本を開いたまま置ける「ブックスタンド」。書見台とも呼ばれており、置型・アーム型・自立型など、さまざまなタイプの製品が存在します。集中した環境で読書や学習に取り組めるのが魅力です。

そこで今回は、ブックスタンドのおすすめアイテムをご紹介。選び方も解説するので、ぜひチェックしてみてください。

ブックスタンド(書見台)とは?

By: amazon.co.jp

ブックスタンド(書見台)は、本を置くためのアイテムです。ページを固定するためのストッパーが付いているのが特徴。本を見開きのまま固定できるため、手を塞がずに読書や学習を行えます。また、レシピブックを開いて料理したり、タブレット端末を置いてテレビ電話をしたりと、1台でさまざまな使い方が可能です。

ブックスタンドを使用すると、自然と視線が上がるのも特徴。長時間の読書や勉強でも姿勢が崩れるのを予防できます。また、デザイン性が高いおしゃれな製品も存在。デスク周りのインテリアとしても映えるのが魅力です。

ブックスタンド(書見台)の選び方

用途に合ったタイプをチェック

卓上で使うなら「置型」

By: amazon.co.jp

デスクの上でブックスタンドを使用するなら置型がおすすめ。安定性に優れているのが特徴です。置型は、ブックスタンドのなかでもラインナップが多いモデルであり、さまざまな製品のなかからお気に入りのモノを見つけられます。

本を立てかけるだけのシンプル設計なので、誰でも簡単に使いこなせるのが魅力。読書・勉強・料理などのシーンで活躍します。

置型を選ぶときは、折りたたみの可否もチェックしておきましょう。スタンド部分を折りたためる製品なら、コンパクトに収納できます。オフィスや学校など、さまざまな場所に持ち運んで使用可能です。

角度や位置を調節できる「アーム型」

By: amazon.co.jp

アーム型のブックスタンドは、角度の調節ができるアームを搭載しているのが特徴です。仰向けや横向きなど、自分の過ごしやすい姿勢で読書ができます。

スマートフォンやタブレット端末を固定するために使うのもおすすめ。また、ブックスタンドにライトを搭載した製品なら、日当たりが悪い場所でも読書を楽しめます。

ただし、アーム型は基本的にクランプでデスクなどに挟み込むタイプなので、挟める幅が限られています。挟みたい場所に挟めるかを確認したうえで、選ぶようにしましょう。

自分に合った高さに調節できる「自立型」

By: amazon.co.jp

自立型のブックスタンドは、床などに直接置いて使えるのが特徴。ベース部分が安定しているため、サイズの大きい本も安心して置けます。また、製品によっては譜面台としても使用可能です。

自立型のブックスタンドを購入する際は、重量の確認をするのが大切。移動させることが多いタイプなので、軽い素材を使用したモノがおすすめです。また、高さがどのくらい調節できるかも併せてチェックしておきましょう。

読みたい本のサイズと厚さに合ったモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

ブックスタンドは、製品ごとに対応しているサイズや厚みが異なります。コンパクトな製品の場合、図鑑や辞書などの重くて厚い本に耐えられないこともあるので、置きたい本を置けるかどうか確認するのが重要です。

文庫本・雑誌・教科書・参考書など、さまざまなサイズの本を置きたいなら、A4・A3程度のサイズが置けるブックスタンドを選んでみてください。本を固定するためのクリップを、厚みに合わせて調節できるモノもおすすめです。

素材をチェック

金属製

By: amazon.co.jp

金属製のブックスタンドは、堅牢性に優れているのが特徴。フレームだけのシンプル設計を採用した製品を選べば、自宅・オフィス・店舗など、どんな場所でも馴染みます。本だけでなく、レコードや写真などを展示するアイテムとしても役立つのが魅力です。

なかでもステンレス製のブックスタンドなら、サビに強いため、キッチン周りなどでレシピ本を置きたいときに適しています。

木製

By: amazon.co.jp

木製のブックスタンドは、木目調の落ち着いた雰囲気を演出できるのが特徴。デスクや棚にも馴染みやすく、おしゃれなインテリアとして活躍します。

耐久性に優れているため、長く使い続けたい方におすすめ。ただし、水に弱いため、キッチンなどの水回りでは使わないようにしましょう。また、比較的重い傾向にあるのも注意点です。

樹脂製

By: amazon.co.jp

樹脂製のブックスタンドは、軽量な製品を揃えているのが特徴。折り畳めるモノも多くラインナップしているため、持ち運びたい方に適しています。カラーバリエーションが豊富で、自分好みのデザインを見つけやすいのもポイントです。

汚れや水などに比較的強く、お手入れしやすいのも魅力。使い勝手のよさやメンテナンスのしやすさを重視する方は、ぜひチェックしてみてください。

固定クリップの形状をチェック

By: amazon.co.jp

本を押さえておくために役立つ固定クリップ。主に「直立タイプ」と「押さえ込みタイプ」の2種類があります。直立タイプは、比較的軽い力でページを止められるので、紙面にクリップ跡がつくのを予防できるのが特徴です。

紙面を挟み込んでページを固定するのが、押さえ込みタイプ。強い力で固定するため、安定感があるのが特徴です。ただし、紙面にクリップの跡がつきやすいので注意しましょう。紙面の傷つきを抑えたいなら、固定クリップの先端にシリコンなどを搭載した製品がおすすめです。

角度調節が可能かチェック

By: amazon.co.jp

ブックスタンドを選ぶときは、角度調節できる製品がおすすめです。椅子の高さや設置場所に合わせて、見やすい角度を保てるのが特徴。無理のない姿勢を維持しやすいため、集中した環境で読書や学習に取り組めます。

なお、角度調節の範囲は、製品ごとに異なるため要注意。さまざまなシーンで使用するなら、多段階で角度調節ができる製品がおすすめです。

ブックスタンド(書見台)のおすすめ

レイメイ藤井 ケンコー書見台 BM142

コンパクトかつ軽量設計が特徴のブックスタンドです。スチール素材を採用しており、167gの軽さを実現しています。また、約30〜70°の範囲で角度調節が可能。椅子の高さに合わせて見やすい位置に変更できます。

ページホルダーの先端は、シリコン製の球体を採用。紙面の傷を予防しながら、開いたページを固定できます。読書や学習、料理などさまざまなシーンで使用可能です。

わにぞう ワイヤースタンド

シンプルなデザインが特徴の金属製ブックスタンドです。金属の細いフレームがディスプレイを引き立たせるため、本を読む際はもちろん、皿・写真・レコードなどのスタンドとしても活用できます。軽量ながら安定性に優れているのも特徴です。

インテリアに馴染みやすいのもポイント。金属製のスタイリッシュなブックスタンドを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ITODA 書見台

耐久性に優れた金属製のブックスタンドです。辞書・アルバム・参考書など、大きくて重たい本も設置できます。シンプルなデザインを採用しているので、自宅やオフィスなど、置き場所を選ばないのが魅力です。

6段階の角度調節が可能。椅子の高さや使用する場所に合わせて、見やすい角度に変更できます。開いたページを固定するためのストッパーも搭載。また、折りたたみ設計を採用しているので、使わないときはコンパクトに収納可能です。

LITEM. ブックスタンド

落ち着きのある木目調デザインを採用したブックスタンドです。シンプルながら高級感を与える見た目が特徴。木目のカラーは机や棚ともマッチしやすく、リビング・オフィス・キッチンなど、どんな場所にも馴染みます。本だけでなく、スマートフォンやタブレット端末の設置も可能です。

また、13段階の角度調節により、目線の高さに合わせて角度を変えられるため、より集中した環境で読書や学習を行えます。

特許取得の「コイルスプリング」を搭載。強力なアームにより、厚みのある本もページを開いたまま固定できます。アームの先端には滑り止め加工を施しており、紙面の傷つきを防げるのも魅力です。折りたたみ設計を採用しているので、コンパクトに収納できます。

Reodoeer ブックスタンド

竹目模様を採用したブックスタンドです。本体サイズは高さ23.5×幅34cm。雑誌・実用書・文庫本など、さまざまな大きさの本を置けます。タブレット端末なども立てかけられるのが特徴です。

6段階の角度調節機能を搭載しているので、自分の見やすい角度に変更できます。快適だと感じる姿勢を維持できるため、読書や学習に集中可能。折りたたみに対応しており、持ち運びも便利です。

本を固定しておくクリップも搭載。楽譜やレシピブックを使用するシーンにもおすすめです。

wishacc ブックスタンド Ws-1756

レトロな雰囲気を与える竹製のブックスタンド。サイズが大きいので、楽譜・教科書・雑誌など、大判サイズの本も安定して置けます。5段階の角度調節も可能。読書・学習・スケッチなど、用途に応じて高さや角度を変更できます。

さらに、開いたページを固定するためのページホルダーを搭載。本を読むときはもちろん、レシピブックを見ながら料理する際にも便利に使えます。スタンド部分は折りたたみ式を採用。コンパクトに収納できるのが魅力です。

actto ブックスタンド BST-02

本がすっきり収まる丸みのあるデザインを採用したブックスタンドです。18段階の角度調節機能を搭載。自分の見やすい角度に調節できるため、快適に読書や学習に取り組めます。

前面左右に2本のストラップホルダーを搭載。ページを固定しておけるので、本を見ながらメモをとったり、レシピブックを開きながら料理したりと、さまざまなシーンで活用できます。滑り止め効果のあるシリコンリングがストラップホルダーについているのも特徴です。

B6〜A4サイズの本に適した設計なので、雑誌やレシピブックなど、大判の本にも使用できます。厚み6.2cmまで挟み込みに対応しており、学習参考書やタブレット端末なども設置可能です。

セキセイ 書見台 BH001

卓上で使用できる置型のブックスタンド。縦28.9×横5.1×幅22.5cmのコンパクト設計を採用しています。シンプルなデザインで設置場所を選びにくいのもポイントです。3段階の角度調節が可能で、見やすい位置に変えられます。

最大31cmまで伸びる「原稿固定クリップ」を搭載。プリントや原稿だけでなく、タブレット端末の固定も可能です。スタンド部分にはラバーストッパーを搭載しているので、滑り止め効果が期待できます。

ソニック 勉強がはかどる書見台 LV-7450

A4サイズに対応した自立式のブックスタンドです。本の背にフィットするように、中央部分の凹みを深くする設計を採用。安定感があるため、大判サイズの教科書や参考書も設置できます。

6段階の角度調節が可能。設置場所に合わせて傾きを変更できます。シンプル設計で、誰でも簡単に扱えるのも魅力です。

開いたページを固定する「ページストッパー」を搭載。見開きページを手で押さえる必要がないので、勉強や読書も快適におこなえます。スタンドは折りたたみ式を採用しており、コンパクトに収納できるのもポイントです。

ROUNDS ベッドブックアームスタンド

アーム型のブックスタンドです。クランプの対応幅は2〜6cmで、ベッドやデスクの天板に挟み込んで設置できます。見開きのページをクリップと紐で固定するため、本を前面に傾けても落下しにくいのが魅力。アームが80cmと長いのも特徴です。

小説から大判雑誌まで、さまざまな大きさの本を設置可能。スタンドにはライトを搭載しており、日当たりのない場所や夜中でも読書を楽しめます。

Y.T.lab. ブックアームスタンド

アーム型としても置型としても使えるブックスタンド。アーム型として使う場合は、2〜6cmの厚みがあればクランプして設置可能です。

置型として使う場合は、スタンド部分の角度を6段階で調節可能。本を挟むための固定部は8〜45cmまで伸縮するため、小説から大判雑誌まで幅広く対応できます。スマートフォンやタブレット端末の設置も可能です。

ROUNDS ブックアームスタンド

快適な姿勢で読書を楽しめるブックスタンドです。柔軟に可動するアームを搭載しており、360°方向転換できます。

文庫本・大判雑誌・スマートフォン・タブレット端末など、さまざまなサイズに対応しているのも魅力。また、タッチ式のライトを搭載しているため、日当たりが悪い場所や夜中でも読書を楽しめます。ストッパーとひもで本を固定できるのもポイントです。

SupeDesk ブックスタンド

A5〜A4サイズの本に対応したブックスタンドです。組み立てから設置までスムーズにおこなえるシンプル設計なので、誰でも簡単に使いこなせます。ABSプラスチックとアルミを採用しており、軽量ながら耐久性に優れているため、持ち運びにも便利です。

両端から挟み込む「スプリングクラップ」設計を採用。プリント1枚から、厚みのある学習参考書までしっかりと固定できます。サイズによってはタブレット端末も置けるため、さまざまな用途で活用可能です。

2つの関節で角度と高さを調節する機能を搭載しており、椅子の高さや座高に合わせて変えられます。本体底部はV型ベースを採用しており、安定感があるのも魅力です。

wishacc ブックスタンド

耐久性に優れた金属素材を採用したブックスタンドです。ベース部分は竹製の無垢材を使用しており、安定性に優れているのが魅力。雑誌・図鑑・学習参考書など、大きくて厚みのある本も設置できます。サイズによってはスマートフォンやタブレット端末も使用可能です。

デスクトップホルダーには、開いたページを固定する「ページクリップ」を搭載。先端には柔らかいゴムが付いているので、ページを傷つけにくいのも特徴です。滑り止め効果が期待できるため、本を置いたまま指先だけでページめくりがおこなえます。

無段階の角度調節機能を搭載。見やすい位置に本の高さを変更できます。スタンドの軸を中心に回転させることで、向きの調節も可能です。

VOLKNINKER ブックスタンド

A6〜A3サイズに対応したブックスタンドです。本の背にフィットするように、凹みを深くする設計を採用。大きくて重たい本も安定した状態で設置できます。コンパクト設計ながら、片面の厚さが3cmまでの本に対応しているのも特徴です。

本体左右には、開いたページを固定するバインダーを搭載。教科書を開きながらメモをとったり、楽譜を開きながら演奏したりと、さまざまなシーンで活用できます。垂直・平行方向に角度調節が可能なのもポイント。また、高さの調節にも対応しています。

土台の裏面には、滑り止め効果を施した「ノンスリップベース」を採用しているため、安定して設置できる製品を探している方におすすめです。

ブックスタンドの売れ筋ランキングをチェック

ブックスタンドのランキングをチェックしたい方はこちら。