けることができます。安価で高性能なパソコン環境を用意したい場合は、回転数の多いHDDを選びましょう。

HDD:故障率で選ぶ

HDDはメーカーによって故障率が異なり、クラウドストレージを運営しているオンラインバックアップサービスでは、社内で利用しているHDDの故障率を公開しているメーカーもあります。

例えば、シーゲートの特定モデルでは年間の故障率が約3%、ウェスタンデジタルでは約4%。一方、ウェスタンデジタル傘下のHGSTではほとんどのモデルで故障率が1%未満という好成績をマークしています。

HDDは精密機器なので特定メーカーのものが壊れやすいと一概には言い切れません。しかし、心配であればできるかぎり故障率の低いメーカーのHDDを選びましょう。

おすすめのSSD

ウェスタンデジタル(Western Digital) 内蔵SSD WD Blue 3D 250GB WDS250G2B0A

容量250GBを備えるコストパフォーマンスに優れたSSD。米国のウェスタンデジタルは、内蔵型HDDを取り扱う世界最大規模のメーカーです。傘下のサンディスクと資本提携している東芝製のNAND型フラッシュメモリを採用し、2016年から内蔵型SSDの発売を開始しました。

本製品は東芝の新型3D NANDが搭載されており、旧モデルと比較して最大25%の消費電力低減に成功。ゲームやクリエイティブソフトでの作業にも十分対応できる転送速度を実現します。

付属の「WD SSDダッシュボード」を使用すれば、ドライブの利用可能な容量や温度範囲などの監視が可能。また5年間の製品保証も付いているため、長く使用したい方におすすめです。

クルーシャル(Crucial) 内蔵SSD MX500 500GB CT500MX500SSD1/JP

本製品は、機能性の高いSSDです。クルーシャルは、内蔵型ストレージ業界でサンディスクに並ぶ実績をもつ米国メーカー「マイクロン社」の1ブランド。自社製の3D NANDを搭載したことで、大容量の2TBモデルと同じ速度でストレスなく快適に使えます。

また、消費電力が100mWと少ないことも特徴。統合型電力損失耐性もあり、作業内容はすべて保存されるので、停電時もデータ紛失の恐れがありません。

「CrucialSSDインストールガイド」が付属するので、SSDの取り付けが初めての方でも安心。同じく付属の「Crucial Storage Executive」を使えば、SSDのステータス管理やパフォーマンス改善も簡単に行えるため、機能性の高い製品です。

サンディスク(SanDisk) 内蔵SSD Ultra 3D 1TB SDSSDH3-1T00-J25

本製品は、ハイスペックで耐久性の高いSSDです。サンディスクはウェスタンデジタルの傘下ですが、SSDに関して高い技術をもち、トップクラスの性能と信頼があることで有名。

最大転送速度が読出し時560MB/s、書込み時530MB/sあるので、ソフトの起動速度や保存時の書き込み速度に期待できます。加えて、NCASHE2.0技術により書込み時の待ち時間が少なく、動画などのデータ量が大きいファイルの保存も快適です。

付属ソフトウェアの「SSDダッシュボード」を使えば簡単にセットアップができ、残り容量やドライブの異常などを確認することが可能。5年間限定の保証も付いているため、初めてSSDを使う方や長くSSDを使いたい方におすすめです。

SSDのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

SSDのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

おすすめのHDD

ウェスタンデジタル(Western Digital) 内蔵HDD WD Blue WD40EZRZ-RT2

4TBの大容量を備えたHDD。1万円未満で購入できる安さが魅力です。Blueシリーズはウェスタンデジタルのスタンダードモデルに位置し、24時間連続で稼働しないデスクトップパソコンにおすすめ。

耐久性の面で24時間を超える連続稼働には向かず、作業終了後は電源をしっかり落とす必要があります。回転数は5400rpmとデータの処理性能は標準的ですが、安価で入手できるのが特徴。写真や動画の保存用に大容量のストレージが欲しい方や増設したい方などに最適です。

2年間の製品保証が付いてるほか、購入者は「Acronis True Image WD Edition」ソフトウェアのダウンロードが可能。ドライブを複製することで、OSやアプリ、設定などパソコン内の全データを簡単にバックアップできるため、データ紛失のリスクを最小限に抑えたい方におすすめです。

東芝(TOSHIBA) 内蔵HDD 4TB MD04ACA400

本製品は、東芝の高性能なHDD。安心と信頼の高いブランドで耐久性に優れた製品が特徴です。

HDDの回転数は7200rpmと高速なので、読み書きが早くSSDの処理速度に最も近い製品とされています。動画・画像データのような大きいファイルもストレスなく読み書きが可能。HDDでSSD並みのスペックを求めている方におすすめです。

エイチ・ジー・エス・ティー(HGST) 内蔵HDD Deskstar NAS 4TB 0S04005

高い性能と耐久性を備えたHDD。HGSTはサンディスク同様ウェスタンデジタル傘下のブランドですが、日立GSTとIBMの技術ノウハウを引き継いでいます。

回転数は7200rpmと高速です。さらに、振動の方向と強度を検出する2機のRVセンサーを搭載しており、性能の低下やトラブルを未然に防ぐことで安定したデータの読み書きが可能。

また、HGSTのHDDは故障率が低いことでも知られていますが、24時間365日の連続稼働にも対応しているため、デスクトップパソコンだけではなくNAS(ネットワークストレージ)用のHDDにもおすすめです。

HDDのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

HDDのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。