高いパフォーマンスを発揮するのに必要なアイテムのひとつ「バレーボールシューズ」。高く飛ぶための反発性や、着地の衝撃を和らげるクッション性を備えているのが通常のスニーカーとの違いです。

バレーボールシューズは、さまざまなメーカーが手掛けているため、どれを選べばよいか迷う方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、おすすめのバレーボールシューズをピックアップ。選び方やおすすめのメーカーも解説します。

バレーボールシューズの選び方

タイプで選ぶ

ローカットタイプ

By: amazon.co.jp

ローカットタイプは、履き口の高さがくるぶしの下までのモデルを指します。足首の動きが制限されにくく、可動域を広く取れるのが特徴です。前後左右に素早く動けるので、スムーズにプレイできます。

一方、足首が覆われておらず、ミドルカットモデルよりも保護性に劣る点には注意が必要です。

ミドルカットタイプ

By: amazon.co.jp

ミドルカットタイプは、履き口の高さがくるぶしと同じ程度のモデルを指します。足首を覆ってホールドするので、安定性に優れているのがポイントです。

一方、ミドルカットモデルはローカットモデルよりも重量のあるモデルが多いので、留意しておきましょう。

ポジションや役割に合わせたモデルを選ぶ

バレーにはセッターやアウトサイドヒッターなどのポジションがあり、ポジションによって役割が異なります。なかでも、素早い動き出しが求められるセッターやリベロには、足首の可動域が広く取れるローカットモデルがおすすめです。

また、ミドルブロッカーやアウトサイドヒッターなど、試合中に幾度となく飛び上がるポジションの選手には、足首がホールドできるミドルカットタイプがおすすめ。ポジションや役割に合わせてモデルを選びましょう。

クッション性をチェック

By: amazon.co.jp

バレーボールシューズを選ぶ際は、クッション性を事前にチェックしておきましょう。特にゲーム中にジャンプすることが多いプレイヤーや初心者は、着地の際に足への衝撃を緩和するクッション性に優れたモデルを選ぶのがおすすめです。

なかには、メーカー独自のクッション素材をソールに搭載しているモデルもあるので、ぜひチェックしてみてください。

固定方法で選ぶ

シューレース

By: amazon.co.jp

バレーボールシューズの固定方法で一般的なのがシューレース。つま先部分をきつく縛ったり、逆にアッパー部分は緩く縛ったりと、シューレースの締め具合でフィット感を調節できるのが魅力です。

一方でシューレースを締めるのに時間がかかったり着脱がしにくかったりと、マジックテープ・バンドのモデルよりも手間がかかる点は留意しましょう。

マジックテープ・バンド

By: amazon.co.jp

マジックテープやバンドで固定するタイプのバレーボールシューズは、シューレースタイプと異なり着脱をスムーズに行えるのがメリット。シューズ内にゴミが入っても素早く取り除けます。

一方、シューレースタイプに比べてフィット感に欠ける点には注意が必要。バンドの長さを調節できるモノもあるので、ぜひチェックしてみてください。

バレーボールシューズのおすすめメーカー

ミズノ(MIZUNO)

By: amazon.co.jp

「ミズノ」は、1906年に立ち上げられた日本の大手総合スポーツ用品メーカーです。日本のみならず、ヨーロッパやアメリカ、アジアなど世界中に拠点があり、現在はSDGs実現のための取り組みも行っています。

ミズノのバレーボールシューズは、軽量性に優れたモデルが多いのが特徴。また、ソールがやわらかくグリップ性に優れるほか、フィット感が高いのも魅力です。

アシックス(Asics)

By: amazon.co.jp

「アシックス」は、1949年に設立された日本の大手総合スポーツ用品メーカーです。なかでも、スポーツシューズに強みを持っており、マラソンシューズやバレーボールシューズを中心にハイエンドなシューズを手掛けています。

アシックスのバレーボールシューズは、全長が長めのモデルが多く、細めから幅広まで、さまざまな幅のモノが展開されているのが特徴。靴ひもの縛り具合でフィット感を調節できるのが魅力です。

デサント(descente)

By: amazon.co.jp

「デサント」は、1935年に立ち上げられた日本のスポーツウェア及び関連製品メーカー。野球やゴルフをはじめ、さまざまなスポーツの製品を手掛けており、アジアやアメリカにも進出しています。

デサントのバレーボールシューズは、高い反発性や通気性が備わっており、機能性に優れたモデルが多く展開されています。また、バレーボールの動きを考慮して開発されたアウトソールも特徴です。

バレーボールシューズのおすすめモデル

ミズノ(MIZUNO) ウエーブスーパーソニック V1GA1840

通気性に優れたバレーボールシューズ。靴底に通気孔があるので、蒸れを抑えて長時間履き続けられるのが特徴です。

靴底に波形のプレートを挟み込むことで、高いクッション性と安定性を同時に実現しています。レシーブやアタックなど、さまざまな動きをスムーズに行えるのが魅力です。

アウトソールには、足の裏全体でコートを掴む感覚が得られるフラットソールを採用。また、シューレースによる固定方式を採用しており、紐の締め方でフィット感を調節できます。幅広いポジションのプレイヤーにおすすめのアイテムです。

ミズノ(MIZUNO) ウエーブモーメンタム JAPAN V1GA191164

前足部外側が張り出したワイドソールを採用しているバレーボールシューズ。ブレにくく、安定したプレイが実現できます。

助走からジャンプへスムーズに切り替えられる2種類のミッドソールを搭載しているのも特徴。履き口の高さがくるぶしの下までのローカットタイプなので、前後左右へ素早く移動しやすいのも魅力です。

シューレースの締め方で、フィット感も自由に調節できます。試合中に何度もジャンプするミドルブロッカーにおすすめのアイテムです。

ミズノ(MIZUNO) サンダーブレード2 V1GA1970

約2.5E相当のコンフォートフィット構造を採用したバレーボールシューズ。ゆったりとした履き心地が体感できます。長時間の練習でも快適にプレイできるのが魅力です。

前足部外側が張り出すように設計されているのもポイント。接地面積が広く、左右へのブレを低減します。また、ミッドソールにはやわらかさを追求した素材を採用し、ソフトな着地を実現しています。

アウトソールにはフラットソールを採用。足の裏全体でコートを捉えるような感覚が得られます。高い安定性が備わっているので、初心者にもおすすめのアイテムです。

ミズノ(MIZUNO) ロイヤルフェニックス3 V1GA2030

シューレース部分に斜めに伸びる異形ハトメ構造を採用しているバレーボールシューズ。ターンなどのねじれ動作でも足の動きに追随する、高いフィット性を実現しています。素早い一歩目を踏み出せるのが魅力です。

アウトソール中足部に斜め方向へ伸びる屈曲溝が施されているのも特徴。前方への蹴り出しをサポートします。また、ソールの親指部分に前後左右へ動き出しやすいデザインを採用しているのもポイントです。

コートの感覚がしっかりと感じられるよう、アウトソールが薄く設計されています。加えてフラットな作りになっているので、足の裏全体でコートを掴む感覚を体感可能。リベロやセッターにおすすめのアイテムです。

ミズノ(MIZUNO) サイクロンスピード3 V1GA2180

軽量インジェクションミッドソールが用いられたバレーボールシューズ。27.0cmの場合、片方で約275gの軽量設計を実現しています。長時間の練習でも重さを感じにくく、快適にプレイし続けられるのがポイントです。

履き口の高さがくるぶしの下に設定されたローカットモデル。足首の可動域が広く取れるので、前後左右に素早く動き出せます。また、シューレースによる固定方法で、フィット感を細かく調節可能です。

高い安定性が備わったフラットソールを採用しており、足裏全体で地面を掴むような感覚を得られます。また、アウトソールは柔軟性に優れ、曲げやすいのが特徴。初心者におすすめのエントリーモデルです。

ミズノ(MIZUNO) ウエーブアルテミス4MID V1GC1858

アッパーにアジャストメントベルトが搭載されているバレーボールシューズ。着脱がスムーズに行えるほか、シューズ内にゴミが入り込んでも素早く取り除けるのが魅力です。前足部が靴下のような作りのハーフブーティ構造なので、包み込まれるような履き心地が体感できます。

ミッドソールに波型のクッションが用いられており、クッション性と安定性を同時に実現しているのがポイント。また、湿度と温度を下げる通気システムが用いられているため、長時間快適に履き続けられます。

ミズノ(MIZUNO) ウエーブライトニングZ6 V1GA2000

アウトソールにミズノ独自の「ウエーブプレート構造」を採用しているバレーボールシューズ。前足部や母指球側までカバーしており、高い反発性を実現しています。スピード感のあるプレイを実現しやすいのが魅力です。

ソールの外甲部分が外へ少し張り出しているので、安定性も良好。また、かかとの部分は丸みを持たせた構造で、前後左右へのスムーズな踏み込みをサポートします。瞬発力が求められる場面でも柔軟に対応できるのがポイントです。

アッパー素材とタンを繋ぎ合わせた構造を採用。素材の重なりが少なく、高いフィット感が味わえます。加えて、シューレースで履き心地を調節可能。左右からスパイクを打つアウトサイドヒッターにおすすめのアイテムです。

ミズノ(MIZUNO) ウエーブモーメンタム2 V1GA2112

ミズノオリジナルのソール素材「MIZUNO ENERZY」を採用したバレーボールシューズです。高い反発性が備わっているのが特徴。高く跳び上がる動作がスムーズに行えます。

ソールに波形のプレートを挟み込むことで、高いクッション性と安定性を同時に実現しているのが魅力。また、親指側が外に張り出しているため、ぐらつきにくいのもポイントです。

前足部がゆったりとした作りになっているほか、履き口がブーティ構造なので、快適なフィット感を味わえます。ミドルブロッカーにおすすめのアイテムです。

アシックス(Asics) SKY ELITE FF MT 2 1051A065

ミッドソールを中心にアシックス独自の樹脂製補強具「TWISTRUSS」を搭載しているバレーボールシューズ。過度なねじれを抑制し、より安定したプレイを実現できるのが魅力です。ミッドソール全面には「FLYTEFOAM Propel」を採用。高い反発性が備わっているので、強い蹴り出しを行えます。

アッパー前面には「DYNAWRAPシューレースシステム」を搭載。シューレースと連動したバンドを締めることで、高いフィット感とホールド感を得られます。アタッカーにおすすめの一足です。

アシックス(Asics) V-SWIFT FF 2 1053A017

通気性に優れたバレーボールシューズ。中足部のトラスティックに複数の通気孔が設けられているうえ、アッパーにはメッシュ素材を採用しています。長時間でも蒸れにくく、快適に着用できるのが魅力です。

ミッドソールには軽量性とクッション性に優れた「FLYTEFOAM」を搭載。スピード感のあるプレイをサポートします。また、ハトメとメッシュを組み合わせたアッパー構造により、高いフィット感を得られるのもポイント。スピードが持ち味のプレイヤーにおすすめのアイテムです。

アシックス(Asics) NETBURNER BALLISTIC FF MT 2 1053A030

前後左右への素早い動きをサポートするバレーボールシューズ。中足部の「TWISTRUSS」がエネルギーロスに繋がる過度なねじれを低減します。スムーズにプレイしやすいのが魅力です。

ミッドソール全面には反発性に優れた「FLYTEFOAM Propel」を採用。また、合成樹脂で補強されたアッパーを搭載しており、高い耐久性と柔軟性を同時に備えているのもポイントです。

履き口の高さがくるぶしと同じ程度の位置まであるミドルカット仕様。足首をしっかりとホールドします。

アシックス(Asics) COURT SELFIT TVR486

アッパーにシューレースとベルトの両方が搭載されているバレーボールシューズ。優れたホールド感が体感でき、激しく動いても脱げにくいのが特徴です。また、紐の締め具合で、フィット感を細かく調節できます。

ミッドソールに優れたクッション性の素材が用いられているのもポイント。かかと部のインソールにはEVA素材を採用しており、安定性も同時に実現しています。また、アウトソールの天然ラバー配合率が高く、グリップ性も良好です。

アシックス(Asics) ROTE JAPAN LYTE FF 2 1053A028

アッパーの素材にメッシュを採用しているバレーボールシューズ。高い通気性が備わっており、長時間の練習でも快適に着用できます。また、アッパーの縫い目が少なく、高いフィット感を得られるのが特徴です。

ミッドソールには「FLYTEFOAM」と「FLYTEFOAM Propel」を組み合わせた素材を採用し、クッション性も良好。加えて、高い反発性が備わっているので、ジャンプの際に鋭く踏み出せます。

アウトソール中部には「TWISTRUSS」を搭載。ねじれを抑制するので、斜め方向への踏み出しがスムーズに行なえます。安定性に優れたおすすめのアイテムです。

アシックス(Asics) GEL-ROCKET 9 1073A014

アッパーの素材に合成オーバーレイ付きのメッシュアッパーが用いられているバレーボールシューズ。通気性に優れており、蒸れにくく長時間着用し続けられます。また、高いホールド感を味わえるのも特徴です。

踏みつけ部分にはGELクッションシステムが用いられており、蹴り出しから着地までの衝撃をやわらげます。固定方式はシューレースなので、紐の締め具合でフィット感を調節可能。これからバレーボールを始める方におすすめのアイテムです。

アシックス(Asics) GEL-TACTIC 1073A015

高い安定性が備わったバレーボールシューズです。アッパーがウレタン樹脂により補強されているのが特徴。また、前足部の縫い目が少なく、屈曲性にも優れています。

横方向へのブレを低減するため、ソールに巻き上げ加工を施しているのもポイント。厚めのミッドソールの母趾球部とかかと部にGELが入っており、衝撃をやわらげます。

プレイ時にねじれが発生しやすい中足部には補強構造を採用。斜め方向への動き出しもスムーズに行えます。

デサント(descente) SKY LO KB DV1TJB01

バンドとシューレースの両方を搭載しているバレーボールシューズ。ベルトで足の甲を締めることで指先が開き、足の裏全体で地面を掴むような感覚を得られます。左右のブレが低減できるので、地面に力を伝えやすいのが魅力です。

全面にTPUフィルムを融着させたアッパーを採用しているのもポイント。高い通気性と軽量性を同時に実現しています。加えて、シャンク部分にはビジブルシャンクを内蔵しており、変形しにくいのもポイントです。

アウトソールの過度なねじれを低減し、中足部が安定する構造を採用。また、履き口の高さがくるぶしの下に設定されているローカット仕様なので、前後左右へ素早く動き出せます。

デサント(descente) MAGIC LO DV1PJB04

ローカットタイプのバレーボールシューズ。足首の可動域が広く、前後左右へ素早く動けます。また、シューレースによる固定方法で、締め方によってフィット感を調節できるのも特徴です。

素材にはダイヤテックスが開発したポリプロピレン製の複合素材「KaRVO」を使用しています。高い軽量性・反発性・耐衝撃性を備えているのがポイント。これからバレーボールを始める方におすすめのアイテムです。

デサント(descente) STELLA DIVA LO 4 DV1RJB05

アッパーの素材に立体構造のメッシュを採用しているバレーボールシューズ。優れた通気性と軽量性を同時に実現しています。長時間着用しても蒸れにくく、快適に履き続けられるのが魅力です。

履き口の高さがくるぶしの下に設定されているローカットタイプなので、前後左右に素早い一歩が踏み出せます。また、バレーの動きに基づき開発されたアウトソールが搭載されているのもポイントです。

アディダス(adidas) コート チーム バウンス インドア FX1805

靴下のようなフィット感や安定した履き心地を得られるバレーボールシューズ。シューレースクロージャーによる固定方式を採用しており、紐の締め具合でホールド感を自由に調節できます。

ミッドソールにはアディダスが独自に開発した「Bounceミッドソール」を搭載。優れたクッション性が備わっており、着地時に足へかかる負担を低減します。加えて屈曲性にも優れ、自然な足の動きをサポートするのも特徴です。

アッパーの素材には安定性・通気性・軽量性の3つを同時に実現したメッシュアッパーを採用。長時間の着用でも重さや蒸れを感じにくく、快適に履き続けられます。また、グリップ性の高い「ノンマーキングラバーアウトソール」を搭載しているのもポイントです。

アディダス(adidas) クレイジーフライト 東京 GW2321

安定性に優れた「EVAフレーム」と「BOOSTミッドソール」が組み合わさったバレーボールシューズ。高く跳び上がる際の瞬発力をサポートする反発性、なめらかな着地をサポートするクッション性を同時に実現しています。

アッパーの素材にはメッシュを採用。軽量性と通気性が備わっており、長時間快適に着用しやすいのが魅力です。また、中足部がTPUの糸で補強されているため、耐久性も良好。長く履き続けられます。

シューレースクロージャー仕様なので、紐の締め具合に応じて自分好みのフィット感を得られるのもポイントです。

アディダス(adidas) ノバフライト 東京 GW2320

アディダス独自の「Bounceミッドソール」を採用しているバレーボールシューズ。高い反発性とクッション性を同時に実現しています。屈曲性にも優れているので、動きの速いプレイをスムーズに行えるアイテムです。

アッパーの素材には軽量のメッシュを採用。足の甲をしっかりとホールドしているため、蹴り出す際や着地時の横ブレを低減します。また、シューレースによる固定式で、紐の締め具合を調節できるのも魅力です。

前後左右への高いグリップ性が備わっているアウトソールが搭載されているのもポイント。素早い一歩目が踏み出せます。

バレーボールシューズのAmazonランキングをチェック

バレーボールシューズのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。