牛肉を使った家庭料理のごちそうに、焼肉と並んで挙げられることが多いすき焼き。味の決め手である「すき焼きのタレ」は割り下とも呼ばれ、肉が焼けはじめた頃に鍋に加えて使います。味を決定付けるため、しっかりと選んで購入したいところです。

今回は、すき焼きのタレのおすすめ商品をご紹介します。関東風や関西風、すき焼き専用やほかの料理にも使えるモノなどをピックアップ。好みや用途に合った商品を探してみてください。

すき焼きのタレの選び方

関東風と関西風の違い

関東風

By: rakuten.co.jp

関東風のすき焼きは、醤油とみりん、砂糖などを混ぜたタレで具材を煮ているのが特徴です。甘みが感じられることに加え、醤油の味が際立つタレが関東を中心に好まれています。

商品の原材料表示は、配合されている量の多い順で記載されるのが一般的。甘みよりも醤油の風味が際立つタレを購入したい方は、原材料名の表示で砂糖より前に醤油が書かれている商品から選ぶのがおすすめです。

関西風

By: yamasa.com

関西ではもともとすき焼きに割り下を使う習慣がなく、具材を焼いてから砂糖や醤油で味付けするのが一般的でした。また、関西では醤油よりもだしや甘みを強調したやさしい甘さの味付けが好まれる傾向にあります。

そのため、関西風のすき焼きのタレを謳う商品は、関東風のモノとは異なり甘めの味わいが特徴です。原材料を見ても、醤油より砂糖の方が多く使われています。甘みとだしのうま味が感じられ、醤油の風味は抑えられているのが一般的にいわれる関西風のすき焼きのタレです。

醤油の種類をチェック

By: amazon.co.jp

醤油はすき焼きのタレを作るベースの調味料です。タレの個性は醤油の個性ともいえるため、商品によってさまざまな醤油が使われています。

濃口の本醸造醤油を使って手軽に本格的な味付けを実現したモノや、淡口醤油をベースにしてあっさりしたタレに仕立てたモノも販売されているのが特徴。また、2種類の醤油を合わせて使ったり、醤油にワインを合わせてバランスを取ったりした個性的な商品もあります。

濃い・淡い、コクがある・あっさりしているなど、使われている醤油の特徴をチェックしてみてください。

だしの種類をチェック

昆布だし

By: amazon.co.jp

だしの種類によっても、すき焼きのタレの味わいは異なります。昆布だしを使った商品に共通する特徴は、すっきりとした甘さです。

だしなので当然うま味はありますが、昆布だしはひかえめで上品な味わいが特徴。昆布の産地によっても風味が異なるので、どの昆布を使っているかにも注目してみてください。

かつおだし

By: amazon.co.jp

和食のだしのベースともいわれる、かつおだしを使ったすき焼きのタレもあります。商品のポイントは、ふくよかな香りとまろやかな味わいです。

そもそもかつおだしの特徴は、豊かな風味とイノシン酸由来のしっかりとしたうま味。すき焼きのタレに使われた場合にも特性が生かされ、だしの存在感が発揮されています。

容量をチェック

By: amazon.co.jp

すき焼きのタレを購入する際は、容量もチェックしてみてください。すき焼きだけに使うのか、ほかの料理にも活用するのかにより、ふさわしいサイズが決まってきます。

すき焼きだけにしか使わないなら、300~400mlくらいの容量のモノがおすすめです。4人分のすき焼きに必要なタレの量がだいたい300mlなので、人数にもよるものの、すき焼きだけを楽しむには適量といえます。

肉じゃが・牛丼などすき焼き以外のレシピにも活用したい方は、500ml以上入ったすき焼きのタレが活用の幅も広がるためぴったり。また、業務用の商品なら1L以上のモノもあります。

有名店監修のタレも人気

By: saraya.com

すき焼きのタレには有名店や三ツ星シェフが監修した商品もあります。使用する素材や製法にこだわったモノが多いのが特徴。地元のお酒を隠し味に使ったモノや砂糖の代わりに自然派甘味料で甘みを出しているモノなど、さまざまな商品があります。

有名店監修のタレは、自宅にいながらお店で味わうような本格的な味を楽しめるのが魅力です。ただし、一般的なすき焼きのタレと比べると価格はやや高め。来客時のおもてなしやお祝いごとなど、特別な日のすき焼きにおすすめです。ワンランク上の味わいを楽しんでみてください。

すき焼きのタレのおすすめ

モランボン お肉屋さんの七つ星 すき焼のたれ

7つの厳選素材を使用したすき焼きのタレです。7種類の内訳は、たまり醤油・三温糖・ざらめ・みりん・清酒・昆布エキス・牛だし。上品でまろやかな甘さが特徴の商品です。

ペットボトルの容器入りで容量は315g。薄めずそのまま使えるストレートタイプの商品です。すき焼きのほか、牛丼・酢豚・肉じゃがなどさまざまなレシピに活用できます。

うま味が強く、濃厚なたまり醤油と、コクのあるざらめがマッチした商品。卵に負けない濃厚さがありながら、くどすぎないすき焼きのタレを探している方にぴったりです。

・1本

・10本セット

なだ万 すきやきのわりした

日本料理の老舗の味を楽しめるすき焼きのタレです。濃厚なうま味が特徴の甘露醤油をベースにしており、肉や野菜のおいしさを引き立たせます。

ビンの容器入りで、容量は350ml。ベースの甘露醤油に上白糖より純度が高い白ザラメと米を原料とする赤酒を合わせており、すっきりとキレのある甘さが期待できます。赤酒とは、日本古来からの製法を受け継いだ酒のことです。

全国各地に店舗を展開する「なだ万」の商品。甘露醤油や白ザラメなど、こだわりの材料で作られた有名店のすき焼きのタレを試してみたい方におすすめです。

・1本

・3本セット

人形町今半 極上すき焼き割下

関東風すき焼きの原点とされる有名店のすき焼きのタレです。厳選された有機丸大豆醤油や極上本みりん、純米酒など、使っている素材の1つ1つにこだわりが詰まっています。芳醇な味わいが肉のうま味を引き出すと謳われる商品です。

瓶入りで、容量は360ml。すき焼きに使うだけでなく、魚の煮つけ・肉豆腐などの調味料として使えます。120年を超えて愛されつづける名店の味を、家で手軽に味わいたい方におすすめです。

・1本

・3本セット

戸村精肉本店 すき焼き万能タレ

甘口醤油がベースのすき焼きのタレです。甘口醤油に砂糖や酒などを加えて直火で炊き上げており、具材と本商品を入れるだけで、簡単にプロの味を再現できるとされています。

ペットボトル入りで、容量は400g。原材料には昆布が使われています。すき焼きに使う場合は、そのままストレートで使用。肉じゃが・牛丼など、すき焼き以外の料理に活用する場合は、水を加えるなどして薄めて使いましょう。

すき焼き以外のレシピにも幅広く使え、家庭でかんたんにプロの味が楽しめる商品を探している方にぴったりの商品です。

・1本

ヒガシマル醬油 あっさりすき焼のつゆ

肉や野菜など素材のおいしさが引き立つ、すき焼きのタレです。本醸造淡口醤油に日本酒を合わせ、あっさりした味わいに仕上がっています。煮込みつづけてもまろやかさを失いにくく、食事の最後まですき焼きのおいしさが楽しめる商品です。

ペットボトル入りで容量は400ml。熟成甘酒により、上品な甘みがあるのも特徴です。すき焼きはもちろん、関西風の煮物もこれ1本で仕上がります。また、2倍に薄めて使うと外食で人気の「牛すき鍋」も楽しめる商品です。

原材料には昆布エキスが使われています。食材のうま味を引き出す、すっきりした甘さのすき焼きのタレを探している方にぴったりです。

・1本

・12本セット

創味食品 創味すき焼のたれ

花かつお仕立てでまろやかな味わいのすき焼きのタレです。吟味した本醸造濃口醤油と再仕込み醤油を合わせています。砂糖・本みりん・清酒、さらに枕崎産かつお節の一番だしを加えて仕上げているので、上品な味わいが楽しめる商品です。

紙パックに入っており、容量は500ml。かつお仕立てなので、すき焼き以外にも、あらゆる和風料理に使ってもおいしく仕上がります。豚の角煮・魚の煮つけといったメインのおかずから、牛丼などごはんモノ、煮卵などの一品料理までレシピはさまざまです。

かつお節のだしがきいたおいしいタレを、すき焼きはもちろん毎日の料理に幅広く活用したい方に適しています。

・1本

・6本セット

岡直三郎商店 日本一すき焼きのたれ

コクとうま味が強い、本醸造のたまり醤油を使ったすき焼きのタレです。砂糖・本みりんに加え、かつお節と昆布で煮出した本格だしを合わせています。原材料に玉ねぎを使っており、まろやかでバランスよく仕上がった商品です。

ストレートタイプのすき焼きのタレで、保存料は無添加。瓶入りで、容量は500mです。肉じゃがや肉豆腐といったレシピにも活用できます。

国産丸大豆が使われており、マイルドなおいしさが期待できる商品。濃口醤油の重厚なコクがありつつ、バランスの取れた味わいのすき焼きのタレを探している方にぴったりです。

・1本

キッコーマン わが家はすき焼屋さん 熟成仕込割下

ベースの醤油ダレをじっくり煮込んで作ったすき焼きのタレです。濃厚熟成本みりんと3種類の砂糖を使っているので、上品で風味豊かな甘みがあります。キッコーマン独自の熟成仕込み製法により、すき焼き専門店の本格的な味わいが楽しめる商品です。

ペットボトル入りで、容量は500ml。くびれのある使いやすいプッシュボトルで、持ちやすく量の調節もしやすく作られています。中栓がないため、開封時の手間もかかりにくいのが特徴です。

短時間でも素材に味がしみ、色付きもよい商品。すき焼きだけでなく、肉じゃがや煮豚など、さまざまなレシピに使えます。まろやかでコクのある、濃厚な味わいのすき焼きのタレが好きな方におすすめです。

・1本

・12本セット

マルキン醤油 醤(ひしお)の郷(さと) 小豆島からすきやきのたれ

本醸造濃口醤油がベースのすき焼きのタレです。本みりん・砂糖・水あめをバランスよく配合しています。本格的なすき焼きの味付けを手軽に作れるのが特徴です。

ペットボトル入りで、容量は500ml。醤油の原料には遺伝子組み換えでない脱脂加工大豆・大豆を使っています。

ストレートで使えるうえ、すき焼きだけでなく肉じゃが・丼もの・きんぴらなどのレシピにも活用できる商品です。家庭で手軽に本格派のすき焼きを楽しみたい方に適しています。

・1本

・2本セット

ヤマサ すき焼専科(西)

関西の方の嗜好に合わせた、甘めの味わいが特徴の商品です。2種類の醤油をバランスよくブレンドしたと謳っています。2種類の醤油は、濃厚なコクとうま味のあるたまり醤油と、香ばしくキレがよい本醸造の濃口醤油です。

パック入りで、容量は500ml。原材料に昆布エキスが使われているすき焼きのタレです。肉じゃが・肉豆腐・親子丼など、さまざまなレシピにも活用できます。

醤油には欠かせないこうじを作るのに適した土地に本社を置く、ヤマサが作っているのもポイント。関西風の甘めすき焼きを楽しみたい方にぴったりです。

・1本

・12本セット

ヤマサ 繁昌店すき焼のわりした

取っ手の付いたボトル入りで、1.8Lと大容量のすき焼きのタレです。ベースは「本醸造ヤマサしょうゆ」。みりんとワインをバランスよく調和させ、コクを出した商品です。

業務用・加工用商品ですが、通販サイトで購入が可能。ストレートタイプなので薄めずそのまま使え、牛丼やきんぴらなど、さまざまなレシピに活用できます。

牛肉のおいしさを味わい深くする、醤油・みりん・ワインの三位一体のすき焼きのタレ。大容量なので、すき焼き以外にも本商品を調味料として使う機会が多い方におすすめです。

・1本

・4本セット

エバラ食品工業 おもてなしのすき焼わりした

原材料にこだわった高級タイプのすき焼きのタレです。2種類の醤油がタレのベース。1つは約1年をかけて仕上げたといわれる薫り高い天然醸造木桶醤油で、もう1つがコクが豊かなたまり醤油です。

また、自然界にわずかしかないといわれる希少糖を使用した、すっきりとした甘さが特徴。さらに、日高産の昆布だしと煮切り酒が加わり、芳醇で口当たりのやさしい味わいが楽しめます。

容量は400ml。素材にこだわったまろやかなすき焼きのタレで、友人・知人においしい肉料理を振る舞いたい方におすすめの商品です。

・1本

エバラ食品工業 すき焼のたれ1L

エバラの定番商品を外食店や業務用に大容量化した、すき焼きのタレ。本醸造醤油に砂糖・本みりんを合わせ、かつお節のうま味をきかせた商品です。

容量は1L。開栓前の賞味期限は12ヶ月あり、常温で保存できます。大容量なので、かつ丼・肉豆腐・肉じゃがと、すき焼き以外にもさまざまな家庭料理にたっぷり活用できます。

ふくよかな香りとコクのある味わいが魅力。すき焼きのタレを毎日の献立に積極的に生かしたい方におすすめです。

・1本

サラヤ(SARAYA) ラカント すき焼のたれ

三ツ星料理人監修のすき焼きのタレ。7年連続でミシュランの三ツ星を獲得した「青山えさき」店主の江﨑新太郎氏が監修を務めています。砂糖・化学調味料・保存料・着色料は不使用。自然派甘味料ラカントSの甘味成分を使用した上品な甘さが魅力です。

砂糖を使っている一般的なすき焼きのタレと比較して、カロリーが約半分といわれているのもポイント。1食あたり糖質20〜40gという基準を満たしたロカボ商品として認証されています。健康志向の方におすすめです。

内容量は300ml。手軽に使える調味料として、煮物やレンコンのきんぴら、焼きうどんなどさまざまな料理に活用してみてください。

・1本

・4本セット

山内本店 熊本上通り加茂川 すき焼割下

老舗すき焼き店「加茂川」の味が楽しめるすき焼きのタレです。明治14年に牛鍋の店として熊本で創業した加茂川。伝統と品質を守り続けている名店として親しまれています。

熊本の銘酒「東肥 赤酒」を隠し味としてプラスしているのがポイント。牛肉がふっくらとしたやわらかい食感に仕上がります。内容量は400ml。自宅で気軽に専門店の味を楽しみたい方にぴったりです。

また、本商品は同量の水を加えて使用する2倍濃縮タイプ。すき焼きだけでなく、肉じゃがや肉豆腐など普段の料理にも利用できます。好みの濃さに割って使ってみてください。

・2本セット