チョークホルダーは手を汚さずにチョークを使える便利なアイテム。チョークホルダーを使うと袖口と黒板の間に距離が生まれて汚れにくくなるのがメリットです。短くなったチョークに装着できるモノを使えば、文具にかかる経費も削減できます。

さまざまなサイズやデザインのチョークホルダーがあるので、使いやすいモノを選ぶのがおすすめ。そこで今回はチョークホルダーの選び方とおすすめの製品をご紹介します。

チョークホルダーとは?

By: amazon.co.jp

チョークホルダーはチョークに取り付ける鉛筆キャップのような製品です。短くなったチョークに取り付けると文字が書きやすくなり、ぎりぎりまで使えるのがメリット。チョークに直接触れることなく文字が書けるため、使うたびに手が汚れて困っている方にもおすすめです。

また、キャップやフックが付いたモノは、チョークの粉でカバンの中や胸ポケットが汚れにくいのがポイント。磁石付きのモノは黒板に貼り付けできるので、チョークを落としたり紛失したりするトラブルを防げます。材質もさまざまなため、自分のニーズに合うモノを選びましょう。

チョークホルダーの選び方

素材をチェック

長く使いたいなら「真鍮・ステンレス」

By: rakuten.co.jp

高級感があるチョークホルダーを長く愛用したい場合は、真鍮製のモノがおすすめです。銅と亜鉛の化合物である真鍮は腐食と形状変化を起こしにくく、大切に扱えば長期間使用できます。また、見た目が上品でデザインもおしゃれなのが魅力です。

真鍮はサビに弱いため、湿気の多い場所での使用や水濡れに注意しましょう。屋外で使用すると腐食する可能性があるため、教室など室内で使うのがおすすめです。また、アルミやプラスチックより重いので、軽いモノを使いたい方には適していません。価格はアルミやプラスチックのモノよりも高い傾向にあります。

ステンレスは耐久性が高くサビにも強いため、屋内外で使用可能です。耐水性もあり濡れた手で触ってもほとんど問題がありません。また、真鍮よりも軽量で扱いやすいのも魅力です。

ステンレス製で品質がよいモノは価格がやや高めなので、安価なモノを気軽に使いたい方には適していません。購入の際は予算と相談して決めましょう。

軽く使いやすい「アルミニウム・アルミ合金」

By: amazon.co.jp

できるだけ軽くてプラスチックよりも丈夫なモノを使いたい場合は、アルミニウム製のチョークホルダーを選ぶのがおすすめです。アルミニウムは軽量な素材なので、チョークを使う頻度が高い方にも適しています。サビにも強いため、屋内だけでなく屋外でも使用可能です。

アルミニウムは金属のなかでも柔らかい性質で、力を入れて握ったり落としたりすると変形する恐れがあります。重い物をのせると潰れる恐れがあるため、注意が必要です。変形するとチョークに装着できなくなるので、丁寧に扱いましょう。

アルミニウム合金は、アルミニウムに銅やマンガンなどの金属を加えて強度を高めている金属です。アルミニウムよりも丈夫で耐久性があるチョークホルダーを使いたい場合は、アルミニウム合金のモノを使うのがおすすめです。

デザイン豊富な「プラスチック」

By: amazon.co.jp

おしゃれなデザインのチョークホルダーを使いたい方には、プラスチック製のモノがおすすめです。プラスチックは成形しやすい素材なので、さまざまな形状のチョークホルダーが販売されています。手にしっくり馴染んで使いやすいモノが多いため、初めてチョークホルダーを使う方にもおすすめです。

プラスチックは軽量で扱いやすいのも魅力のひとつ。授業で長時間チョークを使用する教師の方にもおすすめです。軽量でペンケースやカバンに入れて携帯しやすいのもメリット。耐水性もあるため汗をかいた手で使用してもチョークがベタつかず快適に使用できます。価格が安いのも魅力です。

プラスチック製のチョークホルダーは、落としたりぶつけたりすると割れる可能性があります。他の素材に比べると傷が付きやすいのもデメリットです。プラスチック製のモノは、破損や痛み具合に応じて買い替える必要があることも理解したうえで購入しましょう。

使用するチョークの太さに合ったモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

チョークホルダーは製品によって装着できるチョークの太さが異なります。チョークホルダーの仕様に装着できるチョークの太さが明記されているため、購入前に確認しておきましょう。装着できるチョークの太さを間違えると使用できないので、忘れずにチェックすることが大切です。

太さが異なるチョークを使用している場合は、さまざまなサイズのチョークに対応しているモノを選びましょう。市販のチョークは11mm前後のモノが多いため、9~13mm程度の太さに対応したモノを使うと便利です。授業や会議で細いチョークと太いチョークを使い分けて文字を書きたい方にも適しています。

チョークの長さ調節の方法をチェック

ノック式

By: amazon.co.jp

チョークで手を汚したくない場合は、ノック式のモノが適しています。シャープペンシルのようにノックすると、チョークの先端を押し出せるので便利です。チョークで手が汚れる度に拭いている方にもおすすめ。ノック式を使うと手が汚れないため、素早く他の作業に移れます。チョークの粉で指先が荒れてしまう方にもおすすめです。

ノック式は力を入れ過ぎるとチョークが割れることがあります。また、製品によっては本体を下に向けてノックするとチョークが抜け落ちるので、注意しながら扱いましょう。使い方に慣れるまでは力を加減して慎重に扱うのがおすすめです。

スライド式

By: amazon.co.jp

チョークの長さを簡単に調節できるのがスライド式です。本体をクルクル回すだけで手軽にチョークの長さを調節できます。扱いやすいので初めてチョークホルダーを使う方にもおすすめです。

スライド式は短いチョークを装着すると安定感がなくなるのがデメリット。チョークを最後まで無駄にせず使いたい方には適していません。スライド式はある程度の長さがないと使用できないと覚えておきましょう。

手動式

By: rakuten.co.jp

チョークを無駄にせず最後まで使い切りたい方に適しているのが手動式です。ホルダーの内側でチョークをしっかり固定するため、短くても安定した状態で使用できます。手動式にはチョークを挟み込むモノやホホダーに差し込むモノなど、種類がいくつかあるのが特徴です。

手動式はチョークに装着したり長さを調節したりする際に手が汚れるのがデメリット。チョークで手を汚したくない方には適していません。チョークを最後まで使い切ることを優先したい方におすすめです。

機能性をチェック

キャップやフック付きなら持ち運びやすい

By: amazon.co.jp

チョークを携帯する場合は、キャップやフックが付いたモノを選ぶのがおすすめ。キャップ付きのモノをチョークに装着すれば、カバンに入れても汚さずに携帯できます。フック付きのモノはシャツやジャケットの胸ポケットに入れて携帯できるのが魅力。授業のたびに教室を移動する教師の方にもおすすめです。

キャップ付きのモノは作業終にすぐ胸ポケットに入れられるので、置き忘れを防げます。マイチョークを持ち歩きたい方や紛失したくない方は、キャップにフックが付いたモノを選ぶのがおすすめです。

マグネット付きなら置き場所に困らない

By: amazon.co.jp

黒板にチョーク置き場がない場合は、マグネット付きのチョークホルダーを使うのがおすすめです。使用後にそのまま黒板に貼り付けられるため、チョークを紛失したり落としたりしにくいのが魅力。冷蔵庫にミニ黒板を吊るして使用している場合なども、マグネット付きのモノを使えば貼り付けられるので便利です。

マグネット式のチョークホルダーを使用する場合は、貼り付けたい場所に磁石が付くか確認しておきましょう。鉄には磁石が付きますが、銅やアルミニウムには付かないため注意が必要。また、ステンレスも種類によっては磁石が付かないことがあるので、置き場所の見た目だけで判断せずに自分で確認しておくことが大切です。

チョークホルダーのおすすめ

株式会社たくみ マーキングホルダー 0459

軽くて丈夫なアルミ製のチョークホルダーです。サイズは幅105×高さ21×奥行き21mmで重さが15gと軽いため、携帯にも適しています。フタ付きでカバンやポケットに入れてもチョークの粉で汚れないのがポイント。価格も安いのでリーズナブルなモノが欲しい方におすすめです。

たくみ製のチョークに加えて、材木チョーク・蛍光チョークにも装着できます。ガラスやゴムに文字やマークが書けるたくみ製のARチョークにも対応しているため、チョークをさまざまな用途に使いたい方におすすめ。折れたり短くなったりしたチョークにも使えるので便利です。

エスコ(ESCO) チョークホルダー EA581E-20

デザインがシンプルで使いやすいチョークホルダーを探している方におすすめの製品です。ホワイトの本体に透明ブルーキャップを合せた爽やかなデザインで、学校や塾などの教育現場で使用しても目立ちにくいのが魅力。本体の長さは143mmで、手馴染みがよく文字が書きやすいのもポイントです。

本体後部のプッシュボタンを押すとチョークを少しずつ出せるので、使いやすい長さに調節できます。キャップにはマグネットとフックが付いており、黒板に貼り付けたり胸ポケットに固定したりできるため便利。教師や塾講師の方に適したシンプルで使いやすいチョークホルダーです。

株式会社馬印 チョークホルダー CH400

シンプルなデザインと価格の安さが魅力のチョークホルダーです。ホワイトとブルーの組み合わせが爽やかで、さまざまなシチュエーションにマッチします。キャップが透明でチョークの色をひと目で確認できるのも魅力のひとつ。キャップにはマグネットとフックが付いているので、黒板に貼り付けたり胸ポケットに固定したりできます。

ノック式で手を汚さずにチョークの長さを調節できるのがポイント。黒板に急いで文字を書いているときにも便利です。本体サイズは幅24×奥行21×高さ140mmで、カバンの内ポケットやペンケースにも収納できます。初めてチョークホルダーを使う方にもおすすめの製品です。

日本理化学工業株式会社 ダストレスチョークホルダー DC-CH

携帯性と機能性の高いチョークホルダーを探している方におすすめの製品です。キャップ式でカバンやポケットに入れても汚れにくいので、チョークを常に携帯したい方にも適しています。フック付きで胸ポケットにも収納可能。マグネットで黒板に貼り付けできるのもポイントです。

本体後部のボタンを押すとチョークの先端が出るノック式で、手を汚さずに文字を書けるのも魅力。シンプルなデザインでさまざまなシチュエーションにマッチするのもポイント。サイズは直径17×長さ150mmで、手に馴染みやすく快適に使用できます。

日本理科学工業株式会社 スクールシリーズ チョークホルダー SH-S

直径7mmのスリムなチョークに装着できる製品です。普段からスリムタイプのチョークを愛用している方におすすめ。本体サイズは直径10×長さ105mmで、鉛筆感覚で黒板に文字を書けます。替えのチョークが1本付属しているのもポイントです。

本体先端部分を回して緩めてからチョークを引き出し、再度回して締めればチョークを固定できます。短くなったチョークにも装着できるので、無駄を減らしたい方におすすめ。スタイリッシュなデザインでおしゃれに見えるのも魅力です。

日本白墨工業株式会社 ステンレスチョークホルダー

丈夫なステンレス製のモノを探している方におすすめの製品です。サビや破損に強いステンレスのチョークホルダーは、大切に使用すれば長期間使用できます。見た目がスタイリッシュでおしゃれなのも魅力です。

本体の構造は洗濯ばさみと同様で、後部を手で開いてからチョークをセットします。チョークをしっかり固定できるので、文字を書いても抜けたり落ちたりすることがほとんどありません。チョークの先端を長めに出せば、文字が書きやすくなります。短くなったチョークを最後まで使えるモノを探している方にもおすすめです。

ウチダ(UCHIDA) チョークホルダー 8-631-2836

直径が9~13mmの市販チョークに装着できる製品です。学校や塾などでさまざまな太さのチョークを使う教師の方にもおすすめ。本体後部のボタンを押してロックを解除し、チョークを挿入して使いやすい長さにセットするだけのため簡単に扱えます。チョークが短くなっても使用できるので、無駄を減らしたい方にもおすすめです。

マグネット付きで黒板に貼り付けできるため、チョークを落としたり紛失したりするトラブルを減らせます。また、手に持ちやすい太さで扱いやすいので、きれいに文字を書きたい方にもおすすめ。シンプルなデザインで使用場所を選ばないのも魅力です。

シンワ測定株式会社 チョークホルダー 78468

授業やプレゼンで複数カラーのチョークを使い分けている方におすすめの製品です。白・赤・黄・青、のチョークホルダーがセットになっており、4色のチョークに装着できます。ひと目でチョークの色が分かるため、授業中に戸惑いにくく使えるのがポイント。キャップ部分は透明で、他色のチョークをセットしても判別できます。

ノック式で手を汚さずにチョークの長さを調節できるのが魅力のひとつ。チョークホルダー4本を収納できるケースも付属しており、まとめて携帯できます。マグネット付きで黒板に貼り付けられるので、置き場所にも困りません。フックで胸ポケットにも固定できる、携帯しやすいチョークホルダーセットです。

Pionites チョークホルダー

カラフルでかわいいチョークホルダーです。緑・青・赤・黄の4色がセットになっており、4本のチョークをセットして使用できます。ツヤのあるホルダーにブランドロゴが入ったデザインがおしゃれ。4本のチョークホルダーをまとめられるケースも付いており、カバンやリュックに入れて携帯する際に便利です。

直径11~12mmのチョークに装着できます。本体後部のボタンを押すだけでチョークの長さを調節できるので便利です。短くなったチョークにも装着できるため、無駄を減らしたい方にも適しています。チョークの粉で手や洋服が汚れるのを避けたい方にもおすすめの使いやすいチョークホルダーです。

reiri チョークホルダー

チョークをしっかり固定できるモノを探している方におすすめの製品です。チョークをセットした状態で4kgの重さをかけても滑らないため、筆圧が強くてもしっかり文字が書けます。チョークを手で持って文字を書くと折れてしまう方にもおすすめ。短くなったチョークにも装着できるので、無駄なコストを減らしたい方にも適しています。

オレンジ・黄・ピンク・青、の4色セットで、見た目がおしゃれなのも魅力です。チョークの色によって使い分けできるのもポイント。ノック式でチョークの長さを素早く調節できます。キャップにはマグネットとフックが付いており、黒板に貼り付けたりポケットに固定したりできるので便利です。

墨運堂 チョークグリップホルダー 30399

手袋をしたままでも使えるチョークホルダーを探している方におすすめの製品です。シンプルな形状で扱いやすいので、学校や塾だけでなく工場などで使うのにも適しています。長さが約130mmで手に馴染みやすく、文字が書きやすいのも魅力です。ノック式で楽にチョークの長さを調節できるため、手を汚さずに使用できます。

細いチョークを固定できる直径10mmのぴったっとチューブを付属しているのもポイント。直径9~12mmのチョークに装着できるので便利です。キャップ付きでポケットに入れても洋服を汚さないため、常にチョークを携帯したい方におすすめ。フック付きで胸ポケットにも収納できます。扱いやすさが魅力のチョークホルダーです。

NUOLUX チョークホルダー

後部のツマミをくるくる回すとチョークの長さを調節できる繰り出し式の製品です。チョークを触らずに長さ調節できるモノを探している方におすすめ。つまみを回すと少しずつチョークが出てくるため、長さを微調節したい方にも適しています。

本体が透明でチョークの色がひと目で分かるのもポイント。本体サイズは直径1.5×長さ9cmで、一般的なサイズのチョークを装着できます。15本セットなので、チョークホルダーを大量に使いたい方におすすめです。

Tmwinners マグネットチョークホルダー

チョークホルダーを黒板に貼り付けたい方におすすめの製品です。赤・黄・青・緑の4色セットで、チョークの色に合わせて使い分けができます。チョークを色分けしている方にもおすすめです。本体はしっかり握れる六面形状で文字が書きやすいのもポイント。机に置いても転がらないため、チョークを落とすトラブルを防げます。

本体後部のボタンを押しながらチョークの長さを調節可能。短くなったチョークにも装着できるので、無駄を減らしたい方に適しています。本体サイズは幅2.3×長さ9.5cmで重さが約22gと軽く、扱いやすいのも魅力のひとつ。毎日の授業を楽しく快適に進めたい方におすすめのチョークホルダーです。