クライミング・ボルダリングシューズは、岩山やボルダリング壁を登るために必要なアイテム。アウトソールにラバー素材を多く使用し、クライミングやボルダリングでのフットワークをサポートします。

ただしモデルによって、フィット感・ソールの形状・硬さなど、多くの要素で違いがあるので、どれを選べばよいのか分からない方も多いはずです。そこで今回は、おすすめのクライミング・ボルダリングシューズと選び方についてご紹介します。

クライミング・ボルダリングシューズの特徴

By: amazon.co.jp

クライミング・ボルダリングシューズは、壁を登るために設計されたシューズを指します。本体の6~7割程度がラバー素材でできており、ラバー素材のフリクション(摩擦)により、登りを補助する仕組みです。

また、クライミング・ボルダリングシューズでは、ホールド(足場)をしっかりと捉えられるように、足とシューズのフィット感に重点をおいて設計されています。フィット感が乏しいと、シューズ内で遊びができてしまい、力が逃げてしまうので注意が必要です。

クライミング・ボルダリングシューズの選び方

固定方法の種類をチェック

着脱が簡単で初心者におすすめの面ファスナータイプ

By: rakuten.co.jp

面ファスナータイプは、「ベルクロ」とも呼ばれ、名前の通り面ファスナーでシューズを固定するタイプです。面ファスナーの締め具合を調節することで、フィット感を自在に変えられるほか、着脱を簡単に行えるのがメリット。また、トゥやサイドなどを使ったクライミングがしやすいのもポイントです。

しかし、面ファスナーを留められる箇所は1~3箇所程度で、シューレースタイプに比べるとフィット感の細かな調節はあまりできません。面ファスナーが傷んだとき、簡単に交換できないのもデメリットとして挙げられます。

足との一体感が高いシューレースタイプ

By: amazon.co.jp

シューレースタイプは、靴紐でシューズを固定するタイプ。靴紐を締めたり緩めたりすることで、足との一体感を自在に調節できるのがポイントです。

足の甲が低い方だと、ほかのタイプのシューズを履いたときに、足の甲にスペースが生まれてしまいますが、シューレースタイプならしっかりと締めることが可能で、よりフィット感を高められます。

一方で、使用中に靴紐がほどけてしまう場合がある点に注意が必要です。また、靴紐が邪魔になり、ホールドにつま先から足の甲を引っかける「トゥフック」がしにくくなる場合もあります。

軽量なスリッパタイプ

By: amazon.co.jp

スリッパタイプは、面ファスナーや靴紐がなく、ゴムで固定するタイプです。足の甲の部分に面ファスナーや靴紐を搭載していない分、足馴染みがよくて軽量なほか、トゥフックがしやすいメリットがあります。スリッパタイプに慣れると、着脱が簡単に行えるのもポイントです。

ただし一度ゴムが伸びてしまうと、サイズ調節が効きにくくなる点に注意しましょう。また、ほかのタイプに比べて、かかとをホールドに引っかける「ヒールフック」を行った際に、シューズが脱げやすい特徴もあります。

ソールの種類をチェック

フラット型

By: amazon.co.jp

クライミング・ボルダリングシューズは、ソールの形状の違いでも種類が分かれます。フラット型は、ソールが平らで癖がなく、初心者でも履きやすいタイプです。

クライミング・ボルダリングでは、ソールがホールドに接地する面積が広いほど、足が滑りにくい特徴があります。フラット型のソールは、接地面積が広く取りやすいので、滑りを抑えたい方におすすめです。

ダウントゥ型

By: amazon.co.jp

ダウントゥ型は、つま先部が下に向いているタイプ。シューズを横から見ると、カーブを描いたような形状です。ダウントゥ型は傾斜での足残りが良好。小さいホールドに対しても、乗り込みやすく設計されています。

ダウントゥのカーブが浅いほど、緩い傾斜であるスラブに適した設計です。クライミング・ボルダリングに慣れてきた方は、用途に応じてストレート型だけでなく、ダウントゥ型のモデルも検討してみてください。

ソールの硬さをチェック

By: lostarrow.co.jp

クライミング・ボルダリングシューズは、ソールの硬さによって特徴が異なるものです。ソールに厚みがあるほど硬くなる傾向にあるので、硬さが分からないときは、各製品の厚みも参考にしてみてください。

硬いソールは剛性があり、小さいホールドでも立ちこみやすいのがメリットです。ただし、体重の軽い方だと、ホールドに密着しにくく、足が滑ってしまうことがあるほか、足裏感覚がないので、初心者には適していません。

柔らかいソールは、接地する足場によってある程度形が変わるため、丸みのあるホールドでも密着しやすく、大きな摩擦が得られます。また、足裏感覚に近い性能で、ホールドの摩擦を感じやすいため、初心者におすすめ。一方で、小さいホールドには立ちこみにくい点はデメリットです。

つま先の形状をチェック

ストレートタイプ

By: amazon.co.jp

クライミング・ボルダリングシューズは、つま先の向きにも違いがあります。ストレートタイプは、かかとからつま先までがストレート形状のタイプです。

さまざまな登り方に対応できるほか、癖がないので、初心者でも使いやすい特徴があります。汎用性が高いため、シューズ選びに悩む方は、ストレートタイプを選ぶのがおすすめです。

ターンインタイプ

By: amazon.co.jp

ターンインタイプは、シューズのつま先形状が親指側に傾いたタイプです。ストレートタイプに比べてインサイドエッジ(親指側のエッジ)が使いやすくなる一方で、アウトサイドエッジ(小指側のエッジ)が使いにくくなる特徴があります。

ターンインタイプは、パワーポイント(指に最も力の入りやすい箇所)が親指側にくるような設計です。そのため、インサイドエッジを多く使うクライミング・ボルダリングでの使用に適しています。

自分に合ったサイズをチェック

By: caravan-web.com

クライミング・ボルダリングシューズは、自身の足幅や甲高に合うモデルをチェックしましょう。また、シューズを履いたときにつま先が少し曲がる程度のモノを目安に検討してみてください。

一般的なシューズは、実際の足の大きさよりも、やや大きめのサイズを選ぶものです。一方で、クライミング・ボルダリングシューズは、使い込むうちに伸びてしまうことも考慮する必要があるほか、足に力を入れやすいように、つま先を少し曲げた状態で履くように設計されています。

しかし、初心者でジャストサイズのシューズを履くのに慣れていない方は、足がズレない程度にぴったりのサイズを選ぶのもひとつの方法です。

価格をチェック

クライミング・ボルダリングシューズは、安いモデルで1万円程度、高いモデルだと3万円程度とモノによって大きく値段が異なるものです。また、一般的なシューズに比べて、ソールの種類やつま先の形状などに違いがあるため、自身の足型や用途に合ったモデルを選ぶのが難しい傾向にあります。

そのため、初めてクライミング・ボルダリングシューズを導入する方は、リーズナブルなモデルを検討するのがおすすめ。使用するうちに、どのような機能が適しているのかが分かってくるので、上達に合わせて理想のモデルを検討してみてください。

クライミング・ボルダリングシューズのおすすめメーカー

スポルティバ(LA SPORTIVA)

By: amazon.co.jp

スポルティバは、北イタリアのヴァル・ディ・フィエンメで創業されたクライミング・ボルダリングシューズブランドです。自社工場は、自然に囲まれた環境に位置しており、廃棄物のリサイクル・ソーラー発電・CO2の廃棄濾過・100%再生可能エネルギーの使用など、環境に配慮した製造を行っています。

スポルティバのクライミング・ボルダリングシューズは、男性用・女性用問わずラインナップが豊富です。リーズナブルなモデルも取り揃えているほか、ソールの種類やつま先の形状も細かく分類されているので、初心者から上級者まで、幅広い方に人気があります。

スカルパ(SCARPA)

By: rakuten.co.jp

スカルパは、イタリア北部のアゾロ村で創業されたクライミング・ボルダリングシューズのメーカーです。スカルパの名前は、イタリア語で「靴」を意味しており、トレッキング・山岳スキー向けなどの幅広い靴を取り扱っています。

スカルパのクライミング・ボルダリングシューズは、美しいデザインと耐久性のよさが魅力です。ほとんどのモデルの定価が1万円台のため、導入しやすいのもポイント。固定方法がシューレースおよび面ファスナータイプのモデルを多く展開しています。

クライミング・ボルダリングシューズのおすすめ

スポルティバ(LA SPORTIVA) スクワマ 10S

ヒールフックを重視する方におすすめのクライミング・ボルダリングシューズです。スポルティバの新しいテクノロジー「Sヒール」を搭載。インサイドのブリッジがヒールフックの際に横方向の逃げを軽減し、ホールドを捉えやすく設計しています。

面ファスナー式の固定のため、シューズの着脱も簡単。ソールの種類はダウントゥ型で傾斜での足残りも良好です。ソールは「VIBRAM XS GRIP2」を採用。耐久性・粘着性に優れ、足裏感覚でクライミングを楽しめるのもポイントです。

スポルティバ(LA SPORTIVA) コブラ 20N

デザインがシンプルかつ、フィット感も良好なクライミング・ボルダリングシューズです。足の甲にあるコブラのマークがおしゃれなのもポイント。アッパーレザーは色落ちがしにくく、長期間使いたい方にぴったりです。

ソール形状はダウントゥ型で、傾斜のクライミングに適しています。スリッパタイプのモデルでパーツが少ないため、約210gと軽量。足馴染みもよく、快適にクライミング・ボルダリングを楽しめます。つま先形状はターンインタイプで、親指側のエッジが使いやすい設計です。

グリップは「VIBRAM XS GRIP2」を採用。柔らかめで、足裏感覚を重視したい方におすすめです。耐久性と粘着性にも優れ、ホールドを簡単に捉えられます。

スポルティバ(LA SPORTIVA) タランチュラ 10C

癖の少ないスペックで使いやすく、初心者の技術向上におすすめのクライミング・ボルダリングシューズ。製品名のように、蜘蛛の巣をイメージしたアッパーと面ファスナーのデザインがおしゃれなモデルです。面ファスナーは2箇所留めで微調節が効きやすく、サポート性を向上しています。

ソールは「FriXion RS」を採用。耐久性に優れ、使用頻度の高い方でも長期間使えます。ソールの種類はフラット型で、足裏の設置面積が広く取りやすい設計。つま先の形状はストレートでさまざまな方に扱いやすい製品です。

スポルティバ(LA SPORTIVA) セオリー 20W

グリップ性と足裏感覚にこだわったインドア向けのモデル。動物の持つしなやかで力強い足をお手本に作られたシューズです。ダウントゥ型で傾斜の足残りが良好。アーチ形状はヘタりにくく作られています。つま先はターンインタイプで、内側の指が踏ん張りやすい設計です。

アウトソールは「D-TECH」を採用。エッジレス加工されたアウトソールが、アッパーの両サイドを包み込むことで、コーディネーション課題に対する安定感を向上しています。足裏全体も柔らかく、さまざまなホールド形状に対応できるのも嬉しいポイント。ヒールカップは細身で、ヒールフックがかけやすいのもメリットです。

スポルティバ(LA SPORTIVA) ミウラ 20J

初級者から上級者まで対応した、オールラウンド向けのクライミング・ボルダリングシューズです。使用者の足型を選ばず使用可能。アッパーにスエードレザーを採用し、長く使うほど足に馴染むモデルです。

固定方法はシューレースタイプで、フィット感の微調整に対応します。ソールの種類はダウントゥ型の採用により、小さなホールドやヒールフックに対して高い精度を実現。ライニングはややソフトな設計で、足入れ感を向上しています。

ソールは「VIBRAM XS EDGE」を使用。やや硬めのゴムで、ホールドに強い荷重をかけてもソールが負けにくいため、高い安定感が得やすくなります。インドアだけでなく、スラブや花崗岩にも対応したい方におすすめです。

スカルパ(SCARPA) オリジン SC20202002370

価格が安く、初めてのインドアクライミングにおすすめのモデル。価格がリーズナブルで、クライミング・ボルダリングシューズのなかでは導入しやすい製品です。アッパーはレザー素材を採用し、履きこむほど足に馴染みます。

固定方法は面ファスナータイプで、着脱とフィット感の調節が簡単。ソールはフラット型かつストレートタイプの形状で、癖がなく使えます。シンプルなデザインかつ、ライトグレーのカラーリングで、さまざまなウェアと合わせやすいのもポイントです。

スカルパ(SCARPA) ドラゴ SC20190001340

ダウントゥ型で長いオーバーハングや傾斜の強い登りにおすすめのクライミング・ボルダリングシューズ。固定の面ファスナーを1箇所のみ搭載し、つま先のラバー面積を広くすることで、ヒールカップの剛性をより向上したモデルです。

つま先形状はターンインタイプで、インサイドエッジに力を入れやすい設計。205gと軽量なのも嬉しいポイントです。履きやすさも良好で、快適にクライミング・ボルダリングを楽しめます。

スカルパ(SCARPA) インスティンクトVS SC20140001340

一般的なモデルに比べて繊細さと柔軟性を向上したクライミング・ボルダリングシューズです。アウトソールを前後に分割し、アーチ部のソールをなくした設計。足の動きに追随しやすく、思い通りの動きを実現します。

つま先にはソフトラバー製パッチを施し、トゥフックで高い効果を発揮。しっかりとしたヒールカップも搭載し、ヒールフックの際に高い安定感が得られます。ダウントゥ型で傾斜の足残りも良好です。

固定方法は面ファスナータイプを採用。1箇所留めで足の動きを阻害しません。オールラウンドモデルのため、ジムから岩場まで用途を問わず、幅広いシーンで活躍します。

スカルパ(SCARPA) キメラ ブラック SC20200002340

シューレースタイプ特有の均一なフィット感に加えて、立ちこみ力を追加したクライミング・ボルダリングシューズです。本製品はスピードレース機構を搭載し、靴紐の締め具合を素早く調節できるモデル。シューズのフィット感を高めたい方や、シューレースタイプを素早く着脱したい方におすすめです。

足型は若干ワイドな設計。トゥラバーの性能もよく、足入れと柔軟性を向上しています。ソールは「ビブラムXSグリップ2」を採用。柔らかめのソールで、繊細な足裏感覚を求める方におすすめです。

スカルパ(SCARPA) ベローチェ SC20230001360

クライミング・ボルダリングを快適に楽しみたい方におすすめのモデル。本製品はトゥボックスに若干のゆとりを設けることで、足の圧迫感を軽減しています。痛みが軽減されるので、長時間のクライミングにもぴったり。重量は約195gと軽量なのもポイントです。

ソールの厚みは4mmと硬めの設計。極小のホールドでも立ちこみやすいのが特徴。つま先形状はストレートで癖がなく、使い勝手も良好です。固定方法は面ファスナーで、着脱が簡単に行えます。

イボルブ(EVOLV) デファイ

オールラウンドに使える初心者におすすめのクライミング・ボルダリングシューズ。本製品は、足入れや履き心地が良好で、エッジングや足裏感覚にも優れたモデルです。ソール形状はフラット型で、ホールドとの接地面積を広く取りやすい特徴があります。

面ファスナーでの固定のため、着脱が簡単なほか、足のフィット感も調節がしやすい設計です。抗菌性のインナー・フッドベッドでニオイを軽減しているのも嬉しいポイント。丸洗いも可能で、いつでも清潔に使えます。

性能面に優れているので、上級者の方でも快適に使用可能。デザインがシンプルで、さまざまなウェアに合わせやすく、使う人を選びません。

アディダス(adidas) ファイブテン クロー クライミング GTF84

靴下のようなフィット感を求める方におすすめのクライミング・ボルダリングシューズ。優れたフィット感に加えて、ダウントゥ型かつ中硬度のミッドソールを搭載することで、パワフルな登りと快適さのバランスをよくしたモデルです。

ヒールは高性能の「Stealth HFラバー」を採用。クライミングの際に低荷重でも極小のエッジや結晶面に対して大きな摩擦が得られます。

固定は1箇所の面ファスナーで行うため、着脱が簡単。スリッパタイプのように、トゥフックがしやすいのも特徴です。カラーはブラックを基調としており、おしゃれに仕上がっています。

アディダス(adidas) ファイブテン アレオンVCS BC0861

フィット感に優れたクライミング・ボルダリングシューズ。靴下のようなフィット感が得られる「adidasプライムニットアッパー」の採用により、動きやすさとフィット感を向上したモデルです。

ロッククライマーのフレッド・ニコルの意見を取り入れており、ボルダリングやスポーツクライミングに適した性能を有しています。固定方法は面ファスナータイプ、ソールの種類はダウントゥ型のスペックです。コンケーブ型トゥボックスを使用し、傾斜の強いクライミングを得意とします。

ミッドソールの硬さは中程度で、より正確なエッジングを実現。アウトソールは「Stealth C4ラバーアウトソール」を用いているので、グリップ力に優れているのも特徴です。

アディダス(adidas) ファイブテン ハイアングル クライミング EE9033

ヒールフックのフリクションを高めたクライミング・ボルダリングシューズです。本製品はヒールラバーの範囲を広げたことで、ラバーの接触面積を増やしたモデル。ダウントゥ型でジムや岩場の傾斜を登りやすいのもポイントです。

アッパー素材はマイクロファイバーを採用。ぴったりとしたフィット感で、足をしっかりとサポートします。

伸縮性のあるスリッパタイプに面ファスナーを搭載したモデルのため、ハードな動きでもしっかりとシューズを固定。アウトソールは「Stealth C4」の採用により、フリクションと剛性のバランスに優れています。

TRIOP ORCA

人工皮革の生地を採用し、耐久性と通気性を両立したクライミング・ボルダリングシューズです。本製品はグリップ力も良好で、初心者から上級者まで、幅広い方におすすめのモデル。値段もお手頃で、導入しやすいのも嬉しいポイントです。

つま先はストレートに近い形状で、癖がなく使えます。シューレース仕様のため、細かいフィット感の調節にも対応。TRIOPでは、世界レベルのクライマーとコラボし、テストも実施していると謳われているので、性能および品質面も安心です。

ブラックダイヤモンド(Black Diamond) モーメンタム メンズ BD25102001050

ニット素材を採用した、おしゃれなクライミング・ボルダリングシューズ。通気性に優れており、長時間使用しても快適な履き心地を実現します。ソールは「ネオフリクションラバー」を採用。グリップ性が良好で、ホールドをしっかりと捉えます。

シューズの固定は2本の面ファスナーを使用。着脱が簡単なほか、フィット感の調節もしやすいため、初心者でも履きやすい設計です。

ソールはフラット型、つま先はストレート形状を採用しており、癖がなく使えます。リーズナブルな価格も魅力で、初めてマイシューズを導入する方におすすめです。

アンパラレル(UNPARALLEL) エンゲージVCS 1410001

初めてのクライミング・ボルダリングシューズにおすすめの、履き心地に優れたモデル。本製品は履き口が大きく開き、足入れがしやすい設計。アッパーには面ファスナーを留める際に便利なプルタブを設けることで、フィット感を向上しています。

アッパー素材は北米産のプレミアムレザーを採用。ソフトな材質で、初心者でも違和感がなく使用できます。ソールは中程度の硬さで、幅広いフットワークに対応。アウトソールは「RHラバー」を使用し、剛性と摩擦のバランスに優れています。

アンパラレル(UNPARALLEL) UPモック 1410003

フィット感と汎用性に優れたクライミング・ボルダリングシューズ。アッパーに北米産プレミアムレザーを採用し、使うごとに使用者の足型に馴染む設計。スリッパタイプの固定方法で着脱がしやすく、快適な履き心地が得られます。

つま先には「VDラバー」の大型パッチを搭載。高いフリクションを発揮し、トゥフック性能を向上しています。

適度に剛性をもたせたヒールカップと、土踏まずをサポートするスリングショットの組み合わせから、より高いフィット感を実現。ソフトなミッドソールと、剛性・フリクションに優れたアウトソールにより、繊細なフットワークも実現します。

アンパラレル(UNPARALLEL) ベガ 1410012

使用者の足に追従する、高いコントロール性能が魅力のクライミング・ボルダリングシューズです。本製品はV字型の面ファスナーを搭載。適度なフィット感と自由度のバランスに優れています。

トゥアッパーは「UPペイントラバー」により、つま先の自由度はそのままに、フリクション性能を向上。トゥフックの安定性を高めたい方におすすめです。ヒールフック性能も良好で、オールラウンドに使えます。

ミッドソールは「3.5mmRSラバーアウトソール」を採用。高い剛性とフリクションを発揮します。

クライミング・ボルダリングシューズの売れ筋ランキングをチェック

クライミング・ボルダリングシューズのランキングをチェックしたい方はこちら。