かさばる衣類をコンパクトに圧縮できる「衣類用圧縮袋」。衣替えで使わなくなった服の収納や引っ越し、旅行の荷造りなどに活躍します。圧縮方法は手押し式とバルブ式があり、サイズやデザインもさまざまです。

そこで今回は、選び方のポイントとおすすめの衣類用圧縮袋をご紹介します。ケース付きのモノや吊るせるフック付きのモノもあるので、気になる方はチェックしてみてください。

衣類用圧縮袋のメリット・デメリット

メリット

By: amazon.co.jp

衣類用圧縮袋は、内部の空気を抜くことで衣類をコンパクトに圧縮できます。衣替えや旅行の荷造りをする際に、かさばりやすい衣類を省スペースで収納できるのがメリットです。

また、フックが付いている衣類用圧縮袋なら、クローゼットのパイプに吊るして収納可能。冬用の厚みのあるコートや上着をスリムに収納できるため、クローゼットの限られたスペースを有効活用できます。

さらに、防虫効果を期待できるモノも存在。収納時にウールなどの虫食いを予防したい方にもおすすめです。

デメリット

By: amazon.co.jp

衣類用圧縮袋のデメリットは、衣類にしわがつきやすいことがあげられます。旅行などの短期間であれば、素材によってはそれほどしわは気になりません。しかし、衣替えの衣類を1年ほど収納する場合は、頑固なしわになりすいので注意が必要です。

また、ダウンジャケットなどの羽毛は折れやすいため、圧縮すると元のふんわり感に戻らない場合があります。ほどよく空気を残し、1/3程度に圧縮するのがおすすめです。

衣類用圧縮袋は気密性が高いため、湿気がたまりやすいのもデメリット。カビを予防するためには、清潔でしっかり乾燥させた衣類を収納しましょう。

衣類用圧縮袋の選び方

サイズをチェック

短期の旅行なら小さめを

By: amazon.co.jp

旅行のために1~2日分の衣類を荷造りするなら、小さめサイズの衣類用圧縮袋がおすすめです。衣類の量が少ないため、小さめでも十分。また、小さいほど、スーツケースやバッグに省スペースで収納できます。

ただし、衣類がきっちり収まるサイズだと空気を抜きにくい場合があるので注意が必要。左右に1~3cm程度、ファスナー部分に5cm以上のゆとりがあるサイズを選んでみてください。

さらに、小さめサイズの衣類用圧縮袋は、ハンカチや手袋、靴下などの小物をすっきり収納したいときにも活躍。靴下や手袋をペアで入れておけば、紛失も予防できます。

衣替えや引っ越しの荷造りなら大きめを

By: amazon.co.jp

衣替えや引っ越しの荷造りでは、たくさんの衣類をまとめる必要があります。大きめの衣類用圧縮袋なら、数枚の衣類をまとめて入れられるので作業効率がアップ。また、荷ほどきするのも簡単です。

さらに、大きくてかさばりやすい冬物のコートやセーターも収納しやすく、空気も抜きやすくなります。ただし、無理にたくさんの衣類を詰め込むと、圧縮後に空気が入り込みやすくなるほか、衣類にしわができやすくなるため注意しましょう。ある程度余裕を持たせるのがおすすめです。

空気の抜き方をチェック

手押し式

By: amazon.co.jp

手押し式の衣類用圧縮袋は、袋の上から手で押さえたり袋を丸めたりして空気を抜きます。掃除機やポンプが必要ないため、手軽に圧縮できるのがメリット。少量の衣類を圧縮する場合や、旅行中に使用する場合などにおすすめです。

また、押す力を加減して空気の抜き具合を調節しやすいのも特徴。やさしい力でほどよく空気を抜けば、衣類のしわや傷みの軽減できます。ただし、しっかりとムラなく空気を抜くには、手間と時間がかりがち。ある程度圧縮できれば十分という方に適しています。

バルブ式

By: amazon.co.jp

バルブ式の衣類用圧縮袋は、掃除機や専用ポンプを袋のバルブにつけて中の空気を吸引して圧縮します。しっかり空気を抜けるため、圧縮率が高いのがメリット。衣類をできる限りコンパクトに収納したい場合におすすめです。

また、衣替えや引っ越しなどでたくさんの衣類を短時間で圧縮したい場合にも便利。掃除機なら手も疲れにくく、作業がはかどります。

なお、衣類用圧縮袋のバルブによっては、使用できない掃除機もあるので注意が必要です。所持している掃除機に対応しているか、あらかじめチェックしておきましょう。

形状をチェック

ハンガータイプ

By: amazon.co.jp

ハンガータイプの衣類用圧縮袋は、フックが付いており、クローゼットのパイプに吊るして収納できるのが特徴。また、圧縮袋の内部にリングやフックがあり、衣類をかけたハンガーをそのまま吊るせます。

圧縮方法はバルブ式のモノが主流。折りたたまずに圧縮できるため、厚みがあり折りたたみにくいコートやしわが気になる上着などをコンパクトに収納したい方におすすめです。

また、かさばりやすいコートをスリムに収納できるので、クローゼットのスペースを有効活用したい方にもぴったり。1枚ずつ袋に入れて圧縮しておくと、必要なときに目当ての上着をサッと取り出せて便利です。

ケース付きタイプ

By: amazon.co.jp

衣替えや引っ越しでたくさんの衣類をまとめて圧縮したい場合は、ケース付きタイプの衣類用圧縮袋がおすすめです。ケース付きタイプは容量が大きいモノが多く、衣類を詰め込みやすいのが特徴。小分けする手間を省けるため、短時間で手軽に作業をこなせます。

圧縮袋がぴったりケースに収まるので、スペースを無駄なく使えるのもメリット。なかには、圧縮袋とケースが一体化したモノもあるため、隙間なく衣類をたっぷり詰め込みたい方はチェックしてみてください。

また、ケースはそのまま押し入れやクローゼットに収納できて便利。さらに、積み重ね対応のモノなら、縦のスペースを上手く活用して複数のケースをすっきりと収納できます。

ファスナーをチェック

色付きタイプなら閉め忘れを確認できる

By: amazon.co.jp

衣類用圧縮袋を使うときは、衣類を入れたあとにファスナーをしっかり閉めましょう。少しでもファスナーに隙間があると、空気が入り込んでしまうので注意。圧縮できたとしても、しばらくすると膨らんでしまいます。

色付きタイプのファスナーは閉じると色が変化するため、ひと目で閉じ忘れを確認可能。口が広くても簡単に確認できるので、大きな衣類用圧縮袋の閉め忘れを予防したい方はぜひチェックしてみてください。

スライダーが一体型になっているモノがおすすめ

By: amazon.co.jp

スライダーとは、スライドさせるだけで端から端までファスナーを閉められるパーツ。取り外せるタイプと、圧縮袋と一体化したタイプが展開されています。閉めやすさは、それほど違いはありません。

ただし、取り外せるタイプは、勢い余って作業中に取れてしまったり、紛失してしまったりするのが難点。長く使いたい方や、旅行先で使いたい方などは、一体型スライダーを採用した衣類用圧縮袋をチェックしてみてください。

厚みをチェック

By: amazon.co.jp

衣類用圧縮袋はやわらかいビニール素材で作られているため、引きずったり、机の角などにぶつけたりすると穴があく原因となります。小さな穴でも空気が入り込み圧縮できなくなってしまうので、取り扱いには注意しましょう。

穴が開く心配を減らしたい方は、厚みのある丈夫な衣類用圧縮袋がおすすめ。また、厚みのあるほうが圧縮力が高く、かさばりやすい冬用衣類をしっかりコンパクトに圧縮したい方にもぴったりです。

デザインをチェック

By: amazon.co.jp

衣類用圧縮袋のなかには、無色透明のシンプルなモノから、カラフルなモノ、不透明なモノなどが展開されています。それぞれのメリットがあるため、用途に合わせてぴったりのデザインを選ぶのがおすすめです。

無色透明の衣類用圧縮袋は、中身がひと目で確認できるのがメリット。必要な衣類を迷わずに見つけられます。また、カラフルな衣類用圧縮袋は、デザインを楽しみたい方にぴったりです。色違いでそろえれば、色ごとに衣類を分類して収納できます。

一方で、不透明な衣類用圧縮袋は、中身を隠すことが可能。プライバシーが気になりやすい旅行先で使いたいときに便利です。

衣類用圧縮袋のおすすめ|手押し式

レレバート(Relevart) 衣類圧縮パック M3枚セット+S1枚

下着や靴下などの収納におすすめ

短期の旅行の荷造りにおすすめの衣類用圧縮袋。約32×50cmのMサイズが3枚と、約27×35cmのSサイズが1枚のセットです。サイズごとに色が異なるため、丸めてスーツケースに収納してもすぐに見分けられます。

MサイズはA3よりも少し大きく、折りたたんだ服を入れておくのにぴったり。また、Sサイズは半透明なので、下着や靴下などの収納におすすめです。

衣類を入れてファスナーを閉じたら、丸めて押さえるだけで簡単に空気が抜ける仕組み。ファスナーには一体型のスライダーが付いており、閉じる際に便利です。

リムーブエアー(Remove Air) 衣類圧縮袋 10枚アソートセット

ビビットな色合いのおしゃれなデザイン

全体にエンボス加工が施されており、衣類を出し入れしやすい衣類用圧縮袋です。きれいに衣類を入れたい場合に便利。M・L・LLの3サイズセットなので、さまざまな大きさの衣類を圧縮できます。

逆止弁を採用しており、ファスナーを閉じて丸めたり、軽い力で押したりするだけで圧縮可能。旅行の荷造りにもおすすめです。さらに、逆止弁により圧縮後に空気が入りにくいため、コンパクトなまま収納できます。

ビビットな色合いのおしゃれなデザインも魅力。色でサイズを見分けられるので、スーツケースやバッグから必要な衣類をすぐに探せます。

コンサイス(CONCISE) お得用・衣類圧縮袋4枚入り

長く使いたい方にもおすすめのアイテム

片面が不透明で、丸めれば中身が見えないように収納できる衣類用圧縮袋です。旅行先でスーツケースを開けたときに衣類が丸見えになるのが気になる方にぴったり。なお、もう一方の面は無色透明なので、広げればすぐに中を確認できます。

S・M・L・LLの4枚入りで、下着などの小物から、セーターやバスタオルまで仕分けして圧縮可能。サイズごとに色が異なるため、見分けやすくて便利です。

また、着脱式スライダーを採用し、横にスライドさせるだけでファスナーを閉じられるのもポイント。また、コーナー排気式逆止バルブを搭載しており、丸めるだけで簡単に圧縮できます。

丈夫で繰り返し使えると謡われており、長く使いたい方にもおすすめの衣類用圧縮袋です。

コンサイス(CONCISE) 衣類用スライダー付 抗菌圧縮袋 Lサイズ/LLサイズ各2枚入り

抗菌仕様で、清潔に使いたい方におすすめの衣類用圧縮袋。抗菌性と安全性の基準を満たした製品であることを示す「SIAAマーク」を取得しており、衛生的に使用できます。細菌の繁殖を抑えられ、衣類を清潔に保ちやすいのがメリットです。

LサイズとLLサイズが2枚ずつ入っており、旅行用の大きな衣類を圧縮できます。Lサイズは、バスタオルとパジャマの上下が入るサイズ感。また、LLサイズはセーターを5枚ほど収納できるため、かさばる衣類をまとめて圧縮したい場合におすすめです。

また、スライダーが付いており、ファスナーを簡単に閉じられるのもポイント。閉じたあとは、丸めるだけで簡単に空気を抜けます。

いづみ企画(IZUMI PLANNING) ペタコ Sサイズ

袋の上からゆっくり座るだけで、簡単に空気を抜ける衣類用圧縮袋です。空気の逆流を抑える逆止弁構造により、しっかりと圧縮できるのが特徴。圧縮にかかる時間は約1秒と謡われており、時短で旅行の荷造りを終わらせたい方におすすめです。

また、エンボス加工が施され、やぶれにくいのもポイント。繰り返し使いやすいため重宝します。袋は丸めてコンパクトに収納しやすいのもメリットです。さらに、両面不透明なので、中身を隠せるのも魅力です。

東和産業(TOWA) 上から押すだけ圧縮パック 衣類用1P

色付きのファスナーを搭載し、閉め忘れを確認できる衣類用圧縮袋です。一体型スライダーが付いており、横に動かすだけで簡単に閉じられるのもメリット。紛失する心配が少ないため、長く使いたい方にも適しています。

さらに、袋を上から押すだけで圧縮できるのもポイント。ファスナーの近くにある開閉ミニバルブから空気が抜ける仕組みです。掃除機で吸引したり、丸めたりする必要がなく、手軽に使用できます。

また、60×60cmにマチ部32cmとサイズが大きいので、たくさんの衣類をまとめて圧縮したい方におすすめ。衣替えの収納や、引っ越しの荷造りなどに便利です。

東和産業(TOWA) VO 押すだけ衣類圧縮パック M2P

ナチュラルな柄がプリントされたおしゃれな衣類用圧縮袋。プリントされた面は不透明なので、丸めておけば中身が見えないように収納できるのがメリットです。もう片方の面は無色透明で、チャックを開けなくても中身を確認できます。必要な衣類をすばやく見つけられるため便利です。

圧縮方法は、チャックを閉めたあとに丸めるだけ。簡単に空気を抜けます。さらに、一体型スライダーを採用し、旅行中に紛失する心配を減らせるのもポイントです。

35×45cmのMサイズが2枚入っており、Tシャツや下着の圧縮におすすめ。ほかサイズも展開しているので、衣類の大きさに合わせてチェックしてみてください。

バンガード(VANGUARD) スヌーピー 衣類圧縮袋 va1a071

表面にスヌーピーのかわいい絵柄が施された衣類用圧縮袋。裏面には「SNOOPY」のロゴがプリントされています。裏面は不透明なので、くるくると丸めれば中身を隠して収納可能。下着などを圧縮したい方におすすめです。

約36×50cmのMサイズと約42×50cmのLサイズの2枚入りで、下着だけでなく、Tシャツやタオルなども収納できます。短期の旅行やアウトドアへ衣類を持ち運びたい方にもぴったりです。

スライダー付きで、チャックを簡単に閉められるのもポイント。丸めることにより、しっかり中の空気を抜けます。

Vacplus 圧縮袋 10枚組 衣類圧縮袋

北欧風のナチュラルな絵柄がおしゃれな衣類用圧縮袋。デザインにこだわりたい方におすすめです。プリント面は不透明なので、丸めれば下着などを隠して収納できます。なお、裏面は無色透明のため、中身を簡単に確認できて便利です。

LサイズとSサイズの計10枚セットで、用途に合わせて使い分けられるのもポイント。50×35cmのLサイズは、セーターやニットといった大きめの衣類をコンパクトに収納したい場合に活躍します。40×30cmのSサイズは、薄手のTシャツや小物の収納にぴったり。旅行や出張用の荷造りなどにもおすすめです。

衣類用圧縮袋のおすすめ|バルブ式

アール 入れやすい・一体型ハードBOX AH-001

圧縮袋と収納ボックスを一体化させた衣類用圧縮袋。収納ボックスにしまうような感覚で、圧縮袋に衣類を詰められます。圧縮したあとに収納ボックスのフタを閉じれば、そのまま押し入れやクローゼットに入れて保管可能です。

約幅39×奥行39×高さ25cmとコンパクトながら、トレーナーやセーターなら16枚ほど圧縮できるのもポイント。衣替えや引っ越しの際に、かさばる衣類を省スペースで収納したい方はチェックしてみてください。

さらに、ハードタイプのボックスなので、形が崩れにくいのもメリット。重ねられるため、複数購入して衣類をたくさん収納したい方にもおすすめです。

ワイズコーポレーション 圧縮プラス 衣類用

幅60×奥行40×高さ30cmの大きめサイズで、衣替えの衣類をまとめて収納したい方におすすめの衣類用圧縮袋。セーターやトレーナーなら25~30枚ほど入るサイズ感です。なお、掃除機で吸引するため、大きくても簡単に圧縮できます。

また、収納ケース一体型なので、圧縮後にケースのフタを閉じれば、そのまま保管できて便利。サイドに取っ手が付いているため、楽に持ち運べるのもメリットです。

さらに、2本のベルト付きで、圧縮袋を固定できるのもポイント。長期間の保管により圧縮袋がふくらんでも、ファスナーが開いたり、ケースが壊れたりする心配を減らせます。

wakiyaku 圧縮袋付き収納ケース Bタイプ

ベッドの下やクローゼットの空いたスペースに収納しやすい、ケース一体型タイプの衣類用圧縮袋。ボックスサイズが、幅65×奥行50×高さ15.5cmと薄型タイプです。また、シンプルなデザインなので、ほかのインテリアとなじみやすいのも魅力です。

たくさんの衣類をまとめて圧縮できるのもポイント。衣替えの衣類をコンパクトに収納したい方にぴったりです。衣類以外にも、ぬいぐるみや布団の収納にも活用できます。

掃除機を使って空気を抜くため、圧縮袋のサイズが大きくても楽に圧縮可能です。さらに、ロックベルトが2本付いており、圧縮後の袋をしっかり固定できます。ふくらみを抑えられるので、長期間収納したい方にもおすすめです。

石崎資材 圧縮BOX 衣類用L BCP-03N

取り外しできる収納ボックス付きの衣類用圧縮袋。圧縮袋と収納ボックスを別々に使用することも可能です。サイズは、約幅65×奥行35×高さ24cmと比較的大きく、約12~20枚のトレーナーを圧縮して収納できるサイズ感。衣替えの衣類をコンパクトに収納したい方におすすめです。

なお、圧縮する際は、吸引仕事率300W以上の掃除機を使用します。ノズルをバルブにあてて、パワフルに空気を吸引。すばやく簡単に圧縮できます。

エステー(S.T.) ムシューダ 圧縮パック 衣類用

防虫効果を期待できる脱酸素剤付きの衣類用圧縮袋。衣類の虫食いを予防したい方におすすめです。なお、脱酸素剤はニオイがしなので、長期間収納してもニオイ移りの心配を軽減できます。手軽に洗えないウール製セーターなどの収納におすすめです。

幅48×高さ80×底マチ32cmと大きく、セーターなら約20枚まとめて圧縮できるサイズ感。約1/2サイズに圧縮できると謡われており、衣替えの衣類をコンパクトに収納したい場合に活躍します。

オートロックバルブを搭載し、掃除機で簡単に空気を吸引できるのもポイント。また、海外製の掃除機に多い凸形状ノズルに対応するのもメリットです。さらに、空気の逆戻りも抑えられるため、しっかり圧縮できます。

石崎資材 衣類まとめて圧縮袋 衣装ケース用 CP-02B

湿気インジケータが付いており、湿度が高いかどうかをひと目で確認できる衣類用圧縮袋。中の湿度が70~80%以上になると、インジケータがピンクに変色します。その際には、衣類を取り出して乾燥させることで、カビの発生を予防可能です。

また、幅75×高さ85×底マチ32cmのサイズで、衣装ケース2個分の衣類を圧縮できると謡われているのもポイント。衣替えの衣類をコンパクトに収納したい方や、引っ越しの荷造りにおすすめです。掃除機を使って中の空気を吸引するので、簡単に圧縮できます。

オリエント(ORIENT) 超薄型バルブ 衣類圧縮袋コンパクト 2枚組

超薄型バルブを搭載し、圧縮後に積み重ねて収納しやすい衣類用圧縮袋。複数の圧縮袋に衣類を分けて圧縮しても、積み重ねることにより省スペースで収納できます。92×60cmの縦長サイズで、トレーナーなら約10枚ほど圧縮可能。衣替えの衣類をコンパクトに収納したい方にぴったりです。

なお、圧縮する際は、掃除機をバルブにあてて空気を吸引します。吸引の際にフタに付属したバルブを引き上げ、圧縮完了後にフタを押して閉じる仕様です。

アール 圧縮袋 ハンガーそのまま吊るせる L 1枚入 re-013

圧縮したコートや上着をそのまま吊るせるハンガータイプの衣類用圧縮袋です。2連フック付きで、2枚同時に圧縮できるのもポイント。ロングサイズなので、ロングコートも折りたたまずに圧縮できます。お気に入りのコートや上着を、しわを抑えながらコンパクトに収納したい方におすすめです。

また、オートロックバルブを搭載しているのもメリット。掃除機のノズルをあてるだけで、簡単に空気を吸引できます。

東和産業(TOWA) KP 吊るせる衣類圧縮パック ロング2枚入

吊るしたままでも圧縮できるハンガータイプの衣類用圧縮袋。作業スペースが狭すぎる場合などに便利です。20cmのマチ付きで、ロングコートなら約2~3枚をまとめて圧縮可能。衣替えで使わなくなった上着やコートを省スペースで収納できます。

さらに、チャックに色が付いており、閉め忘れを確認しやすいのもポイント。隙間なく閉めておくと、保管中に膨らんでしまうのを予防できます。

また、自動開閉タイプのバルブ付きで、掃除機の吸引を止めるとバルブが自然と閉まる仕組み。簡単に圧縮できるだけでなく、空気の逆戻りを抑えてしっかり圧縮できるのもメリットです。

アストロ 衣類圧縮袋 5枚組 623-03

表面にカラフルなフルーツ柄がプリントされた衣類用圧縮袋。1枚の圧縮袋あたり3~7枚の衣類が入るため、収納ケースに収まりきらない衣類をコンパクトに保管したい場合などにおすすめです。クローゼットの隙間などに収納しておけます。

裏面は無色透明なので、必要な衣類を手間なく探せます。なお、丸めれば全体を隠せるため、衣替えの収納はもちろん、旅行や引っ越しの荷造りなどにも便利です。

サイズは約55×40cmと比較的大きく、幅広いサイズの衣類を圧縮できるのもポイント。また、付属の手動ポンプ、もしくは、所持している掃除機を使って空気を吸引できます。

アマゾンベーシック(AmazonBasics) 真空圧縮収納バッグ ハンドポンプ付き 中5個パック

厚みのあるブラスチック構造に加え、二重のシールジッパーと丈夫なバルブを採用し、気密性を保ちやすい衣類用圧縮袋。衣類をしっかり圧縮したい方や、圧縮状態を長く保ちやすいモノを探している方などにおすすめです。

約71×51cmと大きいため、ズボンや大きな冬物、バスタオルなどの収納にぴったり。また、ハンドポンプが付属し、手軽に中の空気を吸引できるのもポイントです。掃除機にも対応しており、急いでいるときに時短で圧縮できます。