自動的に動いて部屋を清掃してくれる便利なアイテム「ロボット掃除機」。ゴミの吸引はもちろん、水拭きまで1台で対応するモデルなら、効率的に清掃ができます。

そこで今回は、エコバックスのロボット掃除機「DEEBOT N8+」をご紹介。自動ゴミ収集機が付属しており、ゴミ捨ての手間も減らせます。吸引と水拭きの1台2役でコスパに優れているおすすめの製品です。SAKIDORI限定のクーポンもありますので、ぜひこの機会にチェックしてみてください。

エコバックスとは?

「エコバックス」は、1998年に設立した家庭用ロボット掃除機の総合メーカー。ロボットの研究開発から生産・販売までを一体化させているのが特徴です。

設立以来、23年間にわたり世界52の国と地域に家庭用ロボット製品を提供。“スマートに暮らして、人生をエンジョイさせる。”というビジョンのもと、便利な床掃除ロボットと窓掃除ロボットを発売しています。コスパに優れた製品が多いのも魅力です。

吸引と水拭きの1台2役を実現する「OZMOモップシステム」

同時に吸引と水拭きができるので効率的

家庭用ロボット掃除機「DEEBOT N8+」は、「OZMOモップシステム」を搭載しているのが特徴。1台で吸引と水拭きを同時に行えるため、効率よく清掃できます。「DEEBOT N8+」が通った後の床を触ってみると、しっかり湿っており、水拭きができていました。

もちろん、掃除機として重要な吸引性能も良好。2,300Paの吸引力で、部屋の隅々にあるゴミをパワフルに吸い取れます。メインブラシと、2つのサイドブラシにより、ホコリやペットの毛などもキレイに吸引できるのが魅力です。

また、専用アプリを使えば、清掃時の吸引力と水量をラクに変えられます。吸引力を「高」にしてハイパワーで清掃するのはもちろん、「静音」にすれば静かに使うことも可能です。

タンクとモップを取り付けるだけ。準備が非常に簡単

水拭きをするための準備が簡単なのも魅力。タンクに水を入れた後、専用のモップパッドを取り付けるだけで、自動的に水拭きモードに切り替わります。なお、モップを外した状態で清掃を始めれば、水拭きせず吸引清掃だけが可能。通常の吸引モードと水拭きモードの切り替えがラクに行えます。

また、カーペットの自動認識機能を搭載しているのも特徴。吸引モードの場合は、カーペットに乗ると自動で吸引力が上がりますが、水拭きモードの場合はカーペットを避けて進みます。水拭き時にカーペットを濡らすリスクを減らすことが可能です。

数秒でマップが作られていく高度なマッピング機能

適切なルートを選んで進むのでスピーディーに掃除できる

「DEEBOT N8+」は、自動運転車の車間距離測定用としても使われる「D-ToF技術」によるマッピング機能を搭載。部屋のマップを精細に作成できます。マップを作るまでの時間が非常に早いのも特徴です。

マッピングの様子をアプリ上で確認したところ、清掃を開始してから数秒でサクサクとマップが作られました。ロボット掃除機で正確なマッピングをするためには、時間がかかる印象があったので、スピーディーなのは驚いた点。マップを把握して無駄なルートを避けながら進むため、部屋全体を効率よく清掃可能です。

清掃禁止エリアをスマホアプリで設定可能

アプリ上で清掃禁止エリアの設定ができるのもポイント。専用の磁気テープを置いたり、センサーを置いたりする必要がないため、気軽にエリアを決められます。

自宅などの各階のマップをスキャンして保存できる「マルチフロアマッピング」も便利。各フロアのマップに合わせてスムーズに清掃可能です。

自動ゴミ収集機付属でゴミ捨ての手間を減らせる

ダストボックスのゴミが自動で収集される

「DEEBOT N8+」に集まったゴミは、製品に付属する自動ゴミ収集機に集められます。清掃が終わると、「DEEBOT N8+」本体がゴミ収集機に自動で戻り、収集機がそのまま掃除機内のゴミを吸引。毎回ゴミを捨てる手間が省けるのが魅力です。

最大60日分のゴミを収容可能

自動ゴミ収集機の容量が大きいのもポイント。最大60日分のゴミを収容できるため、収集機内のゴミも頻繁に捨てる必要がありません。

また、紙パックタイプでラクに捨てることが可能。ゴミが散らかる心配も少ないので、キレイに使えます。ゴミ捨て時にホコリなどが舞うのが気になる方におすすめです。

製品情報

エコバックス(ECOVACS) DEEBOT N8+