サドルカバーは、名前の通り、自転車のサドルに取り付けるモノです。使用すれば、自転車の乗り心地を快適にするほか、雨や紫外線による劣化を防ぐ効果も期待できます。

最近では、防水加工が施されたモノやクッション性に優れたモノなど、さまざまな製品がラインナップされています。そこで本記事では、サドルカバーの選び方からおすすめ製品までをご紹介。興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

自転車カバーの必要性

By: amazon.co.jp

サドルカバーは、お尻への負担を軽減するのがメリットです。快適な乗り心地を維持したい方に向いています。また、雨風からサドルを守り、劣化を防ぐ役割があるのもポイント。撥水加工が施されている製品なら、雨が降っても軽く拭くだけで自転車に乗れます。

さらに、劣化してしまったサドルでも、サドルカバーを取り付ければ、綺麗な見た目を保てるのもメリット。なかには、見た目がおしゃれな製品もラインナップされており、デザイン性の向上に役立てることも可能です。

自転車カバーの選び方

自転車に合うサイズをチェック

By: amazon.co.jp

サドルの大きさは自転車によって異なるので、サドルカバーを選ぶ際は自転車に合うサイズのモノを選びましょう。サドルカバーは、一般自転車用・大型サドル用・スポーツバイク用・子ども用の4種類がラインナップされています。

ただし、一般自転車用のモノを購入したからといって、自身の自転車に必ず合うとは限りません。事前にサドルの大きさを測っておき、最適なサイズのサドルカバーを購入しましょう。なかには、サイズ調節ができる製品もあるので、チェックしてみてください。

用途にあったモノをチェック

防水・撥水性に高いモノなら雨でも安心

サドルカバーのなかには、防水・撥水性に優れた製品もラインナップされています。雨の日でも軽く拭くだけで水滴を落とせるので便利です。

特に、自転車を頻繁に使用する方や、自転車置き場に屋根がなく雨に当たる可能性が高い方におすすめ。また、防水・撥水性に優れている製品なら、雨によってサドルが濡れにくいため、サドルの劣化を防げるのもメリットです。

日除け対策には暗色のモノを

一般的にサドルは合成樹脂でできているモノが多く、日光に当たりすぎると紫外線の影響で割れたり破れたりする恐れがあります。革のサドルであれば、なおさら日除け対策が必要です。

サドルに紫外線が当たるのを避けたい場合には暗色の製品を選ぶのがポイント。特に、黒や濃紺などサドルカバーは紫外線を通しにくいためおすすめです。また、サドルの色褪せを防ぐのにも役立ちます。

長時間の運転にはクッション性の高いモノを

By: amazon.co.jp

サドルカバーを選ぶ際は、クッション性をチェックしておくのも重要です。特に、長時間運転をする場合には、クッション性に優れたサドルカバーを選ぶのがおすすめ。お尻への負担軽減が期待できるので、快適な乗り心地を維持できるのがメリットです。

また、クッションにはさまざまな種類があります。低反発クッションは、段差や悪路走行が多い方にぴったり。地面からの衝撃吸収性が高いため、振動によるお尻の痛みを和らげます。

一方、ジェルクッションは、適度な柔らかさがあるのが特徴です。サドルの硬さを和らげ、お尻にかかる体重を分散できます。用途に合うクッション性を有した製品を選びましょう。

固定力をチェック

By: amazon.co.jp

サドルカバーは、自転車に乗っている最中に外れてしまうのを避けるためにも、固定力に優れた製品を選びましょう。なかでも、装着後に面ファスナーやスナップボタンで留められるモノ、ドローコードでしっかりと密着させられるモノであれば、しっかりと固定ができます。

また、カバーの裏面に滑り止めが付いているモノであれば、走行中にズレるのを防ぐことも可能です。

着脱のしやすさも重要

By: amazon.co.jp

サドルカバーを選ぶ際は、着脱がしやすいモノを選ぶのもポイントです。サドルカバーを付けたままで放置しておくと、通気性を確保できず、湿気がたまります。

サドルの劣化を防ぐためにも、サドルカバーは定期的に取り外すのがおすすめ。伸縮素材を使用したサドルカバーなら、取り外ししやすいので、メンテナンスに面倒さを感じることもなく便利です。

盗難防止機能の有無をチェック

By: amazon.co.jp

サドルカバーは、盗難される可能性があるので、盗難防止機能が付いている製品を選ぶのがおすすめです。具体的には、サドルのバネや自転車のフレームにゴム製ループを引っ掛けられる製品であればより安心です。乗っている最中にズレるのを防止する役割もあります。

自転車カバーのおすすめ

ブリヂストンサイクル(BRIDGESTONE) スタイリッシュサドルカバー SDC-SC2

日本の自転車メーカーのひとつ、ブリヂストンサイクルのサドルカバーです。カバーが二重のため、雨で濡れても、片側をめくって乾いた面に変えられます。

製品のサイズは、約幅23×奥行6×高さ26cm。サドルに被せたあとは紐で固定することでしっかりと装着できます。取り扱いやすいのもおすすめポイントです。ほかの製品に比べて価格が安いため、コストパフォーマンスを重視したい方はぜひチェックしてみてください。

セライタリア(selle italia) Comfort Booster Mサイズ

120年以上サドルを製造し続けている「セライタリア」のサドルカバーです。耐水加工が施されており、雨の日でも軽く拭くだけで水滴を落とせるのがメリット。また、汚れたら水で洗えるのも魅力のひとつです。

ゲルが入っており、耐衝撃性に優れているのもおすすめポイント。お尻への負担をしっかりと軽減します。本体サイズは、27cm×20cm。重量は約225gです。

mujina サドルカバー

肉厚な低反発シリコンと衝撃吸収ジェルを内蔵したサドルカバーです。サドル上部の溝は人体工学に基づいてデザインされており、快適な座り心地を得られます。

また、サドルカバーの後ろには反射ステッカーが貼られており、夜間走行の安全性を高めているのもポイントです。さらに、サドルカバーの裏側の接着面には滑り止め加工が施されており、走行時のズレを防ぎます。

防水カバーが付いているのも魅力です。サドルサイズは26×24×4cm。カラーは、ブラック・パープル・ピンク・ブルーの4種類がラインナップされています。

VICKMALL サドルカバー vick01

中心に溝を設けることで、快適な使用感を維持するサドルカバーです。シリコンとポリウレタンスポンジが内蔵されており、お尻への負担を軽減します。また、カバーの裏側にはPVC滑り止め加工が施されており、走行時のズレを防ぐのも魅力です。

サドルにカバーをかけてドローコードを引くだけで固定できるのも特徴。取り扱いやすいのもポイントです。サイズは、約長さ27×幅25×高さ4cm。幅広いタイプの自転車に取り付けられます。

SanDoll サドルカバー

機能性に優れたサドルカバーです。シリコンを内蔵しており、お尻への衝撃を軽減。長時間の走行でも疲れにくいのが魅力です。また、通気性にも優れているので、汗をかいても蒸れにくいのもポイント。快適な座り心地を維持します。

さらに、裏地には滑り止め加工が施されており、走行中にサドルカバーのズレを防ぐのがメリット。後方部には反射板が取り付けてあるため、夜間走行の安全性を高められます。対応サイズは約長さ25〜27.5cm、約幅18〜23cmです。

LINECY サドルカバー

ネオプレーンゴムを使用した三層構造を採用したサドルカバーです。クッション性に優れているのが魅力。長時間の走行でも快適な座り心地を維持します。また、吸水性・通気性に優れているので、汗による蒸れを予防可能です。

適用サドルのサイズは、 25×17cm以下。サドルの先端に引っ掛けてかぶせ、ドローコードを引くだけで装着可能です。また、裏側には滑り止め加工が施されており、走行中にズレるのを防ぎます。

マルト(MARUTO) 自転車用サドルカバー メチャノビBIG 117169

素材にポリウレタンを使用しており、伸縮性に優れたサドルカバーです。対応サイズ内であれば、ぴったりフィットするため、走行中にズレる心配を軽減します。

また、サドルに被せてドローコードを引っ張るだけで装着できるので、扱いやすいのもポイントです。電動アシスト自転車をはじめ、大きめのサドルに対応しています。適応サドルのサイズは、長さ約29〜34cm、幅約29〜35cmです。

エール(aile) フルカラーチャリCAP 迷彩 AS-15

見た目にこだわりたい方におすすめのサドルカバーです。デザイナーが描き起こした鮮やかなデザインを採用しているのが特徴。おしゃれなサドルカバーを探している方におすすめです。

サドルが劣化している場合でも、綺麗な見た目をキープ可能。カバーの左右にはストラップが付いており、ポールの後ろ側で留めることでズレを防ぎます。

対応サイズは縦29〜32cm、横26〜32cm。一般的な自転車にフィットするサイズ感です。

エール(aile) のびーるチャリCAP BIG

大型サドル用のサドルカバーです。サドルの適合サイズは縦29〜34cm、横29〜35cmのサドルに対応しています。伸縮する素材を使用しているので、簡単に取り付けられるのも魅力です。

後部にはゴム製のループが付いており、フレームやサドルのバネに通すことで盗難防止に役立ちます。また、自転車を乗っている最中にサドルカバーがズレるのを防げるのもポイントです。

素材には、ポリエステル・ポリウレタンを使用。雨にぬれてもサドル自体が濡れるのを防げるのもメリットです。カラーは、ブラックとブラウンの2色がラインナップされています。

kwmobile サドルカバー

人間工学に基づいたデザインを採用したサドルカバーです。圧力分散により、お尻にかかる負担をしっかりと軽減するのが魅力。主に、ロードバイク・シティバイク・マウンテンバイクに使用できます。

また、簡単に取り付けられるのもおすすめポイントです。サドルに被せたらドローコードを引っ張るだけで装着できます。カラーは、紺色・黒色の2色から選択可能です。

ロックブロス(ROCKBROS) サドルカバー

スポンジ層・シリコン層・メッシュ層など、7層構造を採用したサドルカバーです。スポーツタイプに対応しています。厚みが約3.2cmあり、衝撃を吸収するので、お尻への負担をしっかりと軽減。また、体圧を分散させられるため、長時間快適な乗り心地を維持します。

さらに、サドルの中空部分にメッシュ層を設けているので、通気性に優れているのもポイント。ほかにも、カバーをクロスさせて固定するため、走行中にズレにくいのもメリットです。

OMOMOAKARI サドルカバー

素材に、PUレザーを使用したサドルカバーです。雨に濡れても軽く拭き取るだけで水分を除去できます。また、厚手の形状記憶スポンジを使用しているのもおすすめポイントです。お尻の形にフィットしやすく、快適な座り心地を維持します。

スポーツバイクに対応しており、サイズは約18×28cm。複数のカラーがラインナップされているので、自転車にあわせて選べます。

BLUELAGE 自転車サドル

人間工学に基づいてデザインされたサドルカバーです。長時間でも快適な座り心地を維持します。また、空気を入れることで、クッション部分の厚みを調節できるのも特徴です。

素材には、伸縮性に優れたライクラを使用。各ブロックには空気の抜け道が確保されているため、通気性に優れています。汗や水を素早く蒸発させるので、夏の長時間の走行でも蒸れにくいのもおすすめポイントです。

さらに、裏側には滑り止めが施されており、走行中のカバーズレを防ぐのもメリット。面ファスナーで留める仕様なので、しっかりと装着できます。

フォグリア(Foglia) サドルカバー VLC-32

シリコンゲルを内蔵したサドルカバーです。衝撃を吸収しやすいため、お尻への負担を軽減できるのが魅力。スポーツバイクに対応しており、適応サイズは約長さ24.9〜27.4cm、約幅14〜16.5cmです。

また、サドルに被せてドローコードを引くだけで装着できるので、初心者でも簡単に取り扱えます。座面にはフォグリアのロゴが入っており、見た目がおしゃれなのもポイントです。

BRAVE WAKA 自転車 サドルカバー

中央部に空洞を配したハニカム構造が特徴のサドルカバーです。 お尻にかかる圧力を分散するため、長時間の走行でも疲れにくいのがメリット。また、通気性にも優れており、汗による蒸れを予防します。

サドルに被せストッパーを引くだけで固定でき、簡単に装着できます。また、雨よけカバーが付属しているため、雨にぬれても安心。カラーは、ブルー・ホワイト・レッドの3色展開です。

Sportneer 自転車サドルカバー

通気性・吸汗性に優れているライクラ生地を使用したサドルカバーです。汗でお尻が蒸れるのを防げるのがメリット。耐衝撃性にも長けており、長時間の走行でも快適な座り心地を維持します。

また、面ファスナーでしっかり固定できるのもおすすめポイント。裏側には滑り止めも施されているため、走行中にズレるのを防ぎます。さらに、光を反射させるテープが付いており、夜間の安全性を高めているのが特徴です。

サイズは、長さ31×幅27.5cm。サドルの幅が21.8〜27.5cmの自転車に対応しています。

世田谷プロダクト DOUBORT SPORTS ズボンのこすれ防止サドルカバー

ズボンへのダメージを軽減するサドルカバーです。2枚のキャップと中間層からできている3層構造を採用。ズボンの傷みやテカリを予防します。表面には、柔らかく伸縮性があり滑りにくい素材を使用しているのも特徴です。

また、サドルカバー内部にはあえて滑りやすい素材を使用。それぞれが独立して動くことで、カバー内部に滑らかにズレを生じさせます。スポーツタイプの自転車に対応したアイテムです。

GUAPO サドルカバー

サドルカバーを2回めくれるのが特徴のサドルカバーです。サドルが雨に濡れても取り外すことなく、カバーをめくることでお尻が濡れるのを防げます。また、表面には撥水性のあるPVC素材を使用しているのもメリットです。

サイズは約縦22×横26cm。一般自転車用や電動自転車・スポーツタイプなど幅広いタイプに対応しているのもおすすめポイントです。2ステップで初心者でも簡単に装着ができるのもメリット。ベルトが付いているため、サドルやフレームに結べば盗難防止としても活躍します。