衣類をコンパクトにまとめられる「衣類用圧縮袋」。かさばりやすい衣類を省スペースで保管できるため、旅行や衣替えなどで役立つ人気グッズです。ニトリなど多くのメーカーから、さまざまなアイテムが販売されているため、どのようなアイテムを選べばよいか迷ってしまうことが多いのではないでしょうか。

そこで今回は、衣類用圧縮袋のおすすめアイテムをご紹介します。選び方のポイントも解説するので、購入の際の参考にしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

衣類用圧縮袋の選び方

目的に合ったサイズで選ぶ

旅行や出張なら「コンパクトサイズ」

旅行や出張など、数日分の衣類をまとめるなら、コンパクトサイズの衣類用圧縮袋を選びましょう。1日分をまとめたり種類別に分けたりすることで、すっきりまとまります。また、スーツケースやバッグに、省スペースで入れられるのもメリットです。

ただし、一口にコンパクトサイズといってもサイズはさまざま。Sサイズなら下着や薄手の衣類、Mサイズならシャツ類、Lサイズならセーターやトレーナーなどを入れられる傾向にあります。

メーカーによってサイズは異なりますが、複数のサイズを揃えておくと衣類の大きさに合わせられて便利。小さいサイズに無理やり詰め込むと、衣類や衣類用圧縮袋を傷めてしまう可能性があるので注意しましょう。

衣替えなら「大きめサイズ」

By: amazon.co.jp

衣替えや引っ越しなど、多くの衣類をまとめるなら大きめのサイズがあると便利です。複数の衣類を収納できるうえ、厚手のコートなどもコンパクトに収納できます。また、圧縮袋にまとめていると、仕分けや荷解きの手間を軽減できるのがメリットです。

大きめのサイズが複数枚あれば、衣類のほかにも、布団などもまとめられます。ただし、コンパクトサイズと同様、衣類の大きさに合わせて複数用意しておくのがおすすめ。衣類を入れすぎたり空気を抜きすぎたりするのは避け、少し空間に余裕を持たせて保管しましょう。

機能性で選ぶ

クローゼットにそのままかけられる「ハンガータイプ」

By: amazon.co.jp

コートなどの厚手の衣類や、スーツ・ジャケットといった型崩れを避けたい衣類の収納に便利なのがハンガータイプ。複数の衣類をまとめて圧縮し、そのままハンガーにかけられます。クローゼット内をすっきりできるのが魅力です。

また、ハンガーで吊るすため、丈の長い衣類をきれいに収納できるのもメリット。ひとり暮らしなど、収納スペースが限られている方におすすめのタイプです。

大量に衣類が入れられる「マチありタイプ」

By: amazon.co.jp

季節物など、大量の衣類を収納するのにおすすめなのがマチありタイプ。底に厚みがある分、収納力が増し、複数の衣類を入れやすいのが特徴です。厚手のモノが収納できるのも魅力。収納したあとに空気を抜けば、かさばりやすい衣類も省スペースで保管できます。

さらに、マチがあるほど、衣類を多く入れられるのがポイント。衣替えで季節物をまとめて保管したいときや、スペースを取るコートやセーターをまとめる際に役立ちます。

収納ケース代わりにもなる「ケース付きタイプ」

By: amazon.co.jp

衣類を長期保管したい場合は、ケース付きタイプがおすすめです。衣類用圧縮袋をケースに入れた際にデッドスペースが生じにくく、圧縮した衣類を効率よくまとめられます。

また、そのまま押し入れやクローゼットに入れられるので、見た目がすっきりするのもポイント。重ねることもできるためスペースを有効活用したいときにぴったりです。

なかには、衣類用圧縮袋とケースが一体化したモノもあります。仕分けの手間や時間を省きやすいのが魅力。収納ケースを用意する必要がないため、コストを抑えられるのも利点です。

掛け布団や毛布も収納できる「布団用」

By: r-webshop.com

圧縮袋は、衣類用だけでなく布団用も販売されています。保管時にかさばりやすい掛け布団・毛布・ブランケットなどを、コンパクトに収納できるのが魅力です。

基本的な使い方は衣類用と変わらないため、厚手の衣類などを入れるのにも活用できます。ただし、収納物に対してサイズが大きすぎるとスペースが生じ、空気が入りやすいので注意しましょう。

また、サイズが大きい分、手で空気を押し出すタイプだと途中で疲れてしまう可能性があります。効率よくきれいに圧縮したいなら、掃除機に対応しているタイプを選ぶのがおすすめです。

圧縮方法で選ぶ

道具がいらない「手押しタイプ」

By: amazon.co.jp

手押しタイプは、手で押したり巻いたりして空気を抜くのが特徴です。掃除機やポンプを必要としないため、手軽に圧縮できるのがメリット。旅行や出張などで活躍するタイプです。

また、逆止弁が付いているなど、空気が逆流しにくい工夫を施しているモノが多いのもポイント。ただし、圧縮力が弱く、収納物によっては力が必要なケースがあります。少量の衣類をまとめたい方や、ある程度圧縮できれば十分という方におすすめです。

掃除機でしっかり圧縮できる「バルブタイプ」

By: amazon.co.jp

バルブタイプの衣類用圧縮袋は、掃除機や専用のポンプなどを使って空気を抜きます。厚手の衣類や布団など、空気が抜けにくいモノでもしっかり圧縮できるのがメリット。なかには、空気が逆流しない設計を施しているモノもあります。空気が抜けると自動でバルブが閉まるアイテムが多いのも特徴です。

また、力を必要とせず、スピーディに圧縮できるのが魅力。衣替えや引っ越しなど、大量の衣類をまとめたいときにも重宝します。掃除機を用意するのが難しい旅行先などで使いたい場合は、手動ポンプが付属したアイテムを選ぶのがおすすめです。

ただし、アイテムによっては掃除機が合わないケースもあるので注意が必要。さらに、吸引しすぎると、掃除機に大きな負担がかかる可能性もあります。もとの厚みの3分の1くらいを目安に、空気を抜くように心掛けましょう。

ファスナーの作りをチェック

スライダー付きなら密閉しやすい

By: amazon.co.jp

衣類用圧縮袋には、指で閉じるタイプとスライダーで閉じるタイプがあります。スライダーがないと端から手で閉じていく必要があるため、手間がかかってしまうのが難点。しかし、閉じ口にスライダーが付属していれば、スムーズに収納できるのがメリットです。

また、スライダーで素早くしっかりと開口部を閉じることで、気密性が向上するのもポイント。できるだけ素早く収納したい旅行先などで使う場合は、スライダーの有無もチェックしておきましょう。

二重構造のチャックは空気が入り込みにくい

By: amazon.co.jp

二重構造を施したダブルチャックは、気密性を向上させられるのがメリットです。片方のチャックが開いてしまっても、もう一方のチャックで空気の侵入を予防できるのが特徴。気密性を保ちやすいため、長期間保管する場合にも適しています。

また、衣類を多く詰め込んだときも、ダブルチャックなら開口部が開いてしまうリスクを軽減できるのが利点。圧縮袋をしっかりと密閉したい方は、二重構造のチャックを選ぶのがおすすめです。

袋とスライダーが一体になっていればスライダーを紛失しにくい

スライダー付きの衣類用圧縮袋は、スライダーが着脱できるタイプとスライダーが一体化したタイプがあります。

着脱できるタイプは必要なときだけ取り付けられるので、かさばらないのが特徴。ただし、着脱の手間がかかるのに加えて、スライダーを紛失してしまう恐れがあるのが難点です。

一方、スライダーと圧縮袋が一体化したタイプなら、紛失する恐れがないのがメリット。スライダーは小さいため、紛失を避けたい方は、一体化タイプを選びましょう。

袋が厚いモノなら破れにくい

By: astro-co.stores.jp

衣類用圧縮袋は、ポリエチレン製やナイロン製、それぞれを組み合わせたモノなど、さまざまな素材のモノがあります。基本的に丈夫に作られていますが、薄いアイテムは要注意。角にぶつけたり、引っ掛けたりすると破れてしまうケースもあります。圧縮袋としての機能を失うので取り扱いにも注意しましょう。

少しでも破れるリスクを減らしたい場合は、厚みのある丈夫なモノがおすすめ。また、厚手のほうが、圧縮力が強く、気密性に優れているのもメリットです。

デザインで選ぶ

By: amazon.co.jp

透明なデザインが主流の衣類用圧縮袋ですが、なかにはポップなデザインのモノやカラフルなアイテムもあります。デザインされていればおしゃれに収納できるのがメリット。なかには、色を付けて目隠ししているアイテムもあるため、下着などを隠して入れたいときにも便利です。

また、カラフルなモノなら、衣類を種類やシーズンごとに分けたり、家族の衣類を仕分けたりするのに役立ちます。一方、透明タイプは中身をすぐに確認できるのがポイントです。用途に合わせて、デザインもチェックしてみてください。

衣類の長期保存には「抗菌・防カビ・防虫機能付き」もおすすめ

衣類を収納する際、虫食いやカビの発生は避けたいもの。とくに、衣替えなどで長期保管する場合は、抗菌・防カビ・防虫機能を施した衣類圧縮袋が適しています。

また、長期保管する場合は、衣類用圧縮袋に入れる前に、しっかり衣類をお手入れしておくことが大切。ホコリやゴミを取り除いておかないと、そこから虫やカビが発生する恐れがあります。収納前に洗濯し、しっかり乾かしてから入れるのがおすすめです。

さらに、防虫剤の使用も避けましょう。圧縮された空間で衣類に防虫剤がくっ付いていると、衣類が変色したりニオイが染み付いたりするので注意が必要です。

衣類圧縮袋のおすすめアイテム|コンパクトサイズ

無印良品 衣類用圧縮袋 82202830

無印良品 衣類用圧縮袋 82202830

By: muji.com

手で空気を抜くだけなので手軽に使えるのが魅力

手で空気を抜くタイプの衣類用圧縮袋です。2枚入りで、サイズは横39×縦50cm。1枚あたり、Tシャツなら2~3枚、セーターやトレーナーなら1~2枚程度入ります。また、片面が色付きのため、中身が見えにくいのがポイントです。

シンプルなので幅広いシーンで活躍する衣服用圧縮袋。使いやすいモノを探している方におすすめです。

ニトリ 消臭・抗菌 手押し衣類圧縮袋 Lサイズ 2枚入り 8491115

ニトリ 消臭・抗菌 手押し衣類圧縮袋 Lサイズ 2枚入り 8491115
消臭・抗菌加工が施され出先での使用にもぴったり

掃除機やアイロンを使わない手押しタイプの衣類用圧縮袋です。1枚あたりのサイズが約横45×奥行き65cmで、セーターなどは2~4枚、バスタオルは1~2枚、下着は6~12枚程度入れられます。

また、表面は中身が見えにくいグレーの色味を採用し、裏面は中身が見やすい透明に設計しているのが特徴。他人から収納物を隠しやすく、取り出す際は探す手間を省けるのが魅力です。さらに、空気が戻らない逆止弁を搭載しています。スライダー付きなので、スムーズに圧縮できるのも持ち味です。

加えて、消臭・抗菌加工を施しているため、衣類を衛生的に保管できるのも嬉しいポイント。旅行や出張で使いやすいモノを探している方におすすめです。

レック(LEC) 消臭 衣類圧縮袋 逆止弁付き M L LL 各1枚入

レック(LEC) 消臭 衣類圧縮袋 逆止弁付き M L LL 各1枚入
消臭剤配合で、衣類の臭いを予防できる

M・L・LLサイズが1枚ずつ入った衣類用圧縮袋です。MサイズはTシャツ2~3枚、Lサイズはシャツ2~3枚、LLサイズはフリースやセーターが2~3枚入ります。サイズによって色が違うため、仕分けしやすいのがポイントです。

さらに、裏面は中身を確認しやすい透明タイプ。表面は目隠しとしても役立つ、かわいいトラベル柄をあしらっています。圧縮方法は、掃除機不要の手押しタイプ。空気が逆戻りしにくく、押すだけで簡単に圧縮できます。

また、ファスナーを閉じやすいスライダー付き。取り付け済みのスライダーなので、紛失する恐れがないのがメリットです。

そのほか、消臭剤を配合し、衣類の臭いを予防する効果が期待できます。下着から上着まで対応できるので、旅行や出張で役立つモノを探している方におすすめです。

リムーブエアー(Remove Air) 衣類圧縮袋 10枚アソートセット

リムーブエアー(Remove Air) 衣類圧縮袋 10枚アソートセット

特許取得済みの新型逆止弁構造を施した衣類用圧縮袋です。本体下部にあるバルブフィルムと2本の糸を組み合わせることで、空気の抜けやすさが向上しています。スライダーで閉じたら、くるくると巻くだけで空気が抜ける構造です。

また、抜けた空気が戻りにくく、真空状態を長く保てるのが魅力。掃除機不要でコンパクトにまとまるのがポイントです。上に乗って空気を抜くこともできるため、しっかりと圧縮したいときにも適しています。

タオル・下着・Tシャツなどを複数枚入れられるMサイズと、トレーナーやフリースなどを入れるのにぴったりのLサイズ、ダウンジャケットなども入るLLサイズがセット。ビビッドな色合いで仕分けもやすいため、スーツケース用を探している方にもおすすめです。

DELLEPICO 衣類圧縮袋 M5枚+L5枚

DELLEPICO 衣類圧縮袋 M5枚+L5枚

厚みのある素材を採用した衣類用圧縮袋。耐久性があり、繰り返し使いやすいのがメリットです。また、ダブルスライダーチャック式を採用。気密性の高いスライダーを使っており、空気を漏らしにくい設計が魅力です。

さらに、巻くだけで圧縮できる手押しタイプ。掃除機を使わず約半分まで圧縮できるため、コンパクトにまとまります。下着が4~5枚程度入るMサイズと、下着5~6枚程度入るLサイズがそれぞれ5枚ずつセットで、衣類のサイズに合わせやすいのもポイントです。

シンプルなデザインで中身を把握しやすいのも利点。コスパよく使えるモノを探している方におすすめです。

ラッキーシップ 衣類圧縮袋 Lサイズ 10枚組 Bon Voyage

ラッキーシップ 衣類圧縮袋 Lサイズ 10枚組 Bon Voyage

約横34×縦50cmのLサイズが10枚入った衣類用圧縮袋です。1枚あたりセーターを1~2枚入れられるほか、アウターの圧縮にも使えて便利。透明タイプのため、中身をすぐに把握できるのもメリットです。

また、吸引不要で、上から押さえて手で丸めるだけで約半分に圧縮できるのが特徴。スムーズに開閉できるスライダーチャック式を採用しており、気密性に優れています。

アメニティグッズやお土産の圧縮にも使えるため、旅行や出張の際にもおすすめ。10枚入りなので、種類別に小分けしやすい衣類用圧縮袋です。

Love-KANKEI 衣類圧縮袋 M・L各5枚+XL2枚

Love-KANKEI 衣類圧縮袋 M・L各5枚+XL2枚

柔らかくて破れにくい素材を使った衣類用圧縮袋です。二重チャックの設計のため、優れた気密性を実現しています。固定スライダーなので開閉しやすく、スライダーの紛失を予防できるのも特徴です。

さらに、掃除機不要で圧縮できるうえ、衣類などをコンパクトに収納できます。Sタイプ逆流防止デザインや空気が戻らない特殊構造を施し、素早く圧縮しやすいのがポイント。透明タイプを採用しており、中身が見やすく、衣類を探す手間が省けるのもメリットです。

また、防塵・防湿効果などがあり、害虫・ホコリ・カビ・悪臭から服をガードします。衣替えなど、長期保管にもぴったりです。3サイズ入っているので、衣類の大きさに合わせて仕分けできるのも利点。多くの衣類を保管したい方におすすめです。

JTB商事(JTB Trading) 衣類の圧縮袋 Lサイズ 2枚入 517014005

JTB商事(JTB Trading) 衣類の圧縮袋 Lサイズ 2枚入 517014005

半透明の素材を採用した衣類用圧縮袋です。チェック柄を施しているため、遠目からだと中身が見えにくいのがポイント。しかし、柄のすき間からは中身が判別できるため、探す手間を軽減できます。

セーターなら2~3枚、ジャケットなら1枚、パジャマ上下やバスタオルなども収納可能。チャックはスライダー付きで、スムーズに開閉できるのが魅力です。

繰り返し何度も使える使い勝手のよいモノを探している方にもおすすめです。

アストロ ポンプで圧縮 衣類保管袋 5枚組 623-03

アストロ ポンプで圧縮 衣類保管袋 5枚組 623-03

専用の手動ポンプが付属した衣類用圧縮袋です。圧縮を均一にかけられるため、衣類を傷めにくいのがポイント。また、吹き戻しを抑える設計なので、臭いの原因につながる雑菌や、ホコリの侵入を予防できる効果が期待できます。

80ミクロンの厚手フィルムを採用しているのも特徴。加えて、空気が逆流しにくいバルブ式や二重チャック構造を組み合わせることで、優れた気密性を実現します。簡単に圧縮したい方におすすめです。

さらに、ポップでかわいいフルーツ柄を施し、中身が見えにくいのも利点。裏面は透明なので、袋を開けずに中身が確認できます。1枚につき衣類3~7枚入れられる収納力も魅力。掃除機や手押しにも対応しているため、自宅でも旅行先でも使えます。

ヴァンガード(VANGUARD) 衣類圧縮袋 スヌーピー柄 M2枚セット

ヴァンガード(VANGUARD) 衣類圧縮袋 スヌーピー柄 M2枚セット

人気キャラクターのスヌーピーをあしらった衣類用圧縮袋です。かわいいだけでなく中身を隠すのに役立ちます。裏面はロゴを全体にプリントしており、しっかり目隠しできるのが特徴。表面はイラストのすき間から中身を確認できるため、衣類を取り出す際に探しやすいのもポイントです。

また、1枚あたりTシャツ3枚程度入れられるので、コンパクトに収納できるのが魅力。スライダーが付属しているため、スムーズに開閉できます。スヌーピー好きの方におすすめの圧縮袋です。

YAOTE 超便利旅行圧縮バッグ

YAOTE 超便利旅行圧縮バッグ

衣類をバッグに入れて圧縮ジッパーを閉めるだけの衣類用圧縮袋。スーツケース内のスペースを約50%節約できると謳うほど、コンパクトに収納できるのが特徴です。

また、Yシャツ・ワンピース・ジーンズ・スカートなど、さまざまな衣類の収納に対応しているのがポイント。2~3泊の旅行に適したサイズ感です。2方向から衣類を入れられるため、きれいな衣類と汚れた衣類を分けられるのもメリット。管理や整理整頓がしやすい製品です。

さらに、バッグの内側は防水機能を採用しています。汗が付いた衣類や使用済みの水着など、少し濡れた衣類も入れられるのが魅力。手荷物が多い方や収納が苦手な方におすすめです。

シフレ(siffler) 旅行用圧縮袋 ぺタコ 2枚入 TRC7066

シフレ(siffler) 旅行用圧縮袋 ぺタコ 2枚入 TRC7066

約1秒で圧縮できると謳う旅行用圧縮袋。衣類を入れて上から座るだけで圧縮を完了できるのが魅力です。逆止弁構造を施しており、空気の戻りも予防できます。さらに、表面にエンボス加工を採用しているため、中身の出し入れがスムーズに行えるのもおすすめのポイントです。

厚手の衣類やアウターもコンパクトに収納できるうえ、かさばりやすい赤ちゃんのおむつも入れられます。また、片面だけが透明なので、中身を隠したり確認したりしやすいのがメリットです。

素早く簡単に圧縮できるため、旅行・出張・アウトドアなど、幅広いシーンで重宝します。

HomeFirst 圧縮バッグ 6点セット

HomeFirst 圧縮バッグ 6点セット

バッグタイプの衣類用圧縮袋です。ジッパーを利用して衣類を圧縮します。複数の衣類をコンパクトにまとめられるため、スーツケース内のスペースを有効活用できるのが特徴。また、持ち手が付いており、バッグとしてそのまま持ち運びすることも可能です。

S・M・Lサイズの圧縮バッグに加えて、シューズケース・洗面用具ポーチ・パスポートケースが付属しています。衣類から小物・パスポートまで、サイズに合わせて収納できるため、整理整頓が苦手な方におすすめです。

小さな鍵やペンも入る、優れた収納力や利便性が魅力。表面は滑らかで防水性があり、濡れてもサラサラ感をキープしやすいのがメリットです。自宅での仕分けやおもちゃの片付け、アウトドアでの収納など、さまざまなシーンで活躍する衣類用圧縮袋です。

アール 圧縮用 クローゼット棚上用 マチ付 2枚組 Airsh対応 re-011

アール 圧縮用 クローゼット棚上用 マチ付 2枚組 Airsh対応 re-011

32cmのマチがある衣類用圧縮袋です。ジャンパーなら4枚、セーターなら12枚程度入れられるサイズ感が特徴。奥行き35cmのクローゼット棚上ケースにぴったり収納できます。場所をとりがちな、ダウン80%以上の羽毛布団も圧縮できるのがポイントです。

一般的な掃除機はもちろん、別売りの電動吸引機「エアッシュ」を使えばよりスピーディに圧縮可能。空気の戻りがなくロック不要のオートバルブ式のため、簡単スムーズに使えるのが魅力です。

また、空気が漏れにくい二重チャック構造を採用しています。スライダーは取り付け済みなので紛失の恐れが少ないのも利点。クローゼット内のスペースを有効活用したい方におすすめの衣類用圧縮袋です。

アール 入れやすい 一体型圧縮ハードBOX ah-001

アール 入れやすい 一体型圧縮ハードBOX ah-001

圧縮袋と収納ケースが一体化した衣類用圧縮袋です。サイズは約幅39×奥行39×高さ25cmで、セーターやトレーナーなら約16枚入ります。側面板でしっかり形をキープするハードタイプのため、型崩れせずに積み重ねられて便利です。

大容量ながら、クローゼットの上棚にも設置しやすく、スペースを効率よく使いやすいのが魅力。収納ケースを購入する必要もないので、コストを抑えたい方にもおすすめです。

圧縮袋は開口部が大きく開くため、衣類の出し入れがスムーズ。自動ロックバルブを採用しているので、掃除機を止めるだけで圧縮が完了します。また、ケースには透明窓を採用しており、中身を把握しやすいのが嬉しいポイントです。

衣類圧縮袋のおすすめアイテム|大きめサイズ

ニトリ 吊るせるコート用圧縮袋 2枚入り 8491111

ニトリ 吊るせるコート用圧縮袋 2枚入り 8491111

かさばりやすいコートを吊るして、省スペースで保管できるハンガータイプの衣類用圧縮袋です。ハンガーは2連フックのため、2着同時に収納できるのがポイントです。

ダウンコートのように厚みのあるモノも入れられます。冬物アウターの置き場所に困っている方におすすめのアイテムです。

また、キャニスター型の掃除機であれば、バルブにノズルを当てるだけで圧縮可能。簡単に圧縮できるオートロックバルブ式を採用しています。さらに、チャックの開閉状態を把握しやすいカラーチャックなのもメリットです。

ニトリ 押入ケース用圧縮袋 ハーフサイズ 2枚入り 8491105

ニトリ 押入ケース用圧縮袋 ハーフサイズ 2枚入り 8491105

セーターやフリースなどが14枚入る圧縮袋です。マチがあり、収納ケースへきれいに入れやすいのがポイント。引き出しタイプの収納ケースにも対応できるため、押し入れやクローゼット内のスペースを効率よく使えます。

また、キャニスター型の掃除機が使用できるので、バルブにノズルを当てるだけで圧縮可能です。凸型形状ノズルにも対応しています。スライダーが付属しており、スライダーを滑らせるだけで閉められるのも特徴。シンプルで使いやすい圧縮袋を探している方はチェックしてみてください。

東和産業(TOWA) 防ダニ 押すだけ衣類圧縮パック

東和産業(TOWA) 防ダニ 押すだけ衣類圧縮パック

マチが10cmある衣類用圧縮袋です。中綿入りジャンパーやスキーウェアなど、厚みのある衣服を2~3枚程度入れられます。フィルムの内側には無機系防ダニ剤を練り込み、衛生的に保管しやすいのが魅力です。

掃除機や手で押すだけで圧縮可能。4つの脱気口を搭載し、スピーディに圧縮できるのが特徴です。また、スムーズに開閉できるスライダーが付属しています。スライダーは圧縮パックに取り付けられており、紛失のリスクを軽減できるのもポイントです。

さらに、開閉の確認がしやすいカラーチャックを採用しています。開け閉めしやすいタイプなのが利点。季節物を衛生的に保管したい方におすすめの衣類用圧縮袋です。

東和産業(TOWA) KP 吊るせる衣類圧縮パック ロング2枚入

東和産業(TOWA) KP 吊るせる衣類圧縮パック ロング2枚入

吊るしたまま圧縮できるハンガータイプの衣類用圧縮袋です。衣類をハンガーにかけまま圧縮袋のリングに引っ掛けることで、複数枚一気に圧縮できるのがポイント。1袋につき2~3着ほど入れられるので、冬物を省スペースで収納したい方におすすめです。

外側のバルブから吸引するため、衣類に掃除機のノズルが触れず、衛生的に圧縮できるのが特徴。また、付属しているフックとリングは、それぞれ360°回転します。ポールに引っ掛けやすく、スペースが狭くても作業しやすいのがポイントです。

さらに、掃除機を止めると自動でバルブが閉まり、空気の逆戻りを予防できるのが魅力。閉じた部分の色が変わるカラーチャックを使用しており、きちんと閉まっているのか確認しやすいのもメリットです。

ロングダウンやベンチコートも入れられる、145cm丈の大きなサイズ感。マチありなので、厚手の衣類もしっかり収納できます。

東和産業(TOWA) MVG 衣類圧縮パック M1枚入り

東和産業(TOWA) MVG 衣類圧縮パック M1枚入り

32cmのマチがある衣類用圧縮袋です。マチが広いので、衣類をひとまとめに収納できるのがポイント。セーターやトレーナーなら約15枚入る、優れた収納力を有しています。

また、まとめた衣類をそのまま衣装ケースに入れられて便利。クローゼットに収納しやすいモノを探している方におすすめです。

バルブタイプで、海外製掃除機の凸型吸引口にも対応しています。ノズルを離しても空気が逆戻りしない、オートロックバルブ式を採用しているのも嬉しいポイント。さらに、チャック部分が段違いの構造のため、スムーズに開けられるのがメリットです。

加えて、閉じると色が変わるカラーファスナーを採用しており、しっかりと閉まっているのか確認できます。

オリエント(ORIENT) BIO 超薄型バルブ 衣類圧縮袋コンパクト 2枚組 3385

オリエント(ORIENT) BIO 超薄型バルブ 衣類圧縮袋コンパクト 2枚組 3385

トレーナーなら約10枚圧縮できる衣類用圧縮袋です。バルブが薄型なので、重ね置きする際にバルブが邪魔にならない設計。押し入れやクローゼットを、すっきりまとめやすいのが魅力です。

また、空気の逆流を抑え、コンパクトに圧縮できるのが特徴。圧縮が終了したら、バルブの真ん中をワンプッシュするだけで密閉できます。家族ごとや種類別など、仕分けがしやすいため、衣替えに役立つ大容量タイプを探している方におすすめです。

オリエント(ORIENT) BIO フラットバルブ式衣類圧縮袋コンパクト 1枚入 3227

オリエント(ORIENT) BIO フラットバルブ式衣類圧縮袋コンパクト 1枚入 3227

抗菌・防臭・防ダニシートが入った衣類用圧縮袋です。銀イオンやセラミックの力により、衣類を大切に保管できます。有効期間は約1年と長く、保管中の臭いやダニが気になる方におすすめです。

また、空気の逆流を抑えるフラットバルブが採用されているのも魅力。掃除機のノズルを当てて吸引すると、自動的にフタが開きます。本体とバルブは一体化しているため、フタが外れる心配がないのもポイントです。

加えて、圧縮後にノズルを離すと自動でフタが閉まり、最後にワンプッシュするだけのセミオートマチック方式を採用しています。バルブが薄く、平らに収納できるので省スペースで保管可能。トレーナーを約10枚入れられる収納力を有した製品です。

wakiyaku 圧縮袋付き 収納ケース Aタイプ

wakiyaku 圧縮袋付き 収納ケース Aタイプ

収納ケースと一体化した圧縮袋です。圧縮袋を収納ケースに取り付けられる設計。衣類や布団を圧縮袋に入れて掃除機で吸引すれば、ケース内で衣類が圧縮される仕組みです。ケースの形を保ったまま収納できます。

積み重ねができるうえ、左右に2ヶ所取っ手も付いており、持ち運びしやすいのがポイントです。また、ケースには透明窓を採用しています。チャックを開けなくても中身が確認できるので、探す手間が省けて便利です。

収納ケースは撥水性に優れ、中に入れた衣類や布団が守れる素材を使用しています。収納物をしっかり固定する、ロックベルトも付属しているのも嬉しいポイント。さらに、圧縮袋は気密性に優れた丈夫な素材です。しなやかで破れにくく、ダニやカビの発生を予防します。

サイズが約105×45×15.5cmと、敷き布団や掛け布団も入るサイズ感。大容量の圧縮袋を探している方にもおすすめです。

Opaza 布団圧縮袋 6枚セット

Opaza 布団圧縮袋 6枚セット

MサイズとLサイズが3枚ずつ入った大容量タイプの圧縮袋です。Mサイズは約横80×縦60cmで、枕やセーターなどを複数収納可能。Lサイズは約横110×縦80cmで、シングルの掛け布団・毛布・厚手の衣類などを入れられます。衣類も布団も圧縮できるモノを探している方におすすめです。

圧縮袋の外側に付いたバルブに、掃除機のノズルを当てて吸引するだけで圧縮できるのが利点。逆流防止シリコン・キャップ・二重チャックにより、空気の漏れを軽減します。また、チャックにはスライダーが付き、スムーズに密封できるのが魅力です。

耐久性に優れた素材を採用しており、繰り返し使いやすいのがポイント。さらに、防菌・防カビ・防虫・防臭機能などを備え、長期保管に役立ちます。使い勝手に優れ、幅広い用途で活躍する圧縮袋です。

石崎資材 衣類まとめて圧縮袋 衣装ケース用 CP-02B

石崎資材 衣類まとめて圧縮袋 衣装ケース用 CP-02B

衣装ケース2個分の衣類をまとめられる衣類用圧縮袋です。マチがあるので、ダウンジャケットなど厚みのある羽毛製品も圧縮できます。また、バルブが1.2cmと薄型のため、コンパクトに収納できるのが魅力です。

さらに、湿気インジケータを搭載しています。圧縮袋の中の湿度が70〜80%を超えるとインジケータの色がピンクに変わるため、一目で湿度を確認できて便利です。誤って湿った衣類を入れてしまっても数時間後には判明するので、カビの発生を予防できます。

また、圧縮袋とスライダーが一体化し、紛失するリスクを軽減できるのも嬉しいポイント。しっかり密閉できるモノを探している方におすすめです。

CLEVHOM 衣類圧縮袋

CLEVHOM 衣類圧縮袋

MサイズとLサイズがそれぞれ3枚ずつ入った衣類用圧縮袋です。Mサイズはジャケットなら4枚、Tシャツなら30枚程度入り、Lサイズは布団が3~4枚ほど入る容量。衣類も布団もたっぷり入れられ、衣替えや季節物の保管に役立ちます。

さまざまな掃除機に対応しているほか、手押しでも圧縮できるのがポイント。チャックはスライダー式で開閉しやすい設計です。カラーチャックなので密着具合をしっかり確認できます。また、片面は透明のため中身が見やすく、探す手間が省けて便利です。

丈夫な素材を採用しており、優れた気密性と防水性を備えています。湿気やホコリから収納物を守り、長期間保管していても臭いの発生を軽減できるのが魅力。たっぷり収納できる衣類用圧縮袋を探している方におすすめです。

CLEVHOM 圧縮ボックス

CLEVHOM 圧縮ボックス

サイズ約横53×縦38×高さ30cmのボックスが付いた圧縮袋です。布団なら3~4枚、冬服なら6~16枚、夏服なら20~25枚入る大容量タイプ。ボックスの内側に入ったPPプレートが支えるため、型崩れしにくく重ねて保管することもできます。

バルブは大気圧差の原理を活用し、空気漏れを効果的に予防するのが特徴。気密性に優れ、カビ・ダニ・ホコリ・湿気などの侵入をガードします。また、圧縮袋は破れにくく、丈夫で長持ちするのも嬉しいポイント。ボックスと圧縮袋は別々でも使えるため、使い勝手のよいモノを探している方におすすめです。

さらに、ボックスにはカードスロットが付属。収納したモノをメモして入れれば、探す手間を省けます。そのほか、ボックスの両側には持ち手と引き手が付いているので、持ち運びしやすいのもポイントです。

衣類用圧縮袋の売れ筋ランキングをチェック

衣類用圧縮袋のランキングをチェックしたい方はこちら。