コーヒーを楽しむためには欠かせない「コーヒーカップ」。製品によって形状や素材、容量などが異なるので、購入の際に迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、コーヒーカップの人気ブランドとおすすめのアイテムをご紹介します。選び方もあわせて解説しているので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

コーヒーカップとは?

By: amazon.co.jp

コーヒーカップには、コーヒー本来の旨味や香りを堪能するための工夫が施されています。使用する豆にもよりますが、コーヒーの抽出温度は80~95℃が理想。温度が比較的低いため、保温性を高めるためにカップの背を高くし、全体的に厚くしているのが特徴です。

また、コーヒーの醍醐味といえば芳醇な香り。せっかくの香りが飛んでしまうのを防ぐために飲み口は狭めに作られ、カップ底から飲み口までがほぼ同じ幅である筒形タイプが多いのもポイントです。

ティーカップとの違い

By: amazon.co.jp

ティーカップは、紅茶の美味しさを最大限に引き立てるために作られたカップ。コーヒーと紅茶では淹れ方や特徴が異なるので、カップの構造も変わります。抽出温度が比較的低いコーヒーに対し、紅茶は95℃以上の沸騰したお湯で抽出されるのが特徴。そのため、少し冷ますことで飲みやすくなるようにカップ全体は薄く、飲み口は広く作られています。

また、紅茶は透明度が高くカップ内部が透けて見えることから、ティーカップの内側にまで美しいデザインを施していることが多いのも魅力。一方、コーヒーはカップ内部が見えないので、内側は無地のモノがほとんどです。

なお、最近ではコーヒーと紅茶どちらにも使用できる兼用カップも販売されています。形状はティーカップと似ていますが、全体的に厚みがあるのが特徴です。それぞれのカップの違いを踏まえ、コーヒーと紅茶それぞれの美味しさを堪能してみてください。

コーヒーカップの選び方

コーヒーカップの種類で選ぶ

レギュラーカップ

By: amazon.co.jp

一般的なレギュラーホットコーヒーを飲む際に使用されるのが、レギュラーカップです。ドリップコーヒーの分量の目安に合わせた大きさで、取っ手とソーサーが付いています。製品によって飲み口の厚みなど細かな違いがあるため、コーヒーの風味に合わせて使い分けることが多いのも特徴です。

デミタスカップ

By: amazon.co.jp

レギュラーカップの約半分の容量がデミタスカップです。フランス語でデミは「半分」、タスは「カップ」という意味を持ちます。トルココーヒーやエスプレッソなど、濃いめに抽出した少量のコーヒーを飲む際に使用されるカップです。

エスプレッソカップ

By: amazon.co.jp

容量が小さく、エスプレッソを最大限に美味しく楽しむために作られたカップをエスプレッソカップと呼びます。少量で冷めやすいエスプレッソに合わせた、厚みのある作りが特徴です。カップに付いている小さな取っ手をつまむように持って使用します。

マグカップ

By: amazon.co.jp

レギュラーカップよりも容量が大きく、ソーサーが不要なモノがマグカップです。サイズが大きいためデザイン性に富んでおり、さまざまな材質が使われているのも特徴。コーヒー以外に、スープの容器として使うのもおすすめです。

カフェオレボウル

By: amazon.co.jp

カフェオレボウルは、大容量で取っ手が付いておらず全体的に丸みのある形状のモノ。名前の通り、コーヒーにミルクを加えたカフェオレを飲む際に使用します。フランスでは「朝食用ボウル」とも呼ばれ、スープやコーンフレークを食べる際にもおすすめの器です。

カプチーノカップ

By: amazon.co.jp

エスプレッソにミルクを加えて作るカプチーノやカフェラテに使用するのがカプチーノカップです。定番レシピに沿った容量でカプチーノやカフェラテを作ると、ちょうどカップの縁いっぱいにできあがります。なお、ミルクによって温度が冷めてしまうことを防ぐために、保温性を重視して厚めに作られているのも特徴です。

コーヒーカップの素材で選ぶ

磁器

By: amazon.co.jp

磁器は岩石に粘土を混ぜて成形し、1300℃の高温で焼き上げた器です。硬く耐久性に優れているほか、吸水性がないためシミなどが付きにくいといわれています。

素地が白く透光性があり、ツルツルとした質感を醸し出す上品な雰囲気が魅力です。なお、磁器のなかでも特に白色度の高い「白磁」と呼ばれる種類は、洋食器の素材として昔から高い人気を博しています。

ボーンチャイナ

By: amazon.co.jp

ボーンチャイナとは、牛の骨灰を混ぜて作られた磁器のこと。なめらかな乳白色の色味と光沢のある仕上がりが特徴です。通常の磁器と比べて強度や透光性が高いことから、多くの高級ブランドがボーンチャイナのコーヒーカップを製造しています。

陶器

By: amazon.co.jp

陶器は土を原料とし、陶土と呼ばれる粘土で成形して800~1200℃で焼き上げた器です。表面は目が粗くザラザラした手触りであるほか、保温性に優れているのが特徴。和食器に多く用いられる素材であり、あたたかみのある雰囲気が好きな方におすすめです。

その他

By: amazon.co.jp

最近では、耐熱ガラス素材のコーヒーカップも人気を博しています。透明感のあるガラスが叶える洗練された雰囲気はもちろん、コーヒー本来の色味を楽しめるのも魅力です。コーヒーの種類に合わせた専用グラスも販売されています。

なお、素朴な雰囲気を持つホーロー素材は昔から根強い人気です。強い耐酸性を持つことからコーヒーの風味が落ちにくく、コーヒー本来の味わいを楽しめるのがポイント。耐久性にも優れているので、キャンプやスポーツなどのアウトドアシーンでも活躍します。

また、アイスコーヒーを飲むときには銅素材もおすすめ。銅は熱伝導率が高いため、アイスコーヒーを注いだ瞬間にカップ全体がキンキンに冷えて清涼感が肌や唇に伝わり、より美味しく感じられます。

容量をチェック

By: amazon.co.jp

コーヒーカップは種類により容量が異なります。レギュラーカップは120~180ml、デミタスカップは60~90ml、エスプレッソカップは20~60ml、マグカップは180~250ml、カフェオレボウルは200~250ml、カプチーノカップは150~180mlです。

たっぷりコーヒーを飲みたいときにはマグカップを使用するなど、飲みたい容量に合わせて選ぶ方法もおすすめ。一方、コーヒーカップは、種類に適したコーヒーの味わいを最大限に引き立てられるように作られています。ぜひ好みのコーヒーとの相性を考慮したうえで選んでみてください。

飲み口の厚みをチェック

By: amazon.co.jp

飲み口の厚みによっても、コーヒーの味わいの感じ方が異なるといわれています。飲み口が薄いカップは口当たりが軽いのが特徴で、酸味があり軽やかなタイプのコーヒーがおすすめです。

なお、飲み口が厚いタイプは口当たりがまろやかでしっかりしているのがポイント。そのため、深いコクのあるコーヒーとの相性が良好です。エスプレッソカップが代表格といえます。

さらに、コーヒーカップの縁の形状も要チェック。縁が広がったタイプは、すすった瞬間にコーヒーが舌の上に広がって、酸味を感じる舌の両サイド部分を刺激するため、酸味やキレのある味わいを楽しめます。

一方、縁がまっすぐなタイプは、苦みを感じる舌の奥までコーヒーが一気に流れていくため、苦みと奥行きのある味わいを楽しめるのが特徴です。

セット販売されているかどうか

コーヒーカップは、来客時にも欠かせないモノです。そのため、来客用のコーヒーポットやシュガーポット、ミルクジャグの用意があると、コーヒータイムをより優雅に楽しめます。

コーヒーカップとソーサーのデザインを合わせてセットで販売されていることも多いので、ぜひチェックしてみてください。

コーヒーカップのおすすめブランド

ノリタケ(Noritake)

By: amazon.co.jp

森村市左衛門の手によって1904年に設立された「ノリタケ」は、白色の陶磁器で有名なブランドです。カップやソーサー、マグカップのほか、ボウルやポット、ピッチャーなど多彩な洋食器を製造しています。

ノリタケのコーヒーカップは、ラインナップが豊富。シンプルで使いやすいデザインのモノから、優美な外観を有しているモノまで、好みにあわせて選択できる点もおすすめです。また、プレゼント用のコーヒーカップとしても高い人気を集めています。

マリメッコ(marimekko)

By: amazon.co.jp

「マリメッコ」は、1951年にアルミ・ラティアの手によって創立されたブランド。アパレルの販売で知られていますが、小物やファブリック、食器なども多数製造しています。

マリメッコのコーヒーカップは、デザイン性の高さが魅力。ポップでおしゃれな外観を有した製品が多く、コーヒータイムを鮮やかに彩りたい方にもおすすめです。

ウェッジウッド(WEDGWOOD)

By: amazon.co.jp

「ウェッジウッド」は、英国陶工の父と呼ばれるジョサイア・ウェッジウッドによって設立されたイギリスのブランド。高級な洋食器を製造していることで知られています。

ウェッジウッドのコーヒーカップは、美しいデザインと堅牢性を兼ね備えた「ファインボーンチャイナ」が有名。キメの細かい素地に鮮やかかつ繊細な絵柄がデザインされており、高級感を感じられる点もおすすめです。

キントー(KINTO)

By: amazon.co.jp

東京に本社を構える「キントー」は、食器やキッチンツール、土鍋、プラントポットなどを製造する日本国内のブランド。シンプルながらおしゃれなデザインの製品を多数取り扱っていることで人気を集めています。

キントーのコーヒーカップは、素朴であたたかみを感られる外観が魅力。北欧風のデザインを好む方にもおすすめです。

コーヒーカップのおすすめ|シンプル

マリメッコ(marimekko) Siirtolapuutarha マグカップ

サミ・ルオッツァライネン氏によってデザインされた、ポップなコーヒーカップです。カップ側面に手書き風のドットパターンが描かれており、アパレルブランドの製品らしく、おしゃれな印象を与えられるのが特徴。ほかの食器やキッチンツールなどとマッチしやすいだけでなく、コーヒータイムに華やかさを付け加えたい場合にも便利です。

また、電子レンジの使用が可能。冷めたコーヒーをあたため直す際に移しかえる必要がないのもメリットです。さらに、食洗器に対応しているのも魅力。使用後に手洗いする手間を軽減できる点もおすすめです。

キントー(KINTO) CAST コーヒーカップ&ソーサー 220ml ステンレス

比較的リーズナブルな価格で購入できるにもかかわらず、おしゃれなデザインを採用しているコーヒーカップです。カップには耐熱ガラスを使用。ソーサーには、髪の毛のような繊細な線をつける加工の「ヘアライン加工」を施したステンレスを使用しており、ソーサーの表面に付いた傷が目立ちにくいのもメリットです。

また、持ちやすさにこだわってデザインされたハンドルが付いているのもポイント。握った際の指の位置や手の力点、カップにかかる重量などのバランスを考慮して設計されており、手のサイズを選ばず持ちやすい点もおすすめです。

さらに、食洗機や電子レンジに対応しているのも長所。使用後に手洗いする手間を省きたい場合や、冷めたコーヒーを再度あたためたい場合にも便利です。

キントー(KINTO) TOPO カップ&ソーサー 80ml

深煎りのコーヒーを布フィルターで抽出したデミタスコーヒー用にデザインされている製品です。カップのサイズは直径60×高さ55×幅80mm。容量は80mlで、レギュラーカップの半分ほどの容量を備えています。

カップの縁は厚みがあり、深いコクがあるコーヒーとの相性に優れているのが特徴。水から煮立てて上澄みだけを飲むトルココーヒーや、エスプレッソなどを飲む際にぴったりです。

また、アシンメトリーのデザインを採用しているのもポイント。緩やかなカーブ形状によって、コーヒータイムのリラックス感をより豊かに演出できる点がおすすめです。

イッタラ(ittala) ティーマ マグ 0.3L

ナチュラルで落ち着いた印象を与えるデザインを採用したコーヒーカップです。ベージュ系であたたかみを感じさせる外観を有しているのが特徴。ホワイト系のカラーとあわせる場合はもちろん、ブラック系の強い色とあわせればスタイリッシュながら柔らかな雰囲気を醸し出せます。

本製品はマグカップタイプで、容量約300ml。コーヒーカップの素材には磁器を使用しています。硬さがあり、耐久性に優れている点もおすすめ。電子レンジや食洗機に対応しているのも魅力のコーヒーカップです。

ハリオ(HARIO) 耐熱ティーカップ&ソーサー TCSN-1T

素材に耐熱ガラスを採用しているコーヒーカップです。アイスコーヒーはもちろん、ホットコーヒーにも使用可能。紅茶やハーブティーを入れるカップとしても使用できます

耐熱ガラス製なので、熱湯消毒も可能。清潔に使用したい場合にも便利です。また、食器洗い乾燥機での洗浄に対応しているのもポイント。使用後のメンテナンスに手間をかけたくない場合にもおすすめです。

ソーサーにもガラスを使用。透明で美しい外観を有している点もメリットです。

ハサミ(HASAMI) ブロックマグ

市販されているドリップコーヒーや、インスタントコーヒーに使用するのに適したコーヒーカップです。カップ上部と下部の間に段差が付いているのがポイント。本製品を重ねて収納できるのがメリットです。また、ハンドル下部分を斜めにカットした設計も長所。手に馴染みやすく丸く加工が施されており、カップを持った際に安定感がある点もおすすめです。

カップ内側には角がなく、洗いやすい設計。汚れが付きにくいので、洗い物の手間も軽減できます。また、カラーラインナップが豊富に用意されているのも魅力。家族やカップルで色違いのコーヒーカップを揃えたい場合にも適しています。

ヌォーバポイント(nuova POINT) エスプレッソコーヒーカップ パレルモ

陶器の町として知られる、イタリアのチヴィタカステラーナで創業された「ヌォーバポイント」が製造するコーヒーカップです。エスプレッソ用に設計されているのが特徴。量が少ないエスプレッソが冷めてしまうのを防ぐために厚みをもたせたデザインが採用されています。

カップのサイズは約直径6×高さ5.5cm。コンパクトなハンドルをつまむようにもって使用します。また、シンプルなデザインで使いやすいのもメリット。インテリアやほかの食器とマッチしやすい点もおすすめです。

イパ(Ipa) ミラノ カプチーノカップ

エスプレッソにミルクを入れて作るカプチーノはもちろん、カフェラテにも使用できるコーヒーカップです。口径が広めにデザインされており、ラテアートを楽しみたい場合にも便利。丸みのある外観はかわいらしい印象を与えます。

また、カップに厚みをもたせているのもメリット。カプチーノが冷めてしまうのを防ぎたい場合にも便利です。カップおよびソーサーの素材には磁器を使用。老舗陶器ブランドとして知られる「イパ」の製品らしく、品質に優れている点もおすすめです。

月兎印 マグカップ

素材にホーローを採用しているコーヒーカップです。強度に優れた鉄と美しさのあるガラスの長所をあわせもつホーロー。「月兎印」の製品は熟練の職人が手作業で製造しており、マグカップも品質に優れています。

また、縁の部分がカールした形状を採用しているのもポイント。コーヒーを飲む際に口当たりがやさしい点もおすすめです。容量は300mlと大きめに作られており、コーヒーだけでなくスープを飲む場合にも使用できます。

燕人の匠(ENJIN NO TAKUMI) 銅製マグカップ500ml AB-226

カップ本体の素材には銅、ハンドルには真鍮を使用しているコーヒーカップです。本体サイズは約直径85×幅115×高さ90mm。容量も約500mlとマグカップタイプとしては大きめに設計されており、たっぷりとコーヒーを楽しめます。

同素材は熱伝導性に優れており、アイスコーヒーの冷えがカップに伝わりやすい点もメリット。縁の部分に口を付けた際に清涼感が唇から伝わりやすいので、熱い季節に使用するコーヒーカップとしてもおすすめです。

スノーピーク(Snow Peak) チタンダブルマグ 300

アウトドアブランドとして知名度の高いスノーピークが製造するコーヒーカップです。折り畳み式のハンドルを採用しているのが特徴。収納や携帯時にコンパクトな形状にできるのがメリットです。

また、ハンドル部の形状が握りやすいのもポイント。しっかりと手にフィットするデザインが採用されています。カップの素材にチタニウムを使用しているのもメリット。軽量ながら堅牢性に優れており、アウトドアシーンで使用するコーヒーカップとしてもおすすめです。

さらに、ダブルウォールと呼ばれる2重構造が採用されています。保温機能に優れているだけでなく、縁を口にした際に熱さを感じにくい点も魅力です。

サーモス(THERMOS) 真空断熱マグカップ JDG-350

真空断熱構造を採用しているコーヒーカップです。優れた保温保冷機能を有しており、コーヒーの温度を飲み頃に保てるのが特徴。ゆっくりとコーヒーを楽しみたい場合にも便利です。

また、アイスコーヒーを入れた際に結露しにくいのもポイント。デスクやテーブル上を濡らさずに使用できるのもメリットです。また、熱いドリンクを入れた際に外側が熱くなりにくいのも魅力。ホットコーヒーを快適に楽しめる設計です。

フタが付属しているのも特徴。保温効果を高められるだけでなく、コーヒーにホコリが入ってしまうトラブルも予防できます。さらに縁の部分が丸みを帯びているのも魅力。コーヒーを味わう際に口当たりがよい点もおすすめです。

コーヒーカップのおすすめ|おしゃれ

ウェッジウッド(WEDGWOOD) フェスティビティ マグ

素材に陶器を使用しているコーヒーカップです。保温性に優れているので、あたたかいコーヒーを時間をかけて楽しみたい場合にぴったり。柔らかな印象を与える外観を有している点も魅力です。

カップ側面には、フルーツや花々の束を縄でつないだ花綱のデザインで仕上げられており、リーズナブルながら高級感を感じられるのもポイント。カラーも複数ラインナップされているので、カップルや夫婦で使用するコーヒーカップとしてもおすすめです。

また、電子レンジや食洗器に対応しているのもメリット。冷めたコーヒーをあたため直せるだけでなく、手洗いの手間を軽減できます。

キントー(KINTO) KRONOS ダブルウォール コーヒーカップ 250ml

耐熱ガラスの2重構造「ダブルウォール構造」により、飲み物を入れた際に浮遊感を楽しめるコーヒーカップです。素材に透明な耐熱ガラスを採用しているのが特徴。カップに注いだコーヒーが宙に浮いたように見えるのが魅力です。

また、カップ中央部にリング状のデザインがされているのもポイント。握った際に手にしっかりとフィットします。サイズは直径70×高さ100×幅85mm。電子レンジを使用してコーヒーをあたため直せるだけでなく、食洗器で手軽に洗浄できる点もおすすめです。

イッタラ(ittala) オリゴ マグカップ ハンドル付

カラフルかつポップなデザインが特徴的なコーヒーカップです。複数のカラーで彩られたストライプの模様が施されており、明るい印象を与えられるのが特徴。食器類のアクセントとして使用する場合に便利なだけでなく、多数な色が使用されておりさまざまなテーブルウェアとマッチします。

また、冷凍庫・電子レンジに対応しているのもポイント。コーヒーを凍らせてシャーベット状にしたい場合や、あたため直しをしたい場合にも使用できます。さらに、食洗機も使えるので、手洗いの手間を省ける点もおすすめです。

レノマ(renoma) レノマ コーヒーカップ&ソーサー5客セット R-8027 28436-9

アパレルブランドとして知られる「レノマ」が製造するコーヒーカップです。カップおよびソーサーが5人分セットになった製品。家族の人数が多い場合はもちろん、来客用のコーヒーカップを探している場合にもおすすめです。

また、モノトーンのデザインを採用しているのもポイント。おしゃれなだけでなく、ほかの食器やテーブル、部屋の雰囲気ともマッチしやすい外観を有しています。さらに、ギフトボックスが付属しているのもメリット。プレゼント用のコーヒーカップとしても魅力的です。

ワイヤードビーン(Wired Beans) 山形 生涯を添い遂げるマグ 新庄東山焼 レギュラー

天保12年に開窯された「新庄東山焼」の職人の手によって丁寧に作られているコーヒーカップです。出羽の雪のかげりの色といわれる「なまこ釉」を使用し、シンプルながら味わい深い外観に仕上げているのが特徴。深いブルーカラーによって重厚感を感じられる点も魅力です。

また、手作りのためにサイズや厚みにばらつきがあるのもポイント。愛着をもって使用できるコーヒーカップを探している場合にもおすすめです。カップの素材には陶器を使用。保温性にも優れています。

ストウブ(staub) Le Chawan L 40508-545-0

ホーロー加工が施されたなべの製造で知られる「ストウブ」が製造するコーヒーカップです。シンプルながらおしゃれなデザインを採用しているのが特徴。インテリアや部屋にマッチしやすい点も魅力です。

ハンドルの付いていないカフェオレボウルタイプなので、幅広い用途に使用が可能。コーヒーにミルクを入れたカフェオレはもちろん、スープやコーンフレークを入れる器としても使えます。

カップのサイズは直径12×高さ7cm。400mlの容量を備えており、大きめのサイズです。また、素材にセラミックを使用しているのもメリット。耐熱性に優れており、オーブンや電子レンジにも対応しています。

イルビゾンテ(IL BISONTE) ホーローマグカップ

財布やキーケース、キーホルダーなどの革製品で有名な「イルビゾンテ」が製造するコーヒーカップです。素材にホーローを採用しているのが特徴。金属の下地にガラス質の釉薬で仕上げており、耐久性とデザイン性を両立しています。

カップのサイズは直径10×高さ8.5cm。側面にはイルビゾンテのロゴマークがデザインされています。おしゃれなコーヒーカップとしてだけでなく、小物を入れてインテリアとして使用できる点もおすすめです。

ル・クルーゼ(Le Creuset) ネオ・マグ

シンプルながらデザイン性に優れているコーヒーカップです。モダンでシャープな印象を与える外観を有しているのが特徴。料理や食器の種類を問わず、マッチしやすいのが魅力です。

また、カラーバリエーションが豊富に用意されているのもポイント。好みのカラーを選択したい場合はもちろん、家族で色違いのコーヒーカップを揃えたい場合にも便利です。

ブルーボトルコーヒー(Blue Bottle Coffee) 清澄マグ

アメリカのコーヒーメーカー「ブルーボトルコーヒー」が製造するオリジナルのマグカップです。ブルーボトル日本1号店がある清澄白河の名「KIYOSUMI」を冠しているのが特徴。シンプルで洗練された外観を有しているのが魅力です。

カップのサイズは約直径90×高さ75×幅120mm。容量は340mlを有しており、コーヒーだけでなくスープを飲む際にも使用できます。また、食器洗浄機に対応しているのもポイント。使用後の洗浄に手間をかけたくない場合にも便利です。

さらに、電子レンジが使用できるのもメリット。コーヒーが冷めてしまった場合でも手軽にあたため直せます。

良木工房 YOSHIKI コーヒードリッパー セット 陶器 YK-P07

ピッチャー・ドリッパー・コーヒーカップ×2・ソーサー×2がセットになった製品です。大きめの穴を特徴的な円錐型のドリップが付属しており、濃厚なコーヒーを淹れられるのが特徴。容量400mlのピッチャーには、コーヒー以外に水やお茶も入れられます。

また、素材に陶磁器を採用しており、風合いや色合いを楽しめるのもポイント。質感の異なる光沢とマットな釉薬によって、ナチュラルであたたかみのある印象を与えられます。

コーヒーカップのおすすめ|ソーサーセット

ノリタケ(Noritake) レースウッドゴールド カップ&ソーサーペア 1507-14L/Y6578A

カップとソーサーが2つずつセットになった製品です。ブルーとピンクのカラーを採用しているのが特徴。カップルや夫婦で使用するコーヒーカップとしても適しています。ギフトボックスが付属しているので、結婚祝いのプレゼントとしてもおすすめです。

カップのサイズは約口径9.2×長径11.7×高さ6.5cm。ホットコーヒーだけでなく、紅茶を楽しみたい場合にも使用できます。

アラビア(ARABIA) 24h トゥキオ カップ&ソーサー

瞬間を意味するフィンランド語「トゥキオ」の名を冠しているソーサーセットです。カップおよびソーサーに手書き風の青い模様が施されており、シンプルながらおしゃれな外観を有しているのが特徴。1つ1つの模様は大切な時間を象徴しています。和・洋・中・エスニックなど、さまざまな料理にマッチする点も魅力です。

また、24時間使用できることをコンセプトに設計されている形状もポイント。朝晩を問わず使用でき、機能性に優れている点もおすすめです。

アラビア(ARABIA) パラティッシ ティーカップ&ソーサー

フィンランド陶芸界のプリンスと呼ばれるカイピアンネンがデザインを担当しているコーヒーカップです。2005年に一度廃番となったものの、再生産となったロングセラーモデル。かわいらしくおしゃれな外観を有しているのが魅力です。

また、電子レンジや食洗器に対応しているのもポイント。冷めたコーヒーを手軽にあたためられるだけでなく、使用後の洗浄にかかる手間も軽減できます。さらに、カップの素材に磁器を使用しているのもメリット。耐久性に優れてるので、長期間使用できるコーヒーカップを求めている場合にもおすすめです。

ヘレンド(HEREND) ウィーンの薔薇 メランジェカップ&ソーサー

カップ側面に描かれた一輪のバラが美しいおすすめのコーヒーカップです。丁寧に描かれたバラによって、繊細な印象を与えられるのが魅力。オーストラリアの貴族「ハプスブルグ家」専用のデザインが採用されています。

また、絵付がハンドペイントによって描かれているのもポイント。絵の位置や色、形状などが1つ1つ異なるので、世界に1つしかないコーヒーカップを所有する喜びが得られます。

ダンスク(DANSK) ビストロ コーヒーカップ&ソーサー

容量は180mlのレギュラーカップながら、縁がまっすぐでマグカップのような形状を採用している製品です。舌の奥までコーヒーが流れ込みやすく、奥行きのある深い味わいを感じやすいのが特徴。苦みのあるコーヒーを好む方にもおすすめです。

また、海と古きデンマークをイメージしたデザインが採用されているのもポイント。白を基調としたカップおよびソーサーに海を思い起こさせるブルーのラインが入っています。

コーヒーカップのおすすめ|高級

ウェッジウッド(WEDGWOOD) ワイルド ストロベリー ティーカップ&ソーサー リー

「ウェッジウッド」の製品のなかでも、世界中で愛されている「ワイルド ストロベリー」シリーズに属するコーヒーカップです。カップ側面やソーサー表面に花や葉が描かれており、やさしい印象を与えられるのが特徴。カップ・ソーサー・ハンドルはゴールドで縁取られており、高級感もしっかりと感じられます。

素材には「ファインボーンチャイナ」を使用。磁器に牛の骨灰を混ぜて作られており、美しい光沢を実現しています。また、強度や透光性に優れているのもポイント。高級ブランドの製品らしく、品質に優れている点もおすすめです。

マイセン(MEISEN) 波の戯れ コーヒーカップ&ソーサー 29582

口径7.5×高さ9.5cmの縦に長いデザインを採用している高級ブランドのコーヒーカップです。美しく白い輝きを実現する素地に、波のようなレリーフを施しているのが特徴。華やかな印象を与えられる外観を有しています。

また、インテリアや部屋、ほかの食器とマッチしやすいのもポイント。比較的シンプルなデザインのコーヒーカップを求めている場合にもおすすめです。

マイセン(MEISEN) ブルーオニオン ティー/コーヒー兼用カップ&ソーサー 800101/00582

美しい白い輝きに加えて、華やかさを感じられる絵が描かれた高級ブランドのコーヒーカップです。カップ側面やソーサーの表面にブルーオニオンと呼ばれるタマネギや桃のような果物、竹などをバランスよく描かれているのが特徴。中国伝来のおめでたいモチーフが用いられているため、お祝いのプレゼントにも適しています。

手作業で1つ1つ丁寧に描かれており、繊細に仕上がっている点もおすすめです。

ロイヤルコペンハーゲン(ROYAL COPENHAGEN) ブルーフルーテッド ハーフレース カップ&ソーサー 1102071/1017205

幅広い用途に使用できる高級ブランドのコーヒーカップです。カップの容量は170mlのレギュラータイプ。ホットコーヒーやカフェラテ、紅茶、ハーブティーなどに使用できます。

また、エレガントな印象を与えるレースの縁取りもポイント。華やかな外観を有しているだけでなく、手描きでブルーの繊細な装飾が施されている点もおすすめです。

ナルミ(NARUMI) ミラノ マグカップ 330cc 9682-2530

素材にボーンチャイナを採用しているコーヒーカップです。磁器に牛の骨灰を混ぜて作られており、なめらかな乳白色と美しい光沢を実現しているのが特徴。耐久性にも優れており、長期間使用する場合だけでなくプレゼント用としてもおすすめです。

カップサイズは長径116×短径82×高さ90mm。高級ブランドの製品ながら、使いやすい容量330mlのマグカップタイプにデザインされています。また、縁がまっすぐな形状を採用しているのもポイント。コーヒーの苦みや、奥行きのある味わいを楽しみたい場合にもぴったりです。

コーヒーカップのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

コーヒーカップのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

番外編:コーヒーカップの持ち方

コーヒーカップには、正しい持ち方があります。レギュラーサイズまたは小さめのサイズを持つ際には、取っ手には指を通さないのがマナー。取っ手をつまむように持ち、人差し指や中指の先をカップ側面に添えるとスマートに見えます。

また、マグカップや大きめサイズを持つ場合には、人差し指を取っ手に通して丸め、親指と中指で取っ手を上下から挟み込むように添えると、持ちやすくなるのでおすすめです。

なお、ソーサーに置くときやスプーンでかき混ぜる際には音を立てず、静かに楽しむのも大切なマナーのひとつ。コーヒーカップの持ち方や飲み方を普段から意識して、より優雅にコーヒーを楽しんでみましょう。