以前までパソコンの記憶媒体は、安価で大容量なHDDが主流でした。しかし、近年はHDDよりも読み込み速度が速いSSDと呼ばれる新しい記憶媒体が注目されています。

そこで今回は、SSDとHDDの違いを比較しつつ、おすすめのSSDとHDDをご紹介。それぞれの特徴や選び方なども解説します。

SSDとHDDの違い

SSDとは「ソリッドステートドライブ」の略、HDDは「ハードディスクドライブ」の略です。SSDとHDDはともにデータを保存する記憶媒体。しかし、両者はデータの記憶方法が異なります。

SSDの特徴

By: amazon.co.jp

SSDは磁気ヘッドの回転がないため、パソコンの起動時なども駆動音が発生しにくいのが特長。また、HDDのような磁気ディスクや磁気ヘッドの物理的な移動がないため、処理速度が速いのもメリットです。しかし、HDDとは違って駆動音がしないため、故障が発見しにくい点には留意しておきましょう。さらに、SSDはHDDと比較すると一度消失したデータの復旧が難しいのも要注意です。

加えて、SSDは衝撃に強いというメリットがあります。HDDの場合、読み書き中に衝撃を与えてしまうと磁気ディスクを傷つけてしまい、故障の原因になります。また、故障のタイミングは使用時に限ったことではないので、異変を感じた場合は素早く対応しましょう。

SSDがおすすめな人

By: amazon.co.jp

SSDはOSインストール用にしてパソコンの起動を早くする場合や、普段の作業を高速に行いたい方におすすめ。SSDはHDDと比較すると高価ですが、普段使いはSSDにして大容量のデータの保存はHDDやクラウドストレージを用意すると、SSDの弱点を補えます。

メリットも非常に多いSSDですが、もっとも注意すべきは故障への対策。SSDを適切に使うためには、常に大事なデータを別の記憶媒体やクラウドストレージにバックアップしておくのがおすすめです。

HDDの特徴

By: amazon.co.jp

HDDは内部で磁気ディスクが回転しており、磁気ヘッドで特定の場所にアクセスすることによってデータの読み書きを行う仕組みです。HDDの使用時には磁気ディスクの適切な場所にアクセスしなければならないので、データの読み書きに時間がかかります。また、磁気ディスクを回転させる方式のため駆動音が発生し、熱がこもれば冷却ファンが作動するのでPCから大きな音が発生するのがデメリットです。

さらに、HDDの調子が悪くなったときは駆動音が異音に変わることも多いため、故障や不調に気が付きやすいのはポイント。万が一、データが飛んでしまっても、HDDはSSDよりもデータの復旧率が高いです。

HDDがおすすめな人

By: amazon.co.jp

とにかく大容量のデータを保存したい人にはHDDがおすすめ。4K画像・動画が普及するにつれて、保存に必要とする容量も増え続けています。普段使用しているデータのバックアップ媒体としても、安価で大容量なHDDが最適です。

SSDとHDDの選び方

SSD&HDD:容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

SSD・HDDともに保存容量は非常に重要なポイントです。ただし、データが大きければ大きいほどよいというわけではありません。

例えばHDDの場合、2TBの容量をひとつだけ使用していた場合、突然HDDが故障したらデータが飛んでしまいます。そこで1TBのHDDをパソコンに2台搭載し、片方はバックアップ用として活用する方が得策です。

また、SSDに全てのデータを詰め込もうとすると大容量のSSDが必要となり、価格も高くなります。そこで、SSDはOSの起動用および頻繁に使用するデータを保存する用として割り切り、その他のデータは別のHDDやクラウドストレージに保存するのがおすすめ。SSD自体は小さな容量でも問題なく使用できます。

HDD:回転数で選ぶ

By: amazon.co.jp

HDDを購入するなら、磁気ディスクの回転数も重要です。HDDの回転数は「5400rpm」や「7200rpm」のように表記されています。これは、1分間に何回転するかを表す数字で、回転数が多いほどデータの読み書きが高速であるという意味です。SSDを購入するほどではないが、頻繁にデータを読み書きする必要があるなら、回転数が多いHDDを選んでください。

HDD:故障率で選ぶ

By: amazon.co.jp

HDDはメーカーによって故障率が大きく異なります。大量のHDDでサービスを運用している大手クラウドストレージサービスでは、故障率を公開している場合があるのでチェックしてみましょう。

多くのメーカーのなかでも故障率が低いといわれているのが「HGST」です。故障が心配であれば、多少価格が高くなっても安心できるメーカーを選択するのもアリでしょう。

SSDのおすすめ5選

SKハイニックス(SK hynix) HFS250G32TND-N1A2A

価格が1万円程度のSSD。250GBの容量があるので、OSをインストールするだけでなく、普段使いとしても十分な容量があります。

書き込みの最大速度は560MB/秒、読み込みの最大速度は490MB/秒。価格に比してスペックも十分なコスパ良好のモデルです。

ウェスタンデジタル(Western Digital) WDS120G1G0A

価格が6000円程度とリーズナブルな容量120GBのSSD。消費電力が低いモデルのため、ノートパソコンに搭載しても長時間の稼働が可能です。

本製品の最大の特長は、無料でダウンロードできる「WD SSDダッシュボード」というソフトウェアを使用することで、「利用可能な容量」「ドライブの温度」などさまざまなデータが確認できる点。3年間のメーカー保証もうれしいポイントです。

クルーシャル(Crucial) CT525MX300SSD1/JP

価格が1万円台後半のSSD。容量は525GBと十分で、耐久性の高さが特長です。HDDの平均的な消費電力6.8Wに対して、本製品は0.075Wの消費電力しかないので、ノートパソコンのバッテリーが長持ちします。

適応型熱保護テクノロジーを採用しているのもポイント。過熱による破損のリスクを抑えた、信頼性の高いモデルです。

サンディスク(SanDisk) SDSSDHII-960G-J26

1TBに迫る960GBの大容量が魅力のSSD。製品の信頼性を表す平均故障間隔が175万時間という、耐久性の高さが特長です。メーカーによる3年保証がついているのもうれしいポイント。現在使用しているSSDの買い替えを検討している方に最適な1台です。

シーエフデー(CFD) CSSD-S6T512NHG6Z

高性能なSSD。標準的なSSDはTLCという通信方式を採用していますが、本製品は読み書きが速い東芝製のMLCを採用したモデルです。2.5と3.5インチを変換するマウンターが付属しているので、さまざまなパソコンに搭載することが可能なのも魅力。「SSD Turbo Boost」というディスク高速化ソフトもついているので、より快適にSSDを使用したい方におすすめの1台です。

HDDのおすすめ5選

シーゲート(SEAGATE) ST4000DM004

4TBの大容量で価格が1万円程度というハイコスパなHDD。写真や動画の保存からゲームまで、ありとあらゆる用途に使えます。回転数は5400rpmとやや控えめなので、動作速度よりも動作音を気にする方におすすめです。

ウェスタンデジタル(Western Digital) WD10EZRZ-RT

価格が6000円程度とリーズナブルなHDD。1TBの保存容量があるので、バックアップ用としても十分です。回転数は5400rpmと抑えめなので、頻繁に利用するよりも容量の追加に最適です。

エイチ・ジー・エス・ティー(HGST) Deskstar 0S04005

信頼性の高いHGST製のHDD。デスクトップNAS向けに作られた耐久性の高いモデルです。容量1TB・回転数は7200rpmなので、保存用だけではなく頻繁にデータをやり取りする方にもおすすめ。メーカー保証も3年ついています。

エイチ・ジー・エス・ティー(HGST) 0S04005-4

バックアップ用のNASを構築したいのであれば本製品がおすすめ。4TBの高耐久HDDが4台セットになっているモデルです。

平均故障間隔は100万時間と耐久性の高さが魅力。また、RVSと呼ばれる回転振動センサーを2つ使用することによって、外部振動の影響を最小限に抑えています。

東芝(TOSHIBA) MD05ACA800

8TBの大容量HDD。価格は2万円台中盤と容量の割にリーズナブルなハイコスパモデルです。なお、回転数は7200rpm。高速にデータの読み書きを行えるのもポイントです。