トランペットを持ち運んだり保管したりするのに便利な「トランペットケース」。トランペットを購入したときに付属するモノも十分に使えますが、音の個性やデザインの好みに合わせて選ぶのもおすすめです。

本記事では、おすすめのトランペットケースや、大切なトランペットを保護するための確認ポイントをご紹介します。街中でおしゃれに使えるアイテムも多いので、演奏会などで持ち運びが多い方も参考にしてみてください。

トランペットケースの選び方

種類をチェック

ハードケース

By: amazon.co.jp

ハードケースは頑丈で衝撃に強いのが魅力です。ほかの楽器やスーツケースなど、たくさんの荷物と一緒に運搬されても変形しにくいので、内部のトランペットをしっかり守れます。

ただし、重量があるため、トランペットケースを車や飛行機などへ積んで移動することが多い方におすすめ。移動時だけ比較的軽いセミハードケースやソフトケースに入れ直すなど、シーンに合わせて使い分けるのも1つの方法です。

セミハードケース

By: amazon.co.jp

セミハードケースは、頑丈なハードケースと柔らかいソフトケースのハイブリッドタイプ。ハードケースよりも軽いので持ち運びやすく、ソフトケースより頑丈で、混み合う電車内などでも衝撃からトランペットを保護しやすいのが魅力です。

演奏会やレッスンなどでトランペットを持ち運ぶ機会が多いときにも便利。ただし、セミハードケースはアイテムによって柔らかさや頑丈さが大きく異なります。購入前には強度を確認しておくのがおすすめです。

ソフトケース

By: amazon.co.jp

ソフトケースはやわらかい素材でできたトランペットケースです。軽いので持ち運びに便利。ただし、変形しやすく衝撃に弱いため、公園や川辺での練習など、短時間の移動や人気の少ない場所で使うのに向いています。

また、ソフトケースに入れて持ち運ぶ機会が多い方は、内部にクッションパッドが付いているアイテムも検討してみてください。

トランペットが固定されるかチェック

By: amazon.co.jp

トランペットケースの中でトランペットがガタつかないように、固定できるかをチェックしておくのがおすすめです。しっかり固定できるモノなら、飛行機や車での運搬中もトランペットの変形や傷付きを軽減できます。

なかでもトランペットの型があり、はめ込む形で固定できるモノがおすすめ。トランペットが動きにくく、ケースが大きく揺れてしまう場合でも安心です。

小物の収納スペースをチェック

By: amazon.co.jp

トランペット周辺のアクセサリー類を保管できるモノなら、より便利に使えます。たとえば外に大きなポケットが付いたトランペットケースなら、楽譜やペンなどを入れておけるので、手持ちの荷物が多くなりがちな方にもおすすめです。

オイルやクロスなどが収納できると、スムーズにメンテナンスできます。小物が多い方は、収納スペースの広さにも注目してみてください。

また、オイル類の漏出や楽器の変形を防ぐために、収納スペースの位置や形状も確認しておくのがおすすめ。トランペットケースを動かした際に、小物類が飛び出したりトランペットと当たったりしないモノのほうが便利です。

留め具の頑丈さをチェック

By: amazon.co.jp

トランペットケースの留め具は、楽器をしっかり保護するために重要な部品。トランペットケースを床に置いたり、ほかの楽器ケースと衝突したりしたときに楽器が飛び出るのを防げるよう、頑丈な留め具を備えたアイテム選ぶのがおすすめです。

また、ストラップの留め具もチェックしておくと安心。ストラップが外れるとケースごと落下してしまうので、より耐久性の高い金属製など、頑丈な留め具を使ったモノを選びましょう。

防水性能をチェック

徒歩・自転車・バイクでの移動など屋外へ持ち運ぶ機会が多い方は、防水仕様のトランペットケースがおすすめ。防水加工がされていたり撥水機能のある素材で作られているモノを選ぶと、雨の日でも水濡れからトランペットを保護できます。

とくに、水が入り込みやすいファスナータイプを選ぶ場合は、防水ファスナーなどを採用したアイテムがおすすめです。高級感があるレザー素材など、防水しにくいトランペットケースを選ぶ場合は、レインカバーも検討してみてください。

リュックタイプなら持ち運びに便利

By: amazon.co.jp

自転車やバイクなどで移動する機会が多い方には、リュックタイプのトランペットケースがおすすめ。リュックタイプなら両手を自由に使えるため、しっかりとハンドルを握って運転できます。

徒歩移動などの場合も、財布やスマホを素早く取り出せるので便利。ショルダーストラップの留め具が肩に当たらないよう設計されているモノや、パッドが付いているモノなど、楽に持ち運べるトランペットケースも数多く販売されています。

トランペットケースのおすすめ|ハードケース

ゲーター(GATOR) GC BAND SERIES Trumpet Case GC-TRUMPET

頑丈なアルミニウム枠を採用したハードタイプのトランペットケースです。自動車や飛行機などでの運搬時におすすめ。ハンドル部分もボルトを通しているため頑丈で、長く愛用できます。

ハードケースながら軽量設計なのも魅力。演奏会やレッスンなどで持ち運ぶ機会が多い方にもおすすめです。サイドにはDリングが付いており、ショルダータイプとしても持ち運びできます。マウスピース専用の収納スペースが用意されているのもメリットです。

C.C.シャイニー C.C.シャイニーケースII トランペット用ケース エアロ CC2-ATP

豊富なカラーラインナップが特徴のトランペットケース。鮮やかなカラーのアイテムは見分けやすく、大勢でトランペットのレッスンをする際にも便利です。

ハードケースながら約1.4kgと軽量で、持ち運びやすいのもポイント。リュック・ショルダー・手提げの3WAY仕様なので、シーンに合わせて使い分けでき、自転車やバイクでの移動にもおすすめです。

ストラップには大型のパッドが付いているため肩へ食い込みにくく、楽に持ち運べます。防水性もあり、屋外移動にも便利です。トランペットケースの内部にはホールド力があるクッションを採用。はめ込み型になっているので、安心して持ち運べます。

キクタニ(KIKUTANI) bags トランペット用ケース EFTR

エレガントなデザインと運搬のしやすさが魅力のトランペットケース。豊富なカラーラインナップで、好みやインテリアなどに合わせやすいのが魅力です。

グラスファイバーを使用した丈夫なハードケースタイプで、1.8kgと軽量なので演奏会場やレッスン場へ手軽に持ち運べます。

ストラップを搭載しており、リュックタイプとしても使用可能。両手が自由に使えるので、自転車やバイクなどでの移動にもおすすめです。内装には高密度のポリスチレンとクッションを採用しており、トランペットをしっかりと固定。ミュートを収納できるスペースが付いているのもポイントです。

Jマイケル(J.Michael) GL CASE Tuned by Brasspire  B トランペット用ハードケース GLK-TRU S

頑丈で海外への渡航にも使いやすいトランペットケースです。ポリカーボネイトやアルミニウムなどを使った丈夫なアイテムながら、最大約2.5kgと軽いのが特徴。防水性ジッパーを採用しているため、雨天時でもトランペットを水濡れから保護します。

ロゴプレートやハンドルに本革素材をあしらった高級感があるアイテムで、ファッション性重視の方にもおすすめ。光を反射するリフレクターを搭載しているため、夜間の移動に便利です。

着脱可能なフロントポケットやバックポケットも付いており、楽譜や財布など身の回りの小物を持ち運ぶ際に活躍。フロントポケットはメッシュポケットへ取り替えられるので、シーンに合わせて使い分けられます。

また、鍵をかけられるのもおすすめのポイント。TSAロックシステムを採用しており、アメリカ圏へ旅行する際は施錠したまま預けられます。

下村楽器(Shimokura Musical Instrument) THE MARCATO トランペット・シングル・グラスファイバー・ハードケース

鮮やかなカラーリングが目を引くトランペットケースです。YAMAHA・VINCENT BACH・MARCATOのトランペットに対応。コンパクトなモデルながら内部には小物収納スペースがあり、オイルやマウスピースなどの小物を収納できます。

ストラップを取り付ければリュック・ショルダータイプとしても使用可能。ストラップの留め具が肩に当たらないよう工夫されており、長時間の移動でも楽に持ち運べます。

トランペットケースのおすすめ|セミハードケース

ゲーター(GATOR) GL BAND SERIES Trumpet Case GL-TRUMPET-A

外装に大きめの収納が付いたトランペットケースです。小物類をまとめて収納可能。マウスピースなどを保護するポーチも付属しています。

トランペットをはめ込めるので、移動中もしっかりとホールド可能。手提げとショルダータイプの2WAY仕様で、好みや使用シーンに合わせて使い分けできます。約2.2kgと軽く、移動が多い方にもおすすめです。

Jマイケル(J.Michael) トランペット用セミハードケース TRC-501

シーンによって使い分けやすい3WAY仕様のトランペットケースです。リュック・ショルダー・手提げと多様な使い方ができるので、自転車・バイク・電車など、移動手段に合わせて便利に使えます。

約1.4kgと軽く、長距離の移動にもおすすめ。ストラップはトランペットケースへ収納できるので、狭い楽屋などでもスマートに保管できます。内装にはボリューミーな生地を採用しており、大切なトランペットを保護可能です。

また、外装に小物スペースが付いているのも魅力。ポケットが細かく分かれているため、整理して入れられます。さらに、イヤホン用の穴も開いているので、曲を聴きながら移動する方にもおすすめです。

プロテック(PROTEC) トランペット用シングルケース セミハードケース PB301TL

プロも愛用する「プロテック」のトランペットケースです。本アイテムは、プロテックを代表するPROPACケースシリーズのアイテム。耐衝撃性とデザイン性に優れているのが特徴です。

トランペットケースのフレームには軽量でタフなWood Shellを採用。ナイロン生地には撥水加工が施されており、突然の雨にも対応できます。

約1.9kgと軽量で持ち運びやすく、ショルダーストラップも付属。別売りの「BPSTRAP」を使えばリュックタイプとしても使用でき、移動手段に合わせた使い分けが可能です。

プロテック(PROTEC) トランペット用ダブルケース セミハードケース IP301D

撥水加工を施した生地を使ったトランペットケース。突然雨が降ってきた場合にも落ち着いて対応できます。

また、トランペットケース内部には間仕切りがあり、2本までのトランペットを収納可能。可動式の間仕切りを採用しているので、収納する楽器の形状に合わせて調節できます。ショルダーストラップが付属し、別売りの「BPSTRAP」を使えばリュックのようにも持ち運べるのもメリットです。

トランペットケースのおすすめ|ソフトケース

Jマイケル(J.Michael) トランペット用ソフトケース TRB-301

リュック・ショルダー・手提げとして使える3WAYタイプのトランペットケース。約750gと軽量で持ち運びやすいため、近場のスタジオなどへ持ち運びたい方におすすめです。

内装にはボリューミーなパッドが使われているので、大切なトランペットを保護しながら持ち運び可能。トランペットのベル部分には丸クッションが入っており、ベルも保護できます。

外装には薄型ポケットが付いているので、クロスなどの小物収納にも便利。価格が安いのもポイントです。

バッハ(BACH) トランペット用コンパクトギグバッグ

トランペットを2本収納できるダブルタイプのトランペットケースです。中敷きはしっかりとした作りで、楽器をしっかりと保護します。

外装には、雨などの水濡れにも強いタフなコーデュラ素材を使っているので、屋外への持ち運びが多い方にもおすすめ。リュック・ショルダー・手提げの3WAYに対応しており、移動シーンに合わせて使い分けられます。

また、大きめのアクセサリーポケットを搭載しているのもポイント。楽譜などの大きな書類も収納可能です。ポケット内部にはペンやスマホなどを整頓して収納できるスペースが用意されています。

ガードバッグス(GARD BAGS) トランペット用 ソフトケース GTSF

ハンドルやポケットにあしらわれた差し色がおしゃれなトランペットケースです。高級感があるファブリックレザーを使っており、地下鉄やバスでの移動など、街中でもファッショナブルに持ち運べます。

リュックタイプに切り替えられる仕様で、移動手段に合わせて使い分けられるのも魅力。リュックタイプで使う場合は両手が空くので、スマホなどで演奏会場の場所を検索したり、自転車で移動したりするときに便利です。

サイドポケットにレインカバーを内蔵しているため、突然の雨にも対応可能。大切なトランペットが水に濡れにくいのもポイントです。また、内装にはソフトクッションを搭載。ガードする位置は調節できます。

キクタニ(KIKUTANI) トランペット コルネット ロータリートランペット用ツイードケース TR-Tweed

高級感のあるコットンツイード生地を採用したトランペットケースです。やわらかな質感で、ファッションに馴染みやすいのが魅力。落ち着いたカラーラインナップもポイントです。

2.1kgと軽量で持ち運びやすく、付属のショルダーストラップを使えば、リュック・ショルダー・手提げの使い分けが可能。ロータリートランペットやコルネットを収納できるのもポイントです。マウスピースポーチが付属するほか、外装には小物の収納に便利なポケットを搭載しています。